「民衆」は私たちを救わない-マキャベリのライオンズが必要なのかもしれない
個人の権利を保護する憲法は、国民主権の表現であることを意味している。しかし、自由主義憲法が公布された歴史をざっと見れば、それが幻想であることがわかる。

PANDA,PROPAGANDA IN FOCUSレジスタンス・抵抗運動官僚主義、エリート、優生学民主主義・自由

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

民主主義において『国民』は主権者なのか?

個人の権利を保護する憲法は、(アメリカ人が言うように)「われら人民」の主権の表現であることを意図しているが、自由主義的な憲法が公布された歴史をざっと見れば、それが幻想であることがわかる。憲法はエリートによって書かれるものであり、国民によって書かれるものではない。

自明のことだが、合衆国憲法の作成者たちは、「われら人民」という言葉を書いたとき、「人民」が何を信じ、何を望んでいたかを知らなかったし、知るはずもなかった。実際、憲法の起草者たちのほとんどは、新しい憲法を制定するための会合だとは知らずに1787年にフィラデルフィアに到着した。

数百万人の永続的な主権法となるべく、4ヶ月に及ぶ会議で起草された合衆国憲法の最終的な39人の署名は、共和主義や民主主義におけるエリート主義の必然性を象徴している。したがって、私はここで「エリート」という言葉を侮蔑的な意味で使っているのではなく、社会学的な意味で使っている。

特定の国民によって制定された憲法が最高法規として確立されると、国民の主権は意図的に制限される。選挙民の「気まぐれ」から憲法を守るために、憲法はほとんど変更も修正もできない。憲法の「権力」は、その起草者から別の選ばれた人々、つまり憲法の指示を解釈し実行する法学者や政治家に受け継がれる。そのような人々は、「生きた憲法」の守護者として権力を握りながらも、出身エリート階級の私利私欲に走りがちである。

このような権力は、憲法の条文にあるいかなる権力よりもはるかに大きい。コビド以前から、世界中の民主主義国家で、実際の憲法条文が変わることなく、政府権力の革命が起こってきたことを、他にどう説明すればいいのだろうか?

コビド事件は、解釈の力が憲法そのものを超えるものであることを、現代において極めて決定的に証明した。公共の緊急事態に直面した西欧諸国では、憲法上の権利が停止された。真の権力は、この例外を決定した人々にあった。「三権分立」は例外の間、何の意味も持たなかった。裁判官は異議申し立ての審理を拒否し、世界中の立法府は自国民を監禁した行政府に対してほとんど指一本触れなかった。

もし憲法がこの危機の間、国民主権の原則を肯定するものでなかったとしたら、選挙における国民の声はどうなるのだろうか?選挙民が、自分たちの福利を脅かす選挙で選ばれた役人を追い出すことができるのだから。

さて、コビトの支配者は倒れたのだろうか?アメリカとイギリスでは、トランプとジョンソンが失脚した。隔離や集団予防接種に反対する懐疑論者や反対派は、確かにいくつかの成功を収め、その力は勢力バランスに反映されたが、このような明らかな政治的災難の後に期待されるように、まだ、これらの抵抗勢力は権力の回廊に入っていない。

同様に、メディアによる条件付けに直面した場合、指導者を選んだり選んだりする個人の選択が、これまで信じられてきたほど自律的で強力なものであるとは決して言えない。オズワルド・シュペングラーは『西洋の衰退』の中で、報道の自由についてこう書いている

自由な”意見を広めるのではなく、それを生み出すのだ…… 読者は、自分が利用される目的も、果たすべき役割さえも知らないし、知ることも許されない。これほどひどい思想の自由の戯画はない。以前は、人は自由に考える勇気がなかった。考えるという意志は、秩序に従って考えるという意志にすぎず、これこそが自由なのだ。

おそらく、国民が代表を選ぶのではなく、代表が強力な友人を介して自らを当選させるのだろう。

これは、国民の力に関するもうひとつの懸念につながる。

国民は代表者によって本当に代表されているのだろうか?

経験的に言えば、答えはノーだ。

1,779の政策課題を調査した2014年のプリンストン大学の研究では、次のような結論が出ている:

私たちの研究から浮かび上がった中心的なポイントは、経済エリートや企業利益を代表する組織団体が、アメリカ政府の政策にかなりの独立した影響力を持っているのに対し、大衆ベースの利益団体や一般市民は、独立した影響力をほとんど持っていないか、全く持っていないということである。”

いくつかの例を挙げよう:

  • リベラルなカリフォルニア州は、過去の住民投票で同性婚とアファーマティブ・アクションを否決している。メディアと最高裁は、彼らの選択に反して、彼らのために問題を決定する。世論はそれに従った。
  • 英国の有権者がブレグジットを選択したのは、圧倒的な移民を恐れたからだと広く受け止められている。ブレグジット後、移民は保守党政権のもとで増加し、その削減が継続的に約束されている。実際、すべての欧州法制は2023年の「日没」まで特に維持されることになっていた。この日没は現在キャンセルされている。

バイオセキュリティ国家の拡大に直面し、グローバリストによる領土国家の掌握によって主権が国民からさらに取り除かれようとしている今、これは明らかに極めて懸念すべきことである。もし国民が、私たちが持っていると言われているような力を持っておらず、彼らの政治的信条がほとんど企業メディアの巨体の言いなりになっているとしたら、民主主義国家に差し迫った災難を食い止めるために何ができるだろうか。

この点で、マキャヴェッリのライオンとキツネ、そしてマキャヴェッリに触発された「エリート理論」学派におけるこれらの政治タイプの理論的展開について再認識することは有益かもしれない。エリート理論学派は、自由民主主義国家の中でさえ、権力とその不可避的なトップダウンの性質に関する上記のテーゼを提唱している。

もし「エリート」が常に支配しているというのであれば、現在進行中の公衆衛生と安全における革命に反対する人々は、自由民主主義国家の本質を理解するために、こうした権力の悲劇的な現実をはっきりと認識する必要がある。

それは、より健全な政治を可能にするだけでなく、専制政治や権力濫用の脅威が正しく理解され、緩和されるような政治を可能にするものである。ひとたび国民が誰が自分たちを支配しているのかを知り、選挙によってもたらされる限定的な説明責任を理解すれば、支配エリートは被支配者に対してはるかに説明責任を果たすことができるようになる。

要するに、選挙政治や各種憲法の条文をめぐる争いの場に限定されない戦略を採用する必要があるのだ。

このことを念頭に置きながら、エリート理論の信条を現代に当てはめて理解するためには、『The Populist Delusion(ポピュリストの妄想)』と題されたニーマ・パルヴィニの重要な最近の著作に含まれる教訓に耳を傾けるのがよいだろう。

この著作でパルヴィニは、火が火を追い出すように、現在のエリートを追い出すには新しいエリートが必要だと主張する。この主張を展開するために、パルヴィニは、「民衆」が民主的な蜂起によって国家を根本的に変えることができるという「ポピュリストの妄想」を、それぞれ異なる方法で実証している一連の思想家を引用している。

パルヴィニは、アメリカ革命、フランス革命、ロシア革命が有機的な大衆蜂起であったというのは一種の妄想であると主張する。彼は、アメリカにおける公民権運動、LGBT運動、BLM運動が成功したのは、これらの運動がトップダウンで推進されたからだという事実を挙げている。これとは対照的に、フランスの「黄色いベスト」運動、アメリカの1月6日議事堂抗議運動、あるいはトランプ大統領就任そのものは、いずれも単なる「ポピュリスト」的なものであり、エリート権力の後ろ盾とその結果としての組織的規律を欠いていたため、頓挫した。

パルヴィーニが紹介する各思想家のニュアンスを掘り下げる必要はない。むしろ、「エリート主義のイタリア学派」と総称される最初の3人の思想家に焦点を当てるだけで十分だろう。

  1. ガエタノ・モスカ

モスカは、すべての社会は常に支配者と被支配者で構成されていると主張した。社会が大きくなればなるほど、支配者の割合は小さくなる。これは単に、人間のどんな組織も機能する唯一の方法なのだ。被支配者は、エリートから提示された政治的方式(それが「王の神聖な権利」であれ、「人民の、人民による、人民のための政治」であれ)を信じているからこそ、それに従うのである。

私たちにできることは、強力なマイノリティの競い合いを奨励することで、これを緩和することである。モスカによれば、エリートの支配は、2つの階級の間に一種の道徳的統一がある限り安定する。その結束が崩れたとき、体制は新たな方式を提示できる対抗エリートに対して脆弱になる。この意味で、「被支配者」には主体性がある。十分な数の被支配者が古い方式を「見破れば」、体制は打倒できる。

