複雑適応系・還元主義・創発

医学哲学

幻想的な「本質」 | 心理科学における理論化を阻むバイアス
Illusory Essences: A Bias Holding Back Theorizing in Psychological Science

Perspect Psychol Sci.2022 Mar;17(2):491-506. 2021年7月20日オンライン公開doi:10.1177/1745691621991838 概要 心理学では言葉による定義に依存しているため、心理学研究は人間がカテゴリーについてどのように考
アミロイド

なぜアルツハイマー病は治らないのか?
Why Isn't There A Cure for Alzheimer's Disease?c

A Midwestern Doctor中西部の医師 10月8日 私が遭遇したCOVID-19ワクチン接種の悲劇的な結果の一つは、高齢者の認知症(しばしば致命的)の急激な発症である。高齢者は自分で自分を擁護する能力がなく、社会から優先される存在ではなくなっていることが多いため、こう
医学哲学

第3次認知革命 | バイオメディカル研究への影響と可能性
The Third Cognitive Revolution | The consequences and possibilities for biomedical research

EMBO Rep.2019 Apr;20(4): e47647. 2019年4月3日オンライン公開 doi: 10.15252/embr.201847647 pmcid: pmc6446201 PMID:30926631 第3次認知革命が始まったばかりだ。この革命は、アルファベッ
ワクチン メカニズム・耐性

感染症の免疫学的研究に対する生物学的還元主義の本質と帰結
Nature and Consequences of Biological Reductionism for the Immunological Study of Infectious Diseases

Front Immunol.2017;8: 612. 2017年5月31日オンライン公開 doi: 10.3389/fimmu.2017.00612 pmcid: pmc5449438 PMID:28620378 概要 進化は、より少ない量で、より速く、より優れた多くの機能を実行
崩壊シナリオ・崩壊学

グローバルにネットワーク化されたリスクとその対応策
Globally networked risks and how to respond

PERSPECTIVE doi:10.1038/nature12047 ダーク・ヘルビング1,2 概要 今日の強く結びついたグローバルなネットワークは、私たちが理解できず、うまくコントロールできない高度に相互依存したシステムを生み出している。これらのシステムは、外的なショックがな
科学主義・啓蒙主義・合理性

メタ合理性 | ナスの細胞の中で 入門編
Meta-rationality :In the Cells of the Eggplant

『ナスの細胞の中で』は、合理的なシステムを、その周囲との関係を調べることでより効果的に利用する方法である「メタ合理性」の入門書である。 メタ合理性は、固定的な理解の境界を超えた領域で活動する。それは合理性の限界を認識し、共に働き、そして超越する。合理的な方法を評価し、選択し、組み
複雑適応系・還元主義・創発

健康と病気は動的で複雑な適応状態である 実践と研究への示唆 
Health and Disease Are Dynamic Complex-Adaptive States Implications for Practice and Research

Front Psychiatry.2021; 12: 595124. 2021年3月29日オンライン公開 Joachim P. Sturmberg1,2,* 概要 インターセプションとは、自分の全体的な生理学的状態を伝える能力であり、人々は自分の健康状態を、素晴らしい、非常に良い
早期治療・在宅治療

複雑系科学による健康と疾病の概念化 臨床医学との関連は?
Complexity Science to Conceptualize Health and Disease: Is It Relevant to Clinical Medicine?

Mayo Clin Proc.2012 Apr; 87(4):314-319. doi: 10.1016/j.mayocp.2011.11.018 pmcid: pmc3498395 PMID:22469343 サロージ・ジャヤシンハ⁎ 概要 臨床科学は、いくつかの暗黙的・明示的
複雑適応系・還元主義・創発

複雑で不確実なシステムのリスク分析
Risk Analysis Of Complex And Uncertain Systems

Risk Analysis Of Complex And Uncertain Systems 序文 なぜこの本なのか? 本書は、次のような信念に基づいて書かれたものである。 1) 定量的リスク評価 (QRA)は、リスクマネジメントの意思決定や方針を改善するための強力な規律となり得
コミュニティ

『ソーシャル・シンギュラリティ/ 社会的特異点』
分散化によってどのように政治を超越し、世界的な繁栄を生み出し、ロボットの終末を回避することができるのか

The Social Singularity: How decentralization will allow us to transcend politics, create global prosperity, and avoid the robot apocalypse 目
Domestic Preparedness

社会不安 – 予測と準備
Civil Unrest – Prediction & Preparedness

ケネス・コマー著2017年4月11日(火) 社会不安は、その原因にかかわらず、人命と財産に予期せぬ危険をもたらす。このような事態の発生時期や規模を予測することができれば、より適切な戦術的管理や効果的な訓練が可能になる。しかし、複雑系科学者による理論的研究と、第一応答者の実体験から
複雑適応系・還元主義・創発

電子からゾウ、そして選挙まで – 病気/疾患論争における全体論と還元論
コンテンツとコンテクストの役割を探る ニコラス・レッシャーによる序文を添えて

FROM ELECTRONS TO ELEPHANTS AND ELECTIONS 目次 コンテクストを設定する あなたは自分の文脈の中で満足しているか? 3 ジャック・コーエン 存在のインクリメンタルな連鎖 11 ジョン・ハイル 言語学には(弱い)創発が必要なのか? 23 J.
複雑適応系・還元主義・創発

電子からゾウ、そして選挙まで – ニコラス・レッシャーによる序文を添えて
コンテンツとコンテクストの役割を探る 

FROM ELECTRONS TO ELEPHANTS AND ELECTIONS フロンティアーズ・コレクション・シリーズ編集部 Avshalom C. Elitzur, Iyar, Israel Institute of Advanced Research, Rehovot,
複雑適応系・還元主義・創発

物理を超えた世界 | 生命の誕生と進化 -1
第1章 世界は機械ではない -スチュアート・A・カウフマン

目次 プロローグ 1.世界は機械ではない 原子レベル以上の非エルゴード宇宙 第二法則を越えて なぜ人の心は存在するのか? 生物とは何か? 機械としての世界 2.機能の機能 3.組織を伝播させる 仕事 境界条件、仕事、エントロピー 制約の仕事サイクル 非伝達型と伝播型の仕事 制約条
哲学・思想・科学

現実の織物 | パラレル・ユニバースの科学とその意味するもの / 万物の理論 -デイヴィッド・ドイッチュ
The Fabric of Reality | The Theory of Everything

序文 本書で紹介する世界観の動機はただ一つ、一連の驚くべき科学的発見のおかげで、我々は現実の構造について非常に深い理論を持っているということである。もし私たちが世界を表面的なレベル以上に理解しようとするならば、先入観や世間体、常識ではなく、それらの理論や理性によって理解しなければ
気候変動・エネルギー

ミューズレター #284 気候ホリズム vs. 気候還元主義

MuseLetter #284 / 2016年1月号 リチャード・ハインバーグ著 気候変動は人類が直面する最大の脅威かもしれない。しかし、私たちが現在行っている対策では、たとえ私たちが勝利したとしても、別の脅威がそれに続き、さらに別の脅威が発生することが確実になっている。 その理
デジタル社会・監視社会

民主主義はビッグデータ、人工知能に耐えられるか?
私たちは、社会のあり方を一変させるような技術的な激変の真っ只中にいる。私たちは今、正しい決断をしなければならない

Will Democracy Survive Big Data and Artificial Intelligence? ByDirk Helbing,Bruno S. Frey,Gerd Gigerenzer,Ernst Hafen,Michael Hagner,Yvonne
EBM・RCT

医学における「個人的知識」と科学主義の認識上の欠点
“Personal Knowledge” in Medicine and the Epistemic Shortcomings of Scientism

ヒュー・マーシャル・マクヒュー - サイモン・トーマス・ウォーカー Accepted: 2015年10月10日付 要旨 本論文では、医療行為に必要なさまざまな種類の知識を理解するための枠組みを概説し、この枠組みを用いて、科学主義がこの知識の側面をどのように損なうかを示す。この枠組
意識・クオリア・自由意志

自己の脳内基盤:自己組織化と夢想からの教訓
Brain basis of self: self-organization and lessons from dreaming

2013年7月16日オンライン公開。 デビッド・カーン*(David Kahn) 概要 夢を見ることで、脳内の自己組織化プロセスの結果として、自己の別の側面が作り出される。生体システムにおける自己組織化は、既存のシステムが対処できないような環境変化に対する答えとして起こることが多
複雑適応系・還元主義・創発

意図しない結果の法則 シェイクスピア、コブラの繁殖、そしてピサの塔
The Law of Unintended Consequences: Shakespeare, Cobra Breeding, and a Tower in Pisa

複雑なシステムの中で一つの変化を起こそうとすると、意図しない結果を引き起こしてしまうことがよくある。それは、ポジティブなものであることもあれば、ネガティブなものであることもある。もし意図しない結果を予期していなければ、望ましい結果を得ることは期待できない。 *** 1890年、ユ