Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

毒素結合剤コレスチラミン(CIRS、3型、マイコトキシン)

コレスチラミン(Colestyramine)

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です

関連記事

CIRS(慢性炎症反応症候群)  概要

CIRS(慢性炎症反応症候群)診断

視覚コントラスト感度試験(VCS)

CIRS HLA遺伝子によるカビ毒感受性診断

CIRS 検査指標・バイオマーカー

CIRS(慢性炎症反応症候群)カビ毒治療プロトコル 14ステージ

マイコトキシン 6つの治療アプローチ

概要

ja.wikipedia.org/wiki/コレスチラミン

コレスチラミンのオフラベル使用

コレスチラミンは、FDAに承認されたコレステロールの上昇を抑えるために用いられる。商品名はクエストラン

40年以上の間、何百万人という患者で使用されてきた安全なコレステロール低下薬。

非常に広範囲の生物毒素、化学毒素を除去する作用があり、他の毒素結合剤と比べて強力であることから、CIRS患者の間で毒素治療方法(オフラベル使用)として一般的に流通している。

生物毒素の解毒としてコレスチラミンの他に木炭、キトサン、粘土、薬草などが、シューメーカー博士によって探索されてきたが、コレスチラミンほどの利益は見いだせていない。

コレスチラミンが服用できない代わりに、より簡単に服用可能なWelcholを代用とし用いることができるがその効果はコレスチラミンの25%でしかない。

www.survivingmold.com/docs/CSM_Fact_Sheet.pdf

安全性の高いコレステロール低下薬

コレスチラミンは安全性の高いコレステロール低下薬と考えられているが、一日に10gと大量に摂取する必要があり、その他の薬物を吸収することで効果を阻害する可能性があることから、一般的に高コレステロール血症の第一選択薬としてはあまり処方されない。

その安全性から小児や妊娠の可能性のある女性へ処方されることがある。

コレスチラミンのコレステロール低下作用

コレスチラミンは胆汁酸封入剤

胆汁酸は体内コレステロールの最終的な産物。

胆汁酸は、脂肪などを摂取すると、腸管内で脂肪のミセル化形成を促進して、吸収しやすくする役割をもつ。

コレスチラミンは腸管内で、胆汁酸と結合する。

胆汁酸は、腸内で再吸収され再びコレステロールとして利用されるが、コレスチラミンが結合することで再吸収できずに糞便として体外へ排出される。

そのためコレステロールを下げることができる。

スタチンとは作用機序が異なるため併用が可能。

8~12gの投与で10~30%のLDL-C低下が期待できる。

コレスチラミンの生物毒素除去作用

胆汁酸はコレステロールだけでなく特定の生物毒素とも結合する。

そして、結合した毒素は、胆汁酸と結合したコレステロールと同様に腸内で再吸収されてしまう。(生物毒素は体内を循環している)そのため、生物毒素は体内に残ったままになってしまう。

しかし、コレスチラミンを摂取するとコレスチラミンが胆汁酸と結合し、その複合体が生物毒素とも結合するため、コレステロールの再吸収を防ぐだけでなく、生物毒素のリサイクル活動も断ち切ることができる。

コレスチラミンの入手

処方には医師の処方箋が必要。アメリカでは薬剤師の指導の元、オフラベルでの入手が可能。

日本での適応は高コレステロール血症(LDLコレステロールが140mg/dL以上)

日本でオフラベルでの入手はできないが、コレステロールが高い場合は処方してもらえる可能性がある。個人輸入でも入手が可能。

コレスチラミンの摂取

コレスチラミンの摂取量

解毒治療としてのコレスチラミン摂取は、食事の重要な栄養素との結合を避けるため、コレステロール低下薬とは異なるタイミングで摂取する。

シューメーカー プロトコル

9gコレスチラミンを100~150ccの水またはジュースと混ぜる。

これらを空腹時によく混ぜて飲み込む。

100~150ccの水を追加で飲む

30分後に食事や薬などを摂取しても良い。(サイロキシン、ジギタリス、テオフィリン、ワルファリンの摂取は2時間待つ。)

コレスチラミンは一日4回繰り返す。

食事を先に済ます場合は最低60分待つ。

逆流、便秘、膨満感、腸の痛みはよくある副作用。

必要に応じて酸分泌抑制薬を用いる

ニール・ネイサン プロトコル

シューメーカー博士の用いる用量は、多くの患者にとっては多すぎると考えている。この用量に耐えられる人はわたしの患者では10%しかいない。

毒素結合剤は毒素とゆるく結合するため、毒素を動員することにより悪化させる可能性もある。シューメーカープロトコルの8~16分の1の用量からスタートする。

コレスチラミンの摂取タイミング

シューメーカー プロトコル

胆汁を刺激して結合する必要があるたため、コレスチラミンを食べて30分後に脂質を食べるのが理想、それから考えると食事30分前の摂取がよい。

※食事中の脂質には、少なくとも大さじ一杯分の油脂が含まれていること。バターやココナッツオイルでも良い。

コレスチラミンを摂取している間は、サプリメント医薬は、できれば3~4時間離して摂取する。難しければコレスチラミン摂取の30分前、または摂取2時間後

リコード法

胃腸症状等が気になる場合は、1g等ごく少量から始め、少しずつ増やしていく。

ニール・ネイサン プロトコル

コレスチラミン、毒素結合剤はすべての食事、栄養剤との同時摂取を避け空腹時に摂取する。

タイミングとしては、食事の一時間前、そして食後2時間してからだ。

コレスチラミンの副作用

胃腸症状

規定用量を摂取すると多くのケースで、便秘、下痢、胃腸症状などの副作用症状が現れるが大きな問題ではない。

胃腸が弱い場合、不快感に耐えられない場合は徐々に投薬量を増やす。

便秘

生物毒素曝露の患者は下痢、または柔らかい便である傾向にあるため、コレスチラミンによる便秘の副作用は有益である可能性もある。

もともと便秘がちな人は、コレスチラミン摂取によって便が硬くなりすぎないよう注意が必要。

オオバコなどの繊維製品の消費量を増やす。

ポリエチレングリコール(MiraLAX)を使用する。

※日本ではPEG製剤(モビコール)がポリエチレングリコール成分を含む慢性便秘症治療薬として承認されている。

胸焼け・消化不良・胃酸の逆流

治療の初期では一時的によく生じる副作用だが、ほとんどの患者では数日以内に自然に治まる。胃酸分泌を抑える薬は胸焼けを防ぐことができる。

また、りんごジュース、クランベリージュースなどに溶かす、ぬるま湯に溶かす、

一般的には3ヶ月服用して、休憩、また再開。改善具合によって判断。

※長期使用は、肝障害を引きおこすことがある。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24602022

肝障害

健常者へのコレスチラミン8gの投与は、一部の被験者で(67人中11人)アラニンアミノトランスフェラーゼレベル(ALT)を3倍増加させ、肝臓のアポトーシスを引き起こす。メカニズムについては不明である。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25086653

ミネラル・脂溶性栄養素の吸収阻害

コレスチラミンは食事からの脂溶性ビタミン、ミネラルレベルを低下させるので、長期に渡る場合、間をおいてミネラルや、脂溶性ビタミン(A、D、E、Kなど)を補給しておいたほうが良いかもしれない。


コレスチラミンによるビタミンD3およびカルシウム吸収への影響

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/4318526


コレスチラミンの長期使用によるビタミンK欠乏

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12688565


コレスチラミンによるマグネシウム、鉄、亜鉛への影響

亜鉛代謝への影響はコレスチラミンによるビタミンD吸収への影響が介在している。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3987479

脂溶性サプリメントの吸収阻害

コレスチラミンは、脂溶性の薬剤、サプリメントにも結合してしまうため、リコード法において摂取するサプリメントの効果が損なわれる可能性がある。

これを防ぐには、脂溶性サプリメントをコレスチラミンとは異なるタイミング(3~4時間あける)で摂取する以外に方法がない。

コレスチラミンの効果

効果が現れる期間

一定の人にはコレスチラミンの服用を初めて一ヶ月以内にVCS検査が改善を見始める。

※摂取前にVCS検査を行い一ヶ月以内に再チェックを行う。

一般的には、最初の週には改善されていることにに気づき、ほとんどの人は一ヶ月後にはかなり良くなっている。早い人では服用を初めて、2週間でCIRSの症状が失くなり改善される人もいる。

生物毒素の量や炎症の問題によっては、長い治療期間が必要になる人もいる。

コレスチラミンは、MRCoNS、VEGF低値、TGFβ1高値、低レベルのCD4CD25細胞は改善しない。

好転反応

好転反応として、CIRSの症状が短期的に強まることがある。

通常は摂取を初めて翌日から数日で減少する。

もし好転反応がそれ以上続けば、一時的にコレスチラミンを停止して、その後一日2回4gで始めてみる。

好転反応が強い場合

MMP9のレベルが著しく高いと、好転反応が起きやすい。

その場合オメガ3脂肪酸と、アミロース除去食を10日間摂取することで軽減することができるかもしれない。その場合6日目にコレスチラミンを再開してみる。

好転反応が続く場合の明確な原因はわかっていないが、シューメーカー博士によると、ライム感染が原因か、MMP9が増加しているか、コレスチラミンで標的することのできない他の感染があるかといった可能性がある。その場合は、また別の対策を立て直す必要がある。

コレスチラミンと相互作用する薬物のリスト

  • ジゴキシン
  • ジクロフェナク
  • ワルファリン
  • セリバスタチン
  • グリピジド
  • トログリタゾ
  • ヒドロクロロチアジド
  • レフルノミド

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17010568

コレスチラミンが除去する毒素

オクラトキシンA

オクラトキシンAに対するコレスチラミンの効果

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10606152

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9482354

シアノバクテリア(マイクロシスチン-LA)

犬にとって一般に致死的であるミクロシスチン中毒に対するコレスチラミン投与は、動物の死亡率を有意に低下させることが示唆される。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23888515

有機塩素系農薬クロルデコン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/6199909

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/74852

過剰T4

www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK279036/

エンドトキシン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/4552124

有機塩素系化学物質 リンダン(ベンゼンヘキサクロリド)

コレスチラミンは活性炭よりも効果的にマウスのリンダン吸収を防ぎ、リンダンによる痙攣、死亡を予防する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7689801