  1. ヴィルフレド・パレート

パレートは、現在の目的にとって最も重要な思想家である。彼は、「20人」が常に「80人」に責任を負うという「パレートの原理」で有名である。したがって彼は、社会はエリート、つまり「重要な少数者」によって支配されているというモスカの意見に同意している。彼は、エリートたちの性質について、2つの具体的な階級を説明することで、より詳しく説明している。

「クラスI」のエリートは、新しいシステムや技術を革新し創造する “コンビナー”である。彼らは権力を保持するために策略と説得に頼るマキャヴェッリの「狐」に似ている。「クラスⅡ」のエリートは粘り強さがあり、政治のためのシステムを構築する。彼らは愛国心が強く、勇敢で、伝統を維持するためには武力行使も厭わない。マキャヴェッリの「ライオン」に似ている。

社会におけるすべての変化は、この2つの階級の相互作用と、支配階級における互いの相対的な割合によって引き起こされる。キツネが長く支配し、ライオンを十分に疎外すると、ライオンは反エリートを組織し、権力の奪還に成功する。 そのためには、レトリックや革新性における弱点を補うだけの十分な数のキツネの援助が必要だ。その逆もまた然りである。パルヴィニは、1945年以降の西側世界では、エリートの間ではキツネが優勢であったと指摘する。しかし、多くのキツネはイデオロギー浄化のためにエリート階級から追放されつつある。こうして、疎外されたライオンは、やがて反エリート革命を導くのに必要なキツネを手に入れることになる。

  1. ロバート・ミケルス

ミケルスは他の2人の仕事を土台にして、有名な『寡頭政治の鉄則』を打ち立てた:「組織と言う者は寡頭政治と言う。民衆や個人の意思を代表者に移すことは不可能だからである。どのような組織であれ、リーダーシップがなければならない。組織が存続するためには、メンバーは委員会や国民投票によって支配されるわけにはいかない。

市民は一般的に指導者のイデオロギーを身につける。ほとんどの人は活動家でも理論家でもない。心理的に、国民は強いリーダーシップを歓迎する。(マスク、ワクチン・パスポート、保留中の気候制限などを考えてほしい)同様に、こうした同じ指導者とその官僚たちも、指導者への忠誠心が組織のロジスティクスを運営する能力よりも重要になるにつれ、次第に退化していくだろう。そして、不満を抱く「先見性」が前面に出てきて、人々とともに働くようになる。

パルヴィニは他の思想家たちのプロフィールも紹介している:

  1. カール・シュミットは、「主権者とは例外を決定する者である」「国家神学を代表する者である」と指摘した;
  2. ベルトラン・ド・ジュヴネルは、「高位者」であるエリートは、国家からの独立を維持しようとする「中間者」を犠牲にして、解放を約束する「低位者」との同盟を通じて権力を維持すると提唱した(この「中間者」は、古い秩序が崩壊すると、新たな「高位エリート」と提携することができる);
  3. 元トロツキストであるジェームズ・バーナムは、現代世界は資本主義でも社会主義でもなく、官民パートナーシップによって統治される「経営的」なものであり、それは今日、フォード財団、ブラックロック、バンガード、そして気候変動や多様性の担当官に代表されるエリートたちの執行者たちによって例証されている、と信じていた;
  4. ポール・ゴットフリード(Paul Gottfried)は、リベラルな国家は『治療国家』となり、その結果、『害悪の原則』が武器化され、反対派をすべて不健康で不合理なものとみなし、単に『政治的』なものとみなすために拡大されたと示唆した。ワクチン接種の問題が政治的なものになるということは、政治がいかに破たんしているかを示している。つまり、単なる科学の問題なのだ。

パルヴィニの言う通り、近年の権力の濫用は「エリート理論」を肯定するものなのだろうか?

これほどの無謀と破壊があったにもかかわらず、なぜエリートが打倒されず、彼らの行動に対する否定や大きな清算がなされなかったのか、反対する者は説明する必要があるだろう。

とりあえず、パルビニの立場を前提に考えてみよう。次に何が起こるか?

この点で、パルヴィニの作品は決して悲観的なものではない。たとえ彼が、大衆自身がポピュリストの蜂起で自由を取り戻すことはできないと示唆しているとしても。作品全体を通して、彼は自由と健康が息苦しくなる一方で、西側諸国の現体制の弱点を指摘している。

その通りだ:

  1. エリートたちは健康と安全のプロトコルを押し進めすぎた。マスクやワクチンは世界中に押し付けられるかもしれないが、それも長くは続かない。ジェンダー運動は不条理なレベルに達している。気候変動対策も同様の懐疑を受けるだろう。「安全の維持」や「科学に従う」という政治的定式は、急速に正当性を失いつつある。国民は、反エリートの新しい方式を聞く準備ができている。
  2. 政権はますます無能で弱くなっている。反体制を完全に封じ込めるために必要な武力を行使しようとしないのだ。一般に信じられていることとは逆に、政権は強権的な手段によって崩壊するのではなく、むしろその逆なのだ。パルヴィニは、反体制派に対する検閲や処遇がエスカレートしている一方で、西側の政権は国家の敵を完全に排除する力を欠いていると考えている。
  3. あまりにも多くの『キツネ』が、『間違った考え』のためにエリートたちによって追い出されてきた。伝統と愛国心を重んじる『ライオン』たちは、彼らのリーダーシップとインスピレーションを待っている。現在、支配的エリートの外にも重要な人材がおり、対抗エリートも準備を整えている。

パルヴィニとエリート理論家は正しいのか?

確かに、これまでのことを考えれば、ある程度はそうだろう。

しかし、「エリート理論」を全面的に受け入れなくても、その洞察から利益を得ることはできる。自由民主主義国家の中に出現した全体主義との戦いにおいては、エリート理論が我々に与えてくれる以下の教訓に耳を傾けるだけで十分であろう:

  1. マスメディアとデジタル技術の時代には、多数派が間違っていることが非常に多い。反体制的な少数派に与えられている憲法上の保護が、「例外」の間に一掃されることはすでに見たとおりだ。したがって、大衆に押し付けられた物語を打ち砕く試みは非常に重要である。イーロン・マスクやタッカー・カールソンのような疎外された狐、PANDATAを構成する人物、グレート・バリントン宣言の署名者、あるいはロバート・F・ケネディ・ジュニア(そしてドナルド・トランプも)のような反体制派は、古い政治神学を解体するために必要である。
  2. しかし、腐敗したエリートたちは、ド・ジュヴネルの「下層」、つまり「過激」に見えるだけの運動の足軽たちの支持を維持することができる。LGBT、BLM、アンティファを考えてみよう。彼らは常に、企業や学会の官僚たちや、社会的距離の取り方、マスキング、集団予防接種を取り締まる日常的な人々とともに行動している。オランダの農民、カナダのトラック運転手、アファーマティブ・アクションや停電と闘う南アフリカの企業経営者といった「貴族的中間層」は、政府の大盤振る舞いに頼ることなく、「上層部」と「下層部」の両方からの独立を切望しているため、エリート層によって扇動される大衆運動に抵抗しなければならず、また抵抗するよう奨励されなければならない。何としても、「気候」と「健康」という祭壇の上で生贄を待つ、単なるスケープゴートになることを拒否しなければならない。
  3. エリート主義の必然性という概念を軽蔑する人々や、現在の憲法秩序の中で民主主義を復活させることができると信じる人々にとっても、この復活を導くことが必要である。これらの狐は、「被支配階級」に新しい方式と新しい道徳的統一を提示する必要がある。その際、彼らは「ESG」や「ステークホルダー資本主義」の体制を打倒しようとする不満を抱えた実業家たちや、攻撃的なNATOグローバリズムに反対する軍事指導者たち、あるいは信仰共同体が「覚醒」したことに嫌悪感を抱く教会指導者たちなど、動員されるのを待っているライオンたちと協力しなければならない。それは、技術主義的なポスト政治秩序で世界を均質化しようとするグローバリズムのバベルのような構造を否定することである。この言葉を話すキツネだけが、ライオンや「中間層」のメンバー、さらには全体化する現状からの変化と救済を切望する非エリートの多くに耳を傾けるだろう。

この教訓は、単に「より強く投票する」だけでは仕事を成し遂げられないということだ。現在の指導者たちがそうであるように、「民衆」を蔑ろにしたり無視したりしない指導者であり、また同様に、仕事を成し遂げるために旧態依然とした大衆民主主義の構造に単純に依存しない指導者でもある。

しかし、チャンスの窓はそう長くは開かないだろう。メディア、金融、科学、医療、食糧供給など、現体制が振るうテクノロジーは強力で、反エリートが組織化し行動する自由を脅かしている。

『選挙』や『国民』を勘違いしたまま屁理屈をこねて待っていたのでは、手遅れになる。現在のエリートたちがブースターショット、安全な空間、性転換の旗について叫んでいる間に、冬の宮殿は奪われるのを待っている。

タイトルとURLをコピーしました