アーユルヴェーダハーブ

アーユルヴェーダハーブ

ベルベリン(認知症・アルツハイマー)

ベルベリン(黄檗)/Berberine 関連記事 ベルベリンは中国、アーユルヴェーダ医学において、3000年以上使われてきた歴史がある。 効果・作用機序 中国では抗菌剤、抗寄生虫、下痢の緩和剤として使用されてきた。(これら、ジアルジア、赤痢、サルモネラ、ランブル鞭毛虫症、マラリア) ...
食事・栄養素(免疫)

COVID19危機時のセルフケア アーユルヴェーダの免疫力アップ対策

アーユルヴェーダ省の免疫力向上策 COVID-19の発生により、全世界の全人類が苦境に陥っている。 体の自然な防御システム(免疫力)を高めることは、最適な健康を維持する上で重要な役割を果たしている。 私たちは皆、予防が治療よりも優れていることを知っている。今のところCOVID-19の薬はないが、このような時代に免疫力を高める...
コロナウイルス

COVID-19 クルクミン・ウコン・カレー

コロナウイルス ウコン・クルクミンの抗ウイルス効果 クルクミンの抗ウイルス効果 エビデンスは、クルクミンが様々なウイルス感染症に対して抑制作用を有することを示唆している。クルクミンの抗ウイルス効果は、水胞性口内炎ウイルス、パラインフルエンザウイルス3型、水胞性口内炎ウイルス、フロックハウスウイルス、...
コロナウイルス

COVID-19 治療/アーユルヴェーダ

コロナウイルス アーユルヴェーダ 覚書 アーユルヴェーダ COVID-19 パンデミック アーユルヴェーダ介入のための実用的計画 患者ごとに提案された治療 1.無症状グループ 健康的な食事、健康的なライフスタイル、十分な睡眠、身体活動、良い行動、保持可能な衝動と非保持可能な衝動のケア、病気の原因となる要因(過度の...
アーユルヴェーダハーブ

ゴツコラ(認知症・アルツハイマー)

ゴツコラ/Gotu Kola 概要 認知機能増強効果 ゴツコラ(Centella asiatica)はアーユルヴェーダでよく使われる伝統的なハーブ、血液の浄化作用、高血圧治療、記憶力の強化、長寿薬としてインドのアーユルベーダで主に使用される。中国においても漢方薬として使われている。 認知機能を増強する効果を発揮する...
アーユルヴェーダハーブ

グッグル(認知症・アルツハイマー)

グッグル(ググルステロン)/Guggul Guggul 有効成分 ググリピッド、ググルステロン アーユルヴェーダで用いられる木の樹皮からとれるハーブ コレステロール低下作用をもつハーブとして有名 効果・作用機序 マウスのヨード吸収、甲状腺の代謝活動を増加、血清T3、T4レベルを上昇させる。...
アーユルヴェーダハーブ

クルクミン(認知症・アルツハイマー)

クルクミン・ウコン・ターメリック 概要 クルクミンはターメリックの香辛料で、インド、アジア、中東でカレーなどのスパイシーな料理として使用されている。 特にインドの伝統医学アーユルヴェーダでは広く一般的に使用されている。 歴史的にはインドで2500年前にウコンが使われており、当初は染料として、後に食品素材...
1型(炎症性)

アシュワガンダ(認知症・アルツハイマー)

アシュワガンダ ウィザノシド、ウィザノライド 概要 アーユルヴェーダ医学で用いられる代表的な薬草のひとつ。 「馬の匂い」という歴史的な意味があり、アシュワガンダを摂取することで馬の強さや力を手にいれるということからきている。 主に不安を和らげ予防する効果をもち、アルコールと相乗効果をもつ。 また不眠症や...
アーユルヴェーダハーブ

シャンカプシュピ(認知症・アルツハイマー)

シャンカプシュピ/Shankhpushpi 概要 Shankhapushpi / Convolvulus pluricaulis /Clitoria ternatea シュンカプシュピは、サンスクリット語で「燭台のような花が植えられている」という意味。 効果は非常に多岐にわたるが、インド国内では一般的に...
アーユルヴェーダハーブ

グドゥチ(認知症・アルツハイマー)

グドゥチ(ティノスポラ・コーディフォリア) グドゥーチ(Guduchi/Guinchi/Amrita) ティノスポラ・コーディフォリア(Tinospora cordifolia)/ツヅラフジ 知名度は低いものの、アーユルヴェーダでは最も重要なハーブのひとつ。 グドゥッチはサンスクリット語で「不滅...