ヌートロピック・ブレインハック

水・EZウォーター

ジェラルド・ポラック博士に聞く:最適な健康のための水
Interview With Dr. Gerald Pollack: Water for Optimal Health

文:ジョー・コーエン(BS)|最終更新日:2020年1月2日 Interview With Dr. Gerald Pollack: Water for Optimal Health ジェラルド・ポラック博士はEZウォーターのトップ研究者であり、開発者でもある。水の驚くべき分子科学
低酸素・高酸素療法/HBOT

間欠的低酸素トレーニング(IHT):より良い健康のために呼吸を止める
Intermittent Hypoxic Training (IHT): Holding Your Breath for Better Health

間欠的ハイポキシック・トレーニング(IHT)とは、身体を低酸素状態にさらすことで、認知的、運動的、あるいはその他の健康上のメリットをもたらすものである。私はIHTの簡易版を使って、朝、自分自身をジャンプスタートさせている。 5分という短い時間で、まるで1時間近く運動したかのように
光生物調節(PBMT,LLLT)

赤外線と肌:敵か味方か
Infrared and Skin: Friend or Foe

Infrared and Skin: Friend or Foe 2015年12月21日オンライン公開。doi:10. 1016/j.jphotobiol.2015.12.014 要旨 過去10年間、太陽のIR-A波長(近赤外線:760~1400nm)はヒトの皮膚に有害である可能
光生物調節(PBMT,LLLT)

近赤外線照射デバイス パッドタイプ 説明書【メンバー専用】編集中

メンバー専用ページです。メンバー以外の方は利用できません。
光生物調節(PBMT,LLLT)

聴覚研究における光バイオモジュレーションの応用:ベンチからクリニックへ
Applications of photobiomodulation in hearing research: from bench to clinic

DALL-E3:こちらの画像は、未来的な医学研究室のシーンを描いている。画像の前景には、白衣を着た科学者が人間の耳のモデルに光生物調節(PBM)療法を施すための高度な装置を使用している様子が描かれている。この装置からは、特定の波長(赤色と近赤外線)の光が放射されている。背景には、
メチレンブルー

アルツハイマー病治療におけるメチレンブルーとその誘導体の探索:ランダム化比較試験の包括的レビュー
Exploring Methylene Blue and Its Derivatives in Alzheimer's Treatment: A Comprehensive Review of Randomized Control Trials

Exploring Methylene Blue and Its Derivatives in Alzheimer's Treatment: A Comprehensive Review of Randomized Control Trials オンライン公開2023年10月9日
光生物調節(PBMT,LLLT)

筋骨格系の痛みに対する低レベルレーザー治療(LLLT)の使用
The Use of Low Level Laser Therapy (LLLT) For Musculoskeletal Pain

The Use of Low Level Laser Therapy (LLLT) For Musculoskeletal Pain 2015年6月9日オンライン公開 要旨 痛みは、米国で医師の診察を受ける最も一般的な理由である。アメリカ人の3人に1人は毎年慢性疼痛に悩まされてい
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

身体の活力はどこから来るのか?
液晶水はいかにして身体の構造と強さを生み出すのか?

Where Does the Body's Vitality Come From? 2023/10/21 一目でわかるストーリー 水は固体、液体、気体であることに加え、液晶のような4つの相を持ち、全身にこのゲル状の状態で存在する。 液晶水は固体の強さと液体の流動性を併せ持ち、生命
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

LNPの表面電荷(ゼータ電位)がどのように体内のどこに行くのか クリスティ・ローラ・グレース 
How SURFACE CHARGE (zeta potential) on LNP DIRECTS WHERE in body it goes

Christie Laura Grace 1/LNPの表面電荷(ゼータ電位)がどのように体内のどこに行くのか(肝臓から肝臓へ、あるいは直接脾臓へ、あるいは直接心臓や肺へ)、そしてなぜこれが、最近共有されている致死的な心臓研究を含む、複数の種類の有害事象を説明するのか。 2/チャー
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

砂浴療法(psammotherapy): 系統的レビュー
Hot sand baths (psammotherapy): A systematic review

Hot sand baths (psammotherapy): A systematic review 要旨 はじめに 温砂浴療法は、治療目的で温砂浴を用いる伝統的な治療法である。このシステマティックレビューの目的は、あらゆる疾患の治療における温砂浴の潜在的有効性を調査することで
光生物調節(PBMT,LLLT)

骨髄への低レベルレーザー治療はアルツハイマー病モデルマウスにおける神経変性疾患の進行を改善する: ミニレビュー
Low-Level Laser Therapy to the Bone Marrow Ameliorates Neurodegenerative Disease Progression in a Mouse Model of Alzheimer's Disease: A Minireview

Epub 2016 Jun 13. Low-Level Laser Therapy to the Bone Marrow Ameliorates Neurodegenerative Disease Progression in a Mouse Model of Alzheimer
ビタミンD・紫外線・日光浴(総合)

ヒトの無毛は、200万年前に自然な光生物調節を可能にし、今日の光生物調節治療を可能にしたのだろうか?
このことは、ヒト属の脳が急速に拡大したことを説明することができる

Did human hairlessness allow natural photobiomodulation 2 million years ago and enable photobiomodulation therapy today? This can explain th
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

統合医療と生活習慣病の戦略には、アーシング(グラウンディング)を含めるべき:研究エビデンスと臨床観察のレビュー
Integrative and lifestyle medicine strategies should include Earthing (grounding): Review of research evidence and clinical observations

ハイライト アーシング(グラウンディング)は、人々を地球の自然治癒エネルギーにつなげる。 炎症、痛み、ストレスを軽減し、血流、睡眠、活力を改善する。 アーシングは、努力やダイエットを必要としない、シンプルで奥深いライフスタイルの付加価値である。 アーシングは健康と癒しにおいて、非
1型 炎症性

グラウンディング – 万能の抗炎症薬
Grounding – The universal anti-inflammatory remedy

Grounding – The universal anti-inflammatory remedy オンライン公開 2022年12月15日. PMCID:PMC10105021 PMID:36528336 Stephen T. Sinatra, a,1Drew S. Sinat
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

グラウンディング|アーシング 🧵 あなたの健康を改善する、自由でパワフルなツール
科学、健康効果、そして最善の方法を見てみよう:

GROUNDING | EARTHING A free and powerful tool to improve your health. let's look at the science, health benefits and best ways to do it: 1.科
光生物調節(PBMT,LLLT)

眼疾患の近赤外線(NIR)光治療:総説
Near Infrared (NIR) Light Therapy of Eye Diseases: A Review

オンライン公開 2021年1月1日 PMCID:PMC7738953 PMID:33390779 要旨 近赤外(NIR)光治療,すなわち光バイオモジュレーション治療(PBMT)は、眼科における治療応用のための新しい科学的アプローチとして、近年世界的に根強い注目を集めている。このよ
光生物調節(PBMT,LLLT)

低レベルレーザー治療:口腔内の不調を改善する万能薬
Low Level Laser Therapy: A Panacea for oral maladies

Laser Ther.2015 Oct 2; 24(3):215-223. 要旨 目的 様々な軟・硬口腔組織に対する低レベルレーザー治療の応用について検討する。 低出力レーザー治療は、様々な疾患に対して、様々な治療効果が報告されている。口腔内の硬組織だけでなく軟組織も含め、歯科用
ヌートロピック・ブレインハック

認知機能強化剤としてのヌートロピック
スマートドラッグの種類、用法、副作用について

Nootropics as Cognitive Enhancers: Types, Dosage and Side Effects of Smart Drugs ニュートリエンツ2022 Aug; 14(16):3367 オンライン公開 2022年8月17日 doi:10.339
SARS-CoV2 治療標的・分子経路

近赤外線はTLR4を介した炎症を抑制する In Vitro(スパイクタンパクの治療)
Near Infrared Light Reduces Inflammation via TLR4 In Vitro

Near Infrared Light Reduces Inflammation via TLR4 In Vitro 216,092 回視聴 2022/08/17 #COVID19 #オミクロン #コロナウイルス MedCramのRoger Seheult医学博士が、近赤外線がT
光生物調節(PBMT,LLLT)

歯科における低レベルレーザー治療の実施:レビュー
Implementation of Low-Level Laser Therapy in Dentistry: A Review

オンライン公開 2022年9月5日 要旨 低レベルレーザー治療(LLLT)と呼ばれる光治療の一種は、1つの波長の光だけを使用する。低レベルレーザー(LLL)は、組織を温める効果はなく、代わりに光生物刺激と呼ばれる効果がある。LLLは、組織を蒸発させることはない。LLLを使用してさ
alzhacker.com をフォロー