ジャタマンシ(認知症・アルツハイマー)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

Jatamansi(Nardostachys jatamansi)

概要

西洋で用いられるハーブ、バレリアンと同様の安全性と効果ともち、アーユルヴェーダ医学の長い歴史で高く評価されている薬草。

標高3000~5000mのヒマラヤ山脈に自生する多年生ハーブ。

植物の根茎や根には様々な、セスキテルペン、クマリンが含まれており、抗不安、肝臓保護、心臓保護、抗けいれん薬、抗パーキンソン病薬、抗うつ薬、抗菌活性を有することが報告されている。

 

研究

ジャタマンシの投与は、その抗酸化特性によって慢性疲労症候群モデルマウスの症状を改善する可能性がある。

PubMed

ジャタマンシがマウスの学習と記憶を改善

根底にある作用機序は抗酸化特性による可能性があり、コリン作動性伝達の促進によりスコポラミン誘発記憶障害のマウスの記憶を改善させた。

高齢者および加齢性の認知症患者の記憶回復剤としての可能性。

PubMed

ジャタマンシはアセチルコリンエステラーゼの弱い阻害作用を有する。

PubMed
PubMed

ジャタマンシの抗酸化作用

Antioxidant, Biomolecule Oxidation Protective Activities of Nardostachys jatamansi DC and Its Phytochemical Analysis by RP-HPLC and GC-MS
The study aimed at analyzing the metabolite profile of Nardostachys jatamansi using RP-HPLC, GC-MS and also its antioxidant, biomolecule protective and cytoprot

ジャタマンシの鎮静、催眠作用

A comparative clinical study on the effect of Tagara (Valeriana wallichii DC.) and Jatamansi (Nardostachys jatamansi DC.) in the management of Anidra (primary insomnia)
The World Health Organization's 2004 Global Burden of Disease report indicated 3.6 million years of productive, healthy life is lost worldwide as a result of pr

 

タイトルとURLをコピーしました