2020-11-12

ApoE4・リスク遺伝子

アルツハイマー病の神経病理学と治療学におけるエピジェネティック修飾

Epigenetic Modifications in Alzheimer’s Neuropathology and Therapeutics 要旨 転写活性化は真核生物では高度に同期したプロセスであり、プロモーター領域での一連のシスおよびトランス作用要素を必要とする。転写制御・制御障害に関しては、クロマチンリモデリング、...
コロナウイルス

ファイザーとBioNTech社のワクチンが楽観的な理由 – そして懐疑的な理由

Why the Pfizer and BioNTech vaccine is a cause for optimism — and skepticism プレスリリースによるワクチン科学は止めなければならない 月曜日の朝、母からメールが来た。「黒雲が晴れた。.. ファイザーは90%の有効なワクチンを持っている」と。母は、初期の...
認知症 食事と栄養

アルツハイマー病に対する食事の変調効果

Modulating Effect of Diet on Alzheimer’s Disease 要旨 平均寿命の延伸に伴い、アルツハイマー病などの神経変性疾患が増加している。この疾患の特徴は、高リン酸化タウタンパク質による細胞内神経原線維のもつれの蓄積、βアミロイドペプチド(アミロイドβ)の細胞外沈着物からなる老人斑、神経細...
1型(炎症性)

高度な糖化最終生成物(AGEs)は、現代の食事と健康の間の顕著なリンクである可能性がある

Advanced Glycation End Products (AGEs) May Be a Striking Link Between Modern Diet and Health 要旨 メイラード反応は、ベーキング、フライパン、またはグリルなどの高温条件下での食品の調理や処理中に、生体内と生体外の両方で発生する単純である...
身体活動の効果

用量反応が重要! – 運動認知研究における運動処方の視点から

Dose–Response Matters! – A Perspective on the Exercise Prescription in Exercise–Cognition Research 要旨 一般的に、急性の運動と定期的な身体訓練の両方が脳の可塑性と認知機能にプラスの影響を与えることはよく知られている。しかし、同じ...