プロパガンダ・全体主義マルサス主義・人口管理ロバート・マローンローカリゼーション・脱中央集権・分散化

未来は今 | オルダス・ハクスリー – 幻想家とその家族のヴィジョン – ロバート・マローン
The future is now | Aldous Huxley - The visions of a visionary and his family.

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

rwmalonemd.substack.com/p/the-future-is-now

上の映像は1958年、オルダス・ハクスリーが64歳の時に撮影されたものである。60ミニッツで 有名なマイク・ウォレスが中心となって、魅力的なインタビューが行われている。二人の対話から、私たちが今生きている未来の要素が、いかに長い時間をかけて計画されていたかを垣間見ることができる。最初にこのビデオを見たとき、面白いところ、より顕著なところを、もっと短いビデオにまとめようと思った。しかし、最終的には全編が重要だ、ハクスリーの思想の直線性は全編を見るに値すると感じた。もし時間があれば、上記のビデオを見るか、このSubstackの一番下にあるこのビデオのトランスクリプトを読んでみてほしい。この討論は魅力的である。また、この二人のやりとりは、原子時代の知識人の過去の生活を垣間見ることができる、ポイントインタイムの瞬間でもある。


オルダス・ハクスリーについて、そしてなぜ彼が重要なのか。

オルダス・ハクスリーは、1894年にイギリスのサリー州に生まれ、1963年にカリフォルニア州ロサンゼルスで 亡くなった。彼の人生は、技術や文化の大きな変化にまたがっており、これらのテーマについて幅広く執筆している。ハクスリーの著作は、その暗いウィットと風刺で知られている。しかしそれ以上に、彼の地獄のような社会像は、全体主義的な世界のゲシュタルトと、彼が予見した未来の技術的統治の構造を、先見性と執拗なまでの鈍感さをもって投影している。1932年、彼はSyFyの代表作『 ブレイブ・ニュー・ワールド』を執筆 した。文字通り世界を変えた小説である。

「ブレイブ・ニュー・ワールド」は、イギリスの作家オルダス・ハクスリーが1931年に執筆し、1932年に出版したディストピア小説である。遺伝子操作された市民と、知能に基づく社会階層が存在する近未来の世界国家を主な舞台とし、生殖技術、睡眠学習、心理操作、古典的条件付けなどの科学的進歩が、主人公というたった一人の人間の挑戦によってディストピア社会を作り上げることを予見している。

ハクスリーの著作を分析し、さらに彼の家族が世界の舞台で果たした役割を発見すると、ハクスリーの家族が彼の著作の哲学的基盤を形成する上で大きな役割を果たしたことが非常に明確になる。彼の知的生活において最も重要な人物の一人が、兄のジュリアン・ハクスリーである。ジュリアンは進化生物学者で、行動科学(大組織の宣伝プログラム開発)にも携わっていた。「トランスヒューマニズム」という言葉は、ジュリアン・ハクスリーの造語である。ある時、彼はこう書いている。

「私はトランスヒューマニズム(超人間主義)を信じている。人類はついにその本当の運命を意識的に果たすことになるのだ」

ジュリアン・ハクスリー

しかし、ジュリアン・ソレル・ハクスリー (1887〜1975 )の歴史を深く 調べてみると、彼は英国優生学会の敬虔な終身会員でもあり、ジョン・メイナード・ケインズとともに幹事を務め、後に会長に就任している。

ジュリアン・ハクスリーは、1946年にユネスコ (United Nations Education, Science and Cultural Organizationの略)という国連の機関を設立し、1946年から1948年まで初代事務局長に就任した。

新組織の使命は、1946年にハクスリーが発表した「ユネスコ憲章」に記されている。Its Purpose and Its Philosophy(ユネスコの目的と理念)」である。

「ユネスコに課せられた使命は明確だ。平和と安全を促進するというユネスコに課せられた任務は、教育、科学、文化というユネスコに与えられた手段によって完全に実現されることはあり得ない。戦争を回避する唯一の確実な手段として、単一の世界政府を通じて であろうとなかろうと、何らかの形で世界政治的統一を構想しなければならない。教育プログラムにおいて、世界政治的統一の究極の必要性を強調し、すべての国民に、個別の国家から世界組織への完全な主権の移譲の意味を理解させることができる。

お分かりになるだろうか? ユネスコ憲章の原文は、平和と安全を実現するために単一の世界政府を設立することを明確に求めている。そして、人口抑制の重要性を説いている。

国連のNGOであるユネスコは、1946年に新しい世界秩序について書いていたのだ! そして、これらの組織文書を書いたのは、他ならぬオルダス・ハクスリーの弟だった。

アルダス・ハクスリーは、著名な生物学者 であるトーマス・ヘンリー・ハクスリーの孫でもある。トーマス・ハクスリーは、イギリスにおける優生学運動の元締めであり、通称 “ダーウィンのブルドッグ“と呼ばれた。アルダス・ハクスリーの父親は伝記作家のレナード・ハクスリーで、彼の著作にはダーウィン、父親(トーマス・ハクスリー)、優生学運動に関する本が含まれている。オルダス・ハクスリーのもう一人の兄は、生物物理学者のアンドリュー・フィールディング・ハクスリーで、神経繊維と神経学に焦点を当てた研究でノーベル賞を受賞している。

オルダス・ハクスリーは、予言的小説『1984』を書いたジョージ・オーウェルの師匠でもある。

だから、オルダス・ハクスリーがディストピアSF小説やエッセイを書いたときも、マイク・ウォレスのインタビューを受けたときも、それは単なる空想に基づくSFでも、荒唐無稽な推測でもない。彼の著作や作品には、彼の家族や当時の知識人たちが行っていた見解や研究に対する詳細な理解が反映されていた。彼の作品は警告であり、彼は何が起こり、何が起ころうとしているかを知っていた。過去の科学者や指導者のこれらの考えは、現在の多くの政策のバックボーンを形成している。これらの政策には、一つの世界政府、人口管理、逆全体主義、プロパガンダ、指令経済、集団主義が含まれる。すべてがそこにある。世界は、オルダス・ハクスリーが警告したとおりの道をたどっているのだ。この道は、私たち全員が何らかの形で踏み外さない限り、私たちのディストピアの未来である。

驚くべきは、これほど多くの人が、非常に長い間、目の前にあったものを見ていないことだ。オルダス・ハクスリーはマイク・ウォレスとのインタビューの最後に、このグローバリストのアジェンダに対抗できる数少ない方法の一つが、非中央集権化であるという考えを述べている。 コンピュータと中央集権的なデータ共有の出現により、これを達成することはますます難しくなっていくことだろう。しかし、これは私たちが今、背負わなければならない課題であり、重荷なのだ。

なぜなら、冗談抜きで、新しい世界秩序がやってくるからだ。そして、それを私たち全員に押し付けようとする人たちの邪魔をするのは、人間だけなのである。


トランスクリプト

ウォレス

オルダス・ハクスリーです。地上の地獄のビジョンに取り憑かれた男です。ハクスリー氏は、27年前に「すばらしい新世界」を書きました。この小説は、いつの日か全世界が恐ろしい独裁者の下で暮らすようになるだろうと予言 したものです。今日、ハクスリー氏は、彼が書いた架空の恐怖の世界は、おそらく私たち全員にとってすぐそこにあるのだろうと語っています。その理由は、すぐにわかるでしょう。

ハクスリーさん、さっそくですが、あなたの考えるアメリカの自由の敵は誰で、何なのでしょうか?

しかし、まず第1に、自由をますます少なくする方向に向かわせる多くの非人間的な力が存在し、また、自由から遠ざかり、統制を課すこのプロセスを加速させます、使いたい人が誰でも使える多くの技術的装置があると思います。

ハクスリーさん、これらの力、装置とは何でしょうか?

ハクスリー

私は、2つの主要な非人間的な力があると言うべきでしょう。そのうちの1つは、他の国では非常に重要ですが、現在の米国ではそれほど重要ではありません。これは一般的に過疎と呼ばれるもので、人口が既存の資源を圧迫することです。

つまり、キリストの誕生からメイフラワー号が上陸するまでの間に、地球の人口は2倍になったという単純な事実だけを考えてみましょう。2億5千万人からおそらく5億人に増加しました。今日、地球の人口は半世紀で2倍になる勢いで増えています。

ウォレス

さて、なぜ人口過剰が私たちの自由を奪うことになるのでしょうか?

ハクスリー

まあ、いろいろな意味で。たとえばハリソン・ブラウンのような専門家は、低開発国の生活水準が現在低下していることを指摘しています。これらの国の立場、経済的立場がますます不安定になるにつれて、明らかに中央政府は国家という船を平穏に保つためにますます多くの責任を引き受けなければならなくなり、もちろん、そのような状況では社会不安が起こりやすく、再び中央政府の介入が必要になります。

つまり、全体主義的な体制へと強く突き進むようなパターンが、ここに見られると思います。そして不幸なことに、これらすべての低開発国で高度に組織化された政党は共産党だけなので、むしろ共産党がこの不幸なプロセスの後継者になり、権力の座に就くように見えます。

ウォレス

それでは、皮肉なことに、世界で共産主義に対抗する最大の勢力の一つであるカトリック教会は、あなたの論文によれば、避妊に反対しているので、私たちを直接共産主義者の手中に押し込めているように見えます。

ハクスリー

まあ、この奇妙なパラドックスはおそらく事実だと思います。実際、これは異常な状況なのです。地球上の生物学的生命の本質はすべてバランスの問題であり、私たちが行ってきました。のは、もう一方の端にある出生コントロールとのバランスを取ることなく、最も集中的に死亡コントロールを実践してきたことです。その結果、出生率は以前と同じように高いままで、死亡率は大幅に低下しました。

ウォレス

それでは、とりあえず、過剰人口についてはこのくらいにしましょう。私たちの自由を減少させるもう一つの力?

ハクスリー

さて、この国で非常に強く作用していると思われるもう1つの力は、過剰組織化とでもいうべきものです。テクノロジーがますます複雑になるにつれて、より精巧な組織、より階層的な組織が必要になります。ちなみに、テクノロジーの進歩は、組織の科学の進歩を伴っています。

以前では考えられなかったような大規模な組織を作ることが可能になり、より多くの人々が、大企業の官僚組織や政府の官僚組織に支配された階層的なシステムの中で、部下として人生を送るようになりました。

ウォレス

今お話に出た機器ですが、過剰人口や過剰組織に加えて、私たちの自由を奪うような特定の機器や通信方法があるのでしょうか。

ハクスリー

そうですね、確かにこのような方法で使用できる装置はあります。つまり、最近の非常に辛い歴史の一部を紹介しましょう。ヒトラーが使ったプロパガンダで、信じられないほど効果的でした。

つまり、ヒトラーの方法とは何だったのでしょうか?ヒトラーは、一方では恐怖を、他方では武力を用いましたが、非常に効率的な形でプロパガンダも行いました。テレビはありませんでしたが、ラジオがあり、それを最大限に利用して、膨大な数の人々に自分の意志を押し付けることができました。つまり、ドイツ人は高度な教育を受けた人々だったんです。

ウォレス

しかし、ヒトラーのプロパガンダの使い方を、たとえばここ米国でのプロパガンダの使い方と、どのように同一視するのでしょうか。並行しているとお考えなのでしょうか?

ハクスリー

言うまでもなく、今はそのような使い方はされていませんが、えー..要するに、現在利用できる方法、ヒトラーの方法より優れた方法があり、悪い状況で使える可能性があるように思います。つまり、私が強く感じているのは、自分たちの技術の進歩に不意打ちを食らってはいけないということです。

技術の進歩によって社会情勢が変化し、予期せぬ事態に陥って、本当はやりたくなかったことをやってしまうということは、歴史上、何度も繰り返されてきたことです。

ウォレス

それで、どういう意味ですか?テレビを開発しても、その正しい使い方を知らないということですか?

ハクスリー

さて、現在のところ、テレビは非常に無害に使われていると思います。しかし、つまり、すべての共産主義国の状況を想像してみてください。テレビは、それが存在する場所では、常に同じことをずっと言っています。

広い視野で気を散らすのではなく、一点集中で、えーと。..ひとつのアイデアを常に叩き込むのです。それは明らかに、非常に強力な楽器です。

ウォレス

つまり、測定器の誤用の可能性ということですね。

ハクスリー

その通りです。もちろん、すべてのテクノロジーはそれ自体、道徳的で中立的なものです。原子エネルギーも同じで、自爆テロに使うか、枯渇しつつある石炭や石油の代用品として使うか、どちらかです。

ウォレス

このような観点から、薬物の使用についてまで書かれていますね。

ハクスリー

さて、これは非常に興味深いテーマです。つまり、あなたがおっしゃったこの本、私の本「ブレイブ・ニュー・ワールド」の中で、私は「ソーマ」という物質を仮定しています。少量で幸福感を与え、中量では幻影を見せ、大量に摂取すると眠りについてしまうのです。

そのような薬物は現在も存在しないと思うし、今後も存在しないと思います。しかし、このようなことを可能にする薬物は存在するし、私たちに害を与えることなく精神状態を大きく変化させる薬物が登場する可能性は十分にあると思います。

つまり、薬理学的な革命が起きていて、強力な心を変える薬物があり、生理学的にはほとんどコストがかからないということです。アヘンやコカインのように、精神状態を変えることはできても、生理的・道徳的にひどい結果を残すようなものではないmのです。

ウォレス

ハクスリーさん、あなたの新しいエッセイの中で、これらの様々な「自由の敵」が私たちを現実の「勇敢な新世界」へと押しやり、それはすぐそこに待っていると言っていますね。まず、この「すばらしい新世界」で、あなたはどんな生活をそれほど恐れているのか、あるいはどんな生活になるのか、詳しく教えてください。

ハクスリー

まず、このような未来の独裁体制は、私たちが過去に経験した独裁体制とはまったく異なるものになると思います。つまり、未来を予言したもう一冊の本、ジョージ・オーウェルの『1984年』を例にとると、非常に注目すべき本でした。

この本は、スターリン政権の絶頂期と、ヒトラー政権の直後に書かれたが、彼はそこで、完全に恐怖の方法、肉体的暴力の方法を用いた独裁を予見していました。今後、独裁者たちは、古いことわざにあるように、銃剣を使えば、銃剣の上に座ること以外は何でもできることに気づくでしょう。

ウォレス

(笑)。

ハクスリー

しかし、権力を永久に維持したいのであれば、被支配者の同意を得る必要があります。そして、私が『ブレイブ・ニュー・ワールド』で予見したように、彼らは部分的には麻薬によって、部分的にはこの新しいプロパガンダの技術によってそれを行うでしょう。

人間の理性的な部分を回避して、潜在意識や深い感情、生理的な部分にまで訴えかけて、実際に奴隷を愛するように仕向けるのです。

つまり、新体制のもとで人々はある意味幸せかもしれないが、幸せであってはならない状況でも幸せになってしまうという危険性があると思うのです。

ウォレス

では、お聞きします。あなたは、全体主義国家の枠内で起こりうる世界について話しています。もっと即物的で、もっと切迫したものになりましょうよ。私たちは、とにかく、ここ米国では民主主義の中で生きていると信じています。あなたの言う「すばらしい新世界」が、例えば次の四半世紀、次の世紀には、私たちの国にもやってくるとお考えですか?

ハクスリー

そうかもしれませんね。つまり。..だからこそ、今ここで、これらの問題について考え始めることが非常に重要だと感じています。テクノロジーの新しい進歩に驚かされないようにするためです。例えば、薬物の使用に関してもそうです。

私たちは、この証拠に基づき、ある程度の創造的想像力を働かせて、悪意のある人々がこれらのものを使ってどんなことをしでかすか予見し、これを阻止しようとすることができる、そして同じように、現在十分な証拠があることを知っています。

私は、このような他の宣伝方法を使えば、予見することができると思うし、阻止するためにかなりのことをすることができると思います。つまり、結局のところ、自由の代償は永遠の警戒心なのです。

ウォレス

あなたは『自由の敵』の中で、特にアメリカについて書いていますね。アメリカの政治運動についてこう書いています。「必要なのは金と、誠実そうに見えるように指導できる候補者だけで、政治理念や具体的な行動計画はほとんど重要ではなくなっています。候補者の人格、広告の専門家が投影する方法こそが、本当に重要なのだ”と。

ハクスリー

そうですね、これは。..前回の選挙戦では、選挙戦当事者の広告担当者がこのような発言をすることが非常に多かったんです。候補者をまるで石鹸や歯磨き粉のように商品化しなければなりません、人格に全面的に依存しなければなりません、という考え方です。

人格は重要ですが、特にテレビでは非常に愛想のいい人格の持ち主でも、政治的な信頼に足るポジションには必ずしも向かない人もいます。

アイゼンハワー、スティーブンソン、ニクソンのような人たちが、故意にアメリカ国民の目をくらまそうとしたと思いますか?

しかし、彼らは強力な広告代理店から助言を受け、それまでとはまったく異なる種類のキャンペーンを行っていました。たとえば、去年の秋に話題になったサブリミナル・プロジェクションというのがありますね。

しかし、先日、心理学研究室で最も多くの実験的研究を行った一人の人と話しましたが、まさにこのことを言っていました。

1960年の選挙戦ではある程度使いこなすでしょうが、1964年の選挙戦ではもっともっと効果的に使うでしょう。

ウォレス

そして、投票するように説得されていることを知らない候補者に投票するように説得されるでしょう。

ハクスリー

その通りです。つまり、選択肢や理性のレベルを超えて説得されているという、かなり憂慮すべき状況なのです。

ウォレス

先程、広告について触れられたが、あなたの著作、特に『自由の敵』では、テレビ・ラジオ広告や新聞広告などの大部分を支配しているマディソン・アベニューを攻撃していますね。なぜ一貫して広告代理店を攻撃するのですか。…..。

ハクスリー

しかし、民主主義における危険は、この点にあるように思います。民主主義は、個々の有権者が、どんな状況でも、自分の賢明な自己利益と見なすものを、知的かつ合理的に選択することに依存しています。

しかし、これらの人々がやっていること、つまり、商品を売るという特定の目的のために、独裁的なプロパガンダを行う人々がやっていることは、人間の合理的側面を回避して、表面下の無意識の力に直接訴えようとすることであり、ある意味で、合理的根拠に基づく意識的選択に基づく民主的手続き全体を無意味にしています。

あなたのエッセイでは、テレビコマーシャルについて、政治的なコマーシャルだけでなく、テレビコマーシャルそのものについて、そして、あなたが言うように、「今日の子供たちはビールのコマーシャルと歯磨きのコマーシャルを歌いながら歩いています」ことについて書かれています。そして、この現象を独裁の危険性と結びつけていますね。では、その関連性について説明していただけるか?あるいは、十分に説明できたとお考えですか?

そしてまた、何らかの理由ですべてのプロパガンダが1つまたはごく少数の機関の手に渡ったとすると、非常に強力な力で子供たちを翻弄することになります。これは差し迫った脅威ではありませんが、起こりうる脅威ではあります。

ウォレス

あなたはエッセイの中で、かつてヨーロッパの子どもたちは「大砲の餌」と呼ばれ、ここアメリカでは「テレビとラジオの餌」であるという趣旨のことをおっしゃっていましたね。

ハクスリー

そうですね、結局のところ、業界誌を読めば、いかに子供たちを捕まえることが必要であるか、そうすれば後々忠実なブランドバイヤーになれるからです、という最も叙情的な記述があります。でも、これを政治用語に置き換えると、独裁者は、彼らが大人になったら、みんなイデオロギーのバイヤーになるだろうと言うわけです。

ウォレス

私たちは、共産主義者が用いた洗脳についてよく耳にします。今お話したような洗脳以外に、ここアメリカで行われている洗脳はありますか?

ハクスリー

中国やロシアで使われているような形ではありません。なぜなら、これは本質的に、個人に対して最も暴力的な種類の宣伝方法を適用したものだからです。その人が本当に壊れるまで、その人の生理と心理の両方を利用して、その人の頭の中に新しいアイデアを植え付ける方法です。

政治犯に適用された方法だけでなく、たとえば、若い共産主義者の管理者や宣教師の訓練に適用された方法などです。彼らは、信じられないほど厳しい訓練を受けています。その結果、25パーセントの者が心を壊したり自殺したりするかもしれないが、75パーセントは完全に一点集中型の狂信者を生み出すことになります。

政治は悪ではない、テレビも悪ではない、原子力も悪ではない、しかし、あなたはそれが悪に利用されることを恐れているようです。なぜ、あなたの考えでは、正しい人々がそれらを使用しないのでしょうか。なぜ、間違った人たちが、間違った動機で、これらのさまざまな装置を使うことになるのでしょうか?

そして結局のところ、すべての民主主義国家は、権力は非常に危険であり、一人の人間や小さな集団に長期間にわたって大きな権力を持たせないことが非常に重要であるという命題に基づいています。

結局、イギリスとアメリカの憲法は、権力を制限するための装置以外の何ものでもなく、これらの新しい装置はすべて、小さな集団が大きな大衆に対して権力を押し付けるための極めて効率的な道具なのです。

ウォレス

さて、あなたはこの質問を「自由の敵」の中で自分自身に問いかけています。あなた自身の質問に戻します。「加速する人口過剰、加速する過剰組織化、かつてないほど効率的なマスコミュニケーションの時代に、どうすれば人間の完全性を保ち、個人の価値を再認識できるのですか?あなたが出した質問です。さあ、ハクスリーさん、答えるチャンスですよ。

ハクスリー

これは明らかに。..まず第1に、教育の問題です。個人の価値観を主張することは非常に重要だと思いますが、つまり、何が。…..傾向としてあるかというと、Whyteの「The Organization Man」という本を読まれたと思いますが、非常に興味深く貴重な本です。しかし、これは、私が知る限り、人間の遺伝的構造について私たちが知っていること、つまり、すべての人間がユニークであるということと矛盾しているように思われます。もちろん、自由という価値観は、この遺伝的な基盤の上に成り立っています。そして、私たちがすべての教育生活でこのことを強調することは非常に重要だと思います。また、常に誘導される言葉のブービートラップのようなものに警戒し、自分に言われた言葉の種類を分析することを教えることも非常に重要であると言えるでしょう。まあ、教育的な側面もありますし。..人を強くするために、もっとできることがたくさんあると思うんです。

ウォレス

あなたは分散化の予言者ですか?

ハクスリー

まあ、その。..そうですね。..実現可能であれば。これは悲劇の一つだと思います。つまり、多くの人が、有権者に直接的な力の感覚を取り戻すために、地方分権の重要性について話しています。つまり、巨大な選挙区の中の有権者はかなり無力で、その一票は何の意味もなさないように思われます。

しかし、有権者の数が少なく、自分が管理し、理解できる集団を相手にしている場合は、そうではありません。

ウォレス

しかし、経済システムを刷新し、地方分権を進めると同時に、ソ連のような国から軍事的、経済的に厳しい挑戦を受けるにはどうしたらいいのでしょうか。

ハクスリー

その答えは、生産、工業生産には2つの種類があります、ということです。例えば自動車の製造のように、明らかに最も高度な集中化を必要とする種類の工業生産があります。

しかし、他の多くの種類は、非常に簡単に、おそらく非常に経済的に分散化することができます。そして、このような分散化された、例えば、現在、南部を旅行すると、分散化された繊維産業が生まれ始めています。

ウォレス

ハクスリーさん、かなり真剣にお聞きしますが、自由は必要なのでしょうか?

ハクスリー

私の考える限りでは、そうです。

ウォレス

なぜですか?生産的な社会のために必要なのでしょうか?

ハクスリー

そうですね、そうだと言うべきでしょう。つまり、真に生産的な社会ということです。しかし、人間の創造的な生活全体は、個人の自由、自発性、創造性など、私たちが価値を置き、正しく価値を置くこれらすべてのことは、大きな自由がなければ結局不可能なのだと私は思います。

ウォレス

さて、ハクスリーさん、とにかく相手のスタンスにある国をもう一度見てみましょう、とにかくあるように見えますね、ソビエト・ロシアを。それは強く、さらに強くなっています、経済的にも、軍事的にも、同時に、芸術形態をかなり発展させています、えー…国民の間の創造的衝動を不必要に押しつぶすことはしていないようです。しかし、自由な社会ではありません。

ハクスリー

自由な社会ではありませんが、ここで非常に興味深いことがあります。科学者のように創造的な仕事をしている社会のメンバーは、他の誰よりもはるかに多くの自由を与えられています。つまり、政治的な問題に鼻を突っ込まない限り、これらの人々は大きな名声とかなりの自由、そして多くのお金を与えられている特権的な貴族社会なのです。

つまり、これはソビエトの新体制について非常に興味深い事実で、私たちがこれから目にするのは、全体としてはほとんど自由がないけれど、トップはかなりの自由と非常に高い生活水準を享受する寡頭制の人々なのだと思うのです。

ウォレス

そして、下にいる人たち、下にいる「イプシロン」は。…..。

ハクスリー

ほとんど自由がありません。

ウォレス

そのような状況が長く続くとお考えですか?

ハクスリー

私は、誰もが締め出された状態よりもずっと長く耐えられると思います。つまり、そのような基盤の上で、技術的・科学的成果を確実に得ることができます。

ウォレス

では、次にお話するときは、女王蜂のために働くドローンがいるような、そういう社会が成立する可能性をさらに調査すべきかもしれませんね。

ハクスリー

まあ、でも、そうですね。しかし、私は今でも民主主義を信じています。上の人たちの創造的な活動に加えて、下の人たちの創造的な活動も生かせるなら、それに越したことはない。

ウォレス

ハクスリーさん、この30分間を一緒に過ごしてくれて本当にありがとうございます!そして、あなたのゴッドスピードをお祈りしています。

ハクスリー

ありがとうございます。

ウォレス

オルダス・ハクスリーは、人々が暗号に還元される権威主義的な国家を予言してから四半世紀を経て、最近、奇妙で不穏な立場にあることに気づきました。彼は、ソビエト・ロシアを指差して、「私は言ったぞ」と言うことができます。今、彼が考えている重要な問題は、自由世界と呼ばれる国々が間もなくハクスリー氏に、我々について同じことを言うというさらに怪しげな満足感を与えるかどうかということです。

来週のインタビューのプレビューをお楽しみに。ジュレン・マイク・ウォレスでした。お休みなさい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました