概日リズム

認知症 食事と栄養

時間栄養学とポリフェノール 役割と疾患

Chrononutrition and Polyphenols: Roles and Diseases 要旨 生体リズムは生理活性化合物の活性に影響を与えると同時に、これらの化合物の摂取により生体リズムを変調させることができる。このような背景から、生体リズムと栄養・代謝の相互作用を研究することを中心とした研究分野として時間栄養...
概日リズム

生活リズム:概日リズムの乱れと生涯にわたる脳の障害

Rhythms of life: circadian disruption and brain disorders across the lifespan 要旨 脳機能を含む人体の多くのプロセスは24時間周期で制御されており、乱れた概日リズム(例えば、睡眠-覚醒周期)と中枢神経系の障害との間には強い関連性がある。自閉症、うつ病...
概日リズム

概日リズムとアルツハイマー病

Circadian Rhythm and Alzheimer’s Disease 要旨 アルツハイマー病は、疫学的に重要性が増している神経変性疾患であり、病気の負担が大きいことが特徴である。睡眠に関連した病理学的な症状は、しばしばアルツハイマー病を伴う。サーカディアンリズムの乱れとアルツハイマー病の病因・病態には共通の要因があ...
睡眠

徐波睡眠(SWS)欠乏と記憶障害 眠りを深くする12の方法

徐波睡眠(Slow Wave Sleep)とアルツハイマー病 決定をあせってはならない。ひと晩眠ればよい知恵が出るものだ アレクサンドル・プーシキン 徐波睡眠(SWS)とは 睡眠は大きく(急速眼球運動のある)レム睡眠と(深い眠りの)ノンレム睡眠に分けられる。 深い眠りであるノンレム睡眠では、脳波の周波数(2~4H...
睡眠

夕暮れ症候群(日没症候群) 25の原因と7つのアプローチ

そして、太陽が沈んだ後のたいていの夜で、 ある種の魔法が認知症の国で始まるのである。 書籍「Wonders in Dementialand」より 夕暮れ症候群(日没症候群) Sundowning 概要 夕暮れ症候群とは、認知症患者における日没から夜の間で高まる混乱、不安、うつなどの神経精神症状(NPS)のこと。アルツ...
標準治療薬

抗認知症薬による概日リズム・睡眠の混乱(AChE阻害薬、ドネペジル)

睡眠障害と睡眠導入剤・抗認知症薬 関連記事 夕暮れ症候群(日没症候群) 25の原因と7つのアプローチ 睡眠不足がアルツハイマー病を引き起こすメカニズム 徐波睡眠(SWS)欠乏と記憶障害 眠りを深くする12の方法 コリン作動系 概日リズム アセチルコリンは末梢と中枢神経系において重要な役割を果たす神経伝達物質。 ...
睡眠

アミノ酸・L-セリンの神経保護作用

アミノ酸 L-セリン L-セリンの役割 セリン L-セリンは非必須アミノ酸のひとつとして分類される。 しかし、脊椎動物は特定の状況下では必要な量を合成することができないため、条件付き非必須アミノ酸とも考えられている。 重要なアミノ酸の前駆体 L-セリンは哺乳動物の中枢神経系において、3-ホスホグリン酸から生合成され...
睡眠

概日リズム障害とアルツハイマー病(作成中)

サーカディアンリズム はじめに すべての生物は24時間リズムをもっている 地球の自転周期による昼夜の24時間サイクルによって、光(UV)、気温、pH、酸素、活性酸素種など多くの変化が環境では生じており、地球上の生物はこの環境に適応することによってより有利になった。 現在、知られる限り地球上で24時間の概日リズムのメカニズム...