ジョティスマーティ(認知症・アルツハイマー)

この記事は約1分で読めます。
Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

Jyotishmati(Celastrus paniculatus

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です

 

概要

アーユルヴェーダ医学で、記憶を鮮明にし、集中力や認知機能を改善するために使用されてきた薬草。

ジョティスマーティはグルタミン酸受容体機能の調節によって、グルタミン酸誘導毒性から神経細胞を保護する。

また、ジョティスマーティ抽出物は抗酸化酵素カタラーゼの誘導によって脂質過酸化を減少させ、フリーラジカル捕捉特性により神経細胞を保護する。

用量依存的なコリン作動性活性により、記憶能力を改善する。

 

Nootropic activity of Celastrus paniculatus seed.
Celastrus paniculatus seed water soluble extracts protect cultured rat forebrain neuronal cells from hydrogen peroxide-induced oxidative injury.
Antioxidant property of Celastrus paniculatus willd.: a possible mechanism in enhancing cognition.
The role of natural products in the discovery of new drug candidates for the treatment of neurodegenerative disorders II: Alzheimer's disease.

ジョティスマーティの抗関節炎、創傷治癒、低脂質血症、抗酸化剤としての特性

Effect of Jyotishmati (Celastrus paniculatus) seeds in animal models of pain and inflammation
Jyotishmati, scientifically known as Celastrus paniculatus Wild (Celastraceae) is one of the most important medicinal plants in Ayurveda. The plant has shown si...
タイトルとURLをコピーしました