サプリメントの中止・休薬

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

サプリメントの中止・休薬

アルサプ認知症回復プログラム はじめに

アルサプ認知症回復プログラム 効果・効能

アルツハッカーサプリメント 副作用・有害事象

アルツハッカーサプリメント 休薬

アルツハッカーサプリメント 摂取・保管

サプリメントの費用を削減する8つの提案

簡易

アルサプ認知症回復プログラム スケジュール・購入<簡易>日本国内

アルサプ認知症回復プログラム スケジュール・購入<簡易>海外在住者向け

標準

アルサプ認知症回復プログラム<標準> スケジュール

アルサプ認知症回復プログラム<標準>+<オプション> 購入リスト

症状の悪化は遅れてやってくる

サプリメントの摂取を始めていきなりすぐにあらゆることが良くなるわけではないように、サプリメントを一時的に止めてすぐに症状が悪化することはめったにない。

悪化が見られないから止めても大丈夫だと判断する方が多いが、少なくとも症状の有無で判断することは間違っている。(認知症の病理学的な進行が発症前に数十年かけて進行していたことにまったく気が付かなかったことを改めて思い出してほしい)

止めたいサプリメントがある場合は、その栄養に関する検査を行うこと。止めても検査値が最適値を下回らなければ、サプリメントを中止しても問題ない。検査値が過剰であれば当然中止する必要もある。

 

すでに上記文献において提示したように、アルツハイマー病を一度発症してしまっている場合、患者さんの栄養欠乏は健康な人の栄養プロファイルととは大きく異なることがわかっている。

そのため特定の栄養素を止めてしまうことは、長期的に認知機能の低下につながるリスクが増大する。そして一度低下してしまうとそれを取り戻すことは非常に難しくなる。

その判断を体感で行うのは危険極まりない、中止の判断は検査の最適値でのみ可能だ。

※体感に現れやすいサプリメント(グルタチオン・ケトンサプリメント等)一部例外はある。

休薬日・休肝日

慣れてきたら週に一回は休薬日+少食日を設けると良いかもしれない。

いくつか方法があり、相対的にハーブ類が肝臓腎臓へ負荷がかかりやすいため、

・ハーブ類だけを24時間休止する方法

・食事からの摂取用量を大きく超えるサプリメント類、ビタミンC、ビタミンB、ユビキノール、PQQ、αリポ酸も24時間止める方法

・朝のサプリメントだけを抜いて、半日断食の12~16時間を休肝日と重ねる。

・すべてのサプリメントをまとめて24時間休止する。

・ホルモン類を摂らない「ホルモン休日」リコード法で用いられるホルモンは認知機能の増強などに有用だが、長期的な投与による安全性の証拠は欠けている。特に高用量。そのためリスク軽減としてホルモン類だけを週1または週二で休止してみるのもありだろう。(ホルモンにはメラトニン、プロゲステロン、エストラジオール、DHEA、プレグネノロン、テストステロン、T3、T4などがある)

 

もともとの肝機能や腎機能の働きで判断してもいいかもしれない。

休肝日はサプリメントだけでなく、食事量も少なめする。

食事内容によって食事量を減らすほうがより腎臓、肝臓機能の休息に効果的だろう。

タンパク質の摂取を控える日を週一日程度もうけるのも悪いアイディアではない。

肝機能に問題がある場合は、休肝日を週二日取り入れても構わない。

サプリメントの一時休止

また、サプリメントを止めることとなった場合、いきなりピタッと止めるのではなく徐々に減らしていく。

特にビタミンB、ビタミンC、ユビキノール、PQQなど、通常の食事量よりも多く摂取しているサプリメント類はゆっくりと一ヶ月以上かけて減らしていく必要がある。

ただし、取り出して明らかに有害な症状が見られた場合はすぐに摂取を中止する。

十分な水分を摂取する(重要)

また、サプリメントを飲んで気分が悪くなった、肝臓腎臓の数値が悪化した、という方のほとんどが、少量の水で多くのサプリメントを摂取したケース(特に空腹時)であるようだ

サプリメントと一緒に飲む水は最低でも200ccは確保してほしい。

ただ食事で摂取する水分量やサプリメントの摂取タイミングによっても異なるため、そのあたりは各自で適宜調整してほしい。

摂取量はリスト上のサプリメントの量から換算しているため、サプリメントメーカーが異なると錠剤の数も異なる可能性があるので注意すること。

医薬の休止・休薬

アリセプト、ガランタミン、リバスチグミン

リコード法では、病院などで処方されるアリセプトやメマリーなどのアセチルコリンエステラーゼ阻害剤(AChE阻害薬)は、今までに摂ったことのない人が始める場合、慎重な判断を求められている。

ここを「リコード法ではアリセプトの類は摂取してはいけない」という理解をしてしまう方が多く、リコード法を始める際これまでずっと摂ってきたアリセプトなどをいきなり止めてしまい悪化を見せるケースがとても多い。

中止の仕方にも問題があるのだが、そもそもAChE阻害薬を中止するかどうかは非常にむずかしい判断だ。

まずはリコード法に理解のあるお医者さんに相談して、中止する選択をしたのならごく少量ずつ半年かけてやめるぐらいのスピードでゆっくりと減薬していくこと。

段階的な減薬は原則引き算ではなく、割り算的に減らしていく。

一例

☓ 16→12→8→4→0

○ 16→12→8→6→5→4→3→2.5→2→1.6→1.3→1

少量の摂取方法

数値によっては分割が難しくなる。その場合は乳鉢などで粉末にして、例えばさつまいも粉などに混ぜて粉末として摂取する。

仮にアリセプトが8mgだとすれば、しっかりと潰して粉にしたものを8gのさつまいも粉に混ぜれば、1gが1mgとなり、1.3gであれば1.3mgとなる。

0.01g単位で計測できる測りがamazonなどで1500円くらいで販売されている。

PPIの段階的中止

PPIの認知症リスクへの影響は論争中だが、リコード法ではPPI(プロトンポンプ阻害剤)、H2ブロッカーなどの胃酸分泌抑制薬の摂取は推奨されていない。

PPIの認知症におけるメカニズム

Proton Pump Inhibitors and Dementia: Physiopathological Mechanisms and Clinical Consequences
Alzheimer's disease (AD) is the most common type of dementia, mainly encompassing cognitive decline in subjects aged ≥65 years. Further, AD is characterized by

そのため、服薬を中止する患者さんがいるが、突然中止するとそれまで抑えられていた胃酸分泌がリバウンドによって過多になる可能性がある。

そのことによって胸焼けや胃酸の逆流、消化不良症状が4~8週間続くかもしれない。(無症候性の人もいる)

特に、長期間高用量のPPIを摂取していた場合では特にそういった副作用のリスクは高まるため、お医者さんに相談して4~12週間かけて徐々に止めていくこと。

※段階的中止についての明確な証拠はまだないため、PPIの中止に際してお医者さんの側で段階的中止の指示はなされないかもしれない。

PPI中止のフローチャート(英語)

http://www.open-pharmacy-research.ca/wp-content/uploads/ppi-deprescribing-algorithm-cc.pdf


高齢者におけるPPIの段階的中止は、リバウンドの胃腸症状を予防し、もっとも有効なPPI用量を特定するための合理的なアプローチであり得る。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5491197/

プロトンポンプ阻害薬の中止後の消化不良症状 二重盲検プラセボ対照試験
Dyspeptic symptom development after discontinuation of a proton pump inhibitor: a double-blind placebo-controlled trial - PubMed
A 4-week course of pantoprazole seems to induce dyspeptic symptoms in previously asymptomatic healthy H. pylori-negative subjects. The correlation between sympt

胃炎への対処

リコード法ではPPIなどの使用は非推奨であるため、中止された方が過剰な胃酸分泌により胃炎を起こすケースが散見される。

慢性胃炎の要因

ピロリ菌、ストレス、アスピリン、NSAIDs、喫煙、アルコール、酢酸、

胃粘膜保護効果を有するハーブ

妙案を持ち合わせているわけではないが、いくつか胃炎の保護作用を有するハーブ・サプリメントを記載しておく。

アスタキサンチン

Ulcer preventive and antioxidative properties of astaxanthin from Haematococcus pluvialis - PubMed
The anti-ulcer properties of astaxanthin fractions such as total carotenoid and astaxanthin esters from Haematococcus pluvialis were evaluated in ethanol-induce

生姜抽出物(ピロリ菌の阻害効果)

Gastroprotective Effect of Ginger Rhizome (Zingiber officinale) Extract: Role of Gallic Acid and Cinnamic Acid in H(+), K(+)-ATPase/H. pylori Inhibition and Anti-Oxidative Mechanism - PubMed
Zinger officinale has been used as a traditional source against gastric disturbances from time immemorial. The ulcer-preventive properties of aqueous extract of

ピペリン(黒胡椒は胃酸分泌を促進する可能性)

Black pepper and its pungent principle-piperine: a review of diverse physiological effects - PubMed
Black pepper (Piper nigrum) is one of the most widely used among spices. It is valued for its distinct biting quality attributed to the alkaloid, piperine. Blac

ブラッククミン(有効成分thymoquinone)

Gastroprotective effect of an aqueous suspension of black cumin Nigella sativa on necrotizing agents-induced gastric injury in experimental animals - PubMed
These findings validate the use of Black seed in gastropathies induced by necrotizing agents. The anti-ulcer effect of NS is possibly prostaglandin-mediated and
Gastroprotective activity of Nigella sativa L oil and its constituent, thymoquinone against acute alcohol-induced gastric mucosal injury in rats - PubMed
Both NS and TQ, particularly NS can partly protect gastric mucosa from acute alcohol-induced mucosal injury, and these gastroprotective effects might be induced

クルクミン(胃癌細胞の増殖の阻害と浸潤抑制効果)

Curcumin suppresses proliferation and invasion in human gastric cancer cells by downregulation of PAK1 activity and cyclin D1 expression - PubMed
Curcumin (diferuloylmethane), is a natural chemopreventive agent known to inhibit the proliferation of several cancer cell lines. It has been previously demonst

イチョウ葉抽出物(エタノール誘発性潰瘍への保護作用)

Protective effects of Ginkgo biloba extract on the ethanol-induced gastric ulcer in rats - PubMed
The finding of this study showed that GbE significantly inhibited the ethanol-induced gastric lesions in rats. We suggest that the preventive effect of GbE may

シナモン

シナモンは一酸化窒素(NO)の過剰産生が胃炎に影響している場合、NOを除去することで胃粘膜損傷の保護効果をもちうる。

ローズマリー、タラゴン、オレガノ、バジル、マジョラム、オールスパイス、タイムは、活性させるので、注意が必要。

Spices, herbal xenobiotics and the stomach: Friends or foes?
Spices and herbal remedies have been used since ancient times to treat a variety of disorders. It has been experimentally demonstrated that spices, herbs, and t
タイトルとURLをコピーしました