筋萎縮性側索硬化症(ALS)

筋萎縮性側索硬化症(ALS)

ALSおよび神経変性疾患における微生物-腸-脳軸と抗生物質の役割

The Role of the Microbiota–Gut–Brain Axis and Antibiotics in ALS and Neurodegenerative Diseases オンラインで公開2020年5月23日 要旨 ヒトの腸には、消化管と大腸の壁に並ぶ微生物の
筋萎縮性側索硬化症(ALS)

筋萎縮性側索硬化症の潜在的な予防戦略
Potential Preventive Strategies for Amyotrophic Lateral Sclerosis

要旨 筋萎縮性側索硬化症(ALS)のように、病態が確立されておらず、治療が成功していない疾患に対して予防策を提案することは無意味と思われるかもしれない。 しかし、筋萎縮性側索硬化症(ALS)は加齢と本質的な分子メカニズムを共有しており、健康的な食事や個別に調整された運動など、確立
筋萎縮性側索硬化症(ALS)

環境による障害:筋萎縮性側索硬化症の重要な誘因

Environmental insults: critical triggers for amyotrophic lateral sclerosis 要旨 背景 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、下・上運動ニューロンの急速な喪失を特徴とする致死的な神経変性疾患である。複雑な疾患であ
筋萎縮性側索硬化症(ALS)

「ALSの逆転」:人口統計学、疾患の特徴、治療法、併存疾患

“ALS reversals”: demographics, disease characteristics, treatments, and co-morbidities オンライン公開:2018年4月2日 要旨 目的 筋萎縮性側索硬化症(ALS)「逆転患者」と典型的に進行性の
LATE

筋萎縮性側索硬化症におけるTDP-43のミスフォールディングの分子機構と病態の解明
Molecular Mechanisms of TDP-43 Misfolding and Pathology in Amyotrophic Lateral Sclerosis

Archana Prasad、† Vidhya Bharathi、† Vishwanath Sivalingam、 Amandeep Girdhar、 and Basant K. Patel*. 要旨 TAR DNA結合タンパク質43(TDP-43)は、RNA関連代謝に関与する汎
GMO、農薬

グリホサートはグリシンアナログとして作用し、ALS(筋萎縮性側索硬化症)に貢献しているのか?

Does Glyphosate Acting as a Glycine Analogue Contribute To ALS? 要旨 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、グリシンを多く含む領域のいくつかのタンパク質変異を伴う致死的な神経変性疾患であり、治療法は限られている。全症例の9
36の発症因子

キヌレニン経路の恒常性を回復する13のアプローチ

キヌレニン経路と神経変性疾患・アルツハイマー病 概要 キヌレニン経路は必須アミノ酸であるトリプトファンの主要な経路のひとつ。 トリプトファンの代謝は非常に複雑、主な代謝経路は4つ存在する。 ヒドロキシル化 → セロトニン、メラトニン 脱カルボキシル化 → トリプタミン 脱アミノ 
36の発症因子

小胞体ストレスと神経変性疾患 作成中

小胞体 概要 小胞体は、真核生物の細胞小器官のひとつ。発見された当初は細胞核で作られたたんぱく質をゴルジ体へと橋渡しする輸送のための廊下程度にしか考えられていなかったが、その後の研究で多くの細胞機能に関わっていることがわかってきた。 小胞体の主な役割 タンパク質の折り畳み、切断、
アミノ酸

アミノ酸・L-セリンの神経保護作用

L-セリンの役割 セリン L-セリンは非必須アミノ酸のひとつとして分類される。しかし、脊椎動物は特定の状況下では必要な量を合成することができないため、条件付き非必須アミノ酸とも考えられている。 重要なアミノ酸の前駆体 L-セリンは哺乳動物の中枢神経系において、3-ホスホグリン酸か