視覚コントラスト感度検査(VCSテスト)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

3型 (生物毒素・感染症) 認知症の検査・診断

概要

VCS = visual contrast sensitivity test

視覚コントラスト感度検査は、コントラストの識別する能力を測定することにより、視神経機能不全を診断するための非特異的な検査として使用される。

生物毒素によって低下する視覚コントラスト能力

生物毒素そのもの、または生物毒素によって生じる炎症反応は、視覚機能障害を引き起こすとが示されており、視覚コントラスト感度(VCS)の低下を含む様々な神経学的症状を引き起こす。

VCSテストでは、視覚パターンを検出する能力を測定するために作成された一連の画像が表示されるが、生物毒素関連の病気に罹っている人は、このテストで良い結果を出せない。

シューメーカー博士の研究によると、VCSの低下は、視神経を介して脳に視覚情報を送るさいに赤血球が眼球構造へ届くスピードが低下することによるものとのこと。

視覚コントラストに影響を与える毒素・要因
  • 栄養欠乏
  • アルコール消費
  • 薬物/医薬品の使用
  • 揮発性有機化合物(VOC)
  • 揮発性有機化合物を産生する微生物(クラドスポリウム(クロカワカビ)、ペニシリウム(青カビ)など)
  • 内因性、外因性の神経毒、生物毒、動物や昆虫からの毒
  • カビ
  • マイコトキシン
  • シアノバクテリア
  • 渦鞭毛藻類(特にPfiesteriaとCiguatera)
  • アピコンプレックス
  • 寄生虫
  • 水銀や鉛などの重金属
  • ライム病やそれらと共に感染することの多い病原体
  • ドライクリーニングなどの有機溶剤
  • ドライクリーニングの溶剤 テトラクロロエチレン(PERC)
  • シックハウス、WDB(水災害のあった建物)への居住

https://www.vcstest.com/resources/research/

VCSテストの高い診断率

VCSテストは多くの研究が行われており、非常に正確で生物毒素関連の病気の診断率は92%、わずか8%が偽陰性となる。

https://www.vcstest.com/resources/research/

繰り返し検査を行う

VCS検査は初診時に行い、後に治療効果を評価するために、通院時に毎回繰り返される。

生物毒素の臨床診断とVCSテストの実施後、診断の確定と病気の重症度を判断するために特定のバイオマーカーを検査して経過観察を行う。

 

VCSオンラインテスト

https://www.quantifiedbob.com/vcs-test-visual-contrast-sensitivity/

オンラインで受けることのできるVCSテストは2つある。

サバイビングモールド VCSテスト

http://www.survivingmold.com/store1/online-screening-test

https://www.survivingmold.com/store1/online-screening-test/purchase-vcs

英語、有料となるが、選択のオプションによって直接シューメーカー博士へ相談することもできる。本家の検査であり生物毒素の判定に特化しており、より信頼性は高いと考えていいだろう。
当CIRS関連の情報も、その多くはシューメーカー博士の無償の情報提供に負うところが大きいため、こちらを推奨したい。

サバイビングモールドでは専門家による診断が推奨されている。

テスト条件

視力は矯正視力も含め0.4以上が必要

矯正視力で0.4の場合はメガネをつけてテストを受ける。

画面から45cmの距離で行う。45cmの長さの紐を用意すると便利。

部屋を約240ルーメンの明るさに調節する(照度計で計測)

テスト費用
  • テスト1回 15ドル
  • テスト4回 40ドル
  • テスト10回 75ドル
  • テスト50回 250ドル

VCSTest.com

https://www.vcstest.com/

アカウント登録で一回なら無料で受けることができる。

寄付(1095円)をすると追加テストが一回受けられ、詳細な説明と分析を行ってくれる。

3回、5回、無制限テストでは割引き価格が用意されている。

テスト時間は10分~15分

いずれも、適切な条件(モニタの明度、コントラスト調整、部屋の証明、モニタまでの距離等)で行わなければ正確な診断は難しい。

ただし毎回テストを受けるたびに同一環境が用意できるなら、相対評価を見ることができるため、治療開始前に受けておくことは治療の最適化を行なっていく上で重要となってくるだろう。

VCSTest.com 登録の手順

https://www.vcstest.com/

登録の開始

必要項目の入力

確認メールのチェック

メールをチェックすると、VCSTest.comから以下の内容のメールが届く。
(届かない場合は迷惑メールをチェック)

メールが正しいかどうか確認するには2つの方法があり、記載されている英数字をメモして、サイトに入力するかリンクをクリックするかのどちらかを選択。

リンクのクリックが簡単だが、クリックができない、クリックしても承認されない場合は英数字をメモってウエブサイトに入力する。

登録メールがリンクをクリックする法

メールアドレス確認ページ

登録完了!

登録が完了すると、PLEASE CONFIRM THE EMAIL ADDRESS の表示が消える。

VCSTest.com 検査の受け方

テストの準備

  • テストには約10~15分が必要
  • メガネ、コンタクトレンズを使っている人はそのままでテストを受ける。
  • 普段パソコンやスマホのモニターを長時間見ている場合は、テストに影響を与える可能性があるため午前中か深夜に行う。
  • 部屋の照明は充分な明るさがあること
  • モニターのブルーライトカット、照度を落とすアプリケーションなどはオフにしておく。
  • モニターからの距離を測定できるメジャーなどを用意して61cmの距離をとる。61cmに目印をつけた紐を用意しておくと便利

VCS検査の開始

作成中

 

 

 

 

関連記事

概要
CIRS(慢性炎症反応症候群) 概要
CIRS(慢性炎症反応症候群)概要 CIRS = Chronic Inflammatory Response Syndrome 「知識は力である」 Dr.Shoemaker 関連記事 概要 診断 治療アプローチ CIRS 概要 遺伝的に脆弱な人が、...
CIRS(慢性炎症反応症候群)発症メカニズムの7ステージ 
生物毒素によるCIRS発症機序 ステージ1 生物毒性 生物毒素に人が曝露すると、通常は免疫システムによって抗原認識され、肝臓で解毒され血中から取り除かれる。 しかし、HLA-DRハプロタイプの変異体を持っていると、生物毒素を抗原として同定することが難しくなる。生物毒素は身体によって認識されないため、いつまでも体内を循環す...
診断
CIRS(慢性炎症反応症候群) 診断
CIRS(慢性炎症反応症候群) 診断 概要 カビ毒はほとんどの開業医は認知していないため、診断が可能な症状のある患者が開業医の元に赴いたとしても、通常、病気の存在そのものを疑われたり白眼視されて終わる。患者は医師に頼ることができないため、自らが治療者となる必要がある。 心の病気とされてしまうカビ毒患者 しかし、カビ毒の症状がある患...
視覚コントラスト感度検査(VCSテスト)
概要 VCS = visual contrast sensitivity test 視覚コントラスト感度検査は、コントラストの識別する能力を測定することにより、視神経機能不全を診断するための非特異的な検査として使用される。 生物毒素によって低下する視覚コントラスト能力 生物毒素そのもの、または生物毒素によって生じる炎症反応は、...
CIRS HLA遺伝子によるカビ毒感受性診断
概要 HLA-DR遺伝子とは ヒト白血球抗原(HLA)は第6染色体上に位置する遺伝子で、人体のすべての細胞の表面に存在し、自分の体組織なのか異物であるのかを見分ける免疫系の作用に関わる。 HLAのタイプ 2つの表記方法 アリル型 遺伝子レベルの表記 抗原型 たんぱく質レベルの表記 遺伝子型・...
CIRS 検査指標・バイオマーカー
MSH/メラノサイト刺激ホルモン (重要) 正常範囲:35-81 pg/ml 炎症反応・外来微生物からの防御 MSHは、下垂体で産生されるホルモンであり、炎症反応や外来からの微生物に対して防御する役割をもつ。 レプチンはMSH産生に影響を与えるが、過剰なサイトカインがレプチン受容体に干渉する炎症反応によってMSHレベルは低下す...
治療アプローチ
マイコトキシン カビ毒に対抗する6つの治療戦略
1. カビ毒環境からの離脱・カビ毒の除去 これが一番、実行の難易度としては一番高いかもしれない。なぜならもし建物の水害汚染が原因であれば、生活基盤そのものを大きく変えなければならなくなるからだ。 毒素源が何かによっては、引越し、仕事をやめる、学校を変えるといったことにまでに及ぶ可能性がある。しかし、一番シンプルな解決法であり、もし...
CIRS(慢性炎症反応症候群)カビ毒治療プロトコル 15ステージ
CIRS マイコトキシン治療プロトコル 1. データベースを元に区分診断を行う 一般 ERMI 2以下、またはHERTSMI 2 <10 CIRS-WDB、バイオトキシン病の治療ばく露試験 カビ毒治療後4〜6週間後に、ERMIまたはHERTSMI-2テストを再度行う。 2. ERMI...
マイコトキシン(カビ毒)治療ガイドライン/ by ニール・ネイサンプロトコル
ニール・ネイサン博士の著書「TOXIC HEAL YOUR BODY」による、マイコトキシン治療ガイドラインをまとめたもの。ニール・ネイサン博士とは若干アプローチが異なるCIRSによるカビ毒治療などの情報も追加しているため、書籍の内容を100%反映さでた記事ではない。より詳しく正確な記述については原著を当たってほしい。 なに...
毒素結合剤コレスチラミン 効果・メカニズム・摂取方法・副作用(CIRS、カビ毒、マイコトキシン)
概要 コレスチラミン コレスチラミンのオフラベル使用 コレスチラミンは、FDAに承認されたコレステロールの上昇を抑えるために用いられる。商品名はクエストラン。40年以上の間、何百万人という患者で使用されてきた安全なコレステロール低下薬。 非常に広範囲の生物毒素、化学毒素を除去する作用があり、他の毒素結合剤と比べて強力であること...
CIRS 環境のカビ毒汚染と除去方法
カビ毒・マイコトキシンのクリーニング はじめに 環境カビ毒の専門家 ジョン・バンタ カビは屋外のどこにでも存在し、胞子は家の中にも入り込む。胞子が入り込むことができない家はこの世に存在しない。 カビ胞子は、電気スイッチやコンセントの小さな隙間、エアダクトなどの経路を移動することができる。壁、天井、床などにある亀裂は、髪の毛の厚...