CIRS(慢性炎症反応症候群)発症メカニズムの7ステージ 

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

生物毒素によるCIRS発症機序

 

Biotoxin Illness
      Exposure to biotoxins can induce a cascade of inflammatory events in the body which may lead to chronic illness. An estimated 25% of t...

ステージ1 生物毒性

生物毒素に人が曝露すると、通常は免疫システムによって抗原認識され、肝臓で解毒され血中から取り除かれる。

しかし、HLA-DRハプロタイプの変異体を持っていると、生物毒素を抗原として同定することが難しくなる。生物毒素は身体によって認識されないため、いつまでも体内を循環する。

生物毒素は、体内のあらゆる細胞の表面受容体(Toll受容体など)に結合する。この結合によって、サイトカイン、補体の分裂による生成物、TGF-β1産生、複数の炎症経路の継続的なアップレギュレーションを引きおこす。

生物毒素はまた、神経細胞機能にも直接影響をおよぼすため、視覚コントラストが低下する。

CIRS HLA遺伝子によるカビ毒感受性診断

 

ステージ2 サイトカインへの影響

サイトカインは受容体に結合し、血液中のMMP9放出を引きおこす。放出されたサイトカインは脳内でレプチン受容体と結合し、視床下部の機能低下を引きおこす。

阻害されたレプチン受容体は、MSH(メラニン細胞刺激ホルモン)を産生しなくなる。

毒素によって上昇したサイトカインは、頭痛、筋肉痛、不規則な体温、集中力の低下など、多くの異なる症状を引きおこす可能性がある。これらはMSH低下による影響である。

MSH = melanocyte stimulating hormone(メラニン細胞刺激ホルモン)

CIRS 検査指標・バイオマーカー
CIRS 評価項目 関連記事 CIRS(慢性炎症反応症候群)  概要 CIRS(慢性炎症反応症候群)診断 視覚コントラスト感度試験(VCS) CIRS HLA遺伝子によるカビ毒感受性診断 CIRS 検査指標・バイオマーカー CIRS(慢性炎症

ステージ3 VEGFが減少

サイトカインの上昇が毛細血管において、白血球を引きつけ、血流が制限され、組織中の酸素が低下する。(capillary hypoperfusion 毛細血管の血流低下)

VEGFの減少により、疲労、筋肉痙攣、息切れを招く。

CIRS 検査指標・バイオマーカー
CIRS 評価項目 関連記事 CIRS(慢性炎症反応症候群)  概要 CIRS(慢性炎症反応症候群)診断 視覚コントラスト感度試験(VCS) CIRS HLA遺伝子によるカビ毒感受性診断 CIRS 検査指標・バイオマーカー CIRS(慢性炎症

ステージ4 免疫システムへの影響

免疫作用と関係する特定のHLA遺伝子をもつ患者は、グリアジン(グルテン感受性)、アクチン、アンカ(潰瘍性大腸炎の可能性)、カルジオリピン(血液凝固に影響を及ぼす)などへの免疫応答を引き起こし、疾患を発症する可能性がある。

最悪の被害は、補体系が慢性的に活性化され、高レベルのC4aを生じることにある。

CIRS 検査指標・バイオマーカー
CIRS 評価項目 関連記事 CIRS(慢性炎症反応症候群)  概要 CIRS(慢性炎症反応症候群)診断 視覚コントラスト感度試験(VCS) CIRS HLA遺伝子によるカビ毒感受性診断 CIRS 検査指標・バイオマーカー CIRS(慢性炎症

ステージ5 低MSH

MSH産生が減少すると、メラトニン産生も減少し、睡眠障害を引きおこす。

エンドルフィン産生も抑制され、慢性的な痛みや、一般的ではない痛みを引きおこす。

CIRS 検査指標・バイオマーカー
CIRS 評価項目 関連記事 CIRS(慢性炎症反応症候群)  概要 CIRS(慢性炎症反応症候群)診断 視覚コントラスト感度試験(VCS) CIRS HLA遺伝子によるカビ毒感受性診断 CIRS 検査指標・バイオマーカー CIRS(慢性炎症

ステージ6 抗生物質耐性菌

MSHの減少によって、粘膜上のバイオフィルムに耐性のあるMARCoNS(複数抗生物質耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌)の繁殖が可能になる。

これらの細菌によってもMSHが低下するため、悪循環が続くことになる。

 

ステージ7 下垂体ホルモンへの影響

減少したMSHは、喉の渇き、頻尿、神経媒介性低血圧、低血液量、ADH(バソプレッシン)の下垂体産生の減少(静電気ショックにつながる)を起こすことがある。

性ホルモン産生はダウンレギュレートされるが、下垂体は、初期段階でコルチゾール、ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)産生をアップレギュレートし、その後、異常に低い数値に低下したり、正常範囲であっても低い範囲にとどまる。

CIRS 検査指標・バイオマーカー
CIRS 評価項目 関連記事 CIRS(慢性炎症反応症候群)  概要 CIRS(慢性炎症反応症候群)診断 視覚コントラスト感度試験(VCS) CIRS HLA遺伝子によるカビ毒感受性診断 CIRS 検査指標・バイオマーカー CIRS(慢性炎症
CIRS 検査指標・バイオマーカー
CIRS 評価項目 関連記事 CIRS(慢性炎症反応症候群)  概要 CIRS(慢性炎症反応症候群)診断 視覚コントラスト感度試験(VCS) CIRS HLA遺伝子によるカビ毒感受性診断 CIRS 検査指標・バイオマーカー CIRS(慢性炎症
タイトルとURLをコピーしました