2020-11-05

腸内微生物叢

医学におけるプロバイオティクス 長い討論

Probiotics in Medicine: A Long Debate 要旨 最後の年の間にプロバイオティクスは、複数の疾患の予防と治療における使用のための臨床医の注目を集めた。プロバイオティクスの主な作用機序は、強化された粘膜バリア機能、病原体との直接拮抗、腸管上皮における細菌の付着と侵入能力の阻害、免疫系のブーストアッ...
オートファジー

活性化か抑制か?アルツハイマー病治療戦略としてのオートファジー制御の意義

Activate or Inhibit? Implications of Autophagy Modulation as a Therapeutic Strategy for Alzheimer’s Disease 要旨 神経変性疾患は、プロテインオパチーの種類、影響を受ける遺伝子、または脳内の変性の場所によって様々な状態...
オートファジー

オートファジーとアルツハイマー病の双方向の関係を探る

Exploring the bi-directional relationship between autophagy and Alzheimer’s disease 要旨 アルツハイマー病はβアミロイド(アミロイドβ)の沈着とタウのリン酸化が特徴であり、その病態は今のところ解明されていない。アミロイドβとタウの代謝はオー...
糖質

米国で一般的に消費される食品中のレジスタントスターチ(耐性でんぷん)含有量 ナラティブレビュー

Resistant Starch Content in Foods Commonly Consumed in the United States: A Narrative Review 概要 耐性デンプン(RS;タイプ1~5)は小腸では消化されず、そのまま大腸に入るが、一部のタイプは腸内微生物によって発酵させることができる...
腸内微生物叢

脳疾患に関連する腸内マイクロバイオーム研究の進展

The progress of gut microbiome research related to brain disorders 要旨 腸内細菌叢のダイナミックな変化が脳の生理や行動を変化させることを示す証拠が増えてきている。認知はもともと中枢神経系のみによって制御されていると考えられてた。しかし、現在では、消化管の腸内細...