身体活動の効果

身体活動の効果

高齢者の脳構造と機能に及ぼす運動トレーニングの効果 ランダム化対照試験のエビデンスに基づく系統的レビュー

The Effect of Exercise Training on Brain Structure and Function in Older Adults: A Systematic Review Based on Evidence from Randomized Control Trials 要旨 運動トレーニングが高齢...
身体活動の効果

長期的な運動学習(ジャグリング)に伴う機能的接続性とGABAレベルの変化

Changes in functional connectivity and GABA levels with long-term motor learning  2015年8月01日 要約 新しい運動技能の学習は、一次運動野(M1)内の局所抑制回路を変化させ(Floyer-Lea et al 2006)長距離の機能...
運動方法

長寿のためのトレーニング 運動のための逆J字カーブ

Training for Longevity: The Reverse J-Curve for Exercise エバン L. オキーフ、MD チュレーン医療センター、ニューオーリンズ、ルイジアナ州 ノエル・トーレス-アコスタ、MD カンザス大学医療センター、カンザスシティ、カンザス州 ジェームズ・H・オキー...
身体活動の効果

「極端な運動仮説」 最近の知見と心血管健康への影響

The “Extreme Exercise Hypothesis”: Recent Findings and Cardiovascular Health Implications 2018年8月28日 要旨 レビューの目的 「極端な運動仮説」は、身体活動量と心血管系の健康アウトカムとの間にU字型または逆J字型の用量反応曲線があ...
身体活動の効果

用量反応が重要! – 運動認知研究における運動処方の視点から

Dose–Response Matters! – A Perspective on the Exercise Prescription in Exercise–Cognition Research 要旨 一般的に、急性の運動と定期的な身体訓練の両方が脳の可塑性と認知機能にプラスの影響を与えることはよく知られている。しかし、同じ...
身体活動の効果

身体活動とアルツハイマー病 ナラティブレビュー

Physical Activity and Alzheimer’s Disease: A Narrative Review 要旨 年齢はアルツハイマー病の支配的な危険因子であるが、疫学研究では、身体活動がアルツハイマー病の年齢関連リスクを有意に減少させ、実際に既存の診断における影響を緩和する可能性があることが示されている。 ...
身体活動・アドヒアランス

運動は早めにそして頻繁に 身体活動と運動が女性の骨の健康に及ぼす影響

Exercise Early and Often: Effects of Physical Activity and Exercise on Women’s Bone Health 要旨 2011年には170万人以上が脆弱性骨折のために入院し、骨粗鬆症治療に関連した直接費用は米国で700億ドルを超えた。成人期に最適なピーク骨量...
身体活動の効果

有酸素運動と脂肪酸補給がグローバルおよび遺伝子特異的DNAメチル化に与える影響

Impact of aerobic exercise and fatty acid supplementation on global and gene-specific DNA methylation 概要 運動や栄養補助食品を含む生活習慣の介入は、DNAメチル化を修飾し、健康上の利点を発揮することができるが、その根底にある...
認知症 予防と治療

加齢に伴う認知機能の低下とアルツハイマー病における生活習慣の修正と栄養的介入

Lifestyle Modifications and Nutritional Interventions in Aging-Associated Cognitive Decline and Alzheimer’s Disease Gurjit Kaur Bhatti、1 Arubala P. Reddy、2 P. Hemachan...
身体活動の効果

個別化医療を用いた身体運動による認知症予防は可能か?

Physical Exercise as Personalized Medicine for Dementia Prevention? Patrick Müllers、 1 、 * Marco Taubert、 2 、 3 and Notger G. Müller 1 、 3 、 4 要旨 観察研究を中心としたエビデンスの蓄...