CIRS HLA遺伝子によるカビ毒感受性診断

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

3型 (生物毒素・感染症) リコード法検査機関 リコード法検査項目

概要

HLA-DR遺伝子とは

ヒト白血球抗原(HLA)は第6染色体上に位置する遺伝子で、人体のすべての細胞の表面に存在し、自分の体組織なのか異物であるのかを見分ける免疫系の作用に関わる。

 

http://hla.or.jp/about/detail/

HLAのタイプ 2つの表記方法

アリル型 遺伝子レベルの表記

抗原型 たんぱく質レベルの表記

遺伝子型・ハプロタイプ

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハプロタイプ

染色体は両方の親からの由来の組み合わせで構成されており、この遺伝子の組み合わせを遺伝子型という。

ハプロタイプとは、片親由来の遺伝子の並びであり、対立遺伝子(アレル)の組み合わせの一方のDNA配列のことを意味する。

ハプロタイプは、現在、限定的な意味で遺伝的な変異(一塩基多型)の意味ととしても用いられることが多い。

抗原型タイプ

クラスⅠ A、B、C、キラーT細胞へ提示

クラスⅡ DR、DQ、DP ヘルパーT細胞へ提示

ヘルパーT細胞 = Th1、Th2サイトカインを放出

 

HLA-DR(ヒト白血球抗原-DR抗原)の主な機能は、免疫系に抗原を提示し、免疫系が身体から異物を無力化、除去できるようにすることにある。

「 抗原 ヒト白血球」の画像検索結果

https://blogs.yahoo.co.jp/omkjouzva3653/49925945.html

CIRS

カビ毒と関連する可能性のあるHLA遺伝子は約10個ある。

シューメーカー博士によると、世界人口の25%が、カビ毒感受性の遺伝的脆弱性を持っている。

HLA遺伝子 CIRSと関連するハプロタイプ

多重生物毒素感受性ハプロタイプ 4種

  • 4-3-53
  • 11-3 -52B
  • 12-3-52B
  • 14-5-52B

カビ感受性ハプロタイプ 7種

  • 7-2-53
  • 7-3-53
  • 13-6-52A
  • 13-6-52B
  • 13 6〜52C
  • 17-2-52A
  • 18-4-52A

※CIRS患者の95%が4種+7種のうちのひとつを持っている。

HLA遺伝子と関連する疾病

カビ毒感受性が高い
  • 7-2 / 3-53
  • 13-6-52 A / B / C
  • 17-2-52A
  • 18-4-52A
カビ毒感受性のリスクが低い
  • 7-9-53
  • 9-9-53
  • 12-7-52B
複数の病気に感染する可能性
  • 11-3-52B
  • 12-3-52B
  • 4-3-53
  • 14-5-52B
慢性ライム・ボレリア症感受性
  • 15-6-51
  • 16-5-51
Dinoflagellates(毒性藻類)への感受性
  • 4-7-53
  • 4-8-53
慢性疲労症候群に敏感な患者
  • 4-3-53
  • 11-3-52B
多発性硬化症の感受性が高い
  • 15-6-51
MARCoNSの影響を受けやすい
  • 11-7-52B
ガルジシルワクチン反応の影響を受けやすい
  • 11-3-52B
BorreliaのLymerixワクチンによる慢性疲労の影響を受けやすい
  • 4-3-53(DRB1のサブタイプ0401,0402および0404が最悪)
MSH低値の可能性が高い
  • 1-5
セリアック病の感受性
  • 17-2-52A、B、C
  • 7-2-53
運動機能の亢進、自己免疫性を有する可能性が高い
  • 11-3-52B

HLA-DR遺伝子 対照表

https://www.survivingmold.com/diagnosis/lab-tests

HLA-DR計算機

http://www.myhousemakesmesick.com/hlacalc/

HLA遺伝子検査機関

ライフエクステンション社

HLA-DR カビ感受性関連遺伝子検査

https://www.lifeextension.com/vitamins-supplements/itemlc167120/hla-dr-mold-genetic-testing

生物毒素カビ毒疾患関連の評価(血液検査)

https://www.lifeextension.com/Vitamins-Supplements/itemLC100038/Biotoxin-Mold-Illness-Panel

  • マトリックスメタロプロテイナーゼ-9(MMP9)
  • トランスフォーミング増殖因子ベータ1(TGF-β1)
  • メラニン形成細胞刺激ホルモン(MSH)
  • 抗利尿ホルモン(ADH)
  • 浸透圧

HLA研究所

http://hla.or.jp/

※現在、個人の検査依頼は受け付けていないそうだ。

関連記事

概要
CIRS(慢性炎症反応症候群) 概要
CIRS(慢性炎症反応症候群)概要 CIRS = Chronic Inflammatory Response Syndrome 「知識は力である」 Dr.Shoemaker 関連記事 概要 診断 治療アプローチ CIRS 概要 遺伝的に脆弱な人が、...
CIRS(慢性炎症反応症候群)発症メカニズムの7ステージ 
生物毒素によるCIRS発症機序 ステージ1 生物毒性 生物毒素に人が曝露すると、通常は免疫システムによって抗原認識され、肝臓で解毒され血中から取り除かれる。 しかし、HLA-DRハプロタイプの変異体を持っていると、生物毒素を抗原として同定することが難しくなる。生物毒素は身体によって認識されないため、いつまでも体内を循環す...
診断
CIRS(慢性炎症反応症候群) 診断
CIRS(慢性炎症反応症候群) 診断 概要 カビ毒はほとんどの開業医は認知していないため、診断が可能な症状のある患者が開業医の元に赴いたとしても、通常、病気の存在そのものを疑われたり白眼視されて終わる。患者は医師に頼ることができないため、自らが治療者となる必要がある。 心の病気とされてしまうカビ毒患者 しかし、カビ毒の症状がある患...
視覚コントラスト感度検査(VCSテスト)
概要 VCS = visual contrast sensitivity test 視覚コントラスト感度検査は、コントラストの識別する能力を測定することにより、視神経機能不全を診断するための非特異的な検査として使用される。 生物毒素によって低下する視覚コントラスト能力 生物毒素そのもの、または生物毒素によって生じる炎症反応は、...
CIRS HLA遺伝子によるカビ毒感受性診断
概要 HLA-DR遺伝子とは ヒト白血球抗原(HLA)は第6染色体上に位置する遺伝子で、人体のすべての細胞の表面に存在し、自分の体組織なのか異物であるのかを見分ける免疫系の作用に関わる。 HLAのタイプ 2つの表記方法 アリル型 遺伝子レベルの表記 抗原型 たんぱく質レベルの表記 遺伝子型・...
CIRS 検査指標・バイオマーカー
MSH/メラノサイト刺激ホルモン (重要) 正常範囲:35-81 pg/ml 炎症反応・外来微生物からの防御 MSHは、下垂体で産生されるホルモンであり、炎症反応や外来からの微生物に対して防御する役割をもつ。 レプチンはMSH産生に影響を与えるが、過剰なサイトカインがレプチン受容体に干渉する炎症反応によってMSHレベルは低下す...
治療アプローチ
マイコトキシン カビ毒に対抗する6つの治療戦略
1. カビ毒環境からの離脱・カビ毒の除去 これが一番、実行の難易度としては一番高いかもしれない。なぜならもし建物の水害汚染が原因であれば、生活基盤そのものを大きく変えなければならなくなるからだ。 毒素源が何かによっては、引越し、仕事をやめる、学校を変えるといったことにまでに及ぶ可能性がある。しかし、一番シンプルな解決法であり、もし...
CIRS(慢性炎症反応症候群)カビ毒治療プロトコル 15ステージ
CIRS マイコトキシン治療プロトコル 1. データベースを元に区分診断を行う 一般 ERMI 2以下、またはHERTSMI 2 <10 CIRS-WDB、バイオトキシン病の治療ばく露試験 カビ毒治療後4〜6週間後に、ERMIまたはHERTSMI-2テストを再度行う。 2. ERMI...
マイコトキシン(カビ毒)治療ガイドライン/ by ニール・ネイサンプロトコル
ニール・ネイサン博士の著書「TOXIC HEAL YOUR BODY」による、マイコトキシン治療ガイドラインをまとめたもの。ニール・ネイサン博士とは若干アプローチが異なるCIRSによるカビ毒治療などの情報も追加しているため、書籍の内容を100%反映さでた記事ではない。より詳しく正確な記述については原著を当たってほしい。 なに...
毒素結合剤コレスチラミン 効果・メカニズム・摂取方法・副作用(CIRS、カビ毒、マイコトキシン)
概要 コレスチラミン コレスチラミンのオフラベル使用 コレスチラミンは、FDAに承認されたコレステロールの上昇を抑えるために用いられる。商品名はクエストラン。40年以上の間、何百万人という患者で使用されてきた安全なコレステロール低下薬。 非常に広範囲の生物毒素、化学毒素を除去する作用があり、他の毒素結合剤と比べて強力であること...
CIRS 環境のカビ毒汚染と除去方法
カビ毒・マイコトキシンのクリーニング はじめに 環境カビ毒の専門家 ジョン・バンタ カビは屋外のどこにでも存在し、胞子は家の中にも入り込む。胞子が入り込むことができない家はこの世に存在しない。 カビ胞子は、電気スイッチやコンセントの小さな隙間、エアダクトなどの経路を移動することができる。壁、天井、床などにある亀裂は、髪の毛の厚...