2021-02-23

認知症 治療標的

アルツハイマー病におけるグリコーゲン合成酵素キナーゼ-3(GSK-3β)のシグナル伝達

Glycogen synthase kinase-3 signaling in Alzheimer's disease 概要 アルツハイマー病は、認知症を伴う神経変性疾患の中で最も一般的な疾患であり、全症例の約70%を占めている。現在、米国では580万人がアルツハイマー病患者として生活しており、2050年にはこの数が倍増し、社...
認知症 治療標的

アルツハイマー病・てんかんにおけるGSK3βとタウ蛋白質

GSK3β and Tau Protein in Alzheimer’s Disease and Epilepsy オンラインで公開2020年3月17日 要旨 アルツハイマー病は、高齢者に存在する認知症の最も一般的な形態である;その病因は、遺伝的要因と環境要因が含まれる。近年の疫学研究では、アルツハイマー病患者のかなりの数が後に...
ミネラル

精神医学におけるオロチン酸リチウムの役割はあるのか?

Is there a role for lithium orotate in psychiatry? 初回出版2018年11月8日 リチウムが重要な微量元素である可能性があることを示す証拠が蓄積されている。 土地や水の供給が比較的リチウムが豊富な地域に住む人々は、土地や水の供給が比較的リチウムが不足し...