断食・食事方法

断食・食事方法

食事の頻度およびタイミングの人間の健康への影響 断食の役割

The Influence of Meal Frequency and Timing on Health in Humans: The Role of Fasting 要旨 食事の頻度とタイミングが健康と疾病に及ぼす影響は、長年にわたって関心の対象となっている。疫学的証拠は、高い食事頻度と疾患リスクの低下との関連性を示している...
断食・食事方法

飢餓状態のヒトの循環メタボローム

The circulating metabolome of human starvation 要旨 ヒトの適応的な飢餓反応は、長期的なカロリー不足時の生存を可能にする。カロリー制限による経路の活性化は長寿を促進する可能性があるが、カロリー過剰の状況では、同じ経路が肥満の原因となる可能性がある。 ここでは、ヒトにおいて10...
断食・食事方法

睡眠と睡眠時間をめぐる不健康な食生活 食べるか断食するか?

Unhealthy eating habits around sleep and sleep duration: To eat or fast? 要旨 伝統的に、「朝食抜き」(BS)や最近では深夜に夕食を摂る(LNDE)は、肥満や2型糖尿病などの心血管疾患の素因となる可能性があるため、公衆衛生上の注目を集めている。 興味...
認知症 予防と治療

神経疾患の治療法としての断食

Fasting as a Therapy in Neurological Disease 要旨 断食は進化の中で深く根付いているが、今日の最も一般的な、無効にする神経疾患へのその潜在的なアプリケーションは、まだ比較的未踏のままである。絶食は、神経疾患の幅広い配列を打ち消すかもしれない方法で、ニューロンの生体エネルギー、可塑...
コロナウイルス予防と治療

COVID-19 サイトカインストームを鈍らせる治療法としてのケトン代謝療法の提案

COVID-19: Proposing a Ketone-Based Metabolic Therapy as a Treatment to Blunt the Cytokine Storm 要旨 ヒトSARS-CoV-2感染症は、一部の患者がサイトカインストームと急性呼吸窮迫症候群(ARDS)に関連した大規模な自然免疫応答を...
コロナウイルス予防と治療

COVID-19感染に対抗するための断食とオートファジー

間欠断食、SARS-CoV-2感染に対する宿主防御のための可能性のあるプライミングツール。カロリー制限、オートファジー、免疫応答のクロストーク Intermittent fasting, a possible priming tool for host defense against SARS-CoV-2 infection: Cros...
コロナウイルス

COVID-19 断食・オートファジー/mTOR経路

コロナウイルス オートファジー/ヴィロファジー(Virophagy) 断食・ファスティング 激しい断食の免疫の作用 ハードな断食は、免疫細胞を鍛えるかもしれないし、死なせるかもしれない。 ここ数年の研究で、慢性的な食事制限、短期の断続的断食、および長期の定期的断食が、シグナル伝達経路、幹細胞、および免疫細胞に非常に異なる影響を与える...
食事・栄養素(免疫)

COVID-19 炎症負荷に対抗し免疫を高める食事方法(医学的研究)

日常生活中での慢性炎症 緩和因子としての食生活の変化 要約 西洋社会のほとんどの人が採用しているライフスタイルは、代謝性疾患(糖尿病、癌、心血管疾患、神経変性疾患など)の傾向に重要な影響を与えている。 これは、STAT3(シグナル変換器および転写活性化因子3)、IKK(IκBキナーゼ)、MMP9(マトリックスメタロペプチダー...
断食・食事方法

神経成長因子BDNFを増やす8つの戦略 その3(断食編)

3.カロリー制限によるBDNF効果(認知症・アルツハイマー) カマーラ 「あなたから愛について学びたい」 シッダールタ 「私にできることは、考えること、待つこと 断食することの三つだけだ」 ヘルマン・ヘッセ 「シッダールタ」 BDNFの増強 一日600kcalのカロリー制限、または半日断食で脳内のBDNFが増加す...