2021-02-25

適応外薬

アルツハイマー病におけるリファンピシンの治療的役割

Therapeutic role of rifampicin in Alzheimer's disease 2018年2月10日 要旨 リファンピシンは複数の実験モデルにおいて有意な脳保護機能を発揮する。ここでは、リファンピシンの抗炎症作用、抗タウ作用、抗アミロイド作用、コリン作動性作用を介した神経保護作用、認知促進作用...
1型(炎症性)

アルツハイマー病の中心的なメカニズムとしての炎症

Inflammation as a central mechanism in Alzheimer's disease オンラインで公開2018年9月6日 要旨 アルツハイマー病は進行性の神経変性疾患であり、認知機能の低下とアミロイドβプラークと神経原線維のもつれという2つの中核病理の存在が特徴である。過去10年間で、脳内...
Long-COVID/コロナ後遺症

持続的なSARS-2感染はCOVID-19の長期化に寄与している

Persistent SARS-2 infections contribute to long COVID-19 2021年2月16日 要旨 COVID-19は、4000万人以上が感染している深刻な病気である。重大な死亡率のほかに、SARS-CoV-2感染は、Long-COVIDと呼ばれる相当かつ持続的な罹患率を引き起こす。本論...
適応外薬

アルツハイマー病治療薬開発パイプラインにおける再利用薬の開発

Repurposed agents in the Alzheimer’s disease drug development pipeline オンラインで公開2020年8月17日 要旨 背景 アルツハイマー病の蔓延に対処するための治療法が必要とされている。2003年以降、臨床試験では、食品医薬品局(FDA)の承認を得るためのア...
適応外薬

リファンピシンのアルツハイマー病予防効果は1日450mgを1年間以上必要とする FDG-PETによる追跡調査

Preventive Effect of Rifampicin on Alzheimer Disease Needs at Least 450 mg Daily for 1 Year: An FDG-PET Follow-Up Study オンラインで公開2017年6月19日 要旨 背景 リファンピシンは、マウスモデルにお...