書評:『諜報犯罪のぼかし』 デビッド・A・ヒューズ
Willem Bart de Lint (2021) Blurring Intelligence Crime: A Critical Forensics. Singapore: Springer

CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪デビッド・A・ヒューズ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Willem Bart de Lint (2021) Blurring Intelligence Crime: A Critical Forensics. Singapore: Springer

Willem Bart de Lint (2021) Blurring Intelligence Crime: クリティカル・フォレンジック シンガポール: シュプリンガー

デビッド・A・ヒューズ リンカーン大学(英国)

本書は2020年3月から10月にかけて、驚くほど短期間で書かれたもので、現代の中心的な問題である「諜報犯罪」について、非常に洗練された理論化を提供している。諜報犯罪とは、国家安全保障機構を巧みに操り、他者に想像を絶するような被害を与えながら、自らに利益をもたらす思惑を推し進める術を心得ている、権力の最上層に位置する影の立役者たちによる国家を超えた犯罪である。ほとんど理解不能な規模で行われているにもかかわらず、なぜか「見えない」ままであり、処罰もされず、分析もされていない諜報犯罪とその隠蔽手段は、これまで学問的な関心をあまりに集めてこなかった。ウィレム・デ・リントは『ぼやかされた諜報犯罪』の中で、この問題を改善するために重要な貢献をしている。

彼の出発点は、「犯罪学の主流が国家を中心とした犯罪の帰属に支配されているため、最も悪質で故意のある被害が調査されないままになっている」ということである(de Lint 2021: 6)。そのような被害はしばしば「国家犯罪」のカテゴリーで語られるのに対し、デ・リントは「ディープ・ステート・ネットワーク」を責任主体として指摘している(de Lint 2021: 9)。たとえば、冷戦時代のイタリアでNATOの秘密組織グラディオ・ネットワークが「緊張の戦略」の背後にあったように、著者は「テロとの戦いは、支配を維持するために「不安」をコントロールされた形で作り出すことに依存している当局によって、外からというよりも、間違いなく内部から煽られ、煽動されている」との見解を示している(de Lint 2021: 8)。こうしたネットワークの庇護のもとで活動する「国家安全保障に携わる選り抜きの集団」が「諜報犯罪」を組織しているのだが、その秘密主義的な性質ゆえに、その実態を知ることも定義することも難しい(de Lint 2021: 9, 11)。デ・リントはまた、「国家や政府が自国や国益を被害者とし、主要な敵対勢力のひとつを加害者とする可能性の高い分水嶺的な出来事」を指す「頂点的犯罪」(他の人たちは「偽旗」という言葉を使うだろう)という言葉も使っている(de Lint 2021: 9)。こうした犯罪を理解するために、ド・リントは「批判的法医学」という新しいサブフィールドを創設した。このサブフィールドは、フーコー流に言えば、「学問的、組織的、政治的な利害が、専門家の管轄権や原則に侵入し、影響を及ぼし、挑戦している状況を検証する」(de Lint 2021: 5)ものである。第四の新語である「諜報のぼかし」は、諜報犯罪や頂点犯罪の事例における「知識と発見に関する権威の歪み」を指す。このように、「諜報犯罪のぼかし」は、理論的に革新的であると同時に、権力者の犯罪を覆い隠す「利己的な政府の説明に対する懐疑心を高めよう」とする大胆な試みでもある(de Lint 2021: 16)。しかし、「法医学とは、法の問題に科学的手法を適用すること」(de Lint 2021: 22)であることを考えると、科学的手法や犯罪に関する客観的な真実から、権力(およびde Lintが「権力-知識」と呼ぶもの)への考察へと焦点を移す「批判的」アプローチによって、法医学の基本的な目的がどの程度損なわれているのだろうかと疑問に思う。

刑事司法に関する既存の文献(第2章)は、法の支配のパラダイムを前提としており、そこでは、司法の誤謬は通常、専門的で公平な領域への不当な政治的介入に起因している。バーミンガム6人組事件はその典型例である(de Lint 2021: 29)。あるいは、必ずしも「武器の平等」ではない敵対的な制度において、科学的知見が誤って伝えられることもある(例えば、金持ちは相手よりも「駆け引き」を熟知している弁護士を雇う余裕がある;(de Lint 2021: 26)。制度の欠点は、「悪いリンゴ」や孤立した失敗のせいにすることで片付けられるかもしれない(de Lint 2021: 28)。犯罪現場は、公式のシナリオと矛盾するような証拠を取り除くために操作されることがあり、捜査指揮のヒエラルキーが問題となる(de Lint 2021: 30-31)。制度は低レベルの犯罪者に偏っているが、「暗黙の政府目的を追求する強力な国家や企業関係者」が関与する犯罪は、検察の誤判断の影響を受けやすい(de Lint 2021: 37)。キャリア主義とは、一般的に従業員が組織の指導層と対立することを避けたいと考えることを意味し、その指導層は政治的指導層に挑戦したがらない(de Lint 2021: 41-42)。しかし、このような説明は「大半のケースでは」十分かもしれないが、「国家安全保障の主体が主権的裁量を行使する場合には不十分」である(de Lint 2021: 40)。この少数派の事例が、本書の残りの部分の分析対象となる。

バーミンガム6人組 1974年に逮捕された6人組の顔写真

諜報犯罪が法の支配を回避する傾向は、第3章の主題である。デ・リントは、主権者の活力はいかなる犠牲を払っても擁護されるべきものであるため、「主権者の要請によって行われる行政行為は犯罪となりえない」と主張する(de Lint 2021: 58)。その結果、「諜報機関、または諜報機関に認可された役者や資産によって実行される」タイプ2の犯罪に門戸が開かれることになる。これらの犯罪は議会や司法の監督を受けず、通常、行政や主権者のスポンサーとの関係が否定されるように、隠蔽や区画化のパターンに従う(de Lint 2021: 57)。このような組織には、「国家的意図のために暗躍する犯罪ネットワーク」が関与しており、加害者は保護される一方で、内部告発者は処罰される(de Lint 2021: 58, 67)。重要なのは、諜報犯罪が「最近の近代史において最も多発し、致命的な犯罪のひとつ」であることで、デ・リントはここで、インドネシアやベトナムからチリ、グアテマラ、ルワンダに至るまで、何百万人もの命を奪い、社会全体を破壊した中央情報局(CIA)によるこうした犯罪の数々を挙げている(de Lint 2021: 59-60)。諜報犯罪は、自由民主主義の理想にあるような「最小限の、避けることのできない異常事態」ではなく、むしろ「主権国家という権威と正当性を悪用」して言いようのない危害を加えるものであり、しばしば「武器・麻薬商人、ゲリラ部隊、傭兵、テロ組織、非合法政治組織」の徴用を伴う(de Lint 2021: 68)。それゆえ、「当局が有害であったり悪意があったりするかもしれないと信じないという民衆の強迫観念」は、まったく見当違いである(de Lint 2021: 67)。デ・リントは本章でいくつかの重要な見解を述べているが、例外状態に関するシュミット的な含みを強調する必要があることは、「批判的」理論/法医学の名においてナチスの法学者(参考文献リストに2度登場する)を引き合いに出すことの問題性(Chandler 2008を参照)とともに強調しておきたい。

第4章では、先の理論的考察の多くを、「頂点犯罪」として提示された9.11の事例に適用している。たとえば、デ・リントは、ニューヨーク、ワシントンDC、ペンシルベニア州シャンクスヴィルの事件現場における指揮系統や、それらの事件現場の管理、4つの飛行機墜落疑惑のいずれについても国家運輸安全委員会に正式な調査を依頼しなかったことなどの異常について考察している(de Lint 2021: 85)。彼は、9.11委員会が「上層部による白紙委任の道具」であったと正しく主張し、例えば、世界貿易センタービル群の破壊を説明したり、「ハイジャックされた飛行機のいずれかを撃墜する戦闘機が利用可能であった」ことに言及しなかったりする公式報告書の不十分さを指摘している(de Lint 2021: 96-97)。この章で最も強いのは、被告人のために弁解のための証拠が集められなかったというデ・リントの認識であり、適正手続きの欠如と人権侵害を暗示している(de Lint 2021: 99)。しかし、この章の特殊性は、FBIの不正行為の可能性や、犯罪に対する世間の認識を管理するFBIの潜在的な役割について何のコメントもなく、連邦捜査局(FBI)が何度も言及されていることである。例えば、デ・リントはいわゆる「踊るイスラエル人」に関するFBIの主張を無批判に受け入れているように見える(de Lint 2021: 86)。彼はフレッシュ・キルズ埋立地で検死が行われなかったことを観察し、「20~30人のFBI捜査官がいた」と述べている(de Lint 2021: 89)。彼は、同時多発テロの2時間後に「FBIと情報機関の最高レベル」が「これはウサマ・ビンラディンの署名のようだ」と彼に報告したとするオーリン・ハッチ上院議員の主張を引用している(de Lint 2021: 89)。ペンタゴンで発見されたすべての人骨はFBIによって「継続的に保管されていた」と彼は記している(de Lint 2021: 89)。UA93の墜落現場の捜索における「手順からの逸脱」の責任はFBIの越権行為にあった。「批判的法医学」は、本書の他の箇所で批判されているようなヘッジ・アプローチをとるのではなく、9.11の「頂点的犯罪」にFBIを直接的に関与させると期待するのが妥当かもしれない。

第5章では、欧米/イスラエル諜報機関による諜報犯罪を取り上げ、その諜報ネットワークのトランスナショナルな側面を強調するとともに、(学術書としては珍しく)「『われわれ』による不正行為の疑惑に関して、礼儀正しく受け入れられると考えられていることを超えて」(de Lint 2021: 118)いる。1985年、グリーンピースの反核活動に対抗するため、フランスのシークレットサービスがニュージーランドでグリーンピースの船を爆破した「虹の戦士号事件」、2011年にパキスタンのラホールで起きたCIA工作員レイモンド・デイヴィスによる白昼の二重暗殺事件である: 124)、そしてジェフリー・エプスタインとギスレーヌ・マクスウェルがモサドの工作員である可能性が高いとして扱われている「ハニートラップもしくは性スパイ事件の可能性」である。

虹の戦士号爆破事件 – グリーンピース・アオテアロア

パキスタンにいたアメリカ人スパイ(レイモンド・アレン・デイヴィス/レイモンド・デイヴィス)が男性2人を射殺。彼を助けに来た車が、スピード違反で3人目のパキスタン人男性をひき逃げした(乗員はすぐにパキスタンから連れ去られた)。

エプスタインはイスラエルのモサドのために働いていたか?

この3つの事件すべてにおいて、「『われわれは』規則、管轄権、任務のパラメーターの範囲内にとどまる」という一般的な観念が嘘のように、犯罪捜査は妨げられ/誤った方向に誘導され、「確固とした捜査と法医学的な回収・発見という標準的な手順からの逸脱」があった(de Lint 2021: 125-126)。次の章の冒頭で引き出される重要な教訓は、「われわれ」が諜報犯罪の加害者である場合、「信頼が犯罪行為に対する国民の監視に取って代わるため、刑事司法の捜査は国家安全保障の入り口において静かに一時停止する」(de Lint 2021: 139)ということである。ノーム・チョムスキーは数十年にわたり、海外における「われわれの」犯罪を認識する西洋社会科学の無能さに関して同様の議論を展開してきたが、ジョン・F・ケネディ暗殺事件や9.11といった国内における「頂点的犯罪」には触れようとしなかった。社会科学者はチョムスキーの限界を超え、諜報犯罪や頂点的犯罪の正体を暴くというデ・リントの道を歩むことが急務である。

これとは対照的に、ロシア、イラン、中国といった公式の敵に罪をなすりつけることを目的とする場合、デ・リントが第6章で論じているように、彼らの犯罪性は単純に想定され、西側の「ルールに基づく国際秩序」に違反しているとされる。ここでも3つのケーススタディが提示されている: 2014年7月にウクライナ東部の分離主義者の支配地域上空を飛行中に分離し、乗員乗客298人全員が死亡したMH17便、2018年3月にイギリスのソールズベリーで化学兵器ノビチョクを使用したとされるロシアの元二重スパイ、セルゲイ・スクリパリとその娘ユリアの毒殺事件、そして2018年4月にシリアのドゥーマで起きた化学兵器攻撃疑惑である。この3つの事件すべてにおいて、証拠収集と分析のための信頼できるプロトコルが守られなかった結果、法医学的記録は「永久に損なわれている」とデ・リントは主張している(de Lint 2021: 162-163)。一方、既成のメディア、学界、業界当局、さらにはベリングキャット、ケンブリッジ・アナリティカ、国家戦略研究所、ハイブリッド脅威対策欧州卓越センター、政治化された化学兵器禁止機関など、拡大し続ける組織のネットワークは、一握りの腐敗していない学者や調査ジャーナリストによって提起された、証拠に基づく重大な疑念に直面して、公式の敵に対する「情報による中傷」で結託している。化学兵器禁止機関の腐敗に基づく「国際刑事司法の現状」は、「それ自体を嘲笑するもの」(de Lint 2021: 163)になりかねないとデ・リントは結論づける。また、皮肉な名前の「インテグリティ・イニシアティブ」のような情報機構に学者が組み込まれることで、社会科学を装ったプロパガンダが生み出されることになり、学問の誠実さに対する脅威を強調することもできるだろう。既成メディアとその関連組織については、COVID- 19の大失敗によって、その腐敗が図らずも露呈した。

MH17便、ウクライナ、そして新たな冷戦
Flight MH17, Ukraine and the new Cold War 序文 本書は、2016年4月6日に行われたウクライナとのEU連合協定に関するオランダ国民投票のキャンペーンで具体化された。私たちのグループOorlogIsGeenOplossing.nl(戦争は解

第7章では、自由民主主義の世論と諜報犯罪の公的記録が、「公式の物語を支持し」、特定の政策選択を正当化するために、どのように操作されているのかを探る(de Lint 2021: 173)。情報操作を使って住民を監視し、反体制派を標的にし、世論を操作しようとするアメリカの情報機関の試みについては、175-176頁に有益な歴史が紹介されている。この分野にあまり詳しくない読者は、情報機関、広報会社、既成メディアが緊密に連携し、世論の認識を管理しようとしていることに驚くかもしれない。SCL(ケンブリッジ・アナリティカの親会社)、欧州ハイブリッド脅威対策センター、イスラエル・プロジェクトといった新たな組織はすべて、大衆の認識を望ましい方向にゆがめようと精力的に活動している(de Lint 2021: 176-178)。デ・リントはまた、たとえばジョン・F・ケネディ暗殺や9.11に関連する「重要情報の隠蔽」における秘密公文書館の維持や、そのような出来事を諜報犯罪として扱わず、諜報の失敗のせいにするパターンにも注目している。リベラルなメディアや政治機関は、恐怖心をあおり、公式の物語について「確定した事実」のような幻想を抱かせる「悪意あるプロパガンダの受け手としても生産者としても危険にさらされている」と彼は指摘する(de Lint 2021: 185)。一般大衆には理解されないが、今日の文化や政治に関するあらゆる経験は、諜報犯罪をぼかす(それによって隠蔽する)「情報フィルター」を通っている(de Lint 2021: 193)。反民主的な政策選択を強要するために、国家安全保障官僚機構を動員する」(de Lint 2021: 187)ために、国境を越えた諜報ネットワークが密かに機能しているのである。こうして、たとえばイスラエルはアメリカの外交政策に大きな影響力を持つことができたのである。

インテリジェンスとは本質的に、国家によって支援される秘密謀略的な取引である」(de Lint 2021: 221-222)。リチャード・ホフスタッターの『アメリカ政治における偏執狂的スタイル』(The Paranoid Style in American Politics)によれば、「政府のかなりの部分が “偏執狂的スタイル “に従事している」(de Lint 2021: 215, 強調は原文、参照:Hofstadter 1965)。それは「支配エリートや階級」が「私的利益のために(労働を含む)価値ある資源の収奪」に従事しているという問題である(de Lint 2021: 208)。その鍵を握るのが諜報犯罪である。犯罪者の「ダーク・アクター」または「ダーク・アクター・ネットワーク」は、目的を達成するために「動機、計画、フルチネス」をもって行動し、その過程でリベラルな制度を弱体化させる(de Lint 2021: 210)。しかし、公式の語りは「あたかも学問的な言説に問題がないかのように再生産」され、犯罪学者は概して諜報犯罪に関心を示さないままである(de Lint 2021: 204)。諜報犯罪に関する学問が乏しいため、「陰謀論」的な言説が幅を利かせ、まじめに疑問を投げかければ、自動的にとんでもない陰謀論と混同され、「頭のおかしい無知な者のつぶやき」(de Lint 2021: 222)として片付けられてしまう。皮肉なことに、デ・リント自身もこの傾向から免れることはできない。「より良いものを作り直そう」という時代に書かれたこの文章で、彼は「コヴィッド・パンデミックは新しい世界秩序を確立するための陰謀である」という考えを「非合理的な陰謀論」として退けており、こうして、望まぬ探究の道を閉ざす心理作戦の絶大な威力を明らかにしている(de Lint 2021: 214)。それでも、デ・リントの本が、諜報犯罪とそれを隠すための心理作戦の利用は緊急に調査すべきものであることを学者が理解する一助となることが期待される。デ・リントの本を読んで、こうした犯罪に目をつぶることは、少なからず犯罪に加担することになる。こうした犯罪を助長するために、社会科学を装ったプロパガンダを作り出すことは、恥ずかしげもなく加害者に協力することなのだ。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました