キノコ

キノコ

日本人高齢者におけるキノコ摂取と認知症発症率 大崎コホート2006年研究

Mushroom Consumption and Incident Dementia in Elderly Japanese: The Ohsaki Cohort 2006 Study 概要 背景 生体内試験および試験管内試験の研究では、食用キノコが認知機能障害の予防効果を持つ可能性があることが示されている。しかし、食用キノ...
食品

エルゴチオネイン(キノコ成分)の認知機能活性 研究者向け 認知症・パーキンソン病など

Ergothioneine-Cognitive-Vitality-For-Researchers Cognitive Vitality Reports®は、アルツハイマー病創薬財団(ADDF)の神経科学者によって書かれたレポートである。これらの科学的レポートには、薬剤、開発中の薬剤、ターゲット、サプリメント、栄養補助食品...
キノコ

きのこの摂取と軽度認知障害との関連 シンガポールにおけるコミュニティベースの横断的研究

The Association between Mushroom Consumption and Mild Cognitive Impairment: A  ommunity-Based Cross-Sectional Study in Singapore 要約 シンガポールで実施された Diet and Healthy Ag...
食品

認知機能改善効果をもつ6つのキノコ

キノコ・マッシュルーム(認知症・アルツハイマー) ヤマブシタケ(ライオンズメーン)/Hericium erinaceum 作用機序 学名:Hericium erinaceum ・血清および視床下部のアセチルコリン、アセチルコリンを賛成する酵素(コリンアセチルトランスフェラーゼ)の両方の濃度を高める。 ・空間的な短...