パンデミック・ポストコビッド

パンデミック 総括・批評

書籍『偽のパンデミック』 2022/12 ヴォルフガング・ヴォダルグ

FALSE PANDEMICS: ARGUMENTS AGAINST THE RULE OF FEAR  ヴォルフガング・ヴォダルグ 偽のパンデミック ハリエット・サッソン 目次 序文 英語版への序文 はじめに 誤りと誤解について パンデミックをどう見分けるか? 私のパンデミック
パンデミックⅡ・疾病X、鳥インフルエンザ

心理的バイオテロリズム ロバート・マローン
イタリア・ローマで開催された「アジェンダ2030に反対する」会議でのスピーチ

Psychological Bioterrorism ロバート・W・マローンMD, MS 2024年6月15日 私の考えでは、現在流行している「鳥インフルエンザ」の恐怖は、WHOが警告を発している「疾病X」の一例である。 しかし、「鳥インフルエンザ」は、宣伝されているような人体へ
フランシス・ボイル

フランシス・ボイル教授 インタビュー 2024年6月13日

!function(r,u,m,b,l,e){r._Rumble=b,r||(r=function(){(r._=r._||._.length==1){l=u.createElement(m),e=u.getElementsByTagName(m),l.async=1,l.src
ジョセフ・マコーラ

鳥インフルエンザの恐怖が高まる ジョセフ・マコーラ博士
Bird Flu Scare Narrative Ramps Up

ジョセフ・マコーラ 博士による分析 Bird Flu Scare Narrative Ramps Up ストーリー一覧 世界的なバイオセキュリティが、全体主義的な「ひとつの世界政府」を樹立するために選ばれた主要な戦術のひとつであることを考えれば、今後さらなるパンデミックが起こるこ
ウイルス学・その他のウイルス

書籍:『鳥インフルエンザの大デマ』 2009
THE GREAT BIRD FLU HOAX

THE GREAT BIRD FLU HOAX 本書が可能な限り正確なものとなるよう、あらゆる努力が払われている。本書の目的は教育である。本書は、情報提供を目的とした科学的証拠のレビューである。本書に記載されている情報の利用は、読者自身の判断と責任において行うものとする。したがっ
WW3・核戦争

書籍:『権力への抗議』 戦争、抵抗、そして法 2007 -フランシス・A・ボイル
Protesting Power

Protesting Power: War, Resistance, and Law 本書は、私に知る価値のあるすべてを教えてくれたバージニア・モナルク・ボイルに捧げる: 不正、暴政、暴力の道を選んだ者は、狼になるか、鷹や凧になる。 -プラトン『パエド』 レビュー 本書は、著名な
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

書籍:『医療専制政治に抵抗する』 2022 フランシス・A・ボイル教授
なぜコビッド19の義務化は犯罪的なのか

Resisting Medical Tyranny フランシス・A・ボイル フランシス・A・ボイルは、1989年生物兵器テロ防止法として知られる1972年の生物兵器禁止条約の米国実施法の著者である。この法律は、米国議会の両院で全会一致で承認され、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領が
フランシス・ボイル

COVID-19は米国製の生物兵器である – フランシス・ボイル教授が警鐘を鳴らす:トランスクリプト

この対談では、国際法学者のフランシス・ボイル教授が、COVID-19の起源について深く掘り下げ、それが米国の国防総省と中国の武漢ウイルス研究所による生物兵器開発の産物である可能性を指摘している。また、ワクチンそのものも兵器である可能性があり、関係者を殺人罪などで訴追すべきだと主張
フランシス・ボイル

1989年の生物兵器/反テロ法を執筆した法学教授が、COVID 19 mRNAナノ粒子注射が大量破壊兵器であるとの宣誓供述書を提出

Law Professor Who Wrote 1989 Biological Weapons/Antiterrorism Act Provides Affidavit That COVID 19 mRNA Nanoparticle Injections Are Weapons
パンデミック 総括・批評

アンソニー・ファウチがいかにしてアメリカに対して科学を悪用したか:中西部の医師
1970年代以来、ファウチは同じ手法を繰り返し使って、アメリカの科学機構を企業アメリカに仕えるように作り変え、史上最も権力のある官僚の1人になった。

中西部の医師 2024年6月9日 はじめに 政府における最大の問題のひとつは、能力(と誠実さ)よりもむしろ忠誠心(と社会病質)に基づいて昇進させられることだ。その結果、連邦官僚機構の指導層には、政府の犯罪を隠ぺいする常習犯や、アメリカを純粋に前進させることのできる、わが国が提供で
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

誰(WHO)が糸を引いているのか?コビッド注射とバイオナノ物質のインターネット パート4:新しいヒトノードの接続テスト
WHO’s Pulling the Strings? Covid Injections and the Internet of Bio-Nano Things, Part 4: Testing New Human Nodes of Connectivity

WHO’s Pulling the Strings? Covid Injections and the Internet of Bio-Nano Things, Part 4: Testing New Human Nodes of Connectivity Lissa Johns
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

プロテウス 2020年 未来調査とコロナのパンデミック
The Proteus 2020 Futures Study and the Corona Pandemic

The Proteus 2020 Futures Study and the Corona Pandemic ケン・ダニエル 20年前、米国情報コミュニティは、2020年に世界を持続的な世界的パンデミックに見舞われる様子を想像した。 プロテウス:海の神話上の神、オケアヌスとテティ
世界保健機関(WHO)・パンデミック条約

オージー17:カレンダーに印をつけよう ー 腐敗した世界保健機関(WHO)に対する究極の世界的抗議行動の準備をしよう!
MARK YOUR CALENDARS: Get Ready For The Ultimate Global Protest Against the Corrupt World Health Organization!

MARK YOUR CALENDARS: Get Ready For The Ultimate Global Protest Against the Corrupt World Health Organization! 世界中の友人、兄弟、姉妹たち、 今こそ私たちが団結し、これま
EBM・RCT

論文:エビデンスに基づく政策の何が問題で、どうすれば改善できるのか?

What is wrong with evidence based policy, and how can it be improved? 2017年8月 AI 解説 現在、科学的な根拠に基づいた政策決定(エビデンスに基づく政策)が広く行われているが、この手法には問題点がある。主
COVIDの起源

ロバート・マローン博士、人類を滅亡させるグローバリストの計画を暴露する

BOMBSHELL: Dr. Robert Malone Exposes Globalist Plan To End Humanity ロバート・マローン 0:00 もしアメリカ政府が、ウイルスを世界中に広めるために、エコヘルス・アライアンスと共にウィルスを操作することをウーハン
パンデミック 総括・批評

書籍:『恐怖の国家:コヴィッド19の大流行時、英国政府はいかに恐怖を武器にしたか』2021

A State of Fear: How the UK government weaponised fear during the Covid-19 pandemic A State of Fear(恐怖の国家)』は暗く、説得力があり、それでいてこの恐ろしい日々を乗り越えようとす
イベルメクチン

中西部の医師:医師はなぜ患者を見限るのか?
史上最大の医療災害の背後にある心理を探る

Why Do Doctors Give Up On Patients? 中西部の医師 2024年4月29日 医学の世界では、医師はしばしば患者に対してできることは何もないと決めつけ、責任を患者に転嫁する(例えば、予防接種を受けるべきでしたね、など)。 このような創造性の欠如は、医
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

シュプリンガー:「Covid-19」心理作戦、そしてテクノクラシーのための戦争 第1巻
“Covid-19,” Psychological Operations, and the War for Technocracy Volume 1

“Covid-19,” Psychological Operations, and the War for Technocracy 「Covid-19」、心理作戦、そしてテクノクラシーのための戦争 デイヴィッド・A・ヒューズ(David A. Hughes) 英国リンカーン大学社
COVID 思想・哲学

社会正義の実践 倫理学と政治哲学における問題
応用哲学、認識論、合理的倫理学の研究

Social Justice in Practice ユハ・ライッカ トゥルク大学トゥルク校哲学科 フィンランド ヨーナ、ハルダ、レイノへ 謝辞 本書は、私が近年取り組んできた問題のいくつかをまとめたものである。原著論文の草稿やその出版版についてコメントをくださったすべての方々に
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました