アグノトロジー・犯罪心理学心理学集団心理・大衆形成・グループシンク

政治、サイコパス、パソクラシー
一般人を擁護して

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

thecirculationofelites.substack.com/p/politics-psychopathy-pathocracy

インターネットの怪しげなコーナーを歩き回る不愉快な気質の人は、最近の傾向として、右派の広義の傘に含まれるかもしれない様々なタイプが、共産主義のぜひを議論していることに気づいているかもしれない。YouTubeで、2人のアルトライター、2人のリバタリアン、1人の客観主義者が、このホットなトピックについて長々と議論しているのを見たことがある。しかし、これは本当にホットな話題なのだろうか、あるいは、本当に重要な話題なのだろうか。[1]

このような「ピンの頭に何人の天使が乗っているか」的な議論は、独特の間違った方向性を持っていると思う。特に、共産主義的なアジ演説の現在の関連性についての本当の重要な点から注意をそらすのに役立つだけであることを理解すれば、なおさらである。共産主義が理論的に実現された人間の夢の約束であるかどうか、あるいは、カール・マルクスの表明した期待に従って、それが実際に試みられたことがあるかどうかは、すべて無関係のたわごとである。この問題を考える人にとって重要なのは、共産主義が一貫して、悲劇的に、最近の人類史の中で最もひどい残虐行為を行うために精神病質者によって使われた「正気の仮面」であったということである。[2]

比較的小規模ではあるが、徐々に増えつつある文献は、臨床精神病質者のギャングが、一度に何年も、あるいは何十年も、多くの社会に大量殺戮地獄を訪れる役割を果たしたことを記録してきた。もちろん、共産主義がこのような病的政治の唯一の仮面であるわけではない。ナチズムも同じようなことをした。しかし、共産主義は、病的な残虐行為を隠すために最も広く使われてきた。 イアン・ヒューズはその著書『 Disordered Minds』の中で、スターリン、毛沢東、ヒトラー、ポル・ポトを取り巻く主要な指導層の伝記文献を調べ、精神病質者たちがはびこっていることを発見している[3]。 [これらの社会はパスオクラシーに取り込まれ、そのような取り込みがもたらす恐怖に苦しんでいる

しかし、もちろん、ここではそんなことはありえない。

パソクラシー研究の先駆者の一人であるアンドリュー・M・ロバチェフスキは、その著書『 ポリティカル・ポネロロジー』において、パソクラシー、すなわち精神病質者などの精神病質人格者による支配の条件を作り出す上で、社会の混乱が果たす役割を強調している。社会的に安定した条件下では、臨床的に正常な人々は効果的な社会的信頼とコミュニケーションを維持する。世界に関する彼らの常識は、確かに不完全ではあるが、現実に基づいた行動への効果的なガイドとなり、彼らが世界でうまく活動することを可能にする。このような条件下では、サイコパスは不利になる。彼らの無慈悲で冷酷な他者への操作はあまりにも容易に認識されるため、非難を受けることになる。これは特に、より冷酷で、サディスティックで、衝動的なサイコパスに当てはまる。[4]

ポリティカル・ポネロロジー 序文
Political Ponerology: The Science of Evil, Psychopathy, and the Origins of Totalitarianism 目次 ポリティカル・ポネロロジーを讃え ...

サイコパスの臨床診断には、少なくとも1941年まで遡る長い伝統がある。[5] サイコパスの原因、症状、評価のための適切な診断の枠組みをめぐって、多くの相違点が残っている。 DSMの定義に詳しい方にとっては、広義には、ここでサイコパスという用語を使うことは、クラスタBとして識別される人格障害をカバーすると考えることができる。しかし、全体的には、多少のニュアンスはあるものの、この枠組みに関連する一連の特性は、Cleckley-Hare診断学派におけるサイコパスでカバーされている[6]。[6] このような人格は、厳密に言えば障害であるのかどうかという問題も含めて、将来的にはこのサブスタックによってすべてが扱われることになる。 しかし、大まかな流れは広く合意されている。クレクリー・ヘア学派で精神病質者とされる人格は、良心と共感の欠如、しばしば自己愛、そして有名なサディズムと衝動性によって特徴づけられる。

パソクラシーの危険性を評価する上で厄介なのは、大衆文化においてサイコパスに対する認識を明確な犯罪の場に限定する傾向があることだ。連続殺人犯、ねずみ講の詐欺師、カルトのリーダーなど、犯罪的なサイコパスに対する大衆的な魅力が長い間存在してきた。そして、間違いなく、非常に多くのサイコパスが非常に長い時間をかけて安全に収監されているので、彼らの犯罪についての薄気味悪いドキュメンタリーを気楽に作ることができ、多くの大衆が安全なソファから変態的な魅力でそれを見ることができる。しかし、サイコパスのこのような枠組みは、危険なほど誤解を招きやすいものである。衝動制御の能力が低い犯罪者サイコパスには、刑務所に入らないようにするのに非常に効果的な別のサブセットが存在する。 バビアクとヘアは、職場におけるサイコパスに関する本『 スーツを着たヘビ』の中で、古典的な、あるいは攻撃的なサイコパスと、人を操るサイコパスを区別している。後者は衝動性のない人たちで、特に高い言語能力を持つ人たちである。これらは、大きなビジネス組織に何とか潜り込むことができる人たちである。彼らの良心のない冷酷さと、自分の行動が他人に与える影響に対する共感のない無視が相まって、彼らはビジネス組織の中で自分のやり方を操り、犠牲者の痕跡を残すことができる-しばしば恥ずかしさや恐れから、サイコパスを糾弾することができないのだ。バビアクとヘアーは、著書で取り上げたある研究において、全人口の約1%が完全なサイコパスである一方で、200人以上の経営幹部に対する限られた調査では、3%以上であったことを発見した[7]。[7]

ビジネスにおけるサイコパスに関するバビアクとヘアの研究が示すように、彼らはその見通しについて一応言及しているが、政治におけるサイコパスの完全な役割と影響について正面から取り上げることはない。この2つの環境の大きな違いは、バビアクとヘアーが認めているように、市場原理によって統制された民間企業組織環境では、潜在的な制限原理が働いていることである。ビジネスでは、仕事をすることが期待されており、サイコパスは実際の結果を出すための平凡な仕事には全く興味がない。これは彼らのアキレス腱となりうる。例えば、仕事の締め切りに常に遅れる、あるいは同僚の製品の手柄を盗んだことが明らかになったとき、彼らが詐欺師や寄生虫であることが判明する。バビアクとヘアが強調するように、この制限原理は決してサイコパスの淘汰を保証するものではないが、最終的な救済の手段を提供するものなのだ。

政治の世界では、このような制限原理が働くかどうかは定かではない。民主主義国家においてさえ、政治家が選挙のたびに有権者を十分に魅了することができる限り、満たすべき厳格で明確な生産基準がなければ、サイコパス政治家の権力が絶えず更新されることに限界があるのかどうか不明である。そしてもちろん、サイコパスが公務員になった場合、やはり市場に基づいた確固たる規律がなければ、バビアクとヘアの研究で明らかになったように、民間企業で働く「成功した」サイコパスよりもさらに簡単に嘘やごまかしで権力や影響力を増すことができるように思えるだろう。この役割を担う多くの学者やジャーナリストを含め、運動の支持を通じて政治的な力を得るサイコパスを制御したり、明らかにするために働く客観的な規制は、さらに少ない。

であるから、サイコパスが政治に入り込む可能性があることは議論の余地がないように思われる。学術文献は、ここで定義されたサイコパスが、政治生活に入りたいという願望、政治で成功する能力に対する自信、政治参加、同じサイコパスの性格特性を持つ候補者に投票する傾向と関連しているという証拠をますます見つけつつある。さらに、このような研究結果から予測されるかもしれないことと一致するが、米国の隣接する州におけるサイコパスの研究では、コロンビア特別区でサイコパスの順位が最も高いことが観察された [8]。[8] しかし、サイコパスにはまだ上記のような問題がある。 比較的安定した社会秩序では、サイコパスは常に発見され、暴露され、糾弾され、非難され、場合によっては投獄される危険にさらされている。

ロバチェフスキとヒューズの両氏が強調し、図解しているように、社会の混乱は精神病質者が好む社会的条件である。[9] その時初めて、臨床的に正常な人々の間の信頼やコミュニケーショ ンの絆が崩れ始める。 その時初めて、臨床的に正常な人々は自分の常識に対する自信を失い始め、影響を受けやすくなる。社会的混乱の拡大が病的政治の権力と拡大を促進するだけでなく、よくよく調べてみると、サイコパスがそのような社会的混乱を積極的に促進していることは当然といえば当然である。スターリンのソビエト連邦や毛沢東の中国のような徹底的に病 理主義的な政権において、忠実であるはずの真の信者が日常的に粛清されることは、政治的サイコパスにとってそのような混沌を維持することが重要で あることを示している[10]。[10] 同様に、将来的なパソクラシーの拡大のための下地は、そのような社会的混沌の発生に大きく依存している。

これらの事柄を現在の状況というレンズを通して見ると、まさにパスクラシーを促進するような社会の混乱が拡大する中で、現在の政党や運動におけるサイコパスの集中的な分析が、同種の研究よりも著しく遅れていることが印象的である。病的な状況を助長するような社会的混乱や常識の破壊について、簡単に挙げると、少し前まではほとんどの普通の人々にとって自明と考えられていたような、生物学的現実の否定が含まれる。異性生殖を行う種の間では、異性愛、ひいてはセックスやジェンダーは社会的に構築されたものだと信じなければならない。異なる人種や性別は、前者では何万年、後者では何十億年と異なる進化的圧力を受けてきたにもかかわらず、悪質な人種主義や性差別がなければ、互いに何ら変わらない。女性のように感じると称する男性が、女性スポーツ、避難所、更衣室、刑務所などの女性専用スペースに入ることが許され、さらには制度的に奨励されるという状況を懸念するのは偏屈者だけだということ、社会的イベントを組織し、人種によって人々を区別しランク付けする言葉を使うことは反人種主義だということ、科学、数学、実証データ、効率は父権や白人至上主義の表出であるということ、である。これらの例は、世界の一般大衆が信じるふりをすることを期待されているだけでなく、それに従わなければ、雇用や銀行などのサービスを否定され、場合によっては暴力にさらされるなど、生活を破壊される危険性がある疑似現実のおかしな命題の表面をかすめたにすぎないのだ。[11]

このヒステリーでは、基準が大幅に変更され、ゴールポストが際限なく移動し、有効な検査や症例、死因が再定義されて数字が膨れ上がるにもかかわらず、私たちは社会的に破滅的なウイルスによる存亡の危機にさらされていると信じること、あるいは少なくとも信じているふりをすることが求められている[12]。[12] ウイルスに対する不安は、マスク、戸締まり、ワクチンの安全性と信頼性、ワクチンの義務化など、さまざまな対策の必要性と有効性に関する主張が頻繁に、不規則に修正されることによって悪化してきた。 このすべてが、容赦なく不正確なセンセーショナリズム,ガスライティング,公式の政策に異議を唱える科学的・医学的意見の検閲,そして恐怖と不安を広く引き起こす行動心理学を活用した政府の意図的な取り組みと相まって、今日の世界の多くを巻き込む社会的混乱の材料となった[13]。[13]

これらのことは、まさに病的政治のためのペトリ皿として機能するような社会の混乱を生じさせた。問題は、この道は鶏と卵のどちらに導かれてきたのか、ということである。このすべては、単に病的政治の危険を高める無邪気な状況の合流だったのか、それとも実際には、あまりにも多くの操作的な精神病質者が、組織、運動、その他の政治的権力を得て、このような社会の混乱を積極的に促進したのか。そのような人々は、彼らが歴史的に繁栄してきた病的政治そのものを促進する条件を意図的に生み出しているのか。そして、上述のように、それは最終的に人類の最も恐ろしい大量虐殺的残虐行為に帰結している。この問いに答えを出そうとするのは、この最初の投稿では時期尚早である。しかし、ビジネスにおける人を操るサイコパスや成功したサイコパスの役割に関する文献が増え、ヒューズの本のようにサイコパスの歴史的役割や道義政治のひどい歴史的結果に関する研究さえあるにもかかわらず、サイコパスの指標について知っていることを今日の政治家の人格に適用する研究がほとんどないことは奇妙な驚きである。[14]

病理の行き着く先について私たちが知っていることを考えると、これは小さな見落としではないように思える。もちろん、人に誤ったレッテルを貼ることは本当に危険であり、特に政治的な動機がある場合はそうである。人種差別主義者という主張が、実際の人種差別主義者によって、彼らの批判者を中傷するために武器として使われてきたことは、あまりにも警告的である。[15] それでも、サイコパスを評価するために開発された客観的な技術や測定法があり、そうした悪質な影響を特定し、政治生活をそうした影響から隔離するために利用することが可能であった。 これには、ヘアのオリジナルの診断チェックリスト、バビアクとヘアが導入した精巧なB-Span測定器、また、遺伝的プロセスの多系統性と多面性の性質を理解している人なら誰でも驚くことではないが、サイコパスは特徴的な顔立ちで識別できるようである。また、サイコパスは言葉の「くすぐり」によって不注意に自己顕示するという証拠があり、これは訓練された観察者によって拾い上げられ、しばしば訓練されていない観察者にとっても言葉と顔の表情が不一致であるという不気味な感覚につながる。[16] この後者の”tell “は、口下手なサイコパス、つまりビジネスや政治にうまく入り込むことができないサイコパスにおいてより顕著になる可能性が ある。

つまり、これまで見てきたように、規範的な世界が攻撃を受けているのだ。客観的な真実、常識、伝統的な社会規範の敷物が、足元から激しく、悪意を持ってランク付けされている。ノルマンディーという言葉は、政治化されたインターネットの多くのコーナーで蔑称として使われている。そして、確かに、一般大衆には懸念される連想がある。一般大衆は過剰に順応主義的で、しばしば権威の誤謬、適合バイアス、動機づけされた推論にあまりにも喜んで頼ることで、その順応性を補強する傾向がある。[その過程で、 彼らはあまりにも簡単に、社会的混乱の広がりや道義政治の台頭など、最も危険な社会的プロセスのための大砲の餌になる。 しかし同時に、規範の世界、すなわち、良識の世界、家族、コミュニティ、親睦、教会の絆への献身、常識のおおよそ経験的な根拠への信仰は、病的政治とともに歩む社会の混沌の刻々と迫る危険に対するわれわれの唯一の防波堤となるものである。規範的な世界の価値観と約束こそが、精神病質者を寄せ付けず、病的政治が勝利するたびに人間の生活に不幸の雨を降らせる大量虐殺的残虐行為から私たちを守ることができる社会を保証するものなのだ。

このSubstackの使命は、悲鳴を上げる暗闇の危機に対する人類の最後のろうそく、ノーマリーワールドの保存にささやかながら貢献することだ。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました