ウイリアム・マキス

ウイリアム・マキス

メベンダゾールと癌  ウイリアム・マキス博士
Episode 020: MEBENDAZOLE and CANCER

ハイライト COVID-19ワクチン接種者に「ターボがん」と呼ばれる非常に攻撃的ながんが発生している。 メベンダゾールはフェンベンダゾールのFDA承認済みヒト用バージョンであり、ガンに対して広範な効果がある。 メベンダゾールの作用機序には、アポトーシス、オートファジー、細胞周期停
COVIDワクチンの有害事象

ウイリアム・マキス博士:COVID-19ワクチン注射に中毒になる可能性はあるか?
ベンはカナダのトロントに住む政治活動家で、COVID-19ワクチンを10回接種している

ウィリアム・マキス博士著 グローバル・リサーチ、2024年5月24日 カナダ、オンタリオ州トロント - COVID-19 mRNAワクチンを10回接種したと主張するオンタリオ州NDP党の政治活動家、ベン・ドナト=ウッジャーを紹介する。 2023年6月18日のインスタグラムの投稿で
イベルメクチン

ターボ癌の治療 2024年に発表された7つの新しい研究が、イベルメクチンががんに効くことを示す
COVID-19 mRNAワクチン誘発ターボがんに関する推奨プロトコル

Treating Turbo Cancer: Seven New Studies Released in 2024 Show Ivermectin Works Against Cancer ウィリアム・マキス博士著 COVID インテル2024年4月6日 昨年、私はイベルメクチン
イベルメクチン

イベルメクチンががんと闘う「強力な薬」である7つの説得力ある理由
リック・オルダーソンは「歩く死人」で、余命6ヶ月と宣告されていた。しかし、イベルメクチン治療を開始したところ、驚くべきことが起こった。

7 Compelling Reasons Why Ivermectin Is a ‘Powerful Drug’ for Fighting Cancer ザ・ヴィジラント・フォックス 2024年04月06日 イベルメクチンは、ペニシリンに次いで2番目に人間の健康に大きな影響を与え
ウイリアム・マキス

H5N1型インフルエンザへの恐怖を煽るニュースが氾濫 「疾病X」の完璧な候補者?H5N1から身を守るには

Propaganda Series - Influenza H5N1 fearmongering is flooding the news - perfect candidate for "Disease X"? How to protect against H5N1. ウィリア
ウイリアム・マキス

レプリコンmRNAワクチン:日本が世界初の自己複製mRNAワクチンを承認
新しい悪夢が市場を襲う 今度は何?何が問題なのか?脱落は?

Replicon mRNA Vaccine: Japan Approves World’s First Self-Amplifying mRNA Vaccine ウィリアム・マキス博士著 グローバルリサーチ、2024年01月03日 自己増幅型mRNAワクチン 2023年11月27
ウイリアム・マキス

素晴らしいフェンベンダゾール:進行性癌に対する医師の投与量
Fabulous Fenbendazole: Doctor’s Dosage For Aggressive Cancers

5.4Kビュー修正2023年10月24日 - 公開2023年10月 9日 ByJacqueline Fabulous Fenbendazole: Doctor’s Dosage For Aggressive Cancers (画像出典) はじめに 犬の寄生虫感染症の治療薬である抗
ウイリアム・マキス

動画:日本人はCOVID-19 mRNAワクチンによる突然死に抗議している。ビデオ:日本人は新型コロナウイルス感染症 mRNAワクチンによる突然死に抗議している
日本からの14本の動画!日本の医師がDNA汚染、ナノ粒子、過剰死亡、ワクチンによる傷害などについて語る

ウィリアム・マキス博士著 グローバル・リサーチ、2023年11月29日 動画: Japanese Are Protesting Sudden Deaths From COVID-19 mRNA Vaccines 出典 動画#1 (上):2023年10月27日 - 中部日本放送 -
ウイリアム・マキス

次のパンデミック・プロパガンダ:「ビッグワン」、ニパ、エボラ出血熱、マールブルグ、SARS1、マチュポ、「バンパイアウイルス」、疾病X
CDCが海外旅行者のサーベイランスを拡大する中、11の記事が見直される

Next Pandemic Propaganda: The “Big One,” Nipah, Ebola and Marburg, SARS1, Machupo, “Vampire Virus”, Disease X ウィリアム・マキス博士 グローバルリサーチ、2023年11月
イベルメクチン

イベルメクチンには少なくとも15の抗がん作用機序がある COVID-19 mRNAワクチン誘発ターボ癌を治療できるか?
イベルメクチンの論文9本をレビュー

ウィリアム・マキス博士著 2023年10月02日 COVIDインテル テーマ科学と医学 査読された論文 2023 Sep.23 - Man-Yuan Li et al-肺腺癌細胞においてイベルメクチンがPAK1およびアポトーシスをダウンレギュレートすることにより非保護的オートファ
ウイリアム・マキス

新しい研究:ファイザー社とモデルナ社のワクチン接種者の50%がスパイク・プロテインを永久に産生する?
Spike Protein in the Blood of the COVID-19 Vaccinated. New Study: Do 50% of Pfizer and Moderna Vaxxed Produce Spike Protein Forever?

ウィリアム・マキス博士著 グローバルリサーチ、2023年09月03日 血中のスパイクプロテインを扱った最近の研究がいくつかあるので、以下に簡単にレビューする: 2022年9月2日-Zoe Swankら(long-COVID患者の12カ月後の血中スパイク) 2022年9月12日-コ
COVIDワクチンの有害事象

COVID-19ワクチン接種後の死亡における剖検所見の系統的レビュー(24時間以内にランセットから削除されたプレプリント)
A Systematic Review of Autopsy Findings in Deaths after COVID-19 Vaccination

A Systematic Review of Autopsy Findings in Deaths after COVID-19 Vaccination Nicolas Hulscher, BS 1*, Paul E. Alexander, PhD2, Richard Amerl
ウイリアム・マキス

コビッドワクチン傷害治療:48~72時間の絶食がオートファジーを生み出す
COVID-19ワクチンで傷ついたスパイクプロテイン細胞を殺し、免疫システムを再起動させる身体のデトックス・プロセス

出典:Covid Vaccine Injury Treatment: Fasting for 48-72 Hours Creates Autophagy ウィリアム・マキス博士著 グローバルリサーチ、2023年07月04日 COVID インテル2023年7月1日 絶食とCOVID
ウイリアム・マキス

日本では、COVID-19 mRNAワクチンによる傷害と死亡を隠蔽する大手製薬会社と腐敗した日本の保健当局に対する大きな反発が見られる
第二次世界大戦後、最高の過剰死亡が発生している

Japan sees major push back against big pharma and corrupt Japanese health officials who are covering up COVID-19 mRNA vaccine injuries and d
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました