COVID-19 – 大衆形成か大衆虐殺か?
Covid-19 – Mass Formation or Mass Atrocity?

アンリミテッド・ハングアウトデイビッド・ヒューズマティアス・デスメット集団心理・大衆形成・グループシンク

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

unlimitedhangout.com/2022/11/investigative-reports/covid-19-mass-formation-or-mass-atrocity/

マティアス・デスメの「大衆形成」論は、2022年に大きな注目を集めた。デスメの著書『全体主義の心理学』の書評では、それが残虐行為の心理を現していること、そして「大衆形成」が逆説的にコビッド19時代に行われた集団残虐行為を正当化する役割を果たしていることを論じる。

2022年11月29日

この記事は、David Hughes、Valerie Kyrie、Daniel Broudyによって書かれた。

アンリミテッド・ハングアウト限定のゲスト投稿である。

2020年3月、世界を変えるパンデミックが宣言され、思想警察の軍隊が世界中の人々に降り立った。一夜にして、科学の公の顔は、市民的な努力から法と秩序の問題へと変貌を遂げた。研究コミュニティから発せられていたものに代わって、有名官僚によって強化され、検閲、中傷、強制によって執行され、機動隊によって支援される政府当局からの指令がもたらされた(例えば、ここここここここここ、ここ、ここなど)。その過程で、以前知られていた科学は、時間をかけ、仮説を検証し、集団で批評し、適切な主題の専門知識からなる注意深い産物だったが、The Science™(万華鏡のように絶えず変化し、気まぐれな、政府の過剰介入と市民の権利侵害のための疑似医学的正当化セット)に取って代わられ、全体主義のモデルに沿って、一般のメッセージと作られた恐怖という波に乗っているのだ。

初期の頃から、こうした動きを危険する人と、そうでない人がいた。民主主義、適正手続き、人権からの急旋回が 経験科学とは全く関係ないことを見抜いた人たちがいた。そして、そうでない人たちもいた。前者は後者に不思議がられ、時間が経つにつれてますますそう思うようになった。なぜ彼らは何が起こっているのかがわからないのだろうか。

「科学に従おう」という呼びかけを真に受けた人なら、3月17日の時点で、当局が「新型」コロナウイルスについてほとんど何も知らないと主張し、しかも不可解なことに、The Science™も解決したと主張していた、John Ioannidis(スタンフォード大学の医学、疫学、集団衛生、生物医学データ科学、統計学の教授)はこう書いている。「どれだけの人が感染し、流行がどう進行しているかについてこれまでに集められたデータは全く信用できない」彼は、COVID-19が100年に一度のパンデミックという枠組みで語られている一方で、科学は「100年に一度の証拠騒ぎ」(Ioannidis,2020)になりつつあると警告している。

それにもかかわらず、官僚、政府高官、ハイテク企業、ソーシャルメディア関係者、医療規制当局は、その分野の第一人者であるイオアニディス教授を徹底的に無視し、代わりに、一連の「パンデミック対策」演習を通じてすでに計画されていたように、ロックステップ式の「公衆衛生緊急措置」の実施を進めた(eg Alexopulos,2018;Gates,2015; Johns Hopkins Center for Health Security,2017,2019; O’Toole, Mair & Inglesby,2002; Rockefeller Foundation,2010; Simpson et al.,2020; WHO,2017a,2017b)。医学と科学の根本的な武器化と抑圧の道具への転化は、私たちが以前に要約したように、試行錯誤されたプロパガンダ技術の電撃戦によって当初から可能になった(Broudy & Kyrie,2022; Kyrie & Broudy,2022a,2022b)。協調して、心理作戦の戦術(Dhami, 2011; GCHQ,2014; Kyrie & Broudy,2022a)と一致するように、「公衆衛生上の緊急事態」の制定は、多くの手段によって慎重にでっち上げられ、多くの政策はパンデミックの発表より前に起源があった(Ardizzone,2021; Business Wire,2021; Deevoy,2021;Farber,2020; Mercola,2022a; Truth for Health,2022; Vilet,2022a; Yeadon,2022)。これらの基礎的な捏造には、救命治療を組織的に差し控えることも含まれていた。

46,000回以上引用されているイェール大学公衆衛生学部疫学名誉教授のハーヴェイ・リッシュ博士は、ヒドロキシクロロキンに対するFDAの警告について次のように述べている。

それは詐欺だ.これがそもそものパンデミックの核心だったのである。ヒドロキシクロロキンの弾圧はパンデミックがあることを誰も知らないうちに始まった … 2019年の秋に… 【完全に不可能な】誤った理論に基づいて ……。この薬は半世紀以上にわたって何億人もの人々に何百億回と投与されているのである。WHOのリストで最も重要な薬の一つであり、[そして]最も安全な薬の一つとして知られている。

もしこの薬がパンデミックの初期に使われていたら、1年間抑制されたために不必要に失われた何十万もの命を救うことができただろう・・・・・。そして、もしこの病気を十分に治療できていたら、ワクチンの必要性はそれほど重要ではなかっただろうし、もしかしたらまったく重要でなかったかもしれない。このことがパンデミックの核心なのだ。この病気はワクチンを売るために利用されたのである。

ファイザー世界本社ビルの外観(2020年12月10日、ニューヨーク)

製造されたパンデミックから数ヶ月が経った2020年6月、ますます長くなった専門家のリストからの反対証拠や意見が横やりを入れられ、検閲され、消され、無視されている中(Atlas,2020; バッタチャリア & Packalen,2020; Binder,2022; Gieseke,2020; Lass,2020;Leake,2022; Rancourt,2020; Reiss & Bhakdi,2020; Shir-Raz,2022; Vilet,2022b)、スタンフォード大学医学部構造生物学教室の生物物理学者で、2013年にノーベル化学賞を受賞したマイケル・レヴィット教授は、こう書いている。

私たちは経済と政治に科学を委ねていたのである……。そして、私たちが耳にしていた科学、例えば世界保健機関(WHO)のような組織からの科学は、ほとんどすべて間違っていたというのが事実である。Facebookが世界保健機関(WHO)の見解を検閲していたのである。これは、科学にとって不名誉な状況だった。

その結果、「COVID-19」に対する一般の理解は、「ウイルス」とその対策についての公式説明が、真の科学的理解が形成される前の非常に早い時期に、戦略的に凍結されるという事態に陥った。それ以来、逮捕された一般市民の理解は進化することが禁じられている。医師、科学者、ジャーナリスト、学者、市民は、サイエンスに疑問を呈したために、脅迫解雇検閲、放送禁止準軍事警察を含む襲撃を受けた。それから2年半、「予防接種キャンペーン」の根拠が崩れているにもかかわらず、「予防接種キャンペーン」を「弱体化」させた医療従事者の免許を取り消す権限を医療登録委員会に認める命令が出されたままである(Anderson et al,2022; Bhakdi et al,2022; Blaylock,2022; Broudy,2021, p. 102; Chung,2022; Classen2021; Exposé,2022a; Fraiman et al.2022; Gutschi,2022; Maholtra,2022a,2022b; Oller & Santiago2022; Santiago,2022; Seneff & Nigh,2021)、すべての年齢層にわたるワクチン接種者は、作られたパンデミックの聖杯-Covid「ワクチン」を拒否した仲間よりも最大数倍の割合ですべての原因から死亡する(Altman et al,2022, pp.21-23; Beattie,2021; Oller & Santiago,2022)。

そのような慣習を、本物の科学的努力にふさわしいものとして受け入れ続ける人たちがいる。そして、そうでない人々もいる。作られたパンデミックとその対策の背後にある利益、意図、受益者についての答えは、独立した研究、ジャーナリズム、学問の多くの文献のおかげで、確認することは難しくない(例えば、Breggin & Breggin,2021; Children’s Health Defense,2021; Corbett,2017,2022; Davis,2022; Hughes,2022a;2022b; Kennedy Jr,2021; Kyrie & Broudy,2022a; Mercola,2022b; Robinson,2022; Unterhalt,2022; Vedmore,2022; Webb,2022)がある。それよりも、なぜこれほど多くの人々がいまだに「オフィシャル・ストーリー」の支配下にあるのかという疑問の方が、より捉えどころのないものである。そこで登場するのが、臨床心理学のマティアス・デスメット教授の大衆形成論とその著書『全体主義の心理学』である(デスメット、2022)。

釈明か免罪か?

ケント大学のマティアス・デスメットが全体主義社会のダイナミクスを説明するために提唱した「大衆形成論」は、全体主義に関するハンナ・アーレント(2004)の研究と、集団心理学、精神分析、催眠術の知見を融合させたものである。この論文は、集団が全体主義的統制に服従するだけでなく、それを熱望する理由と方法についての説明を提供している。この論文は、不安、孤独、無意味、不満が渦巻く社会状況下では、人々は恐怖や不安の対象として提供される物語を信じるようになる、というものである。目的を共有し、催眠術にかかったような状態にある人々は、集団的な怒りの対象を消滅させるという使命を帯びて、一斉に隊列を組むのである。このような行動には前例がある。1922年にウォルター・リップマンが述べたように、「指導者は、象徴がその役割を果たしたときにのみ、群衆を動かすのに使えるハンドルが存在することを経験的に知っている」のである。象徴の中では、感情が共通の目標に向かって発散され、現実の思想の特異性が消し去られるのだ」現代のプロセスにおいて、デスメ(2022)は、「大衆が物語を信じるのは、それが正確だからではなく、それが新しい社会的絆を生み出すからだ…このようにして、大衆は最もばかげた考えでさえ真実として受け入れるようになるか、少なくともそれが真実であるかのように振る舞うようになる」(97頁)、と仮定している。

デスメは、アーレント(2004)に倣って、「ムクドリが群がるように」(p.125)「自然界で複雑でダイナミックなシステムが組織されるように」(p.90)という全体主義の力学を、「物理的攻撃への恐怖を与えることに基づく」独裁のそれと区別している。デスメによれば、大衆形成の過程では、人口の約30%が「催眠術にかかる」、40~60%が「催眠術にはかからないが、うまくやっていくことを選ぶ」、10~30%の間の少数派が「催眠術にはかからないが、積極的に抵抗する」(140ページ)のだそうだ。

2022年に発表されたデスメの著書は、現代社会における精神的・政治的な倦怠感を雄弁に分析し、2020年以降に一部の人々が示す現実からのトランス状態のような分裂を、上品でシンプルな言葉で捉え、世界の心理的理解に対する絶大な欲求を刺激した。彼は「21世紀で最も誠実で思慮深く、重要な知識人の一人」であり、「アーレント、ユング、フロイトのような人々と肩を並べる」と評価されている。

デスメが社会状況とコビッドの専制政治への大衆の服従との間に理論的なリンクを描く能力に熱中するのは理解できる。このベルギーの臨床心理学者が、このような不可解な現象を解明してくれたことへの感謝の念は、十分に伝わってくる。しかし、デスメの論文が最終的に読者をどこへ連れて行くのか、魅力的で魅惑的ですらある小道をより詳細に見ていくと、あまり啓蒙的ではない、目的地にたどり着く。

コビッド-19の幻想を、最初からザ・サイエンス™を指示し、強制してきた強力な団体や役者(Breggin & Breggin,2021; Kennedy Jr.,2021; Broudy & Hoop,2021; Broudy & Arakaki,2020; Davis,2022; Robinson,2022)へたどるのではなく、ことあるごとに運営の舵取りに再登場する(Anderson et al,2022; Hughes,2022b; Knightly,2022; Loffredo & Blumenthal,2021a,2021b; Loffredo & Webb,2020a,2020b,2020c; Mercola,2022c; Rockefeller Foundation,2022; Stieber & Trigoso,2022; Vandiver,2022; WHO,2021),The Psychology of Totalitarianismでは、人々は主に彼ら自身の神経症と自己抑制衝動のせいにしている、と主張している。集団欺瞞の犠牲者である私たちは、自分自身に批判的なレンズを向け、自分自身の愚かなナイーブさと闘うよう奨励されている。

たとえば、デスメットは、クラウス・シュワブの『グレート・リセット』ロックフェラー財団ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団、ジョンズ・ホプキンス大学によるパンデミック計画演習が「パンデミックの結果、社会がロックダウンすること、バイオパスポートの導入、皮下センサーで人々を追跡・追跡すること、などを説明している」のは認めながらも、そうした「一致」(P133)は、人々が指導者を全体主義の方向に永久に突き動かすために起こる、と論じている。

「現代の群衆は、常に同じ方向、つまり超管理社会に向かって突き進んでいる」(p.127)と彼は主張する。その結果、専門家の「決断は常に、より技術的、生物医学的に管理された社会へと向かう…大衆のリーダー、いわゆるエリートは、人々が望むものを与えるのだ。恐怖を感じると、国民はより管理された社会を望むようになる」デスメによれば、指導者たちは「人々が切望するものを感じ取り、その方向に計画を調整する」(133-134ページ)のだそうだ。私たちが皆、デジタルの鎖で縛られることを求めるマゾヒスティックな農奴であることを誰が知っているだろうか。

オタワの反ロックダウン抗議デモで、警察に訴える女性 出典:「キャリアを失った女性がトルドーの秘密警察に嘆願」チンリー ランブル

デスメは、より大きな社会的コントロールを求める群衆によって指導者が全体主義に導かれるだけでなく、そうした指導者は、催眠術のトランス状態のもとで、「盲目的に」全体主義を実行するのだと書いている。「全体主義の指導者たちは、それ自身が一種の催眠術にかかっているのだ」指導者たちは、そのイデオロギーによってだけでなく、大衆によっても催眠術にかかっている”(p.110)。したがって、全体主義の戦術は、「悪意ある意図的な欺瞞ではなく、大衆心理の観点から理解されるべきである」(p.115)。

つまり、デスメットの社会現象の根底にある脱構築は、恐怖とヒステリーの生みの親、つまり、恐怖に支配された物語を推進するために巧妙な宣伝キャンペーンを考案し打ち出す権力者たちを、群集の欲望を満足させるものとして投げかけるのである。このテーゼに反対する者は、陰謀論者であるとデスメットは第8章で論じている。

しかし、国民が求めたものを手に入れたという考え方は、COVID-19の物質的な現実から完全に切り離されている。実際、市民は事実上軟禁状態に置かれ、社会と経済は人質に取られ、「ワクチン」という一つの出口を提示されただけだった。コビッド対策の下で到来した「生物医学的に管理された社会」(133頁)は、市民に強制的に押しつけられなければならなかった。身体の自律性を大量に放棄することは、服従しない場合は、国民全体が生活の糧を失い、社会から排除され、教育、社会化、医療から締め出されると脅すことによってのみ達成されるのである。

このような強迫状態にあっても、デスメが主張するように「現代の群衆」が「超管理社会」に向かって「突き進む」のではなく、コビッド「ワクチン」強制の初期の試みから、民衆が世界中で何百万人も、かつてない頻度と規模でコビッド対策に反対して行進した現実は言うまでもない(例:オーストラリアバルセロナベルリンブラジルブラッセルカナダフランスオランダイスラエルイタリアリトアニアロンドンニューヨークウィーンその他)。抗議に参加した人々は、武装警察兵士準軍事部隊装甲車催涙ガス、唐辛子スプレー、水鉄砲などにさらされている。このような場面で明らかになる深刻な社会的緊張とさまざまな形態の悪質さは、『全体主義の心理学』では扱われていない--「積極的に抵抗する」人口の「10~30パーセント」[p. 140]について一瞬言及する程度である–)カール・シュミットの政治的概念に示されるように、全体主義が「社会的関係の抑圧と排除」(Teschke 2011, pp.86-7)に関わるものだとすれば、この点で、デスメの本は皮肉にも、批判しようとするまさにその種の思考をモデル化していることになる。

オーストラリア・メルボルンで、コビッド対策に抗議する数十万人のデモ 出典:「メルボルンで数十万人がデモ行進 トゥルーアロー YouTube

デスメットは、公的暴力の犠牲者を認めるのではなく、当局を、群衆の「意志」(p. 126)に対する自らの自己破壊的な反応の犠牲者として投げかけている。「全体主義的な指導者は、自らの利益を盲目的に犠牲にする……(たとえば)全体主義政権が自らの経済を破壊し、経済的大混乱を引き起こす無謀さにおいて」(p. 112)、彼はこう言うのである。それなのに、オックスファムによれば、「パンデミック」の間、30時間ごとに新たな億万長者が誕生しているという。正確には、猥雑な富裕層は何を犠牲にしていたのだろうか?

実際、「大衆形成」論は、「コビッド19」の歴史を根本的に見直すことを必要とする。それは、当局による事前の計画や暴力が抹消され、武力弾圧や国家の残虐行為に対する市民の抵抗の規模が、包括的に軽視される修正である。そこで疑問が生じる。Covid対策、専制的支配の一夜漬け、暴力の行使、事前計画の物的証拠、予見可能な大量被害の持続的な付与(Beattie,2022; Bhakdi et al,2022; Mercola,2022c; Risch,2022; Truth for Health,2022)によって組織的に大量の犠牲者が生み出されている経験則から、私たちは本当に大衆形成に注目しているのだろうか?それとも「集団残虐行為」の方がより適切な言葉なのだろうか。

ドイツで行われたコビッド対策への抗議デモで、警察が女性にタックルして殴りかかる。出典:「 平和的な抗議活動に対するドイツとオーストラリアのゲシュタポのような一団による不穏な暴力行為」暗闇を照らす ビチュート

服従する知識 知的埋葬と集団残虐行為

残虐行為とは、ケンブリッジ・オンライン・ディクショナリーでは「極めて残酷な、暴力的な、衝撃的な行為」と定義されており、この文章のようになる。「彼らは民間人に対する残虐行為を行ったとして裁判中である」

残虐行為の特徴であるショックは、それ自体、「突然の、予期せぬ、異常に不快な出来事や経験に対する感情的または身体的反応」と定義されている。という文章で説明されている。「私は事故の後、約2週間ショック状態にあった」残虐行為というのは、言い換えれば、消化・理解するのが難しいということである。

残虐行為は個人規模で行われることもあるが、集団残虐行為は平和、正義、強い制度」誌によって、「特に国家または非国家主体が民間人や非戦闘員に大規模または意図的に与えた極度の暴力行為」と定義されている。例としては、国際刑事裁判所が挙げている「殺人、絶滅…不法な自由の剥奪…集団迫害…アパルトヘイト、その他大きな苦痛や深刻な傷害をもたらす同様の非人道的行為」を含む人道に対する罪が典型的である。

その衝撃的で理解しがたい性質にもかかわらず、大量虐殺は決して珍しいことではない。戦争、迫害、抑圧的な統治、国家と企業の犯罪などの形で、歴史の教科書や毎晩のニュース放送には残虐行為が散見される。

コビッド19の名の下に行われた不誠実な公式対策と公式科学™によってもたらされた被害の規模を考えれば、コビッド対策を集団残虐行為の言葉を使って説明するのは難しいことではない。「国家と非国家主体」は、「民間人と非戦闘員」に政策を施し、予見可能かつ予防可能な死(「殺人」あるいは「駆除」)を引き起こしてきた。ロックダウン(バッタチャリア & Packalen,2020; Green & Battacharya,2021)、治療抑制(Risch,2022; Mercola,2021)、ワクチン義務(Altman et al,2022, pp.21-23; Armstrong,2021; Beattie,2021; Expose,2022b; Goss,2022; Oller & Santiago,2022)の「大規模」で、その数は数百万を数える(Armstrong,2021; Battacharya & Packalen,2020; Mercola,2021).その他の「大きな苦しみや重大な傷害を引き起こす行為」には、ワクチンによる傷害(Beattie,2022; Bhakdi et al.,2022; Goss,2022; Palmer & Bhakdi,2022; Redshaw,2022; Stieber,2022)、集団失業(Bianchi et al,2021; Germanos,2020)、大量の貧困(BBC,2020; Oxfam,2022)、大量の飢餓(Battacharya & Packalen,2020; World Food Programme,2020)、それ自体がすべて病気や疾患の世界的な主要原因である(Bianchi et al.)さらに、強制的な医学実験、移動の自由、言論の自由、身体の自律性の否定を含む「不法な自由の剥奪」、詐欺的なワクチン「アパルトヘイト」による「集団迫害」による被害も生じている。

アルトマンら「アタギ、TGA、連邦保健大臣への書簡」より 2022年3月8日、23頁

要するに、コビッドの対策に残虐行為のレンズを適用することは、明らかに必須である。それを無視するのは明らかな過失である。

『全体主義の心理』の中で、「残虐行為」という言葉はわずか3回しか出てこない。この言葉は、「コビッド19」への対応によってもたらされた殺戮を表現するためではなく、未開の民衆による将来の被害に対して警告を発するために使われている。デスメは、大衆形成の支配下で、「大衆は、自分たちに抵抗する者に対して残虐行為を行う傾向があり、典型的には、それが倫理的で神聖な義務であるかのように実行する」(p.104)と書いている。「これが将来どこに行くかを過小評価してはならない」と警告している。ランダムな一斉検挙、恣意的な隔離、『感染者』の裁量的な『治療』など、地平線上に現れるものは見えている」(115-16ページ)。まるで、膨大な数の人々が、目的に適っておらず偽陽性になりやすい検査に基づいて「自己隔離」するように言われたり、国家間を移動する際にホテルで自費で隔離することを強制されたりしていなかったかのようである。さらに、「ワクチン未接種者」を病気の運び屋として悪者にする強烈なプロパガンダ・キャンペーン(ナチスのユダヤ人を害獣として扱うことに倣い、CDC長官のロシェル・ワレンスキーの「ワクチン未接種者の大流行」という言葉に象徴される)が行われなかったかのように見えるのだ。

残虐行為の心理学101

心理学的に言えば、(戦争時の)残虐行為(Atrocity)は大衆形成と同じく、集団的な努力である。第二次世界大戦以来、心理学研究者は、大量殺戮のような茶番が再び起こらないようにすることを期待して、集団暴力と残虐行為を煽ることができる心理的プロセスを研究していた(Reicher & Haslam,2006)。権威への服従(ミルグラム1974)、システムの正当化(ジョスト2018)、道徳的離脱(バンデューラ1999、ジンバルド2007)、アウトグループの非人間化(ケルマン2005、モシュマン2007、ウェイツ&シュローダー2014)に関する研究は、集団的な暴力に拍車をかけることができる心理的プロセスである。Schroeder,2014)、受動的傍観(Staub,1999; 2015)、大量虐殺の心理学(Mandel,2002a; Melson & Hanic,2017; Moshman,2007; Staub,1999)など、いくつか挙げると、集団被害の主要な心理的要素を照明していた。呼び起こされたとき、それらの成分が組み合わさって、残虐行為生成条件が生じるために必要な前条件を作り出す(eg Dutton et al.)私たちが対テロ戦争やコビッド19の名のもとに行われている対人戦争に関して「プロパガンダのレシピ」(Kyrie & Broudy,2022)で概説したように、戦争や暴力に対する同意を作り出すためにプロパガンダ・キャンペーンが狙うのも同じ成分なのである。

簡単に言えば、残虐行為を引き起こす条件下では、社会の役割と関係が変質し、社会の成員は、集団で、隊列を組んで、自らの破滅の淵に向かって行進し始めるのだ。デスメが主張するように「ムクドリが群がるように」ではなく(p.42)、指示されながらである。エドワード・バーネイズが指摘したように、共通の敵に対する社会的な闘争と同様に、大衆の心理は効果的に条件づけられ、統制され、普遍的かつ継続的に占有されなければならない。「軍が兵士の身体を統制するように」(1928/2004、25ページ)、最適レベルの恐怖と怒りを与えて、予測される身体の犠牲が必要かつ正当なものとして判断されなければならない。

残虐行為の行進の間、参加者はいくつかの重要な役割に分類されると理解されている。被害を被る被害者、被害を与える加害者、介入しようとする能動的な傍観者、立ち上がることを拒否する受動的な傍観者などである。大衆形成仮説が示唆するように、これらのカテゴリーは相互に排他的ではない。例えば、致死注射を行う医師は、注射を打つこと、受けることに魅了された、あるいはトラウマを植え付けられた被害者を兼ねているかもしれない。

しかし、加害者は、それを生み出す社会の構成員と同様に、さまざまな姿や大きさをしている。デスメットのいう「退屈な官僚やテクノクラート」のような無自覚な歩兵から、より意識的な行為者までさまざまである(P2)。たとえば、米国務省の子会社であるUSAIDは、「集団残虐行為を指揮する(そして)国家を支配する」高レベルの加害者、「国の政策を現場で具体的な行動に移す」中間レベルの加害者、そして「物理的暴力を実行する」低レベルの加害者に区別している。

より根本的には、心理学者のデイヴィッド・マンデル(2002b)は、残虐行為を生み出す条件の背後には、他者に危害を加えるよう扇動する役割を担う特別なクラスの行為者が存在する、と書いている。マンデルはこれらの参加者を扇動者と呼んでいるが、ここで『全体主義の心理学』が破綻する。マンデルは、扇動者の役割は「暴力行為そのものを実行することではなく、他者に危害を加えるよう効果的に動機付けるメッセージを調整し伝達し、加害者にその任務を遂行するために必要な資源を提供すること」(102頁)だと書いている。マンデルは次のように指摘する。

扇動者の権力は、しばしば富(中級の権力)と情報(高級の権力)の支配から派生する・・・実際、集団暴力のシステムにおいて加害者が派生する権力は、通常、扇動するエリートによって直接的または間接的に与えられる・・・・・。扇動者の重要な特徴は、彼らが集団的暴力の触媒として働くことであり、しばしば、より良い生活のためのビジョンを伝えたり、社会不安の時代に脅威の原因と思われるものを特定したりすることで…社会・政治アナリストは、現在、私たちは変化を触媒する彼らの能力を過小評価しがちなので、大衆の意見を左右する可能性を持つ人物のメッセージにもっと注意を払うべきである…別の言い方をすれば、社会的影響力を持つエリートは、集団的暴力の触媒として働く。別の言い方をすれば、扇動者と加害者の社会的影響力はきわめて非対称的である。扇動者は加害者の思考を形成し、行動を導くが、加害者は扇動者の動機や計画に対して比較的小さな影響力しか持たない (Mandel,2002b, p. 102)。

USAIDはさらに、「高級官僚やエリートが集団残虐行為を行う動機はいくつかあるが、たとえば、彼らの権力に対する脅威の認識などだ」

残虐行為の定義そのものが、この文章で示されているのは、偶然ではない

「彼らは民間人に対する残虐行為を行ったとして裁判にかけられている。」

しかし、『全体主義の心理学』のどこにも、扇動者は見当たらない。残虐行為の心理学から完全に切り離された大衆形成のテーゼは、「苦境の真の主人は全体主義システムの指導者ではなく、物語とその根底にあるイデオロギーであり、これらのイデオロギーはすべての人を手に入れ、誰のものでもない、誰もが役割を果たし、誰も完全な脚本を知らない」(119-20頁)としている。

それ自体が、大量虐殺の扇動者が手をきれいに洗うことができるようなストーリーなのである。犠牲者の家族は、愛する人の死について非難すべき「物語」しか持っていない。彼らは、「誰でもあり、誰でもない」犯罪によって、遺されたのである。民間人に対する残虐行為について、誰も裁判にかけることはできない。デスメは、バタフライ効果とは、「物事の原因はどこにでもある」という意味だと書いている。ジョージ・W・ブッシュの”missings are made”(2004)のように、加害者を非難する可能性から免れさせる受動態の力はそのようなものである。

一方、カリフォルニア大学バークレー校のサイラ・モハメド助教授は、次のように指摘する。

集団残虐行為法は、世界最悪の恐怖に対する責任と処罰は…これらの組織的犯罪をもたらした政治、軍事、または地域社会の指導者に主に降りかかるべきであることを容易に認識する…道徳的説得は、法律と道徳の両方の問題として、指導者の側に罪深い犯罪行為として認められるべきである(モハメド、2017、777頁、781頁)。

デスメは、メディアの「驚異的な」力によって悪化した今日の世界には「あらゆる種類の操作がある」ことを認めているが、しかしこれは「主として個人による操縦ではない。最も根本的な操縦は、本質的に非人間的であり…イデオロギー-ある考え方によって動いている」(131頁)のである。そしてまた「究極の主人はイデオロギーであり、エリートではない」(134頁)。このように、誰も悪くないのである。隠された意図や階級的な力、舞台裏から糸を引く悪い役者もいない。

一方、現実の世界では、コビッドの悪夢が続く中、害を与えるメッセージを調律し発信する者たちが、再び自分たちの姿、そして「道徳的説得」(モハメド、2017、781頁)のメッセージを知らしめるようになった。ワクチンによる死亡が蓄積し、「予防接種」キャンペーンに対する国民の嫌悪感が高まるなか、「人々が切望するもの」(すなわち、あらゆる未公開成分を含む実験的ワクチンを受けるよう執拗に迫ることによるニュルンベルク条約違反の解消)を察知して「それに応じて計画を調整」(デスメ2022,134頁)するより、ロックフェラー財団はまったく新しい宣伝攻勢に先鞭をつけているのだ。

Top of Rockefeller Center‘ by Barabeke, licensed underCC BY-NC-SA 2.0.

ロックフェラー財団の2022年8月23日のプレスリリースには、「ロックフェラー財団、ロバート・ウッド・ジョンソン財団、クレイグ・ニューマーク・フィランソロピー、アルフレッド・P・スローン財団が総額1025万ドルで支援するマーキュリープロジェクトを通じて、SSRCは世界中の社会・行動科学者の最初のコホートを支援して、COVID-19ワクチン接種率の低さに対する切望される新しい研究・・・[そして]接種率を高める可能性を持つ介入を特定している」、と書かれている。しかし、デスメによれば、「(エリートの)計画やビジョンは、…国民に『強制』されるものではない」(134頁)。

それは、コビッド19の名の下に行われる残虐行為の扇動者を特定することがロケット科学ではないという事実を裏切るものである。それはむしろ、基本的な社会科学(deMerritt,2016; Kelman,2005; Mandel,2022b; Robinson,2022; Ruggiero,2007)、政治科学(Phillips,2018; Hughes,2022a)、調査報道(Corbett,2017,2022; Davis,2022; Kennedy Jr.,2021; Vedmore,2022)なのである。コビッド社の政策を貫く利益相反は、国内および国際的な「官民パートナーシップ」と統治機関を通じて、ビッグファイナンス、中央銀行、およびその創設銀行一族に予想通りつながる(Children’s Health Defense,2021; Mercola,2022b)。現代のグローバルな権力構造を視覚化した有用な資料が、Davis(2021)によって提供されている。

資本主義の吸血鬼的実践が、逆全体主義(Wolin,2004, cf.Hedges,2015)から、ナチズム(Hughes,2022a)や優生学(Kyrie & Broudy,2022c; Loffredo & Web,2020b; Matters,2021)、さらに子どもを巻き込んだ性的脅迫行為(Webb,2022)へとつながる全体主義がより認知されるにつれ、「全体主義の本質は功利主義や利己主義ではない」という結論は維持できなくなり、Desmet,2022, p112のように、「全体主義の本質とは、利潤のために、そして、その結果としての全体主義の本性である」(Hedges, 2015)のである。実際、歴史は、「より大きな善」がしばしば幻想であり、支配階級の利益追求を覆い隠すために作られたものであることを教えている。

残虐行為の解剖学

日常的な役割と関係が犠牲者、加害者、傍観者の死の舞踏を支えるように政治体を変形させるためには、残虐行為を生み出す条件の心理的要素を活性化させる必要がある。このような心理的要素は、扇動者の手のひらの上に乗っている。例えば、デスメットの論文の根幹をなす、適合性(Tritsch, 2013)や現実の共有(Echterhoff & Higgins,2018; Jost et al.)公式の敵(The Virus™、ワクチン未接種者/反ワクチン派)がつくられ、恐怖と怒りが動員され(例えば「ナッジ」ユニット)、暴力的で抑圧的な解決策が提案され(治療の拒否、致死的「ワクチン」、ワクチン義務化、ワクチンアパートヘイド)、反対者は罰せられ、中傷されて、適合主義者のグループの安全性に広く引き込まれるのだ。このように、物理的・社会的生存に対する人間の欲求を利用することによって、戦争が生まれる。それは、不満を抱く人々の潜在意識から噴出する自然発生的な事故ではなく、構想から計画、肉と血に姿を変えるまで慎重に押し付けられる(例:Kramer et al.)

逆説的だが、大衆形成の論文自体が、このような残虐行為生成の重要な心理的側面を体現しており、それ自体が、たとえ不注意であっても、害を及ぼすメッセージを調整し伝達する役割を担っている。

システムジャスティフィケーション

例えば、「システム正当化」と呼ばれる中和的な影響力が挙げられる。システム正当化は、システム的な社会の失敗を隠すために役立つ、さまざまな社会心理的盲点から構成されている。社会的・政治的世界に関する「根本的な妄想」と表現される(Cichocka & Jost, 2014, p.10)システム正当化は、自分の社会システム、つまり自分の政府、制度、当局を正当、正しい、公正、正義と見なす動機によって引き起こされる(Jost,2018; Jost et al.、2015)。それに反する証拠に直面したとき、人間の優勢な衝動は、システムを正当なものとする好ましい見方を維持するように、現実-認識を歪めることである(例えば、Blasi & Jost,2006; Jost,2018を参照してほしい)。システム正当化戦略には、証拠に関わることを拒否する、現状を全面的に支持および/または擁護する、情報源を例えば「陰謀論者」として信用しない、被害者を非難する、システム正当化イデオロギー、例えば集団被害は「誰もが、誰も」によって引き起こされるというイデオロギーを採用する、などがある(デスメ、2022、p. 120)。

システムの正当化によって現実と認識がどのように歪められるかを知るために、デスメットの「ロックダウン」についての見解を考えてみよう。「コロナウイルス危機の間、国民の大部分は、生活、自由、繁栄の楽しみを破壊する措置を驚くほど簡単に受け入れた」(p.102)と、彼は書いている。これは、「(ナチス)ドイツの何百万人もの人々が、自分たちの父親が自由のために戦ったのと同じくらい、自分たちの自由を放棄することを望んでいた」(Fromm, 1942, p. 3)ことを思い起こさせるものである。

人間の本性や利己心に反するこのような異常な現象は、偶然に起こるものではない。コビッド19の文脈では、ほぼ間違いなく、ナチス・ドイツで開発された技術を手本に、国民の大部分を自由を守るために戦う気がない、あるいは戦えない状態にすることで自由民主主義を破壊しようとする、きわめて計画的な心理戦の作戦が行われている(Hughes2022a)。しかし、デスメの非政治化された世界では、人々がこれほどの痛みや苦しみを我慢することができたのは、「催眠的な物語」が「自分自身の痛みやより広い意味では自分自身の利益を含むその外のすべてが気づかれない程度に、現実の小さな側面に彼らの注意を集中させたから」(102頁)なのである。その「催眠的な物語」を誰が、何のために語ったのか、それを売るためにどのような知覚管理技術が使われたのかについては、全く考察されていない。

その代わりに、デスメは奇妙な外科手術の例えを用いて、自分の主張を展開しようとする。「簡単な催眠術を使えば、患者を麻酔して、手術の切開を痛みなく行うことができる」(p.102)。インフォウォーズに出演したデスメットは、麻酔薬の代わりに催眠術を使って開胸手術が行われるのを自分の目で見たと主張し、後にそれが事実でなかったことを認めている。デスメットの超現実的な説明への逃避は、「監禁」のトラウマを遮断し、人々と戦争状態にあるシステムが基本的に人道的であるという妄想を維持するための心理的防御機構なのだろうか?

Covidのロックダウン中の子供とテディベア(共にマスク着用)

システムの正当化を誘発しうるシステム上の欠陥の中に、無実の被害者がある。被害者、特に無実の被害者や罰せられない犯罪の被害者は、観察者の公正な世界に対する信念を脅かし、防衛的な被害者非難につながることが分かっている(Correia et al.)この効果は、レイプ、人身売買、ヘイトクライム、ジェノサイドなどの犯罪で実証されている(Castano & Giner-Sorolla,2006; Ek,2019; Mallett et al.,2011; Stahl et al.,2010; Sullivan et al.,2016)。

『全体主義の心理学』には、被害者非難の色彩がある。デスメは、大衆形成の掌中に収まった人々は「まだ倫理的な選択をする能力がある」ので、彼らが犯した犯罪を「そのまま許してはならない」と主張する(108頁)。これに対して、「大衆を導く者」はあまりにも無邪気で、「船の舳先に座って、タンカーが方向を変えるたびにおもちゃのハンドルを回す子供のようなもの」(134頁)である。ある困った一節で、デスメはこう書いている。

ブッヘンヴァルトでドイツ治安警察の分遣隊と戦った後、何ヶ月も死ぬほど拷問された425人の若いオランダ人ユダヤ人のことを考えてみてほしい。それでも、ナチスの処刑人の計画に繰り返し従った被害者の程度は、心理学的な観点から無視できず、彼らの多くも大衆形成に陥っていたらしい(p.109)。

ここでは、抵抗の行為と残虐行為の威力はほとんど認識されず、ナチスの恐怖は語られない。そのかわり、デスメは、なぜ多くのユダヤ人が、何が待ち受けているかを知りながら、死の収容所行きの列車に従順に乗り込んだのか、謎のように思わせる(109頁)。国家的なテロと残虐行為が無視されているため、ユダヤ人はもっと抵抗すべきだったという指摘がほとんどである。ユダヤ人だけでなく、大衆全体が、20世紀の全体主義のもとで「国民が耐えた膨大な個人的損害に対するほとんど無限の寛容さ」(103頁)のために責められているように見えるのだ。アレイスター・クローリーが「人民」を「その神性を認めようとしない、屈託のない、泣き言を言う、鞭打たれた犬のような種」(1975, 116)と表現したことを思い起こさせる。大衆形成論の表面下には、大衆に対するエリート主義的な蔑視が潜んでいるように見える。

デスメを読んでいると、一般市民について喧伝されているのと同じような戯画を以前にも聞いたことがあるような気がしてならない。中でも注目すべきは、ウォルター・リップマンが『幻の大衆』(1925)の中で雄弁に語った「一般市民は見ることのできない世界に生きており、その行く末を把握したり指示したりすることは望めない」という表現である。私たち一般市民は、「乾いた土地から船を操縦しようとしているため、必ずしも無知で、通常は無関係で、しばしばお節介な」部外者にすぎない(p.140)。リップマンの考えでは、民主主義は約束された自由を実現することができず、「幻滅とお節介な専制政治」にしかつながらないので、「大衆はその場に置かれ、自らの力を行使できるようにしなければならず、・・・そうすれば私たち一人ひとりが困惑した群衆の踏みつけやとどろきにさらされずに生きていける」(145頁)のである。

さらに、エドワード・バーネイズはその代表作『プロパガンダ』(1928)の中で、市民が「目に見えない政府がデータをふるいにかけ、未解決の問題に高いスポットを当て、私たちの選択の幅を現実的な割合で狭めることに自発的に同意した」(11頁)ことを前提に、同様の一般論を述べている。このため、デスメをはじめとする今日の学者たちは、市民にさまざまな害悪をもたらすライセンスを自らに課す目に見えない権力者を支持することで、尊敬する先達の礎を築いているに過ぎないと考えているのだろう。つまり、大衆形成論は、リップマンやバーネイズによれば大衆がプロパガンダを、デスメによれば全体主義を、その基本的な心理的機能が要求しているという知的伝統の一部を形成しているのである。

被害者非難に加えて、システムの正当化は、加害者に責任を負わせることへの抵抗を助長する。システム正当化の傾向は、汚職の容認(Tan et al.,2017)、戦争中の民間人の犠牲に対する寛容さ(Friedman & Sutton, 2013, in Jost,2018)-「私たちはボディカウントをしない」(Williams,2005)-、憎悪犯罪法への支持不足(Mallett et al.,2011)などを促すことが判明している。

システムを正当化する妄想の影響で、「私たちの」戦争は人道的であり、「私たちの」専制政治は民主的であり、「私たちの」残虐行為は善意で行われる。したがって、「公式情報源」と「科学」は、「公衆衛生」という名目で大量殺戮を行うことができる。

「エリート」の行為者が何らかのメンツをかけて行動する可能性を認めず、大衆が自らの虐待に何らかの責任を負っているとほのめかすことで、『全体主義の心理学』はシステム正当化の基礎に影響を受けているだけでなく、それを前提にしているのだ。大衆形成のテーゼは、読者と捕食者階級(Chen et al.,2020; Peterson & Palmer,2021; Wisse & Sleebos,2016などの「闇のリーダーシップ」研究を参照)の間にムクドリたちの群れを投げ入れ、その詐欺、流血、国家・企業犯罪の長い歴史は十分に記録されている(Blum2006; Chomsky2006; Chomsky2007; Valentine2017; Scott2017; Hughes,2022a)。このように、専制政治を精神分析しながら、この理論は逆説的に、残虐行為の建築家が隠れることのできる魅力的で知的に満足できるシステム正当化のベールとして機能する。

道徳的な離脱

システムを正当化する世界観を維持するために現実を歪曲する手段は、道徳的な離脱である道徳的離脱とは、大量虐殺のような特定の出来事を、自分の通常の道徳的枠組みの境界の外に置くことができる心理的プロセスである(Bandura,1999; Opotow,1990)。これを実現するための一般的な装置が、言葉を清らかにすることである(Bandura, 2002; Cohen,2001)。中立的で忘れやすい用語の香油に包まれ、害は修辞学的に浄化され(Poole, 2007など)、現実は感情的に登録されず、無関心が呼び起こされる(Passini,2017)。それゆえ、悪の平凡さである。テロとの戦いにおいて、医療器具を使った被害者への性的暴行が「強化された尋問」と表現されたように、大量殺人は、COVID-19™との戦いのために、無機質に聞こえる医学用語を使って偽装されている。

同じように、「大衆形成」という言葉も、衛生的である。デスメは、この言葉を、彼の作品が一般に連想される言葉、すなわち「大衆形成・精神病」と区別することに熱心である。”Psychosis “は、デスメが本当に言及している現象に私たちを近づけてくれる。例えば、ヴェルスルイスによれば、「20世紀の全体主義体制は一種の集団的精神病を表している」(2006, 143)のである。しかし、このことは、デスメがコビッドの文脈で避けようと苦心しているように見える野蛮と残虐のテーマにすぐにつながってしまうのである。カール・ユングは、1945年のヒトラー時代を理解しようと、次のように考えている。

私たちがドイツで目撃した現象は、最初の流行性狂気の発生に他ならず、秩序ある世界と思われていたものに無意識が侵入したのである。国民全体が、また他の国に属する無数の数百万人が、絶滅戦争という血にまみれた狂気のなかに押し込められた。特にドイツ人は、催眠術をかけられた羊のように、指導的な精神病質者たちによって屠殺場へ追いやられることを許したのである。(ユング1970, 212)

このような「集団精神病」は、ヒトラーが権力を握った瞬間から明らかだったが、「私は、これが結局はドイツであり、道徳心を持ったヨーロッパの文明国であると自分に言い聞かせずにはいられなかった」(Jung 1970, 236)のだとユングは付け加えている。催眠術にかからないでいる人々にとって、ユングが描いたものと今日の「文明化した西洋」の生活との類似は不吉なものである。コビッド19は意図的に不合理な「対策」を通じて、確かに伝染病の発生を解き放った。そして国民の多くは、ウクライナへの支援(政治的反対運動が禁止され、ナチスのグループが活動しているにもかかわらず)、王室への尊敬(その暗い歴史やジミー・サヴィルやジェフリー・エプスタインと密接な関係が証明されているにもかかわらず)など、最新の公式シナリオがどうであれ、何も考えずにプロパガンダによって流されていき続けているのだ。今日の「一流のサイコパス」は、明らかに「催眠術をかけられた羊」を好きなところに追いやっている。

デスメは、このような大衆精神病を、「複雑で動的なシステムが自然界で自己組織化する」(p.125)のと同じように発生すると主張することによって、大衆形成として自然化し、それによって暗黙のうちに正当化するのだ。この作戦は、心理学者アルバート・バンデューラが「免罪の道具」として説明する「エージェントレス受動態」として知られる道徳的な離脱戦略を体現していると理解することができる。これは、非難されるべき行為が、人間ではなく、名もない力によるものであるかのように見せかけるものである。「まるで、人は機械的に動かされるだけで、実際には自分の行為の主体ではないかのように」(Bandura, 2002, p.105)。デスメットもまた、マスメディアの役割やゲッベルスのプロパガンダの卓越性を無視して、ナチス・ドイツにおいて「多かれ少なかれ自然発生的な形で」大衆形成が出現したと主張している。

しかし、全体主義的な大衆精神病は、ただ有機的に発生するのではない。むしろ、支配階級によって意図的に植えつけられるのだ。ナチス・ドイツからの真の教訓は、以下の通りである。

… 大衆の妄想は誘発することができる。それは単に、集団の感情を適切な方法で組織化し、操作することの問題である。大衆を孤立させ、自由な思考、自由な交流、外部からの是正を許さず、騒音、報道、ラジオ、テレビ、恐怖、疑似熱狂で毎日集団に催眠をかけることができれば、どんな妄想も植え付けることができる。人々は、最も原始的で不適切な行為を受け入れるようになる。(Meerloo1956, 202-3)

これらのテクニック(孤立、知覚の独占、恐怖を煽るなど)はコビッドの心理作戦に不可欠であり、仮面をつけたり神経症的に他人を避けたりといった最も原始的で不適切かつ有害な行動を、騙された大衆が喜んで採用したことを説明している。アレン・ダレスは1943年の時点で、ヒトラーと他のナチスの指導者の心理的プロファイルを得るためにユングを利用していたことが分かっており(キンザー2013、71ページ)、CIAがナチス・ドイツの集団精神病を製造するための実証済みの技術に細心の注意を払っていたことはほぼ間違いないだろう。

残虐行為の言語と同じように、『全体主義の心理』は、コビッド対策による殺戮を無関心かつ最小限の言葉で表現している。たとえば、デスメットは「対策の結果、犠牲となった人々」(102ページ)を指すのに、軍事的婉曲表現「巻き添え被害」を使っている。この「対策」は、ポンペオ将軍が「実戦演習」と呼ぶものの一部として、ウイルスとの「戦争」に必要な戦術として投入されたという事実は無視されているのだ。犠牲者には、ケアホームで亡くなった人、医療処置が延期されたために亡くなった人、家庭内暴力の犠牲者(「ロックダウン」中に増加した)、そして最も重要なのは、「ワクチン接種の副作用の影響を受けた人」(102頁)である。「副作用」この二つのなだめるような言葉は、いわゆるコビッド19「ワクチン」(Altman et al,2022, pp.21-23; Armstrong,2021; Beattie,2021; Expose,2022b; Goss,2022; Oller & Santiago,2022; Redshaw,2022)によって何十万から何百万の人々が傷つき殺されることについてデズメットが考えるときに最も近い言葉である。コロナウイルス対策の犠牲者を描いた図(図62,101頁)には、「ワクチン」の犠牲者についての言及はない。大衆形成の本では、「心筋炎」「血栓」「脳卒中」という用語はどこにも出てこない。これらはすべて、道徳的な離脱を引き出すための第二の戦術、「見えないところから見えないところへ」(Bandura, 2002; Cohen,2001)を示している。

道徳的抹殺:人体実験と大量殺戮の証拠

道徳的離脱理論の先駆者であるアルバート・バンデューラは、「他者の苦しみが目に見えないほうが、他者を傷つけることが容易である」(Bandura, 2002, p. 108)という単純な観察をしている。非人間的行為の実行を可能にするためには、そうした非人間的行為の人間的結果を、無視し、無視し、否定し、あるいは正当化し、神聖化することによって、道徳的に消し去る必要があり、それによって恐怖が知覚的に排除される(Bandura, 2002; Cohen,2001)。この現象は、デスメットがコビッド19に対処するという名目で行われた大量の人体実験を見過ごし、ナチス・ドイツにおける優生学実験やその他の人道に対する犯罪を軽視していることからも見て取れる。

デスメはナチスの強制収容所について、「人体実験は全体主義の典型的な活動である」と書いている(p.112)。しかし、彼はヨーゼフ・メンゲレが強制収容所の収容者を対象に行った優生学実験には触れていない。むしろ、「労働収容所」は「理想社会のパイロットプロジェクトであり、エリートが国民をそのイデオロギーに従わせる方法を学ぶ」ものであり、「まったく利益を生まず、ほとんど自給自足さえできない」(112頁)ものであったという。こうして、奴隷労働と大量殺戮は、強制収容所が思いがけないユートピア的側面を獲得するにつれて、視界から退いていくのである。

アウシュビッツ強制収容所の独房棟ブロック10女性や男性がナチスの医師の実験台として使われた By V Manninen, licensed underCC BY 2.0.

デスメットは、コビッドのもとで、全世界が一つの巨大な医療実験の場と化し、人類の約70%にあたる54億5000万人(2022年11月21日現在)が、長期安全データのない未認可の実験的ワクチンを1本以上受けているという事実にも触れていない。2022年4月にバラク・オバマが言ったように、「私たちは今、本質的に、世界中の何十億人もの人々に対してワクチンの臨床試験を行った」のである。

また、デスメは、2020年4月の「世界経済フォーラムが」有害な影響”をもたらすことを知っていた「史上最大の心理実験」である世界規模の「ロックダウン」についても言及していない。実際、スタンフォード監獄実験(1971)は、囚人側の「感情の崩壊と不合理な思考」、看守側の「虐待と敵対」行動、中には「サディスティックな拷問者としての資格さえある」(Zimbardo. 2005,139頁)など、それまで適応していた人々の精神衛生に模擬監獄環境が破滅的に影響を与えることを十分に示していたのである。これらの措置に、政府が行動修正を達成するために国民に与える「戦略的に[…]高められた感情的苦痛」、さらに「精神的幸福の感覚に悪影響を与える」ズーム文化(Schwab and Malleret,2020, 162)-が加わり、心理戦のケースが強くなってくるのだ。

実際、その結果は心理戦のキャンペーンと一致するものであった。批評家たちは、「うつ病、不安、物質乱用、複雑な死別のレベルが高まった」と指摘している(Marmarosh et al2020, 122)。オランダの研究者は、3人に1人が最初の「ロックダウン」中に精神的健康の悪化を経験したことを明らかにした(van der Pijl 2022, 29)。異なる研究のあるメタ分析では、「パンデミック」の結果、「個人が精神病、不安、トラウマ、自殺願望、パニック発作の症状を経験する可能性がある」ことが分かっている(Salari et al.2020)。国家統計局(2020)によると、英国の成人のうつ病の割合は10%(2019年7月~2020年3月)から19%(2020年6月~11月)に上昇し、成人の60%がストレスや不安を感じていると報告し、34%が心の健康の悪化を報告している(王立精神科医会の報告[2022]と一致している)。2022年のメタ分析では、英国初の「ロックダウン」によって、うつ病の発症率が4%から32%へと8倍に増加したことが分かっている(Dettmannら、2022)。

また、この集団は他の非薬物的介入によっても実験された。2020年6月5日のWHOによると、「現時点では、COVID-19を含む呼吸器系ウイルスへの感染を防ぐために、地域社会の健康な人々を対象にした普遍的なマスクの有効性に関する直接的な証拠(COVID-19に関する研究および地域社会の健康な人々における研究から)はない」–にもかかわらず、同じ文書でWHOは「政府は特定の状況や環境で一般市民にマスクを着用するよう奨励する」という勧告を出している。その6日後、科学的な文献調査により、「公共の場でマスクを着用するという広範な政策による利益を示す研究は存在しない」ことが確認された(Rancourt2020)。したがって、マーティン(2021、25頁)の主張は正しい。「フェイスマスクの使用を義務づけるすべての当事者は、…全住民の臨床試験に相当するものに従事している」「社会的距離」についても同様である。「現在までのところ、社会的距離を置くことでSARS CoV-2の感染や伝達を防いだという研究は一つもない」(Martin2021, p.25)。こうして、何十億もの人々が、世界的な実験における不本意な被験者となった。世界経済フォーラムが振り返るように、「COVID-19は社会的責任(コンプライアンスと読む)のテストだった-公衆衛生に対する膨大な数の想像を絶する制限が、世界中の何十億もの市民によって採用された」と。

デスメットは、「マウスは実験的に誘発されたストレスにより、ウイルス感染で死亡する確率が40%高くなる」と報告する研究を引用し、免疫力低下を引き起こす同じメカニズムが人間にも存在し、「ストレスは死亡率を高める」(P167)ことを述べている。このことは、「コロナウイルスの危機にとって重要である」と、ウイルスの側面から指摘している。しかし、彼は、現在、人間の集団が実験的に誘発されたストレスにさらされていることを考慮していない。たとえば、シュワブとマレレは、「ロックダウン」を「急性ストレスの期間」と呼んでいる(2020年、159頁)。急性ストレスは、拷問に関する報告書の中で「ショック反応、突然の反射、戦いまたは逃げ」と特徴づけられており、「戦争における捕獲」に相当する(アムネスティ1973年、35頁)。急性ストレスは必ずしも悪いものではない。それは、課題に対する短期的な適応反応であり、「生存メカニズムの一部」を形成し、免疫反応を高める可能性がある。対照的に、慢性または長期のストレスは不適応であり、身体と精神の両方の健康に有害な影響を及ぼす。

Rancourtら(2021, p. 134)は、2020-21年の米国の全死因死亡データは、ウイルス「パンデミック」と称されるものとは根本的に矛盾しているが(管轄区域の異質性のため、英国でも見られた [Kendrick2022] )、Covid政策によってもたらされた膨大な社会経済の混乱によって生じた慢性ストレスとは完全に一致しており、「社会支配階層」の最も下位の、適応手段がない人たちに不釣り合いに影響を与えていることを発見した。彼らはこう主張している。

…脆弱で影響を受けやすい住民の大集団が、大規模な社会経済的混乱によって引き起こされた慢性的な心理的ストレスから免疫システムを抑制している状況で、[…] 国家は1918年の恐ろしい細菌性肺炎の流行を生み出した状況を再現してしまったのである。(ランコートら2021年、136-7頁)。

つまり、戦時下である。コビッドの下で見られる社会経済的な崩壊の規模は戦争の時だけに見られるものである。

Rancourtら(2021, pp.135-7)は、さらに進んで、1918年から1920年のように、2020/21年に米国で細菌性肺炎が流行し、そのために「COVID-19」死亡者のほとんどが誤認されたと主張している(2021, pp.121, 135-7).彼らは、細菌性肺炎を治療したかもしれない抗生物質の処方が、2020年3月から4月にかけて半分に減少したことに注目している。これは、COVID-19にかかわらず、抗生物質の利用可能性を維持する知恵を自動的に指し示すであろう「出生時平均余命[…]と抗生物質処方の州ごとの分布の著しい類似性」を考えると特に疑わしい(Rancourtら 2021, p.131)。ヒドロキシクロロキンやイベルメクチンといった安全で効果的な治療薬が意図的に抑制され、抗生物質がまだ発見されていなかった1918-20年と同等の状況が生み出された(2021年、136-7ページ)。これらの事実は、意図とデモサイドの可能性に関する厄介な疑問をもたらし、Rancourtら(2021,132頁)は、いわゆる「第一波」の間の死者の大半は、ウイルスではなく、「2020年3月11日のWHOによるパンデミック宣言に対する政府および医療の積極的対応」によるものだと明言している。さらに、米国における全死因死亡率のさらなる予想外の上昇-2020年夏、2020/21年冬、2021年夏-も、「政府の対策によって、貧困、肥満、気候の複合要因を経由し、持続的慢性心理ストレスによって強力になった死亡を誘発」(Rancourtら2021,115頁)している。

道徳的正当性国家による安楽死

残虐行為の非人間性を最小化し、否定し、無視することに加えて、重要な「一連の離脱の実践は、行動そのものの再構成に作用する…この道徳的正当化のプロセスにおいて、悪質な行為は、それが社会的に価値または道徳的目的を果たすものとして描写されることによって個人的にも社会的にも受け入れられる」 (Bandura, 2002, p.103).

このような道徳的正当化は、「対象集団を国家の保護から排除する」ことを可能にし、特定の集団の犠牲を助長すると、心理学者でハーバード大学社会倫理学教授のハーバート・ケルマン(2005、p.128)は説明している。心理学者でジェノサイドの研究者であるアーヴィン・ストウブ(1999)は、「限定的な差別は、被害者である集団に対する差別、迫害、暴力が次第に大きくなるように変化する」と付け加えている。破壊の連続体に沿った段階』を経て、大量殺戮やジェノサイドに至ることがある」(307頁)。コビッド19に対する国家の対応では、「良い死」という名の安楽死に相当する実践のもとで、こうした心理的プロセスがすべて発揮されてきた。しかし、『全体主義の心理学』には、そのすべてが欠落している。

デスメットは、ナチスが「ガス室での死を『恵みの死』(つまり、生きているより死んだ方がいいと思った人々にとって最も苦痛の少ない解決策)と呼んだ」(108頁)ことを指摘している。しかし、保守党のルーク・エヴァンス議員が2020年4月17日の下院保健社会医療委員会で、NHSに患者に「良い死」(安楽死の粗雑な婉曲表現)を提供できるほどの注射器ドライバー、ミダゾラム、モルヒネがあるかマット・ハンコック保健大臣に質問したことには何も言わない。フランスのアコード・ヘルスケア社は2020年3月、NHSの要請で2年分のミダゾラムの在庫を英国の卸売業者に販売したところだった。2020年4月、NHSイングランド全域のGP診療所において、塩酸ミダゾラムの処方が大急増していた。Clare Wills HarrisonとMark Oakfordは、2020年1月から2021年3月までのミダゾラム処方と65歳以上の全死因死亡率をプロットしたグラフを提供している:前者は後者をリードし、Harrisonの言う「ケアホーム、ホスピス、病院におけるミダゾラムの事前計画的かつ重大な不適切使用」の可能性を提起している。

National Institute of Clinical Excellence(NICE)ガイドラインNG163(2020年4月3日発行)が推奨している。「人生の最後の時間や数日間におけるCOVID-19の主要な症状を管理する場合、人生の最後の数日間における死にゆく成人のケアに関するNICEガイドライン[NG31]の関連部分に従うこと。これには薬理学的介入や予測的処方が含まれる」しかし、心配した医師たちは2020年5月に、NG31(2015)は末期がん患者をベースにしており、「回復が最もあり得ないと考えられる進行性疾患」から間もなく死ぬ可能性が高い人々を対象にしていると指摘した(Ahmedzai et al.2020)。NG163(原文)は、COVID-19の高齢者を終末期に近いものとして扱い、それに応じて緩和ケアを適用するよう、実践者に暗黙のうちに促していた。また、次のようにも書かれている。「呼吸抑制を起こすことを恐れて鎮静やオピオイドの使用を控えるべきではない」しかし、引退した神経学者パトリック・プルシーノによれば、「ミダゾラムは呼吸を抑制し、死を早める。それは終末期医療を安楽死に変えてしまう」と、理論的に引退したリバプール・ケア・パスウェイ(引用:Adams and Bancroft2020)に沿っている。

フリージャーナリストのジャッキー・ディーボイ氏が、ドキュメンタリー映画『A Good Death?』この映画には、家族の意向に反してミダゾラムを投与された高齢者の親族からの証言が数多く含まれている。ある親族の言葉を借りれば、「彼ら(医師と看護師)がやっていることは非自発的安楽死である」また、別の親族はこう言う。「もし、医療関係者が家族に黙って、すべての観察を中止するように言われたのなら、私にはそれが密室殺人だと思える」また、別の人はこう主張する。「彼らは私たちからそれを隠した。何が起こっているのかを隠していたのである」別の人によると、「コンサルタントは私たちにこう言ったんだ:それは上からの命令だ。ここでやっていることはすべて規定事項だ」(「命令に従え」と言いたくなる)。

証言の中で一貫したテーマは、患者の意図的な飢餓と脱水、過剰量のミダゾラムの投与(しばしばMHRAガイダンスで禁忌とされているモルヒネと併用)、家族の希望の無視、看護師がミダゾラムが呼吸器系を助けると主張したが実際は逆だった、結果として死亡はCOVID-19のせいとされた、真の死因を示す解剖なしに火葬された、などであった。ある被害者は生前、息子にこう言っていた。「車いすを用意して、今すぐこの病院から出してくれ。彼らは私を殺そうとしているのよ」映画の中のスチュアート・ウィルキーは、ミダゾラムの使用を長時間の拷問にたとえ、29時間かけて1分間の呼吸数を徐々に減らしていったと述べている。被害者の立場から、「部屋に入ってきてその薬を体に入れる人は、ゆっくりと自分を殺しているのだとわかっている」と付け加えている。薬漬けにされた被害者は、神父に会う機会も、死の床での告白の機会も奪われる。

呼吸抑制剤であるモルヒネとミダゾラムが入った注射器 Jacqui DeevoyA Good Death?」より

危険なのは、私たちが目撃した国家公認の安楽死は、楔の細い方の端に過ぎないということである。例えば、ナチスの大量虐殺の起源は、それ以前の安楽死プログラムにまで遡ることができる(Friedlander,1995)。戦時中のナチスによるユダヤ人、ジプシー、同性愛者の絶滅は、国家公認の不妊手術とその後の障害者の「慈悲の殺人」の伏線であった(Mostert,2002)。「生命に値しない生命」という概念は、1933年の「遺伝性疾患子孫の防止に関する法律」に表現され、ナチスの公衆衛生長官アーサー・ゲットの言葉を借りれば、「国民のうち健康で遺伝的に健全な部分にのみ生命と生活を与えるという国家としての至上義務」の基礎を形成した(エレット、2021)。「安楽死による殺害」はやがて「病人の殺害」に姿を変えた(Foth,2014)。悪名高いアクシオンT4計画(1939-1945)は、推定25万-30万人の障害者を、最初は子供、次に大人(「ガス処理施設」を使用)を殺害した。ここから最終的解決に至る道筋は、想像に難くない。

ハンコックは、21世紀の優生学アジェンダの重要な代表者である。2020年11月、彼は自殺幇助のために海外渡航を希望する人への渡航免除を発表した。2021年5月には、医学的理由で自殺した人の数について公式な数字を求めることで「自殺幇助の合法化への第一歩」を踏み出し、ミーチャー男爵夫人が「死後幇助法案」のキャンペーンを行う道を切り開いた。2021年6月、ハンコックは下院で、COVID-19「ワクチン接種」を拒否する人はNHSの治療の優先順位を下げるべきとほのめかした。また、同月、ミダゾラムの発覚により保健長官を辞任したが、不倫のビデオ映像はそれまで抑えられていた。2022年8月には、幇助死に関する議会の調査と自由投票を呼びかけた。

これらすべてが優生学の証拠であり、イギリスだけでなく、国際的なものである(Ehret2021)。しかし、『全体主義の心理学』では、優生学はほとんど取り上げられていない。どちらかといえば、デスメットはむしろ優生学に偏見を持っているようで、プラトンがそれを「称賛に値する実践」だとし、20世紀にはそれが「ある種の『成功』につながった(p.47)」と述べている。「私たちは真剣に自問しなければならない」と彼は主張する「なぜ優生学の原則に従わないのか?」(p.48)。ナチスの優生思想から、障害者の不妊手術や殺人を経て、大量虐殺や最終的解決に至る歴史的軌跡は知られているが、デスメの視点から見た優生学の最大の問題は、それが「利点よりも欠点が多い」(48頁)ことにほかならないのである。

モラルアドボケイトのデロゲーション

残虐行為からの道徳的離脱を心理的に強制するために、「道徳的擁護者の蔑視」が展開されるのだ。研究によれば、自分たちの社会の不道徳な活動を糾弾する人は、一般的に嘲笑を集め、傍観者集団から否定的に認識される(例えば、利己的、傲慢、迷惑、裏切り者、損傷的など) (Bashir,2014; Bashir et al., 2013; O’Brien & Crandall,2005; Sumanth et al.,2011)。この概念の著者は、「不道徳な行為に立ち向かう個人(=道徳的擁護者)は、賞賛よりもむしろ軽蔑を引き出すことがあることを…実証する研究が増えている」(Bashir,2014, p. 1)と書いている。その軽蔑は、問題となっている社会の道徳的行為に対する信念からではなく、「擁護者が自分たちの集団を他者の目にどう映えさせてきたか」(Bashir,2014, p.3)という懸念から生じているのだ。グループの社会的イメージを守るために、「グループのメンバーは『メッセンジャーを撃つ』アプローチを採用するようだ」(Bashir,2014, p.30)。

この戦術の教科書的な例として、デスメットは、COVID-19の死、破壊、暴虐の責任を強力な行為者や利益集団に問おうとする人々を陰謀論者と見なすことに一章を割いている。彼は、彼らの見解を「単純で戯画的」(p.138)、彼ら自身の大衆形成の下で労働し、「不条理」と「狂信的」(p.128)の瀬戸際に立たされている、と決めつける。デスメはこのような道徳的擁護者を、「地球外」生物、トカゲ人間、地球平面説、悪魔崇拝などの逸話と結びつけて軽蔑する(124,128,130ページ)。

しかし、道徳的擁護者を陰謀論者の烙印を押し、「不条理」で「狂信的」な主張と結びつけてしまうことは、道徳的離脱を支えるだけでなく、現実の世界でますます具体的な意味を持つようになっている。デスメット自身、「全体主義体制の自己破壊は、一般に、反対意見を封じ込め、反対者を沈黙させることに成功した瞬間にピークに達する」(p.116)ことを承知している。また、ギュスターヴ・ル・ボンを引き合いに出して、「不協和音」が「催眠の深さ」を減らし、それによって「大衆が残虐行為を行うのを防ぐのに役立つ」(141頁)ことの重要性を説いている。

デスメの声は、そのような「不協和音」の一つではない。彼自身、「起こったことをあまり陰謀論的に解釈しないように気をつけている”と認めている。そうすれば、彼のスピーチは「キャンセルされる危険性」があると主張している。つまり、デスメは「真実のスピーチ」を標榜しながらも、権力に対して真実を語らないことを意図的に選択しているのだ。彼はこう続ける。「これが言い訳にならないことは承知している。犯罪が起きれば、大勢の人が死ねば、あなたの専門が何であるかは関係ない。まともな人間なら、誰にでも見えることをただ明確にすることが自分の義務だと認識するはずだ」しかし、悲しいことに、彼は大量虐殺に関するテーマを避けることを研究しているため、それを実行することができないのである。

さらに悪いことに、彼の分析は、2021年の欧州委員会の報告書が「過激主義」や「過激化」と同一視し、米国国土安全保障省が「国内テロ」の原因とする「陰謀論」とレッテルを貼って、統治機関が反対意見を封じるのを実際に手助けしている。欧州委員会の報告書は、「反体制・反エリートの陰謀論」と「COVID-19の文脈における陰謀論」は、「人々を暴力に駆り立てる…」ことを含む「深刻な結果」をもたらすと警告している。したがって、政府は、いわゆる非暴力集団とその陰謀論的な考え方がもたらす脅威を過小評価してはならない。言論の自由と社会を守る必要性との間のバランスを見出すこと」(Farinelli,2021, pp.4,6、13,14,21)を含む措置をとるよう、国家とその治安当局に促しているのだ。このように当局が言論に汚名を着せ、検閲し、疎外し、犯罪化する可能性を幇助することは、明らかな残虐行為に対して声を上げる人々だけでなく、反対意見を述べることで生活が成り立つ犠牲者にとっても危険なことなのである。

デスメットの「陰謀とイデオロギー」の章は、深く混乱している。一方では、デスメは、ホロコーストには「意図的な計画」があったと主張している・・・ホロコーストの破壊装置全体をきちんと体系的に準備した人物がおよそ5人おり、彼らは、残りのすべての体制を長いあいだまったく見えないようにして、それに協力させることができた」(136頁)。はっきり言って、デスメの考えでは、たった5人の人間がホロコーストの首謀者となり、他の全員を最終的解決策(ちなみに、ビル・ゲイツがCOVID-19「ワクチン」を説明するときに使った言葉)に従わせることは可能であったのだ。しかし、コビッド19に関しては、「陰謀論が示唆するように、『計画』は開発に先行しているのではない。むしろ追いである」(p.134)。言い換えれば、計画されたものは何もなく、計画されたとされるものは、自然に起こった出来事に逆行するように読み取られている。これは、「民主主義から全体主義的なテクノクラシーへの移行、その中でコロナウイルス危機は大躍進だった」(2022年、132ページ)という言及にもかかわらず、「大躍進」という比喩は、政治的意図と悲惨な大規模社会工学の両方を示しているのだ。このような地位にある学者が、計画された事象のパターンを見抜けないわけがないだろう。

2010年のロックフェラー「ロックステップ」シナリオ、2019年10月の新型コロナウイルスパンデミックシミュレーション「イベント201」、クラウス・シュワブとティエリー・マレレの世界経済フォーラム発表の「COVID-19グレート・リセット」(2020年6月~)が引用されているが、これらは公に入手可能であり(すなわち秘密ではない)、矛盾を含んでいるため、陰謀論的ではないとみなされている(Desmet 2022, pp.132-33)。どうやらデスメは、公然の陰謀とシナリオ・プランニングの概念を知らないようだ(彼が引用したロックフェラー文書には、4つの別々の、相互に矛盾するシナリオが提示されているにもかかわらず)。デスメによれば、中央集権的な計画を疑う者は、「混乱」し、大衆形成のもとで、「複雑さを精神的に克服し、そこに生じる不安やその他の激しい感情を置き、制御することができるような単純な参照枠を強く求めている」(p. 127)のであるに違いない。ではなぜ、たった5人の人間がホロコーストを「きちんと体系的に」首謀できたのに、コビッド19危機が比較的少数の加害者によって集中的に計画されたという指摘は、知的アンバランスの表れでなければならないのだろうか。

本書の最終章では、支配階級の犯罪的意図に対するデスメットの見かけ上の盲目さは、ほとんど茶番に近いレベルに達している。専門家の言説の中で唯一一貫しているのは、その決定が常に技術的、生物医学的に管理された社会に向かっているということだ」(133ページ)と主張した彼は、続けてこう書いている。

テロリズム、気候問題、コロナウイルスなど、ここ数十年の間に私たちの社会に出現した「不安の対象」ごとに、[テクノクラート的思考]は飛躍的に進歩したのである。テロの脅威は監視装置の必要性を誘発し、私たちのプライバシーは今や無責任な贅沢品とみなされている。気候問題をコントロールするには、実験室でプリントされた肉、電気自動車、ネット社会への移行が必要であり、COVID-19から守るには、私たちの自然免疫をmRNAワクチンによる人工免疫に置き換えなければならない(P176)。

人間の自由に対するこうしたエスカレートした攻撃は意図的なものであり、彼が言及する脅威はすべてまさにその目的のために人為的に作り出されたものだということが、なぜデスメにはわからないのだろうか。全体主義の心理学に関する本では、全体主義については中盤(参考文献を除く188ページのうち57ページ、つまり内容の約30パーセント)でしか扱っていないのだ。

デスメット(2022, 176)が言及する不安は、トランスヒューマニズムと侵襲的な生体監視の「必然性」に対する同意