mRNAワクチンのDNA汚染報告に関する緊急専門家ヒアリング
Urgent Expert Hearing on Reports of DNA Contamination in mRNA Vaccines

強調オフ

ケビン・マッカーナン、SV40、DNA混入ターボ癌テス・ローリー/世界健康評議会(WCH)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Urgent Expert Hearing on Reports of DNA Contamination in mRNA Vaccines

 

注:未レビュー・未編集です。DeepL翻訳による訳抜けが多いと思います。文字起こしの下訳として自由にご利用ください。

世界健康評議会は、専門家アドバイザーの協力を得て、健康と福祉を促進するために、正確で信頼できる情報を一般の人々に提供することに専心しています。この度、世界健康評議会は、mRNAワクチンに含まれる細菌DNAや遺伝子配列に関する最近の懸念に鑑み、この重要なテーマに関する緊急専門家ヒアリングを開催しました。

国際専門家パネル ケビン・マッカーナン、ジャンシ・リンゼイ博士、スチャリット・バクディ教授、バイラム・ブライドル准教授、ピーター・マッカロー博士、ブリジット・ケーニッヒ教授、ジェシカ・ローズ博士、アレクサンドラ・ヘンリオン=クード博士、ケイティ・アシュビー=コペンス。

DOクリストフプロテ0:23

さて、私はBombSquadがその後どのようにkonichiwa wと月曜日の健康のための世界評議会の公聴会の私たちの専門家からおはようだけを伝えることができるように学んだと言ったとき、こんばんは2023年10月9日、そしておそらく私たちの時代の最も重要なトピックです。

COVIDワクチンのプラスミド汚染と、世界のほぼ4分の3で使用されているmRNA技術の潜在的なゲノム干渉または統合というトピックについて、世界有数の専門家9名をお招きできることを大変光栄に思います。ケビン・マッカーナン氏をお迎えします。

ジェンセンリンセイ博士、Superetteバクティ教授。アレクサンダー・メモリー教授バイロン・ブラウン教授、ピーター・マッカロー博士、ブリギッタ・クルニッチ教授、ジェシカ・ローズ博士、ケイティ・アシュビー・コペンズさん、そしてこの重要なパネルに参加していただき、ありがとうございます。その前に、マークさん、視聴者の皆さんに重要なメッセージをお願いします。

マーク・トロッツィ 1:21

はい、皆さん、私たちはサイバー攻撃を受けています。そして、今日明らかになったことを考えると、私たちはそれに備える必要があると思います。

したがって、ニュースルームへのアクセスに問題が発生した場合に、再度参加できるように準備ができている他のバックアップ プラットフォームが複数あることを皆さんに知っていただきたいと思います。

ツイッター、フェイスブック、リンクトイン、ゲッター・オデッセイ・ランブルなどです。また、world counts for health.orgでもご覧いただけます。ウェブサイト、フォワードスラッシュDNA。

何かあったら、world counts for health.orgのフォワードスラッシュDNAにアクセスしてください。そして、ランブルライブを含むすべてのバックアップリンクを見つけることができます。もうひとつ、クリストフさん、始める前にこのポーズをとっている間に、これはダビデ対ゴリアテの戦いだということをお伝えしておきたいと思います。

ご存知のように、世界的な殺人組織は年間90億ドル以上の予算で運営されており、世界中に押し付けられたナンセンスな行為のパイプ役を果たしています。私たちは、多くの同盟国とともに、健康のための世界会議で非常に効果的であったと思います。

ですから、この闘いに資金を提供し続けたいのであれば、ワールド・カウンセラー・ヘルス.orgのウェブサイトへのご支援とご寄付に感謝していることをお伝えしたいと思います。そしてその時点で、クリストフ、あなたと私はいくつかの画像を引っ張り出して、背景となぜこれが今夜とても重要なのかについて少し話したいと思います。

クリストフ・プロテ 3:00

ええ、つまり、始める前に、なぜマークさんは個人的にこれが重要なトピックだとお考えなのでしょうか?そして、なぜ今夜、このトピックについて、さまざまな専門分野を持つ素晴らしい専門家たちがここに集まったのでしょうか?そうですね、

マーク・トロッツィ 3:16

ここ数年を見ると、多くのレッドラインが越えられたと思います。そして、これをCOVIDの人道に対する罪と考えないほど素朴な人はほとんどいないと思います。私が2021年12月を読んだのは、私たちがこれらの注射の中止命令を出してからです。

そしてそれは、何が含まれているかが分かっていることだけを根拠として行うことができます。私たちは同盟国とともに、地政学的な人権問題だけでなく、多くの人々の健康への影響に対処してきました。また、注射を打つ人の数が減少しているにもかかわらず、死亡率と負傷率は上昇し続けています。

私たちは、スパイク・プロテインがいつまで生産され続けるのか、非常に懸念しています。確かに、剖検などでは、注射を打ったあともずっと、人々が自分の体にスパイクを打ち続けていることが明らかになっています。そして、今夜の発見は、マッカーナン博士をお招きしているのですが、注注射液中の約35%のDNAプラスミドのDNAの発見であり、完全に違法と宣言されておらず、ご存知のとおり、配列が含まれています

ですから、私たちは仲間の健康のために何をすべきかという点で、崖っぷちに立たされているのです。そしてまた、何かがなされる前に、これがどれだけ犯罪的なものにならなければならないのかという崖っぷちにも立たされているのです。そして、これが転機となり、法の支配と人権が回復し、正義の実現と補償が行われることを願っています。

クリストフ・プロテ 5:01

それでは、これまでに分かっていることと、現在の段階について簡単にまとめてみたいと思います。エマ、最初のスライドをご覧ください。コンタミネーション・プラズミック・ゲートの発見を「コンタミネーション・プラズミック・ゲート」と呼ぶ人もいますが、これは非常に適切な言葉でしょう。

これらの遺伝子組換えはすべて、個々の動植物に劇的な影響を及ぼし、環境にとって悲惨な結果をもたらしました。2021年、初めて遺伝子治療薬が一般に公開されました。ですから、私たちはこれを人間改造、第4の革命と呼んでいます。次のスライドをご覧ください。

しかし、過去の話題に入る前に、mRNAコビッドワクチンがこの世界にとってどのような意味を持つのか、私たちが知っていること、これまでのことを振り返ってみましょう、

マーク・トロッツィ 6:24

はい、もちろんです。まず、エランドを手に入れるための口実として、コロナウイルスの大流行がありました。つまり、数学的には、それは本当にサポートされていません。しかし、この時点で私たち全員が認識していることは、遺伝子注射ではなく、実際のワクチン、コロナウイルスのワクチン実験を見ると、抗体依存性増強と呼ばれる現象が見られます。つまり、このようなことが起こるということは、最も早い段階でレッドラインが引かれたのです。

DOクリストフ・プロテ 7:08

通常、新しいワクチンの承認には10年ほどかかりますが、このワクチンは基本的に数ヶ月で上市の権利が与えられました。というのも、もし既存の効率的な治療法があれば、このような事態は起こりえなかったからです。なぜなら、もし既存の効率的な治療法があれば、このような事態は起きなかったかもしれないからです。そのため、治療法は抑制され、すでに既存のプロトコルを使用していた人々は、実際に市場から排除され、ライセンスを取り上げられました。知識はすべて抑圧され、今こうしている間にも抑圧されているのです。

マーク・トロッツィ 7:52

そして、本質的に人類を遺伝子侵略へと導くもう1つのステップが、Whoのような人たちによる妄信的な言葉遊びと、ワクチンという言葉の再定義でした。ワクチンとは、弱毒化したウイルスや断片化したウイルスの数100個の粒子を意味します。

この場合、ハイテクのペグ化ナノ粒子が胎盤を通して体内のあらゆる組織、胎児の脳にまで侵入し、スパイクプロテインや毒素の遺伝子コード約40兆コピーを運びます。そして今、私たちはそこに含まれる他の遺伝子コードについても発見し、今夜さらに詳しく知ることになるでしょう。食事療法をワクチンとして再定義することは、本当に犯罪的な事業の新たな一歩でした。

クリストフ・プロテ 8:49

今となってはよくわかることですが、2020年にmRNA、つまり逆カンマのワクチンという用語が登場します。そのため、事前の臨床試験はすべて失敗に終わりました。コロナウイルスワクチンを開発するための試験もすべて失敗しました。

マーク・トロッツィ 9:09

そうですね。あるものを定義する2つの方法は、それが何でできていて、何をするものなのかということです。だから、どんな合理的な基準でもワクチンではないということはすでに話しました。しかし、それはまた、ワクチンが想定していることを行っていません。

感染を止めず、感染を止めないのです。そして、予測されていた通り、また世界中のデータからも明らかなように、極めて逆効果なのです。COVID-19が重症化する可能性が高まるのです。例えば、最近のいくつかの研究では、1回の注射で約17%です。

DOクリストフ・プロテ 9:41

次のスライドをどうぞ。そして、mRNAという名の短命の生化学物質をより長く持続させるために、通常は10分間しか存在しないものを改変する必要がありました。効果が長くなり、より多くのスパイクタンパク質が生成されます。その結果、効果が数時間、数日、あるいは数週間続くこともあるのです。

マーク・トロッツィ 10:14

さらに、遺伝子ペイロードを送達するために使われるペグ化脂質ナノ粒子。それはあらゆる組織に侵入し、あらゆる神聖な障壁を越えるための究極のトロイの木馬であるだけでなく、それ自体、これらのペグ化脂質ナノ粒子は有毒です。それが、この注射がワクチンよりも高いアナフィラキシーショックを引き起こす理由のひとつなのです。

DOクリストフ・プロテ 10:39

そして伝統的な意味でのワクチンには病原性のある部分は含まれていません。しかし、最も驚くべきことは、コロナウイルスがスパイクプロテインを病原体として持っているということです。そして私たちの体は、このウイルスの他の部分は作らず、代わりに毒性の強いスパイクプロテインを作るように指示されていたのです。

マーク・トロッツィ 11:03

そして、死亡や有害事象という点で、注射の影響は前例のないものでした。そしてそれはデータから明らかにされており、今夜ここにいる何人かの科学者はそれを明らかにするために素晴らしい仕事をしてくれました。1,700万から2,000万人の死亡者数です。これは先週発表されたダニー・ランドのコースワークによる1カ月半前の図です。しかし、私たちは歴史上前例のない人間の死亡率を目の当たりにしているのです。

クリストフ・プロテ 11:34

このウイルスの致死率は普通のインフルエンザと非常によく似ていますが、平均年齢が82歳で、いくつかの合併症を持つ人々が罹患しています。しかし皮肉なことに、最近の研究で、この年齢層が注射の結果として死亡する可能性が最も高いことが明らかになりました。

マーク・トロッツィ 12:01

そしてまあ、コロナウイルスは人々を傷つける能力を高めているのです。その結果、あらゆる種類の感染症が増加し、珍しいターボがんが劇的に増加しているのです。

DO クリストフ・プロテ 12:18

その背後にある技術は、細胞内で生成されるスパイクプロテインを異物として認識させる一方で、多くの自己免疫、自己免疫疾患の引き金にもなっているのです。

マーク・トロッツィ 12:36

また、DNA修復機構にダメージを与え、腫瘍の抑制を阻害するという影響もあります。

クリストフ・プロテ 12:44

現在では、この技術の悪影響を証明する研究は1000件を超えています。次のスライドをどうぞ。さて、今晩の話題に戻りますが、最も懸念されることの1つは、私たちの体に遺伝的介入を行った場合、その効果は持続するのかということです。2022年、スウェーデンで最初の研究が行われ、いわゆる逆転写、つまり肝臓細胞へのゲノムの統合が示されました。

次のスライド

マーク・トロッツィ 13:31

さて、これだけではまだ十分でないかのように、赤線は十分に越えられました。さて、次はプラスミドゲートです。今夜の最初の講演者はケヴィン・マッカーナンです。彼はこのことを最初に暴露しましたが、このことは世界中の多くの研究室で再現され、現在も再現され続けています。メッセンジャーRNAをワクチンと偽って注射したところ、約30%のDNA、DNAプラスミドを持っていたことが判明したのです。

DOクリストフ・プロテ 14:24

次のスライドをどうぞ。プラスミドが何かご存じない方のために説明しますと、プラスミドとは環状DNAのことで、その中に遺伝子を改変してmRNAを産生するための要素を組み込んだものです。ということは、プラスミドはmRNAの産生部位であり、ワクチンには含まれていないはずです。なぜなら、それらはmRNAの産生場所だからです。また、抗生物質に対する耐性も生じます。次のスライド

マーク・トロッツィ 15:02

では、このDNA、つまり外来のDNAが私たち自身の染色体に組み込まれる可能性を考えたとき、それは可能なのでしょうか?可能です。可能です。可能です。少なくとも6つか7つの方法で、このようなことが可能になったり、もっともらしくなったりするのです。ですから、これは非常に深刻な問題です。そして、罪のない人々が知らないうちに遺伝子を侵されているというのは、決して大げさな話ではありません。

クリストフ・プロテ 15:35

次のスライドをお願いします。先ほどマークも言っていました。今夜ここでお話しする、SB40が含まれていることが非常に気になります。これはプラスミドを作る際に意図的に組み込まれたようです。脂質ナノ粒子はRNAをmRNAを覆い、プラスミドを核内に運ぶことができます。では、先に進みますので、印を付けてください。

マーク・トロッツィ 16:14

クリストフ、どうもありがとうございました。それでは、この壮大な時代に私たちが歴史の中でどのような位置にいるのか、序論を踏まえて、専門家パネルに感謝しつつ、ケビン・マッカーナンから始めたいと思います。彼はアジンコート・バイオサイエンシズ社を共同設立し、売却されるまでCSOを務めました。

2005年に共同設立したブレイクスルーシーケンシング技術を提供する新興企業、アジンコート・パーソナル・ゲノミクスの社長兼最高経営責任者。2023年ケビンはメッセンジャーRNAワクチンをポジティブコントロールとして使用し、大麻におけるホップ晩期およびウイロイド感染の病原性を理解することを目的としたRNA配列実験を行いました。

そしてこの配列決定により、広く投与されているメッセンジャーRNAワクチンに二本鎖DNAが混入していることが明らかになりました。ケヴィンはこの発見の最前線に立ち、デビッド・スペラ委員長をはじめ、世界中の研究室を支援してきました。

それでは早速ですが、ケビンさん、前に出てきて聴衆を啓発してください。日間にわたる大変興味深い講義になると思います。しかし、簡単に言えば、あなたが発見したこと、そして私たちが今どのような状況にあるのかについて、聴衆に理解を深めてもらう手助けをしてもらえればと思います。

ケビン・マッカーナン 17:32

もちろんです。お招きいただきありがとうございます。わかりました。技術的な詳細と、ここで測定しているもの、そしてどのようにそれに遭遇したかについて触れたいと思います。メッセンジャーRNAワクチンの中に含まれるプラスミドの量についてです。

私はC 19で研究しているわけではありません。スペースこれは4月にマークが言っていたRNA配列決定を行ったプレプリントから始まりました。そのプレプリントにはないことですが、Reza flevyとJosh GoodesがBMJ誌で発表したことで、実際に承認されたバイアル、あるいは一般に配布されたバイアルではないのですが、臨床試験は、スパイクプロテインを作るためのRNAに変化するDNAを作るためにPCRを使用するプロセス1と呼ばれるもので実施されました。

治験が終わると、彼らは切り替えました。大腸菌でDNAを製造する製造工程に移行したのです。それに伴い、別のリスクも生じます。左側にあるのはクリーンなDNAで、大腸菌のバックグラウンドがなく、エンドトキシンも存在しない加工されたものです。

このプラスミドを大腸菌に入れて増殖させ、複製します。そして今度は大腸菌からDNAを取り出さなければなりません。残念なことに、大腸菌にはアナフィラキシーを引き起こす可能性のある部分、エンドトキシンと呼ばれるものがあります。また、実際の臨床試験には存在しなかった追加のDNAを持つプラスミドもあります。

そこで私たちは、実際には有効期限切れではないが臨床医が使用したものと、未開封だが有効期限切れのものとが混在するロットのシークエンシングを開始しました。これらはファイザーの一価ワクチン、ジョージアとファイザーのEPI一価ワクチンです。

これらの配列を調べてみて、最も印象的だったのは、ファイザーのワクチンには実は規制当局に開示されていない成分があったということです。そして、現在このDNA配列の中にあることが知られているSP40の成分については言及されていません。

左のプラスミドは私たちが実際に発見したもので、長さは非常に似ていますが、規制当局にもこれを服用する患者にも開示されていない他のすべての成分が含まれています。なぜSB40にこだわるのですか?SB40は既知のツールです。デビッド・ディーンの研究室がよく研究している72塩基対のエンハンサーです。

このエンハンサーは転写因子Asと結合し、それに結合したDNAを核内に引きずり込むので、遺伝子治療のためのツールとしてよく知られています。この物質をカプセル化した脂質ナノ粒子があれば、トロイの木馬を使って細胞にも入ることができます。

シークエンシングを見つけた後、私たちはどうしたかというと、査読はかなり難しく、長い時間がかかることがわかっていました。ですから、そのような状況でできる最善のことは、査読が行われるよりも早く、他の人がその研究を再現できるような方法を発表することです。

そして、まさにそれが起こったのです。そこで私たちは3種類のアッセイを設計しました。ひとつはベクター、つまりプラスミド内の細菌複製起点をターゲットにしたもの、もうひとつはスパイクプロテインをターゲットにしたもので、現在3つ目のエッセイを作成中です。

シーケンシング、すみません、定量的PCRでは35%という数字は出ません。PCRではそれよりずっと低い数値になります。PCRがバイアルに含まれるすべてのDNA断片を捕捉できない理由も説明します。100倍希釈なら CTSは22%台で- 17%台になります。

例えば、COVID検査で陽性と判定された場合、CTは35となります。これは対数2のスケールで、私たちが実際のワクチンで人々に注射しているものより約100万倍少ない物質です。つまり、COVID検査では陽性と判定される可能性があり、COVID検査では陽性と判定される可能性があります。

ですから、そこには多くのものが含まれているのです。この研究に対する批判の中には、これらのワクチンは期限切れのものであり、期限切れのワクチンを人に注射したのだというものがあります。それはあまり良い議論ではありません。

しかし、ファイザーが使用しているRNA完全性アッセイを実施することで、これらのワクチンがどの程度劣化しているかを測定することもできます。私たちはそれを行いましたが、現在までに配列が決定されたバイアルでは過度の劣化は見られませんでした。また、これらのワクチンに触れたことのある他の人々が、有効期限切れでなく、私たちが受け取ったものよりも保存状態が良好なワクチンの配列を決定することになるでしょう。

日本のあるグループが私たちのシーケンス・データを用いて再構築したところ、私たちが発見したものと同じベクターが検出されたのです。ツイッターで噂を聞いたのですが、フランスやDDの本物のスラブでもDNAが見つかったそうです。

私はまだその方法を見たことがありませんが、それについてはさらに議論する余地があります。ウィリアム・アングルもヨーロッパで自分の小瓶の塩基配列を決定し、ファイザーの塩基配列も見つけました。しかし、EMAはファイザーのバイアル瓶に含まれるDNA汚染のばらつきが大きいことを指摘しているのですから、これは誰も驚くことではありません。

EMAはバイアルに含まれるDNA汚染のばらつきの大きさを指摘しています。EMAはこれを測定しませんでした。これはファイザーがEMAに提出したデータです。それ以来、フィリップ・バックホルツの研究によって、より定量的な再現が行われるようになりました。

彼はまた、オックスフォード・ナノポア(Oxford Nanopore)でもシーケンスを行い、フラグメントのサイズ分布を明らかにしました。これは定量的な再現ではありませんが、プライマーが実際にこのベクターをターゲットにしていることを、金本位的に確認することができました。

コニングはドイツでもこれを再現しました。私がこのことを強調する理由は、査読を通過した論文の半分は再現できないからです。ですから、注目すべきは査読ではなく、再現性なのです。そして今日触れたいのは、デイビッドの研究室から出たばかりの新しいデータです。

彼は24本のバイアルを研究し、これは現在までに行われた最大の研究です。彼に連絡を取るには、左の連絡先に連絡してください。彼は24の異なるファイルを調べました。8つのリバイザー12から 12のデュルナンからです。小瓶の一つ一つに DNAが検出されました。

大半のバイアルは FDAの制限値10ナノグラム以下です。なぜその数値が恣意的なのか触れるつもりです。測定方法に基づいてしかし、ファイザーのバイアルは3本とも制限値を超えていました。ジェシカ・ローズさん、この点については後で少し触れますが、有害事象はDNA濃度が高いバイアルほど多く見られます。

デビッド・ワイズマンが作成した用量反応曲線に当てはめると、少ないサンプル数でも用量に応じた反応があることがわかります。このデータには他の交絡因子が含まれている可能性があります。私たちがコントロールできないのは、プロセス3と呼んでいるものですが、製造工程でもう一つ変更があり、PBS中のトリスを変更したのです。

これには、私たちがまだ考慮していない影響があり、この用量反応曲線に見られるシグナルを混乱させている可能性があります。では、どのような技術を使うかによって、どのような測定が行われるのか、いろいろ触れてみたいと思います。ニュースでは様々な数値が発表されていますが、それは異なるツールを使えば異なる数値が出るからです。

なぜなら、異なるツールを使えば、異なる数値が得られるからです。そして、これは規制の脆弱性でもあります。このツールをオックスフォード・ナノポア(Oxford Nanopore)に通すと、すべての分子を単一分子として配列し、大きな断片を見事に見つけることができます。

実際、ある断片を見つけたのですが、その断片は866という短いもので、長さ3.5キロバイト、プラスミドのバックボーン全体を網羅する小さなシーケンスランを読みました。もうひとつは2.5KBでした。しかし、これに関して知っておくべき重要なことは、非常に小さな分子を捕捉するのはあまりうまくいかないということです。

この分子分布図からわかるように、実際には多くの分子は小さい。これを取り除こうとしているのです。しかし、これを取り除く過程で、DNAの統合にとって少し危険なものを作り出しているのです。これは、オックスフォード・ナノポアに送られる前にDNAを精製するためのプロセスで、アンピュアと呼ばれています。

私はこれに詳しいです。私はこのツールの商品化に多くの時間を費やしましたが、このツールは小さな分子をうまく捕捉することができません。そのため、本当に小さな物質は取り除かれてしまうのです。ですから、オックスフォード・ナノポアを使用した場合、qPCRを使用した場合でも、小さな物質を過小評価していることになります。

100塩基より小さいものはqPCRでは増幅されません。そして、見逃してしまうのです。しかし、このDNAを蛍光光度計にかけると、どんな長さのDNAでも染色され、10倍から100倍高い数値が得られ、まだら模様になります。というのも、規制当局が規制に合わせて帳尻を合わせるために、RNAについては蛍光光度計のデータを、DNAについてはqPCRのデータを提供したからです。しかし、このようなことは、私たち全員が今後規制を作る際に注意を払う必要があることです。

DNAのリスクは?血栓促進作用として、インターフェロン反応を引き起こす可能性を示唆する論文がいくつか出ています。キース・ペデン(Keith Peden)氏はFDAで、ゲノム統合のリスクについて発表しています。

というのも、彼の論文はDNAのナノグラムについて触れていますが、私たちが本当に話すべきはDNAのコピー数だからです。モル濃度は、DNAの粘着性のある末端、活性な5つのプライムヒドロキシルとリン酸塩の濃度であり、統合のリスクを支配するため、より重要なのです。

この点について触れ、実際にどの程度のものが統合されるのかをお見せしましょう。また、DNAがパッケージ化されていることも分かっています。ワクチンに核を加えてもCTスコアは変わりませんから、DNAがLLP内にパッケージ化されていることが分かります。

いいですか?さて、これには問題があります。プラスミドDNAが周りにあるということは、脂質があるということであり、大腸菌由来のエンドトキシンがあるということです。また、スパイクプロテインを発現させると、エンドトキシンの影響が悪化することもわかっています。

ですから、読み取りの悪さと、エンドトキシンの影響を悪化させるタンパク質が発現しているという組み合わせは、エンドトキシンの数値に細心の注意を払う必要があるということです。エンドトキシンは体内のあらゆる場所で検出されることは、皆さんよくご存知だと思います。

生物学的分布に関する研究では、このことが触れられています。最後の数枚のスライドで、癌についてのご指摘に触れますが、私たちは常に癌をキャンセルしています。つまり、通常、癌を引き起こすには複数のことが必要なのです。

ですから、DNAを増やすだけではうまくいかないかもしれません。突然変異発生率は上がるかもしれません。しかし、もしあなたが慢性的な自然免疫系にも問題を抱えているのでなければ、これらのワクチンと好中球減少症の組み合わせで、IgGの作用の一部とメチルスロイリンの作用の一部が一致することがわかっているように、この組み合わせは本当に強力な組み合わせになり得ます。

3つ目のポイントは、ゲノムの守護神であるP53とブラカを阻害していることを示唆する論文があることです。つ目。この3つがパーフェクト・ストーム(パーフェクト・ストーム)を引き起こし、ガンの増加を引き起こしているのです。マサチューセッツ州の死亡記録を調べたジョン・ボールドウィンの研究は、ワクチン接種後にガンが増加していることを明確に示しています。

では、最後のスライドです。私たちはこれらのプライマー配列を公開し、誰でもダウンロードできるようにしました。血液バンク、精子バンク、不妊治療クリニック、母乳、移植臓器、生検に関心のある人たちから問い合わせがあり、11月下旬には約5000件の検査ができる予定です。今こそ、明確なラボを立ち上げ、IRBを設置し、傷害を負った患者を対象に測定を開始する時です。それでは、これで終わります。ありがとうございました。

DOクリストフ・プロテ 29:30

ケビン、どうもありがとうございました。これだけの時間をかけて、よくこれだけの情報をまとめてくれました。こんなことが可能だとは思いませんでした。

本当にありがとうございました。そして、この非常に重要なトピックのパイオニア的な仕事に本当に感謝します。そして、彼の発見は何度も確認されており、私たちも例外ではないことを再確認しました。そして、ケビンさんが指摘したもう一つの興味深い点は、規制当局に提出されたバイアルが、一般に配布されたものとは異なっていたということです。

あなたが触れた結果については、他のパネルスピーカーの方々ともっとお話ししましょう。ありがとうございました。次のパネリストはジェン・Z・リンセイ博士です。彼女は毒性学サポートサービスの毒性学・分子生物学部長です。

生化学と分子生物学の博士号を持ち、毒性学会の正会員として、主に毒性学、分子生物学、免疫学の分野で30年以上の科学経験があります。化学物質、薬物、生物学的物質、粒子への暴露を調査し、特に病気や障害に対する化学物質の寄与の可能性を評価。

COVID-19については、生殖への害、癌、ゲノム統合の可能性、遺伝子ワクチンとその経験によって引き起こされる凝固異常症に関与する分子経路に焦点を当てるとともに、COVID-19やその他の新興ウイルスに対する様々な治療法の背後にある分子メカニズムを理解しています。

彼女は現在、汚染や予想される発がん性の影響についての認識を高めるための講演活動や、回収させるための活動資金を集めるための募金活動を行っています。ジェンセン博士、リンゼイ、どうもありがとうございました。

本当に光栄です。

ジャンシー・C リンゼイ 31:26

お招きいただき、本当にありがとうございます。私もここに来られて光栄です。ケビンとフィリップ、デビッド・スパイカー、ジェシカ、そして熱心に研究してくれた他の人たちにも感謝します。この分野では、とても重要なことです。

そこで私が触れたいのは、以前このような遺伝子治療で何が起こったかという歴史についてです。過去にも遺伝子治療はありました。その理由は、致死的な自己免疫作用を引き起こし、遺伝子治療が行われてから2~4年間は現れない潜伏がんをしばしば引き起こしたからです。

さらに、遺伝子治療が子孫に受け継がれ、遺伝子プールの汚染を引き起こすことも懸念されました。これは非常に深刻な懸念で、ある遺伝子治療が精巣に作用することが判明した場合、以前は脂質やナノ粒子によるトランスフェクションがあったので、それを覚えておく必要があります。

このようなことは、ナンシー・P・キングによるaccident and desire inadvertent germline effects in clinical research(臨床研究における事故と欲望の不注意な生殖細胞系列への影響)という論文で見ることができます。

遺伝子治療は白血病を引き起こす可能性がある、という記事もあります。そして、この挿入癌発生について触れた別の論文もあります。遺伝子治療におけるリスクはどの程度か?それでは、いくつかスライドをお見せしましょう。ここから始めます。

DNAの突然変異。では、プラスミドのDNAが壊れたまま、あるいはそのままの状態で細胞の核に入るとどうなるのでしょうか?DNAの突然変異は、置換や欠失によって起こります。このように、プラスミドDNAが、そして血漿DNAがなくても、注射が癌を引き起こす可能性のある方法をいくつか挙げていきます。

癌を誘発する可能性のある9つの方法、あるいはそれ以上の方法です。一つは、脂質ナノ粒子そのものがmRNAやDNAをあらゆる細胞に運び、造血幹細胞に容易にトランスフェクトすることが示されています。LLPはまた、内皮の漏出を誘発することによって、すでに存在するがん細胞をより容易に拡散させることも分かっています。

まだ研究されていませんが、LMP自体にも発がん作用があるかもしれません。ケビンが言ったように、プラスミドにはSB40エレメントがあります。これは特に規制当局に開示されていないことから、非常に懸念されます。SP40プロモーターは非常にプロミスキャスです。

スーパープロモーターです。もしそれががん遺伝子の上に位置すれば、もちろん、がん遺伝子が爆発的に増幅される可能性があります。ケビンが説明したように、SB40エンハンサー領域、核ターゲット配列もまた、DNAを非常に短時間で核に運びます。

そのように設計されているので、効果的な遺伝子治療ができるのです。スパイクプロテインは、癌抑制タンパク質のp53とも相互作用して阻害することができます。これはかなり早い時期に明らかになりました。プラスミドDNAが核に挿入変異を起こすためには、SP40の配列を持っている必要はありません。

そのため、挿入型突然変異誘発はフレームシフト突然変異と呼ばれるものを引き起こし、異常なタンパク質が作られることになります。逆転写酵素はより恒常的で、高発現します。これから説明するメカニズムによって、RNAがDNAに逆転写され、そのDNAがRNAに戻り、DNAを見るだけで、受け継がれることもあるのです。

T細胞、特にT細胞は、精神科のニッチでがんが拡大しないように、がんクローンを守ってがんが拡大しないようにするのです。私たちが飼っているペットでも、高齢になると免疫老化が起こり、胸腺が退縮します。その結果、肉腫や脂肪腫、その他のガンが爆発的に増加します。

遺伝子の突然変異には種類があり、配偶子以外の細胞にのみ影響を及ぼす体細胞突然変異と、配偶子に影響を及ぼす生殖細胞突然変異があります。ここで、体細胞突然変異は遺伝性の遺伝をもたらすことはないと書かれています。

しかし、余分な染色体上の遺伝要素が精子を通して受け継がれるメカニズムがあります。それはエピジェネティックな制御という非常に興味深いメカニズムです。これは精子を介した遺伝子導入と呼ばれています。つまり、男性と女性の両方の生殖細胞を通して、遺伝子ワクチンを子孫に伝える方法です。

この遺伝子治療が子孫に受け継がれ、遺伝子プールを汚染してしまうのではないかという非常に大きな懸念があります。精子や卵子に遺伝子が組み込まれているかどうかを調査した人は一人もいません。私は複数の研究所に連絡を取り、もし調査してくれるのであれば、精子と卵子の両方について遺伝子統合の検査をしてくれるのであれば、誰でも喜んで協力する体外研究所があります。

まず、DNA塩基ワクチンから、あるいはRNAの逆転写によって、配偶子のゲノムに直接組み込むことができます。そしてもちろん、DNAプラスミド配列もそれを可能にします。プラスミドは精巣や卵巣に運ばれ、配偶子に組み込まれることがわかっています。

ゲノムの統合は、単に機能的な統合ではなく、ガンを引き起こす可能性があります。実際、ゲノムへの機能的統合が起こる可能性は低く、スパイクされたタンパク質を作り出し、挿入突然変異誘発によってがんになる可能性が高いのです。しかし、機能的に発現するタンパク質を受け継ぐことができる別のメカニズムがあります。

それは、余分な染色体DNAやRNAを介した遺伝子転移です。つまり、これらのメカニズムはどちらも、遺伝の仕方によっては、子孫の細胞の一部または全部でスパイクプロテインの恒常的発現をもたらす可能性があるのです。しかし繰り返しますが、実際にゲノムに組み込まれる可能性は低く、精子を介した遺伝子導入と呼ばれるメカニズムによる可能性の方が高いのです。卵母細胞はエクソソームや精子MPをピックアップすることもできます。そしてもちろん、DNAはゲノムに組み込まれます。

これはDNAを持つエクソソームをトランスフェクトした精子の写真で、コラード・スパダフォラ博士の提供によるものです。精子を介した遺伝子導入は、低コピー数の余分な染色体DNAの発現を受け継ぐために、ゲノムへの安定した統合を必要としないことを示しています。

これは非常に興味深いことです。つまり、このような方法で2世代にわたって遺伝子を受け継ぐことができるのです。これは、DNAの実際の統合そのものとともに、絶対に調べなければならないことなのです。ありがとうございました。ここで終わりにします。時間切れだと思います。ありがとうございました。

DOクリストフ・プロテ 42:08

本当にありがとうございました。世代を超えた影響という話題にも触れていただき、ありがとうございます。そして、汚染と予想される影響についての認識を高めていただき、本当にありがとうございます。あなたの声に感謝します。

また、後ほどお伺いします。ありがとうございました。微生物学、感染症、疫学の専門家であり、ヨハン・グーテンベルク大学名誉教授で、1991年から2012年まで同大学の医療微生物学・衛生学研究所の所長でした。

また、健康、自由、民主主義のための医師と科学者の協会であるMW GFTの創設者であり会長である彼は、国民の健康と社会福祉に奉仕するために、健康、自由、民主主義のトピックに関する研究と教育に従事していた科学者と医師やその他の医療活動家の団体です。もちろん、この経歴にもっと多くのことを付け加えることもできますが、あなたに譲りましょう。ようこそ、バクティ教授。

マーク・トロッツィ 43:34

クリストフ、ボック教授が再参加している間、一時的な不具合があるかもしれません。ですから、もしあなたがこの活動に資金を提供できる立場にあるのであれば、私たち、そしてすべての人が、健康のための世界的な呼びかけへのあなたの支援に感謝しています。

そして同様に、私たちは起きていることを暴露するだけでなく、解決策にも深く関わっています。ですから、法的救済のために法律に関与する方法を見つけることができるだけでなく、解毒ガイドを見つけることができ、治療ガイドを見つけることができ、あなたの精神的健康をサポートすることから、私たちが今日ここにいるように科学の最先端にとどまることまで、あなたが関与することができる多くのことやさまざまなアクション活動のライブラリを等しくすることができます。

というわけで、バッハ博士の再登場を待っているところです。もしよろしければ、クリストフさん、お時間よろしいでしょうか?ロッキー博士のところに戻りますので、アレクサンドラ・ヘンリー教授をご紹介ください。

クリストフ・プロテ 44:56

ええ、そうしましょう。そうしましょう。今夜の考察でもう一人素晴らしいのは、若いアレクサンドラ教授です。彼女はハーバード大学で訓練を受けた遺伝学者で、RNAを専門とし、シンプルで低コストの持続可能で倫理的な健康解決策を特定することを目標に、私の研究所であるsimplicityの所長を務めています。

彼女は25年以上働いていたフランスのNIHの研究ディレクターとしての終身職を引退し、彼女の研究は、環境が2020年3月にRNAを含む私たちの遺伝子にどのような影響を与えるかに30年間焦点を当てている、彼女はCOVID-19パンデミックにリンクされた危機を管理するために配置された健康政策に反対して公に発言し、ヨーロッパの学術指導者の中で最も多作な活動家の一人となりました。私たちはあなたの言葉に耳を傾けています。

アレクサンドラ・アンリオン 45:54

ありがとう、クリストフ。フランク、マーク、どうもありがとうございました。ケヴィン、私たちの目を目覚めさせ、パニックやストレスを効率よく前進させるために、この素晴らしい作品を作ってくれてありがとうございます。

なぜ私たちはこんなに心配しているのでしょうか?そうですね。カメラを持っていくにはどうしたらいいですか?ありがとうございます。なぜ私たちがこんなに心配しているかというと、これはDNA分子の部分的なビューのようなものです。

なぜこれをお見せするかというと、私たちの生きている細胞の複雑さ、このDNAを複製する複雑さを理解してもらいたいからです。これらのワクチンを導入して2年以上経ちますが、成果はありません。欧州の規制機関であるEMAや米国のCDCのような研究機関は、国に情報がないことを認めています。実際、私も欧州医薬品庁(EMA)に遺伝毒性や発がん性について懸念があるかどうかを尋ねた科学者の一人でした。その返答は恐ろしいものでした。

米国の発がん性研究は多くの時間と人的資源を要するので、発がん性の可能性を評価するために、ヒトへの曝露が動物の寿命研究から得られる情報の必要性を正当化できる場合にのみ実施すべきだ、というものでした。遺伝子CCTについても。

その当時は、ヒトに対して2回の投与が推奨されていたのですから、遺伝的CCTのリスクは非常に低いはずです。CDCは私たちに、この発見された19号ワクチンによって私たちのDNAに何らかの変化や相互作用があるかどうかを尋ねました。

CDCの答えはまたもや恐ろしいものでした。というのも、最初に開発されたワクチンでは、私たちのDNAに何らかの変化を与えたり、相互作用させたりすることはなかったからです。そして、そのような断定を可能にする情報を共有するよう求められたとき、CDCは、すべてのファイルを検索しても、あなたの要求に関連する文書は見つかりませんでしたと答えました。

つまり、これは私たちが現在どのような状況にあるのかを示すためのものなのです。遺伝的CCTや発がん性に関して安全性を提供する保険会社であったのに、その逆のことが行われているのです。セーフティネットを提供しているわけでもなく、私たちのゲノムに興味を持っているわけでもなく、がんを誘発する可能性があるわけでもありません。

ですから、このプレゼンテーションの後に、なぜこのようなことが正常なのか、なぜこのようなことがコントロールされているのかを説明される前に、私たちはこのようなことが予想されるからです。このスライドは、なぜ私たちがこのようなことを懸念しているのか、細胞分裂やこのような分裂は、どのようなDNAの断片をどのように持っているのかを知るために、非常に厳密に制御されなければなりません。

私たちはどのようにして外来のDNA配列にさらされるのでしょうか?もうひとつはアポトーシス細胞の分解です。つまり、死にかけた細胞、壊死細胞です。しかし、生きている細胞もありますし、がん細胞も外来のDNA配列を放出します。4番目はバクテリア。

そして最後がワクチンです。実際、私たちはワクチンによって外来DNAにさらされています。これは今に始まったことではありません。というのも、私たちは以前のワクチンで胎児のDNA暴露に直面したことがあり、これには耐性の閾値がありました。耐性遺伝子のケースもあります。

つまり、基本的には、文献的に知られているのは、耐性メカニズムをコードするのに十分な長さのDNA断片が、私たちの腸内で確かに生き残ることができるということです、

とはいえ、その可能性が排除されているわけではなく、起こりうるということです。最も頻度の高い抗生物質耐性遺伝子はプラスミドを媒介とするものであり、木は結合によって容易に移行しますが、プラスミドとしては無傷でなければなりません。

ヒトの外来DNAが循環している可能性については、かなり以前から知られていたことで、1948年に山が初めて報告しました。そしてこれらの循環DNA断片は、血液細胞の表面に吸収される核タンパク質複合体として循環するため、意外にも血清核活性に抵抗することが2016年に示されました。

しかし、現在、ヒト血液中の食物DNAの存在範囲については、激しい議論の領域であり、私たちはそれについてあまり知りません。なぜ私がこのような話をするかというと、分かっていることと、なぜ大きな問題があり、なぜ大きな懸念があるのかを漫画で説明したいからです。

もうひとつは、簡単に説明します。つまり、これは横の話です。というのも、これは基本的に大きな懸念事項だからです。GNNは通常、細胞膜を受動的に拡散することはなく、その取り込みは配列にも細胞にも依存します。私たちのワクチンの場合、GNNはLNPに包まれています。

ですから、LNPは多くの細胞の細胞質に入っていきます。核へのアクセスは、核膜孔複合体を通過することによって制限されると考えられていますが、核膜がプロフェーズの終わり、有糸分裂の間に分解されるときを除けば、1980年代にカペッキによって経験されたことがあります。

その結果、注射するだけで、細胞の半分か100%に酵素活性が認められたのです。これは大きな驚きでした。しかし今では、遺伝子が発現していなければ、細胞質に注射することは予想されていませんでした。プラスミドDNAは核膜孔を通って分裂していない細胞の核内に移行します。

そして、SB40ウイルスゲノムが非分裂細胞の核内に侵入する能力を調査した結果、DNA核標的化配列が発見され、核孔を通したこの特異的なインポートを可能にしました。私たちはすでに核の中にいて、これから統合することは起こるのでしょうか?これは非常にまれな出来事で、通常は分裂の連続ラウンドによる分解、希釈、細胞からの損失に依存します。

しかし、今日のテーマについては、すべてが疑問符です。しかし、私はもう一度、この漫画の全体像をお見せしたいと思います。つまり、私が言いたいのは、ある細胞から他の細胞へ、そして試験管内では0. しかし、生体内試験では、この形質転換頻度について見当がつくかというと、実はエリジウムジムではわからないのです。

繰り返しますが、この比率は実験条件や使用する細胞の種類に依存します。ですから、一般的に、あなたが10代であれば、あなたの子どもであれば、その発育段階によって、この種の現象はまったく異なって起こるでしょう。DNA断片は、統合の優先順位が高いほど、多くの修飾や再配列を受ける可能性があり、外来DNA断片は切断される可能性があります。

私たちが扱っている塩基配列は、基本的にいつも同じようなものですから。つまり、多くの人々が現代のアドバイザーを受けたり、アデノウイルスベースのワクチン接種を受けたり、アデノウイルスが統合を可能にするかもしれないということです。

アデノウイルスは、私たちが長い間知っていた統合を可能にするかもしれません。これはゲノム編集の大きな関心事であり、私たちのヘマタイト造血幹細胞の試験です。というのも、この小さな、外来DNAの小さなカプセルが循環しているという事実は、通常、腫瘍細胞を循環させていることになります。

チャットの件、失礼しました。DNAの断片が入ったこの種の小さなカプセルが、実際に癌の転移に関与する可能性があるということです。これが一つの懸念です。もう一つの懸念は薬剤についてです。一般的に、ブレオマイシンはトランスフェクトされたDNAのヒトゲノムへのランダムな統合を促進します。ですから、このことは、これらのワクチンのさまざまな犠牲者についても懸念されることになります。

ワクチン。放射線もまた、統合を促進する可能性があります。これは陽子線によるヒトゲノムのDNA損傷でよく示されています。つまり、DNA損傷を促進する可能性のある放射線は、統合を促進する可能性があるということです。

先ほど申し上げたように、ゲノムの可塑性も統合を促進する可能性があります。これは特に脳に当てはまります。つまり、脳では発達のタイミングが決まっていて、それによって起こることが大きく異なるのです。ですから、私は子どもや赤ちゃん、ティーンエイジャーに関心があるのですが、もちろん、他の汚染物質が統合を促進する可能性もあります。

CRISPR技術のような、他の汚染物質が絶対に存在しないということを私たちは知っているのでしょうか?アデノウイルスの存在は、明らかにトリガースパイクプロテインのいくつかの種類になるという事実です。ありがとうございました。

DOクリストフ・プロテ 1:03:54

アレクサンダー教授、ありがとうございました。とても勉強になりましたし、また、通常、薬を市場に出すには10年ぐらいかかるものだということがよくわかりました。私たちがまだ考えていないことがたくさんあるからです。

また、ベクターベースのワクチンの重要性を指摘していただき、ありがとうございます。そして、視聴者の皆さんに一言。3月に発売されたあなたの著書『Rissa T sociate』は、フランスで数ヶ月間1位を獲得しました。近々他の言語でも発売されると聞きました。コメントをお願いします。

英語版はありますか?

アレクサンドラ・アンリオン 1:04:53

そうですか?ある理由からです。理由は聞かないでください。それは翻訳されました。最初に英語で翻訳されましたが、アングロサクソンの国ではまだ英語で出版されていません。理由は聞かないでください。スペインでは発売されています。スペインでは発売され、月刊マルカというような有名な新聞に表紙を飾ってもらいました。

毎回、私たちは陰謀を企てるようなニュース出版社ではなく、これは陰謀ではなく、事実に関するデータのみを共有するものであることを示そうとしています。次は韓国です。もうすでに、これらの国やルーマニアでも開始されようとしています。

DO クリストフ・プロテ 1:06:01

頑張ってください。喜んで。ありがとうございました。それでは。バックリー教授にお戻りください。バクティ教授の紹介はお聞きになりましたか?そして、どうぞお聞きください。

スチャリット・バクディ 1:06:23

ありがとうございます。さて、私はトップサイエンスから離れ、一般的な言葉で、ワクチンのDNA汚染の危険性についての概要をお話しするように頼まれました。どんな小学生でも、14歳でも理解できるように、10分間でやってみようと思います。

ゲノムとは、細胞内で発見されたDNA命令の全セットのことで、細胞核で保護されている生命の書物である染色体にパッケージされています。例えばケーキのレシピが必要なとき。その本は適切なページで開かれ、レシピのコピーが作られ、製造側である細胞内のパン屋に送られます。

ケーキとそのおいしそうなかけらは窓辺に置かれ、検査されます。コピーされたレシピのmRNAは廃棄されます。RNAワクチンは、スパイクプロテインのような選択された抗原の産生を指示する染色体レシピの短命コピーであり、人体に注射するたびに10億コピー以上が投与されます。

mRNAの大量生産には、DNAテンプレートが大量に必要です。どうすればそれが可能になるのでしょうか?今お聞きになったとおりです。何十億、何兆というDNAレシピのコピーはバクテリア由来だからです。レシピは、プラスミドプラスミドが容易に操作できるように、ミニット細菌の染色体に含まれています。

ウイルスタンパク質をコードする遺伝子のような、外来のレシピを挿入することができます。細菌の増殖後、プラスミドは採取され、RNAコピーの生産のための鋳型として使用されます。その後、脂質ナノ粒子と呼ばれる小さな脂肪球にパッケージされる唯一の分子。

RNAを破壊から守り、血流に乗って体内のあらゆる臓器に到達できるようにするためには、パッケージング材料が不可欠です。そして、脂質ナノ粒子はトロイの木馬の役割を果たし、荷物が放出された細胞内に取り込まれ、窓辺に飾られた遺伝子産物を直接生産します。

誰もが知っておかなければならないのは、細胞の外では警備員が見張っているということです。自分自身の生命の書物、つまり自分自身のゲノムに由来するレシピに従って鍵が作られるときは、これで万事うまくいくのですが、レシピが異質な書物に由来するものである場合はどうでしょう。

非自己を製造する細胞を認識し、排除する免疫システムの能力は、誕生時に与えられ、死とともに終わるのです。移植の拒絶について考えてみましょう。あなたは私の腎臓を手に入れ、あなたは私の腎臓を拒絶する。そして、最初の失敗の後、あるいは繰り返し試みられた後、あなたは私の2番目の腎臓を手に入れ、爆発的な拒絶反応が猛スピードで続きます。

同じ原理が、ブースターやアンジのアクションの後に続く、有害事象の強度の増加の根底にあります。注射のたびに投与されるパッケージ化されたRNAコピーの数は膨大です。無数の免疫攻撃事象が全身で発生しますが、それは外来タンパク質の生産が終了したときにしか持ちこたえられません。

どのくらいかかるの?ワクチン製造者、ワクチン加害者、そして最近ではノーベル賞委員会が飽くまで主張しているように、ほんの数日。そして、この1年で、コントロール不可能な驚くべき発見が表面化しました。その主張とは、注射から数週間後、さらには数ヵ月後にワクチン接種者にスパイク状のタンパク質と多臓器の炎症が検出されたというもの。

これは重篤で、しばしば致命的な病気と関連していました。いったいどんな理由が?RNAにコードされたタンパク質を長期にわたって産生させるような悲惨な理由があったのでしょうか?ケビン・マッカーナンらによるワクチン中の汚染プラスミドDNAの発見は、直ちに一つの恐ろしい説明を与えてくれます。

ワクチン製造プロセスでは、プラスミドDNAテンプレートは、脂質ナノ粒子にパッケージされる前に、生成されたmRNAから除去されなければなりません。そうしないと、プラスミドもパッケージに入ってしまうからです」ケビン・マッカーナンは、プラスミドDNAを除去するこの重要なステップが、熱心に行われていないことを発見しました。

その結果、大量のプラスミドDNAがパッケージ化された状態で見つかり、細胞への送達が成功することが保証されたのです」ケヴィンの研究は現在、他の研究室でも再現されており、本日のパネルにもいくつかの研究室が参加しています。

プラスミド全体あるいは断片化されたプラスミドの中心への取り込みは、DNA命令全体を変化させるものであり、定義上、ゲノムの変化を意味します。全レシピは全生成物の生産を引き起こし、細胞以外のタンパク質の継続的な生産は、長期的な炎症と全身の臓器損傷を引き起こすでしょう。

組織は酸素不足で死んでしまいます。心臓は死んだ細胞と入れ替わることができない臓器のひとつで、世界中で起こっている謎の心臓突然死について聞いたことがない人はいないでしょう。これは氷山の一角にすぎません。ワクチンによって誘発される心臓病は、老若男女を問わず、日常的な問題となっています。死者の代わりをすることができない第二の臓器は脳です。ワクチンでダメージを受けた場所によっては、神経学的、精神医学的な苦悩が続くかもしれません。

同様の方法で、自己免疫疾患は異なる臓器で同時に発症する可能性があります。ワクチン接種による傷害のこのような多面的な特徴は、14歳の子供が多臓器の炎症で死亡した悲劇的なケースに、これまでにないユニークな形で、物語るように示されています。

ワクチン接種が生殖能力に悪影響を及ぼす可能性は非常に大きい。ワクチンは生殖器官に蓄積され、直ちに生殖能力を損ない、胎盤の細胞に循環RNAやDNAが取り込まれ、死産に至る可能性があります。胎盤の損傷によって、パッケージ遺伝子が胎児の循環に入り込む可能性もあります。

実際、ワクチン接種後、臍帯血の幹細胞が減少し、障害されることが知られていますが、これは赤ちゃんが母親の子宮に到達するためであると危惧されなければなりません。空気を含んだ扁平な脂肪球が母乳に入ることも知られています。

生後数週間は腸の伝染性が高く、母乳育児によってワクチンが直接赤ちゃんの血液に入り、自殺メカニズムが引き起こされる可能性があります。異質なタンパク質を産生する細胞を認識し、破壊する免疫システムの能力は、出生時に与えられていることを決して忘れてはならないからです。

信じられないような恐ろしい話はこれだけでは終わりません。パッケージDNAの断片が核に到達すると、ワクチンの汚染物質として大量に発見されています。短いDNA配列は、ほとんど正常なDNAに挿入される傾向が強く、その結果、絶妙に調整されたネットワークが際限なく破壊される可能性があります。

細胞分裂や分化を制御するこれらのDNAは、癌や発育不全を引き起こす可能性があります。精子や受精卵細胞に変異が生じると、形質が変化し、遺伝する可能性があります。大量生産されたRNAとプラスミドを確実に分離する費用効果の高い方法は存在しません。

RNAワクチンが安全で効果的であると宣伝する人、ゲノムには何も起こらないという人は、信じられないほど無知か、果てしなく邪悪な人です。その人は、私たちの目の前で繰り広げられている恐怖のシナリオに背を向けているのです。世界中の市民や医師たちは、この人類に対する恐ろしい犯罪の実行から目を背けてください。

あなた自身を救うために、あなたの子孫を救うために、あなたの家族の名前を救うために、これを行うのですか?それとも、史上最大の犯罪者の一人として歴史に名を残すのか?

マーク・トロッツィ 1:16:27

バクティ教授、どうもありがとうございました。あなたは私たち全員にとって、科学的にも倫理的にもインスピレーションを与え続けてくれています。そして、あなたのコメントはとても重要だと思います。私たちの中には、バクチ博士のような方を尊敬している者がいます。

あなたは逮捕され、人類に警告するために真実を語っただけで、刑務所に入れられようとしています。私のように、多くの人が所得を剥奪されました。そして最悪なのは、一般市民が最高の医師と接触するのを妨害され、最高の教授が研究室で問題解決に取り組むのを妨害されていることです。

それでも私たちは、彼らが何をしようとも、ドクター・パーティーと一緒に立ち上がり、善戦を続けているのです。そして、これは警鐘であるべきだと思います。ベック博士がおっしゃったことは、とても重要なことだと思います。

給料や政治的利益のため、あるいはどんなアジェンダを買ったにせよ、これに加担している人たちには勝ち目はありません。人類の未来が私たちの手に委ねられているのですから。なぜなら、これは人類の未来を私たちが握っているからです。これは、医療規制当局にとっても、世界中の医師や外科医にとっても重要なことです。

真実を語る医師や科学者の首を踏んできたすべての組織。誰かのせいにしたいのなら、嘘の元凶を非難すればいいのです。しかし、あまりにもあからさまな嘘の背後に立ち続けることはできません。そして、注射はますます悪くなっているのです。

ベック先生、どうもありがとうございました。これからも先生のコメントを楽しみにしています。それでは、カナダが誇る、科学と倫理の真のチャンピオンをご紹介しましょう。私の友人、バイロン・ブライドル博士です。ブライドル博士はカナダのゲルフ大学病理学部の神経免疫学准教授。

専門は感染症や癌を対象としたワクチンの開発、最適化、安全性試験。免疫学、ウイルス学、がん生物学を学部、大学院、大学院レベルで指導。研究および教育で複数の名誉ある賞を受賞し、査読付き科学文献に多数発表。ブライドル博士はまた、カナダの国立医学研究助成機関のトップクラスの査読者として何度も引用を受け、改変RNAワクチンが全身に分布する可能性があること、あるいは複数の作用機序によって害をもたらす可能性があることを公衆に最初に警告しました。それではブライトー博士、どうぞご登壇いただき、お話をお聞かせください。

バイラム・ブライドル 1:19:08

ありがとうございました。そして、この非常に重要な討論会を主催してくださった世界健康評議会に感謝申し上げます。この情報を広く伝えてください。この情報を広く伝えてください。私はワクチン学を専門とするウイルス免疫学者です。

ですから、いわゆるウイルスワクチン、ベクターワクチンの開発に多くの仕事をしてきました。ですから、私の研究室でワクチンを開発する際にプラスミドDNAを使うことにはとても慣れています。プラスミドDNAはいつも使っています。

ベック教授は、この非常に複雑な科学を一般の人にもわかりやすく説明する素晴らしい仕事をしてくれました。ただ、念のために言っておきますが、私たちの細胞の働きは、ちょっと違う例えを使います。それは染色体であり、私たちの細胞なのですが、その染色体は私たちの細胞の中にあるDNAのようなものです。

しかし、私たちの細胞はタンパク質を作り出す必要があります。そのために、私たちは染色体に保存されている原本のコピーを取ります。そしてそのコピーが細胞内のコピー機に運ばれ、そこでタンパク質が作られるのです。コピー機でコピーされたオリジナルのコピーは、通常はメッセンジャーRNAで、私たちの細胞は天然のメッセンジャーRNAです。

メッセンジャーRNAと呼ぶのはやめておきますが、これは天然のメッセンジャーRNAではありません。とはいえ、その修飾RNAを、脂質ナノ粒子と呼ばれる小さな脂肪の泡のようなものにパッケージして、体外に送り出し、細胞に取り込ませる必要がありました。

つまり、私たちの染色体と同じようなものです。しかし、研究室のベンチでこの作業を行う場合、この細菌のDNA、つまり細菌から採取した染色体を元にして、それをコピーして修飾RNAを作り、それをパッケージングするのです。私は諮問委員会の委員を務めましたが、ここ数年、修士課程の学生を指導してきました。

修士課程の学生というのは、大学の学士課程を出た学生ということです。つまり新人の科学者です。私は、前臨床段階のメッセンジャーRNAベースのワクチン作りに取り組んでいた学生の諮問委員会の委員を務めました。彼らはバクテリアのDNA汚染物質を取り除くのに何の問題もありませんでした。

そこで何が起こったかというと、その学生はメッセンジャーRNAのコピーを作るために、再びこのプラスミドDNAをオリジナルとして使い、それを小さな脂肪の泡にパッケージしたのです。そして別のタンパク質を振りかけたのです。DNアーゼと呼ばれる酵素で、DNAを消化します。

そして、私たちが学生に要求したことのひとつは、このDNAを取り除いたことを証明して見せることでした。ですから、この一人の新米科学者がプラスミドDNAを取り除くのに何の問題もなかったということを知っておいてほしいのです。つまり、このプラスミドDNAはここにあってはならないものなのです。

ファイザーのような企業が、資金もあり、あらゆる経験を積んだ専門科学者もいるにもかかわらず、これを取り除かなかったというのは、言い訳のしようがありません。なぜそこにあるのかについてはコメントできませんが、そこにあるのです。そこで、ケビン・リカードに改めてエールを送りたいと思います。

彼は素晴らしい科学者です。彼がこれを発見したという事実は、信じられないほど重要です。また、私はカナダ人です。私はカナダ人なので、カナダのデータセットの開発をずっと追いかけてきました。デビッド・スピーカー博士にも感謝します。

彼は私の良き友人であり、ここカナダの偉大なウイルス学者です。今はイスラエルにいますが、彼女もカナダ人です。しかし、皆さんに知っていただきたいのは、このDNAの混入は、これらの注射が適切に製造されていないことの証であるということです。

さて、ここで指摘したいのは、実はつい最近、この情報のコピーを入手したということです。これはカナダ保健省が情報公開請求を通じて提供した文書からの抜粋です。これは発行されたばかりです。3日ほど前に入手したばかりです。

これは特にファイザー社のものですが、これらの予防注射の有効成分は、SARSコロナウイルスのスパイクプロテインを製造するために使用される改変RNAであることが分かっています。これが非医薬品成分と呼ばれるものです。要はプラスミドDNAは入ってはいけないということです。

いいですか?プラスミドDNAの注射を受ける人は、インフォームド・コンセントを受けていません。製造工程を知っている私たちは、プラスミドDNAは存在しないと断言しました。さて、今日お話ししたいのは、特に免疫学者の立場からの懸念です。

では、他の皆さんの発表に同意します。素晴らしいことです。私は皆さんにいくつかの情報を提供したいと思います。先ほどベック博士が指摘したように、細菌のプラスミドDNAは、私たちの体が細菌を欲していないため、細菌は私たちの体に恐ろしい感染症や恐ろしい病気を引き起こします。

そして、私たちの免疫反応を強力に刺激するものの一つが、実は細菌性プラスミドDNAなのです。私たちの免疫系には、細菌性プラスミドDNAを検出するあらゆる種類のセンサーやレセプターがあります。免疫系が細菌プラスミドDNAを検出すると、細菌感染があると判断し、それを排除しようとします。

それで免疫系が強力に活性化され、あらゆる免疫反応の基礎となるのが炎症なのです。なるほど。これが私がここで指摘したいことです。私が言っていることはすべて、査読のある科学論文を参考文献として提供しています。この場合は、非メチル化CPGモチーフと呼ばれるものを調べた研究だということを指摘しておきたいと思います。

その意味をご存じない方のために説明しますと、これは細菌のプラスミドやDNAのうち、免疫系が認識する部分です。ここで私が指摘したいのは、このCPGと呼ばれる部分こそが、免疫系が危険信号を認識するということです。しかし、細菌プラスミドDNAを採取し、CPGの含有量を除去することを試した人がいることを指摘しておきたいと思います。

なるほど。そうすると、確かに炎症が起こりにくくなります。免疫反応を引き起こすという点では劣りますが。しかし重要なのは、今日発表した他の人たちが懸念しているように、これがスパイクされたタンパク質の長寿命発現源になる可能性があるということです。プラスミドDNAは非常に頑丈で、非常に長い間持続します。

ですから、もしそうでなければ、もしバクテリアのDNAから免疫系の注意を引くような部分を取り除いたら、どうなるでしょうか?ですから、この種のプラスミドにこのような修正を加えることは、スパイクプロテインの発現を長引かせるという別の問題を悪化させる扉を開くだけなのです。

さて、ここでお話ししたいことがあります。これは脂質ナノ粒子の図です。この図の左下にあるのがペグ化リポソームと呼ばれるものです。これをペグ化リポソームと呼んでいます。ファイザーのモデルナにはポリエチレングリコールが含まれています。

なぜそれが問題なのですか?ポリエチレングリコールはDNAと結合するからです。では、私が提案したいのは、ポリエチレングリコールによってペグ化リポソームが細菌のプラスミドに結合するということです。脂質ナノ粒子がプラスミドをつかむと、脂質ナノ粒子は非常に効率よく細胞内に物質を取り込むことができるからです。

バクテリアのDNAが細胞内に入り込むのは避けたいものです。しかも、このプラスミドはスパイクプロテインのオリジナル・コピー、あるいはオリジナル・コピーのコピーなので、DNAの統合は必要ありません。染色体の統合は可能だと聞いたことがあると思いますが、その必要すらありません。

もうひとつは、同じ図の一番下を見てください、

この注射に使われている脂質ナノ粒子は、私たちが猫イオン脂質と呼んでいるものです。また、このような用語は、とても派手なように聞こえますが、必要なのは、このような猫イオン性脂質は、あらゆる種類の分子をくっつけるのに使えるということです。

ですから、おそらく皆さんは、何かが内部に入り込んだときに、再吸収という言葉をご存知でしょう。また、吸収という言葉もありますが、これは分子が外側にくっつくことです。これからお見せするのは、この触媒脂質を通して、プラスミド、細菌のプラスミドDNAがこの脂質ナノ粒子の表面に吸収されるということです。

繰り返しになりますが、脂質ナノ粒子は全身に分布し、細胞内外に運ぶものを運ぶのに非常に効率的なシステムであることを覚えておいてください。これがクリップに挟まれたパテです。これは紙の投票です。多くの人は、ニュースでこのような脂質ナノ粒子が紹介されているのを見たことがないと思います。

そして実際、これは図ですが、私たちは全くそのように見える素敵な小さな円を見ます。実際、ここにあるように、脂質ナノ粒子がどのように結合し、どのような構造になっているのか、私たちはまだ理解していません。ご覧のような円形の構造には見えません。

ですから、脂質ナノ粒子について学ぶべきことはまだまだたくさんあります。これらがどのようにくっついているのかさえ、正確にはわかっていません。ここに脂質ナノ粒子の3つの物理的構造の可能性があります。しかし、私が指摘したいのは、共通の特徴として、オレンジ色の分子があることです。

どうぞ。これがその例です。CATとCATイオン脂質は脂質ナノ粒子には吸収されませんが、脂質ナノ粒子のDNA表面には結合します。これもそうですね。論文はたくさんあります。ほんの一例ですが、これは科学的な根拠に基づいています。

脂質ナノ粒子は細菌プラスミドDNAを吸着することができます。興味深いと思いますが、これはカリキュラム・トラックでできています。これらのメーカーは、技術を改良した他の改良型RNAワクチンにも取り組みたいと考えています。イオン性脂質に変えると、DNAを吸収することができるので、DNAを表面に付着させることができます。

というのも、プラスミドDNAと複合体化した脂質ナノ粒子は、この脂質ナノ粒子と同じバイアル瓶に入っているからです。つまり、DNAプラスミドを細胞内に取り込むための効率的なメカニズムなのです。しかし、ここで問題なのは、特にそれらが複雑な場合、免疫系を活性化するのに非常に適しており、免疫系は炎症を促進するということです。

ここで理解していただきたいのは、私たちの免疫系には抗原提示細胞と呼ばれる細胞があるということです。ですから、このDNA汚染の話を聞いたとたん、私が最初に心配したのは、これが細胞の中に入って問題を起こす可能性があるのか、ということでした。

というのも、彼らの免疫系には貪食細胞と呼ばれる細胞があって、細胞外の環境にある微粒子を取り込むようにできているからです。このプラスミドをお見せしましょう。繰り返しますが、これは汚染物質です。プラスミドDNAはバイアル瓶の中で抗原提示細胞に取り込まれます。

抗原提示細胞は免疫系の総帥のようなもので、樹状細胞やマクロファージと呼ばれ、免疫反応の誘導を指揮します。そしてご覧のように、これが起こると活性化され、炎症性サイトカインを強力に誘導します。これらの貪食細胞がプラスミドDNAとキャットイオン性脂質との複合体を見ると、これらの脂質ナノ粒子ができています。

この論文に書かれているのは、特に100XLについてです。この細胞は、私たちの体や免疫系において、免疫系の自然抗体(迅速な反応機構)と免疫系の適応抗体(誘導には時間がかかりますが、より強力です)を結合させる究極の細胞です。

そして、これがまた不思議なんです。というのも、この効率的な発現が物語っているのは、樹状細胞がこれらのプラスミドに含まれる遺伝子や遺伝子のコピーを効率的に発現させ、タンパク質を作ることができるということだからです。

では、他の細胞型でもスパイクプロテインを製造できるのでしょうか?免疫系がこのようなものによって強力に活性化されることはお話ししました。そして、これは別の観点から見た問題なのです。SVプロモーターのようなものだけではありません。

しかし、これらの血漿DNAは非常に長寿命である可能性があり、長期間にわたって存在すると、免疫系の細胞を活性化させ、炎症、慢性炎症を促進させます。論文を1000本お見せしてもいいくらいです。しかし、慢性炎症はガンの重要な促進因子なのです。最後に、免疫学とは関係ないのですが、今日の議論にとって非常に重要なことを一つお話ししたいと思います。これについては法的な見解が必要です。

なぜご存じない方が多いのでしょうか?レムデシビルという薬があります。SARSコロナウイルスに対する抗ウイルス薬として承認されたのですが、モデルナが製造したファイルのバッチに汚染物質が含まれていて、それがガラス粒子だったという事件がありました。

この汚染バイアルのせいで大怪我を負い、訴訟を起こそうとしたのです。ここで強調されているのは、準備行為と呼ばれるものです。予防注射の緊急使用認可のための準備法は、ワクチン製造業者を保護するためのもので、法的免責を与えるものでした。

ですから、訴えられることはありません。これだけでも赤信号ですが、これはとても興味深いことです。この夏、ある判事が免責を認めないという判決を下しました。さて、ここで、とても興味深いことがありました。被告の1人はギリアド・サイエンシズで、レムデシビルの製造元です。製薬会社としてですね。しかし判事は、連邦議会は汚染物質を含む医薬品に準備行為免責を拡大するつもりはなかったと判決を下しました。

そうでしょ?FDAは承認し、私がカナダでお見せしたこの承認は、プラスミドDNAを含んでいませんでした。この場合、汚染物質はガラス粒子でした。というのも、この準備法はワクチン製造業者に適用されるものであり、私たちはそれを除外してプラスミドDNAを入れることができるからです。

というのも、私の個人的かつ専門的な意見としては、科学が追いつくまで、この技術を世界的にモラトリアムにする必要があると思うからです。なぜなら、細菌プラスミドDNAは本来存在しないはずのものだからです。今日お聞きになっているように、多くの作用機序によって極めて有害な可能性があります。このことは、法律専門家ではない私の意見では、これらの製造業者から法的免責を取り除く可能性があります。ありがとうございました。

マーク・トロッツィ 1:37:37

ブライドル博士、どうもありがとうございました。たくさんのことが詰まっていますね。そして間違いなく、多くの人がよくしてくれた、私たちには何もできないという要素です。犯罪には免責がない、法的な免責があるのです。

詐欺には免責はありません。詐欺がすべての土台にある場合、想定外のものを大量に含む注射がある場合、ある製造工程で合格した注射が、すぐに切り替わってまったく別の製品を売ることになるのです。ずさんな製品です。

元の製品も十分に危険でした。だから、最初からそうではなかったのでしょう。私のような臨床医も最初からそうでした。犯罪を犯した以上、犯罪に対する法的な補償はありません。ファイザーが史上最大の罰金を支払ったのは、過去に詐欺を働き、人を殺す薬を売ったからです。

そうですね、

バイラム・ブライドル 1:38:45

マーク、私は2年以上前、公衆衛生当局に騙されていたこの注射を見たとき、非常に心配しました。私は、この技術はそのようなものではないことを知っていました。だから、日本政府が持っていた文書で、全身的な分布が示されているのを見たとき、私たちは、この注射のいくつかの側面は独占的なものだと言われたのを覚えています。

ですから、私は彼らが独自に手を加えたのだと思っていました。しかし、そうではなかったのです。愕然としました。この瞬間は、「おおっ」と思いましたね。あるいは、突然、私たちが体内で製造している有毒なタンパク質が全身に行き渡ることに気づいたのです。

あなたが言ったように、この裁判官とミシガン州は、有効成分とその内部程度が開示されていない代わりに、法的補償があるとみなしました。しかし、この判事が下した判決は、有害な可能性のある成分リストに載っていない汚染物質に対する法的補償はないというものです。

マーク・トロッツィ 1:39:58

私たちはCOVIDの発売以来、私たちの種、私たちの子供たち、私たちの孫たちを守ろうとしてきました。そして、私たちは今、法制度に脈絡の残りがあれば、それが正当性を持っていれば、これで終わりにすべきところにいるのです。

そうでないなら、正当性などないのです。そして私たちは国民のもとに戻り、やり直すことになるのでしょう。ありがとうございました。ブライドル博士、コメントを楽しみにしています。先生とご一緒できることを大変嬉しく思います。

ケビン・マッカーナンさん、ジャンシーさん、リンジーさん、スクラ教授、バクティさん、アレクサンドラ・ヘンリー教授、そしてキャッチさん。そして今、バイロン・ブライドル教授からお話を伺いました。次はピーター・マーコラ博士です。

ここで行われている活動は、皆さんの税金で賄われているのではありません。また、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の資金提供を受けているわけでもありません。ですから、人類の生存のためにできる限りのことをしてくださっている皆さんに感謝します。

そして、もしあなたがワールド・カウント・フォー・ヘルスの活動を支援できる立場にあるのなら、ぜひ寄付や行動を起こしてください。さて、今日ここにお集まりの素晴らしい専門家の方々の多くは、このような活動に参加できることを大変光栄に思っています。このような方々は、世界でもトップクラスの生物学的ヒト健康科学者です。科学的にも倫理的にも。

ご存知のように、ここ数年、科学者たちは、安全で効果的なワクチンやマスクが効くなどと言えば、まったくゴミのような科学を発表してお金を刷ることができるようになりました。しかし、正しいことをした科学者たちは、その代償を払ってきたのです。

このようなことに少しでも関われたことを光栄に思います。次の講演者ですが、ピーター・マッカロー博士が私たちの要望を受け入れてくださり、私たちの医療健康アドバイザーチームのチーフを務めてくださることになりました。

ピーター・マッコラム博士が、この素晴らしい科学顧問団を率い、応援してくれることになりました。では、マーコラ博士をご紹介しましょう。彼に紹介は不要ですが、彼の経歴の簡単な要約だけでも収まるくらい速く読めれば紹介します。

彼は内科医で、循環器科の疫学者で、ウェルネス会社の最高科学責任者です。テキサス州ダラスで、一般的な感染症のほか、ウイルス感染症やCOVID-19ワクチン接種後に発症する傷害の心血管合併症も管理しています。パンデミックの初期から、マッコール博士はCOVID-19災害への医療対応におけるリーダーであり、SARS COV 2感染症の早期外来治療の生理学的基礎と理論的根拠を発表しました。

これは、アメリカン・ジャーナル・オブ・メディシン誌に掲載され、その後心臓血管医学のレビューで更新された、SARSコードに感染した外来患者の一連の多剤治療の最初の統合です。彼は感染症にピアレビューされた出版物の数十を持っている丘の上にCOVID-19危機への医療対応に広く一般的である、アメリカ大声で、ニュースマックス勝利チャンネル、本物のアメリカ人の声ABCフォックスニュースチャンネルなど。McCulloh博士は、国土安全保障と政府問題に関する米国上院委員会で証言し、COVID療法とワクチンに関する米国上院パネルにCO司会。

彼はテキストの断片で証言

ピーター・マッカロー 1:43:40

これらのDNAの断片は、メッセンジャーRNAワクチンのバイアル瓶を汚染していることが複数の研究所で発見されました。SP 40コードのDNAは、ヒト細胞に取り込まれ、発がん性があることがよく知られています。

つまり、がん原遺伝子がオンになって細胞内で実際にがん化するのを促進するのです。つまり、SB40が3番目のヒットなのです。そして現在、大きな懸念となっているのは、この分析によれば、COVID-19ワクチンが発がんに関するマルチヒット仮説を満たしているということです。つまり、6カ月ごとの連続投与です。

現在、がんサーベイランス・システムのすべてでがんの発生率が上昇しており、ワクチンががんを促進する可能性があると考えるに足る十分な知見があります。どのがんサーベイランス・システムも、ワクチン投与と統合していません。

内科医として、また心臓専門医として、私が懸念しているのは、累積投与効果であり、感受性を弱めることが重要であるということです。P53やBRCA関連の腫瘍を持つ人々。DNA修復に問題がある人、あるいは放射線などDNA修復を損なう様々な環境暴露にかなりさらされたことのある人は、二次腫瘍の大きな懸念になるでしょう。

そして最後に、まだがんと診断されていない初期の不顕性がんや、寛解期にあるがんの人たちです。COVID-19ワクチンを複数回接種すると、がんの進行が早まる可能性があります。ターボがん、ターボがんという言葉がありますが、これ以上の言葉はないでしょう。

つまり、ターボ・ガンは、感受性の高い人が遺伝子メッセンジャーRNAワクチンを複数回注射することで、考えられる可能性が非常に高いということです。ピーター・マッカロー博士です。ご清聴ありがとうございました。残りのプレゼンテーションもお聞きいただき、お楽しみください。

DOクリストフ・プロテ 1:46:43

ああ、どうもありがとうございました、教授。マッカロー。彼は今ちょうど患者の治療をしていて、このビデオメッセージを送ってくれました。というのも、彼は今、患者の治療にあたっていて、このビデオメッセージを送ってくれたのです。

次のスピーカーはドイツのクリニック教授です。彼女は医療微生物学と感染免疫学の分野で教授としての資格を持っており、分子診断学と分子生物学微生物学部門の責任者です。医学部magnaportheでクリニックの教授は、多様な教育背景教授博士クリニカ研究生物学、化学、医学、それらの分野の相互接続性の包括的な理解を得て、科学と研究の分野に彼女の人生を捧げてきた非常に熟練した個人です。

彼女の知識の追求は、医療微生物学、感染免疫学、この専門分野の微生物の研究に焦点を当て、人間の健康だけでなく、感染症に対する身体の免疫反応に影響を与える分野を専門にする方が優れています。広範な研究と研究を通して、クリニック博士はこの分野の第一人者となりました。ケーニッヒ教授、どうもありがとうございました。

ブリジット・ケーニッヒ 1:48:05

こんにちは、こんばんは。このパネルにご登壇された方々の本当に素晴らしい貢献に感謝いたします。また、起こりうるすべての危険と条件にも同意します。従って、基本的な科学的貢献、あるいは科学的貢献のないものから付け加えることは何もありません。

私の貢献は、多くの疑問符を解決しようとすることです。そのため、私たちは、センスを開発し、疑問符を解決するコミュニティに提供しようとしています。私たちは数ヶ月前に、血漿中のスパイクプロテインの分析から始め、盲腸、マクロファージ、循環エクソソーム、私たちは、マクロファージ、頬細胞、また、腸内または特異的な細胞内の異なる組織内のmRNAワクチンmRNAの分析を編集することはできません。

そして、ケビンの協力により、細胞内だけでなく、核内、特に腸内細菌内でも発現ベクター、プラスミドのオートセンターを提供することができるようになりました。私たちは現在、リボソームの分析を確立しています。リボソームが損傷しているヒントがあるためです。

また、私たちは何年も前からミトコンドリアに注目しており、ワクチンやワクチン接種を受けた人はミトコンドリアの機能が低下していることが分かっています。ですから、私たちはそのメカニズムに注目しています。そして確かに、私たちは免疫系に注目することができますし、NCOさんがおっしゃったように、自然免疫反応と適応免疫反応との関連性にも注目することができます。

マーク・トロッツィ 1:51:00

(笑)ちょっと遅かったですね、ありがとうございました。教授コニック。私はあなたの簡潔な話を聞いています。そして、私はあなたがこれを簡潔にしていることは、あなたがおそらく、ああ、誰もがこれをカバーした、これ、これ、これ、これをリストにチェックしていることに気づきました。

Brigitte Konig 1:51:20

(´・ω・`)そうなんですね!(´・ω・`)

マーク・トロッツィ 1:51:25

まあ、最後にもっと会話をしましょう。そして、近い将来、このグループ全員と他の医学的、科学的なアドバイザーの何人かを、3日か4日くらいどこかに集めて、一緒に考えることができたらいいなと思います。

本当にありがとうございました。さて、そろそろラインアップも終わりに近づいてきました。次のスピーカーは、卓越したプロのサーファーでありミュージシャンであるだけでなく、科学について学び、働くことに非常に多くの時間を費やした方です。

ジェシカ・ローズ博士は、カナダのニューファンドランド記念大学で理学士号と応用数学を取得し、その後医学と免疫学の修士号を取得しました。彼女は、免疫学に焦点を当てた医学修士号を取得するために新設された学際的学位プログラムの5人の尊敬すべき卒業生の1人でした。

彼女はイスラエルで研究を続け、計算生物学の博士号を取得するために招かれ、分子生物学と生化学の2つの博士課程を修了しました。ローズ博士、どうもありがとうございました。そして、この巨大な、オンラインで見ている何千人もの人々を啓発してください。ありがとうございました。

ジェシカ・ローズ 1:52:56

VRが学際的なプログラムの最初の5人のうちの1人であることがわかりました。良い研究ですね。これはおそらく、私たちが生きている間に起きたことの中で最も重要なことの1つだと思います。スライドがあれば、すぐに始められます。

そして、私自身の時間を結びます。もちろん、古典的なジェシカ・スタイルで、私は人々を笑わせなければなりません。あなたのキャビネットに浸透していることを願っています。というわけで、観客の何人かが笑ってくれることを願っています。

では、ここでも本当に早口で、すでに人々が話していることをいくつか飛ばします。まず最初に、ケヴィンがデビッド・ディーンの話をしてくれました。デビッド・ディーンは遺伝子セラピストです。彼はプラスミドの核内標的化を非常に詳しく研究している人物です。

彼はプラスミドを核に到達させる最良の方法を研究している人です。プラスミドDNAを核内に移行させなければ、遺伝子発現も遺伝子治療も行えないのです。つまり、私が今ここで言いたいのは、改変されたmRNA、COVID-19、注射剤にDNAが含まれているという証拠がある以上、これらの製品はあらゆる定義において遺伝子治療であるということです。これは非常に重要なことです。たとえこれが意図されたデザインでなかったとしても、私たちが今直面しているのはこの結果なのです。

そしてこの変更は

DOクリストフ・プロテ 1:54:56

COVID-19の安全性が遺伝子組み換え生物の定義を満たしているとして、ケイティがファイザーとモデルナに対して提出した差止命令申請書。ケイティはまた、ニュージーランドの擁護団体「自由のための声」の法務責任者でもあり、この食品のケースマネージャーを務めました。では、ケイティが今、私たちと一緒にいることを願っています。聞こえますか?ええ、聞こえていますよ。ありがとうございます。素晴らしい。

完璧完璧

ケイティ・アシュビー・コペンス 1:55:28

ありがとう、クリストフ。そして、このような機会をいただき、本当にありがとうございます。世界健康評議会と共に発表できることは本当に光栄なことですが、多くの驚異的な、そして宝石や素晴らしい専門家、そしてもちろんあなた方のような方々の中にいることもまた光栄なことです。

とても不思議な時間です。私たちの誰もが、まさかこの場にいるとは思っていなかったでしょう。このような機会をいただき、ありがとうございます。というのも、今日お話を伺った方々のほとんどは、私がタスマン海峡の両岸、つまりニュージーランドとオーストラリアで行ってきたさまざまな訴訟で、証人としてお呼びした専門家だからです。

ここ数年のことです。ありがとうございます。法制度に対する不満はよくわかります。政府や規制当局から真に独立しておらず、同じような決定を下しているように見えるため、職務怠慢を犯しているように感じます。これは非常に残念なことですが、私たちは歴史を書き残し、それを将来のために公の記録として位置づけることを責任者に義務づけているという事実を見失うわけにはいきません。

今年、ジュリアン・ギレスピーと私は、オーストラリアにおけるコロナワクチン遺伝子組み換え作物事件を調査していました。当初、私たちはLNPコンプレックスにおけるMMRに焦点を当てていましたが、それは2000年遺伝子技術法と呼ばれるオーストラリアの法律における遺伝子組み換え生物のデブナスの定義を満たす部分でした。最初のスライドをご覧ください。これが始まりましたか?

クリストフ・プロテ 1:57:17

いいえ、見えません。

ケイティ・アシュビー・コッペンス 1:57:21

あ、ニックに送りました。もしよろしければ、追加することも可能です。

クリストフ、見えますか?

クリストフ・プロテ 1:58:04

はい、見えます。

ケイティ・アシュビー・コッペンス 1:58:06

完璧です。素晴らしい。今年の初めにオーストラリアの事例を調査し始めたとき、私たちはオーストラリアの法律における遺伝子組み換え作物(GMO)の定義を満たすものとして、脂質ナノ粒子修飾RNAまたは合成mRNA複合体のみに注目していました。

そしてそれは、レトロポジションを通じて遺伝物質を伝達することが可能な生物です。さて、私たちはmRNA LMP複合体がその定義を満たしていると述べました。そして私たちはそれを確信していました。これが私たちが取っていた見解です。なぜなら、過去40年間の科学から、規制当局が私たちの要求に応えようとしなかったことがはっきりとわかったからです。2枚目のスライドをご覧ください。

メッセンジャーRNAのカプセル化や脂質ナノ粒子の基礎を適切に考慮しなかったのは、世界中でオーストラリアの遺伝子技術規制当局だけではなかったようです。おそらく間違っていたのでしょうが、これらの規制当局は、製薬会社から与えられた情報のみにその検討対象を絞っていたのです。

しかし、この訴訟に取り組んでいる間に、ケビン・マッキノンが過剰なDNA汚染を発見したことを知りました。このDNA汚染は製造工程に起因するものです。今日集まっていないのであれば、そこにあるべきではありません。

本当にあってはならないものです。また、それを除去したり、つなぎ合わせたり、Ltd.を排除したりする試みがなされたようです。そのDNAは結果的に脂質ナノ粒子ビヒクルに封入され、ヒトのDNAへの入り口となるのです。

ケビンから学んだ同じ情報を応用し、世界中でこれを確認した他の研究室、これはホワイトペーパーや査読付き論文よりも優れているはずです。しかし、彼らには商業的な利害関係もありません。商業的な利害関係によって今日多くのことが左右されています。

そして、それは本当に莫大な利益を得る機会を作り出し、私たちはそのような状況がポップであることを目の当たりにしています。DNで入手可能な情報を適用すると、LMP複合体は、オーストラリアの法律における遺伝子組換え生物の定義を明らかに満たすと考えられます。

さらに調査を進めると、世界中の規制当局がこのような状況に陥っていないかどうか、特に興味を持ちました。つまり、遺伝子組換え生物であるためには、人為的に改変された、あるいは遺伝子を複製された、生物学的な物質が必要なのです。そして、その生物はヒトの健康に悪影響を及ぼす可能性があるということでした。ですから、私たちは同じような、あるいは似たような、素晴らしいものを見ることができたのです。

マーク・トロッツィ 2:02:19

クリストフ、技術的なミスと言われたかもしれませんが、ピーター・マッカローがそれを取り下げることができれば、すぐにでも彼を連れてきます。ありがとうございました。そして、そろそろお二人の会話をお聞かせください。

親御さんたちは音の問題を抱えています。手を挙げることはできません。しかし、もしどなたか、物理的に挙手をしていただければと思います。パネルへの質問、個人への質問、あるいは他の専門家から聞いた話に対するコメントなど、どなたか始めたい方がいらっしゃいましたら。どうぞ。挙手制にします。はい、どうぞ。

ブライドル博士?

バイラム・ブライドル 2:03:06

ええちょっと興味があるのですが、私にとってプラスミドDNAに関する重大な懸念は、プラスミドDNAが非常に長寿命であるという事実です。どうなんでしょう?ケヴィン、仕事は?私たちと一緒に手を動かしていますよね。

でも、もし他の人たちがどんなものなのか知っていたら、コメントしてもらえますか?これが問題だという考えはありますか?そうですね、この問題は広く認知されていません。問題が認識されないと、本当の意味での研究はできません。

しかし、現時点では、この問題が体内でどれくらいの期間持続する可能性があるのか、その兆候はあるのでしょうか?

ケビン・マッカーナン 2:03:43

それはいい質問ですね。私たちが関与し始めるには明確な研究室が必要です。その質問に答えるためにIRBが必要かもしれません。COVID検査には必要なかったのですが、このワクチンが人々に何をもたらしたかを追究するためには必要でしょう。

母乳や血漿中のmRNAを30日以内に検出したというデータがあります。心臓組織からも検出されています。これらの方法の多くはmRNAかDNAかを区別しておらず、実験にDNA塩基を使用しています。つまり、DNAを破壊しているのです。

ですから、Marcus aldens Labが行った逆転写でさえ、そのシグナルに寄与しているDNAの構成要素があるのかどうか、いささか興味があります。DNAはRNAよりも寿命が長いですからね。DNAとこの修飾されたRNAを比較した研究は見たことがありません。

ですから、RNAの方が長生きしている可能性はあります。しかし、両者を区別できる1つのものはSP40です。我々が持っているオリジンPCRテストでは、それらはmRNAには含まれていないはずです。これらの3つのアッセイでPCRを行えば、シグナルを聞き分けることができます。

スパイクだけですか?それともオリジンやSB40のシグナルにもスパイクがあるのでしょうか?そうすることで、ワクチン接種後かなり経ってからPCRで陽性を示した患者の中に存在するDNAやRNAが、寿命に関係しているのかどうかがわかるのです。

ブライドル博士

バイラム・ブライドル 2:05:23

ジェシーさん、どうぞ。

Janci C. リンゼイ 2:05:26

ありがとうございます。ケビンさんが以前にも取り上げていたことですが、とても重要なことだと思います。ケヴィン、潜伏ウイルス、潜伏SB 40ウイルスについて、そしてプラスミド、SB 46について、あなたが考えていることを説明してくれませんか?

ケビン・マッカーナン 2:05:47

私たちのプレプリントを読んだ人々は、SB 40ウイルス全体が存在すると解釈していましたが、私たちはそのようなことは発見していません。しかし、人口の2~20%がSB40であることを知っておくことは重要です。

おそらくポリオワクチンによる汚染で陽性になったのでしょう。つまり、ワクチンには含まれていないT抗原を発現している人々が人口の大部分を占めているのです。しかし、T抗原はSP40複製装置の重要な構成要素であり、実際にプロモーターに結合し、SP40オリジンからDNA複製を開始させるものです。

つまり、DNAポリメラーゼが細胞内でDNAをコピーし、複製するためのDNAの一部なのです。これは重要なポイントです。なぜなら、注射されたコピーのことだけを言っているのではなく、100万個の細胞内で複製され、前方に向かって増幅される可能性のあるコピーを考慮しなければならないからです。SP40でもない限り。もしあなたがSP40陽性なら、プロモーターとオリジンが活性化し、細胞内に注入されたDNAがさらに作られることになります。

Janci C. リンゼイ 2:06:54

ありがとう、ケビン。

マーク・トロッツィ 2:06:56

Rocky博士、Voxcom教授、ありがとうございました、

スチャリット・バクディ 2:06:59

一点、申し上げておきたいことがあります。これもターニングポイントになるかもしれません。それは免疫病理組織学です。

ご存知のように、ドイツでは過去1年半にわたって研究チームが活動してきました。その方法は、ヒト組織のスパイクプロテインを染色するプロトコルは、非常に厳格で厳しい基準に従って確立されました。

そして、決して前面に出てこないカメラを再発させます。そしてヴァネッサ・シュミットは、免疫病理学の経験が豊富な分子生物学者に、このプロトコルを確立させたのです。そして、このプロトコルは本当に機能するのです。

本当にうまくいきます。彼らは陰性対照陽性対照を行い、ヌクレオカプシドが組織中に存在しないことを証明しました。そして、最後のワクチン接種から数ヵ月後に死亡した人の臓器からスパイクプロテインが検出されたのです。

これは結構なことです。これは結構なことです。この研究は現在も続けられています。順調にいけば、年末までには多くのデータが出るでしょう。スライドもあるし、染色プロトコルもあるし。また、RT PCRも行っています。

彼らはあなたと連絡を取っていますよ、ケビン。彼らは細胞をトランスフェクトしています。リカがあなたに手紙を書いて、ゲノムの統合や染色体の統合があるかどうかを調べるために、これらの細胞をすべて保存してあると言ったと思います。これはすべて、現在進行中です。

ケビン・マッカーナン 2:09:10

これは私の専門分野ではありません。だから、ここにいる人たちがこのことについてコメントしてくれることを願っています。ヌクレオカプシドが発現していないため、ワクチンによる傷害が推測されるという意見を耳にしたことがあります。

また、ごく最近の論文では、質量分析における2つのプロレンの変化からワクチン由来かウイルス由来かを判定しています。これにはいくつかの方法があります。おそらく、本当の意味でこのことを明らかにするためには、複数の方法が必要なのでしょう。

スチャリット・バクディ 2:09:54

ケビン、でもできるわよ。というか、ricaさん、実はもうお手紙書きましたよね?はい、

ケビン・マッカーナン 2:10:00

リカさんですよね?ええ。彼女は

スチャリット・バクディ 2:10:03

彼女は本当にその渦中にいるんです。彼女は知っています。彼女は知っています、本当に、とても、とても。ですから、私は皆さんから学んでいます。今日のミーティングは、おそらく最も重要なことのひとつだったと思います。

マークとクリストフに感謝します。これがどれだけ大変な作業であったかは、誰もが知っていることですから。皆さんから多くのことを学ばせていただきました。ケイティのプレゼンテーションからも感じたのは、セイウチが言ったように、いろいろなことを話すべき時が来たということです。

でも、私たちが話したいのは、この人たちをどうしたら実現させることができるかということです。私は生産者のことだけを言っているのではありません。FDAのような認可委員会や、この件に深く関与しているドイツ人のことです。

私たちがしなければならないことは2つあります。まず、何百万人もの人々のために、これらの未解決の疑問が解決されるまで、すべてのRNA注射を中止させることです。なぜウェブの世界は健康でないのですか?私たちは、オープンな討論、オープンなオンライン討論に挑戦します。

そして、もし彼らが挑戦を受け入れないなら、それは何よりも重要なことです。そうでしょ、マーク?もし彼らが挑戦を受け入れないなら、それでも止めなければなりません。注射を止めなければなりません。そうでなければ、人々は彼らのために行くでしょう。

ケイティがどうなのかは知りませんが、私はそうです。だから、あなたとオーストラリアにとても感謝しています。日本の皆さんはご存知かどうかわかりませんが、私たちには調査委員会があります。科学者や医師たちが委員会としてこのことを調べているのです。日本との協力はとても重要です。もちろんです。

Janci C. リンゼイ 2:12:45

そうですね、私の感覚では、規制レベルでは、死者や副反応のひどい数がリコールされないのと全く同じ理由で、彼らはこれらを引き上げるつもりはないと思います。私の立場から言わせてもらうとね。これを市場に残しているのは意図的です。分かっています。

でも、あなたは

スチャリット・バクディ 2:13:10

私たちは遺伝子組み換え作物について話しているのです。いいえ、私たちが話しているのは別の話です。これは前例のないことです。そして私たちが知っているように、遺伝子組み換え作物のような人間を作り続けることができなければ、つまり、こんなことはできないのです。

Janci C. リンゼイ 2:13:26

彼らは否定するでしょう。彼らは否定するでしょう。ケビンの発見は汚染だと言うのです。

スチャリット・バクディ 2:13:33

いいえ、ジャンシーさん、再現されたわけではありません。そうですね。サウスカロライナ州の成績表は素晴らしいものでした。それを続けてください。そうすれば

Janci C. リンゼイ 2:13:52

(冫、)もし、私たちが十分な数の人々にそれを伝えれば、彼らはそれを受け取らないでしょう。

スチャリット・バクディ 2:13:59

私たちは医者と話をしなければなりません。わかりました。医師たちに、もし彼らが一歩も引かなかったら、これが最後のチャンスなんだと気づかせなければなりません。次はこのニュースです。そして、政治家やメディアでさえも、こう言うことができるのです。私たちは半年前までこのことを知りませんでした。もちろん、知らなかっただけです。そして、私の最後の文章は、彼らが無効であるという驕りです。

ジェシカ・ローズ 2:14:41

|にできるようにあなたがそれをすることができます本当に出くわすことあなたは、実際には私たち約束、誰でも素早くはちょうど無視することができます。私は、多くの人々が少なくとも部分的にフードを取り除かれたと本当に信じています。

そして、これは実際に、何か本当に悪いことが起こっていることを人々が知るきっかけになるかもしれません。私が診察している患者さんたちを見ていると、そう感じます。そして、これは今がチャンスなのかもしれません。

というのも、医師や患者自身が、例えば、あなたが怪我をしていて、注射のせいで何かが起こっていることを知っていて、今、それを知った、あるいは知らなくても、汚染があることを知った、としましょう。その製品に何か問題があると解釈することもできます。

ですから、需要は変化し、人々は保護製品を要求するのではなく、すでに注射された製品に何が入っていたかを知ることを要求するようになるでしょう。それが私の考えです。だから、これはターニングポイントなんです。みんな知ってるから。

スチャリット・バクディ 2:16:11

医者を選べ最初の医師は、医師がすべてを止めたのです。ハウス・オブ・カードのせいで。崩壊。そう、そう。

アレクサンドラ・ヘンリオン 2:16:26

そうそう、この3年間で気づいたのは、あなたがより多くのものを目指しているのはわかるけど、現実的に考えて、事実が確認されたものは何でも成功するということでした。つまり、彼らの心に本当に響くものは何でも事実確認されるのです。

私たちが言うことすべてが、実際にそのような扱いを受けているわけではありません。フランスのプラスミドゲートはまだ取り上げられていません。私の知る限りでは。つまり、再確認して何文字か書かなければならないのですが、そうなっていないようなのです。

このページでは、あなたの国ではどうですか?

スチャリット・バクディ 2:17:21

どの国ですか?ええと、私は

アレクサンドラ・ヘンリオン 2:17:24

カナダのことは言えません。私はみんなと話しています、私は話していません。

マーク・トロッツィ 2:17:37

カナダでは、税金で賄われたプロパガンダの中で生活しています。それは前例のないことです。しかし同時に、私たちは、彼らはそれを何と呼ぶのでしょうか?私は「恐竜メディア」と呼んでいます。しかし、人々はレガシーメディアとかメインストリームメディアとか言いますが、メインストリームはもはやメインストリームではありません。

例えば、CNNの全視聴者数は、ジョー・ローガン一人のポッドキャストに矮小化されています。ですから、犯罪者が自首するのを待つというのは、おそらく実現しないと思います。確かに課題はあります。そのため、私たちは近い将来、科学的な専門家たちとの協力の下、この同じテーマについて、合法的で法的措置に焦点を当てたパネルを開催する予定です。

バイラム・ブライドル 2:18:30

ファクトチェックの問題についてコメントさせていただけるなら、私の経験を共有させてください。私が2年以上前に、このような製品を運ぶ脂質ナノ粒子の全身的な生物学的分布の問題を提起したとき、世界的なレベルで、私に対する非常に専門的な中傷キャンペーンが展開されました。

そのことで、私が驚いたのは、それが技術的にどのように機能するかというメカニズムであることを知っていたことです。だから、当時は、こんなことが起こりうるなんて、みんな物議を醸すのではないかと思っていたのを覚えています。

まあ、それまでの18年間の開発でそうなっていたのですから。ですから、私がショックを受けたのは、多くの人が私が「こんなこともあるんだ」と思っていたことで、そうではなく、私が学んだのは、私たちは騙されていたということ、そして、この技術はまだ18年間と同じように機能しているということでした。

そうですね。しかし、事実確認が進むにつれて、病理学や病原体の研究から、重症化したときの危害の主な原因はスパイクプロテインであり、それはウイルスが血液中に全身的に分布したときであることがわかりました。ですから、スパイクプロテインやスパイクプロテインの供給源が全身に分布しているのであれば、それは理にかなっており、さらに大きな懸念事項でした。

全身の細胞に発現するのですから、有害である可能性があります。このようなことはすべて、査読付き文献で日常的に発表されています。企業のCEOでさえ、心筋炎がどのように起こるかをどのように学んだか、そしてモデルナCOは、彼の大規模な世界的実験によってこの1年で学んだことを公然と語っています、 しかし、タンパク質が心臓に到達し、心筋炎を引き起こしているにもかかわらず、誰も間違いを認めたくないようです。

この808日というのは、私が記録しているわけではないのですが、私がこのオフィスで仕事をすることを制限されているのです。その一方で、他の研究者は査読付き論文を出版して履歴書を作っています。私が2年以上前に言ったことを発表しているのですから。

ですから、私はトレース博士に同意します。私たちは、この事実確認を乗り越えることはできないでしょう。誰も謝罪する気はないようです。長い間、私たちが正しかったことに対して、誰も補償しようとはしないようです。あなたのフラストレーションは私も同じです。

ローズ博士?

ジェシカ・ローズ 2:21:47

そうですね、情報の取り消しということで、ちょっと便乗させてください。私が最近よく発表しているスライドの1つは、2021年1月の詳細報告で安全性のシグナルが十分にあったことを示すデータとクマです。これを停止するために。

そして、私は、多くの人が知らないような雑誌に、いくつかの論文を発表しました。ジェームズ・ライオンズ・ワイラーのインディペンデント・ジャーナルです。それで、私が思いつく唯一の方法で、この記事を世に出しました。

一般的な査読ルートを通っていたら、出版されることはなかったでしょうから。心筋炎の論文については、今まさに再投稿しているところです。つまり、私は2年経った今でも、このオリジナルの心筋炎の論文を出版しようとしているのです。

毎日、そのことが頭から離れません。少なくともこの論文を読んでいたら、どれだけの人が自分の子供に注射を受けさせなかったことでしょう。誰でも理解できるように書いたのですから。15歳の少年たちにショックを与えた後、バーが上がるようなものです。

そう、まさにバイロンが言った通り。誰もが心筋炎に関する論文を発表しているようなものです。CDCもそれを認めていません。だから、私は今、ちょっと文句を言いたいだけなんです。でも、それも大事なこと。ということで、席を譲ります。

マーク・トロッツィ 2:23:40

そうですね、私たちはただ……それはわかります。ケイティ、ホプキンス、お願いします。

ケイティ・アシュビー・コペンス 2:23:50

私たちは、いくつかの驚異的な専門家から話を聞いたと言えると思います。そして、私たちは今、法制度が立ち上がり、彼らに責任を負わせる必要がある時点にいるのです。インフォームド・コンセントや法制度の礎となる原則は無視されてきました。

そして、その原則はひっくり返されています。そして、それらは明白に無視されてきました。もし、私たちが最初からこれらの原則の多くを守っていれば、IDSAはこのような立場に立たされることはなかったでしょう。ですから、このmRNA技術を使って、少なくとも年間1億本のワクチンを製造できる能力を誇る製造施設を、世界中にもっとたくさん製造あるいは建設していることを知ることは、極めて重要なことなのです。

これが、私たちが今日ここにいる理由であり、停止しなければならない理由なのです。もうこれ以上、黙っていることはできませんし、私たちを黙らせるチャンスもありません。そして真実、名誉毀損に対する防御は真実です。

マーク・トロッツィ 2:25:13

アーメン、ケビン、お願いします。

ケビン・マッカーナン 2:25:17

私たちが頼りにしているデータの多くは、CDCのデータであれ様々なデータであれ、説明責任を果たせない政府関係者によって作成されています。ここで私が注目したいのは、マサチューセッツ州のFoIdからすべての死亡記録を入手するという、骨の折れるプロセスを経たジョン・ボールドウィンという人物です。

そうすることで、これらの記録は刑事責任を伴うものであり、それが改ざんされた場合、殺人と同じくらい深刻な事態になりかねません。彼はこのデータを持っていて、ガンが着実に増えていること、心筋炎は彼の指標にはほとんど載っていないこと、彼が見てきた問題の氷山の一角であることがわかります。

なぜなら、彼のデータは死亡診断書レベルで行われている不正を証明する最も確かなデータだと思うからです。実際にはワクチンによる傷害と特定できるのに。マサチューセッツ州では、死亡記録はHIPAAで保護されていません。しかし、マサチューセッツ州ではユニークな機会でしたし、ミネソタ州でも再現されたと思います。マサチューセッツ州やミネソタ州でも同様のことが行われています。わかりました。

マーク・トロッツィ 2:26:42

話は以上です。はい、お願いします。画面を少しフリーズさせてください。

DO クリストフ・プロテ 2:26:55

ジェンセン、先に行きますか?

ジャンシ C. リンゼイ 2:26:57

ええ、私は2番目です。ケビンが言っているのは、ジョンがこのデータを得るべきだということです。実際、私たちは議員たちの前で、メディケアとメディケイドのデータベース、アクティブなデータベース、そして死亡証明書、予防接種の状況などを調べられるようにしてほしいとお願いしています。

しかしそれ以上に、私は本当に、本当に、SB40の配列の重要性と、それが存在すべきではないという事実を伝えたかったのです。この菌やバクテリアを増殖させるのに必要ないのです。存在する理由がないのです。何度でも何度でも言います。SB40の配列がそこにある理由はありません。彼らの唯一の貢献は害になることです。汚染されたものではなく、不純物であることを人々に伝えなければなりません。

ケビン・マッカーナン 2:27:52

ええ、とてもいい指摘ですね。モデルナにはそれがありません。私たちのプロモーターであるファイザーは両方を持っています。ですから、モデルナと同じようにアンパルも持っています。しかしSP40はアンパルとは異なり、活性のある哺乳類の細胞には必要ありません。ですから、彼らが両方持っているという事実は、明らかに怠慢のしるしです。

つまり、完全に余計なものであり、害にしかならないのです

バイラムブライドル 2:28:14

やってみてください。ケビンに確認したいのですが、彼らは後者については開示していましたが、前者については開示していなかったということですよね?SB40のことは開示されませんでした。

ケビン・マッカーナン 2:28:23

私は、彼らが前にアンプRまたはSを開示していないと思います。だから、両方が欠けているのです。しかし、amp barは100万個の細胞を活性化するのではなく、カンナのミオシン耐性カセット菌を促進するだけのはずです。

SP40は活性があり、その両方があります。ですから、ベクターの中に両方が存在しなければならないというのは、不必要な害の表れなのです。あなたはすでにプロモーターを持っていて、バクテリアの中で仕事をする必要があったのです。製造にはまったく必要のないものを追加したのでは、汚染物質にしかなりません。

Byram Bridle 2:28:54

コッド博士がおっしゃっていたように、事実確認に関して興味深いのは、彼女は今のところ、これらの汚染物質に関して事実確認を受けていないということです。そして、これはおそらく私たちが非常に静かにしておきたいことであり、注目されるのを防ぎたいことなのだろうと思いました。

というのも、ほんの少しの情報しかないように思えるからです。彼らが明らかにしたプラスミドやその塩基配列の一部は、規制当局に調査されたくないものなのです。というのも、このような特殊な状況というのは、あなた方だけでなく、この検査を行った12の研究室があり、あなた方は彼らが見たこともないようなデータを持っているのです。

ケビン・マッカーナン 2:29:41

アメリカでは、彼らはかなり私をファクトチェックしようとしました。このDNAは細胞には入りません。DNAは細胞には入りません。

バイラム・ブライドル 2:29:50

これです。ああ、少なくとももっともらしいという点で、私たちは今日それを捨てたと思います。

ケビン・マッカーナン 2:29:54

そうですね。ですから、彼らはこの問題に正面から取り組んだことはありません。彼らは、何が起こっているのかよく理解できない一般読者のために煙幕を作る傍論に対処してきたのです。

マーク・トロッツィ 2:30:06

ようこそ、マコーラ博士。会話へようこそ。

DO クリストフ・プロテ 2:30:11

つまり、アレキサンドリアは、私たちが話しているケースが実際にメディアに取り上げられるのはどの程度なのか、と質問していたのですが、あなたはそこに一点を付け加えただけです。つまり、過去3年間に続いた3つの柱があるとすれば、それは科学、法制度、そしてメディアです。

私たちの多くは気づいていませんでしたが、彼らは基本的に医療産業複合体(その背後にいるのが誰であれ)に奉仕してきたのです。しかし今、私たちは世界健康評議会として、より良い方法を求めています。そして、人々に力を与えることを信じています。

ですから、今までのシステムを変えることはできないと思います。確かに、何十年もの間、腐敗しきっています。しかし、今ここに世界の第一人者がいて、一般市民や関心のある人たちに情報を提供しています。そして私たちは、今日の科学界における医学界のように、法制度が勇気を持って一歩踏み出す人々を持つことができることを知ることができました。

バイラムの話を聞いて、ミシガン州では、バイアル瓶から汚染物質が検出された場合、実際にその行為に対して責任を問われるようなケースはないのだと知り、とても力づけられました。つまり、SB40が元のバイアル瓶に含まれていなかったことが判明したのです。

これは私の考えが甘いのかもしれません。しかし、これは明らかなケースです。そして、もし私たちが責任を断ち切ることができれば、何でも可能になります。ですから、私は楽観的すぎるのかもしれません。しかし、私たちはここで多くの人々に力を与えることができると思います。というのも、今日は使える話をたくさん聞くことができたからです。

バイラム・ブライドル 2:32:09

マーク、もしよろしければ。ここで2つの質問に答えていただけますか。手短に。まず最初に、簡単に1つだけ。ケヴィン、あなたがおっしゃったように、私は、規制当局が細胞の中に入っていくことが重要だと思います。あなたがファクト・チェックでおっしゃったように、彼らはこれが細胞内に入ることはありえない、細胞外にとどまっていれば問題ない、と主張しようとしているのです。

まず第一に、私が指摘したように、細胞、免疫系となると、そうですね、すぐに、そのことを考え始めると、通常、私は、そうですね、私が最も思い浮かべるのは、貪食細胞ですよね?免疫系特有の。免疫系特有のものです。

プラスミドと組み合わせると、はるかに効率的です。プラスミドは細胞膜に融合して中身を取り込んだり、細胞が中身を取り込んだりします。ですから、脂質ナノ粒子へのプラスミドDNAの吸着を実際に実証できるかどうかを確認することが重要でしょう。

しかし、それは細胞内に入ることができる複数のメカニズムのひとつにすぎません。もうひとつは、直接注射を受けた人をテストして、生体外で、組織内にDNAの証拠があるかどうかを確認する価値があると思います。感度を上げるのは難しいでしょうね。

ということで、2つのポイントがあると思います。でも、ここで私が疑問に思うのは、たとえ細胞の中に入らなかったとしても、先ほど申し上げたように、バクテリアのDNAと、教授がおっしゃったように、このことです。これは危険なシグナルです。

これは病原体関連分子パターンと呼ばれるもので、免疫系はこれを認識するのが得意なんです。あなたが示したのは、かなり大きな汚染です。アジュバントというのは、免疫反応を誘導するのに役立つものなのでしょうか?というのも、リスナーの皆さんにとって基本的なことですが、SARSコロナウイルスの何かを免疫系が認識できるように、ワクチンには2つの要素が必要なのです。

ですから、このアジュバント効果は両刃の剣になり得るのです。つまり、一方では活性化を引き起こし、その結果、特にプラスミドが長期にわたって体内にとどまっている場合には、活性化が長期化し、炎症が長期化する可能性があるのです。高齢になり、免疫システムの調節がうまくいかなくなると、慢性的ながんが増えるからです。

しかし、ケヴィン、私が興味深いと思うのは、もしこれらの汚染物質が除去された場合、そうですね、もし私たちが、もし製造業者がこのことを聞いて、バッチをクリーンアップした場合、このアジュバント効果のために汚染物質をクリーンアップした場合、免疫応答が悪化するのかどうか知りたいと思います。

私が不思議に思ったことの1つは、あるキャンパーが相関関係を示したことです。ジェシカさんだったかどうか分かりませんが、血漿の汚染が最も多かったキャンパーが、有害事象が最も多かったキャンパーだったというのは興味深いことです。

同じバッチが、より良い免疫反応と相関しているかどうかを見ることができますよね?というのも、この技術について考えなければなりません。ノーベル賞を受賞したのですから。しかし、この汚染を取り除いたら、突然、ワクチンとしてより悪くなってしまったとしたら、面白くないでしょう。

DO クリストフ・プロテ 2:36:11

ここでマッカロー博士に話を譲りますが、あなたはどう思われますか?あなたは循環器専門医で、癌について講義されたばかりですが、私たちが今いる場所の潜在的なパロディ化した変化において、患者はどのような役割を果たすことになるのでしょうか?

ピーター・マッカロー 2:36:37

内科も循環器科も、私は今、診療を終えているところです。しかし、世界中のどのがんサーベイランスシステムでも、症例数の増加が報告されています。ですから、がんが増えたかどうかは議論の余地がありません。数年前から、ホワイトハウスにいたスコット・アトラスは、私たちはマンモグラフィや定期的ながん検診が遅れているだけだと主張していました。それは論外です。今は。COVIDの患者はいません。数年前から病院は空っぽになり、通常業務に戻っています。

以前は軽症だった癌の再活性化が見られ、癌の進行がより急速に圧縮されています。これは一般的な見解です。最近、トニー・キャラ・ゴープラスと私、そして執筆グループで、顔面神経に浸潤した致命的な急速進行性の浸潤性頭頸部がんについて報告しました。

そして三叉神経が脳に達し、私より若い男性が亡くなりました。ワクチン接種後、急速に進行したのです。このような致命的な癌の症例は、ワクチン接種が癌の進行に根本的に関係しているというのが私たちの結論です。私が最も心配しているのは、もし患者がp53に機能喪失変異を持っていれば、スパイクプロテイン自体が、s2セグメントががんを促進する可能性があるという考えです。

そしてBRCAは、もし腫瘍の監視システムがすでに遺伝的に弱体化しているのであれば、ワクチンでは得られるが呼吸器感染では得られないS2セグメントを負荷されることを望んだのです。これはピッツバーグ大学の論文で、モデリングによって示唆されたということです。

つまり、女性の乳がんや生殖器のがん、子宮卵巣がん、それからP53。腎細胞がん、メラノーマ、その他の固形臓器がん、ちょうどスパイクプロテインの2つのセグメントだけで、中国にある論文よりも、外来メッセンジャーRNAを体に負荷することで、DNA修復が損なわれることを示唆する論文があります。

そして今、SB40の発見とプラスミド汚染によって、サザーランドとバラン・バイラーが1984年に発表したマルチヒット仮説と呼ばれるものが達成されれば、私たちはおそらく真のがん促進剤を手にすることになるでしょう。今は1回の投与では十分ではないかもしれませんが、半年に1回、がんを誘発するような製剤を投与することになります。

そのため、今、このようなことがまとまって起こっているのだと思います。私たちは、すべてのがんサーベイランス・システムとワクチン管理システムを統合し、疫学調査を行うよう奨励すべきです。それは提案されています。私は国立がん研究所や国立がん協会に手紙を書きましたが、地球上のどの国も、ワクチン投与データと国民死亡指数のような全死因死亡率を持っているにもかかわらず、米国や様々な国はそれを統合しようとしません。

ですから、少なくともスパイク・プロテインという点では、心血管疾患や心臓の炎症を引き起こし、動脈硬化性心血管疾患を加速させ、虚血性脳卒中や虚血性脳卒中を引き起こし、ガンマ株症候群や小繊維神経障害、難聴、視力低下を引き起こすことが証明されている製品があるとは信じがたいのです。

また、抗凝固療法が効かない血栓に含まれるスパイクプロテインを原因とする血栓症や、ワクチン誘発性血小板減少症、紫斑病、多系統炎症性障害などの免疫異常も引き起こします。循環器系、神経系、血栓系、免疫系、そして5番目のがんが加わりました。ですから、この注射は、これまでに考案され、投与された可能性のある注射の中で、最も病気を促進する注射でなければなりません。

そのような人たちは

マーク・トロッツィ 2:41:17

色から

スチャリット・バクディ 2:41:20

そうですね、私もそう思います。しかし、私はこのような考えを、他ではほとんど議論されていない、差し迫った神経学的免疫学的側面で補完したいと思います。自己でないものを認識することが免疫学の本質なのです。これはリンパ球の段階で起こりますし、もちろん抗体プラス補体でも起こります。

そして、このようなプロセスが、がんを含む、これまで私たちが目にしてきたようなあらゆることに、非常に、非常に、非常に大きく寄与していることを理解することが重要だと思います。これは私の考えではなく、免疫学の教科書に載っている概念なのですが、細胞傷害性リンパ球というリンパ球が、自分以外のタンパク質を作り始めると、そのリンパ球は兄弟の存在によって攻撃され、殺されてしまうのです。

なぜなら、私が何度も何度も言っていることですが、異質なタンパク質を作る細胞を探し出して殺す能力は、生まれたときに備わっているのです。人を殺すようなウイルスがほとんど存在しないのはこのためです。これが過去100年間の常識でした。

ワクチン接種、手の保護、ウイルスなど、ワクチン接種に関する神話については、事実ではありませんし、事実であったこともありませんし、事実でもありません。私はこのことを深く掘り下げることはありませんが、文献を見れば誰でも、天然痘の予防接種の偽造からすべてが始まったことに気づきます。

そして100年前、同じことが世界中の医師や予防接種を拒否する患者に起こっていたのです。彼らは殺されたのです。つまり、彼らは刑務所に入れられたのです。天然痘の予防接種がまったく効果がなかったことは、周知の事実です。また、ポリオのように、予防接種が効いた試しがないことも明らかです。

ですから、基本的な疑問は、ウイルスに対するワクチンは必要なのかということです。破傷風に対するワクチンが破傷風を予防することに異議を唱えているのではありません。そのことに異議を唱えているのではありません。ジフテリアに対するワクチンは、ジフテリアがなければジフテリアを予防するかもしれません。

でも、ジフテリアはありません。私は14年間この問題に取り組んできました。ワクチン開発においても、ウイルスは存在しません。それは狂犬病で、狂犬病にかかると死に至るので、ワクチンを接種して予防したいのです。

狂犬病の致死率は100%、感染致死率は90%です。しかし、コロナの感染致死率は1%、2%です。インフルエンザのように。そして、我々はすべてのインフルエンザに対する予防接種が機能したことがないことを知っています。現在の言葉は、決して機能しません。ですから、免疫学の観点から、そもそも使われることもなければ、役に立つこともないワクチンについて話すべきではありません。

ケビン・マッカーナン 2:46:09

ケビン、素晴らしい。あなたのご指摘やバーメス氏のご指摘にも通じることですが、テールリスクを挙げたいと思います。現在、私たちが目にしている物質の多くはDNAの断片です。しかし、このワクチンのごく浅い調査で、非常に長いDNA断片がすでに見つかっています。ですから、十分な数のファイルを調査すれば、最終的には完全なプラスミドが見つかるのではないかと思います。

イングリッド・ベック(Ingrid Beck)という名字の著者が査読を受けた論文がすでにあります。非ウイルス性プラスミドベクターと鼻腔組織がSARSの診断用核酸検査で偽陽性を引き起こすというものです。これは、あるグループがプラスミドにヌクレオカプセルを結合させ、別の抗原としてプラスモンに感染させるという研究を行っていたところ、研究所のスタッフがCOVID検査を誘発し、同居人にまで広がってしまったケースです。

ですから、もし私たちが呼吸器系ウイルスや、そのような危険性のあるワクチンに取り組もうとしているのであれば、私たちが防ごうとしている問題を引き起こす可能性が高いのです。もちろん、これはIFRがこのような対応を求めているわけではなく、私たちはそれをしようとしてパンドラの箱を開けているのです。

DO クリストフ・プロテ 2:47:22

マーク、その前に

スチャリット・バクディ 2:47:23

最後に111.私が心配しているのは、もし私たちがスパイクにすべての考えを集中させたり、集中させたりしたら、あの人たちはコロナRNAワクチンを排除するこのチャンスをつかむつもりでしょう。ご存じでしょう?RSVはそこにあります。そして私がとても重要だと思うのは、同じことが起こるということを世界に知ってもらうことです。それが私の考えです。

DO クリストフ・プロテ 2:48:10

そうですね、確かに、2つ目のパネルがあったほうがよかったような気がします。まだ議論すべきことがたくさんありますから。本当にありがとうございました。視聴者の皆さんからの質問もたくさんありますから。もちろん、そのうちの2つを含めて、最後にお一人ずつ、この会議から得た成果や、社会や人類に望むことを、1つか2つの文章で結んでいただければと思います。では、バイラムさんから始めましょうか?私たちの血液供給を守ることは可能ですか?そうですね。

では

バイラム・ブライドル 2:49:05

会場からの質問、ありがとうございました。もちろん可能です。しかし、注射の結果、血液供給に問題が生じる可能性があることは認めなければなりません。これまで言われてきたことはすべて間違っていたのです。私たちは、まずmRNAから始めると言われましたが、繰り返しますが、これは天然のmRNAではなく、改変されたRNAであり、信じられないほど壊れやすく、非常に急速に分解される可能性があることを皆さんに思い出していただきたいのです。

私たちは36時間以内に体内で分解されると聞いていました。それが何週間も続くのでしょう?死後の分析では、スパイクプロテインが273日間も存在することが確認されています。血液供給の全体的な考え方は、汚染物質が潜在的に危険であるということです。

私たちの血液プログラムでは常にそうしてきました。その汚染物質が血液中に存在する危険性がなくなったときです。ですから、非常にシンプルでわかりやすい研究です。今、すべての構成要素がどのようなものであるかを認識する必要があるだけです。

プラスミドDNAを調べる必要があるなんて、今まで考えたこともありませんでした。でも、郵便受けに投函された人の血液を真剣に採取するんですよ。そして、ワクチンとその成分、派生物を調べる必要があります。つまり、ワクチン自体にはスパイクプロテインは含まれていません。

しかし、このプロドラッグの派生物は、本質的にスパイクプロテインを生成するものなのです。ですから、血液を採取する際には、ワクチンの存在を確認する必要があります。無傷のワクチン、つまり修飾RNAを含む無傷の脂質ナノ粒子の存在を確認する必要があります。

さらにプラスミドDNAを探す必要があります。私たちは非常に感度の高い方法を用いています。そして、流通中のDNAが検出されなくなった時点で、人々はこの注射を受けることになります。十分な数の予防注射を行うことで、そのDNAが検出されなくなったと確信できるのです。

さて、悪い知らせは、人々がこのようなものを探している限り、探している限り、見つけているということです。ですから、私たちはその洗浄期間を意識しなければなりません。そして、そのようなものがどれくらいの期間存在するのかどうかについては、私はまだ完全な確信を持っているわけではありません。

ですから、調査が必要です。その研究がなされれば、血液供給源にこれらの汚染物質がないことを確認することができます。ケイティに聞きたいことがあります。ピライ博士。ケイティ、見ている人のために言っておきますが、多くの人が興味を持つでしょう?カナダの裁判制度にはこのような考え方があります。

私たちは英連邦の国です。法律用語では言えないのですが、このような期間があります。だから、職を失った人たちがたくさんいます。今、この話を聞いている多くの人は、この権利を持っています。そして今、これらのものが汚染されていると聞いています。

そこで質問なのですが、ほとんどの人は裁判をする余裕がありません。このような汚染物質があるはずはないのですが、そのような可能性はあるのでしょうか?私には、これらは人々に投与された違法な製品のように思えます。そして、それを服用したくなかった人たちには、服用しなかった相当な理由があるのです。

長い時間が経過しているにもかかわらず、人々が正義のために戻ってくる可能性はあると思いますか?具体的には、2年前、あるいは2年前に職を失った人々が、毒まみれの職場に戻る代わりに、復職や損害賠償を求められる可能性はあるのでしょうか?

ケイティ・アシュビー・コペンス 2:53:14

ファーム、現在進行中で、過去3年間続いているさまざまな問題をたくさん挙げていただきましたが、私たちがこれまで育ててきた中核的な法的原則が適用されていれば、私たちは間違いなくこのような立場に立たされることはなかったでしょうし、多くの人々がこのような立場に立たされ、インフォームド・コンセントを失い、傷害を負った多くの人々が、後になってから傷害を負ったことに気づくかもしれません。

あなたが言っている時点とは、制限期間のことです。契約違反かどうか、傷害や損害の種類、あるいは傷害を発見した時期によって、制限期間は異なります。多くの規制当局が、汚染レベルを把握することを主張し、スポンサーや製薬会社に対して、汚染に関する情報を提供するよう要求しています。このような場合、規制当局に対するクレームが発生する可能性があります。

同様に、製薬会社に直接請求することもできますし、これらの製品が緊急事態という名目で仮承認されたにもかかわらず、突然、これらの汚染物質が含まれていなかったという補償金を請求することもできます。遺伝子組み換え作物の分析という目的からすれば、不正な情報に基づいて不義理を吹聴する可能性があることは確かです。

ひとつ。そしてそれは確かに、政府がこれらの製薬会社に与えた補償義務を回避したり、免れたりすることを生じさせます。しかし、これはクリストフとマークが、あなたの法的なケースは、おそらくそれだけで別のセッションにする必要があると言った理由です。

というのも、これは非常に複雑で、義務づけられた人たち、規制当局、製造物責任、そして私たちはオーストラリアで、怪我をした人たち全員を対象とした集団訴訟を起こそうとしています。怪我をした人たちに適切な補償を行い、その後の人生を快適に過ごしてもらうことは、とても重要なことなのです。なぜなら、安全で効果的だと言われ、政府を信頼していたからです。

クリストフ・プロテ 2:56:03

マーク、ありがとうございました。

マーク・トロッツィ 2:56:07

そうですね、輸血の問題に関して、非常に現実的なレベルで、2つだけ思いついたことがあります。例えば、カナダでは、かなり前のことですが、昨年、血液バンクに問い合わせをしました。そこで私が得た情報は、献血ができるということでした。

もし私がこの薬を注射されたら。この注射をしなければ献血は可能で、血液を分けることも、血液を識別することもないとのことでした。オーストラリアやニュージーランドでは、赤ちゃんの意思を尊重し、誰かが心配するようなことをすることに大きな抵抗があります。

例えば、なぜ特別な血液が必要なのか、まるで、同じ血液型のいとこから血液を提供してほしい、と言う権利がないかのように。しかし、このことを気にかける人は、頭がおかしいとしか思えません。それを整理している間に、1つの選択肢と2つ目のアドバイスがあります。

もしあなたが選択手術を受けるのであれば、事前に自分の血液を提供することです。また、チェーンソーを使ったり、レーシングカーを運転したりする人は、緊急に血液が必要な時ではないので、十分注意してください。ということで、1つだけ。そして、今回私が本当に聞きたいことはこれだけです。そして、私たちは多くの時間を費やしてきました。

DO クリストフ・プロテ 2:57:35

ポイントです。さて、そろそろ終わりにしましょうか。もちろん、永遠に続けることもできます。でも、パネリストの皆さん、ありがとうございました。そして、もしよろしければ、この会議を締めくくるために、皆さんに1つか2つの文章で1つの結論を述べていただきたいと思います。まずジェシカからお願いします。今日は大変な一日でベッドが恋しいそうです。だから、あなたが先に行きたいなら行ってください。

ジェシカ・ローズ 2:58:17

ありがとう、嬉しいわ。私たちがこうしてみんなと一緒にいること、こうして粘り強くやっていることに本当に感謝しています。趣味の質の高い作品を世に送り出していることに。私たちにできることはそれしかありません。

そして、これは多くの人々に届くと思いますし、このプラットフォームの正常化から離れるターニングポイントになるのであれば、それは最初から目指していたことで、これは良いことだと思います。だから、私は本当に私たちがこれを好転させることができ、人々を助けることができるように、目を開く必要がある多くの重要な人々の目を開くことができることを願っています。

マーク・トロッツィ 2:59:36

????だから、私は今、底を横切ります。 弁護士はあなたのクライアントに尋ねました。

ケイティ・アシュビー=コペンズ 2:59:54

見て、私は多くのメッセージングにパッケージ化されることになると思います。これはとても信じられないことです。私たちは当初、mRNAのLMP複合体だけに焦点を当てていました。ケヴィンの発見によって、そして今、ケヴィンはオーストラリアの私たちのケースの専門家です。

でも、謙虚に改善されたり、継続されたりしているようです。ですから、私が言えるのは、慎重にメッセージングをしなければならないということです。このような事態を避けるためには、慎重なメッセージングが必要です。

その答えが何なのかはわかりません。しかし、主流メディアを通じて、多くのメッセージが発信され始めています。今こそ、政府や規制当局が実際に立ち上がり、民主主義社会に選出された人たちであるべきなのです。ですから、非常に慎重なメッセージングになるでしょう。しかし、これは極めて重要なことです。

そして、私たちは実際に、これらの製品がこれから先、集団に送り込まれるのを止める必要があるのです

マーク・トロッツィ 3:01:25

科学と法律の専門家が正しいことをする、この接点にいることは素晴らしいことです。コーネット教授、お願いします。

ブリジット・コーニッヒ 3:01:37

はい。ありがとうございました。ありがとうございました。これからも連絡を取り合いましょう。

マーク・トロッツィ 3:01:49

そうですね。リスナーの皆さんには、私たちのウェブサイト、www worldcons. health.orgの前方スラッシュDNAのために、私たちは今夜ここにあったすべてを提供するだけでなく、あなたがフォローするためのリンクを持っていることを確認します。

私たちの専門家は全員働いています。彼らの多くは、サブスタックやウェブステーツ組織を持っています。たとえ私がアイスクリーム代を払ってでも、みんなを呼び戻します。ブライドル博士、最後に一言お願いします。

バイラム・ブライドル 3:02:22

ええ、もちろんです。ありがとう、マーク。喜んで。ケビン・マッカーナンが発見したDNA血漿の汚染は、今日お聞きになったように、非常に懸念すべきものです。このプラスミドDNAが媒介する可能性のある害のメカニズムには、複数の可能性があるということです。

その中には、ガンを誘発する可能性も含まれています。ですから、これは非常に長期的な結果なのです。つまり、ワクチンに関連した有害事象は通常、最初の数週間で明らかになり、それ以降は心配する必要はないというメッセージが世界中に発信されたのです。

そんなことはありません。私たちは、それが長い間真実であったことを知っています。特にこのような汚染物質を扱う場合は。私たちは、長期的な安全性にどのような影響が及ぶかを非常に懸念しています。要するに、私は歴史の教科書は未来のものだと信じているということです。

そしてそれは、誠実さと正直さをもって書かれたものであればこそです。私たちの時代において、最も管理不行き届きな健康危機であると記録してください。そして、科学が追いつくまで、潜在的なワクチンとして使用される可能性のある改良型スラッシュmRNA技術について、世界的なモラトリアムが必要なのです。

そして、その場合でも、SARSのような相対感染率が非常に低いものではなく、感染致死率の高い深刻な感染症にのみ適用されるべきだというバクデ教授の意見に同意します。感染致死率が非常に低いSARSのようなものではありません。

マーク・トロッツィ 3:04:13

ありがとうございました。ブライドル博士。タラのヘンリー博士、そうでしょうか。

アレクサンドラ・ヘンリオン 3:04:23

さて、次回は、私が持っている1つの大きな疑問、つまり、細胞がmRNAとおそらくDNAを持つMRD LNPを受け取ったとき、それ自体が分裂する能力を持つのでしょうか?mRNAを持つ自己の分裂というのは、本当に特定するのが難しい問題です。

今日、私たちはmRNAよりもプラスミドDNAに注目していましたから。しかし、mRNAが重要であることは明らかです。その2、問題は、このDNAが血液中を循環しているのかどうかということですが、ダウン症を2回発症した場合、妊婦の血液中の低用量のDNAを調べるというような実験はできません。もしDNAが循環しているのであれば、DNSSECはあらゆるところを循環していますし、胎盤も通過しています。この問題は非常に大きなものです。次回の会合が本当に楽しみです。

マーク・トロッツィ 3:06:14

コンゴ博士、ありがとうございます。これは、実際の仕事をする科学者の違いを人々に知ってもらうために、とても重要なことだと思います。疑問、質問、不確実性、それが本当の科学であり、私が「ミート・パペット」と呼んでいるように、大勢の人々が一列に並び、安全で効果的なワクチンを打ち、自分たちの懐を金で満たすのを聞くのは、本当の科学ではありません。それは科学ではありません。

バクティ教授?最後にあなたの考えを聞かせていただけませんか?

スチャリット・バクディ 3:06:39

もちろん、本当の科学は実行されなければなりません。私もそう思います。しかし、それ以上に重要なのは、ワクチン接種を中止することです。そうすれば実行された科学ができるのですから。そして、これらを注射し続ける言い訳はありません。

なぜなら、医師たちだけが、このままでは自分たちが協力者であることを露呈することになることを本当に理解しているからです。しかし、今は違います。プラスミドDNAの発見それ自体で、プログラム全体を停止させ、プログラムを停止させ、プログラムと人口を助けるのに十分でなければならないからです。

社会は、非常に重要なことが進行していることに気づかなければなりません。そして、彼らができることは、次の選挙で、今政権を握っている人たちを選ばないようにすることです。そうなれば、システム全体が崩壊することになります。分子生物学者、免疫学者、病理学者が国際的に集まり、お互いに意見を交換し、すでに多くのデータがあります。

マーク・トロッツィ 3:08:49

バクティ教授、ありがとうございました。危機が始まって以来、私たちの最も重要なアドバイザーの一人として、あなたを継続的にお迎えできたことにとても感謝しています。そして、あなたの横に立つために、そこにいる医師たちにオリーブの葉を捧げたいと思います。

そして、ここに2,3の考えがあります。1つは、あなたも暴行を受けたということです。なぜなら、あなたは安全で効果的なワクチンを接種していると思っていたからです。そして、カナダや世界中で多くの医師が亡くなっています。

ですから、たとえあなたが医者で、安全で効果的なワクチンを接種していると言われたとしても、仕事を続けるためには接種しなければならず、あえて何も言わなくてもいいのです。しかし、あなたは暴行を受け、惑わされたのです。

指を指して、大学に指を指すことも、保健大臣に指を指すことも、連邦政府に指を指すこともできます。そして、その「誰」のすぐ上にあるのが、怪我をした人全員に支払う十分なお金があるのか、ということです。これは世界史上最大の富の移転です。

ビル・ゲイツは、自分の足かせを外し、全員の訴訟費用を支払うのに十分なほどお金を持っています。しかし、誰もが正しい道を歩む時です。悔い改め、自分自身を正し、それが何であれ、そうでなければ、あなたの子供たちや孫たちでさえ、これによって作り出された同じ地獄の中で生きていくことになるのですから。ボギー教授、いつもありがとうございます。毎回お会いできることに感謝しています。リンゼイ先生、ご丁寧にお願いできますか?ええ。

Janci C. リンゼイ 3:10:33

あのね、注射を抜いてもらおうとしてるの。

マーク・トロッツィ 3:10:36

ちょっと見失いました。やり直してもらえますか?あなたは戻ってきました。

ジャンシー・C. リンゼイ 3:10:40

私たち50人の予防接種実施者は、アメリカでの予防接種を中止させようとしています。しかし、我々はまた、この汚染に基づいて他の国でそれらを撤回させようとしています。バクチ博士と同意見で、まず第一に、この呼びかけに参加した人たち全員に、これらの注射を直ちに回収しなければならないということです。

赤ちゃんや子供たちに注射することはできません。そして、緊急IRBが必要なのです。私たちの税金が投入されている学術機関や州の機関に、仕事をさせることができないのです。緊急IRBがあれば、実験を行い、統合性があるかどうかを調べることができます。

怪我をしたり、傷ついたりする人がたくさんいます。怪我をする人がいる以上、この研究を行わなければなりません。だから、2つのことをしなければなりません。1つは、緊急IRBを立ち上げ、研究を終わらせること、もう1つは、緊急IRBを立ち上げることです。これは本当にイライラします。そのために私たちは皆、自分のお金を使っているのです。悔しいです。

マーク・トロッツィ 3:12:05

私たちは、あなたがそれを入力すると確信しています。そして、アメリカ人に、あなたがそこにいるものを活用するよう呼びかけています。さて、クリストフと私がマイクを独占する前に、ケビン、あなたはここでこれを発見し、世界中の専門家や他の人に囲まれています。どうぞマイクを持って、最後に感想を聞かせてください。

ケビン・マッカーナン 3:12:30

まず強調したいのは、科学がどのように運営されているのか、その本質が誤って描かれているということです。メディアはしばしばノーベル賞や個人を強調したがります。しかし、科学とは分散型の再生産なのです。そして、これを実際に再現するために立ち上がった人々は、栄光を手にすることなく、私と同じようなリスクを負ったのです。

そして、人々はその功績の一部を分配し、より多くの人々がこの問題に参加することを奨励する必要があると思います。私たちは、個人として科学的にこれらの問題を解決するのではなく、世界中で再現できる人々のネットワークとして解決するのです。

ですから、私は大きなエールを送りたいと思います。そして、この問題で私を一人にさせないというリスクを負ってくれたすべての人々に感謝します。なぜなら、彼らは賞賛を浴びることはないでしょうし、私以上の賞賛を浴びることはないにせよ、賞賛に値するからです。

なぜなら、彼らは火の中に足を踏み入れたからです。ジャーナルは再現イベントを掲載したがらず、斬新なものを掲載したがります。しかし、それは弱点でもあります。彼らが人々をキャンセルする方法は、個人をターゲットにしたものであり、物事を再現する人々のネットワークをターゲットにすることは非常に難しいのです。

ですから、私たちはその足場を固め続けなければならないと思います。もうひとつ、科学的なコミュニケーションについて付け加えると、このような会議でよく聞かれる反論は、私たちが恐怖をまき散らしているというものです。2020年の春のことです。

恐怖を撒き散らしている本当の人たちは、IFRを膨らませ、実際に治療する方法はない、早期医療へのアクセスをなくすと言い、職を失うと脅したり、無責任な実験的ワクチンの接種を義務付けたりしていました。それが恐怖の始まりです。欠陥を指摘している人たちは、恐怖を広めているのではありません。

彼らは科学を方程式に戻し、実際に何が再現されるかに目を光らせているのです。このようなことが再現されるようになるには、ここでのコミュニティが必要になると思うからです。ですから、今こそ病理医や臨床検査技師を参加させる時だと思います。

私たちにできることは限られています。私たちはCLIAの検査機関ではありません。しかし、私たちはこのPCRアッセイを作ることに長けており、これを広く普及させることで、誰でもこのような事態に終止符を打つことができるようにします。ありがとうございました。

マーク・トロッツィ 3:14:57

本当にありがとう、ケビン。そして、WC Hパープルハートをたくさん作ることを約束します。

DOクリストフ・プロテ 3:15:09

そして、もう一つ、結論として事前に録音されていたペテロのメッセージがあります。エマ

ピーター・マッカロー 3:15:19

私はピーター・マッカロー博士で、アメリカのテキサス州ダラスで内科医、循環器専門医、疫学者として働いています。1984年、サザーランドとベイラーは、がんの発生に関するマルチヒット仮説を提唱しました。そして、2023年の今日、世界にとって生物学的大失敗となったCOVID-19ワクチンキャンペーンの失敗から3年後、私はCOVID-19遺伝子ワクチンについて、発がんに関するそのマルチヒット仮説が成就したと信じています。

プレプリントサーバーにあるアンガスとバストスの論文に要約されているように、COVID-19ワクチンは腫瘍抑制系を障害するというデータがあります。そしてBRCA1と2。さらに、遺伝子ワクチン、特にメッセンジャーRNAワクチンはDNA修復を阻害します。

つまり、電離放射線のような有害な損傷を受けた後、実際に身体を修復する能力を損なうのです。そして最後に、この分野の専門家が今日発表するように、メッセンジャーRNAワクチンはSB40に汚染されていることが判明しています。

大腸菌の遺伝子の生産に使われる既知の腫瘍促進エンハンサーです。SB40.は癌原遺伝子を持つ人の癌の発生を促進するため、癌のリスクのある人やすでに癌のある人は、癌の発生が加速されたり、COVID-19ワクチンの複数回の注射が開始されたりする可能性が高いのです。

これは何を意味するのでしょうか?現在米国では、アメリカ人の1.3%しかブースターを受けていません。しかし、1回以上予防接種を受けている人は、おそらく5年程度の時系列的なリスクを見ていることになります。がんとわかっている人は、がん専門医の診察を受けるべきです。がんでない人も用心深く、内科や家庭医で検診される通常のがん検診を受けるようにしましょう。テキサス州ダラスの内科医で循環器専門医のピーター・マッカローです。ありがとうございました。

クリストフ・プロテ 3:17:41

マークが消えてしまったので、私たちは交代で画面から消えているようです。話者の皆さん、本当にありがとうございました。本当にありがとうございました。そして、また皆さんのお話を聞けることを楽しみにしています。

そして、スクリーンを見続けてくれた視聴者の皆さん、ありがとうございました。長時間になりましたが、その質の高さ、そして今日お聞かせいただいたすべての情報があなたの日常生活、あなたの周りの人々、そして社会、人類全体に与える影響をお分かりいただけたと思います。

そして、私たちは世界健康評議会であり、人々の人々による人々のための組織であることを忘れないでください。ですから、私たちは完全に皆さんからの寄付に頼っています。ですから、とても素晴らしいことです。もしよろしければ、私たちのニュースレターをご購読ください。

あるいは寄付してください。もしおっしゃるのであれば、もしこのすべてのさらなる録音をお望みであれば、ぜひウェブサイトをご覧ください。個々の講演をカットした要約があります。そして前述したように、次に何ができるかについてのアドバイスや、この重要な会議を通じて集められたすべての結論についての最新情報もあります。ご出席の皆様、本当にありがとうございました。

マーク・トロッツィ 3:19:23

アンソニー・ファウチが家の裏でケーブルを切っているのを見つけました。

スピーカー12 3:19:29

では、最後のスライドをお願いします。エマ?

クリストフ・プロテ 3:19:37

さて、あの学生たち、マーク、うん、うん。

マーク・トロッツィ 3:19:40

まあ、驚くことではありません。注射は開始されていないはずです。そして、彼らは確かにすぐに停止し、我々は人々がそのメッセージを伝えるのを助けるためにいくつかの書類を提供する予定ですが、それは厳しい現実です。

DOクリストフ・プロテ 3:19:58

今日、私たちが話を聞いた勇気ある科学者たちによって行われたすべての調査は、公的な規制機関として、あるいは生産者自身が行うべきものでした。ですから、私たちは公的な調査を求めますし、たとえ彼らがそのように思われる全てに反応しなかったとしても、この録音は規制機関にも送られます。

マーク・トロッツィ 3:20:31

確かに、私たちは一つ一つの命が重要であることを忘れてはいけません。そして、私たちの仲間の大多数がこの物質で毒されているのです。これは

DO クリストフ・プロテ 3:20:48

まだ聞こえますか?

マーク・トロッツィ 3:20:52

絶望はいつ?そして、我々はすでにものをやった?SGのスピーカーのことなんだけど……お父さんが貧乏でね。ああ

DO クリストフ・プロテ 3:21:02

まあ、私たちが今いる場所の解決となると、現時点では、私はそれがあなたのことを理解していなかった私だけだったのかどうかはわかりません。でも、その治療と補償。だからこそ、FLCCから世界健康評議会から、スパイクデトックスへの多くのアプローチを提供します。

ピーター・マッカローをはじめ、体を解放するために膨大な仕事をしてきた人たちが、今日導き出された結論でスパイクの生産が継続されるかどうかは別として、これらの注射の副作用の影響を受けている人たちをすべて治療することは、課題の1つだと思われます。

マーク・トロッツィ 3:21:55

そうですね、そしてもし私の音が通るなら、調査、起訴、和解、そして補償。これらは早くから犯罪であり、今や耳栓をした盲目の人々でさえ無視できない犯罪レベルにまで達しています。

DO クリストフ・プロテ 3:22:13

そしてもう一つ重要なことは、今夜ここで得られたすべての知識を医療従事者や一般の人々が利用できるようにすることです。なぜなら、看護師や医師、医療システムに携わるすべての人が、自分たちがしていることの意味を知ることで、このような事態を食い止めることができるからです。

マーク・トロッツィ 3:22:36

そうですね、そして医師や医療従事者の皆さん。繰り返しますが、皆さんも同様に暴行を受けています。早くから事件と闘ってきた私たちがまとめているリソースを活用し、スパイクプロテイン・デトックス・プロトコルを活用し、また、あなた方をひれ伏させている医療規制当局に立ち向かってください。

ただ間違っていることに付き合うために。あなたは、今日ここで見た専門家の種類の復元が必要です、フィールドから欠落している医師の多くは、またはそこにのみ復元されるべきではない、彼らはあなたが前方に道を導くのを助けることができるものでした。

DOクリストフ・プロテ 3:23:17

そして、結論として、我々はすでに述べたように、ビデオ記事、怪我を治療し、スパイクやあなたの健康を改善するためのリソースから解毒するためのプロトコルやリソースとスピーカーのBIOSとパネルのすべてのリソースを持つ世界健康評議会orgのページがあるでしょう。私たちのウェブプレゼンスの重要な部分だと思いますので、ぜひご覧ください。

マーク・トロッツィ 3:23:45

そしてすぐに、私たちの法務チームも、これらの最新の知見に基づく何らかの形の責任告知を行います。このような調合薬を宣伝したり、配布したり、注入したりすることをやめる必要がある関係者全員に、それを届けてください。

DOクリストフ・プロテ 3:24:07

音楽であれ詩であれ、私たちはいつも芸術の形で終わります。ルーミーの言葉を借りれば、あなたは大海の一滴ではありません。あなたは一滴の海全体なのです。この結論とともに。この非常に重要な専門家会議へのパネリストの皆様のご参加に感謝し、視聴者の皆様の明晰さ、次のステップへのエンパワーメントを祈念いたします。ありがとうございました。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker