なぜCOVID-19の処理にあのようなひどいやり方が選ばれたのか?
次に同じことが起こらないように、何が起こったのかを理解しなければならない

強調オフ

パンデミック 総括・批評マスク中西部の医師医療・製薬会社の不正・腐敗

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Why Were Such Terrible Approaches Chosen to Handle COVID-19?

中西部の医師

2023/09/28

注:原文での引用リンクはこの記事ではリンク付けされていません。

一目でわかるストーリー

  • 医療における一般的な問題は、検査や介入が、その実施の全体像を考慮すると意味をなさないものが選択されることである。残念ながら、医師は2歩先を考える訓練を受けておらず、COVID-19の悲惨な対応を通してこれを目の当たりにした。
  • パンデミックと闘うために最終的に選択した選択肢のほとんどは、効果がなく、しばしば違法であり、既存の医学的根拠とは相反するものであり、しばしば社会にとって極めて有害なものであった。それにもかかわらず、それらの方法に対して合理的な批判をしたり、パンデミックを食い止めるための効果的な解決策を提案したりした者は、広く批判され、沈黙させられた。
  • その大失敗の多くは、3人の無能で不誠実な医師が、全国メディアの支援を得て、COVID-19への対応を乗っ取り、公衆衛生の独裁者となったことに起因している。
  • COVID-19への対応を復活させる計画が立てられている今、二度と過ちを繰り返さないためにも、犯したシステム上の過ちを反省することが重要である。

私が著作の中で繰り返し説明しようとしてきた2つのテーマは、医療における批判的思考の広範な欠如と、さまざまな意味でその代わりとなっている広範なプロパガンダ装置である。 この2つは、COVID対応を復活させようとする現在の試みに特に関連していると思う。

例えば、誰かが(効果的なプロパガンダのおかげで)真実を独占している場合、誰もその行為が理にかなっているかどうかを疑うことができなくなるため、その行為は精査から免れることになる。 COVIDの緩和政策の多くは意味をなさないため、その無意味さに気づいた人々はそれに従うことを拒否したが、他の多くの人々はその情報から遮蔽されていたため、喜んですべてに従った。

この記事では、COVIDの対応を通して私が観察した、批判的思考における大きな欠陥のいくつかを検証したい。

注:この記事はMercola.comに掲載されたものである。

疫学の基礎

COVIDが始まった当初、ウイルスについてはさまざまな未知の部分があった。 最も重要なことの一つは、飛沫感染かエアロゾル感染かということであった。 インフルエンザのように、水滴に付着して拡散するウイルスもあり、そのようなウイルスの場合、程度の差こそあれ、水滴拡散を「標的化」することで伝播が緩和される。

例えば、ウイルスは布製マスクの隙間よりも限りなく小さいが、水滴はそうではない。そのため、誰かが布製マスクを着用すれば、布の繊維がマスク着用者からの水滴の排出を抑制し、ひいては水滴がインフルエンザを広める度合いを抑制する。 同様に、水滴はすぐに地面に落ちるため、水滴が移動できる距離は6フィート(約1.5メートル)程度に限られる。 最後に、ウイルスを含んだ飛沫は表面に付着し、その後、誰かがその表面に触れることでウイルスを取り込むことができる。

逆に、ウイルスがエアロゾル化(空気中に自由に浮遊し、空気中を移動することを意味する)した場合は、上記のどれにも当てはまらない。 その代わり、ウイルスはあらゆる場所に拡散し、誰かが去った後もずっと空気中に漂い、ウイルスをブロックするために設計されたバリアのほとんどを貫通する。 そのため、エアロゾル化した病原体は感染力が非常に強いことが知られており、病院内ではその拡散を防ぐために、より厳格な隔離プロトコルが定められている(結核と麻疹はこの2つの典型的な病原体として知られている)。

例えば、2020年1月末、ダイヤモンド・プリンセス・クルーズ船が最も早い時期にCOVIDのアウトブレイクを経験し、隔離された。COVID-19がどのように感染するかを研究するための完璧な実験条件を不注意にも提供してしまったからである。多くの観察結果のひとつは、部屋に残った人々がCOVID-19に感染したというもので、これはウイルスが換気システムを通じて拡散し、エアロゾル化したことを示唆していた。

その後、エアロゾル感染を示唆する他の多くの観察結果も出てきた。例えば、室内にいる人が屋外の人より18倍も高い確率でウイルスに感染するアウトブレイクが発生したり、6フィート以上離れた人からCOVID-19に感染する例が多数見られたりした。

ダイヤモンド・プリンセスが発生した時点で、私はエアロゾルが重要な感染経路であることを確信していた。しかし、多くの関係者がエアロゾル感染の証拠をもってWHOに請願したにもかかわらず、WHOは飛沫感染しか起きていないと主張し、エアロゾル仮説を否定する声明を何度も出した。結局2年後、WHOは立場を変え、エアロゾル感染も起きていると静かに発表した。この重大な過ちにより、『ネイチャー』誌(一流の科学雑誌)は、なぜこのようなことが起こったのかを正確に特定するための調査を行い、WHOがその期間中、エアロゾル感染を示す圧倒的な証拠を無視していたことを確認した。

注:記事全文を見ることができない人のために、マコーラによる要約をここで見ることができる。

これは、COVID-19を通じて見られた他の多くの重大な判断の誤り(この記事を通して取り上げる)と非常によく似ている。そこでは、長年の科学的原則と明確な科学的証拠が窓から投げ捨てられ、実際の科学とは相反するCOVID-19の対応が行われた。

要するに、エアロゾル感染が認識されていれば、マスク着用も社会的距離の取り方も正当化されることはなかったのである。

注:スコット・ゴットリーブ氏(トランプ大統領のFDA委員の一人)による21年3月21日の社説では、6フィートという恣意的な推奨がどこから来たのか誰も知らなかったと述べ、ゴットリーブ氏の最良の推測は、SARS-CoV-2が水飛沫を介して伝播するという誤った仮定に由来するというものであった。私の推測では、社会的距離の取り方は2006年の高校2年生の科学フェア・プロジェクトから生まれたものであり、パンデミック産業における多くの事柄と同様、極めて不正確なコンピューターモデルに基づいている。

批判的思考と診断テスト

医学の世界では、医師の教育の多くが、臨床アルゴリズム、標準化されたプロトコル、権威あるガイドライン(これらはすべて、患者の転帰を改善することが多いが、必ずしもそうとは限らない)に従うよう訓練されることにシフトしている。

先の例が示すように、全員に布製のマスクを着用させ、社会的距離を置くようにと言われれば、赤信号が発せられてもおかしくないはずだが、大多数の医師は、その推奨が理にかなっているかどうかを問うのではなく、与えられたガイドラインをただ患者や地域社会に押し付けるだけだった。

プロトコルにロボット的に従うことの問題点を浮き彫りにしている長年の分野に、診断検査の活用法がある。医師は何をすべきかわからないとき、アプローチの指針を得るために標準的な診断検査を行うのが一般的だ。 これは一見合理的に思えるが、問題は、医師がしばしば2歩先を考えず、検査をオーダーする前に次のようなことを尋ねないこと:

  • この検査の結果によって、私がこの患者をどのように治療するかが変わるだろうか?
  • この検査で患者に害を及ぼす可能性はどの程度か、またその可能性は検査の利点を上回るか?
  • この検査は、私がまだ知らないことを教えてくれる可能性がどの程度あるか?
  • 適切な理学的検査で、この検査で私が解明しようとしていることがわかるだろうか?

注:最後の点は、医学における大きな問題である。医学の訓練は、(人を評価する最も有用な方法であることが多い)詳細な身体検査を行うことから、高価な検査をたくさん指示することへと徐々にシフトしてきたため、豊かな国々では身体検査の多くが失われつつある。 これを証明することはできないが、私はこのシフトは医療業界の金儲けのために起こったと考えてきた。

このため、私は不必要な検査をたくさん受ける患者をよく見かける。 例えば、患者を専門医のところに送ると、専門医は通常、正当な理由がなくても、その専門分野のパンとバターのような検査をオーダーする。 多くの場合、私は患者を適切な専門医に紹介し、電話でその専門医に、その患者に必要だと思う検査内容と、その患者特有の状況に対してその専門医の標準的な検査を使わないように注意する理由を伝え、患者にも同じことを伝えた。

結局、患者にこのようなことが起こらないようにする最も効果的な方法は、患者に伝えることだと気づいた:

私があなたを紹介する医師は、この検査を指示するかもしれない。もしそうなら、その検査でどんな結果が出る可能性があるのか、それぞれの可能性はどの程度なのか、その結果によってあなたの症例の管理がどのように変わるのかを教えてもらうことだ。 また、検査による潜在的なリスクはないか、検査費用はいくらか、などを尋ねることもできるが、そもそも検査に意味があるのかどうかに焦点を当てるようにしよう。

私がこの問題に最もよく遭遇するのはMRIで、神経科医は、特に何が起こっているのか理解できない場合、MRIを使うのが一般的だ。MRI(またはCT)を撮影する際には、必ず造影剤を注射するオプションがある。 MRIで使用される主な造影剤はガドリニウムで、その磁気的特性によりMRI上で光になる金属である。

ガドリニウムは有毒な重金属であり、それを含む造影剤を投与された人は、時に重篤な後遺症(神経障害など)を引き起こすという不幸な副作用がある。 例えば、マディ・デガレイはファイザー社のワクチンを小児に投与する小規模臨床試験に登録された小児であった。 彼女は悪い反応を示したが、治験責任者たちはそれを隠蔽しようとした(彼女の怪我だけでは、ワクチンを小児に認可するには危険すぎるからだ)。最終的にガドリニウムMRIを受けたが、その時点で彼女は即座に、そして永久に歩行能力を失った。

要するに、ガドリニウム病を発症した人に何人も遭遇したため、私は可能な限り(特に敏感な患者には)MRIを避けるようにしている。 そうすることで、神経科医がガドリニウムMRIをどうしても受けさせたいと主張するケースの大半では、通常のMRIを受けるのと比べて、実質的な利益はない(例えば、最終的な検査結果があいまいなままであったり、ガドリニウムMRIが検出する可能性の高い診断に対して何もできなかったりする)ことを知った。にもかかわらず、また、ガドリニウムの害に関する十分な証拠が蓄積され、現在では多くの大規模なグループが、絶対に必要な場合を除き、ガドリニウムMRIを行わないよう推奨しているにもかかわらず、私が会うほとんどすべての医師が、いまだにこれらのMRIを推進している。

注:マンガンは、造影剤として機能するのに必要な磁気特性を持つ、はるかに安全な金属である。何十年もの間、安全で効果的であることを示す研究やデータがあるにもかかわらず、いまだに患者には使用されていない。

私が知っているCOVID-19ワクチンで負傷した患者の多くは、何十人もの医師(一流医療機関の専門医を含む)に診てもらっている。 それらの医師は、数え切れないほどの(必ずしも安全とは言えない)検査を命じており、その費用は非常に高額である(例えば、私の患者の一人は、30人以上の専門医に診てもらい、ほぼ100の検査を受けた-その多くは核アイソトープを注射する必要があった。 多くの場合、この問題が浮上するのは、ワクチンで負傷した患者の病態が、標準的な検査やラボでは検出できないものだからだ。

例えば、(スパイクプロテインに見られるような)強い正電荷によってゼータ電位が変化し、赤血球が凝集することで微小血栓が全身に生じると(こちらで説明)、無数の異なる複雑な問題が全身に現れるが、その多くは神経が機能するのに必要な血液を得られないことに起因する。 これらの微小血栓はMRIでは小さすぎて検出できないため、MRIはすべて「正常」である。 しかし、同じ患者で、微小血栓を検出するように設計された検査(例えば、実体顕微鏡で目の血管を調べる)で微小血栓を探すと、全身の微小血栓が簡単に確認できる。

SARS-CoV-2は無症状の人から感染するという非科学的な(そして大部分は誤りであることが証明された)仮定によって正当化され、大量に採用された。これらの検査には2つの大きな問題があった:

  • 第一に、PCR検査が既存のウイルスRNA断片を増幅する回数が適切な回数よりもはるかに多かったため、感度が正しく調整されておらず、実際にはSARS-CoV-2が存在しないにもかかわらず検出されることが頻繁にあった。
  • 第二に(前述した点から)、COVID検査陽性は、しばしば地域社会での疾病発生や、誰かが後に発病する可能性とは相関関係がなかった。むしろ、唯一の相関関係は、COVID症例数が検査実施数に正比例することであった。COVID-19が下水(COVIDは消化管に生息しているため)に含まれているかどうかを検査することで、ある地域でCOVID-19が急増するかどうかを検知する信頼性の高い非侵襲的な方法がすでにあったのだ。しかし、これは毎日何千件もの新たな感染者をリストアップするほど憂慮すべきことではなかったため、このはるかに実用的なアプローチがパンデミック対策の焦点となることはなかった。

その後、抗原検査が導入されたが、これは(検査機関からPCRの結果が出るまで待つ必要がなく)すぐに実施でき、さらに重要なことに、常に偽陽性を示すことがないため、はるかに有用であった。このばかばかしさを説明するために、私の病院では、同僚が入院の必要がないと思う患者が来ると、その患者に抗原検査を行った(通常は陰性で、したがって入院させる必要はなかった)。一方、入院の必要があると思う患者が来ると、その患者は常にPCR検査を受け、必ず陽性となった。

注:私の知っている何人かの人々は、鼻腔ぬぐい液からCOVIDに感染したか、あるいは検査会場で素早く強引にぬぐい液を採取した結果、鼻に大きな傷を負ったと考えている(これは間違いなく起こっている)。私が出くわした多くのケースでは、綿棒の後にCOVIDに感染しており、その時系列は両者が関連していることを強く主張していた。しかし、ライアン・コールが多くの綿棒を検査した結果、SARS-CoV-2が検出されたことは一度もなかった。このことから、これらの感染症は、病気でない人が検査を受けに行った際に、病気である人の近くにいて、エアロゾル化したSARS-CoV-2がその場にいた全員に感染した可能性が高いと私は考えている。

マスク着用

2019年後半にCOVID-19が発症したとき、私は非常に心配になり、一刻も早く効果的な治療法を見つける必要があると結論づけた。 同時に私は、HIVの対応がどうであったとしても、有効な治療法が日の目を見ることはないだろう、特にファウチ(HIVでこのようなことが起きた直接の責任者)がまだ責任者であることを考えれば、そうであろうとも認識していた。

中国やイタリアで見てきたことを踏まえ)ウイルスがもたらす危険性を考えると、治療ができると確信できるまではCOVIDに感染するリスクは冒せないと考えたのだ。 このような理由から、私はアメリカで最初にN-95を装着してマスクをした人間の一人であった(特に職場や会議、空港での移動の際にはそうしていた)。

注:エアロゾルが拡散する病原菌の場合、N-95は着用者にフィットしていないと、マスクと顔の隙間から侵入するだけで、実際には機能しない。さらに、多くの感染症では、感染経路が目や耳からであることが多く、人々は(例えば、触らないなど)保護することをほとんど考えない。ウイルス性の上気道炎の初期に、(例えば、過酸化水素で)耳をこまめに掃除することで、大きな違いが生まれる。

2020年5月までに、私はCOVID-19の治療ができると確信し、COVID患者のそばにいるときや法的に義務づけられているとき以外は、マスク着用を完全にやめた。

要するに、マスク着用は私がまったくやりたかったことではなかったが、当初は未知のことばかりであったため、COVID-19の治療法を考える間はマスク着用することに意味があると感じたのだ。 それとは対照的に、ほとんどの同僚は正反対のことをし、私の警告にまったく耳を貸さなかった(その結果、例えば、私がストックしておいたPPEがなくなる前に彼らに供給する必要が生じた)。

私が常に2歩先を考えていたのに対し、前節の診断検査で取り上げたように、彼らはそうせず、現行のガイドラインに従ったことをしただけだったからだ。私がCOVIDについて警告し、PPEの必要性を訴えたが無視された後、COVID-19を治療するために私が提案した治療法には誰も興味を示さなかった(ガイドラインになかったからだ)。

一旦マスク着用が軌道に乗ると、その大量採用に反対する主要な論点がいくつかあった:

  • 誰もマスクのつけ方を知らなかった(私には不可解だが、多くの医学生がマスクをしていないにもかかわらず、マスクで鼻を覆っていないにもかかわらず、マスクの着用を選択する医学生をいまだに見かける)。
  • マスクをした人が感染し、COVIDがエアロゾル感染であることを示す証拠がどんどん蓄積されていったため、布製マスクを正当化することはできなかった。
  • 人々はマスクによって、呼吸困難や呼吸器感染症の増加など、さまざまな健康被害を受けた。私が知った中で最も興味深かったのは、何年にもわたって患者の鼻腔内の細菌叢と真菌叢を検査してきた(これは一般的に複雑な病気に適用されるため)数人の統合医療に携わる同僚から聞いた話である。

ファウチとマスク

最近の記事で、私は、権力者は、プロパガンダによって大衆に真実を語っていると思わせることが可能であれば、一般的に嘘をつくという議論を展開した。COVID-19におけるファウチの二枚舌はその好例であり、彼が継続的に嘘をついていたことは証明できるし、その嘘のつき方は古典的なプロパガンダのテクニックの多くを用いていた。

ファウチが書いた2020年2月5日の電子メールを考えてみよう(当時私が信じていたことと本質的に一致している):

マスクは、感染していない人を感染から守るのではなく、感染している人が感染していない人に感染を広げるのを防ぐためのものである。

ドラッグストアで買う一般的なマスクは、ウイルスを防ぐ効果はあまりない。しかし、誰かがあなたに咳やくしゃみをした場合、その飛沫を防ぐという点では効果があるかもしれない。

特に、非常にリスクの低い場所に行くのだから、マスクの着用はお勧めしない。

しかし、周知のように、ファウチは、マスクが全く意味をなさないことを示す証拠がどんどん積み重なっていった後でも、代わりにマスクの主要なチアリーダーの一人となった。他の多くの政治家も同じように馬鹿げたデモを行い、彼の後を追った:

注:彼らは家ではこのようなことはしなかったと思われる

時が経つにつれ、世論はますますマスクに反対するようになった。やがてコクラン・レビュー(最も決定的なエビデンス)が発表され、布製マスクには効果がなく、N-95マスクにはわずかな効果があることが明らかになった(評価方法によって異なるが、布製マスクと比較して-10%、14%、30%の改善が見られた)。このレビューには、インフルエンザのような飛沫感染するウイルスも含まれていることに注意すべきである。

これらのことを考慮すると、ファウチがいまだにCOVID-19の使用を擁護するために無意味な嘘をついていることは注目に値する:

注:我々が使った無駄なアプローチについて特に不満に思うのは、同時に非常に効果的なアプローチが使われなかったことである。例えば、COVID-19はエアロゾルによって拡散することが知られており、(SARS-CoV-2のエアロゾルは消えるのではなく、その場に浮遊していたため)屋内の人々により深刻な影響を与えることが知られていたため、(窓を開けるなどして)換気を良くすることは簡単で非常にインパクトのあるアプローチであったが、誰も使わなかった。同様に、多くのグループが、安全な紫外線の周波数はウイルスを迅速に中和し、それらの手頃な(そして破壊的でない)紫外線ランプが配備された場所で、ウイルスが個人に感染するのを防ぐことができることを示すことができた。

強迫的な手洗い

CDCをはじめとする多くの機関は、できるだけ多くの手洗いを推奨するガイドラインを定期的に発表している。 これの問題点は、COVID-19が汚染された表面に接触した手によって感染することが示されなかったことである(飛沫による感染と誤って想定されていたのと同じである)。 何人かの医師は当初からこのことを指摘しており、2021年初めには、トップ科学雑誌の一つである『ネイチャー』誌が、表面を繰り返し消毒することに意味がないことを認めていた。同様に、最近のコクラン・レビューによれば、定期的な手洗いはせいぜい急性呼吸器感染症を11〜14%減少させる程度である。

それにもかかわらず、強制的な手洗いはパンデミック対策として定着した。 手洗いの注意喚起はいたるところで行われた。 20秒間手を洗い続けなかった者は定期的に叱責され、やがてあらゆる表面が有毒化学物質で定期的に消毒されるようになった。

私はこの様子を見ていて、強迫性障害の一般的な特徴として、強迫的に手を洗う傾向があることを思い出さずにはいられなかった(時には皮膚が損傷するほど)。 同じような神経症的症状を持つ人々が、パンデミック対策に最も熱心な層のひとつとなったことから、私はしばしば、集団手洗いキャンペーンは、パンデミック対策に闘う神経症的な社会構成員をリクルートするために、部分的に選ばれたのではないかと考えてきた。

このことは、より広範な論点に触れることになる。この記事で示そうとしているように、2020年にCOVIDに対処するために私たちが用いたほぼすべてのアプローチは、関係者全員にとって面倒なものであり、COVIDの予防に実益がないことがわかっている。このことは、キャンペーンの第一の目的は死亡者数を減らすことではなく、むしろそれらのアプローチを遵守するために必要な作業を国民一人一人にさせることであったことを論じている。

というのも、心理学では、ある考え方に関連する作業をすればするほど、その考え方を支持するようになることがよく知られているからだ。この原理は、アメリカ国内を含め、歴史を通じて他者を支配しようとする集団によって繰り返し利用されてきた(例えば、ナチスと戦うための軍需品にするために、子どもたちが一軒一軒廃品を集めて回ること-最終的にその金属が使われることはなかったが-など)。

戸締まり

ワクチン以前のCOVID政策で最も有害だったのは、間違いなく戸締まりだった。手洗いや社会的隔離、マスクの着用などを継続的に行ったことで、一般市民がすでにこれらすべてに慣れていたからこそ可能になったことだと私は考えている。このような儀式は、このような対策に抵抗する多くの国民を克服するには十分ではなかったので、ゴールポストを移動させるなど、他の卑劣な戦術が使われるのを私たちは見た。例えば、「蔓延を遅らせるための2週間」が結局どのくらい続いたか覚えているだろうか?

プロパガンダを乗り越えた途端、ロックダウンは意味をなさなくなった。例えば、2019年にWHOがこの件に関して何を言っていたかを考えてみよう:

コミュニティ環境におけるNPI(非薬物介入)の有効性に関するエビデンスは限られており、ほとんどの介入について全体的なエビデンスの質は非常に低かった。

手指衛生やフェイスマスクのような個人的防護措置が、せいぜいインフルエンザ感染にわずかな効果をもたらすことを実証する、質の高いランダム化比較試験(RCT)が数多くある。しかし、その他のNPIに関するRCTはほとんどなく、エビデンスの多くは観察研究やコンピューターシミュレーションによるものである。

学校閉鎖は、インフルエンザの伝播を減少させることができるが、緩和の目的を達成するためには、慎重に時期を決める必要がある。また、渡航制限や渡航禁止は、法外な経済効果をもたらす可能性が高い。

パンデミックの影響を緩和する最も効果的な戦略は、感染者と非感染者の接触を減らすことであり、それによって感染の拡大、病院のベッド需要のピーク、感染、入院、死亡の総数を減らすことができる。しかし、社会的距離を縮める対策(接触者追跡、隔離、検疫、学校や職場の対策や閉鎖、混雑の回避など)は非常に破壊的である可能性があり、これらの対策にかかるコストとその潜在的な影響を天秤にかけなければならない。

残念なことに、COVID-19に関するヒステリーが巻き起こった後では、こうしたことはすべて水の泡となった。ロックダウンの少し前に、厳格なロックダウンを即座に実施しなければ世界的な大惨事が起こるというモデルが提唱され、そのモデルは世界中の指導者たちにロックダウンを実施するしかないと納得させるのに大きな役割を果たした。そのモデルがどれほど「正確」であったかを説明しよう:

注:現存する証拠の多くは、監禁がCOVID-19の死亡率を減少させるのではなく、むしろ増加させたことを示唆している。

インペリアル・モデルの予測には多くの疑問があったはずだ(例えば、その著者は何十年もの間、過去の感染症アウトブレイクの深刻度を極端に過大評価することを繰り返してきたし、モデル自体も意味をなしていなかった)。しかし、COVID-19の正確な予測に何度も失敗しているにもかかわらず、その中核となる仮定が間違っていることを示すデータが入手できるようになっても、このモデルは異議を唱えられることもなく、更新されることもなかった。それどころか、指導者たちは(ロン・デサンティスのような少数の例外を除いて)議論をよく考えず、最も信頼できる専門家の言葉を鵜呑みにしただけだった。

一歩以上先を考えれば、(その使用を裏付ける証拠がない)ロックダウンが意味をなさないことは明らかだったはずなのに、これは残念なことだ。以下のことをそれぞれ考えてみよう:

  • ロックダウンは社会にとって非常にコストがかかるため、無期限に維持することはできない。
  • 一旦ロックダウンが解除されれば、防げたはずの事件もすべて起きてしまう。つまり、ロックダウンはせいぜい避けられない事態を遅らせることしかできないのだ。
  • ロックダウンが意味を持つ唯一の方法は、緊急治療のための時間稼ぎや、感染者が生き残る可能性が最も高い時期に確実に感染させるといった戦略的な文脈で行われる場合である。

それどころか、いったんロックダウンが推進されると、戦略的に有効なフォローアップはことごとく蔑ろにされた。例えばこうだ:

  • 例えば、独立した研究者が発見した(特許のない)COVID-19の治療法はことごとくブラックリストに載せられた。ビタミンDの摂取を勧めたり、のどや鼻の洗浄を勧めたりといった簡単なことでさえも(キシリトールと消毒薬を使用すれば、ウイルスが肺に到達する前にまずこれらの経路から侵入するため、初期のCOVID-19を治療する最も身近で効果的な方法であったと今では私は考えている)。
  • 人々は夏の間、屋内にとどまり、社会的に距離を置くよう奨励された(これは数々の理由から、選挙直前から翌年の冬にかけてCOVIDが流行することが予測できた)。
  • COVIDの感染リスクが最も低い人々が通常の生活に戻り、自然免疫を獲得することで、社会的に最も弱い立場にある人々を守ろうという提案(彼らの自然免疫が感染拡大を遅らせ、またCOVIDはウイルス学の法則に従い、より危険性の低い株に変異するため)は執拗に攻撃された。

残念なことに、医療関係者がまたもや2歩先を考えなかったため、ロックダウンの必然的な(そして後に証明された)失敗が考慮されることはなかった。

逆に、ロックダウンのコストは莫大であった。例えば、こうだ:

  • WHOによると、パンデミックの最初の1年間で、不安とうつ病の世界的有病率は25%も増加した。
  • 家庭内虐待は、閉鎖期間中に8.1%増加した。
  • 健康状態は全般的に悪化した。例えば、監禁が代謝の健康に及ぼす影響を定量化したある研究では、監禁期間中に1カ月あたり平均2ポンド体重が増加した。
  • 重要な評価や治療(例えば癌の治療)がスキップされた。

注:監禁期間中に乳幼児の突然死が前例のないほど減少した。これは、監禁期間中に乳幼児が定期予防接種の予約をスキップした結果起こるだろうと、ワクチン安全コミュニティの多くの人々が正確に予測していたことである。

-学校閉鎖(子どもたちにCOVID-19のリスクはなかったため、まったく正当化されなかった)は、アメリカ中の生徒の教育発達に壊滅的な影響を与えた。例えば、何年にもわたって子供たちをモニターしてきた研究者たちは、パンデミック中に生まれた子供たちの平均IQが100から78に低下したことを確認した(これは社会的に孤立し、マスク着用によって表情が隠されたためである可能性が高い)。22ポイントの低下の影響を定量化する:

IQ70~85は境界知的機能の閾値であり、厳密には認知障害であるが、欠損は知的障害ほど深刻ではなく、したがってこのグループは専門的なサービスを受ける資格があるほど十分な知的障害ではない可能性がある。 就学中、これらの人々は「学習が遅い」ことが多く、このグループの大部分は高校を卒業できない。 その結果、社会経済的に低い地位しか得られないことが多く、このグループのほとんどの大人は、他の集団に溶け込んでしまう。

  • ロックダウンは、1億人近い「歴史的に前例のない世界の貧困の増加」を引き起こし、極度の貧困は世界で11.6%増加した。
  • 億5千万人が必要な食料を得られなくなった。この世界的な飢餓の波の大きさは、言葉にするのはほとんど不可能である。
  • アメリカの中小企業の3分の1が廃業した。これらはしばしば世代を超えた富の源泉であり、さらに重要なことに、貧困から逃れる手段でもあった。
  • 史上最大の富の移転を目の当たりにした。2020年から2021年にかけて、億万長者は世界の家計資産の2%強を所有していたのが、3.5%になった。

上記の指摘はすべて予測できたことであり、その多くはロックダウンを実施しない理由として明確に警告されていた。しかし、ロックダウンは結局何の利益ももたらさない投機的な措置であった。

コロナワクチン・キャンペーンを目撃していなければ、COVIDロックダウンは歴史上最大の公衆衛生上の過ちの候補に挙げられていただろう。

コロナワクチン

COVID-19が地域社会に侵入する前に封鎖を実施することができれば、理論的には多くの人々が感染するのを永久に防ぐことができたというのが、封鎖に対する最大の論拠であったと私は考えている(ただし、WHOの2019年の報告書によれば、これが良いアイデアであるかどうかさえ不明であった)。

COVID-19のワクチン接種にも同様の問題があった。もしCOVIDが集団に侵入する前に何らかの方法で地域社会全体にワクチンを接種することが可能で、ワクチンが失敗した人(例えば免疫抑制者)が比較的少なければ、COVIDを消滅させることは可能だったかもしれない。しかし、もしそうならず、ウイルスがすでに存在しているにもかかわらず、一部の人にしかワクチンが接種されなかったとしたら、ウイルスは単に免疫のない人に感染し、その感染者の中でワクチンの対象外の株に急速に変異し、ワクチンを接種した人に感染することになる。

ワクチンはパンデミックの1年後まで利用できなかったので、ワクチンができることは、ワクチンが効かない変異株の進化の引き金になるだけであることは、本質的に当然の結論であった。さらに、有効性の観点から見ると、ワクチンには4つの大きな問題があった。

第一に、コロナウイルス、特にSARS-CoV-2は急速に変異することが知られている。変異のスピードが速いため、それに対するワクチンを作るのは非常に困難な課題だと考えられてきた。

第二に、選択されたワクチンデザインは1つの抗原(毒性スパイクプロテイン)しか作らないものであった。これはウイルスの中で最も急速に変異する部分のひとつであるため、現在流通しているCOVID株に対してワクチンが急速に効かなくなるのは当然の結論であった。ライアン・コールはこれを「なぜ絶滅したウイルスのワクチンを義務付けるのか?」と的確に要約している。

第三に、注射されたワクチンが作り出した免疫は血液中(ウイルスは感染後かなり遅れて侵入する)にしか存在せず、感染とその伝播を防げなかった。

最後に、SARS-CoV-2は変異が速いため、既存の株を特定し、それに適合するワクチンを製造し、その株がすでに絶滅に向かう前に集団に接種することはほとんど不可能である。

このワクチンもまた非常に実験的なものであり、(2歩先を考えれば)ロックダウンのように膨大な数の既知の潜在的リスクがあることを考えれば、この技術を全世界に注射することがなぜ良いアイデアなのか、正当化できる論拠を示すことは非常に困難だった。

たまたまそうなったが、ワクチンは最初から間違いだっただけでなく、私たちは本質的に最悪のシナリオを目の当たりにしたの:

  • 潜在的なリスクはすべて事実であることが判明し、スパイク・プロテイン・ワクチンは歴史上最も危険な医療製品のひとつとなった。
  • COVID-19は減少するどころか、多くの場合、罹患期間と罹患率を増加させた(これは時代が進むにつれて悪化の一途をたどっている)。
  • COVIDは当初、数回の波が来て絶滅すると予測されていた。ワクチンが登場した後、これは起こらず、代わりにCOVIDは今や日常生活に定着し、インフルエンザのように毎年の予防接種が「必要」になった。これを証明することはできないが、コロナワクチンを急速に市場に出そうと必死になっていたのは、ウイルスが絶滅して市場が存在しなくなる前にワクチンを作るためだと私は長い間考えていた。例えば、アフリカの数多くの国々がCOVID-19ワクチンを導入せず、COVIDはとっくの昔にそれらの国から姿を消していることを考えてみよう。

注:ウガンダの人口はアメリカより少ないが、死亡者総数はアメリカのグラフの方がはるかに多い。人口に比例した死亡者数を示すには、アメリカのグラフは7倍ほど大きくなるはずである。

SARS-CoV-2は急速に変異したため、私たちの多くは当初から、人々が感染するのを容認し、感染の危険性を軽減する治療を施し、自然免疫(ウイルスが耐性を獲得するのがはるかに難しい)を獲得させることでしか対処できないと信じていた。周知のように、これは実現しなかった。

それどころか、私たちは今、有毒なワクチンが毎年必要な製品として常態化しているのを目の当たりにしている。さらに悲しいことに、ゴールポストは公職のトップだけでなく、ファイザーの幹部(前述のスコット・ゴットリーブ元FDA長官)までもが全国ネットのテレビでこのワクチンを宣伝するまでに移動してしまった。

パンデミック政策の責任は誰にあるのか?

ピーター・ナヴァロとスコット・アトラス医学博士は、それぞれのホワイトハウス回想録の中で、COVID-19の対応で何が問題だったのかについて、私が出会った中で最高の要約を提供している。

ピーター・ナヴァロ

ナヴァロはCOVID-19が大問題に発展することを早くから認識していたが、彼が何かを始めようとしたとき、政権の他のメンバーは彼の悲惨な予測に同意しなかったため、彼を締め出した。結局、ナヴァロはトランプを説得し、専門家(ファウチなど)に逆らって中国からの渡航禁止措置を開始させることができた(これはメディアで広く非難された)。その後、パンデミックが始まると、彼はパンデミック対策が機能不全に陥っていることを観察し、ヒドロキシクロロキン(HCQ)のような実行可能な治療薬をウイルス治療に使用するよう働きかけ続けた(うまくいかなかったが)。彼がぶつかった障害は非常に示唆に富んでいた:

3月23日、トランプ大統領がFDAにHCQの使用を早めるよう約束した4日後、[HHS長官の]アザールとHHSの副官ボブ・カドレックは、ヒドロキシクロロキンをCCPウイルスの早期治療薬として外来で広くアメリカ国民が使用できるようにするよう、FDA官僚数人に明確な指示を与えた。

にもかかわらず、その5日後、FDA長官のスティーブン・ハーンとその後任のジャネット・ウッドコックを含むFDA官僚たちは、この大統領-アザール-カドレックの命令を完全に反故にした。代わりに3月28日、FDAはHCQの使用を入院患者の後期治療に制限する不正な指令を出した。

この不正な指令によって、FDAはHCQを外来患者の早期治療薬としての最良の使用法[そこでHCQは効果を発揮し、命を救う]から、入院患者の後期治療薬としての最悪の使用法へと転換することを事実上確実にしたのである。少なくとも世論の法廷では、このたった一つの決断は、殺人とまではいかなくても、過失による殺人に等しいことは間違いない。

しかし、アンソニー・ファウチの手にはさらに多くの血が流れることになる……ファウチの番(COVIDタスクフォース)になると、彼はすぐに「逸話的証拠しかない」というカードを切った。すぐに、私はペンス副大統領のすぐ後ろにある背もたれの椅子から立ち上がり、まっすぐファウチの方に歩いていった」

私が彼に近づいたとき、彼の目に恐怖が見えた。私が彼に肉体的暴行を加えるのではないかと、彼の脳裏をよぎったに違いない。その代わり、私は彼の前のテーブルの上に私の大きな研究資料を投げ出して、ファウチだけでなく、その場にいたすべての人、特に副大統領にこう言った。これはHCQを支持する50以上の科学的研究だ。50だ!だから、逸話的な証拠しかないというたわごとを言うのはやめてくれ。エイズ危機のとき、あなたたち以外の誰もが効くと知っていた薬の認可を拒否したように、あなたたちは人々を殺すことになるのだ」

4月23日、FDAのスティーブン・ハーン長官は、ヒドロキシ・ヒステリーの帆にさらに腐った空気を吹き込むような、またしても不正で不可解な行動に出た。ハーンの署名の下、FDAは「医薬品安全性情報」を発行し、HCQに関連する「異常な心臓リズムと死亡の可能性」を警告した[これは意図的に患者に毒性量を投与したある研究によるものである]。FDAはまた、この薬は病院内でのみ使用すべきで、外来患者には使用すべきではないと開業医に警告した。

ファウチ-ハーン-ウッドコック国家パンデミック戦略」は、初期段階の感染者を自宅に隔離し、入院させるまでヒドロキシクロロキンを投与しないというものである。入院後、ようやくヒドロキシクロロキンが投与されるのだが、このヒドロキシクロロキンは後期の治療ではあまり効果がない。FDAのやったことは、はっきり言って死神のように馬鹿げている。

FDAの警告の結果、HCQの需要はなくなり、医師は怖くて処方できなくなり、施設は処方を許可しなくなり、医師はさらなるHCQ試験のために患者を集めることができなくなった。ナヴァロは、アメリカ全土でCOVID-19を治療するのに十分な量のHCQを備蓄する先見の明があったのに、その代わりにCOVIDの治療法が提供されることはなく、何十万人ものアメリカ人が死亡したのだから。しかし、悪行が報われないことはない。およそ1年後、ハーン委員はその職を辞し、モデルナの親会社の最高医学責任者となった。

それから間もなくの6月、アザールは、安全性や有効性のエビデンスに大いに疑問があるにもかかわらず、レムデシビルの全供給量(約50万回分)を1回あたり約3200ドルで購入する契約を結んだ。各治療コースの適正価格は約310ドル(製造コストは約10ドル)と見積もられている。通常、政府がこのような規模の投資(例えば、レムデシビルの開発と入手の両方)を行う場合、その製品がどれほど危険で効果がないことが判明しようとも、その投資を活用するためにできることはすべて行うものである(これも同様に、政府がすでに支払ったワクチンをすべて「使用」しようとする動きがある理由のひとつである)。

ナヴァロがHCQについて語ったことは、私の同僚であり友人でもあるピエール・コリーが、イベルメクチンがCOVIDの治療に使用されるのを阻止するために政府機関が共謀して経験したこととほとんど同じである。

スコット・アトラス医学博士

ロックダウンが始まると、アトラス(高名な学会医師)は、ロックダウンには何の利益もなく、国に甚大な被害をもたらしていることに気づき、ロックダウンを率直に批判するようになった。トランプは最終的にアトラスに接触し、アトラスのアプローチがアメリカにとって正しいと感じたため、ホワイトハウスのCOVIDタスクフォースへの参加を要請した。

そこでアトラスは、ホワイトハウスの全員がCOVID-19タスクフォースの3人の医師の専門知識に委ね、アンソニー・ファウチ、デボラ・バークス、ロバート・レッドフィールド(CDC所長)が事実上COVID対策全体を指揮していることに気づいた。後に、彼らには疑わしい過去があり、トランプ大統領が彼らの誰かをタスクフォースから解任したら、3人とも辞めるという約束をしていたことが判明した。

例えば、1990年代初頭、レッドフィールドとバークスはともに陸軍の医学将校で、HIVワクチンの共同研究を行い、その効果を示唆する不正なデータを発表した。 彼らは軍によって調査され、意図的な科学的不正行為と詐欺で告発され、レッドフィールドはそれを自白した。それにもかかわらず、レッドフィールドは自分のワクチンが効いたと議会に嘘をつき(効かなかった)、自分のワクチンのために軍に2000万ドルの助成金を得ることができた。

注:ファウチもHIVワクチンの研究に深く関わっていたが、彼の同僚と同様、有効なワクチンを見つけることはできなかった。

アトラスはタスクフォース在籍中、特にファウチとバークスの無能ぶりを目の当たりにし、彼らが科学論文の簡単な概念を理解できないことをアトラスが疑ったほどである。彼が観察した例の多くはほとんど非現実的で、彼はCOVIDタスクフォースをマッドハッターのティーパーティーと呼ぶようになった(個人的には、アトラスの説明は『イディオクラシー』の大統領閣僚会議に最も近いと感じた)。

タスクフォースの中心的な問題は、最初からバークスがパンデミックに対する唯一の解決策は、可能な限り多くのテストを実施することであり、テストによって得られた陽性例をマスク義務や州知事を脅して州を封鎖することを正当化するために利用することだと確信していたことである(多くの共和党知事が、バークスが絶えず与えていた役に立たないアドバイスについてアトラスに苦情を言うに至った)。アトラスがどのような反論やデータ(例えば、COVIDは子供にとって危険ではないので、学校を封鎖する理由はないなど)を持ち出しても、バークスの考えを変えさせることはできず、バークスの政策に反対する機運が高まった場合、彼女は感情的な未熟さを顕著に示していた。

まれに、アトラスがタスクフォースの他のメンバーを説得し、ロックダウンを支持するのではなく、最も弱いグループ(特に高齢者)に的を絞った保護を行うよう前進させることができた場合、誰かがタスクフォースで起こったことを全国メディアにリークする。そして、集団免疫戦略は経済のために多数のアメリカ人の命を犠牲にするものだとするヒステリーが即座に放送され(多くの場合、ファウチがマスコミに発表した声明によって補強された)、その結果、アトラスの提案は、選挙前にその戦略が引き起こすであろう政治的反発を避けるために撤回されることになった。

アトラスの回顧録の書評からの引用は、パンデミック対応中にホワイトハウス内で起こったことの多くを完璧に要約している:

タスクフォースを辞職する際、トランプ大統領に電話したところ、大統領はこう言ったとアトラスは書いている。そして知っているか?君は他のことについても正しかった。ファウチは最大の問題ではなかった。本当に彼ではなかったのだ。アトラスは、彼女を恐れていた側近たちに別れを告げずにはいられなかった。彼らが大統領執務室のスピーカーフォンで聞いていることを知りながら、アトラスはこう言った。あなたには度胸がある。私は度胸がある。でも、あなたの周りにいた親しい人たちはそうじゃなかった。彼らは度胸がなかった。彼らはあなたを失望させた。彼らは他の国々をも失望させたのだ」

注:COVIDタスクフォースを去った後、2022年7月にバークスの行動を示す最も重要な例のひとつがあった(皮肉なことに、彼女はCOVID-19のようなものから地域を消毒するために紫外線を使用する民間企業の最高医療責任者である)。2022年7月のインタビューでは、彼女はワクチンを過剰投与し、感染から守れないことを知っていたことを認めている:

奇妙なことに、アトラスが調査したところ、なぜビルクスがCOVID-19対策本部に所属することになったのか、実は誰も知らなかった。

結論

COVID-19の対応中に目撃された膨大なミスの多くは、それがまったく非科学的であったために起こったと言えると思う。例えば、パンデミックへの対処法を科学的に決定する最も適切な方法は、関連する各分野(経済学、疫学、ウイルス学、免疫学、ワクチン学、分子生物学、進化生物学など)の専門家からなる国際チームを招集し、どのアプローチが最も理にかなっているかを精力的に議論することだっただろう。

その代わりに、マスコミが彼らをかばったために、それらの分野ではまったく無能な少数の医師たちが、起こることすべてを絶対的に支配する公衆衛生の独裁者となることができた。その結果、私たちは皆、彼らのひどい決断の代償を払うことになった(例えば、全員を隔離することで短期的に病院のベッドを確保しようとする一心)。

呼吸器パンデミックに対処するためのWHOの2019年ガイダンスが、2020年と2021年を通して実際に制定されたものと比べてどうだったかを少し考えてみよう:

先月、これらの対策の多くがこの秋に復活する可能性があるとの報道を耳にするようになってから、私はこの記事を書き、何が起こったのかの背後にある歴史的背景を見直す必要があると感じた。

例えば、マスクの義務化は不合理であるとして、トランプ大統領はCDCの義務化を阻止したが、バイデンが大統領に就任して1カ月も経たないうちに、CDCは全米規模の義務化を実施し、全米の航空旅客に影響を与えた。数カ月後、CDCが義務付けを実施することで法的権限を超えたとしてバイデン政権を提訴し、覚えている人も多いだろうが(私の飛行機では全員が拍手喝采に包まれた)、2022年4月18日、連邦判事は原告側を支持し、マスク義務付けを覆した。

CDCは司法省にこの判決を覆すよう要請したため、CDCの違法な行き過ぎを懸念する23の州が2022年8月、司法長官らにこの判決が上訴されることに反対するアミカスブリーフを提出させた(17人の下院議員も同様)。CDCの全国マスク義務化の違法性は明らかであったため、バイデンの司法省が最初の判決を覆す独創的な方法を考え出すのに1年を要した。

2023年5月、バイデン政権はCOVID-19の緊急事態を終了させ、パンデミック期間中の彼らの行為に対して起こされた訴訟を、違法なマスク義務付けはもはや存在しないとして無効とするよう動いた。その結果、第11巡回区裁判所は6-22-23に次のような判決を下した:

本件が無効とされた場合、義務付けが復活することを期待する合理的な根拠はない……また、CDCが同一の義務付けを公布する計画があるという証拠は一粒もない。

我々は、CDCがすべての輸送機関と輸送ハブに対して全国的なマスク義務付けを再度発令するという合理的な期待があるという被控訴人らの主張は、せいぜい推測に過ぎないと判断する。

従って、連邦地裁の命令と判決は破棄され、連邦地裁は本件をMOOTとして却下するよう指示される。

司法省といえども法的資源には限りがあるため、バイデン政権が裁判官の判決を不服として控訴に力を注いでいるのは、将来的に不人気な国家命令を復活させたいからだろうと私は考えていた。そう考えると、将来的にマスクの義務付けはないと約束することが、マスク義務付けを復活させる障壁を取り除くために最終的に使われた戦術であったことは、驚くべきことである。なぜCOVID-19の処理にこのようなひどい方法が選ばれたのか?

次に同じことが起こらないように、何が起こったのかを理解しなければならない。

中西部の医師

2023/09/28

一目でわかるストーリー

  • 医療における一般的な問題は、検査や介入が、その実施の全体像を考慮すると意味をなさないものが選択されることである。残念ながら、医師は2歩先を考える訓練を受けておらず、COVID-19の悲惨な対応を通してこれを目の当たりにした。
  • パンデミックと闘うために最終的に選択した選択肢のほとんどは、効果がなく、しばしば違法であり、既存の医学的根拠とは相反するものであり、しばしば社会にとって極めて有害なものであった。それにもかかわらず、それらの方法に対して合理的な批判をしたり、パンデミックを食い止めるための効果的な解決策を提案したりした者は、広く批判され、沈黙させられた。
  • その大失敗の多くは、3人の無能で不誠実な医師が、全国メディアの支援を得て、COVID-19への対応を乗っ取り、公衆衛生の独裁者となったことに起因している。
  • COVID-19への対応を復活させる計画が立てられている今、二度と過ちを繰り返さないためにも、犯したシステム上の過ちを反省することが重要である。

私が著作の中で繰り返し説明しようとしてきた2つのテーマは、医療における批判的思考の広範な欠如と、さまざまな意味でその代わりとなっている広範なプロパガンダ装置である。 この2つは、COVID対応を復活させようとする現在の試みに特に関連していると思う。

例えば、誰かが(効果的なプロパガンダのおかげで)真実を独占している場合、誰もその行為が理にかなっているかどうかを疑うことができなくなるため、その行為は精査から免れることになる。 COVIDの緩和政策の多くは意味をなさないため、その無意味さに気づいた人々はそれに従うことを拒否したが、他の多くの人々はその情報から遮蔽されていたため、喜んですべてに従った。

この記事では、COVIDの対応を通して私が観察した、批判的思考における大きな欠陥のいくつかを検証したい。

注:この記事はMercola.comに掲載されたものである。

疫学の基礎

COVIDが始まった当初、ウイルスについてはさまざまな未知の部分があった。 最も重要なことの一つは、飛沫感染かエアロゾル感染かということであった。 インフルエンザのように、水滴に付着して拡散するウイルスもあり、そのようなウイルスの場合、程度の差こそあれ、水滴拡散を「標的化」することで伝播が緩和される。

例えば、ウイルスは布製マスクの隙間よりも限りなく小さいが、水滴はそうではない。そのため、誰かが布製マスクを着用すれば、布の繊維がマスク着用者からの水滴の排出を抑制し、ひいては水滴がインフルエンザを広める度合いを抑制する。 同様に、水滴はすぐに地面に落ちるため、水滴が移動できる距離は6フィート(約1.5メートル)程度に限られる。 最後に、ウイルスを含んだ飛沫は表面に付着し、その後、誰かがその表面に触れることでウイルスを取り込むことができる。

逆に、ウイルスがエアロゾル化(空気中に自由に浮遊し、空気中を移動することを意味する)した場合は、上記のどれにも当てはまらない。 その代わり、ウイルスはあらゆる場所に拡散し、誰かが去った後もずっと空気中に漂い、ウイルスをブロックするために設計されたバリアのほとんどを貫通する。 そのため、エアロゾル化した病原体は感染力が非常に強いことが知られており、病院内ではその拡散を防ぐために、より厳格な隔離プロトコルが定められている(結核と麻疹はこの2つの典型的な病原体として知られている)。

例えば、2020年1月末、ダイヤモンド・プリンセス・クルーズ船が最も早い時期にCOVIDのアウトブレイクを経験し、隔離された。COVID-19がどのように感染するかを研究するための完璧な実験条件を不注意にも提供してしまったからである。多くの観察結果のひとつは、部屋に残った人々がCOVID-19に感染したというもので、これはウイルスが換気システムを通じて拡散し、エアロゾル化したことを示唆していた。

その後、エアロゾル感染を示唆する他の多くの観察結果も出てきた。例えば、室内にいる人が屋外の人より18倍も高い確率でウイルスに感染するアウトブレイクが発生したり、6フィート以上離れた人からCOVID-19に感染する例が多数見られたりした。

ダイヤモンド・プリンセスが発生した時点で、私はエアロゾルが重要な感染経路であることを確信していた。しかし、多くの関係者がエアロゾル感染の証拠をもってWHOに請願したにもかかわらず、WHOは飛沫感染しか起きていないと主張し、エアロゾル仮説を否定する声明を何度も出した。結局2年後、WHOは立場を変え、エアロゾル感染も起きていると静かに発表した。この重大な過ちにより、『ネイチャー』誌(一流の科学雑誌)は、なぜこのようなことが起こったのかを正確に特定するための調査を行い、WHOがその期間中、エアロゾル感染を示す圧倒的な証拠を無視していたことを確認した。

注:記事全文を見ることができない人のために、マコーラによる要約をここで見ることができる。

これは、COVID-19を通じて見られた他の多くの重大な判断の誤り(この記事を通して取り上げる)と非常によく似ている。そこでは、長年の科学的原則と明確な科学的証拠が窓から投げ捨てられ、実際の科学とは相反するCOVID-19の対応が行われた。

要するに、エアロゾル感染が認識されていれば、マスク着用も社会的距離の取り方も正当化されることはなかったのである。

注:スコット・ゴットリーブ氏(トランプ大統領のFDA委員の一人)による21年3月21日の社説では、6フィートという恣意的な推奨がどこから来たのか誰も知らなかったと述べ、ゴットリーブ氏の最良の推測は、SARS-CoV-2が水飛沫を介して伝播するという誤った仮定に由来するというものであった。私の推測では、社会的距離の取り方は2006年の高校2年生の科学フェア・プロジェクトから生まれたものであり、パンデミック産業における多くの事柄と同様、極めて不正確なコンピューターモデルに基づいている。

批判的思考と診断テスト

医学の世界では、医師の教育の多くが、臨床アルゴリズム、標準化されたプロトコル、権威あるガイドライン(これらはすべて、患者の転帰を改善することが多いが、必ずしもそうとは限らない)に従うよう訓練されることにシフトしている。

先の例が示すように、全員に布製のマスクを着用させ、社会的距離を置くようにと言われれば、赤信号が発せられてもおかしくないはずだが、大多数の医師は、その推奨が理にかなっているかどうかを問うのではなく、与えられたガイドラインをただ患者や地域社会に押し付けるだけだった。

プロトコルにロボット的に従うことの問題点を浮き彫りにしている長年の分野に、診断検査の活用法がある。医師は何をすべきかわからないとき、アプローチの指針を得るために標準的な診断検査を行うのが一般的だ。 これは一見合理的に思えるが、問題は、医師がしばしば2歩先を考えず、検査をオーダーする前に次のようなことを尋ねないこと:

  • この検査の結果によって、私がこの患者をどのように治療するかが変わるだろうか?
  • この検査で患者に害を及ぼす可能性はどの程度か、またその可能性は検査の利点を上回るか?
  • この検査は、私がまだ知らないことを教えてくれる可能性がどの程度あるか?
  • 適切な理学的検査で、この検査で私が解明しようとしていることがわかるだろうか?

注:最後の点は、医学における大きな問題である。医学の訓練は、(人を評価する最も有用な方法であることが多い)詳細な身体検査を行うことから、高価な検査をたくさん指示することへと徐々にシフトしてきたため、豊かな国々では身体検査の多くが失われつつある。 これを証明することはできないが、私はこのシフトは医療業界の金儲けのために起こったと考えてきた。

このため、私は不必要な検査をたくさん受ける患者をよく見かける。 例えば、患者を専門医のところに送ると、専門医は通常、正当な理由がなくても、その専門分野のパンとバターのような検査をオーダーする。 多くの場合、私は患者を適切な専門医に紹介し、電話でその専門医に、その患者に必要だと思う検査内容と、その患者特有の状況に対してその専門医の標準的な検査を使わないように注意する理由を伝え、患者にも同じことを伝えた。

結局、患者にこのようなことが起こらないようにする最も効果的な方法は、患者に伝えることだと気づいた:

私があなたを紹介する医師は、この検査を指示するかもしれない。もしそうなら、その検査でどんな結果が出る可能性があるのか、それぞれの可能性はどの程度なのか、その結果によってあなたの症例の管理がどのように変わるのかを教えてもらうことだ。 また、検査による潜在的なリスクはないか、検査費用はいくらか、などを尋ねることもできるが、そもそも検査に意味があるのかどうかに焦点を当てるようにしよう。

私がこの問題に最もよく遭遇するのはMRIで、神経科医は、特に何が起こっているのか理解できない場合、MRIを使うのが一般的だ。MRI(またはCT)を撮影する際には、必ず造影剤を注射するオプションがある。 MRIで使用される主な造影剤はガドリニウムで、その磁気的特性によりMRI上で光になる金属である。

ガドリニウムは有毒な重金属であり、それを含む造影剤を投与された人は、時に重篤な後遺症(神経障害など)を引き起こすという不幸な副作用がある。 例えば、マディ・デガレイはファイザー社のワクチンを小児に投与する小規模臨床試験に登録された小児であった。 彼女は悪い反応を示したが、治験責任者たちはそれを隠蔽しようとした(彼女の怪我だけでは、ワクチンを小児に認可するには危険すぎるからだ)。最終的にガドリニウムMRIを受けたが、その時点で彼女は即座に、そして永久に歩行能力を失った。

要するに、ガドリニウム病を発症した人に何人も遭遇したため、私は可能な限り(特に敏感な患者には)MRIを避けるようにしている。 そうすることで、神経科医がガドリニウムMRIをどうしても受けさせたいと主張するケースの大半では、通常のMRIを受けるのと比べて、実質的な利益はない(例えば、最終的な検査結果があいまいなままであったり、ガドリニウムMRIが検出する可能性の高い診断に対して何もできなかったりする)ことを知った。にもかかわらず、また、ガドリニウムの害に関する十分な証拠が蓄積され、現在では多くの大規模なグループが、絶対に必要な場合を除き、ガドリニウムMRIを行わないよう推奨しているにもかかわらず、私が会うほとんどすべての医師が、いまだにこれらのMRIを推進している。

注:マンガンは、造影剤として機能するのに必要な磁気特性を持つ、はるかに安全な金属である。何十年もの間、安全で効果的であることを示す研究やデータがあるにもかかわらず、いまだに患者には使用されていない。

私が知っているCOVID-19ワクチンで負傷した患者の多くは、何十人もの医師(一流医療機関の専門医を含む)に診てもらっている。 それらの医師は、数え切れないほどの(必ずしも安全とは言えない)検査を命じており、その費用は非常に高額である(例えば、私の患者の一人は、30人以上の専門医に診てもらい、ほぼ100の検査を受けた-その多くは核アイソトープを注射する必要があった。 多くの場合、この問題が浮上するのは、ワクチンで負傷した患者の病態が、標準的な検査やラボでは検出できないものだからだ。

例えば、(スパイクプロテインに見られるような)強い正電荷によってゼータ電位が変化し、赤血球が凝集することで微小血栓が全身に生じると(こちらで説明)、無数の異なる複雑な問題が全身に現れるが、その多くは神経が機能するのに必要な血液を得られないことに起因する。 これらの微小血栓はMRIでは小さすぎて検出できないため、MRIはすべて「正常」である。 しかし、同じ患者で、微小血栓を検出するように設計された検査(例えば、実体顕微鏡で目の血管を調べる)で微小血栓を探すと、全身の微小血栓が簡単に確認できる。

SARS-CoV-2は無症状の人から感染するという非科学的な(そして大部分は誤りであることが証明された)仮定によって正当化され、大量に採用された。これらの検査には2つの大きな問題があった:

  • 第一に、PCR検査が既存のウイルスRNA断片を増幅する回数が適切な回数よりもはるかに多かったため、感度が正しく調整されておらず、実際にはSARS-CoV-2が存在しないにもかかわらず検出されることが頻繁にあった。
  • 第二に(前述した点から)、COVID検査陽性は、しばしば地域社会での疾病発生や、誰かが後に発病する可能性とは相関関係がなかった。むしろ、唯一の相関関係は、COVID症例数が検査実施数に正比例することであった。COVID-19が下水(COVIDは消化管に生息しているため)に含まれているかどうかを検査することで、ある地域でCOVID-19が急増するかどうかを検知する信頼性の高い非侵襲的な方法がすでにあったのだ。しかし、これは毎日何千件もの新たな感染者をリストアップするほど憂慮すべきことではなかったため、このはるかに実用的なアプローチがパンデミック対策の焦点となることはなかった。

その後、抗原検査が導入されたが、これは(検査機関からPCRの結果が出るまで待つ必要がなく)すぐに実施でき、さらに重要なことに、常に偽陽性を示すことがないため、はるかに有用であった。このばかばかしさを説明するために、私の病院では、同僚が入院の必要がないと思う患者が来ると、その患者に抗原検査を行った(通常は陰性で、したがって入院させる必要はなかった)。一方、入院の必要があると思う患者が来ると、その患者は常にPCR検査を受け、必ず陽性となった。

注:私の知っている何人かの人々は、鼻腔ぬぐい液からCOVIDに感染したか、あるいは検査会場で素早く強引にぬぐい液を採取した結果、鼻に大きな傷を負ったと考えている(これは間違いなく起こっている)。私が出くわした多くのケースでは、綿棒の後にCOVIDに感染しており、その時系列は両者が関連していることを強く主張していた。しかし、ライアン・コールが多くの綿棒を検査した結果、SARS-CoV-2が検出されたことは一度もなかった。このことから、これらの感染症は、病気でない人が検査を受けに行った際に、病気である人の近くにいて、エアロゾル化したSARS-CoV-2がその場にいた全員に感染した可能性が高いと私は考えている。

マスク着用

2019年後半にCOVID-19が発症したとき、私は非常に心配になり、一刻も早く効果的な治療法を見つける必要があると結論づけた。 同時に私は、HIVの対応がどうであったとしても、有効な治療法が日の目を見ることはないだろう、特にファウチ(HIVでこのようなことが起きた直接の責任者)がまだ責任者であることを考えれば、そうであろうとも認識していた。

中国やイタリアで見てきたことを踏まえ)ウイルスがもたらす危険性を考えると、治療ができると確信できるまではCOVIDに感染するリスクは冒せないと考えたのだ。 このような理由から、私はアメリカで最初にN-95を装着してマスクをした人間の一人であった(特に職場や会議、空港での移動の際にはそうしていた)。

注:エアロゾルが拡散する病原菌の場合、N-95は着用者にフィットしていないと、マスクと顔の隙間から侵入するだけで、実際には機能しない。さらに、多くの感染症では、感染経路が目や耳からであることが多く、人々は(例えば、触らないなど)保護することをほとんど考えない。ウイルス性の上気道炎の初期に、(例えば、過酸化水素で)耳をこまめに掃除することで、大きな違いが生まれる。

2020年5月までに、私はCOVID-19の治療ができると確信し、COVID患者のそばにいるときや法的に義務づけられているとき以外は、マスク着用を完全にやめた。

要するに、マスク着用は私がまったくやりたかったことではなかったが、当初は未知のことばかりであったため、COVID-19の治療法を考える間はマスク着用することに意味があると感じたのだ。 それとは対照的に、ほとんどの同僚は正反対のことをし、私の警告にまったく耳を貸さなかった(その結果、例えば、私がストックしておいたPPEがなくなる前に彼らに供給する必要が生じた)。

私が常に2歩先を考えていたのに対し、前節の診断検査で取り上げたように、彼らはそうせず、現行のガイドラインに従ったことをしただけだったからだ。私がCOVIDについて警告し、PPEの必要性を訴えたが無視された後、COVID-19を治療するために私が提案した治療法には誰も興味を示さなかった(ガイドラインになかったからだ)。

一旦マスク着用が軌道に乗ると、その大量採用に反対する主要な論点がいくつかあった:

  • 誰もマスクのつけ方を知らなかった(私には不可解だが、多くの医学生がマスクをしていないにもかかわらず、マスクで鼻を覆っていないにもかかわらず、マスクの着用を選択する医学生をいまだに見かける)。
  • マスクをした人が感染し、COVIDがエアロゾル感染であることを示す証拠がどんどん蓄積されていったため、布製マスクを正当化することはできなかった。
  • 人々はマスクによって、呼吸困難や呼吸器感染症の増加など、さまざまな健康被害を受けた。私が知った中で最も興味深かったのは、何年にもわたって患者の鼻腔内の細菌叢と真菌叢を検査してきた(これは一般的に複雑な病気に適用されるため)数人の統合医療に携わる同僚から聞いた話である。

ファウチとマスク

最近の記事で、私は、権力者は、プロパガンダによって大衆に真実を語っていると思わせることが可能であれば、一般的に嘘をつくという議論を展開した。COVID-19におけるファウチの二枚舌はその好例であり、彼が継続的に嘘をついていたことは証明できるし、その嘘のつき方は古典的なプロパガンダのテクニックの多くを用いていた。

ファウチが書いた2020年2月5日の電子メールを考えてみよう(当時私が信じていたことと本質的に一致している):

マスクは、感染していない人を感染から守るのではなく、感染している人が感染していない人に感染を広げるのを防ぐためのものである。

ドラッグストアで買う一般的なマスクは、ウイルスを防ぐ効果はあまりない。しかし、誰かがあなたに咳やくしゃみをした場合、その飛沫を防ぐという点では効果があるかもしれない。

特に、非常にリスクの低い場所に行くのだから、マスクの着用はお勧めしない。

しかし、周知のように、ファウチは、マスクが全く意味をなさないことを示す証拠がどんどん積み重なっていった後でも、代わりにマスクの主要なチアリーダーの一人となった。他の多くの政治家も同じように馬鹿げたデモを行い、彼の後を追った:

注:彼らは家ではこのようなことはしなかったと思われる

時が経つにつれ、世論はますますマスクに反対するようになった。やがてコクラン・レビュー(最も決定的なエビデンス)が発表され、布製マスクには効果がなく、N-95マスクにはわずかな効果があることが明らかになった(評価方法によって異なるが、布製マスクと比較して-10%、14%、30%の改善が見られた)。このレビューには、インフルエンザのような飛沫感染するウイルスも含まれていることに注意すべきである。

これらのことを考慮すると、ファウチがいまだにCOVID-19の使用を擁護するために無意味な嘘をついていることは注目に値する:

注:我々が使った無駄なアプローチについて特に不満に思うのは、同時に非常に効果的なアプローチが使われなかったことである。例えば、COVID-19はエアロゾルによって拡散することが知られており、(SARS-CoV-2のエアロゾルは消えるのではなく、その場に浮遊していたため)屋内の人々により深刻な影響を与えることが知られていたため、(窓を開けるなどして)換気を良くすることは簡単で非常にインパクトのあるアプローチであったが、誰も使わなかった。同様に、多くのグループが、安全な紫外線の周波数はウイルスを迅速に中和し、それらの手頃な(そして破壊的でない)紫外線ランプが配備された場所で、ウイルスが個人に感染するのを防ぐことができることを示すことができた。

強迫的な手洗い

CDCをはじめとする多くの機関は、できるだけ多くの手洗いを推奨するガイドラインを定期的に発表している。 これの問題点は、COVID-19が汚染された表面に接触した手によって感染することが示されなかったことである(飛沫による感染と誤って想定されていたのと同じである)。 何人かの医師は当初からこのことを指摘しており、2021年初めには、トップ科学雑誌の一つである『ネイチャー』誌が、表面を繰り返し消毒することに意味がないことを認めていた。同様に、最近のコクラン・レビューによれば、定期的な手洗いはせいぜい急性呼吸器感染症を11〜14%減少させる程度である。

それにもかかわらず、強制的な手洗いはパンデミック対策として定着した。 手洗いの注意喚起はいたるところで行われた。 20秒間手を洗い続けなかった者は定期的に叱責され、やがてあらゆる表面が有毒化学物質で定期的に消毒されるようになった。

私はこの様子を見ていて、強迫性障害の一般的な特徴として、強迫的に手を洗う傾向があることを思い出さずにはいられなかった(時には皮膚が損傷するほど)。 同じような神経症的症状を持つ人々が、パンデミック対策に最も熱心な層のひとつとなったことから、私はしばしば、集団手洗いキャンペーンは、パンデミック対策に闘う神経症的な社会構成員をリクルートするために、部分的に選ばれたのではないかと考えてきた。

このことは、より広範な論点に触れることになる。この記事で示そうとしているように、2020年にCOVIDに対処するために私たちが用いたほぼすべてのアプローチは、関係者全員にとって面倒なものであり、COVIDの予防に実益がないことがわかっている。このことは、キャンペーンの第一の目的は死亡者数を減らすことではなく、むしろそれらのアプローチを遵守するために必要な作業を国民一人一人にさせることであったことを論じている。

というのも、心理学では、ある考え方に関連する作業をすればするほど、その考え方を支持するようになることがよく知られているからだ。この原理は、アメリカ国内を含め、歴史を通じて他者を支配しようとする集団によって繰り返し利用されてきた(例えば、ナチスと戦うための軍需品にするために、子どもたちが一軒一軒廃品を集めて回ること-最終的にその金属が使われることはなかったが-など)。

戸締まり

ワクチン以前のCOVID政策で最も有害だったのは、間違いなく戸締まりだった。手洗いや社会的隔離、マスクの着用などを継続的に行ったことで、一般市民がすでにこれらすべてに慣れていたからこそ可能になったことだと私は考えている。このような儀式は、このような対策に抵抗する多くの国民を克服するには十分ではなかったので、ゴールポストを移動させるなど、他の卑劣な戦術が使われるのを私たちは見た。例えば、「蔓延を遅らせるための2週間」が結局どのくらい続いたか覚えているだろうか?

プロパガンダを乗り越えた途端、ロックダウンは意味をなさなくなった。例えば、2019年にWHOがこの件に関して何を言っていたかを考えてみよう:

コミュニティ環境におけるNPI(非薬物介入)の有効性に関するエビデンスは限られており、ほとんどの介入について全体的なエビデンスの質は非常に低かった。

手指衛生やフェイスマスクのような個人的防護措置が、せいぜいインフルエンザ感染にわずかな効果をもたらすことを実証する、質の高いランダム化比較試験(RCT)が数多くある。しかし、その他のNPIに関するRCTはほとんどなく、エビデンスの多くは観察研究やコンピューターシミュレーションによるものである。

学校閉鎖は、インフルエンザの伝播を減少させることができるが、緩和の目的を達成するためには、慎重に時期を決める必要がある。また、渡航制限や渡航禁止は、法外な経済効果をもたらす可能性が高い。

パンデミックの影響を緩和する最も効果的な戦略は、感染者と非感染者の接触を減らすことであり、それによって感染の拡大、病院のベッド需要のピーク、感染、入院、死亡の総数を減らすことができる。しかし、社会的距離を縮める対策(接触者追跡、隔離、検疫、学校や職場の対策や閉鎖、混雑の回避など)は非常に破壊的である可能性があり、これらの対策にかかるコストとその潜在的な影響を天秤にかけなければならない。

残念なことに、COVID-19に関するヒステリーが巻き起こった後では、こうしたことはすべて水の泡となった。ロックダウンの少し前に、厳格なロックダウンを即座に実施しなければ世界的な大惨事が起こるというモデルが提唱され、そのモデルは世界中の指導者たちにロックダウンを実施するしかないと納得させるのに大きな役割を果たした。そのモデルがどれほど「正確」であったかを説明しよう:

注:現存する証拠の多くは、監禁がCOVID-19の死亡率を減少させるのではなく、むしろ増加させたことを示唆している。

インペリアル・モデルの予測には多くの疑問があったはずだ(例えば、その著者は何十年もの間、過去の感染症アウトブレイクの深刻度を極端に過大評価することを繰り返してきたし、モデル自体も意味をなしていなかった)。しかし、COVID-19の正確な予測に何度も失敗しているにもかかわらず、その中核となる仮定が間違っていることを示すデータが入手できるようになっても、このモデルは異議を唱えられることもなく、更新されることもなかった。それどころか、指導者たちは(ロン・デサンティスのような少数の例外を除いて)議論をよく考えず、最も信頼できる専門家の言葉を鵜呑みにしただけだった。

一歩以上先を考えれば、(その使用を裏付ける証拠がない)ロックダウンが意味をなさないことは明らかだったはずなのに、これは残念なことだ。以下のことをそれぞれ考えてみよう:

  • ロックダウンは社会にとって非常にコストがかかるため、無期限に維持することはできない。
  • 一旦ロックダウンが解除されれば、防げたはずの事件もすべて起きてしまう。つまり、ロックダウンはせいぜい避けられない事態を遅らせることしかできないのだ。
  • ロックダウンが意味を持つ唯一の方法は、緊急治療のための時間稼ぎや、感染者が生き残る可能性が最も高い時期に確実に感染させるといった戦略的な文脈で行われる場合である。

それどころか、いったんロックダウンが推進されると、戦略的に有効なフォローアップはことごとく蔑ろにされた。例えばこうだ:

  • 例えば、独立した研究者が発見した(特許のない)COVID-19の治療法はことごとくブラックリストに載せられた。ビタミンDの摂取を勧めたり、のどや鼻の洗浄を勧めたりといった簡単なことでさえも(キシリトールと消毒薬を使用すれば、ウイルスが肺に到達する前にまずこれらの経路から侵入するため、初期のCOVID-19を治療する最も身近で効果的な方法であったと今では私は考えている)。
  • 人々は夏の間、屋内にとどまり、社会的に距離を置くよう奨励された(これは数々の理由から、選挙直前から翌年の冬にかけてCOVIDが流行することが予測できた)。
  • COVIDの感染リスクが最も低い人々が通常の生活に戻り、自然免疫を獲得することで、社会的に最も弱い立場にある人々を守ろうという提案(彼らの自然免疫が感染拡大を遅らせ、またCOVIDはウイルス学の法則に従い、より危険性の低い株に変異するため)は執拗に攻撃された。

残念なことに、医療関係者がまたもや2歩先を考えなかったため、ロックダウンの必然的な(そして後に証明された)失敗が考慮されることはなかった。

逆に、ロックダウンのコストは莫大であった。例えば、こうだ:

  • WHOによると、パンデミックの最初の1年間で、不安とうつ病の世界的有病率は25%も増加した。
  • 家庭内虐待は、閉鎖期間中に8.1%増加した。
  • 健康状態は全般的に悪化した。例えば、監禁が代謝の健康に及ぼす影響を定量化したある研究では、監禁期間中に1カ月あたり平均2ポンド体重が増加した。
  • 重要な評価や治療(例えば癌の治療)がスキップされた。

注:監禁期間中に乳幼児の突然死が前例のないほど減少した。これは、監禁期間中に乳幼児が定期予防接種の予約をスキップした結果起こるだろうと、ワクチン安全コミュニティの多くの人々が正確に予測していたことである。

  • 学校閉鎖(子どもたちにCOVID-19のリスクはなかったため、まったく正当化されなかった)は、アメリカ中の生徒の教育発達に壊滅的な影響を与えた。例えば、何年にもわたって子供たちをモニターしてきた研究者たちは、パンデミック中に生まれた子供たちの平均IQが100から78に低下したことを確認した(これは社会的に孤立し、マスク着用によって表情が隠されたためである可能性が高い)。22ポイントの低下の影響を定量化する:

IQ70~85は境界知的機能の閾値であり、厳密には認知障害であるが、欠損は知的障害ほど深刻ではなく、したがってこのグループは専門的なサービスを受ける資格があるほど十分な知的障害ではない可能性がある。 就学中、これらの人々は「学習が遅い」ことが多く、このグループの大部分は高校を卒業できない。 その結果、社会経済的に低い地位しか得られないことが多く、このグループのほとんどの大人は、他の集団に溶け込んでしまう。

  • ロックダウンは、1億人近い「歴史的に前例のない世界の貧困の増加」を引き起こし、極度の貧困は世界で11.6%増加した。
  • 億5千万人が必要な食料を得られなくなった。この世界的な飢餓の波の大きさは、言葉にするのはほとんど不可能である。
  • アメリカの中小企業の3分の1が廃業した。これらはしばしば世代を超えた富の源泉であり、さらに重要なことに、貧困から逃れる手段でもあった。
  • 史上最大の富の移転を目の当たりにした。2020年から2021年にかけて、億万長者は世界の家計資産の2%強を所有していたのが、3.5%になった。

上記の指摘はすべて完全に予測できたことであり、その多くはロックダウンを実施しない理由として明確に警告されていた。これらの点をひとつでも社会に押し付けることを正当化するには、本当に正当な理由が必要だと私は主張したい。しかし、その代わりに私たちは、最終的に何の利益ももたらさない投機的な措置であったロックダウンのために、これらすべて(そしてそれ以上)を行ったのである。

コロナワクチン・キャンペーンを目撃していなければ、COVIDロックダウンは歴史上最大の公衆衛生上の過ちの候補に挙げられていただろう。

コロナワクチン

COVID-19が地域社会に侵入する前に封鎖を実施することができれば、理論的には多くの人々が感染するのを永久に防ぐことができたというのが、封鎖に対する最大の論拠であったと私は考えている(ただし、WHOの2019年の報告書によれば、これが良いアイデアであるかどうかさえ不明であった)。

COVID-19のワクチン接種にも同様の問題があった。もしCOVIDが集団に侵入する前に何らかの方法で地域社会全体にワクチンを接種することが可能で、ワクチンが失敗した人(例えば免疫抑制者)が比較的少なければ、COVIDを消滅させることは可能だったかもしれない。しかし、もしそうならず、ウイルスがすでに存在しているにもかかわらず、一部の人にしかワクチンが接種されなかったとしたら、ウイルスは単に免疫のない人に感染し、その感染者の中でワクチンの対象外の株に急速に変異し、ワクチンを接種した人に感染することになる。

ワクチンはパンデミックの1年後まで利用できなかったので、ワクチンができることは、ワクチンが効かない変異株の進化の引き金になるだけであることは、本質的に当然の結論であった。さらに、有効性の観点から見ると、ワクチンには4つの大きな問題があった。

第一に、コロナウイルス、特にSARS-CoV-2は急速に変異することが知られている。変異のスピードが速いため、それに対するワクチンを作るのは非常に困難な課題だと考えられてきた。

第二に、選択されたワクチンデザインは1つの抗原(毒性スパイクプロテイン)しか作らないものであった。これはウイルスの中で最も急速に変異する部分のひとつであるため、現在流通しているCOVID株に対してワクチンが急速に効かなくなるのは当然の結論であった。ライアン・コールはこれを「なぜ絶滅したウイルスのワクチンを義務付けるのか?」と的確に要約している。

第三に、注射されたワクチンが作り出した免疫は血液中(ウイルスは感染後かなり遅れて侵入する)にしか存在せず、感染とその伝播を防げなかった。

最後に、SARS-CoV-2は変異が速いため、既存の株を特定し、それに適合するワクチンを製造し、その株がすでに絶滅に向かう前に集団に接種することはほとんど不可能である。

このワクチンもまた非常に実験的なものであり、(2歩先を考えれば)ロックダウンのように膨大な数の既知の潜在的リスクがあることを考えれば、この技術を全世界に注射することがなぜ良いアイデアなのか、正当化できる論拠を示すことは非常に困難だった。

たまたまそうなったが、ワクチンは最初から間違いだっただけでなく、私たちは本質的に最悪のシナリオを目の当たりにしたの:

  • 潜在的なリスクはすべて事実であることが判明し、スパイク・プロテイン・ワクチンは歴史上最も危険な医療製品のひとつとなった。
  • COVID-19は減少するどころか、多くの場合、罹患期間と罹患率を増加させた(これは時代が進むにつれて悪化の一途をたどっている)。
  • COVIDは当初、数回の波が来て絶滅すると予測されていた。ワクチンが登場した後、これは起こらず、代わりにCOVIDは今や日常生活に定着し、インフルエンザのように毎年の予防接種が「必要」になった。これを証明することはできないが、コロナワクチンを急速に市場に出そうと必死になっていたのは、ウイルスが絶滅して市場が存在しなくなる前にワクチンを作るためだと私は長い間考えていた。例えば、アフリカの数多くの国々がCOVID-19ワクチンを導入せず、COVIDはとっくの昔にそれらの国から姿を消していることを考えてみよう。

注:ウガンダの人口はアメリカより少ないが、死亡者総数はアメリカのグラフの方がはるかに多い。人口に比例した死亡者数を示すには、アメリカのグラフは7倍ほど大きくなるはずである。

SARS-CoV-2は急速に変異したため、私たちの多くは当初から、人々が感染するのを容認し、感染の危険性を軽減する治療を施し、自然免疫(ウイルスが耐性を獲得するのがはるかに難しい)を獲得させることでしか対処できないと信じていた。周知のように、これは実現しなかった。

それどころか、私たちは今、有毒なワクチンが毎年必要な製品として常態化しているのを目の当たりにしている。さらに悲しいことに、ゴールポストは公職のトップだけでなく、ファイザーの幹部(前述のスコット・ゴットリーブ元FDA長官)までもが全国ネットのテレビでこのワクチンを宣伝するまでに移動してしまった。

パンデミック政策の責任は誰にあるのか?

ピーター・ナヴァロとスコット・アトラス医学博士は、それぞれのホワイトハウス回想録の中で、COVID-19の対応で何が問題だったのかについて、私が出会った中で最高の要約を提供している。

ピーター・ナヴァロ

ナヴァロはCOVID-19が大問題に発展することを早くから認識していたが、彼が何かを始めようとしたとき、政権の他のメンバーは彼の悲惨な予測に同意しなかったため、彼を締め出した。結局、ナヴァロはトランプを説得し、専門家(ファウチなど)に逆らって中国からの渡航禁止措置を開始させることができた(これはメディアで広く非難された)。その後、パンデミックが始まると、彼はパンデミック対策が機能不全に陥っていることを観察し、ヒドロキシクロロキン(HCQ)のような実行可能な治療薬をウイルス治療に使用するよう働きかけ続けた(うまくいかなかったが)。彼がぶつかった障害は非常に示唆に富んでいた:

3月23日、トランプ大統領がFDAにHCQの使用を早めるよう約束した4日後、[HHS長官の]アザールとHHSの副官ボブ・カドレックは、ヒドロキシクロロキンをCCPウイルスの早期治療薬として外来で広くアメリカ国民が使用できるようにするよう、FDA官僚数人に明確な指示を与えた。

にもかかわらず、その5日後、FDA長官のスティーブン・ハーンとその後任のジャネット・ウッドコックを含むFDA官僚たちは、この大統領-アザール-カドレックの命令を完全に反故にした。代わりに3月28日、FDAはHCQの使用を入院患者の後期治療に制限する不正な指令を出した。

この不正な指令によって、FDAはHCQを外来患者の早期治療薬としての最良の使用法[そこでHCQは効果を発揮し、命を救う]から、入院患者の後期治療薬としての最悪の使用法へと転換することを事実上確実にしたのである。少なくとも世論の法廷では、このたった一つの決断は、殺人とまではいかなくても、過失による殺人に等しいことは間違いない。

しかし、アンソニー・ファウチの手にはさらに多くの血が流れることになる……ファウチの番(COVIDタスクフォース)になると、彼はすぐに「逸話的証拠しかない」というカードを切った。すぐに、私はペンス副大統領のすぐ後ろにある背もたれの椅子から立ち上がり、まっすぐファウチの方に歩いていった」

私が彼に近づいたとき、彼の目に恐怖が見えた。私が彼に肉体的暴行を加えるのではないかと、彼の脳裏をよぎったに違いない。その代わり、私は彼の前のテーブルの上に私の大きな研究資料を投げ出して、ファウチだけでなく、その場にいたすべての人、特に副大統領にこう言った。これはHCQを支持する50以上の科学的研究だ。50だ!だから、逸話的な証拠しかないというたわごとを言うのはやめてくれ。エイズ危機のとき、あなたたち以外の誰もが効くと知っていた薬の認可を拒否したように、あなたたちは人々を殺すことになるのだ」

4月23日、FDAのスティーブン・ハーン長官は、ヒドロキシ・ヒステリーの帆にさらに腐った空気を吹き込むような、またしても不正で不可解な行動に出た。ハーンの署名の下、FDAは「医薬品安全性情報」を発行し、HCQに関連する「異常な心臓リズムと死亡の可能性」を警告した[これは意図的に患者に毒性量を投与したある研究によるものである]。FDAはまた、この薬は病院内でのみ使用すべきで、外来患者には使用すべきではないと開業医に警告した。

ファウチ-ハーン-ウッドコック国家パンデミック戦略」は、初期段階の感染者を自宅に隔離し、入院させるまでヒドロキシクロロキンを投与しないというものである。入院後、ようやくヒドロキシクロロキンが投与されるのだが、このヒドロキシクロロキンは後期の治療ではあまり効果がない。FDAのやったことは、はっきり言って死神のように馬鹿げている。

FDAの警告の結果、HCQの需要はなくなり、医師は怖くて処方できなくなり、施設は処方を許可しなくなり、医師はさらなるHCQ試験のために患者を集めることができなくなった。ナヴァロは、アメリカ全土でCOVID-19を治療するのに十分な量のHCQを備蓄する先見の明があったのに、その代わりにCOVIDの治療法が提供されることはなく、何十万人ものアメリカ人が死亡したのだから。しかし、悪行が報われないことはない。およそ1年後、ハーン委員はその職を辞し、モデルナの親会社の最高医学責任者となった。

それから間もなくの6月、アザールは、安全性や有効性のエビデンスに大いに疑問があるにもかかわらず、レムデシビルの全供給量(約50万回分)を1回あたり約3200ドルで購入する契約を結んだ。各治療コースの適正価格は約310ドル(製造コストは約10ドル)と見積もられている。通常、政府がこのような規模の投資(例えば、レムデシビルの開発と入手の両方)を行う場合、その製品がどれほど危険で効果がないことが判明しようとも、その投資を活用するためにできることはすべて行うものである(これも同様に、政府がすでに支払ったワクチンをすべて「使用」しようとする動きがある理由のひとつである)。

ナヴァロがHCQについて語ったことは、私の同僚であり友人でもあるピエール・コリーが、イベルメクチンがCOVIDの治療に使用されるのを阻止するために政府機関が共謀して経験したこととほとんど同じである。

スコット・アトラス医学博士

ロックダウンが始まると、アトラス(高名な学会医師)は、ロックダウンには何の利益もなく、国に甚大な被害をもたらしていることに気づき、ロックダウンを率直に批判するようになった。トランプは最終的にアトラスに接触し、アトラスのアプローチがアメリカにとって正しいと感じたため、ホワイトハウスのCOVIDタスクフォースへの参加を要請した。

そこでアトラスは、ホワイトハウスの全員がCOVID-19タスクフォースの3人の医師の専門知識に委ね、アンソニー・ファウチ、デボラ・バークス、ロバート・レッドフィールド(CDC所長)が事実上COVID対策全体を指揮していることに気づいた。後に、彼らには疑わしい過去があり、トランプ大統領が彼らの誰かをタスクフォースから解任したら、3人とも辞めるという約束をしていたことが判明した。

例えば、1990年代初頭、レッドフィールドとバークスはともに陸軍の医学将校で、HIVワクチンの共同研究を行い、その効果を示唆する不正なデータを発表した。 彼らは軍によって調査され、意図的な科学的不正行為と詐欺で告発され、レッドフィールドはそれを自白した。それにもかかわらず、レッドフィールドは自分のワクチンが効いたと議会に嘘をつき(効かなかった)、自分のワクチンのために軍に2000万ドルの助成金を得ることができた。

注:ファウチもHIVワクチンの研究に深く関わっていたが、彼の同僚と同様、有効なワクチンを見つけることはできなかった。

アトラスはタスクフォース在籍中、特にファウチとバークスの無能ぶりを目の当たりにし、彼らが科学論文の簡単な概念を理解できないことをアトラスが疑ったほどである。彼が観察した例の多くはほとんど非現実的で、彼はCOVIDタスクフォースをマッドハッターのティーパーティーと呼ぶようになった(個人的には、アトラスの説明は『イディオクラシー』の大統領閣僚会議に最も近いと感じた)。

タスクフォースの中心的な問題は、最初からバークスがパンデミックに対する唯一の解決策は、可能な限り多くのテストを実施することであり、テストによって得られた陽性例をマスク義務や州知事を脅して州を封鎖することを正当化するために利用することだと確信していたことである(多くの共和党知事が、バークスが絶えず与えていた役に立たないアドバイスについてアトラスに苦情を言うに至った)。アトラスがどのような反論やデータ(例えば、COVIDは子供にとって危険ではないので、学校を封鎖する理由はないなど)を持ち出しても、バークスの考えを変えさせることはできず、バークスの政策に反対する機運が高まった場合、彼女は感情的な未熟さを顕著に示していた。

まれに、アトラスがタスクフォースの他のメンバーを説得し、ロックダウンを支持するのではなく、最も弱いグループ(特に高齢者)に的を絞った保護を行うよう前進させることができた場合、誰かがタスクフォースで起こったことを全国メディアにリークする。そして、集団免疫戦略は経済のために多数のアメリカ人の命を犠牲にするものだとするヒステリーが即座に放送され(多くの場合、ファウチがマスコミに発表した声明によって補強された)、その結果、アトラスの提案は、選挙前にその戦略が引き起こすであろう政治的反発を避けるために撤回されることになった。

アトラスの回顧録の書評からの引用は、パンデミック対応中にホワイトハウス内で起こったことの多くを完璧に要約している:

タスクフォースを辞職する際、トランプ大統領に電話したところ、大統領はこう言ったとアトラスは書いている。そして知っているか?君は他のことについても正しかった。ファウチは最大の問題ではなかった。本当に彼ではなかったのだ。アトラスは、彼女を恐れていた側近たちに別れを告げずにはいられなかった。彼らが大統領執務室のスピーカーフォンで聞いていることを知りながら、アトラスはこう言った。あなたには度胸がある。私は度胸がある。でも、あなたの周りにいた親しい人たちはそうじゃなかった。彼らは度胸がなかった。彼らはあなたを失望させた。彼らは他の国々をも失望させたのだ」

注:COVIDタスクフォースを去った後、2022年7月にバークスの行動を示す最も重要な例のひとつがあった(皮肉なことに、彼女はCOVID-19のようなものから地域を消毒するために紫外線を使用する民間企業の最高医療責任者である)。2022年7月のインタビューでは、彼女はワクチンを過剰投与し、感染から守れないことを知っていたことを認めている:

奇妙なことに、アトラスが調査したところ、なぜビルクスがCOVID-19対策本部に所属することになったのか、実は誰も知らなかった。

結論

COVID-19の対応中に目撃された膨大なミスの多くは、それがまったく非科学的であったために起こったと言えると思う。例えば、パンデミックへの対処法を科学的に決定する最も適切な方法は、関連する各分野(経済学、疫学、ウイルス学、免疫学、ワクチン学、分子生物学、進化生物学など)の専門家からなる国際チームを招集し、どのアプローチが最も理にかなっているかを精力的に議論することだっただろう。

その代わりに、マスコミが彼らをかばったために、それらの分野ではまったく無能な少数の医師たちが、起こることすべてを絶対的に支配する公衆衛生の独裁者となることができた。その結果、私たちは皆、彼らのひどい決断の代償を払うことになった(例えば、全員を隔離することで短期的に病院のベッドを確保しようとする一心)。

呼吸器パンデミックに対処するためのWHOの2019年ガイダンスが、2020年と2021年を通して実際に制定されたものと比べてどうだったかを少し考えてみよう:

先月、これらの対策の多くがこの秋に復活する可能性があるとの報道を耳にするようになってから、私はこの記事を書き、何が起こったのかの背後にある歴史的背景を見直す必要があると感じた。

例えば、マスクの義務化は不合理であるとして、トランプ大統領はCDCの義務化を阻止したが、バイデンが大統領に就任して1カ月も経たないうちに、CDCは全米規模の義務化を実施し、全米の航空旅客に影響を与えた。数カ月後、CDCが義務付けを実施することで法的権限を超えたとしてバイデン政権を提訴し、覚えている人も多いだろうが(私の飛行機では全員が拍手喝采に包まれた)、2022年4月18日、連邦判事は原告側を支持し、マスク義務付けを覆した。

CDCは司法省にこの判決を覆すよう要請したため、CDCの違法な行き過ぎを懸念する23の州が2022年8月、司法長官らにこの判決が上訴されることに反対するアミカスブリーフを提出させた(17人の下院議員も同様)。CDCの全国マスク義務化の違法性は明らかであったため、バイデンの司法省が最初の判決を覆す独創的な方法を考え出すのに1年を要した。

2023年5月、バイデン政権はCOVID-19の緊急事態を終了させ、パンデミック期間中の彼らの行為に対して起こされた訴訟を、違法なマスク義務付けはもはや存在しないとして無効とするよう動いた。その結果、第11巡回区裁判所は6-22-23に次のような判決を下した:

本件が無効とされた場合、義務付けが復活することを期待する合理的な根拠はない……また、CDCが同一の義務付けを公布する計画があるという証拠は一粒もない。

我々は、CDCがすべての輸送機関と輸送ハブに対して全国的なマスク義務付けを再度発令するという合理的な期待があるという被控訴人らの主張は、せいぜい推測に過ぎないと判断する。

従って、連邦地裁の命令と判決は破棄され、連邦地裁は本件をMOOTとして却下するよう指示される。

司法省といえども法的資源には限りがあるため、バイデン政権が裁判官の判決を不服として控訴に力を注いでいるのは、将来的に不人気な国家命令を復活させたいからだろうと私は考えていた。そう考えると、将来的なマスク義務化はないと約束することが、マスク義務化を復活させるための障壁を取り除くために最終的に使われた戦術であったというのは、何とも見ごたえのある話である。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker