RCT

RCT

マスク、メカニズム、COVID-19:パンデミック政策立案における無作為化試験の限界

Masks, mechanisms and Covid-19: the limitations of randomized trials in pandemic policymaking オンラインで公開2021年3月25日 Seán M. Mullerccorresponding author 要旨 SARS-Cov...
RCT

ランダム化比較試験の理解と誤認

Understanding and misunderstanding randomized controlled trials 2018年8月 Angus Deaton Nancy Cartwrightde ハイライト 無作為化はどの単一の試験においても交絡因子のバランスをとることはできない。 偏りの...
RCT

無作為化比較試験における挑戦的な問題

Challenging issues in randomised controlled trials 2010年7月 概要 このトピックの目的は?無作為化比較試験(RCT)は、治療と結果の間に因果関係が存在するかどうかを判断する最も厳密な方法であり、現在の臨床実践を導く証拠の階層に不可欠な要素である。RCTを成功...
統合医療・精密医療

エビデンスに基づく医療と個別化医療は共存できるか?

Can Evidence-Based Medicine and Personalized Medicine Coexist? ファーストオンライン:2020年7月1日 概要 エビデンスに基づく医療(EBM)とは,入手可能な最善のエビデンスに基づき,臨床の専門知識や患者の価値観と組み合わせて医療介入を行うことを目的とした医...
研究方法

エビデンスに基づく実践における経験の役割

The Role of Experience in an Evidence-Based Practice 日付 2012年6月13日座談会ID:GM96328引用:Med Roundtable Gen Med Ed: Med Roundtable Gen Med Ed. ; 1(1): 75 - 84. 概要 要約 議...
統合医療・精密医療

臨床試験:精密医療にはより正確なエビデンスが必要

Klinische Studien: Genauere Evidenz für Präzisionsmedizin notwendig 無作為化比較試験では、個々の患者に関する利用可能な知識を除外する必要がある。そのため、精密医療の出現により、エビデンスの階層に4つ目のレベルを加えることが必要になっている。 はじめに 連...
RCT

無作為化試験に失望する5つの理由

Five good reasons to be disappointed with randomized trials チャド・E・クック &チャールズ・A・ティグペン 背景 無作為化比較試験(RCT)は、非常に高いレベルのエビデンスを示すことが認められており、エビデンスに基づくピラミッドの頂点に近い憧れの位置を...
RCT

無作為化比較試験の考察

Reflections on Randomized Control Trials アンガス・ディートン、ナンシー・カートライト プリンストン大学、NBER、南カリフォルニア大学 ダーラム大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校 プリンストン大学, Princeton, NJ 08544, USA はじめに ...
RCT

ランダム化比較試験におけるメカニズムと不確実性 Deaton and Cartwrightの解説

Mechanisms and uncertainty in randomized controlled trials: A commentary on Deaton and Cartwright 2018年8月 Etsuji Suzukia,b,∗, Tyler J. VanderWeelea,c 1. 生物医学お...
RCT

ランダム化比較試験主義者が(引き続き)支配するべきなのか?

SHOULD THE RANDOMISTAS (CONTINUE TO) RULE? マーティン・ラバリオン ナショナル・ビューロー・オブ・エコノミック・リサーチ マサチューセッツ・アベニュー1050 ケンブリッジ, MA 02138 2020年7月 概要 開発アプリケーションにおける無作為化比較試験(RCT...