認知症の回想療法 系統的レビュー

強調オフ

ストレス・マネジメント人生の意味・目的社会的交流

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Reminiscence therapy for dementia

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6494367/

要旨

背景

認知症に対する回想療法(RT)に関するコクラン・レビューは1998年に発表され 2005年に更新された。RTでは、写真や音楽などの具体的な指示を用いて、他の人との記憶や過去の経験を話し合うことで、記憶を呼び起こし、会話を刺激する。RTは、さまざまな形式を用いて、さまざまな場面で広く実施されている。

目的

設定(ケアホーム、コミュニティ)やモダリティ(グループ、個人)など、RTの実施の違いを考慮して、認知症とともに生きる人やその介護者に対するRTの効果を評価すること。

検索方法

2017年4月6日にALOIS(コクラン認知症・認知機能改善グループの専門登録簿)を検索用語 “reminiscence “で検索した。

選定基準

認知症に対するRTの無作為化比較試験のうち、介入期間が4週間以上(または6回)で、「無治療」または受動的対照群が存在するものをすべて対象とした。対象としたアウトカムは、生活の質(QoL)認知、コミュニケーション、行動、気分、介護者のアウトカムであった。

データ収集と分析

2 人の著者(LOP と EF)が独立してデータを抽出し、バイアスのリスクを評価した。必要に応じて研究著者に連絡を取り、追加情報を得た。各アウトカムについて報告されている十分に類似したすべての研究からデータをプールした。我々は、設定(地域社会 vs ケアホーム)とモダリティ(個人 vs グループ)によるサブグループ分析を行った。GRアルツハイマー病E法を用いて、各アウトカムのエビデンスの全体的な質を評価した。

主な結果

1972人の認知症患者を対象とした22件の研究を対象とした。メタアナリシスには16研究(1749人)のデータが含まれていた。選択バイアスのリスクがあった6件の研究を除いて、研究全体のバイアスのリスクは低かった。

全体的に中等度の質の高いエビデンスにより、RTは無治療と比較して介入期間直後のQoLに重要な効果はないことが示された(標準化平均差(SMD)0.11,95%信頼区間(CI)-0.12~0.33;I2 = 59%;8研究;1060人の参加者)。研究間の不一致は、主に研究の設定に関連していた。治療後のケアホームでは、おそらくRTの有益性はわずかであったが(SMD 0.46,95%CI 0.18~0.75;3件の研究;193人)地域社会でのQoLにはほとんど差がないか、あるいは全く差がなかった(5件の研究から867人が参加した)。

認知的尺度については、治療終了時の回想に関連して、臨床的重要性は疑わしいが非常に小さな有益性を示す質の高いエビデンスがあった(SMD 0.11,95%CI 0.00~0.23;14件の研究;1219人)が、長期の追跡調査ではほとんど差がないか、あるいは差がなかった。個別に分析した場合、個人の回想とケアホームではわずかな改善がみられたが、地域社会の設定やグループ研究ではほとんど差がないか、あるいは差がなかった。9件の研究では、認知的尺度として広く用いられているMini-Mental State Examination(MMSE)が含まれており、この尺度では、治療終了時の改善の質の高いエビデンスがあった(平均差(MD)1.87ポイント、95%CI 0.54~3.20;参加者437人)。長期追跡調査でも同様の効果があったが、この解析のエビデンスの質は低かった(1.8ポイント、95%CI -0.06~3.65)。

コミュニケーション尺度については、治療終了時にRTの有益性があったかもしれないが(SMD -0.51点、95%CI -0.97~-0.05;I2 = 62%;陰性スコアは改善を示す;6件の研究;249人の参加者)RTのモダリティに関連して研究間で一貫性がなかった。追跡調査では、RTの有益性はおそらくわずかであった(SMD -0.49点、95%CI -0.77~-0.21;4件の研究;204人)。個々のRTについては効果は不確かであり、質の高い証拠が非常に少ない。回想群については、中等度の質の高いエビデンスが、直ちに、およびその後の追跡調査時にわずかな有益性の可能性を示した(SMD -0.39点、95%CI -0.71~-0.06;4件の研究;153人の参加者)。地域社会の参加者は、おそらく治療終了時と追跡調査時に有益であった。ケアホームの参加者については、結果は研究間で一貫性がなく、追跡調査では改善がみられるものの、治療終了時にはエビデンスの質が非常に低く、効果は不確かであった。

認知症の人を対象としたその他のアウトカム領域には、気分、日常活動の機能、焦燥感・憤怒感、人間関係の質が含まれていた。これらの領域では明確な効果は認められなかった。臨床的重要性は不明であったが、個人の回想はおそらくうつ病の尺度においてわずかな有益性と関連していた(SMD -0.41,95%CI -0.76~-0.06;4件の研究;131人の参加者)。認知症患者に有害な影響を及ぼす証拠はみられなかった。

また、ストレス、気分、認知症の人との関係の質(介護者の視点から)など、介護者の転帰についても調べた。認知症の人と共同で回想グループに参加した2つの研究では、長期追跡調査時の介護者の不安に関連した潜在的な有害結果以外に、介護者への影響を示す証拠は見つからなかった。対照群の介護者の不安はおそらくわずかに減少した(MD 0.56ポイント、95%CI -0.17~1.30;参加者数464人)が、この結果は臨床的重要性が不確かであり、効果はほとんどないか、ないかの一致した結果である。

著者の結論

回想介入の効果は一貫性がなく、規模が小さいことが多く、設定やモダリティによって大きく異なることがある。認知症の人には、QoL、認知、コミュニケーション、気分の領域でRTの効果がある。ケアホームでの研究では、QoL、認知、コミュニケーション(追跡調査時)など、最も幅広い効果が示されている。個人RTは、認知と気分に対する有益性の可能性と関連している。グループRTとコミュニティ設定はコミュニケーションの改善に関連していると考えられる。研究間のRT介入の幅が広いため、比較や相対的な有益性の評価が困難である。治療プロトコルは、多くの出版物では十分な詳細が記載されていない。このレビューの前のバージョン以降、RTに関する研究の質の向上は歓迎すべきことであるが、明確で詳細な治療プロトコルに従った、より多くの無作為化比較試験、特に単純なRTと統合的なRTの効果を比較できるようにする必要性がまだ残っている。

平易な言葉での要約

認知症の回想療法
復習問題

私たちは、回想療法(RT)が認知症の人にどのような効果があるのかを調べたいと考えてた。特に、生活の質、コミュニケーション、認知(考えたり思い出したりする一般的な能力)気分、日常生活の活動、人間関係への影響に興味を持ってた。また、介護者への影響にも関心があった。

背景

RTは、過去の出来事や経験を話し合うことを含みます。それは、記憶を呼び起こし、精神活動を刺激し、幸福感を向上させることを目指している。追憶は、しばしばそのようなビデオ、写真やオブジェクトなどの小道具によって支援されている。それは、グループで行われるか、またはそれがしばしば作成されているライフストーリーの本のいくつかのフォームで結果を出すときに、自分自身で人と一緒に行われることができる。RTは、うつ病の高齢者を支援する。うつ病は認知症によく見られることと、認知症の人は最近の出来事よりも遠い過去の記憶力が強いので、認知症の人にも適しているかもしれない。

方法

我々は、RTが無治療と比較されたランダム化比較試験、または一般的な会話に費やされた時間などの非特異的活動と比較されたランダム化比較試験を検索した。検索は 2017年4月までに入手可能なすべての試験を対象とした。

結果

1972人が参加した22の臨床試験がレビューに含まれていることがわかった。参加者全員が認知症を有しており、そのほとんどが軽度または中等度の重症度であった。参加者の中には在宅で生活している人もいれば、ケアホームに入っている人もいた。試験の期間は4週間から2年までと様々で、治療に費やされた時間は3時間から39時間までと様々であった。全体としては、ほとんどの試験がよく実施されていると考えられる。

すべての試験を合わせて見ると、参加者が報告したQOLにRTの効果はなかったようである。しかし、ケアホームで行われた試験では、地域社会で行われた試験では見られなかった治療の効果がわずかにあったと思われる。

RTを受けた人は、治療直後の認知テストでは対照群よりもわずかにスコアが良かったが、数週間から数ヵ月後にはそうではなかった。その効果が重要なほど大きいことは明らかではなかった。この効果は、個人RTを用いたケアホーム研究では最も明らかであったが、集団RTを用いたコミュニティ研究では認められなかった。

コミュニティでの集団RTやRTは、効果は小さいが、治療終了直後の認知症患者のコミュニケーションや交流にプラスの効果がある可能性があり、おそらく数週間から数ヶ月後にも効果があることがわかった。

抑うつ気分を測定する尺度において、個人的なRTがわずかに有益である可能性はあるが、他の転帰、例えば動揺、日常生活の遂行能力、他の人との関係にRTが影響を及ぼすという証拠は見出されなかった。認知症の人自身にRTが有害な影響を及ぼすという証拠は見出されなかった。

家族介護者に対するRTの効果は、共同回想ワークの2つの大規模研究で、介護者がわずかに不安になることが示唆された以外には見られなかった。このタイプのRTでは、介護者も認知症の人も、回想セッションに直接参加していた。

結論

認知症のRTに関する研究の量と質が、前回のレビュー以降、大幅に向上していることがわかり、心強く感じました。私たちは、RTの効果は、与え方やケアホームや地域社会で行われるかどうかによって異なると結論づけた。しかし、認知症の人の生活の質、認知、コミュニケーション、気分を改善することができるという証拠はいくつかあるが、その効果はいずれも小さいものであった。これらの違いを理解し、誰がどのようなタイプのRTから最も恩恵を受ける可能性が高いのかを知るためには、さらなる研究が必要である。

所見の要約

背景

回想法(RT)は1970年代後半に認知症ケアに導入され(Kiernat 1979; Norris 1986)様々な形態をとってきた。最も基本的なものとしては、過去の活動や出来事、経験についての話し合いがあり、通常は具体的な指示(写真や家庭用品、過去の身近なもの、音楽や録音物など)を用いて行われる。最近では、写真、音楽、ビデオクリップのデジタル保存とプレゼンテーションが広く利用されるようになった(Subramaniam 2010)。

回想作業の発展は、通常、1963年のバトラーの初期の作品 “Life Review “にまで遡ることができる。バトラーは、ライフ・レビューを、人が自分の人生を振り返り、未解決の困難や葛藤を含む過去の経験を振り返る自然発生的なプロセスとして説明した。この概念は高齢者のための心理療法に取り入れられ、ライフレビューが誠実さと適応の感覚を促進するのに役立つことを強調している。バトラーの半世紀にわたる仕事は、回想に関する専門家の視点の変化に貢献した。むしろ高齢者の “過去に住んでいる “と、問題として見られるのではなく、回想は、調整の動的なプロセスとして見られていた。これは、人が生きてきた人生の意味を理解し、意味を見つけようとし、人生を反映していると見られているエリクソンの1950年の開発の晩年の段階とよく合っていた。

同じ頃、オーラル・ヒストリーへの関心の高まりは、高齢者の回想がより大きく評価されることを意味していた。英国では、「リコール」テープスライドパッケージ(Help the Aged 1981)の開発により、回想のトリガーがデイケアセンター、ケアホーム、病院で広く利用できるようになり、多くのスタッフが質の異なる何らかの形の回想作業を確立するようになった。また、例えば、ケアホームのラウンジは、その人の人生の初期からリビングルームに似ていたので、より身近に感じられ、自立のより良い維持につながるかもしれないという根拠に基づいて、環境デザインを導くために回想を使用することにも関心があった。

それは、回想の作業は、心理療法から環境の再設計に至るまで、多くの異なる形態を取ることができることは明らかである。回想のさまざまな機能に関する広範な文献があり、数多くの分類システムが提案されている(例:Romaniuk 1981)。アイデンティティを求めることは肯定的な関連性を持ち、苦味、退屈の軽減、喪失に焦点を当てることは精神的健康の悪化と関連している(Ros 2016)。100以上の研究から描画、さまざまな人口の間で、回想の仕事の1つの一般的な系統的なレビューでは、Pinquart 2012は、3つの広範なカテゴリに実施された “治療的な仕事 “の種類を分類した。

「シンプルな回想」は、選択した個人的な記憶や共有された記憶や物語を思い出して共有することを含むもので、

「ライフレビュー」は、構造化された評価プロセスとして見られ、通常は個人的に行われ、時系列的にライフストーリー全体をカバーし、ネガティブな記憶とポジティブな記憶を統合しようとするもので、

「ライフレビューセラピー」は、通常、うつ病やその他の精神的健康障害を持つ人々を対象としており、ネガティブな記憶を再評価し、人生のよりポジティブな見方を促進することを目的としている。

「ライフ・ストーリー・ワーク」は、過去、現在、未来を一緒に描き、物語性のある伝記を開発することに重点を置いたライフ・レビューのような回想ワークの側面を説明するためにますます使用されるようになってきている。ライフ・ストーリー・ブックは、そのような作業から得られる一般的な具体的な成果であるが、ディスプレイ・ボックスのような他のメディアも使用され、その人の人生の重要な要素を描写している。ライフ・ストーリー・ワークは、子どもや若者、学習障害のある人、うつ病の人にも適用されている(Woods 2016)。実施された回想ワークのタイプは、ファシリテーターやセラピストとして行動する人が必要とするトレーニング、監督、サポートのための重要な意味合いを持っている。

ライフレビューを含む回想ワークは、気分が落ち込んだ高齢者に一貫して有用である(Bohlmeijer 2003; Pinquart 2007)。その効果は薬物療法と他の心理社会的アプローチの両方に匹敵する。また、生活の見直しは、高齢者のうつ病の予防(Pot 2010)や、高齢者全般の生活満足度や生活の質(QoL)の向上にも役立つ可能性がある(Bohlmeijer 2007)。また、長期療養環境で生活する気分の落ち込んだ高齢者にも効果が見られる(Zhang 2015)。認知症の人には抑うつ気分の人が多いことを考えると、気分の改善に関連して回想ワークが認知症に役立つ可能性がある。

認知症の文脈では、回想ワークには認知的な根拠があると考えられる。認知症の人は、幼少期の出来事を思い出すことはできても、最近の出来事を思い出すことはできず、同じ日の早い時期の出来事を思い出すことはできないことが多い。認知症の人が新たな学習に困難を伴う場合には、一見保存されている遠隔記憶を利用するのは賢明な戦略であると考えられる。このように本人の認知力とリンクさせることで、コミュニケーションが強化され、本人は自信を持って以前の生活や経験を話すことができるようになるかもしれない。実際、遠隔記憶の研究では、特定の出来事の記憶は比較的保存されていないことが示唆されている。生涯にわたるパフォーマンスは損なわれているが、認知症の人は他の高齢者と同様に「自伝的記憶のこぶ」があり、青年期や青年期の記憶をより多く思い出す(Morris 1994)。記憶の中には、よく練習された、よく練習された項目や逸話が含まれている。中年期の自伝的記憶がほぼ完全に欠如していると、過去と現在の断絶につながり、個人的アイデンティティの明確な感覚を保持することが困難になる可能性がある。認知的観点からは、自伝的記憶とコミュニケーションのレベルが重要な結果として現れる。

認知症の高齢者を対象とした回想ワークに関する最初の研究がKiernat 1979年に報告されて以来、このアプローチは様々な形で広く実施され続けてきた。しかし、研究文献の発展はより遅れている。2005年版のレビューには4件の研究しか含まれておらず、そのうちのいくつかは質の低いものであった。より最近のレビューでは、Cotelli 2012もまた、質の高い研究がないことを強調している。Subramaniam 2012はシステマティックレビューの中で個人の回想ワークに焦点を当て、主にサンプルサイズが小さい5つの無作為化比較試験(RCT)を特定した。これらのレビューでは、「単純な」回想と「ライフレビュー」の区別が、しばしばライフストーリーブックの作成につながっていることが顕著に現れた。単純な回想は個人またはグループ単位で行われるが、ライフレビューは一般的に個人で行われる。家族介護者が認知症の人と一緒に回想グループに参加することは、さらに発展したものであり、単純な回想を利用しているが、既存の関係に影響を与える可能性がある(Bruce 1998; Thorgrimsen 2002)。

このような背景から、今回のレビューの意味合いは以下の通りである。

  • 回想ワークの種類とその目的を明確に定義する必要がある。認知症の人を対象とした回想ワークを考える上で重要なのは、個人が自分のライフストーリーを意味づけすることに焦点を当てた「単純な」回想ワークと、統合的な機能を持つとされる「統合的な」回想ワークとの間の区別である。これは、ワークが個人で実施されるかグループで実施されるかということに関係している。ライフストーリーワークでは通常、その人に特有の記憶の引き金が必要であるのに対し、単純な回想では、より一般的な引き金で十分に広範囲の物語や記憶を引き金にできるかもしれない。
  • 異なる結果の尺度は、回想ワークのタイプとその目的に応じて適切であるかもしれない。潜在的な目的の範囲には、コミュニケーションを強化すること、個人のアイデンティティの感覚を高めること、他の人と一緒に楽しい活動をすること、気分やQoLを向上させること、記憶を刺激すること、ケアの個別化を高めること、またはこれらの組み合わせが含まれる。このリストは、一般的な認知と行動の改善は、おそらく気分の変化の間接的な結果としてのものを除けば、期待される変化の中で最も顕著なものではないかもしれないことを示唆している。
  • 認知症の本人以外の他者への影響も重要であり、特に家族介護者が回想作業に関与している場合には重要である。例えば、ベインズ1987年は、グループセッションに参加するスタッフの知識を調査した。認知症の人に関する知識は、もちろん個別化されたケアの前提条件である。
  • その人の初期の生活の記憶がすべて喜びや幸福の源になるわけではないが、中には苦痛やトラウマになるものもある。このような記憶の想起が起こるかどうかをモニタリングするためには、このアプローチの悪影響を評価する必要があり、もし起こった場合には、特定の治療的状況の中で安全に管理できるかどうかを確認する必要がある。

目的

設定(ケアホーム、コミュニティ)やモダリティ(グループ、個人)など、RTの実施の違いを考慮して、認知症の人とその介護者に対するRTの効果を評価する。

方法

このレビューのための研究を検討するための基準

研究の種類

研究は以下の基準を満たしていなければならない。

  • 認知症とともに生きる人々への介入としてRTを用いたクラスター無作為化試験やクロスオーバー試験を含むRCT。
  • 対照活動は無治療、通常通りの治療、または基本的な社会的接触などの受動的治療であった。
  • 研究は英語で書かれ、査読付き雑誌に掲載されたもの。

研究デザインと結果に関する十分な情報が公表されていない(または後に提供されていない)試験はレビューに含まれたが、メタアナリシスには含まれなかった。詳細は「対象となった研究の特徴」に記載されている。

参加者の種類

我々が対象とした。

  • 参加者は認知症の診断を受けた人であり、できれば精神障害の診断統計マニュアル第4版(DSM-IV)に基づく正式な診断が望ましいが、その他の診断基準も考慮し、適切であれば参加させた。年齢制限はなかった。主な診断カテゴリーはアルツハイマー病と血管性痴呆(VD)であった。分析ではこれらを組み合わせた。
  • 重症度はすべてのレベル。認知症の重症度は、Clinical Dementia Rating (CDR) (Hughes 1982)やMini-Mental State Examination (MMSE) (Folstein 1975)のような標準化された尺度のグループ平均スコアやスコアの範囲によって決定された。
  • 家族や専門の介護者を対象とした研究では、ダイアド(認知症の人とその介護者が一緒にいる)を募集している。
  • 異なる認知症診断に対するRTの効果を調査するために、各診断ごとに特定の対照群を設定した試験は別個の研究として分析した。

除外したもの

  • 認知障害の程度が認知症と診断されない軽度認知障害(MCI)の参加者。
介入の種類
  • 認知症とともに生きる人々を対象とした回想介入(ライフストーリーワークを含む)が、関心のあるアウトカムのいずれかに記載されている研究は、本レビューの対象とされた。関心のあるアウトカムについては、アウトカム指標の種類の項に記載されている。
  • 介入の計画期間が4週間以上か、それより短い期間に少なくとも6回のセッションが提供された場合には、研究が含まれた。RTセッションの最大回数に制限はなかった。
  • 無治療」、「通常通りの治療」、または基本的な受動的対照治療との比較が行われた場合には、研究が含まれた。受動的治療は、例えば、参加者との一般的な会話が行われるセッション数と同等のセッションで構成されていてもよい。他の活動や音楽療法などの治療法との比較は、このレビューでは考慮されなかった。通常通りの治療」とは、標準的な健康管理、または健康またはソーシャルケアサービスの通常の提供に従った活動を意味するものとした。
アウトカム指標の種類
  • 研究では、標準化された測定法、評価尺度、または質問紙を使用していれば、関心のあるアウトカムのいずれかの評価が含まれていた。研究では、認知症患者のアウトカムと介護者のアウトカムの両方のデータを提示することができる。
  • 治療後(通常は介入直後、または介入後1ヶ月以内)と追跡調査(通常は介入後1~6ヶ月)で測定されたアウトカム。
  • 認知症患者を対象とした研究では、介入の効果を長期間にわたって維持することが課題となることが予想されていたため、治療後のデータは、長期の追跡調査では失われたかもしれない即時のアウトカムや変化を特定するために、できるだけ最終セッションに近い状態で収集されることが期待されていた。

参加者の減少と脱落の理由についても言及されている。

認知症の人のアウトカム
主な成果
  • 生活の質
二次的成果
  • 認知
  • コミュニケーションと相互作用。
  • 介護者との関係の質
  • 焦燥感および日常生活動作(日常生活動作)を含む行動。
  • 無気力、不安、抑うつなどの気分関連の転帰。

認知症の人の関心のあるアウトカムは、介入後にこれらのアウトカムに変化が見られるかどうかを判断するために、標準化された尺度を用いて測定された。これには、自己申告による評価、臨床的評価、または介護者によるアウトカムの評価が含まれる。

介護者のアウトカム

これらの文脈での「介護者」とは家族介護者と専門的介護者を指すが、それらはレビューでは別個に考慮された。

  • 気分
  • 介護に関連したストレス/疲労
  • 生活の質。
  • 二重関係に関連した結果
不利益な結果。

過去の記憶を想起する過程で、困難な記憶や感情的な(またはその両方の)記憶がもたらされる可能性があり、ファシリテーターはそれを予測し、敏感に管理すべきである。悪い結果の可能性は、結果の指標で否定的な反応を観察することによってモニターされた。家族の介護者やケアスタッフは、介入とその参加者への影響、および参加者自身への影響について自分自身の認識を持っており、それは介護者が評価したアウトカム指標に反映されるであろう。研究の同定のための

検索方法

電子検索

2017年4月6日にCochrane Dementia and Cognitive Improvement Groupの専門登録であるALOIS(www.medicine.ox.ac.uk/alois)を検索した。使用した検索語は “reminiscence “でした。

ALOISは、米国アルツハイマー病協会からの助成金のおかげで一部作成され、コクラン認知症・認知機能改善グループの情報専門家によって維持されている。ALOISには、健康な高齢者の認知症予防、認知症治療、認知機能向上の分野の研究が収録されている。研究は次のようなものから抽出されている。

  • 主要なヘルスケアデータベースの月次検索。MEDLINE、Embase、CINAHL、PsycINFO、LILACS。
  • 試験登録の月次検索。ISRCTN、UMIN(日本の臨床試験登録)世界保健機関(WHO)ポータル(ClinicalTrials.gov、ISRCTN、中国臨床試験登録、ドイツ臨床試験登録、イラン臨床試験登録、オランダ国家試験登録、その他を含む)。
  • Central Register of Controlled Trials (CENTRAL)の四半期ごとの検索。
  • 6ヶ月に1度の灰色文献の検索。ISI Web of Knowledge Conference Proceedings; Index to Theses; Australasian Digital Theses.

ALOISで検索されたすべての情報源のリストは、ALOISのウェブサイトの「アミロイドβout ALOIS」を参照してほしい。

ヘルスケアデータベース、CENTRAL、会議録からの試験報告の検索に使用された検索戦略の詳細は、Dementia and Cognitive Improvement Groupに関する編集情報内の「レビューで使用された方法」のセクションで確認できる。

追加検索(2017年4月6日)は、レビューのための検索が可能な限り最新かつ包括的であることを確認するために、ALOISのために最後に行われた検索からの時間枠をカバーするために、上記の多くのソースで行われた。検索戦略については付録1を参照のこと。

他のリソースの検索

  • アルツハイマー病協会の図書館。
  • 高齢者心理学部臨床心理学科BPS部門やBPS(英国心理学会)の雑誌に掲載されたレターで、簡単には発見できなかった対照試験(未発表論文など)の情報を求めている。
  • その分野の専門家との個人的な接触。

さらに、すべての論文の参考文献リストを検索してさらなる参考文献を探し、査読者は報告書や試験の参考文献を個人的に所蔵しているものを検索した。また、掲載されているRCTの全著者に手紙や電子メールを送り、出版物に記載されていない重要な情報(例えば、統計情報や無作為化の詳細、またはその両方)の提供を求めた。

データ収集と分析

研究の選択

重複排除の後、2 名の査読者(LOP と EF)が独立して、検索で特定された研究の要旨
と、必要に応じて、検索で特定された可能性のある 研究の原稿を査読した。これらのレビュー著者は、検索によって作成された研究には関与していない。明らかに無関係な研究は除外した。残りの研究の全文を入手し、除外された研究の特徴の表に概説されている理由で除外基準を満たしていない研究を除外した。著者が特定の研究の包含について意見の相違があった場合は、別のレビュー著者(BWまたはAS)に照会し、明確化を図った。同じ研究の複数の報告書を照合し、各報告書ではなく各研究がレビューの関心の単位となるようにした。PRISMAのフロー図(図1)を完成させるために、選定プロセスを十分に詳細に記録した。

An external file that holds a picture, illustration, etc. Object name is nCD001120-AFig-FIG01.jpg

データの抽出と管理

2人のレビュー執筆者(EFとLOP)が独立して、対象となった研究から記述的特徴、研究方法のデータ、研究結果を抽出し、データ収集フォームに記録し、Review Manager 5(RevMan 2014)に入力した。このフォームは 10 件の研究で試験的に使用した。正確性を確認するためにデータを比較した。データが一致しない場合は、1人のレビュー著者(LOP)が両著者のデータを確認し、必要に応じて別のレビュー著者(EF)の同意を得て変更を行った。

各アウトカム指標について、著者は、参加者が介入または研究から除外されたか、または脱落したかにかかわらず、無作為化されたすべての参加者のデータ(すなわち、intention to treat(ITT)分析からのデータ)を取得しようとした。これらのデータが公表されている研究で入手できない場合は、レビュー執筆者は試験を完了した人のデータを求めた。

必要に応じて、試験著者に追加情報を求める電子メールを送った。これに失敗した場合は、ResearchGateを通じて著者に連絡を取った。

含む研究におけるバイアスのリスクの評価

2 人のレビュー執筆者(LOP と EF)が、コクランの「バイアスのリスク」ツール(Higgins 2011)を用いて、各試験のバイアスのリスクを独立して評価した。さらなる情報が必要な場合には、研究著者から追加の情報を得ることを試みた。Cochrane Handbook for Systematic Reviews of Interventions(Higgins 2011)に詳述されている方法に基づき、バイアスの各カテゴリーを「バイアスのリスクが低い」、「バイアスのリスクが高い」、「バイアスのリスクが不明瞭」に分類した。その概要は以下の表1に示されている。メタ解析では、バイアスのリスクが低い試験のみが含まれているランダムシーケンス生成の場合を除き、バイアスのリスクが低いか不明瞭な試験のみが含まれている。バイアスのリスクの評価について意見の相違があった場合は、独立した査読者(AS)に照会して明確化を図った。各試験の方法論的品質に関して総合的な評価を行い、「バイアスのリスク」の表、図2,図3に記載されている。

An external file that holds a picture, illustration, etc. Object name is nCD001120-AFig-FIG02.jpg
バイアスのリスクまとめ:含まれる研究ごとのバイアス項目のリスクについてのレビュー執筆者の判断

An external file that holds a picture, illustration, etc. Object name is nCD001120-AFig-FIG03.jpg
バイアスのリスクのグラフ:バイアスのリスクの各項目に関するレビュー著者の判断を、すべての対象となった研究についてパーセンテージで示したもの。

表1. バイアスのリスク評価表

 

治療効果の尺度

含まれたすべての研究のデータは連続的であった。この種のデータは、ベースラインからの平均変化スコア、平均変化の標準偏差、各評価時の各治療群の参加者数を必要とした。大多数の研究著者はベースラインからの変化スコアを報告していなかった。ベースライン評価とは、無作為化の前に入手可能な最新の評価と定義したが、2ヵ月以上前の評価とは定義しなかった。変化スコアが報告されていない場合、レビュー著者は各時点での各治療群の平均、標準偏差、参加者数を抽出し、必要な要約統計量を手動で計算した。この場合、ベースライン時の測定値と評価時の測定値の間の相関はゼロと仮定した。この方法では、ベースラインからの変化の標準偏差を過大評価してしまうが、メタアナリシスではこの保守的なアプローチが望ましいと考えられる。

メタアナリシスには、特定の転帰を測定するために同じ評価尺度を使用していない可能性のある試験のデータの組み合わせが含まれている。例えば、認知はある研究ではMMSEで測定され、別の研究では自伝的記憶面接(AMI)で測定されていたかもしれない。このような状況では、標準化平均差(SMD;絶対平均差(MD)を標準偏差で割ったもの)が治療差の測定に用いられた。プール試験では、アウトカムを測定するために同じ評価尺度または試験を使用した場合は、MDが使用された。

類似のアウトカムを評価する他の尺度との比較を可能にするために、特定の尺度では変化のスコアを逆にする必要があった。例えば、ある尺度では低スコアが肯定的な結果を示し、別の尺度では高スコアが肯定的な結果を示していたうつ病の尺度では、スコアを逆にする必要があった。

分析単位の問題

クロスオーバーデザインを用いた研究では、無作為化後の最初の治療段階のデータのみが対象となった。

クラスター無作為化を用いた研究で大規模なものがある場合には、1人のレビュー著者(LOP)が、試験の規模を有効なサンプルサイズまで縮小するために、各クラスターの平均サイズ、平均と標準偏差の要約統計量、推定クラス内相関係数(ICC)を抽出した。これは、Cochrane Handbook for Systematic Reviews of Interventions(コクラン・ハンドブック・フォー・システマティック・レビュー・オブ・インターベンション)に記載されているコクラン・ガイドラインに従って実施された。研究の規模が十分でない場合は、これを実施することはできなかった。

クラスター試験は、リクルートバイアス、ベースラインの不均衡、クラスターの喪失、個別無作為化試験との比較可能性など、クラスタリングに関連する追加のバイアスについても評価された。

欠損データへの対応

可能であれば、レビュー執筆者は無作為化されたすべての参加者のデータを抽出した。ITT分析からのデータは、プロトコルごとの分析やコンプライアンス分析よりも優先された。

異質性の評価

異質性の評価は、Chi2統計量とI2統計量の両方を用いて行われた。レビューの著者は、Cochrane Handbook for Systematic Reviews of Interventionsのガイダンスに従って異質性の割合を解釈した(すなわち,0%~40%は重要ではないかもしれない;30%~60%は中等度の異質性を示すかもしれない;50%~90%は実質的な異質性を示すかもしれない;75%~100%はかなりの異質性を示す)。

報告バイアスの評価

利用可能な研究が十分にある場合、著者はファネルプロットを作成し、出版バイアスのリスクを評価した。

データ合成

メタアナリシスでは、固定効果モデルを用いて治療差の全体的な推定値を提示した。試験間の治療効果の高い不均一性を示す証拠がある場合には、ランダム効果モデル(固定効果モデルよりも広いCIが得られる)を使用した。

サブグループ分析と異質性の調査

可能な場合には、環境的文脈または回想介入のタイプ/モダリティに関連した重要な違いを評価するために、サブグループ分析が実施された。異質性の評価は、カイ2検定とI2統計量の両方を用いて実施した。不均質性が高かった場合は、ランダム効果モデル(固定効果モデルではなく)を使用した。

感度分析

必要に応じて感度分析が実施された。例えば、Zarit Burden Interview(ZBI)の介護者スコアをメタ解析する際には、介入への介護者の関与度に応じて感度分析が行われた。

結果の提示と「所見の要約」の表

我々は GRアルツハイマー病E 法を用いて、レビューの各効果推定値の背後にある証拠の質(高、中、低、非常に低)を評価した(Guyatt 2011)。この評価は、含まれる研究におけるバイアスのリスク、研究間の矛盾、効果推定値の不正確さ、レビューの質問に対する間接性、出版バイアスのリスクを考慮に入れて、推定値が真の効果を反映しているという我々の信頼度を示したものである。我々は、以下のアウトカムに対する効果推定値、支持証拠の量と質を示すために、無治療と比較したRTの「所見の要約」表を作成した。

  • 自己報告されたQoL。
  • コミュニケーションとインタラクション
  • 認知
  • きのうこうどう
  • 撹拌
  • 憂鬱気分
  • 介護者ストレス

我々は、このレビューに含まれる回想ワークの 2 つの異なる設定(コミュニティとケアホームの設定)と 2 つの主要なモダリティタイプ(個人的な回想ワークと回想グループ)について、QoL、コミュニケーションと相互作用、認知への影響を要約するための追加の表を作成した。GRアルツハイマー病Epro GDT 2015 (gradeepro.org)を使用して「所見のまとめ」表を作成した。

結果のまとめ

省略 原文参照

考察の様子

主な結果のまとめ

このレビューが最後に更新されて以来、認知症ケアにおける回想に関する研究の量が大幅に増加している(そしてその質も向上している)。明確に定義された介入やプロトコルを用いた大規模な多施設RCTを含めることが可能になった。また、バイアスのリスクが高すぎると評価された研究を除外することも可能となり、検討された研究量を大きく損なうことなく、研究を除外することが可能となった。いくつかのアウトカムについては、メタアナリシスに800人以上の参加者が含まれている。回想ワークの異なる様式や異なる文脈を考慮に入れた分析が初めて可能となった。個人とグループの回想作業をいくつかのアウトカムについて別々に検討することができるようになり、コミュニティ研究はケアホームで実施されたものと区別された。

レビューの主な発見は、研究では回想ワークは認知症患者の幸福度やQoLの改善とは一貫して関連していないということであった。臨床的な重要性は不明であったが、ケアホームでは、地域社会の設定ではなく、回想介入の直後にQoLの測定に有益性があると考えられた。この知見は、異なる国の193人の認知症患者を対象とした3つの研究のメタアナリシスから得られたものである。特筆すべきは、この分析に含まれる5つのコミュニティ研究のうち4つの研究(ケアホーム研究は1つもなかった)では、認知症の人とその家族介護者が一緒に参加する合同グループセッションが介入に含まれていたことである。

回想ワークが認知機能の改善をどの程度予測するかは議論の余地があるが、本レビューでは(認知症患者1219人が参加した14の研究で)回想ワークの直後に認知機能テストでわずかな効果があったことが明らかになったが、その後の追跡調査期間が長くなると持続しなかったという証拠が示されている。個人とグループに分けて分析した結果、個人の回想作業に関連した認知機能の改善は、おそらくわずかであると考えられた。ケアホームでは認知にわずかな効果があったが、コミュニティではなかった。治療終了時の認知に関する全体的な効果の大きさ(SMD)は0.11(95%CI 0.00~0.23)であった;Cochrane Review of cognitive stimulation(Woods 2012b)の比較可能なSMDは0.41(95%CI 0.25~0.57)であった。しかし、2つのレビューでMMSEを使用した研究のサブセットを直接比較すると、600人の参加者が参加した認知刺激の10研究のMDは1.74点(95%CI 1.13~2.36)であったのに対し、437人の参加者が参加したRTの9研究のMDは1.87点(95%CI 0.54~3.20)であった。このことは、2種類の介入間のMMSEについては同等の効果があることを示唆しているが、回想の結果についてはより広いCIがあることを示している。

コミュニケーションと相互作用のアウトカムに関するエビデンスの質は低かったが、臨床的重要性は不確かではあるが、長期の追跡調査ではRTの有益性があったと思われる。関連するアウトカム指標を含む研究の数は少なく(治療終了時に6件、追跡調査時に4件、各ケースで200人以上の参加者)共同(介護者との)回想作業に関する大規模な研究は、この領域の関連するアウトカム指標を持たない研究の中に含まれていた。ここでは、地域社会に根ざした研究では、治療終了時とフォローアップ時に効果があると考えられるが、ケアホームではさらに確実性が低いことが示された。グループでの回想は、コミュニケーションにおける即時のわずかな有益性と、フォローアップ時の臨床的に重要な範囲内での有益性とが関連していたが、(小規模な研究では)個人での回想作業の結果にはかなりの不確実性があった。

認知症のない高齢者の抑うつ気分に対する回想の効果についてのエビデンスは多数あるが(例:Bohlmeijer 2003; Pinquart 2007)本レビューでは認知症の人の気分の改善に関連しているのは個人的な回想のみであり、効果の大きさ(SMD -0.41)は比較的小さく、臨床的重要性は不確かであった。認知症の人の他のアウトカムとの関連では、回想ワークに関連した有益性は示されなかった。認知症患者の機能レベル、過敏性や焦燥感の程度、家族介護者との関係の質に対する本人の評価などである。家族介護者が回想セッションに全面的に参加した共同回想ワークの大規模研究がいくつか含まれているにもかかわらず、家族介護者にとって、介護に関連したストレスの軽減、ウェルビーイングとQoL、介護者の気分、認知症の人との関係の質の評価に関連した利点はないことが明らかになった。唯一の例外は、88人が参加した単一のケアホームの研究で、家族介護者は、治療直後と6ヵ月後の追跡調査の両方で、親族が回想グループに参加した後、おそらくストレスを感じにくくなったと考えられている。興味深いことに、この研究は家族介護者の転帰を調査した唯一の研究であり、共同回想作業に焦点を当てていない。REMCARE(認知症の人とその家族のCAREgiversのためのReminiscenceグループ)試験(Woods 2012a)では、介護者の不安に否定的な影響があることが示唆されていたが、これは共同追想ワークに関するいくつかの研究のデータを組み合わせた分析では、7ヵ月後の追跡評価で介護者の不安(臨床的重要性が不明な差)がわずかに高かったことがある程度明らかになっている。1つの質的研究では、共同回想グループに参加している介護者の間で不安が増大している潜在的な要因を探っている(Melunsky 2015)。その研究では、グループで学んだことが自宅で改善されなかった場合、介護者は失望感を感じる、認知症が進行している人に会うことで将来への不安が増す、グループで学んだスキルを実践できないことへの罪悪感が増す、などの問題点が明らかになった。これらの否定的な側面は、介護者がグループに参加したことで自分自身や認知症の人のために肯定的な経験をしたという多くの報告の中にあった。

全体的な証拠の完全性と適用可能性

現在では、一般的な回想ワークに関する結論を導き出すのに十分な証拠があるが、異なるタイプの回想ワークを完全に検討することは依然として困難である。例えば、個人の回想ワークの研究は小規模でケアホームで実施される傾向があるため、個人とグループのアプローチの間で成果に違いがあるかどうかを確かめることはできなかった。これに関連して、我々の分析では、単純な回想ワークと統合的な回想ワークを区別することができなかった。いくつかの研究では、非常に明確に公表された治療プロトコルに従っているが、他の研究では介入の詳細の報告はあまり完全ではなく、個人とグループの回想との区別さえもすぐには明らかではない。

認知症患者の特徴については、より良い転帰と関連していると思われる証拠はほとんど出てこないが、地域社会ではなくケアホームでは回想がQoLに強い影響を与えるという示唆は例外である。いくつかの分析で明らかになった高いレベルの不均一性によって示された程度(および変化の方向性)には、研究間で明らかな違いがある。しかし、これらの違いの多くはまだ説明されていない。アルツハイマー病のみを対象とした研究もあれば、VDのみを対象とした研究もあり、あらゆる認知症を対象とした研究もあった。認知症のタイプに関連した転帰に明確な違いはなく、同様に認知症の重症度の影響もほとんど示されていない。

単純に「用量」に関連した効果があるとは考えにくいが、回想活動に最も多く参加した研究では、肯定的な知見が最も少なかった(Amieva 2016; Charlesworth 2016; Woods 2012a)。しかし、研究の中では「用量」効果が働いている可能性がある。コミュニティの設定では、回想介入を受けるために無作為化された人々のかなりの割合がグループに参加していなかったことは明らかである。例えば、Woods 2012aでは、参加者の11%が1回の回想セッションに参加しておらず、25%以上が3回以下のセッションに参加していた。Charlesworth 2016年の研究では、さらに大きな割合の参加者(43%)が回想セッションに参加していなかった。我々のプロトコルに沿って、本レビューではITTの結果を分析に含めた。これらのグループは様々な理由から、すべての認知症患者とその介護者が参加しているわけではないことを知ることは重要であるが、その結果は回想の直接的な効果を過小評価しているに違いない。例えば、コンプライアンス分析では、Woods 2012aは、治療終了時に認知機能(AMI-E PSS)の改善を示し、長期追跡調査ではQoL(欧州生活の質5次元;EQ-5D)と関係性の質(QCPR)の改善を示したが、介護者ストレス(RSS)の増加を伴っていた。対照的に、Charlesworth 2016では、出席とアウトカムの間に関係はないと報告している。

エビデンスの質

前バージョンの本レビューが実施されて以来、対象となった研究の質には全体的に大きな改善が見られた。現在では、認定された臨床試験ユニットの監督下にあり、質保証手順と十分に開発された遠隔無作為化手順を有する大規模試験を含めることができるようになった。

しかし、より一般的には、試験の詳細が過少に報告されていたため、多くの著者が無作為化や割り付けなどの追加情報を求めて連絡を取らなければならず、いくつかの研究はバイアスのリスクがあるために除外された。

バイアスのリスクは、RTのような心理社会的介入の性質から生じるものもある。参加者と介護者は介入を受けていることを認識しており、一般的には単一盲検化が目的であり、評価者は治療配分を盲検にしている。しかしながら、例えばケアホームのスタッフによって完了した評価は盲検化されていない場合があり、評価者の盲検化は、参加者や介護者が治療介入を受けたことを示す表示を提供することによって損なわれる場合がある。Woods 2012aのような研究では、バイアスの程度を推定できるように、参加者がどのグループにいるか、およびその判断の確実性の程度を評価者に示すよう求めている。参加による利益への期待や、積極的な治療に割り振られなかったことへの憤りが生じる可能性があり、追加のバイアスが生じる可能性がある。治療への期待は、もちろん、全体的な「治療パッケージ」の一部として、実際的な試験の文脈で見られるかもしれない。

レビュープロセスにおける潜在的なバイアス

検索戦略は可能な限り包括的に行い、さらなる研究を特定するために、その分野の専門家に相談した。2人のレビュー著者(LOPとEF)が独立して研究の選択、データ抽出、バイアスのリスク評価を行い、意見の相違は著者への連絡やレビュー著者チームの他のメンバーとの協議によって解決した。今回のレビューでは、結果から改善が確認されたか否かに関わらず、プロトコルに詳述されているすべてのアウトカムが含まれていた。含まれた研究は、RTに関する世界中で実施された研究の偏ったサンプルである可能性があることを認めなければならない。成功」しなかった(すなわち、期待されていた肯定的な結果が得られなかった)試験は、発表される可能性が低いかもしれない。これは、特に小規模な試験ではそうであろう。臨床試験の事前登録やプロトコルの公表は歓迎すべき傾向であるため、資金が十分にある大規模な臨床試験では、将来的にこのようなことが起こる可能性は低くなる。ここでのメタアナリシスは、肯定的な知見(例えば、Charlesworth 2016; Woods 2012a)を報告していないいくつかの大規模な試験によって強く影響を受けているが、これらは、コミュニティの設定で、グループアプローチの両方であった。我々のケアホームと個人の回想の所見は、おそらく出版物のバイアスの影響をより強く受けている可能性がある。治療終了時の認知のファネルプロットでは、いくつかの非対称性が示された(図8)が、これは主に小規模で質の低いコミュニティ研究では肯定的な所見が得られ、ケアホーム研究では対称的なパターンが得られたことに起因する。我々のアウトカムのほとんどについては、意味のある漏斗図をプロットするには、含まれている研究が少なすぐ。

 

比較のファネルプロット:1回想療法対無治療、アウトカム。1.5 治療後の認知(全体)。

ADAS-Cog. AMI-PSS: Autobiographical Memory Interview ・Perceived Stress Scale; AMI-E-PSS: Autobiographical Memory Interview Extended Version ・Perceived Stress Scale; MMSE: Mini-Mental State Examination。

他の研究やレビューとの一致・不一致

今回のレビューと重複する5つのレビューを確認した。

Cotelli 2012では、218人が参加した7つのRCTが含まれており、そのうちの3つが今回のレビューに含まれていた。彼らは、気分や認知機能に対する効果をいくつか確認したが、「試験数が非常に少なく、質が低いことが多い」と指摘している(2つの試験はバイアスのリスクを理由に本レビューから除外された)。このレビューは、最近の試験の質と規模の向上に先行しているように思われる。

Subramaniam 2012は個人の回想ワークに焦点を当て、5つのRCTを特定し、そのうちの3つが今回のレビューに含まれていた。彼らは一貫したパターンが出現していると結論づけ、「人生の振り返りプロセスを含む個人の回想ワーク、特定の記憶の引き金を使用し、人生の物語の本の制作に結果が出る」研究は認知症の人々に肯定的な心理社会的転帰をもたらすとした。対照的に、回想がより一般的な場合には、有効性のエビデンスは明らかではなかった。残念ながら、この初期の結論を確認するための統合的な回想の研究はまだ不十分である。

Kwon 2013は10の研究を含むメタアナリシスを報告している。含まれている研究は参照されていないため、比較は困難であった。彼らの結論は、回想は認知、抑うつ、QoLにプラスの効果があり、いずれも効果の大きさは大きいが、問題行動には効果がないというものであった。

Testad 2014は、ケアホームの認知症患者に関連したより広範なレビューを報告しており、RTはいくつかの心理社会的介入の一つとして含まれている。彼らはRTを含む6つの研究が含まれており、そのほとんどは現在のレビューのための包含基準を満たしていなかった(例えば、3つはRCTではなかった)。著者らは、回想は気分の改善と関連していると結論づけたが、その他のアウトカムに関する一貫したエビデンスはなかった。

Huang 2015では12の研究が含まれ、1325人が参加した。認知と抑うつ気分が主なアウトカムとして研究され、それぞれ9件の研究がメタアナリシスに貢献した。現在のレビューと同様に、認知に対する効果の大きさは小さい(SMD 0.18,95%CI 0.05~0.30)が、現在のレビューとは異なり、抑うつ気分に対する効果は中等度であった(SMD -0.48,95%CI -0.70~-0.28)。気分に対する効果はコミュニティよりもケアホームでの方が大きかったという証拠があり、これは我々の結果と一致している。特筆すべきは、Huang 2015年のレビューに含まれていたコミュニティ研究はすべて本レビューに含まれていたが、含まれていたケアホーム研究には違いがあり、これは除外基準が異なっていたこともあるが、中国語で発表された研究を含めることができたことも理由の一つであった。一般的に、今回のレビューでは、他のレビューよりも厳しい品質基準を採用し、異なるモダリティや設定にまたがって、かなり多くの研究を含めることができた。

著者の結論

実践への示唆

この最新のレビューでは、回想療法(RT)が認知症患者の転帰を改善することが示されているが、その効果は一貫性がなく、規模が小さいことが多く、設定やモダリティによって大きく異なることがある。ある程度の効果が確認されているアウトカムは、認知機能、コミュニケーション/交流、生活の質(QoL)気分である。しかし、効果は、異なる種類の回想作業(グループまたは個人、家族介護者の関与の有無)や、異なる文脈(ケアホームまたはコミュニティ)において、特にQoLが結果である場合には一貫していない。QoLに関連するエビデンスは、ケアホームで最も有望であり、気分に関連するエビデンスは、個人のRTで最も有望である。

RTは現在、信頼できるエビデンスに基づいた生態心理社会的介入として認知刺激と並んで見ることができる。個人やグループでのアプローチにはいくつかの支持があるが、認知症の人と一緒に家族を巻き込んだ共同回想グループワークの2つの大規模でよく実施された英国での研究は、最小の効果を示した研究である。個人ワークには、ライフストーリーブックのような形で、人を中心としたケアを強化するためのプラットフォームを提供するという潜在的な利点がある。しかし、これまでのところ、グループワークよりも明らかに優れていることは証明されていない。

英国で行われた2つの共同回想ワークの研究では、参加者が少なかったことから、いくつかのアプローチの一つとして提供することを検討すべきであることが示唆されている。提供される場合でも、社会的なグループで共有された経験を「その場」で楽しむことを超えた利益は、一般的な成果として期待されるべきではない。

様々な研究で見られる回想へのアプローチの多様性は、個人とグループの両方でアプローチをより容易に共有し、共通のアプローチを開発できるように、マニュアルやトレーニングを開発する必要があることを示唆している。良好な実践を共有し、実施に必要なトレーニング、サポート、リソースの理解を助けるために、回想の異なる機能と異なるタイプの回想ワークが認識されることが不可欠である。

研究への影響

回想ワークに関連した研究課題は、このレビューで強調された矛盾や不確実性のいくつかに対処し、回想ワークの機能や種類の違いをより完全に反映させ、特定する必要がある。従来のライフストーリーブックまたはデジタルライフストーリーブックを作成し、個々の統合的な回想ワークの大規模無作為化比較試験(RCT)は、無作為化と割り付けの隠蔽の詳細にもっと注意を払って、小規模な研究からの有望な結果がより大きなプラットフォームで再現できるかどうかを実証するだろう。このような研究では、より詳細な結論を導き出すために、ケアホームや地域社会で認知症の人たちが十分に含まれていて、さまざまな重度の障害を持つ人たちが含まれている必要がある。また、回想作業が人を中心としたケアを推進し、人の伝記が計画と行動のための豊富な情報源となるように、どの程度の研究が必要である。

デジタル回想作業への関心は高まっているが(Subramaniam 2010; Subramaniam 2016など)現在までのところ、今回のレビューに含まれる基準を満たした研究はない。これは、介入を開発し、その効果を明らかにする上で、より多くの研究が正当化される分野であることは明らかである。

これまでの研究では、設定された回数の回想セッションの前後に実施された測定で、グループを超えた変化を強調している。回想セッションの中で認知症の人(とその介護者)の経験をより重視することが有用であろう。各セッションはそれ自体は楽しい経験であるが、持続的な効果はもっとつかみどころのないものであってもよいのではないだろうか?Brooker 2000はDementia Care Mappingという観察的手法を用いて、認知症の人が他の活動に参加するよりも簡単な回想グループに参加した方が幸福度が高いことを実証しているが、この「その場」での評価アプローチは有用である。

最後に、かなりの数の人が回想の介入を受けていないことを考えると、誰がなぜ受けているのか、どのようなアプローチがどの人にとって有益なのかを明確にして、個人に合わせた介入の調整ができるようにするための研究が有用であろう。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker