『ジキル島で生まれた怪物』
The Creature from Jekyll Island: A Second Look at the Federal Reserve

強調オフ

ローカリゼーション・脱中央集権・分散化抵抗運動資本主義・国際金融資本金融危機・インフレ金融詐欺

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

The Creature from Jekyll Island: A Second Look at the Federal Reserve

カバーについて

アメリカの国璽を使用することに意味がないわけではない。最初は、アーティストにワシをハゲワシに変えてもらおうと考えた。そうすれば注目を集め、主張もできるだろうと考えたからだ。しかしよく考えてみると、ハゲワシは実に無害であることがわかった。醜いかもしれないが、それはスカベンジャーであり、殺人者ではない。一方、ワシは捕食者だ。見るからに威厳のある生き物だが、獲物にとっては致命的だ。さらに、ドルに描かれているように、合衆国政府から独立しているにもかかわらず、合衆国政府の盾によって守られている。最後に、平和か戦争かの選択を握っている。この類似性は無視できないほど大きかった。私たちは鷲を残すことに決めた。

目次

  • タイトル
  • 序文
  • 謝辞
  • 著者について
  • 著作権について
  • はじめに
  • 第1部
    • 第1章 ジキル島への旅
    • 第2章 ゲームの名前はベイルアウトだ
    • 第3章 国民の保護者たち
    • 第4章 ホーム・スウィート・ローン
    • 第5章 – 心の欲望に近づく
    • 第6章 新世界秩序の構築
  • 第2部
    • 第7章 「野蛮な金属」
    • 第8章 愚か者の金
    • 第9章 秘密の科学
    • 第10章 マンドレイクのメカニズム
  • 第3部
    • 第11章 ロスチャイルド式
    • 第12章 ルシタニアを沈めろ
    • 第13章 モスクワの仮面舞踏会
    • 第14章 金で買える最高の敵
  • 第4部
    • 第15章 失われた宝の地図
    • 第16章 -クリーチャーがアメリカにやってきた
    • 第17章 -毒蛇の巣
    • 第18章 – 糧と魚、そして南北戦争
    • 第19章 – グリーンバックとその他の犯罪
  • 第5部
    • 第20章 失われた宝の地図
    • 第21章 -クリーチャーがアメリカにやってきた
    • 第22章 – 毒蛇の巣
    • 第23章 – 糧と魚、そして南北戦争
  • 第6部
    • 第24章 終末のメカニズム
    • 第25章 悲観的なシナリオ
    • 第26章 現実的なシナリオ
  • 付録
  • 参考文献
  • 索引

ジキル島から来た生物

G・エドワード・グリフィン著

この本の読み方

分厚い本は威圧的である。それなりにまとまった時間が取れるまで読むのを先延ばしにしてしまいがちだ。各章の冒頭にプレビュー、章末に要約があるのはそのためだ。これらすべてを合わせても1時間程度で読むことができる。詳細や文書が含まれているわけではないが、主要なポイントをカバーし、ストーリーの全容を概観することができる。したがって、本書を読む最良の方法は、まず各セクションのプレビューから始め、次に各章のプレビューと要約を読むことである。読者が急いでいない場合でも、これは優れたアプローチである。旅の前に地図を見ておくと、このような多くの歴史にまたがるトピックに取り組みやすくなる。

インターネット

インターネットは貴重な情報源であるが、印刷物とは異なり、長期的な参照には当てにならない。ニュース記事がウェブサイトから削除されたり、サイトが閉鎖されたりすることもある。このことは、情報の出所を文書化したい著者にとって課題となる。そのため、本書の脚注で参照したインターネット出版物はすべて、http://www.realityzone.com/footnotes.html。このサイトが利用できなくなった場合、著者は同じ情報を永久に記録したCDを提供するよう努める。ご希望の方は、その費用に見合う寄付金をThe Reality Zone, P.O. Box 4646, Westlake Village, CA 91359までお送りいただきたい。この歴史的情報がオーウェルの「記憶の穴」に落ちないようにすることが、私たちの目標である。

目次

  • タイトル
  • 著者名
  • 著作権
  • 前書き
  • 謝辞
  • はじめに

I. 連邦準備制度とは何か

連邦準備制度とは何か。その答えは意外かもしれない。連邦制度ではないし、準備金もない。さらに、連邦準備銀行は銀行ですらない。この謎を解く鍵は、物語の冒頭ではなく、中盤にある。これは教科書ではないので、時系列的な構成にとらわれることはない。主題は習得すべきカリキュラムではなく、解くべき謎なのだ。では、アクションがあるところから始めよう。

  • 1. ジキル島への旅
  • 2. ゲームの名はベイルアウト
  • 3. 国民の保護者
  • 4. ホーム・スウィート・ローン
  • 5. 心の望みに近づく
  • 6. 新世界秩序の構築

II. お金に関するクラッシュコース

この章と次の章に含まれる8つの章は、時系列ではなくトピック別に構成されている。そのうちのいくつかは、後にならないと取り上げられないような出来事の前に飛ぶことになる。さらに、その範囲は読者が連邦準備制度と関係があるとすれば何だろうと思うようなものである。どうか辛抱してほしい。いずれ重要性が明らかになるだろう。事象を見る前に概念と原則をカバーするのが著者の意図である。このような背景がなければ、連邦準備制度の歴史は退屈である。この背景があれば、物語は今日の我々の生活に深く影響するエキサイティングなドラマとして浮かび上がってくる。それではこの冒険を、貨幣そのものの性質に関するいくつかの発見から始めよう。

  • 7. 野蛮な金属
  • 8. 愚か者の金
  • 9. 秘密の科学
  • 10. マンドレイクのメカニズム

III. 新しい錬金術

古代の錬金術師たちは、鉛を金に変えようとしたが無駄だった。現代の錬金術師たちはその探求に成功した。マンドレイク・メカニズムを操る魔術師たちにとって、戦争の鉛の弾丸は金の無限の源泉となった。不換紙幣を作る能力がなければ、現代の戦争のほとんどは起こらなかったという驚くべき事実が浮かび上がってくる。メカニズムが機能することを許される限り、将来の戦争は避けられない。これは、それがどのようにして起こったかの物語である。

  • 11. ロスチャイルドの方程式
  • 12. ルシタニアを沈める
  • 13. モスクワの仮面舞踏会
  • 14. 金で買える最高の敵

IV. 三つの銀行の物語

歴史を知らない者は、その過ちを繰り返す運命にあると言われてきた。連邦準備制度が、アメリカにとって最初の中央銀行ではなく、4番目の中央銀行であることを知ると、驚くかもしれない。以前にも同じようなことがあったが、そのたびに結果は同じだった。何が起こったのか興味があるだろうか?では、タイムマシンの座標をマサチューセッツの植民地、1690年に設定しよう。起動するには、第15章を開く。

  • 15. 失われた宝の地図
  • 16. クリーチャーがアメリカにやってくる
  • 17. 毒蛇の巣
  • 18. パンと魚、そして南北戦争
  • 19. グリーンバックとその他の犯罪

V. 収穫

通貨学者や政治学者は、連邦準備制度の理論的な利点を説き続けている。連邦準備制度がなければ経済生活は成り立たないというのが、現代人の信仰となっている。しかし、理論の時間は過ぎた。クリーチャーは1913年に最後の隠れ家に移り住み、それ以来、鼻を鳴らして景色を暴れまわっている。それが奉仕の生き物なのか、それとも猛獣なのかを知りたければ、それが何をしたかを見ればいい。そして、長年の試練を経た今、この動物がこれまでしてきたことを、これからも続けていくと確信することができる。あるいは、聖書の格言を使えば、木はその実によって知られるということになる。では、収穫を検証してみよう。

  • 20. 失われた宝の地図
  • 21. クリーチャーがアメリカにやってきた
  • 22. 毒蛇の巣
  • 23. パンと魚、そして南北戦争

VI. 未来へのタイムトラベル

本書のこれまでの章では、私たちは時間を旅してきた。私たちは過去に足を踏み入れることから旅を始めた。数世紀を横断しながら、我々は戦争、裏切り、利益誘導、政治的欺瞞を観察した。そして現在に至る。今、私たちはタイムマシンに乗って未来に向かう準備をしている。身の毛もよだつような旅になるだろうし、この先に待ち受けていることの多くは不愉快なものだろう。しかし、それはまだ実現していない。それは現在の力の投影にすぎない。もし私たちが目にしたものが気に入らなければ、その力を変えるチャンスはまだある。未来は私たちが選択したものになるのだ。

  • 24. 終末メカニズム
  • 25. 悲観的なシナリオ
  • 26. 現実的なシナリオ
  • 写真
  • 付録
  • 参考文献
  • 索引

著者

G.エドワード・グリフィンは作家であり、ドキュメンタリー映画のプロデューサーとして数多くの作品を世に送り出している。難解なテーマを研究し、誰にでも理解できるような明快な言葉で表現する才能で知られ、『Who’s Who in America』にも選ばれている。考古学や古代地球史、テロリズム、国際銀行、内部破壊、課税の歴史、米国の外交政策、がん治療の科学と政治、最高裁判所、国連など、多様なテーマを扱ってきた。これまでの著作に、『World without Cancer』、『The Discovery of Noah’s Ark』、『Moles in High Places』、『The Open Gates of Troy』、『No Place to Hide』、『The Capitalist Conspiracy』、『More Deadly than War』、『The Grand Design』、『The Great Prison Break』、『The Fearful Master』などがある。

グリフィン氏はミシガン大学を卒業し、スピーチとコミュニケーションを専攻した。本書の執筆に備え、デンバーにあるファイナンシャル・プランニング・カレッジに入学した。彼の目標はプロのファイナンシャル・プランナーになることではなく、投資とマネー・マーケットのリアルワールドをより深く理解することだった。1989年にCFP(サーティファイド・ファイナンシャル・プランナー)の資格を取得した。

グリフィン氏は、優秀なテレビ番組制作者に贈られるテリー賞の受賞者であり、『ニュー・アメリカン』誌の寄稿編集者、『リアリティ・ゾーン・オーディオ・アーカイヴ』の制作者、南カリフォルニアの出版・ビデオ制作会社アメリカン・メディアの社長でもある。

著作権

次の世代、特に私の子供たちに捧げる: ジェームズ、ダニエル、ラルフ、キャスリーンだ。

この取り組みが、彼らにとってより良い世界を築く一助となりますように。

第33刷:2012年4月

序文

世界は本当に連邦準備制度に関する別の本を必要としているのだろうか?

私は数年にわたり、この問いと格闘してきた。私の蔵書は、邪悪なドラゴンと戦うために暗闇の森へ旅立とうという作家が後を絶たないという事実を無言のうちに証明している。しかし、ほとんどの場合、彼らの本はメインストリームから無視され、巨大なスノーターはその隠れ家で臆することなく残っている。他の多くの人たちが失敗したところで、私が成功できると考える理由はほとんどないように思えた。

しかし、その考えは私を悩ませた。連邦準備制度理事会(FRB)がわが国を闊歩する最も危険な生き物の一つであることは疑いようがなかった。さらに、私が調査を進めるにつれ、より詳細なデータに接するようになり、私は歴史上最も偉大な「誰が失敗したか」の一つを調査しているのだと理解するようになった。そしてさらに悪いことに、私は誰がそれをやったのかを発見してしまった。

誰かがこの話を世間に伝えなければならない。しかし問題は、世間がそれを聞こうとしないことだ。結局のところ、これは悪いニュースなのだ。

コミュニケーションのもう一つの障害は、この話が本当に信じられない、つまりアンビリーバブルだということだ。現実が受け入れられている神話から逸脱している度合いが非常に大きいため、ほとんどの人にとって、単に信憑性を超えているのだ。このメッセージを伝える者は、すぐにパラノイアだと疑われる。誰が狂人の言うことに耳を傾けるだろうか?

そして最後に、主題そのものがある。かなり複雑になる可能性がある。少なくとも、最初はそう見える。このトピックに関する論文は、しばしば銀行や金融のカリキュラムの教科書のように読める。専門用語や抽象的な用語の粘着質な網にはまるのは簡単だ。金融の専門家だけが、この新しい言葉をマスターしようと意欲を燃やしている。例えば、長年にわたって金融改革について意見交換を続けてきた金融専門家グループが最近出した手紙の中で、編集者はこう述べている: 「この重要な問題について、私たちの間でもっと一致点を見いだせないのがもどかしい。定義や、現在の通貨制度がどのように機能しているかについての公平で率直、正直で正しい理解について、私たちは大きく異なっているようだ。

ではなぜ私は今、龍の歯に突撃しようとしているのか?それは、世間の風向きが明らかに変わってきていると思うからだ。経済ストームが近づいてくると、たとえそれが悪いニュースであっても、天気予報に耳を傾ける人が増えてくる。さらに、この記事が真実であることを証明する証拠があまりにも圧倒的であるため、読者は正気かどうかという疑問はさておき、この記事を受け入れるしかないと私は信じている。もし村の馬鹿が、鐘が尖塔から落ちたと言って、鐘を引きずって歩いてきたら、、、。

最後に、私はこのテーマが最初に思われたほど複雑なものではないことを発見した。したがって、この後に続くのは犯罪の物語であって、犯罪学の講座ではない。

本書は現在の半分の大きさで、1年程度で完成させるつもりだった。しかし当初から、この本は独自の生命力を持ち、私はその意思に従うだけの下僕となった。決められた範囲にとどまることを拒み、瓶から出された精霊のように巨大化した。仕事が終わり、原稿全体を評価できるようになったとき、私は1冊ではなく4冊の本が書かれていることに気づいて驚いた。

まず、お金に関するクラッシュコース、銀行と通貨の基本がある。この本がなければ、現在銀行システム内でまかり通っている不正行為を理解することはできないだろう。

第二に、世界の中央銀行(連邦準備制度理事会もその一つ)がいかに戦争の触媒であるかについての本がある。なぜなら、我々が扱っているのは単なるお金ではなく、血や人間の苦しみ、そして自由そのものだからだ。

第三に、アメリカには中央銀行の歴史がある。連邦準備制度理事会(FRB)の背後にあるコンセプトは、アメリカで過去に3回試みられたものであることを理解するために不可欠である。私たちはそのことを知る必要があり、特になぜそのような制度が最終的に廃止されたのかを知る必要がある。

最後に、連邦準備制度そのものと、1913年以降のその悲惨な記録についての分析がある。これはおそらく最も重要でない部分であるが、我々がここにいる理由である。最も重要でないのは、この主題に重要性が欠けているからではなく、私よりもはるかに有能で熟練した作家によって以前にも書かれていたからである。しかし、先に述べたように、それらの巻は一般に専門的な歴史家以外には読まれないままであり、クリーチャーは不運な犠牲者を食べ続けてきた。

この研究には7つの糸が織り込まれている。それらは連邦準備制度廃止の理由を表している。装飾や説明のない純粋な形で述べると、傍目には不合理に聞こえる。しかし、本書の目的は、これらの記述があまりにも簡単に実証できることを示すことである。

連邦準備制度は以下の理由で廃止すべき:

  • 連邦準備制度は、掲げられている目的を達成することができない。(第1章)
  • 公益に反するカルテルである。(第3章)
  • 連邦準備制度は、最高の利殖手段である。(第10章)
  • 最も不公平な税金である。(第10章)
  • 戦争を助長する。(第14章)
  • 経済を不安定にする。(第23章)
  • 全体主義の道具である。(第5章と第26章)

これは、無限の金と隠された世界的権力についての物語である。良い知らせは、フィクションの作品に負けないほど魅力的であることで、このことが学習過程に喜びと興奮を与えてくれると信じている。

悪いニュースは、以下に述べることの細部までが真実であるということだ。

G・エドワード・グリフィン

謝辞

他人の作品を盗む作家は盗作者と呼ばれる。多くの人の作品から引用する人は研究者と呼ばれる。これは、私が以前このテーマに取り組んだ多くの人々の努力に深く感謝していることを遠回しに述べたものである。脚注や参考文献を除いては、彼らに謝辞を述べることは不可能である。彼らの努力の積み重ねがなければ、これから読む資料をまとめるのに一生かかっていただろう。

しかし、歴史的事実に加えて、私の知る限り、先行文献にはない数多くの概念がある。その中でも特に重要なのは、ある「自然法則」の定式化であり、これは事実データの下に埋もれさせておくにはあまりに重要であると私には思われた。これらやその他の編集上の表現が、他の誰にも責任を負わせることのできない、私自身の知覚の特異な産物であることは、すぐにお分かりいただけるだろう。

このテーマに関する講演に私を招待し、その結果、このテーマについてある程度深く掘り下げることを余儀なくさせたミリル・クリアとジム・トフト、そして講演の後、「このテーマで旅に出よう」と励ましてくれたハーブ・ジョイナーに特別の感謝を捧げたい。本書は、その最初の一歩から始まった7年間の旅の結末である。ウェイン・C・リカートは、このプロジェクトをスタートさせるための資金援助と、完成に向けて這い上がる間の驚くべき忍耐力に対して、特別な勲章を贈るに値する。ビル・ジャスパーには、入手困難な数々の文書のコピーを提供してもらった。リンダ・パールスタインとメリンダ・ウィマンには、このプロジェクトに没頭している間、私のビジネスを支えてくれたことに感謝する。そして、この原稿を完成させる間、私の長期不在に耐え、入念な校正を行い、途中の展開に鋭い批評をしてくれた妻のパトリシアに、個人的な感謝の意を表したい。

最後に、初版から3刷までの読者で、この作品の改良に協力してくれた方々に謝意を表したい。彼らの努力のおかげで、避けられない誤植のほとんどは第2版で修正された。とはいえ、以下のページ内にこれ以上誤りがないと考えるのは無謀であろう。細部に至るまで細心の注意を払おうとしてきたが、これほど大きな収穫を、いくつかの種を落とさずに収穫することはできない。したがって、新しい読者からの訂正や提案を心から歓迎する。私の至上の楽観主義によれば、それらは本書の将来の版に反映されるものと思いたい。

はじめに

以下のやりとりは、1957年4月3日にイギリスのユーモア雑誌『パンチ』に掲載されたものである。適切な序文として、また本書に収録された内容を理解するための頭の体操として、ここに転載する。

—————————————————–

Q. 銀行は何のためにあるのか?

A. 金を儲けるためだ。

Q. 顧客のため?

A. 銀行のためだ。

Q.なぜ銀行の広告はこのことに触れないのか?

A. 趣味が悪いだろう。しかし、2億4,900万ドルかそこらの準備金については暗に言及している。それは彼らが稼いだお金なのだ。

Q. 顧客から?

A. そうだと思う。

Q. 彼らはまた、5億ドルかそこらの資産についても言及している。それも作ったのか?

A. 正確には違う。それは彼らがお金を稼ぐために使うお金だ。

Q.なるほど。それをどこかの金庫に保管しているのか?

A. まったくない。お客さんに貸しているんだ。

Q. では、彼らは持っていないのか?

A. 持っていない。

Q. では、どのようにアセットしているのか?

A. 彼らはそれを取り戻せば資産になると主張している。

Q. しかし、彼らはどこかの金庫にいくらかのお金を持っているはずだが?

A. そう、通常は500,000,000ドルかそこらだ。これを負債と呼ぶ。

Q. でも、もし持っていたとして、どうやって責任を取るんだ?

A. 彼らのものではないからだ。

Q. ではなぜ持っているのか?

A. お客さんが貸してくれたものだ。

Q. 顧客が銀行に金を貸しているということか?

A. 事実上そうだ。顧客は自分の口座にお金を入れるから、実質的には銀行にお金を貸していることになる。

Q. 銀行はそれで何をするのか?

A. 他の顧客に貸す。

Q. でも、他の人に貸したお金はアセットだと言ったよね?

A. そうだ。

Q. では、資産と負債は同じものなのか?

A. そんなことは言えない。

Q. しかし、今あなたはそう言った。私が自分の口座に100ドル入れたら、銀行はそれを返さなければならない。しかし、銀行がそれを他の人に貸すと、その人はそれを返さなければならないので、それは資産になる。同じ100ドルだよね?

A. そうだ。でも…

Q. それなら相殺される。つまり、銀行は実際にはまったくお金を持っていないということだね?

A. 理論的には.

Q. 理論的には気にしなくていい。もし銀行に資金がないのなら、2億4,900万ドルかそこらの準備金をどこから調達しているのか?

A. 言っただろう。それは彼らが稼いだ金だ。

Q. どうやって?

A. 100ドルを誰かに貸すと、その人に利子がつくんだ。

Q. いくらだ?

A. 銀行金利による。例えば5.5パーセントだ。それが彼らの利益だ。

Q.なぜ私の利益ではないのか?私の金ではないのか?

A. 銀行実務の理論では、それは・・・。

Q. 彼らに私の100ドルを貸すとき、なぜ利息を取らないのか?

A. そうだ。

Q. あなたは言わない。いくらだ?

A. 銀行金利による。半パーセントだ

Q. 私のことを把握しているのか?

A. しかし、それはあなたが再びお金を引き出すつもりがない場合に限られる。

Q.もちろん、また引き出すつもりだ。もう一度引き出したくなかったら、庭に埋めてもよかったんじゃないか?

A. また引き出すのは嫌がられるよ。

Q.なぜ嫌なんだ?あそこに置いておくと、責任逃れだと言われる。それを取り除いて負債を減らせば、彼らは喜ぶのではないか?

A. いや、撤去すれば他の誰にも貸せなくなるからだ。

Q. しかし、もし私がそれを撤去したければ、彼らは私にそうさせなければならないのか?

A.もちろんだ。

Q. しかし、すでに他の客に貸していたとしたら?

A. そうすれば、他の人のお金を貸してくれるだろう。

Q. しかし、もし彼が自分の金も欲しがっていて……私に貸してくれたとしたら?

A. 君はわざと分かりにくくしているんだ。

Q. 私は鋭いと思う。もし皆が一度にお金を欲しがったらどうする?

A. 銀行実務の理論では、そんなことはありえない。

Q. では、銀行は約束を守る必要がないことに賭けているのか?

A. そんなことは言っていない。

Q. 当然だ。他に話せることがなければ……?

A. その通りだ。では、銀行口座を開設してきてくれ。

Q. 最後にもうひとつだけ。

A.もちろんだ。

Q. 銀行を開業したほうがいいのでは?

第1部 これは何の生き物なのか?

連邦準備制度とは何か?答えは意外かもしれない。連邦制度ではないし、準備金もない。さらに、連邦準備銀行は銀行ですらない。この謎を解く鍵は、物語の冒頭ではなく、中盤にある。これは教科書ではないので、時系列的な構成にとらわれることはない。主題は習得すべきカリキュラムではなく、解くべき謎なのだ。だから、アクションがあるところから始めよう。

第1章 ジキル島への旅

ジョージア州ジキル島での秘密会議で連邦準備制度理事会(FRB)が考案された。競争からメンバーを守るための銀行カルテルの誕生。このカルテルが合衆国政府の機関であることを議会と国民にどう納得させるかという戦略。

その夜、ニュージャージー州の鉄道駅は厳しい寒さだった。街灯のまわりには初雪が舞っていた。11月の風が線路小屋の屋根板を揺らし、垂木の間で悲痛な音を長く響かせていた。

時刻は午後10時に近づき、駅にはその日最後の南行きに乗ろうと急ぐ数人の乗客を除いて、ほとんど誰もいなかった。鉄道設備は1910年当時の典型的なもので、ほとんどが上下に窮屈な寝台のある椅子車だった。限られた資金しかない人々のために、客車は前部に連結されていた。客車はエンジンの騒音と煙の矢面に立たされ、なぜかいつも見えない隙間から煙が漏れてくる。食堂車はセクションの間に置かれ、2つのクラスの旅行者を隔てる微妙な障壁となっていた。今日の基準からすると、その環境は殺風景だった。椅子やマットレスは硬かった。表面は金属か傷だらけの木だった。色は濃い緑と灰色だった。

列車に乗り込み、風の冷たさから逃れようと急ぐあまり、ホームの一番端で起きていることに気づく乗客はほとんどいなかった。夜中のこの時間帯にめったに使われることのないゲートに、壮観な光景があった。端のレールのバンパーに突き刺さった長い車両は、それを見た数少ない人たちを立ち止まらせて凝視させた。黒光りする塗装に、磨き上げられた真鍮の手すり、ノブ、フレーム、フィリグリーがアクセントになっていた。シェードは引かれていたが、開け放たれたドア越しにマホガニーの羽目板、ベルベットのカーテン、豪華な肘掛け椅子、品揃え豊富なバーが見えた。白いサービスコートを着たポーターたちが、日常的な雑務に追われていた。高価な葉巻の独特の香りが漂っていた。ステーションの他の車両には、鈍い兄弟と区別するために両端にナンバーが付けられていた。しかし、この美しさにナンバーは必要なかった。両側の中央には、「ALDRICH」と一言だけ書かれた小さなプレートがあった。

ロードアイランド州選出の上院議員、ネルソン・アルドリッチの名は、ニュージャージー州でもよく知られていた。1910年まで、彼はワシントンD.C.で最も権力を持つ人物の一人であり、彼の専用車両は、ウォール街へ頻繁に出かける際、ニューヨークやニュージャージーの鉄道ターミナルでしばしば見かけられた。アルドリッチは上院議員以上の存在だった。彼は大企業の政治的代弁者と考えられていた。J.P.モルガンの投資仲間だった彼は、銀行、製造業、公益事業など、幅広い分野に投資していた。義理の息子はジョン・D・ロックフェラー・ジュニアだった。60年後、彼の孫であるネルソン・アルドリッチ・ロックフェラーがアメリカ副大統領となる。

アルドリッチが駅に到着したとき、彼が専用車の司令官であることに疑いの余地はなかった。毛皮のロングコートを羽織り、シルクハットをかぶり、銀のステッキを持った彼は、私設秘書のシェルトンと、さまざまなトランクやケースを運ぶポーターたちを従えて、颯爽とホームを歩いた。

上院議員が車に乗り込むやいなや、同じような荷物を持った乗客が何人もやってきた。最後の男が現れたのは、最後の 「aaall aboarrrd」の直前だった。ショットガンケースを持っていた。

アルドリッチが駅構内を闊歩するのを見た旅行者の大半はすぐにわかったが、他の顔には見覚えがなかった。この見知らぬ人たちは、別々に到着し、記者を避け、駅構内で会ってもお互いを知らないふりをするように指示されていた。列車に乗り込んでからも、互いの身元を明かさないように名字だけを名乗るように言われていた。その結果、専用車のポーターや使用人でさえ、彼らの名前を知ることはなかった。

正門に戻ると、エンジンの汽笛が二度鳴った。突然、緩やかな動きの感覚、旅の興奮が始まった。しかし、列車がホームを通過するやいなや、揺れに震えて止まった。そして、誰もが驚いたことに、列車は方向転換し、再び駅に向かって動き出した。何かを忘れたのだろうか?エンジンに問題があったのだろうか?

突然の揺れと連結器のバタンという音がその答えを教えてくれた。列車の最後尾で別の車両を拾ったのだ。郵便車だろうか?一瞬にして前進が再開され、すべての思考は前途の旅と宿泊施設の最低限の快適さに戻った。

鉄の車輪がレールにぶつかるリズミカルな音を聞きながら、乗客たちは眠りについた。これが、その夜のオルドリッチ車の名簿:

ネルソン・W・アルドリッチ、上院の共和党「鞭」、国家通貨委員会委員長、J.P.モルガンのビジネス仲間、ジョン・D.ロックフェラー・ジュニアの義父;

エイブラハム・ピアット・アンドリュー、米国財務省次官補;

フランク・A・バンダーリップ、ニューヨーク・ナショナル・シティ銀行頭取、ウィリアム・ロックフェラーと国際投資銀行クーン、ローブ&カンパニーの代理人;

J.P.モルガン・カンパニーのシニア・パートナー、ヘンリー・P.デイヴィソン;

J.P.モルガンのバンカーズ・トラスト・カンパニーのトップ、ベンジャミン・ストロング1。

  • 6. ポール・M・ウォーバーグは、クーン、ローブ&カンパニーのパートナーで、イギリスとフランスのロスチャイルド銀行王朝の代表者であり、ドイツとオランダのウォーバーグ銀行コンソーシアムのトップであったマックス・ウォーバーグの弟である2。

富の集中

1910年までには、金融資源に対する中央管理はかなり進んでいた。アメリカでは、この支配の中心はモルガン・グループとロックフェラー・グループの2つであった。それぞれの軌道の中には、商業銀行、受け入れ銀行、投資会社が迷路のように入り組んでいた。ヨーロッパでは、同じプロセスはさらに進み、ロスチャイルド・グループとワールブルク・グループに合体していた。1931年5月3日付の『ニューヨーク・タイムズ』紙に、モルガンの最も親密な仲間の一人であったジョージ・ベイカーが亡くなったことを伝える記事が掲載された。そこにはこう書かれていた: 「世界の総資産の6分の1がジキル・アイランド・クラブのメンバーによって代表されていた」。これはモルガン・グループだけのことである。ロックフェラーやヨーロッパの金融家は含まれていない。これらすべてを合わせると、世界の富の4分の1がこれらのグループによって代表されていたという前回の推定は、おそらく保守的なものだろう。

連邦準備制度法が制定された1913年、ルイジアナ州のアルセーヌ・プジョが委員長を務める下院通貨銀行委員会の小委員会は、アメリカにおける金融権力の集中に関する調査を終えた。プジョーは、まさに調査対象グループの一員である石油関係者の代弁者と見なされ、公聴会を妨害するためにあらゆる手を尽くした。しかし、彼の努力にもかかわらず、委員会全体の最終報告は壊滅的なものだった:

貴委員会は、提出された証拠から……金融界の少数の指導者たちの間に、確立され、明確に定義された同一性と利害共同体が存在し……その結果、資金と信用の支配権が、これらの少数の人間の手に、大きく、急速に集中していることに納得した……。

わが国の証券発行・流通システムのもとでは、投資家は企業から直接購入することはない。証券は発行会社から仲買人を経て投資家に渡る。銀行、信託会社、生命保険会社といった、他人の資金で構成される集中的な資源の源泉にアクセスし、市場を形成し証券を流通させる機械を支配する大銀行や銀行家だけが、大規模な証券発行を引き受け、あるいは販売を保証する力を持っている。鉄道会社や産業会社の資金を管理することによって、そうした資金の保管場所を指示し、国民の資金を集める大きな貯水池を作ることができる人々は、自分たちが関心を持つ事業のためにその貯水池を利用し、自分たちが認めない目的のために利用されるのを防ぐことができる立場にある人々である。

このことに関連して、これらの資金と信用の貯水池には、この国の銀行の準備金の大部分が流れ込んでいること、これらの銀行は、この国の唯一の公的な金融市場で余剰資金を融資する際の、市外銀行の代理人であり、取引相手でもあること、また、少数のグループとそのパートナーや仲間が、現在、これらの金融機関の株式を大量に保有することによって、これらの金融機関の資源に対する支配力をさらに強めていることも考えてみよう、 このような実質的かつ効果的な支配と統制が、わが国最大の金融、鉄道、工業の各企業に対して、主として過去5年以内にどの程度まで発展してきたか、そしてそれが国の福祉にとって危険と隣り合わせであることを、われわれは理解し始めた。 3

その夜、秘密裏に集まり、オルドリッチ上院議員の専用車で豪華な旅をした6人の男たちが代表する富と権力の本質とは、このようなものだった。

目的地ジキル島

翌日の午後、列車が目的地であるノースカロライナ州ローリーに近づくと、列車は速度を落とし、駅のターミナルを出てすぐの交換ヤードで停車した。乗務員が素早くスイッチを押すと、エンジンは最後の車両をサイディングに誘導し、そこで素早く連結を解除して置き去りにした。しばらくして乗客がターミナルのホームに降り立つと、自分たちが乗車したときとまったく同じ列車が現れた。

彼らは、その瞬間、その夜の旅の仲間が、1時間以内に再び南に向かって発車する別の列車に合流していることを知る由もなかった。

エリート金融家グループは、アトランタ、サバンナ、そしてジョージア州ブランズウィックという小さな町へと続く800マイルの旅に出た。ブランズウィックは、ありそうでなかった目的地だった。大西洋岸に位置し、主に漁村で、小さいながらも綿花や木材の港があり、活気があった。人口はわずか数千人だった。しかし当時、サウスカロライナ州からフロリダ州にかけての海岸を保護するシー・アイランドは、すでに大金持ちのウィンターリゾートとして人気を博していた。そのような島のひとつ、ブランズウィック海岸のすぐ沖合には、最近J.P.モルガンと彼のビジネス仲間数人が購入したものがあり、彼らは秋と冬になると、鴨や鹿を狩りに、そして北部の厳しい寒さから逃れるためにここにやってきた。そこはジキル・アイランドと呼ばれていた。

オルドリッヒの車両が小さなブランズウィック駅のサイディングに連結を解かれたとき、それは実に目立った。その噂はすぐに町の週刊新聞のオフィスに伝わった。一行がドックに移されるのを待っている間、新聞社の数人が近づいてきて質問を始めた。アルドリッチ氏の客は誰なのか?なぜ彼らはここにいるのか?何か特別なことがあったのか?ジキル・アイランドのオーナーの一人で、地元紙にもよく知られているデイヴィソン氏は、彼らは単なる個人的な友人で、アヒル狩りを楽しむために来たのだと答えた。記者たちは、この出来事には何のニュースもないことに満足し、オフィスに戻った。

離島のロッジに到着した後も、秘密主義は続いた。9日間、ファーストネームのみのルールは有効だった。常勤の管理人や使用人には休暇が与えられ、この日のために注意深く選別されたスタッフが新たに加わった。これは、使用人たちが誰もゲストの身元を見分けられないようにするためだった。戦争の準備も含め、歴史上、これほど謎と秘密で人目に触れないようにされた出来事はないだろう。

この旅の目的はアヒル狩りではない。簡単に言えば、銀行カルテルの構造と運営について合意に達するためだった。すべてのカルテルに言えることだが、その目的は、メンバー間の競争を最小限に抑えることで利益を最大化し、新たな競争相手の参入を困難にし、カルテル協定を執行するために政府の警察力を活用することだった。より具体的に言えば、それは連邦準備制度の青写真を作ることであった。

物語は確認された

事件後何年もの間、教育者、コメンテーター、歴史家たちは、ジキル島での会議が行われたことを否定してきた。今でも、この会議は比較的重要ではなく、偏執狂的な無分別主義者だけがこの会議から何かを引き出そうとする、というのが一般的な見方である。ロン・チャーノーはこう書いている: ジキル島での会議は、千の陰謀説の泉となるだろう」4 しかし、この話は少しずつ、驚くべき詳細さでつなぎ合わされてきた。さらに、もし彼らが自分たちの目的と行動について語ったことが古典的な陰謀を構成しないのであれば、その言葉にほとんど意味はない。

この会合に関する最初のリークは、1916年に活字になった。それは『レスリー・ウィークリー』誌に掲載されたもので、後に『フォーブス』誌を創刊したB.C.フォーブスという名の若い金融記者が書いたものだった。この記事は主にポール・ウォーバーグを賞賛するもので、ウォーバーグがライターとの会話の中でこの話を漏らしたのだろう。いずれにせよ、冒頭の段落には、会議の性質と目的の両方について、劇的だが非常に正確な要約が書かれていた:

全米一の大銀行家の一団が、闇に紛れて私鉄の車両でニューヨークを抜け出し、こっそりと何百マイルも南下し、謎めいたローンチに乗り込み、数人の使用人以外は誰もいない島に忍び込み、使用人たちが正体を知り、このアメリカ金融史上最も奇妙で極秘の遠征を世間に公表しないよう、彼らの名前を一度も口にしないほど厳重な秘密厳守のもと、そこで丸一週間暮らす様子を思い浮かべてほしい。

私はロマンスを語っているのではない。新通貨制度の基礎となった有名なアルドリッチ通貨報告書がどのようにして書かれたのか、その真相を初めて世に問うのである5。

1930年、ポール・ウォーバーグは『連邦準備制度、その起源と成長』と題する1750ページにも及ぶ大著を書いた。この本の中で、彼はこう説明している: 「会議の結果は完全に秘密であった。会議が開かれたという事実さえも公にすることは許されなかった」と説明している。その後、脚注で彼はこう付け加えた。「あれから18年が過ぎたが、アルドリッチ上院議員が参加者全員に秘密保持を誓約したこの最も興味深い会議について、自由に説明する気にはなれない」6。

ウォーバーグの会議出席に関する興味深い洞察は、34年後、息子のジェームズが書いた本の中にあった。ジェームズはF.D.R.から予算局長に任命され、第二次世界大戦中は戦争情報局の局長に任命されていた。その著書の中で彼は、銃の端から端まで知らなかった父親が、友人から散弾銃を借り、鴨猟師に変装して列車に持ち込んだことを述べている7。

この話の一部は、ナサニエル・ライト・ステファンソンが書いたオルドリッチ上院議員の公式伝記で裏付けられた:

1910年の秋、6人の男が鴨を撃ちに出かけた。1910年の秋、6人の男たちがアヒルを撃ちに出かけた。そのうちの一人、ウォルバーグ氏は、アヒル撃ちの道具一式を持ってジャージー・シティで自家用車に乗り込んだときの心境を面白おかしく語っている。冗談は、彼が人生で一度も鴨を撃ったことがなく、撃つつもりもなかったという事実にあった……。アヒル撃ちはブラインドだった8。

スティーヴンソンによると、ブランズウィックに到着した直後、駅長が専用車に入ってきて、乗っていた全員の身元を知っているようなそぶりを見せ、彼らに衝撃を与えたという。さらに悪いことに、彼は記者が外で待っていると言った。デイヴィソンが指揮を執った。「老人よ、外に出てこい。その朝、鉄柵の上に立ってどんな話をしたかは誰も知らないが、しばらくしてデイヴィソンは満面の笑みを浮かべて戻ってきた。「大丈夫だよ。「バレないよ」と彼は安心させるように言った。

スティーブンソンは続ける: 「記者たちは散り散りになり、奇妙な旅の秘密は明かされなかった。どのようにしてそれを成し遂げたのか、誰も彼に尋ねなかったし、彼も自らその情報を口にすることはなかった」9。

1935年2月9日付の『サタデー・イブニング・ポスト』紙に、フランク・ヴァンダーリップの記事が掲載された。その中で彼はこう述べている:

企業の業務がより広く知られることは社会にとって価値があるという私の考えにもかかわらず、1910年の終わり近く、私は陰謀家と同じくらい秘密主義的で、実際、気むずかしいところがあった……。ジキル島への秘密遠征が、最終的に連邦準備制度となったものの実際の構想のきっかけになったと言っても過言ではないと思う。

我々は名字を残すように言われた。さらに、出発の夜は一緒に食事をしないようにと言われた。ハドソン川のニュージャージー州沿岸にある鉄道ターミナルまで、できるだけ目立たないように一人ずつ来るようにと指示された。

自家用車に乗り込むと、私たちは名字のタブーを守り始めた。「ベン」、「ポール」、「ネルソン」、「エイブ」–エイブラハム・ピアット・アンドリューのことだ。デイヴィソンと私は、名字を捨ててさらに深い変装をした。自分たちが常に正しいという理論に基づき、彼はウィルバーに、私はライト兄弟にちなんでオーヴィルになった……。

使用人や列車の乗務員たちは、私たちのうちの1人か2人の身元は知っていたかもしれないが、全員は知らなかった。発見されてはならない、そうでなければ我々の時間と努力は無駄になる、と我々は知っていた。私たちの特定のグループが集まって銀行法案を作成したことが公になれば、その法案は議会で可決される可能性はゼロになる10。

構造は純粋なカルテルだった

ジキル島会議の構成は、カルテル構造の典型的な例であった。カルテルとは、独立した企業の集まりであり、その企業の生産、価格設定、マーケティングを調整するために結ばれる。カルテルの目的は、競争を減らして収益性を高めることである。カルテルの目的は、競争を減らし、それによって収益性を高めることである。カルテルは、その業界を共同で独占することによって達成され、一般大衆に、自由競争下でなければ必要とされないであろう価格よりも高い価格を商品やサービスに支払わせる。

ここには、モルガン、ロックフェラー、ロスチャイルド、ウォーバーグ、クーン・ローブという、世界を代表する銀行連合が名を連ねている。彼らはしばしば競争相手であり、両者の間に相当な不信感があったことは疑いなく、どのような協定でも有利な立場を得るために巧みな駆け引きがあった。しかし、彼らは共通の敵と戦いたいという、ある強い願望によって結ばれていた。その敵とは競争だった。

1910年、アメリカの銀行数は驚異的なスピードで増加していた。実際、わずか10年の間に2倍以上に増え、2万行を超えた。しかも、そのほとんどが南部と西部に誕生し、ニューヨークの銀行は市場シェア低下の一途をたどっていた。1880年代には、ほとんどすべての銀行が国営銀行であった。一般に、これらの銀行は大都市にあり、銀行券という形で独自の通貨を発行することが法律で認められていた。しかし、1896年の時点でさえ、非国営銀行の数は61%にまで増加し、すでに国内の銀行預金総額の54%を保有していた。連邦準備制度法が成立した1913年までには、非国営銀行が71%を占め、預金残高の57%を占めるようになっていた11。ニューヨークのアヒル・ハンターたちの目には、これは単に逆転させなければならない傾向と映った。

また、産業界では、借入資本からではなく、利益から将来の成長資金を調達しようという新しい傾向も、競争の原因となっていた。これは、借金と倹約の間に現実的なバランスを設定した自由市場の金利がもたらしたものだった。金利は、事業の成功や返済能力に自信のある真剣な借り手を惹きつけるのに十分な低さだったが、軽薄な事業や、たとえば自己資本など別の資金源がある事業への融資を思いとどまらせるのに十分な高さだった。負債と倹約のバランスは、限られた資金供給の結果であった。後述するように、銀行は実際の預金を上回る融資を行うことができたが、そのプロセスには限界があった。その限界は、最終的に銀行が保有する金の供給量によって決定された。その結果、1900年から1910年にかけて、アメリカ企業の成長資金の70%は内部で調達されるようになり、産業界は銀行からますます独立するようになった12。連邦政府も倹約的になり、金の備蓄を増やし、南北戦争中に発行されたグリーンバックを計画的に償還し、国債を急速に削減していった。

ここにも、止めなければならない流れがあった。銀行家たちが望んでいたのは、そして多くの実業家たちが望んでいたのも、自由市場に介入して金利のバランスを下方に傾け、倹約よりも負債を優先させることだった。そのためには、マネーサプライを金から切り離し、より潤沢に、あるいは彼らが言うように弾力的にする必要があった。

銀行破綻の恐怖

しかし、最大の脅威は、ライバルや民間の資本形成からではなく、銀行家が言うところの銀行経営破綻という形で、一般大衆からもたらされた。というのも、銀行は顧客の預金を受け入れると、その見返りとして顧客の口座に「残高」を与えるからである。これは、いつでも預金を返すという約束に等しい。同様に、別の顧客が銀行からお金を借りる際にも、口座残高が与えられるが、通常は融資の目的を満たすためにすぐに引き出される。その時点で、銀行は金庫にある資金よりも多くの「要求払い」の約束をしたことになるため、これは時限爆弾となる。預金している顧客は、いつでも自分の金を手に入れられると思っていても、実際には、その金は借りている顧客に渡されており、銀行ではもはや利用できないのである。

この問題は、銀行が預かったお金以上のお金を貸すことが許されているという事実によって、さらに複雑になっている。この一見不可能に見える偉業を達成する仕組みについては、後の章で説明するが、支払約束が普通預金を10倍も上回ることがしばしばあるのは、現代の銀行業務の事実である。そして、これらの口座のうち、実際に現金の形で金庫に保管されているのはわずか3%程度であり、残りはさらに多くの融資や投資に回されているため、銀行の約束は、その約束を守る能力を300分の1以上上回っているのである13。しかし、国民の信頼が揺らぎ、数パーセント以上の預金者が資金を引き出そうとすれば、その計画はついに露呈する。銀行はすべての約束を守ることができなくなり、閉鎖を余儀なくされる。やがて倒産に追い込まれるのが普通である。

通貨の流出

同じ結果は、預金者が銀行に殺到しなくても起こりうることであり、連邦準備制度以前はしばしば起こっていた。預金者は窓口で資金を引き出す代わりに、単に小切手を書いて商品やサービスを購入した。小切手を受け取った人々は、それを銀行に持って行き預けた。その銀行がたまたま小切手を振り出した銀行と同じであれば、金庫から実際のお金を取り出す必要がないため、万事うまくいった。しかし、小切手の所持者が他の銀行に小切手を持って行った場合、小切手はすぐに発行銀行に戻され、銀行間で決済が要求された。

しかし、これは一方通行ではない。ダウンタウン銀行がアップタウン銀行に支払いを要求している間、アップタウン銀行も小切手を決済し、ダウンタウン銀行に支払いを要求している。双方向のお金の流れが同じであれば、単純な簿記ですべてが処理できる。しかし、資金の流れが等しくなければ、その差額を埋めるために、どちらかの銀行がもう一方の銀行に実際に送金しなければならなくなる。必要な資金量が銀行の総預金量の数パーセントを超えると、預金者による銀行への資金流出と同じ結果となる。このような預金者ではなく他の銀行による資金需要は、通貨流出と呼ばれる。

1910年当時、通貨流出によって銀行が破産宣告をしなければならなくなる最も一般的な原因は、その銀行が競合他社よりも無謀な融資政策をとったことであった。銀行がより多くの資金を融資したために、銀行からより多くの資金が要求されたのである。顧客の貯蓄の90%を貸し付ける(10ドルのうち1ドルしか手元に残さない)ことは十分に危険だったが、ほとんどの場合、それで十分であることが証明されていた。しかし、一部の銀行はさらに崖っぷちに近づこうとした。比率を92%、95%、99%に押し上げたのだ。結局のところ、銀行が儲ける方法は利息を集めることであり、そのためには融資をするしかない。融資は多ければ多いほどいい。だから、一部の無謀な銀行の間では、「融資を増やす」という慣行があった。つまり、準備率を押し下げるということだ。

銀行家のユートピア

すべての銀行が他の銀行と同じ比率で融資を行うように強制できれば、その比率がどんなに小さくても、長期的には銀行間で決済される小切手の量は均衡する。通貨が大量に流出することもない。このようなシステムでは、銀行業界全体が崩壊するかもしれないが、個々の銀行が崩壊することはない。少なくともカルテルに加盟している銀行はそうである。このような均一性のもとでは、個々の銀行が債務不履行の責任を問われることはない。その代わりに、「経済」や「政府の政策」や「金利」や「貿易赤字」や「ドルの交換価値」や、あるいは「資本主義システム」そのものに責任を転嫁することができた。

しかし、1910年当時、そのような銀行家のユートピアはまだ作られていなかった。もしダウンタウン銀行がその準備金に対して競合他社よりも大きな比率で貸し出しを始めたら、支払いのために戻ってくる小切手の量もまた大きくなるだろう。こうして、より無謀な貸出政策をとった銀行は、より保守的な銀行への支払いのために準備金を取り崩さなければならず、その資金が尽きると、通常は倒産に追い込まれた。

歴史学者ジョン・クラインは、「1873年、1884年、1893年、1907年の金融パニックは、大部分において、準備ピラミッディングと準備都市銀行による過剰な預金創出がもたらしたものであった。言い換えれば、「パニック」とその結果としての銀行破綻は、経済のマイナス要因によってではなく、実質的に準備金が全くない状態まで融資を受けた銀行の通貨流出によって引き起こされたのである。システムが弱かったから銀行が破綻したのではない。システムが破綻したのは、銀行が弱かったからだ。

ジョージア州沖の小さな島に、7人の男たちが1,000マイルを越えてやってきたのも、この共通の問題があったからだ。それぞれが潜在的に熾烈な競争相手であったが、彼らの頭の中にあったのは、いわゆるパニックと、それ以前の20年間に実際に起こった1748件もの銀行破綻であった。どうにかして力を合わせなければならなかった。ペイ・オン・デマンドの約束を守れる以上の約束をし続けられるような方法を考案しなければならなかった。そのためには、すべての銀行に同じ距離を歩かせ、不可避の大惨事が起きたときに、世間の責任を自分たちから遠ざける方法を見つけなければならなかった。私的な銀行業務の問題ではなく、国民経済の問題であるかのように見せかけることで、損失の弁済に自己資金ではなく税金を使う道を開くことができたのだ。

ジキル島に集まった、小さいが強力なグループが直面した主な課題がここにある:

  • 小規模でライバル関係にある銀行の影響力の拡大をいかに食い止め、国の金融資源に対する支配権を現在の銀行の手に確実に残すか;
  • 民間資本形成の傾向を逆転させ、産業ローン市場を奪回するために、資金供給の弾力性を高める方法;
  • 全国の銀行のわずかな準備金をひとつの大きな準備金にプールし、すべての銀行が同じ預貸率に従うよう動機づける方法 そうすれば、通貨の流出や銀行の経営破綻から、少なくとも一部の銀行を守ることができる;

この結果、最終的に銀行システム全体が崩壊することになれば、その損失を銀行の所有者から納税者に移すことになる。

カルテルは名前を採用する

これらすべての問題の解決策が、すでにヨーロッパで考案され、同様の運用が開始されているカルテルの仕組みであることは、誰もが知っていた。すべてのカルテルがそうであるように、カルテルは法律によって作られ、消費者保護という欺瞞のもとに政府の権力によって維持されなければならなかった。従って、彼らに課せられた最も重要な課題は、5番目の目的であった:

いかにして議会に、この計画が国民を保護するための措置であると納得させるかである。

この課題は微妙なものだった。アメリカ国民はカルテルという概念を好まなかった。企業同士が手を結んで価格を固定し、競争を妨げるという発想は、自由企業制度とは異質なものだった。それを有権者に売り込むことはできなかった。しかし、カルテルという言葉を使わず、感情的に中立的で、おそらく魅力的でさえある言葉でベンチャー企業を説明できれば、戦いの半分は勝利したことになる。

そこで最初の決断は、ヨーロッパで採用されている慣例に倣うことだった。今後、カルテルは中央銀行として運営されることになる。それも、一般的な表現にすぎない。広報と法制化のために、銀行という言葉を完全に避け、連邦政府そのものをイメージさせる名称を考案することになった。さらに、権力の集中がないという印象を与えるために、カルテルの地域支部を設立し、それをセールスポイントにするつもりだった。スティーブンソンはこう語る: 「アルドリッチはジキル島で中央銀行のアイデアに熱烈に傾倒していた。しかし、政治的な都合から、このような計画は国民に隠す必要があった。ジョン・ケネス・ガルブレイスはこう説明している: 「彼(アルドリッチ)は、中央銀行を一つではなく、いくつも持つことで反対派の裏をかくことを考えていた。そして、銀行という言葉自体を避けるようにした」16。

アルドリッチを除いて、出席者は全員銀行家であったが、中央銀行のヨーロッパ・モデルの専門家は一人だけであった。この知識のおかげで、ポール・ウォーバーグはすべての議論を通じて支配的で指導的な頭脳となった。連邦準備制度の創設に関する文献を何気なく熟読するだけでも、彼がまさにカルテルの首謀者であったことがわかる。ガルブレイスは、「……ウォーバーグは、ある種の正当性をもって、この制度の父と呼ばれている」と述べている17。国際的な銀行一族である。J. & W. セリグマンの一員で、コロンビア大学経済学部の学部長であるエドウィン・セリグマン教授は、「……その基本的な特徴において、連邦準備制度法は、この国の他の誰よりもウォーバーグ氏の仕事である」と書いている18。”18

真のダディ・ウォーバックス

ポール・モーリッツ・ウォーバーグは、ドイツのハンブルグとオランダのアムステルダムにあるM.M.ウォーバーグ&カンパニーという投資銀行会社の主要メンバーであった。彼はジキル島で会うわずか9年前に渡米していた。しかし、渡米後間もなく、ロスチャイルド・グループからの資金提供を受けて、彼と弟のフェリックスは、ハンブルクのウォーバーグ社のパートナーを続けながら、ニューヨークの投資銀行会社クーン・ローブ・アンド・カンパニーのパートナーシップを購入することができた19。

歴史的に見れば、この人物の重要性を理解するのは難しい。しかし、漫画『リトル・オーファン・アニー』に登場する伝説的なキャラクター、ダディ・ウォーバックスが、ポール・ウォーバーグの慈悲深さと、その無限の富の力によって善を成し遂げるほとんど魔法のような能力を、現代に置き換えて解説したものであることから、いくらか理解できるかもしれない。

三番目の兄弟、マックス・ウォーバーグはカイザーの財務アドバイザーで、ドイツのライヒスバンクの取締役となった。これはもちろん中央銀行であり、連邦準備制度の構築に使われたモデルの一つである。ちなみに数年後、ライヒスバンクはドイツで大規模なハイパーインフレを引き起こし、中産階級と経済全体を一掃することになる。

ポール・ウォーバーグはすぐに、アメリカにおける中央銀行の説得力のある提唱者としてウォール街でよく知られるようになった。ジキル島会議の3年前、彼はいくつかのパンフレットを出版していた。ひとつは『わが国の銀行制度の欠陥と必要性』、もうひとつは『修正中央銀行の計画』であった。これらは金融界と学界の双方で広く注目され、銀行法に関する将来のあらゆる議論の知的風土を作り上げた。これらの論文の中で、ウォーバーグは、アメリカの通貨制度は金と国債に依存しており、どちらも供給量が限られているため、機能不全に陥っていると訴えた。アメリカに必要なのは、商業の変動するニーズに合わせて拡大・縮小できる弾力的な通貨供給であると彼は主張した。その解決策は、ドイツの例に倣い、銀行が「コマーシャル・ペーパー」(銀行家の言葉で企業からの借用証書のこと)のみに基づいて通貨を発行できるようにすることだと彼は言った。

ウォーバーグはたゆまぬ努力を続けた。影響力のある聴衆の前で講演を行い、このテーマに関する論文を次々と発表した。例えば、その年の3月、『ニューヨーク・タイムズ』紙は、ウォーバーグが「合衆国準備銀行」と呼ぶものについて説明し、解説した11部構成の連載記事を掲載した20。

その方法は、理解する者にとっては平易なものであった

このテーマに関するウォーバーグの執筆や講演のほとんどは、一般大衆向けの目くらましだった。中央銀行が合法化されたカルテルに過ぎないという事実を覆い隠すために、その支持者は、中央銀行がいかに商業、国民、国家に利益をもたらすか、いかに金利を引き下げ、必要な産業プロジェクトに資金を供給し、経済のパニックを防ぐかに焦点を当て、常に専門用語で分厚い煙幕を張らなければならなかった。金利を下げ、必要な産業プロジェクトに資金を供給し、経済のパニックを防ぐというものだ。その根底には、国民を犠牲にして私利私欲に奉仕するために、上から下まで計画されたマスタープランがあるなどということは、微塵も考えられなかった。

とはいえ、これが冷厳な現実であり、鋭敏な銀行家たちはそれをよく認識していた。翌年のアメリカ銀行協会での演説で、アルドリッチは、彼の言葉の意味を本当に聞いている人のために、このことを説明した。彼はこう言った: 「提案されている組織は銀行ではなく、明確な目的のために国内のすべての銀行が協力する組合である」21。その通りである。

その2年後、同じ銀行家グループの演説で、チェース・ナショナル銀行のA・バートン・ヘップバーンはさらに率直な発言をした。彼はこう言った: 「この措置は中央銀行の原則を認め、採用するものである。実際、この法律のスポンサーが望むようにうまくいけば、法人化されたすべての銀行が一緒になって、中央支配力を持つ共同所有者になるだろう」と述べている22。

連邦準備制度法が成立した翌年の1914年、オルドリッチ上院議員の発言はそれほど慎重なものではなかった。この法律が成立する前は、ニューヨークの銀行家はニューヨークの準備金を支配することしかできなかった。この法律が成立する前は、ニューヨークの銀行家はニューヨークの銀行準備を支配することしかできなかった。

神話が歴史として受け入れられる

歴史の通説は、連邦準備制度は経済を安定させるために創設されたというものである。このテーマに関する最も広く使われている教科書の一つに、次のように書かれている。 「連邦準備制度は、銀行破綻の憂慮すべき流行を伴った。1907年のパニックから生まれた。制度発足以来、1921年と1929年の大暴落、29年から39年にかけての大恐慌、53年、57年、69年、75年、81年の不況、87年の株式市場「ブラックマンデー」、ドルの購買力の90%を破壊した1000%のインフレを主導してきた24。

最後の点についてもう少し具体的に説明しよう。1990年までには、1914年に1,000ドルで買えたものを買うのに、10,000ドルの年収が必要になった。25 この信じられないような価値の損失は、隠れた課税という形で連邦政府に静かに移転され、連邦準備制度がその仕組みとなった。

行動には結果が伴う。連邦準備制度による富の没収の結果が、今私たちの目の前に現れている。現在の10年間で、企業の借金は急増し、個人の借金はかつてないほど大きくなり、企業倒産も個人倒産も史上最高を記録し、銀行や貯蓄貸付組合はかつてないほど大量に倒産し、国債の利子は個人所得税の半分を消費し、重工業の大部分は海外の競争相手に取って代わられ、歴史上初めて国際貿易赤字に直面し、ロサンゼルスのダウンタウンやその他の大都市圏の75%は外国人が所有するようになり、国民の半分以上が経済不況に陥っている。

制度廃止の第一の理由

これが、経済を安定させるために連邦準備制度が創設されてから80年後のスコアカードである!連邦準備制度がその目的を果たせなかったことに議論の余地はない。さらに、何度も人事異動が繰り返され、両政党の下で運営され、金融哲学の実験が何度も行われ、憲章が100回近く改訂され、数え切れないほどの新しい公式や手法が開発された後では、単なる手続き上の欠陥を解決する機会は十分すぎるほどあった。したがって、この制度が失敗したのは、新たなルールや、より知的な理事が必要だからではなく、定められた目的を達成できないからだと結論づけるのは不合理ではない。

もしある制度がその目的を達成できないのであれば、その制度を維持する理由はない。そのため、「なぜ制度はその目的を達成できないのか」という疑問が生じる。苦渋の答えは、それが真の目的ではなかったからだ。この制度が作られた背景を知り、この制度を作った人たちの素性を考え、長年にわたる実際の実績を調べれば、この制度が政府の皮をかぶったカルテルに過ぎないことは明らかだ。この制度を運営している人々が、完全雇用、高い生産性、低いインフレ率、一般的に健全な経済を維持することに意欲を持っていることは間違いない。彼らは、美しい金の卵を産むガチョウを殺すことには興味がないのだ。しかし、公共の利益とカルテルの私的な必要性との間に矛盾が生じると、(ほとんど毎日のように生じている)公共の利益が犠牲になる。それが獣の本性なのだ。カルテルにそれ以外の行動を期待するのは愚かなことだ。

このような考えは、エスタブリッシュメントの機関や出版社には奨励されない。アメリカ国民に、システムに本質的な欠陥はないと信じ込ませることが、彼らの明らかな使命となっている。それは単に、不器用な愚か者の手の中にあるだけなのだ。例えば、ウィリアム・グライダーはワシントン・ポスト紙の元副編集長だった。彼の著書『神殿の秘密』は1987年にサイモン・アンド・シュスター社から出版された。この本は連邦準備制度(FRB)の失敗を批判したものだが、グライダー氏によれば、それは制度自体の欠陥が原因ではなく、「非常に複雑」な経済的要因の結果であり、制度を機能させようと奮闘してきた善良な人々が、そのすべてを解明できなかっただけだという。しかし、皆さん、心配はいらない!これこそ、主流メディアで受け入れられる粉飾批判である。しかし、グライダー自身の研究は、まったく異なる解釈を示している。システムの起源について、彼はこう語っている:

新しい企業がウォール街なしで繁栄するにつれて、その資金を扱う新しい地方銀行も繁栄した。銀行預金に占めるニューヨークの集中的なシェアは依然として大きく、全米の約半分を占めていたが、それは着実に減少していた。ウォール街は依然として「ブロック最大のガキ大将」だったが、他の銀行をいじめる力は次第に弱くなっていった。

この傾向は歴史の重大な事実であり、連邦準備制度理事会(FRB)を創設した改革法案の政治的意味を完全に変える誤解された現実であった。当時、議会の常識は、進歩的改革派によって広く共有され、真摯に支持されていた。政府機関がついに「貨幣の信託」を利用し、その権力を解除し、貨幣と信用に対する広範な民主的統制を確立するというものであった。しかし、結果はほぼ正反対だった。1913年に制定された金融改革は、実際には現状を維持し、古い秩序を安定させるのに役立った。マネーの中心である銀行家は、新しい中央銀行に対する支配力を得るだけでなく、不安定さや自らの衰退に対する新たな保証を享受することになった。FRBが発足すると、金融パワーの着実な拡散は止まった。ウォール街はその支配的地位を維持し、さらには強化した26。

フーバー戦争・革命・平和研究所の元研究員で、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校の元経済学教授でもあるアントニー・サットンは、やや深い分析を行っている。彼はこう書いている:

アメリカ社会をウォール街のために働かせるというウォーバーグのブレイクスルー計画は、驚くほど単純なものだった。今日でも、…アカデミックな理論家たちは意味のない方程式で黒板を覆い、一般大衆はインフレと来るべき信用崩壊に困惑しながら闘っているが、問題の極めて単純な説明は議論されることもなく、ほとんど理解されることもない。連邦準備制度は、公共の利益を保護し促進するという名目で、少数の者の利益のために運営されている、貨幣供給の合法的な私的独占である27。

ジキル島への旅とそこで孵化した生物の真の意義は、ポール・ウォーバーグの敬愛する伝記作家、ハロルド・ケロックの言葉によってうっかり要約されてしまった:

ポール・M・ウォーバーグはおそらく、個人的に革命を行った中で最も温厚な男だろう。彼は民衆を武装させようとはしなかった。民衆を武装させようとはしなかった。そして彼は征服した。それが驚くべきことだ。内気で繊細な彼が、1億人の国民に自分の考えを押し付けたのだ28。

まとめ

連邦準備制度の基本計画は、1910年11月にJ.P.モルガンのプライベート・リゾート、モルガンの私的な保養地、ジョージア州沖のジキル島で1910年11月に開かれた秘密会議で起草された。会議の出席者はウォール街の大金融機関を代表し、間接的にはヨーロッパも代表していた。秘密裏に行われた理由は単純だ。

もし銀行界の対立する派閥が手を組んだことが知られていたら、銀行家たちが貿易制限を目的とした協定を結ぼうとしている可能性が世間に知れ渡っただろう。それは、国内の新興銀行による競争の激化を阻止すること、融資のために無から資金を作り出す特権を得ること、すべての銀行の準備金を管理し、無謀な銀行が通貨流出や銀行倒産に巻き込まれないようにすること、カルテルが避けられない損失を納税者に肩代わりしてもらうこと、そして議会に対し、目的は国民を守ることであると説得することであった。銀行家は政治家とパートナーになる必要があり、カルテルの構造は中央銀行でなければならないことがわかった。記録は、FRBが掲げた目的を達成できなかったことを示している。それは、FRBの真の目標が決してそれではなかったからだ。銀行カルテルとして、また上記のファイブ・アイズ的から見れば、FRBは文句なしの成功を収めている。

ネルソン W・アルドリッチ

写真クレジットジキル島博物館

ヘンリー・P・デビッドソン
エイブラハム・ピアット・アンドリュー

写真クレジットジキル島博物館

フランク・A・ヴァンダーリップ

写真クレジット:ジキル島博物館

ベンジャミン・ストロング

写真クレジット UPI/Bettmann

ポール・M・ウォーバーグ

写真クレジット:ジキル島博物館

連邦準備制度が考案されたジキル島での秘密会議に出席した6人は、全世界の総資産の4分の1を代表していたと推定される。彼らは以下の通り:

  • 1. ネルソン・W・アルドリッチ、上院の共和党「鞭」、国家通貨委員会委員長、ジョン・D・ロックフェラー・ジュニアの義父;
  • 2. ヘンリー・P・デイヴィソン J.P.モルガン・カンパニーのパートナー;
  • 3. A. ピアット・アンドリュー、財務次官補;
  • 4. フランク・A・ヴァンダーリップ、ニューヨーク・ナショナル・シティ銀行頭取、ウィリアム・ロックフェラーを代表する;
  • 5. ベンジャミン・ストロング、J.P.モルガンのバンカーズ・トラスト・カンパニーのトップで、後にシステムのトップとなる;
  • 6. ポール・M・ウォーバーグは、クーン、ローブ&カンパニーのパートナーで、ヨーロッパのロスチャイルド家とウォーバーグ家を代表していた。

管理

第6部 未来へのタイムトラベル

本書のこれまでのセクションで、私たちは時間を旅してきた。私たちは過去に足を踏み入れることから旅を始めた。数世紀を横断しながら、戦争、裏切り、利益誘導、政治的欺瞞を観察してきた。そして現在に至る。今、私たちはタイムマシンに乗って未来に向かう準備をしている。身の毛もよだつような旅になるだろうし、この先に待ち受けていることの多くは不愉快なものだろう。しかし、それはまだ実現していない。それは現在の力の投影にすぎない。もし私たちが目にしたものが気に入らなければ、その力を変えるチャンスはまだある。未来は私たちが選択したものになるのだ。

第24章 終末のメカニズム

アメリカの繁栄の衰退、政府規模の拡大、個人の自由の減少、税金の増大、これが、アメリカを低開発国との「平等」に基づいて世界政府に統合することを望むエリート支配グループによる計画通りであるという証拠、環境保護主義運動がその計画の発露であることが示されている。

本1冊分の歴史はこれで十分だ。今こそタイムマシンの座標をリセットし、未来へと旅立つ時だ。そのスイッチを入れる前に、最後にもう一度周囲を見回してみよう。未来は現在によって形作られる。私たちが今どこにいるかが、これからどこに行くかを左右するのだ。

借金まみれ

現代の最も明白な特徴のひとつは、借金漬けになっていることだ。連邦赤字は1950年以来着実に増え続け、その増加率は垂直上昇の一途をたどっている。政府が初めて1兆ドルを借りるまでに198年かかった。その後、レーガン政権下を中心にわずか12年で、さらに3兆ドルを借りた。ジョージ・W・ブッシュ政権の初年度には、9月11日のテロ攻撃以前にもかかわらず、連邦債務は5兆8000億ドル以上に膨れ上がっていた。2010年には、すべての負債を含めると202兆ドルにまで膨れ上がった1。

このような数字を理解するのは難しい。このような数字を理解するのは難しい。5100枚の札束を40インチの高さに積み上げれば、あなたは億万長者だ。202兆ドルは12万7,000マイル(約127,000キロメートル)以上、宇宙空間に舞い上がることになる。あなたがこれを読むころには、その後のCFR政権の支出を経て、それは月に到達しているだろう。

2006年までに、国債の利払い総額は年間4060億ドルに達した。国防費よりも大きく、農務省、教育省、エネルギー省、住宅都市開発省、内務省、司法省、労働省、州政府、運輸省、退役軍人省の合計費用よりも大きい。

これらの費用は政府が負担しているのではなく、あなたが負担しているのだ。税金とインフレで賄うのだ。現在、4人家族で約5,000ドルかかっている。すべての家族がインフレによって支払っているが、すべての家族が税金を支払っているわけではない。したがって、納税者である各家族の負担額は高くなる。平均して、毎年5,000ドル以上があなたの家族から搾取されているのだが、それは政府サービスを提供するためでも、過去の借金を返済するためでもない。道路や政府の建物でさえも、それによって生み出されるものはない。福祉や医療給付もない。給与も支払われていない。国民の生活水準が上がることもない。利子を支払う以外には何もしない。

さらに、利子は複利である。つまり、政府が赤字支出を完全に止めたとしても、すでに存在する部分の利子の結果として、負債総額は増え続けるのだ。2006年、国債の利子は、個人所得税で徴収される歳入の39%をすでに消費していた3。

驚くべきことではないか。国債の利子がなければ、個人所得税を3分の1に削減できるほどの貯蓄ができ、法人税も削減できるだろう。残念なことに、現在の政策とプログラムでは、議会は収入の範囲内で生活していないため、そうはならない。多くの経費は税金からではなく、国債を売って毎年借金を増やしているのだ。だから、個人所得税を削減できるほど節約できたとしても、十分ではない。現在の生活を維持するためには、政府はまだ赤字なのだ。しかし、官僚機構の規模と範囲の縮小を同時に達成すれば、個人所得税と法人所得税を廃止することができ、政府は毎年黒字になる4。

破滅のメカニズム

残念ながら、機関車は逆方向に走っている。残念ながら、機関車は逆方向に走っている。2008年までに、連邦政府の支出は国家経済の4分の1になった。現在、政府のために働く人の数は、民間部門の製造業よりも2倍近く多い。銀行員よりも銀行監督官の方が多く、農民よりも農協職員の方が多く、受給者よりも生活保護管理者の方が多い。政府の小切手を受け取る国民の数は、所得税を納める国民の数を上回っている。

1996年までに、29の州では福祉給付金が平均的な秘書の賃金よりも高く、6つの州ではコンピューター・プログラマーの初級賃金よりも高かった。人々が自分自身への富の移転に投票できるようになると、投票箱は多数派が少数派を略奪する武器となる。そこが戻れないポイントであり、システムが自滅するまで破滅メカニズムが加速し始めるポイントなのだ。略奪された人々は、その重荷を背負うことに疲れ果て、ついには略奪者に加担する。最後には、国家だけが残る。

破滅のメカニズムは、政府内部でも機能している。1992年までに、連邦政府支出の半分以上が受給権に使われるようになった。1992年までに、連邦政府支出の半分以上が、メディケア、社会保障制度、退職金制度など、将来の支払い約束に基づく支出であった。

だからといって、これらを廃止することはできない。例えば、エンタイトルメントには年間240億ドルのフードスタンプが含まれている。これらを継続する契約上の義務はなく、政治的な便宜が図られているだけだ。今までに、ほとんどのアメリカ人は食料品店の列に並び、前の恰幅のいい客がフードスタンプを使ってアイスクリームとプレッツェルを買い、ワイン2本を現金で支払い、後期型の車で走り去るのを見たことがあるだろう。フードスタンプ・プログラムの政治的機能は、飢えた人々を助けることではなく、票を買うことである。

社会保障制度やメディケア制度など、契約上の義務を伴う制度は、より効率的に運営するだけでなく、より高額な給付を行う民間企業に委ねることができる。しかし議会は、票を失うことを恐れて、これらの権利に手をつけようとしない。

通常、この種の将来債務の契約では、発行者は将来の支払い期限が来たときに十分な資金を確保できるよう、基金に資金を積み立てることが法律で義務付けられている。連邦政府はその法律を守っていない。資金は紙の上にしか存在しない。将来の債務のために入ってきたお金はすぐに使われ、政府の借用書に取って代わられる。そのため、将来の支払期限が来ると、その資金はすべてその時点で徴収されている歳入から捻出しなければならない。

ここに破滅のメカニズムがある。これらの債務は、将来の税金やインフレから支払われることになる。公的債務は現在、連邦支出全体の52%を占め、毎年12%の割合で増加している。これに現在国債の利払いに使われている14%を加えると、連邦政府の支出の3分の2はすべて自動的なものであり、その割合は毎月増加しているという驚くべき結論に達する。

仮に議会が通常予算の支出プログラムをすべて中止し、軍隊を解体し、すべての省庁と局を閉鎖し、すべての補助金を停止し、ホワイトハウスを含むすべての建物を板張りにしたとしても、現在の支出を3分の1しか削減できないだろう。そのわずかな額でさえ、毎年10~12%ずつ縮小しているのだ。これは最良のシナリオである。現実のケースは、議会が裁量支出を中止するのではなく、加速させていることである。統計アナリストでなくとも、この傾向がどこに向かっているのかを理解できるだろう。

しかし、最大の破滅的メカニズムは連邦準備制度である。硬貨、通貨、小切手帳を含む通貨供給量の1セント1セントが、誰かに貸し出される目的で誕生したことを思い出すだろう。これらのドルはすべて、融資が返済されれば消滅する。負債が存在する限り、存在し続けるのだ。貨幣のピラミッドの下には、その構造全体を支えている、いわゆる準備金があり、これはFRBによる債務の貨幣化を表している。もし我々が国の借金を返済しようとすれば、それらの準備金も消え始め、通貨供給は弱体化するだろう。FRBは世界の金融市場に奔走し、米国の証券を企業や他国の債券と交換しなければならなくなる。技術的には可能だが、その影響は壊滅的だろう。議会は、国債をなくしたいと思っても恐ろしくてできないだろう。

これが破滅のメカニズムだ。その仕組みを理解しなければ、未来への旅に備えることはできない。そこで繰り広げられる光景はあまりにも異様で、衝撃的な出来事に見えるだろう。私たちは、タイムマシンの故障を確信するだろう。

国の借金は誰のものか?

国債の利子について心配する必要はない、と言われてきた。誰が誰に何を借りているのかを見てみよう。FRBは長年、国債の約9%しか保有していなかった。連邦政府機関は28%を保有していた。外国人投資家が約43%(2002年の数字)、米国の民間投資家が残りを保有していた。2010年までに、外国人投資家は米国が借用書を履行する能力に対する信頼を失い、財務省の入札に応じなくなった。FRBはその差額をマネタイゼーション(無からお金を生み出す)する義務を負い、8月までに国債の80%を「購入」した6。

「われわれは自分自身に借りがある」というのは一部真実だが、「われわれ全員が、われわれの一部に借りがある」と言った方が正確だ。その一部の人とは、州所得税が免除される所得を求める個人投資家や、銀行、企業、保険会社、投資ファンドなどの大規模な機関投資家である。機関投資家の場合、資金は何千人もの小口投資家の資産をプールしたものである。つまり、国債の利子の大部分は、アメリカ国民の大部分に利益をもたらしているのである。

これは良いニュースだ。悪いニュースは、そもそも政府が私たちからお金を没収することによって、私たちに支払うお金の全額を手に入れているということだ。もし私たちが自分たちに借りがあるのが本当なら、私たちが自分たちに支払うのもまた本当なのだ。お金は一方のポケットからもう一方のポケットに戻る。政府は税金とインフレで我々から1,000ドルを取り、350ドルを我々に返す。いわゆる「恩恵」は幻想なのだ。

さらに悪いニュースがある: 人々が国債を購入すると、民間産業に投資できる資金が減る。政府の信用が民間の信用を「クラウディングアウト」させることはよく知られている。その結果、投資資金をめぐる不公平な競争によって、国家の生産性が低下するのだ。成長のための新たな資金を得るために、民間企業は高い金利を支払わなければならない。これは物価上昇という形で消費者に転嫁される。多くの企業は事業拡大計画の縮小を余儀なくされ、潜在的な新規雇用は創出されない。完全に廃業に追い込まれる企業もあり、従業員は失業する。経済は常に政府債務によって滞っている。負債が大きければ大きいほど、ダメージは大きくなる。

国債の43%を外国人投資家が保有しているが、これは大きな痛手だ。兆3千億ドルは無視できない。これらの国債が満期を迎えると、この先深刻な問題になる可能性がある。これまでのところ、これらの国債はすでに存在する資金で購入されたため、部分的には恵まれていた。したがってインフレにはならなかった。しかし、将来、国債保有者が更新を見送るような状況になることは想像に難くない。政府の安定性が疑問視されたり、大規模なテロ攻撃によって米国の生産力が脅かされたりしたらどうなるだろうか。国債を満期償還するためには、財務省は新しい国債を発行しなければならない。連邦準備制度理事会(FRB)は、その新しい国債を不換紙幣で購入しなければならない。したがって、外債は時限爆弾なのだ。連邦準備制度理事会(FRB)が国債を買い取ることになれば、わが国へのインフレの影響はとてつもないものになるだろう。

何が違うのか?

このような傾向について、ある種の冷めた目で読む傾向がある: 面白いじゃないか!しかし、どこに関連性があるのだろうか?専門的で抽象的な話になぜ熱中するのか?もし政府が借金まみれだったらどうだろう?利子が払われなくなることを誰が気にするだろうか?世界通貨や世界政府ができたとしても、それがどうした?私に何の違いがあるのだろうか?

これらの疑問に答えるための第一歩は、すでにどのような違いが生じているのかを知ることだ。今度の未来への旅は、その延長線上にある。

環境災害の終末的予測に基づき、政府は民間企業に廃棄物除去のための負担を強いてきたため、かつてはアメリカの繁栄の柱であった重工業が国外に流出してしまった。マダラフクロウや砂漠のカンガルーネズミの生息地を心配するあまり、何百万エーカーもの木材や農地が生産されなくなった。高い税金、職場の安全装置に関する非現実的な規則、いわゆる公正雇用慣行、強制的な健康保険は、アメリカの民間産業に残されたものを急速に破壊している。その結果、何百万人ものアメリカ人労働者が失業し、職を失っている。

社会保障を含む連邦税は、今や私たちの個人所得の40%以上を占めている。さらに州税、郡税、地方税が上乗せされている。インフレは残ったものを食い物にする。私たちは1年の半分を政府のために費やしているのだ。

1977年にAFL-CIOが実施した調査では、ドルベースの賃金が上昇しているにもかかわらず、平均的なアメリカ人の実質賃金(そのドルで買えるもの)は下がっていることが明らかになった。この傾向は1980年の国勢調査でも確認されている。1992年、消費者組合は、30年前と比較して、一般的な商品を買うために何時間働かなければならないかを分析した。報告書はこう結論づけている:

米国の平均的な世帯が生活水準を維持しているのは、家族の労働時間が増えたことが大きい。過去25年間に何百万人もの女性が労働力に加わった。1970年には約2100万人の女性がフルタイムで働いていた。今ではその図が3,600万人を超えている。そのおかげで、家庭の購買力はかなり安定している。しかし、多くの家庭にとって、それは今や1人の労働力ではなく、2人の労働力を意味するのである7。

1999年、エコノミック・ポリシー・インスティテュート(The Economic Policy Institute)が発表した報告書によると、アメリカの平均的な中流家庭の労働時間は、1989年の調査開始時よりも毎年平均6週間長くなっている。しかし、それでもまだ十分ではなかった。以前の生活スタイルを維持するために、これらの家庭は最後の貯蓄を使い果たし、借金をするようになったのである。1999年、個人の平均貯蓄率はついにマイナス1%になった。つまり、見せかけの繁栄は借金で賄われているのだ。

ここでのメッセージは、アメリカの実質賃金が低下しているということだ。単身赴任の若い夫婦の生活水準は、彼らの両親の生活水準よりも低くなっている。収入が2つあるにもかかわらず、平均的な世帯の純資産は減少している。多くの世帯の純資産はマイナスになっている。アメリカ人の持ち家率は低下している。初めて住宅を取得する年齢は上昇している。住宅ローンの差し押さえが増加している。中流家庭の数は減少している。貯蓄残高は減少している。家族の負債が増加している。公式に定義された貧困レベル以下の人口が増加している。65歳を超えて働く人の割合が増加している。個人破産は離婚と同じくらい多い。ほとんどのアメリカ人は65歳で破産する。

新世界秩序

どれも偶然に起こっていることではない。第5章と第6章では、国連の枠組みの中で機能的な世界政府を作るという、現在進行中の計画が記録されている。しばしば新世界秩序と呼ばれるこの世界政府は、集団主義の原則に基づいて設計されている。それは、世界の社会主義理論家、政治家、技術者にとっての夢の実現であり、彼らはそれを人類に対する社会実験のための究極の実験室とみなしている。

国連では2つの権力機構が準備されている。ひとつは、最終的にすべての国の軍隊と超兵器を管理する軍事司令部である。それは平和と軍縮のスローガンの下で達成されようとしている。もうひとつは、現在IMF/世界銀行と呼ばれている世界中央銀行で、すべての国が受け入れなければならない共通の貨幣を発行する能力を持つ。これは、国際貿易と経済成長というスローガンの下で実現されている。

この2つのメカニズムのうち、通貨管理はより重要である。軍事力の行使は、世界政府の武器庫の中では、最後の手段としてのみ使われる粗末な武器と見なされている。通貨管理の効果は、メガトン級の原子エネルギーよりも強力だ。常備軍では決して達成できない偉業である。国家や集団、あるいは一個人に対してさえも、他のすべての人々を免除したり利益をもたらしたりしながら、正確に行使することができる。軍事力は抵抗できないかもしれないが、恨みや政治不安を引き起こし、何十年もくすぶり続けることになる。金融操作は被害者に理解されることはほとんどないため、被害者の怒りを買うことはない。実際、操る側は高い社会的地位と経済的報酬を享受している。このような理由から、通貨操作は新世界秩序で選択される武器なのである。

最小限の強制と最大の自由というコンセプトに基づく未来の世界議会は、人類にとって素晴らしい到来となるだろう。すべての国々を中央集権的な蜂の巣に詰め込もうとせず、文化的・宗教的多様性を歓迎するだろう。世界を規則、規制、割当、補助金といった集団主義的な直線的なジャケットに収めようとするのではなく、多様性と選択の自由を奨励するのだ。考えうるあらゆる経済活動に対してますます大きな税金を課し、その過程で人間の意欲を破壊するのではなく、すでに存在する税金を減らし、それによって生産と創造性を刺激することを加盟国に奨励する。

自由という概念に特化した世界議会は、国民の基本的権利を侵害するいかなる政府からも加盟を拒否しなければならないだろう。世界議会は、全体主義的な政府に対して、世界組織に受け入れられるという経済的・政治的利点を得るために、抑圧的な政策を放棄するよう促す手段となりうる。新世界秩序は、平和と繁栄、そして自由を実現するための最大の力となるだろう。

しかし、現在国連で孵化しつつある新世界秩序は、まったく別の生き物である。そのメンバーは、世界中のあらゆる独裁者と軍閥を代表している。その理念は、すべての善は国家から生まれるという社会主義の教義の上に成り立っている。適合しない者は政府の意向に従わなければならないし、排除されなければならない。全体主義であるという単純な理由から、全体主義に反対することはできない。

アメリカは標的である

アメリカが単独で行動できる限り、新世界秩序は機能的な現実にはならない。アメリカは、陶磁器店の中の牛のように見られている。現在、アメリカは安全にコントロールされているが、世界の計画者たちは、将来アメリカが暴れるのではないかと心配している。もしアメリカ国民が世界政治の現実に目覚め、自国政府に対する支配力を取り戻したとしても、アメリカはまだ脱走するための軍事力と経済力を持っている。したがって、世界のプランナーの間では、アメリカを軍事的にも経済的にも弱体化させることが最重要指令となっている。そしてこの指令は、他国の指導者ではなく、アメリカの指導者から出されている。ホワイトハウス、国務省、国防総省、財務省に居座るCFRのメンバーは、現在この計画の最終決定に取り組んでいる。これは、一旦十分な勢いを得れば、後戻りのできない臨界点を通過するであろう、もうひとつの終末メカニズムである。

朝鮮戦争は、アメリカ兵が国連の権限で戦った最初の戦争だった。その流れは加速し、今ではイラク、ユーゴスラビア、ボスニア、ソマリア、ハイチでの軍事行動を含んでいる。アメリカ軍が国連に吸収される一方で、アメリカの原子兵器を引き渡すための措置も進められている。そうなれば、終末装置が作動する。逃げ遅れてしまうのだ。

同様に、IMF/世界銀行はすでに連邦準備制度と連携して、世界の中央銀行として機能している。アメリカ経済は、外国へのばらまき、終わりのない戦争、国内での大盤振る舞いによって、意図的に疲弊させられている。その目的は、困っている人々を助けることでも、自由を守ることでも、環境を保全することでもなく、システムを崩壊させることにある。かつては誇り高く自立していたアメリカ人が、炊き出しの列に並ぶようになれば、世界銀行による周到に準備された「救済」を受け入れる準備が整うだろう。ユーロはすでに地域通貨として導入されている。次はアメロだ。これらは計画された世界通貨への移行にすぎない。これらからも逃れることはできないだろう。

アイアンマウンテンからの報告

これらの策略の中身は、1966年に発表された「アイアンマウンテンからの報告書」と呼ばれるシンクタンクの研究にたどり着くことができる。この報告書の出所については議論が多いが、この文書自体が、ロバート・マクナマラ国防長官の下で国防総省の委託を受け、ニューヨーク州クロトン・オン・ハドソンにあるアイアンマウンテンの麓にあるハドソン研究所が作成したものであることを示唆している。ハドソン研究所は、元ランド社のハーマン・カーンによって設立され、指揮を執った。マクナマラもカーンもCFRのメンバーだった。

この研究所の自称目的は、「社会を安定させる」ためのさまざまな方法を探ることだった。そのように聞こえるかもしれないが、報告書を読むと、社会という言葉が政府と同義に使われていることがすぐにわかる。さらに、安定させるという言葉は、維持する、永続させるという意味で使われている。この研究の本質が、政府が権力を永続させるさまざまな方法、国民をコントロールし、反乱を防ぐ方法を分析することであることは、最初から明らかだ。

報告書の冒頭で、道徳は問題ではないと述べられている。また、自由や人権といった概念も扱わなかった。イデオロギーも、愛国心も、宗教的戒律も問題ではなかった。その唯一の関心事は、既存の政府をいかに永続させるかということだった。報告書はこう述べている:

これまでの研究では、平和の望ましさ、人命の重要性、民主主義制度の優越性、最大多数のための最大「善」、個人の「尊厳」、最大限の健康と長寿の望ましさ、その他の希望的前提を、平和問題の研究を正当化するために必要な公理的価値としてきた。われわれは、そのような価値観を見出すことはできなかった。私たちは、物理科学の基準を私たちの思考に適用しようと試みた。物理科学の主な特徴は、一般に信じられているような数量化ではなく、ホワイトヘッドの言葉を借りれば、「…価値判断、たとえば美的判断や道徳的判断をすべて無視することである」8。

報告書の主要な結論は、過去において、戦争がその目標を達成するための唯一の確実な手段であったというものである。戦争の時、あるいは戦争の脅威がある時だけ、大衆は文句を言わずに政府のくびきを担えるほど従順になるのだと、この報告書は主張している。敵による征服と略奪の恐怖は、それに比べれば、ほとんどどんな重荷も容認できるように思わせる。戦争は、人間の情熱や、国家の指導者に対する忠誠心といった愛国的感情を呼び起こすために利用できる。勝利のためならどんな犠牲も厭わない。抵抗は反逆とみなされる。しかし、平和な時代になると、人々は高い税金や不足、官僚の介入に憤りを覚えるようになる。指導者を軽んじるようになると、危険な存在になる。敵や武力衝突なしに存続してきた政府はない。したがって、戦争は 「社会を安定させる」ための不可欠な条件なのである。これは報告書の言葉そのもの:

戦争制度は、国家が独立した政治主体として存在するために不可欠であっただけでなく、安定した政治構造にとっても同様に不可欠であった。戦争がなければ、いかなる政府も自国の「正統性」、すなわち社会を支配する権利について納得を得ることはできなかった。戦争の可能性は、いかなる政府も権力の座に長くとどまることができない外部からの必要性を感じさせる。歴史的な記録を見ると、ある政権が戦争の脅威の信頼性を維持できなかったために、私利私欲や社会的不公正への反動、あるいはその他の崩壊的要素によって、その政権が解体された例が次々と明らかになっている。戦争の可能性に備えて社会を組織することは、社会の主要な政治的安定化要因である。戦争は、社会が必要な階級区分を維持することを可能にし、国民性の概念に内在する残存戦争力によって、市民の国家への従属を保証してきた9。

平和の新しい定義

報告書は次に、私たちは歴史の中で、古い方式がもはや通用しなくなるかもしれない時点に近づいていると説明する。なぜか?すべての国が武装解除され、世界軍隊によって規律づけられる世界政府を作ることが可能になるかもしれないからだ。報告書はこう述べている。「以下のページで用いた平和という言葉は、…完全かつ一般的な軍縮を意味する」10。このシナリオでは、独立国家はもはや存在せず、各国政府は戦争を行う能力を持たない。反抗的な政治的下部組織に対する世界軍による軍事行動はありうるが、それは平和維持活動と呼ばれ、兵士は平和維持者と呼ばれるだろう。どれだけの財産が破壊され、どれだけの血が流されようとも、銃弾は「平和的」な銃弾であり、必要であれば原爆でさえも「平和的」な爆弾である。

そして報告書は、戦争に代わる適切な手段があるのだろうかという疑問を投げかける。地域政府は、そして世界政府自身は、自らを正当化し永続させるために、他に何を利用できるのだろうか?この疑問に対する答えを出すことが、この研究の目的である。

『アイアンマウンテンからの報告書』は、戦争が3つの特性を備えていない限り、戦争に代わるものはないと結論づけている。(1)経済的に浪費的であること、(2)非常に大きな脅威であること、(3)政府への強制的な奉仕の論理的な口実を提供すること、である。

洗練された奴隷制度

強制兵役について報告書は、常備軍の利点のひとつは、政府が社会の反社会的・反体制的要素を置く場所を提供することだと説明している。戦争がなければ、これらの強制労働大隊は、貧困と戦っているとか、地球をきれいにしているとか、経済を強化しているとか、他の方法で公共の利益に奉仕していると言われるだろう。特に、若者が権威に対して最も反抗的な時期には。高齢者も徴兵され、納税や罰金を免除される。反体制派は「ヘイトクライム」や政治的に正しくない態度に対して重い罰金を科されるため、最終的には全員が強制労働大隊に入ることになる。報告書にはこうある:

われわれは、反社会的な要素に社会構造で受け入れられる役割を与えるための、古くからの軍事組織の利用について検討する。現在の婉曲的な決まり文句である「少年非行」や「疎外感」は、どの時代にも対応するものがあった。その昔、こうした状況は、正当な手続きを経ることなく軍によって直接対処され、たいていは報道ギャングや完全な奴隷化を通じて行われていた……。

社会的に疎外された人々を統制するという戦後の問題に対して、明示的であろうとなかろうと、ほとんどの提案は、平和部隊やいわゆる職業部隊のようなものに解決策を求める。社会的に不適格な者、経済的に不適格な者、心理的に不適格な者、筋金入りの「非行少年」、どうしようもない「破壊活動家」、その他雇用されない者たちは、軍隊の先例を手本にした奉仕活動の規律によって、多かれ少なかれ献身的な社会奉仕労働者に変身すると考えられている……。

社会の潜在的な敵を管理するためのもう一つの代用品は、現代の技術や政治過程に合致した何らかの形で、奴隷制を再導入することである。洗練された形態の奴隷制の発展が、平和な世界における社会統制の絶対的な前提条件となる可能性は十分にある。実際問題として、軍規を婉曲化された奴隷制の形に変えることは、驚くほどわずかな修正で済むだろう。論理的な第一歩は、何らかの形の「普遍的」兵役を採用することだろう11。

血のゲーム

報告書は、国民が政治的議論や抵抗に参加する暇がないように、重要でない活動に夢中になる方法を検討した。レクリエーション、くだらないゲーム番組、ポルノ、シチュエーション・コメディなどが重要な役割を果たす可能性があったが、血液ゲームがすべての選択肢の中で最も有望であると考えられた。ブラッドゲームとは、個人間またはチーム間の競争イベントで、観客が自分のフラストレーションを身をもって解消できるような、十分に暴力的な性質のものである。最低限、このようなイベントは、ファンの側に熱狂的なチームへの忠誠心を呼び起こすものでなければならず、選手側には痛みや負傷を予期させるものでなければならない。さらにその目的には、血を流し、死ぬ可能性があることが望ましい。庶民は暴力と血に病的な魅力を感じている。群衆は「飛べ!飛び降りろ!」とホテルの屋上の自殺志願者に向かって叫ぶ。高速道路では、衝突の横で壊れた死体に見とれるために、車が減速して停止寸前になる。校庭で喧嘩をすれば、たちまち観客の輪ができる。ボクシングの試合、フットボールの試合、ホッケーの試合、自動車レースは毎日放映され、何百万人もの応援団を引きつけている。彼らは、危険な瞬間、顔面への怒りの一撃、骨折、ノックアウト、意識不明の選手や瀕死の選手を運び去る瞬間などに、熱狂的な関心を寄せている。こうすることで、「社会」に対する怒りは和らぎ、代わりに相手チームに集中する。ローマの皇帝たちがサーカスや剣闘士コンテスト、野獣による公開処刑を考案したのは、まさにそのためだった。

現代においてそのようなコンセプトは不合理だという結論に飛びつく前に、1985年にベルギーで開催されたサッカーの欧州選手権で、観客が競技に感情移入するあまり、観客席で血なまぐさい暴動が発生し、38人の死者と400人以上の負傷者を出したことを思い出してほしい。U.S. News & World Report』はこのように伝えている:

トラブルの根源: ホームチームに対する部族的な忠誠心は強迫観念を超え、多くの人々にとって宗教の代用品になっていると専門家は言う。最も悪いのは、チェルシーの「対人ファーム」のようなギャングのメンバーで、サッカーのライバル関係に退屈からの逃避を見出す、教育を受けていない若い男性で構成されている。

それでも、イギリス人はサッカーの暴力について特許を持っているわけではない。1964年にペルーのリマで起きたスタジアム暴動では300人以上が死亡し、1969年のエルサルバドルとホンジュラスの試合では、両国の間で1週間にわたる銃撃戦が繰り広げられ、何百人もの死傷者が出た。

アメリカは、大好きなスポーツであるフットボールの暴力的な試合が批判されるが、忠誠心が多くのスポーツに分散しており、国のプライドがかかっていないため、観客席での爆発はまれである。カリフォルニア州サンノゼ州立大学のトーマス・タトコ教授(心理学)は言う: 「他の国々では、かつては軍隊だった。他の国々では、かつては軍隊だった。今は情熱をかき立てるのは競技チームだ」12。

アイアンマウンテンからの報告書は、血のゲームのあらゆる影響を考慮した結果、血のゲームは戦争の適切な代替物ではないと結論づけた。暴力的なスポーツが気晴らしになり、退屈しのぎや熾烈な集団への忠誠心のはけ口になるのは事実だが、国民の精神に与える影響は戦争ヒステリーの激しさには及ばない。より良い代替案が見つかるまでは、世界政府は先送りされ、各国は戦争を続けなければならない。

信頼できる世界の脅威を見つける

戦時下においては、ほとんどの国民は生活の質の低さを甘んじて受け入れ、指導者に激しく忠誠を誓う。戦争に代わる適切なものが見つかるとすれば、それもまた同じ反応を引き出すものでなければならない。したがって、全世界を脅かす新たな敵を見つけなければならない。そして、その敵に打ち勝つ見込みは、戦争そのものと同じくらい恐ろしいものでなければならない。報告書はその点を強調している:

忠誠には大義が必要であり、大義には敵が必要である。これだけは明らかだ。重要な点は、大義を定義する敵が本当に恐ろしく見えなければならないということである。大雑把に言えば、ある社会に対する個人の忠誠心を正当化するのに十分な「敵」の力は、その社会の規模や複雑さに比例したものでなければならない。もちろん今日、その力は前代未聞の大きさと恐ろしさを持つものでなければならない13。

グローバルな敵としてふさわしい脅威を見つけるためにまず考慮したのは、それが実在する必要はないということだった。もちろん本物の方が良いが、大衆が本物だと確信できるのであれば、作り出されたものでも十分である。大衆は、ある作り話を他の作り話よりも容易に信じるだろう。真実よりも信頼性の方が重要なのだ。

貧困は潜在的な世界的敵として検討されたが、恐怖が足りないとして却下された。世界の大半はすでに貧困状態にあった。貧困を経験したことのない人たちだけが、貧困を世界的な脅威とみなすだろう。それ以外の人々にとっては、貧困は単なる日常生活の事実だった。

宇宙からのエイリアンによる侵略は真剣に検討された。報告書によれば、すでにそのような実験が試みられている可能性があるという。しかし、その脅威は 「信頼できる」ものではなかったため、人々の反応は十分に予測できるものではなかった。報告書はこう述べている:

戦争に代わる政治的手段を開発するという問題の核心は、実は信頼性にある。多くの点で、戦争の経済的代用品として非常に適している宇宙開発競争が、この点で不十分なのである。どんなに野心的で非現実的な宇宙開発計画でも、それ自体で信じられるような外的脅威を生み出すことはできない。そのような脅威は、他の惑星や宇宙からの「生物」による破壊の危険から人類を団結させることで、「平和の最後の望み」などを提供するだろうと熱く論じられてきた。近年の説明の難しい「空飛ぶ円盤」事件のいくつかは、実はこの種の初期の実験であった可能性がある。もしそうなら、勇気づけられるとは到底思えない14。

この報告書が発表されたのは1966年のことで、当時は宇宙人の存在など一般人には遠い話に思えた。しかし、その後の数年間で、その認識は変わった。現在では、知的生命体が地球の外側に存在し、我々の文明を監視しているかもしれないと考える人が増えている。その信念が正しいか間違っているかは、ここでは問題ではない。重要なのは、ネットワーク・テレビで放映される異星人との劇的な遭遇が、たとえそれがハイテク・コンピューター・グラフィックスや上空でのレーザー・ショーによって完全にでっち上げられたものであったとしても、地球を侵略から守るためとされる世界政府を発足させるために、すべての国を駆り立てるために利用される可能性があるということだ。一方、異星人が平和的な意図を持っていると認識された場合、別のシナリオとしては、統一された人類種を代表する世界政府を形成し、ある種の銀河連邦の中で一つの声で発言することになるだろう。どちらのシナリオも、1966年よりも今日の方がはるかに信憑性が高いだろう。

環境汚染モデル

世界的な脅威の最後の候補は、環境汚染であった。これは、スモッグや水質汚染など、観測可能な状況に関連づけることができるため、つまり、部分的に事実に基づいているため、信憑性があるため、成功する可能性が最も高いと考えられた。つまり、部分的には事実に基づいているため、信憑性があるということだ。

原子戦争と同じくらい恐ろしい地球滅亡のシナリオを示すことができる。これらの予測の正確さは重要ではない。その目的は怖がらせることであり、知らせることではない。予測に説得力を持たせ、他国からの侵略者よりも、あるいは宇宙からの侵略者よりも恐ろしい新たな敵との戦いに大衆の意識を集中させるために、意図的に環境を汚染することさえ必要かもしれない。大衆は、生活水準の低下、増税、官僚による生活への介入を、単に「母なる地球を救うために支払わなければならない代償」として喜んで受け入れるだろう。地球汚染による死と破壊に対する大規模な戦いは、社会統制を正当化するものとして、戦争に取って代わるかもしれない。

アイアンマウンテンからの報告書は本当にそう言っているのだろうか?確かにそうだ。以下はその一部:

戦争に代わる信頼に足るものを想定する場合……「代わりの敵」は、より直接的で、具体的で、破壊の脅威を直接感じられるものでなければならない。それは、人類が関心を寄せる広範な分野において、「血の代償」を払う必要性を正当化するものでなければならない。この点で、先に述べたような代わりの敵では不十分である。一つの例外は、環境汚染モデルかもしれない。もしそれが社会にもたらす危険が本当に差し迫っているのであれば。架空のモデルは、並外れた信念の重みを持ち、少なからぬ実際の犠牲を伴うものでなければならないだろう……。例えば、環境汚染がやがては核兵器による大量破壊の可能性に取って代わり、種の存続を脅かす主要な脅威となるかもしれない。大気の汚染、食糧や水の主要供給源の汚染はすでに進んでおり、一見したところ、この点では有望であるように思われる。

この目的のために、汚染率を選択的に高めることができるのは事実である。しかし、公害問題は近年あまりにも広く知られるようになったため、意図的な環境汚染プログラムを政治的に受け入れられやすい方法で実施することは、まず不可能だと思われる。

これまで述べてきたような代替可能な敵がいかにありそうにないものであったとしても、社会の崩壊なしに平和への移行を実現するためには、信頼に足る質と規模のものを見つけなければならないことを強調しなければならない。私たちの判断では、そのような脅威を作り出さなければならない可能性の方が高い15。

報告書の信憑性

アイアンマウンテンからの報告書は、15人からなる特別研究グループによって作成され、その身元は秘密とされ、公表されることは意図されていなかったと記されている。しかし、このグループのメンバーの一人は、この報告書は秘密にしておくにはあまりに重要だと感じていた。彼はその結論に異論はなかった。ただ、もっと多くの人に読んでもらうべきだと考えたのだ。彼は、有名な作家でありコラムニストでもあるレナード・ルウィンに私物を届け、ダイヤル・プレス社からの出版を交渉した。その後、デル出版から再版された。

当時はジョンソン政権の時代で、大統領の国家安全保障問題担当特別補佐官はCFRメンバーのウォルト・ロストウだった。ロストウはすぐに、この報告書は偽作であると発表した。CFRのハドソン研究所所長ハーマン・カーンは、この報告書は本物ではないと述べた。CFRのメンバーであるキャサリン・グラハムが経営する『ワシントン・ポスト』紙は、この報告書を「楽しい風刺」と呼んだ。CFRのメンバーであるヘンリー・ルースが創刊した『タイム』誌は、巧みなデマだと言った。そして1967年11月26日、ハーバード大学教授ジョン・ケネス・ガルブレイスのペンネームであるハーシェル・マクランドレスが、ワシントン・ポスト紙の書評欄でこの報告書を評した。CFRのメンバーでもあったガルブレイスは、報告書に参加するよう招待されていたため、報告書の信憑性を直接知っていたという。彼は公式のグループには参加できなかったが、折に触れて相談を受け、プロジェクトの秘密を守るよう求められていた。さらに、彼はこの報告書を世間に公表することに疑問を抱いていたが、その結論には全面的に同意していた。彼はこう書いている:

私の個人的な評判をこの文書の信憑性の裏付けとするように、私はその結論の正当性を証言する。私が懸念しているのは、明らかに無条件の一般大衆にこの報告書を公開することの賢明さだけである16。

6週間後、ガルブレイスはロンドンからのAP通信で、さらに踏み込んで、自分が「陰謀の一員」であることを冗談めかして認めた17。

しかし、それでも問題は解決しなかった。翌日、ガルブレイスは撤回した。「陰謀」発言について尋ねられると、こう答えた: チャールズ2世以来、初めて『タイムズ』紙が誤引用の罪を犯した。ディーン・ラスクかクレア・ブース・ルース夫人が書いたものだという私の確信を揺るがすものは何もない」18。

最初のインタビューを行った記者は、この疑惑に困惑し、さらに調査を行った。その6日後、彼が報告したのがこれ:

誤引用はガルブレイス教授が陥りやすい危険のようだ。ケンブリッジの新聞『バーシティ』の最新号は、次のようなやりとりを引用している(テープ録音):

インタビュアー 「アイアン・マウンテンからの報告』の著者の身元を知っているか?

ガルブレイス 「私は陰謀のメンバーではあったが、著者ではなかった。前書きを書いたのはルーイン氏だとずっと思い込んでいた」19。

つまり、少なくとも3回にわたって、ガルブレイスは報告書の信憑性を公に支持したが、自分が書いたことは否定したのである。では誰が書いたのか?やはりレナード・ルーインだったのだろうか?1967年、彼はそうではないと言った。1972年、彼は自分が書いたと言った。ニューヨーク・タイムズ紙のブックレビューに寄稿し、ルーウィンはこう説明している: 報告書』はすべて私が書いたものだ。私が意図したのは、単に戦争と平和の問題を挑発的に提起することだった」20。

しかし、ちょっと待ってほしい!その数年前、コラムニストのウィリアム・F・バックリーはニューヨーク・タイムズ紙に、自分が著者だと語っていた。この発言は間違いなく皮肉交じりになされたものだが、私たちは誰の何を信じればいいのだろうか?ハーマン・カーンが書いたのか、ジョン・ケネス・ガルブレイスが書いたのか、ディーン・ラスクが書いたのか、クレア・ブース・ルースが書いたのか、レナード・ルーインが書いたのか、それともウィリアム・F・バックリーが書いたのか。

最終的な分析では、ほとんど違いはない。重要なのは、『アイアンマウンテンからの報告書』がシンクタンクの研究として書かれたものであれ、政治風刺として書かれたものであれ、私たちを取り巻く現実を説明しているということだ。その出自がどうであれ、そこに示されたコンセプトは現在、ほぼ細部にわたって実行に移されている。片手に報告書、もう片手に日刊紙を持つだけで、アメリカ生活のあらゆる主要なトレンドがこの青写真に準拠していることがわかる。外国援助、無駄遣い、アメリカ産業の破壊、職業部隊、銃規制、国家警察、ソ連権力の明白な崩壊、国連軍、軍縮、世界銀行、世界貨幣、条約による国家の独立の放棄、エコロジー・ヒステリーなど、そうでなければ理解できない多くのことが、突然明らかになるのだ。アイアンマウンテンからの報告』は、すでに私たちの現在を作り出している計画の正確な要約である。アイアンマウンテンからの報告書』は、すでに私たちの現在を作り出している計画を正確に要約している。

環境主義は戦争の代用品である

現在受け入れられている環境破滅の予測が、誇張された詐欺的な 「科学的研究」に基づいていることを証明するのは、この研究の範囲を超えている。しかし、そのような証拠は、生データや予測の根拠となる仮定を調べようと思えば、簡単に見つけることができる。しかし、より重要なのは、なぜCFRが支配するメディアによって、ニセの科学的研究に基づいた、あるいはまったく研究されていない、世界の終末のシナリオが無批判に公表されるのか、あるいは、なぜ社会主義の教義や反ビジネス・プログラムを提唱する急進的な環境保護団体が、CFRが支配する財団、銀行、企業から多額の資金を得ているのか、という疑問である。アイアンマウンテンからの報告書は、こうした疑問に答えている。

報告書が指摘しているように、このような問題では真実は重要ではない。人々が何を信じられるかが重要なのだ。重要なのは 「信頼性」であり、現実ではない。環境汚染という事実には、2千数百年後の地球の破滅を予測させるに十分な真実がある。必要なのはメディアの協力と繰り返しだけだ。この計画はどうやらうまくいったようだ。先進工業国の人々は、ドキュメンタリー、ドラマ、長編映画、バラード、詩、バンパーステッカー、ポスター、デモ行進、演説、セミナー、会議、コンサートストームにさらされてきた。その結果は驚異的なものだった。政治家たちは、環境への配慮と悪質な産業を取り締まるという公約だけを掲げて当選するようになった。経済や国家に与える損害に疑問を呈する者はいない。私たちの住む地球が病み、死にかかっていることに何の違いもない。この大前提に疑問を呈する者は1000人に1人もいない。それが嘘であるはずがない。この運動に参加している映画界の有名人やロックスターを見てみよう。

環境保護運動のフォロワーたちが惑星の破滅のビジョンに夢中になっている間に、リーダーたちが何を考えているのか見てみよう。最初のアースデイは1970年4月22日、リオデジャネイロで開催された「サミット」会合で宣言された。その会議で広く配布されたのが、『環境ハンドブック』と題された出版物だった。この本の主要テーマは、CFRのメンバーであるプリンストン大学のリチャード・A・フォーク教授の言葉によって要約されている。大量破壊戦争、人口過剰、汚染、資源の枯渇である。そして彼は言った: 「この4つの問題の根底にあるのは、20世紀の人類の問題を管理する主権国家の不適切さ: 「国民国家は、一日の午後には互いを破壊しあう力を持っているが、本当に実現可能なのだろうか?より永続的な人間組織のために、多くの人々はどのような代償を払うことになるだろうか-より多くの税金、国旗の放棄、おそらくは苦労して勝ち得た自由の一部の犠牲…」22。

1989年、CFR傘下のワシントン・ポスト紙は、CFRメンバーのジョージ・ケナンが書いた記事を掲載した: 「われわれは、ソ連ではなく、文明生活を支える地球が急速に劣化する時代に備えなければならない」23。

1990年3月27日、CFRが支配する『ニューヨーク・タイムズ』紙に、CFRのメンバーであるマイケル・オッペンハイマーはこう書いた。「地球温暖化、オゾン層破壊、森林破壊、人口過剰は、迫り来る21世紀の黙示録の四騎士である。冷戦が後退するにつれ、環境は国際安全保障上の第一の関心事となりつつある」24。

CFRのメンバーであるレスター・ブラウンは、ワールドウォッチ研究所という別のシンクタンクを率いている。この研究所の年次報告書『世界の現状1991』の中で、ブラウンは「地球を救うための戦いが、イデオロギーをめぐる戦いに代わって、新しい世界秩序の組織的テーマとなるだろう」と述べている25。

1992年の地球サミットの公式発表には、次のような記述がある: 「世界共同体は現在、従来の軍事衝突よりも、環境への影響を通じて、共通の安全保障を脅かす大きなリスクに直面している。

何度説明すればわかるのだろう。環境保護運動はCFRによって作られた。それは戦争の代用品であり、彼らが世界政府の感情的・心理的基盤になることを望んでいる。

人類そのものが標的

ローマクラブは世界的な計画家集団で、毎年、人口過剰と飢饉の予測に基づく世界の終末シナリオを発表している。彼らのメンバーは国際的だが、アメリカのメンバーには、ジミー・カーター、ハーラン・クリーブランド、クレイボーン・ペル、ソル・リノヴィッツといった有名なCFRメンバーがいる。人口過剰に対する彼らの解決策は?世界政府が出生率をコントロールし、必要であれば安楽死を適用する。安楽死とは、老齢者や弱者、そしてもちろん非協力的な人々を意図的に殺すことである。アイアン・マウンテンで進められたのと同じ推論に従えば、ローマクラブは、環境災害への恐怖を、大衆をそのプログラムの背後に団結させる目的で、敵の代用品として使うことができると結論づけた。1991年に出版された『The First Global Revolution(第一次世界革命)』という本には、こう書かれている:

われわれを団結させる新たな敵を探しているうちに、われわれは、公害、地球温暖化の脅威、水不足、飢饉などが、そのような敵に当てはまるという考えに行き着いた……これらの危険はすべて人間の介入によって引き起こされている。本当の敵は人類そのものなのだ26。

社会主義の理論家たちは、人口増加をコントロールする可能性に常に魅了されてきた。それは究極の官僚主義的計画であるため、彼らの想像力を刺激する。ローマクラブが言うように、真の敵が人類そのものであるならば、人類そのものが標的にならなければならない。フェビアン社会主義者のバートランド・ラッセル27はこう表現している:

私は、人口を増加させないようにする唯一の方法が避妊であるかのようなふりはしない……。戦争は、先ほど述べたように、この点では期待外れであったが、細菌学的戦争はより効果的であることが証明されるかもしれない。一世代に一度、黒死病を世界中に蔓延させることができれば、生存者は世界を満員にすることなく、自由に子孫を残すことができる……。

世界政府が存在しない限り、科学的な世界社会は安定しない。世界人口の増加を防ぐ方法を見つける必要がある。これを戦争や疫病や飢饉以外の方法で行うには、強力な国際的権威が必要となる。この権威は、その権威が設立された時点の人口に比例して、世界の食料を各国に分配すべきである。その後、人口を増加させた国があったとしても、その国はそれ以上の食糧を受け取るべきではない。したがって、人口を増加させないという動機は、非常に説得力のあるものである28。

実に説得力がある。物静かな集団主義者たちは、決してふざけているわけではない。例えば、最も著名な「環境保護主義者」の一人で、人口抑制を提唱しているのはジャック・クストーである。1991年11月、国連の『ユネスコ・クーリエ』のインタビューに応じたクストーは、こう明言した。彼はこう言った:

苦しみや病気をなくすために、私たちは何をすべきか?それは素晴らしいアイデアだが、長い目で見れば、まったく有益なものではないかもしれない。もしそれを実行しようとすれば、私たちの種の未来を危うくするかもしれない。このようなことを言わなければならないのはひどいことだ。世界人口を安定させなければならないが、そのためには1日あたり35万人の人口を削減しなければならない。このことを考えるのはとても恐ろしいことで、口に出すべきでないが、口に出さないのも同じくらい悪いことである29。

ゴルバチョフ、エコロジーの戦士になる

かつて世界が知る限り最も抑圧的な政府の指導者であったミハイル・ゴルバチョフが、環境問題を専門とする国際ミドリ十字と呼ばれる新組織の代表に就任した経緯が理解できるようになった。ゴルバチョフは、共産主義という特定の集団主義のレッテルを貼っただけで、集団主義を非難したことはない。ゴルバチョフの真の関心はエコロジーではなく、世界政府であり、ゴルバチョフ自身がその権力構造の中で重要な位置を占めている。ミズーリ州フルトンでの公の場で、彼は自分が会員であるローマクラブの人口抑制に関する立場を称賛した。そしてこう言った:

新たな危険の中で最悪のもののひとつは、生態学的なものだ。今日、地球規模の気候変動、温室効果、「オゾンホール」、酸性雨、産業廃棄物や家庭廃棄物による大気・土壌・水の汚染、森林の破壊など、すべてが地球の安定を脅かしている30。

ゴルバチョフは、これらの脅威に対する答えは地球政府であり、政府の武力行使が不可欠であると宣言した。彼は言った: 「国連とその安全保障理事会が、制裁を科し、その他の強制手段を行使する権限を持つ機構を創設しない限り、新しい世界秩序は完全には実現しないと信じている」31。

ここにいるのは、ソ連共産党の階級を戦い抜き、恐るべきKGBのトップ、ユーリ・アンドロポフの弟子となり、ソ連のアフガニスタン侵攻の間中、ソ連の支配層である政治局のメンバーであり、1985年に政治局によって世界共産主義の最高指導者に選ばれたアーチ犯罪者である。このすべては、ソ連が人権侵害と自由世界に対する破壊活動で最も悲惨な時期の一つであった。さらに彼は、環境破壊という最悪の記録を持つ国家を統治していた。彼が政権を握っている間、地球を憂慮するような言動をとったことは一度もなかった。

そのことはすべて忘れ去られた。ゴルバチョフはCFRに支配されたメディアによって、エコロジーの戦士に変身した。彼は世界政府を呼びかけ、そのような政府が環境問題を制裁やその他の「強制措置」の正当な理由に使うと語っている。警告されていなかったとは言えない。

アメリカは生態系侵略者の烙印を押された

強制力の行使は、これらの計画における重要なポイントである。先進国の人々は、自分たちの破滅に協力することは期待されていない。強制されなければならないのだ。自分たちの食料が世界的な流通のために奪われるのを、彼らは好まないだろう。外国の政治プロジェクトに資金を提供するために、世界的権威によって税金を徴収されることを承認しないだろう。国連機関の資源割当量を満たすために、自発的に車を手放したり、小さな家や共同バラックに住み替えたりすることはないだろう。ローマクラブのメンバーであるモーリス・ストロングは、この問題を次のように述べている:

事実上、アメリカは世界に対して環境侵略を行なっている。軍事レベルでは、アメリカは管理者である。環境レベルでは、米国が最大のリスクであることは明らかだ。アメリカにおける最悪の問題のひとつは、エネルギー価格である。

豊かな中産階級の現在のライフスタイルや消費パターン…肉の大量摂取、大量の冷凍食品や「コンビニエンス」食品の消費、自動車の所有、多数の電気家電、家庭や職場のエアコン…広大な郊外住宅…が持続可能でないことは明らかである32。

ストロング氏の発言は世界の環境指導者たちに熱狂的に受け入れられたが、アリゾナ・リパブリック紙の社説にはこのような怒りに満ちた反論が掲載された:

エコ用語を訳すと、これは次の2つのことを意味する。(1) 大規模な税金や規制を新たに導入することによる西側諸国の生活水準の低下、(2) 先進国から低開発国への富の大々的な移転である。ここでの怪しげな前提は、もしアメリカ経済が例えばマレーシアのような規模に縮小できれば、世界はより良い場所になるだろうというものだ…。おそらくほとんどのアメリカ人は、国連がアメリカ国内で自動車を禁止するという考えに難色を示すだろう33。

米国を世界に対する環境侵略者とみなすモーリス・ストロングとは何者なのだろうか?彼は貧困にあえいでいるのだろうか?アメリカの繁栄に憤慨している後進国の出身なのだろうか?彼自身は、天然資源を保護するために消費を避け、慎ましく暮らしているのだろうか?そのどれでもない。彼は世界有数の富豪である。悠々自適に暮らし、旅をしている。贅沢なエンターテイナーでもある。1992年のリオでの地球サミットの事務総長、1972年のストックホルムでの国連人間環境会議の責任者、国連環境計画の初代事務総長、世界国連連合の会長、世界経済フォーラムの共同議長、ローマクラブのメンバー、アスペン研究所の評議員、世界未来協会の理事を務めている。この人物について知りたいことは、おそらくこれ以上ないほどあるだろうが、この後の話の重要性を理解するためには必要なことである。

経済危機の陰謀

モーリス・ストロングは、世界の豊かな国々が生活水準を下げるよう躾けることができれば、世界の生態系を守ることができると信じている(あるいは信じていると言っている)。生産と消費を抑制しなければならない。そのためには、これらの国々は世界政府による配給、課税、政治的支配に従わなければならない。おそらく自発的にそうすることはないだろうから、強制的にそうさせなければならないだろう、と彼は言う。そのためには、世界通貨危機を引き起こし、経済システムを破壊する必要がある。そうなれば、国連からの援助と管理を受け入れるしかなくなる。

この戦略は、カナダで発行されている『ウエスト』誌の1990年5月号で明らかにされた。バカグランデの魔法使い」と題された記事の中で、ジャーナリストのダニエル・ウッドが、コロラド州南部にあるストロングの私有牧場での1週間の体験を語っている。この牧場には、デビッド・ロックフェラー、ヘンリー・キッシンジャー国務長官、ロバート・マクナマラ世界銀行創設者、IBM、パンナム、ハーバードといった組織の社長など、CFRの著名人が訪れている。

ウッドが牧場に滞在している間、この大物は環境主義や政治について自由に語った。自分の世界観を表現するために、彼は地球を救うことを決めた世界のリーダーたちを主人公にした小説を書くつもりだと言った。プロットが展開するにつれ、それが実在の人物と実際の出来事に基づいていることが明らかになった。ウッドはこの物語を続けている:

毎年、世界経済フォーラムがスイスのダボスで開催される。1000人を超えるCEO、首相、財務大臣、一流の学者が2月に集まり、会議に出席し、その年の経済課題を設定する。ダボス会議を舞台に、彼は次のように言う。「もし、これらの世界の指導者たちの小さなグループが、地球に対する主要なリスクは豊かな国々の行動に起因していると結論付けたとしたらどうだろう?世界が生き残るためには、豊かな国々は環境への影響を減らす協定に署名しなければならない。果たしてそうするだろうか?このグループの結論は「ノー」である。彼らは変わらない。地球を救うために、グループは決断する: 地球にとって唯一の希望は、工業化文明が崩壊することではないのか?それをもたらすのは我々の責任ではないか?

「この世界の指導者グループは、経済崩壊をもたらすために秘密結社を結成する。2月だ。彼らはダボス会議に参加している。彼らはテロリストではない。世界の指導者たちだ。彼らは世界の商品市場と株式市場に身を置いている。証券取引所やコンピューター、金の供給へのアクセスを使って、パニックを引き起こした。そして、世界の株式市場の閉鎖を阻止する。歯車を狂わせるのだ。傭兵を雇い、ダボス会議に出席している世界の指導者たちを人質として拘束する。市場は閉じられない。豊かな国々は……」そしてストロングは、まるでタバコの吸い殻を窓の外に飛ばすかのように、指を軽く動かす。

私はその場に座り込んでしまった。これはただの語り部ではなく、モーリス・ストロングなのだ。彼は世界の指導者たちを知っている。実際、彼は世界経済フォーラムの理事会の共同議長を務めている。彼は権力の中枢にいる。彼はそれを実行する立場にある。

「と彼は言う34」

モーリス・ストロングの空想的な筋書きは、少なくとも未来の出来事を文字通りに読み解くという点では、あまり深刻に考えるべきではないだろう。少なくとも未来の出来事を文字通りに読むという意味では、モーリス・ストロングの空想的な筋書きをあまり真に受けるべきではないだろう。ひとつには、先進国の指導者たちに銃を突きつける必要はないだろう。彼らがこの陰謀を企てるのだ。第三世界の指導者たちは、世界的な危機を引き起こす手段を持っていない。それはニューヨーク、ロンドン、東京のマネーセンターからもたらされる必要がある。さらに、世界政府を推進する首謀者は常に先進国にいる。彼らはアメリカのCFRや、イギリスの国際円卓会議の他の支部から来ている。

彼らはアメリカのCFRや、イギリス、フランス、ベルギー、カナダ、日本などにある国際円卓会議の支部から出てきた。彼らはセシル・ローズの思想的な子孫であり、彼の夢を実現しているのだ。

モーリス・ストロングの世界経済崩壊の陰謀を文字通りに受け取るかどうかは重要ではない。重要なのは、彼のような人物がその線で考えているということだ。ウッドが指摘したように、彼らはそれを実行できる立場にある。あるいは、それに似たようなことだ。このシナリオでなくても、同じような結果をもたらす別のシナリオを考えるだろう。歴史が証明していることがあるとすれば、財力と政治力を持つ人間は、同胞に対する凶悪な陰謀を企てることができるということだ。彼らは個人的な目的のために戦争を起こし、恐慌を引き起こし、飢饉を作り出した。今日の世界の指導者たちが前任者たちよりも聖人君子であると信じる理由はほとんどない。

さらに、母なる地球に対する見せかけの配慮に騙されてはならない。地球を守ろうという呼びかけは、巨大な策略である。アイアンマウンテンからの報告書』の表現にあるように、このショーを「信頼できる」ものにするには、環境汚染には十分な真実があるが、この運動を推進する地球滅亡のシナリオはインチキである。これらすべての真の目的は世界政府であり、そこから逃れることのできない究極の終末メカニズムである。先進国の経済力を破壊することは、先進国を地球規模の網の中に取り込むための必要条件にすぎない。現在のエコロジー運動の推進力は、完全にこの目的に向けられている。

まとめ

アメリカ政府は5兆8000億ドルの負債を抱えている。2001年までに、その負債の利払いは年間3600億ドルに達している。これは連邦政府の歳入の約19%を占め、平均的な家庭で毎年5,000ドル以上の負担となっている。負債によって購入されるものは何もない。単に利子を支払っているだけだ。政府にとって最大の支出である。国債の利子はすでに、個人所得税から徴収される全収入の36%以上を消費している。このまま長期的なトレンドが続けば、最終的に国債の利子が歳入のすべてを消費してしまうのを防ぐことはできない。

1992年までには、政府のために働く人の数は、民間企業の製造業で働く人の数を上回った。政府の小切手を受け取る国民の数は、所得税を納める国民の数を上回っている。他者から自分への富の移転に関わる問題で人々が投票できるようになると、投票箱は多数派が少数派を略奪する武器になる。そこが戻れないポイントだ。破滅のメカニズムなのだ。

1992年までに、連邦政府支出の半分以上が、いわゆるエンタイトルメントに使われるようになった。ここにも破滅のメカニズムがある。エンタイトルメントとは、社会保障やメディケアなど、将来の支払いの約束に基づく支出である。エンタイトルメントは連邦政府支出の52%を占めている。これに現在国債の利払いに使われている14%を加えると、連邦政府の支出の3分の2はすべて自動的なものであり、その割合は毎月増加しているという驚くべき結論に達する。

最大の破滅のメカニズムは、連邦準備制度である。我々の通貨供給量の1セント1セントは、誰かに融資されるために生まれた。これらのドルは、融資が返済されると消滅する。国債を返済しようとすれば、通貨供給は根底から覆される。したがって連邦準備制度の下では、議会は国の借金をなくしたいと思っても、それを恐れてしまうだろう。

政治的な環境保護主義によって、何百万エーカーもの木材や農地が生産されなくなった。重工業は政府によって沿岸から追われた。高い税金、職場の安全装置に関する理屈を超えた規則、いわゆる公正雇用慣行、強制的な健康保険は、民間部門に残されたものを急速に破壊している。その結果、何百万人ものアメリカ人労働者が失業し、居場所を失っている。政府はその空白を埋めるために動き出し、官僚主義は刻々と拡大している。

連邦税は今や個人所得の40%以上を占めている。さらに州税、郡税、地方税が上乗せされる。インフレは残されたものを食い物にする。私たちは1年の半分を政府のために費やしているのだ。アメリカの実質賃金は下がっている。単身赴任の若い夫婦の生活水準は、両親の時代よりも低くなっている。平均的な世帯の純資産は減少している。余暇の時間は減少している。アメリカ人の持ち家率は低下している。初めて家を購入する年齢は上昇している。中産階級に数えられる家庭の数が減少している。公式に定義された貧困水準以下で暮らす人々の数は増加している。65歳で破産するアメリカ人が増えている。

どれも偶然ではない。アメリカの隠された政府を構成するCFRのメンバーによる計画の成就なのだ。彼らの目標は、先進工業国を意図的に弱体化させ、自分たちが支配する社会主義の原則に基づいた世界政府を樹立させることである。

この計画における多くの策略の起源は、1966年に発表された「アイアンマウンテンからの報告書」と呼ばれる政府後援のシンクタンク研究に遡ることができる。この研究の目的は、政府が権力を永続させる方法、つまり国民をコントロールし、反乱を防ぐ方法を分析することだった。報告書の結論は、過去においては、戦争がその目標を達成するための唯一の確実な手段であったというものであった。しかし、世界政府の下では、戦争は技術的に不可能である。そこでこの研究の主な目的は、住民を統制し、指導者に忠誠を誓わせるための他の方法を探ることであった。戦争に代わる適切な方法として、生存に恐ろしい脅威をもたらす新たな敵が必要だという結論に達した。脅威も敵も本物である必要はない。単に信じられるものでなければならなかった。

戦争の代用品がいくつか検討されたが、本当に有望なのは環境汚染モデルだけだった。環境汚染モデルが最も成功する可能性が高いと考えられたのは、(1) スモッグや水質汚染といった観測可能な状況に関連づけることができる、言い換えれば、部分的に事実に基づいており、それゆえ信じられる、(2) 原爆戦争と同じくらい恐ろしい地球滅亡のシナリオを予測することができる、からである。これらの予測の正確さは重要ではない。その目的は怖がらせることであり、知らせることではない。

現在の環境保護運動の信奉者たちが惑星の破滅のビジョンに夢中になっている一方で、指導者たちはまったく別の意図を持っている。それは世界政府である。

第25章 悲観的なシナリオ

この章は1994年の初版のままである。当初の気まぐれな未来への展望は、その後、多くの現実の出来事を驚くほど正確に描写するようになった。銀行危機と大規模な救済措置はすでに実現している。今も続くシナリオには、ハイパーインフレ、経済崩壊、新世界通貨、家庭内暴力、国連「平和維持」軍のアメリカ駐留、ハイテク封建主義の到来などがある。

タイムマシンでの最後の旅の準備は整った。目の前のコントロールパネルには、いくつかのセレクタースイッチがある。左側のスイッチは時間の方向を示している。未来に設定する。右側のスイッチは「第一前提」を示している。最初のノッチにセットする: 現在のトレンドは変えない。二次前提のスイッチはそのままにしておく。中央のレバーは走行速度を決めるスロットルだ。前方に動かして、しっかりつかまる!

銀行危機

朝の4時5分。ニューヨークが眠りについている間、シティバンクの4階にあるコンピューターは、本格的な危機が進行中であることに気づいていた。危機は東海岸より5時間早くロンドンで始まり、数分後には電子ウイルスのように東京と香港に広がった。それは1時間前のことだ。世界中のトレーディングセンターのコンピューター端末でアラームが鳴り響き、自動ダイヤル装置がマネーマネージャーを役員室に呼び出している。

パニックの発端は、ある大手米銀がメキシコ向け融資の不履行と第二位の借り手企業の倒産を同時に引き起こし、窮地に陥っているという噂だった。昨日の午後、この銀行の頭取は記者会見を開き、これらが深刻な問題であることを否定した。楽観的な見方を補強するために、金曜日に通常より高い四半期配当を支払うと発表した。プロのマネジャーたちは納得しなかった。彼らは、これらの融資を帳消しにすれば、銀行の純資産がすべて帳消しになることを知っていたからだ。

午前5時になると、マネーセンター銀行は海外預金者からの大量の引き出しに直面する。ニューヨークの摩天楼の間から太陽が顔を出すころには、アメリカ人も資金を引き出している。これらは小さな取引ではない。他の銀行、保険会社、投資ファンドを巻き込んでいる。平均引き出し額は300万ドルを超える。貯水池の水は急速に減っている。

現在7時45分。すでに新聞記者やテレビクルーが外に到着している。統一行動計画を早急に立てなければならない。

連邦準備制度理事会(FRB)議長は、カナダ北部の釣りロッジにいるCEOを含む主要銀行のCEO全員との緊急電話会議を手配した。大統領も電話ネットワークに接続されているが、「サイレントモニター」ベースである。頭取以外は、頭取が盗聴していることを知らない。

銀行を救うことは世界を救うことだ

シティバンクの最高経営責任者(CEO)は、問題を素早く要約する。どの銀行も、この規模の引き出しを48時間以上維持することはできないだろう。おそらくそれ以下だろう。資金は銀行の金庫にはない。有利子融資に回されているのだ。仮に融資が実行されていたとしても、資金はない。現在、いくつかの大型融資が債務不履行に陥っており、問題はさらに悪化している。FRBが資金を供給しなければ、銀行は閉鎖して廃業するしかなくなる。そうなれば経済は崩壊し、計り知れない苦しみが待っている。アメリカ人は仕事を失い、家族は飢え、国家安全保障は弱体化するだろう。そしてそれは間違いなく全世界に広がるだろう。国内では大混乱、飢饉、暴動が起こるだろう。海外での革命?ロシアでの軍国主義政権の復活?核戦争か?

会長は独白を打ち切った。彼は銀行の破綻を許してはならないことをよく知っている。結局のところ、それが連邦準備制度が創設された理由の一つなのだ。彼はその方法の詳細に取り掛かろうとしている。

そう、FDICはすでに破たんしているが、その心配はいらない。連邦議会は、FRBがFDICが必要とするかもしれない新たな資金を作り出すために、「融資」あるいはその他の仕組みを認可するだろう。議会の動きが遅ければ、FRBは同じ結果を達成する別の技術的手段を持っている。とりあえず、東部標準時の午前8時までにFRBの割引窓口で無制限の資金調達が可能になる。印刷機はすでにフル稼働し、通貨を供給している。飛行機と装甲車の艦隊が、通貨を供給するために待機している。さらに、債務不履行となったローンをあきらめてはいけない。議会はおそらく倒産したアメリカ企業を救済するだろう。そして大統領は、IMF/世界銀行に追加資金を要求すると言っている。その資金はFRBによって作られ、メキシコや他の債務不履行国が融資の利払いを再開するために使わなければならないという条項がついている。

銀行家たちは、一般大衆に門戸を開き、平静を装うように言われている。マスコミはすでに何かが起こっていることは知っているが、その深刻さは知らない。だから、すでに知っていることだけを伝える。それ以上は何もない。お金を下ろしたい人がいれば、下ろしてあげればいい。もし行列ができたら、警察を呼んで秩序を維持するが、支払いは続ける。必要であれば、閉店時間を過ぎても営業して、すべての人に対応できるようにする。何よりも、窓口係に時間をかけてもらうこと。各取引をチェックし、ダブルチェックする。列はゆっくりと動かすこと。

最も混雑する時間帯には装甲車が到着するので、警備員が金の入った袋を客の前まで運び、全員分の金があることを目視で確認する。銀行職員はその後、連邦準備制度から新たな資金が届けられたところであり、その資金はまだまだたくさんあることを群衆に伝える。銀行が支払えることを人々が確信すれば、ほとんどの人は待ちくたびれ、家に帰るだろう。

パニックは回避された

翌日の午後6時である。計画は成功した。心配した預金者の列は昨日の朝、主に大都市で形成され、今朝もまた再開された。しかし、資金は十分にあった。ニュースメディアはこの話を軽く扱い、FDICと連邦準備制度のおかげで銀行はもはや破綻することはない、という様々な専門家の音声を入れるようにした。映像の半分以上は、装甲車と警備員が金の入った袋を運ぶシーンに費やされている。今日、銀行は予定通りに閉店し、行列もなくなった。

デッキにいる乗客にはすべてが平穏に見えるが、ボイラー室ではいまだ制御不能の火災が続いている。すでに10億ドル以上が国外に流出し、その大半は海外に流出している。FRBはそれに代わる新たな資金を投入している。銀行のうち2行は、コンピューター技術者に対し、全取引の入金を自動的に2時間遅らせるよう指示した。ネットワーク全体を意図的に使用不能にし、故障を過負荷のせいにするという話もあるが、この案は断念された。システムには人が多すぎる。誰かがきっと真実をマスコミにリークするだろう。

かつては、個人預金者による銀行への貸し剥がしの危険は、連邦準備制度理事会(FRB)の悪夢だった。今では、世界中の機関預金者を巻き込んで起きている電子的な暴走に比べれば、どうということはない。彼らはプロフェッショナルであり、武装した警備員が通貨の入った袋を持っていることに感心しない。彼らは今すぐ金が欲しいのだ。電子債権という形で受け取ってはいるが、彼らはそれをすぐに株式や他の通貨、地金など、より信頼できるものに交換している。

これはFRBの最良の時だ。FRBは、長年にわたって慎重に蓄積してきた多くの権限を行使し、手近なものから資金を作り出しているのだ: 米国債、他国政府の債券、企業の債務、個人や組合への直接融資など、手近なものなら何でも資金を作り出す。何十億ドルもの新しいお金が誕生している。銀行が国民にお金を返す義務を果たすために、世界中に広がっているのだ。

銀行の本当の暴走

それから7週間が経った。何かが起こった。火種が小枝に引火し、枝に広がり、森全体を飲み込むように、国民はパニックに陥った。原始的な群れの本能に反応した人々は、銀行や金融機関に押し寄せた。金が欲しいのだ。貯蓄が欲しいのだ。

失業率の上昇を示す新たな統計のせいなのか、倒産件数が増え続けているせいなのか、国債の再増発を議会が議決したせいなのか、社会保障税が跳ね上がったせいなのか、14万人分の雇用がメキシコに奪われたせいなのか、シカゴやデトロイトでフードスタンプや政府住宅の増設を求める暴動が起きたせいなのか、 あるいは、州兵を増強するための国連の「平和維持」部隊の存在、あるいは、バンク・オブ・アメリカが技術的に債務超過に陥ったという噂、あるいは、12月31日までにアメリカの自動車保有台数を30%削減しなければならないという国連世界法廷の判決、あるいは、繁栄が再び訪れるという最新の予測を引用するCBSのニュースキャスターの懐疑的な声色。

それが何であれ、今ではどの銀行の前にも冷静な顔をした預金者の長い列ができている。金庫には需要を満たすだけの現金がない。ほとんどの貨幣は小切手帳のようなもので、コンピュータの磁気インパルスで構成されているにすぎない。硬貨や通貨の形で供給されているのは、全体の5%程度に過ぎない。そのほとんどはすでに銀行の外のレジ、財布、マットレスの中にある。銀行内部にあるのは、1%の2分の1程度だ。FRBの緊急通貨供給は、まさにこの種の危機のために大量に蓄えられているが、これでは不十分だ。今回は印刷機が追いつかない。

財務省と連邦準備制度理事会(FRB)のスポークスマンがテレビに出演し、国民にパニックになる必要はないと断言する。すべてはコントロールされている。唯一の問題は、自国を信頼していない警戒論者の不合理な行動だ。

誰も彼らを信じない。列は長くなり、人々は怒り出す。銀行の行員は出勤途中に嘲笑される。爆破予告がなされる。散発的な暴力が起こり、銀行の窓ガラスが割られる。国際警備隊が召集される。大統領は銀行の休日を宣言する。

人々は通貨を引き出して銀行口座を解約することができないため、小切手帳を買いあさる。お金を取り戻すことができなくても、少なくともそれで物を買うことはできる。ガレージや地下室は缶詰、靴、酒、タイヤ、弾薬でいっぱいになっている。品物は不足し、物価を押し上げている。投資家が売り物を買うために当座預金を空にしているため、ダウ・ジョーンズは暴騰している。証券取引委員会はついに取引を停止した。

それから9カ月が過ぎた。この危機は政治家にとっては幸いだった。彼らはこの危機を糧に成長し、そのおかげで名声が高まった。事実調査旅行で全国を駆け巡り、タウンホールミーティングにワイシャツ姿で登場し、スピーチを行い、テレビに映る口実を与えた。その結果、彼らの役割は正当化され、以前よりも必要とされるようになった。彼らは世間から見れば、おっちょこちょいで田舎者から、まじめな政治家に変身したのだ。

政権与党は、この混乱を引き継いだと言った。前政党は、現政党の失策を非難した。連邦準備制度理事会(FRB)の権限拡大、政府による経済統制の強化、補助金や給付金の増額、国際公約の強化などだ。これらは「緊急改革」と呼ばれ、法律となった。問題を引き起こした張本人が、解決策を示したのだ。国民は、このようなビジョンと知恵を持った指導者がいたことに感謝した。

銀行救済とさらなるインフレ

最も重要な緊急改革は、税金を使って銀行を救済することだった。債務不履行に陥った海外からの融資はIMF/世界銀行に引き継がれ、破綻した企業の借り手には融資に見せかけた政府補助金が支給された。

次に、銀行は少なくとも一部は国有化された。救済資金と引き換えに、銀行は大量の株式を政府に提供し、政府は公的なビジネスパートナーとして活動することになった。これは劇的な変化ではなかった。銀行はすでに政府によって厳しく規制されており、利益や配当、役員給与まで決められていた。それがカルテルの狙いだった。それが競争を回避し、利益を確保する手段だったのだ。金融科学者と政治学者は常に隠れた協力関係にあった。これは単にその関係をより可視化したに過ぎない。

厳密には、どの銀行も破綻することは許されなかった。FRBはその約束を守った。経営難に陥った銀行が買収された際、10万ドル以下の預金者は全額保護された。もし預金者がお金を欲しがっていて、その銀行にお金がなかったら、FRBは単にそのお金を製造すればよかったのだ。誰もそのドルの価値を心配しなかった。持っているだけで幸せだったのだ。

それからさらに10カ月が過ぎた。新しいドルはシステム全体に溢れている。マネーサプライは、救済措置に加え、福祉、医療、国債利子、対外援助などの新たな支出の分だけ増えている。インフレは制度化された。

ドルは世界の事実上の通貨として失脚した。外国の投資家や中央銀行は、もはやドルを使うことはない。外国人投資家も中央銀行も、もはやドルを使うことはない。水平線から水平線まで空を埋め尽くす帰巣鳩の大群のように、何兆というドルがわが国の海岸に戻ってきたのだ。彼らは冷蔵庫、自動車、コンピューター、飛行機、貨物船、装甲戦車、オフィスビル、工場、不動産を買い漁り、1年前にはあり得ないと思われた水準にまで価格を押し上げている。切手1枚で、かつて新品のテレビが買えたのと同じくらいの値段がする。

ほとんどの店では小切手やクレジットカードが使えなくなった。労働者は毎日、紙幣の束で給料を受け取っている。物価がさらに上がる前に食料品を買おうと、人々は店に殺到する。商業は麻痺している。銀行のローンや住宅ローンは組めない。貯蓄口座は、保険契約の現金価値も含めて破壊されている。工場は操業を停止している。企業は閉鎖している。物々交換が当たり前になった。古い銀貨が個人から持ち出され、100ドル札が10セント銀貨1枚と交換される。

1929年の大暴落の後、紙幣は銀を裏付けとしていたため供給が制限され、銀自体の量も限られていた。金を持っている者は持っていない者の資産を買い占めることができた。物価が下落していたため、ドルを持っていればいるほど、より多くのドルを買うことができた。今、状況は正反対だ。マネーサプライを支えるものは政治以外には何もない。通貨の量に制限はない。通貨を印刷し、供給することだけが問題なのだ。お金は豊富にあり、物価は上昇している。お金を持っている人は、購買力がこれ以上失われるのを防ぐために、できるだけ早くお金を使う。1930年代には、誰もがドルを欲しがった。今、誰もがドルを手放したがっている。

1961年に発布された緊急銀行規制第1号は、議会の同意なしに、財務長官に銀行口座、普通預金口座、貸金庫を差し押さえる権限を与えた。また、家賃、物価、給与、時給を決定し、配給を課す権限も与えられた。これは「合衆国が攻撃された場合」に行われることになっていた。この文言は現在、次のように変更されている: 「国家緊急事態が発生した場合」である。連邦緊急事態管理庁(FEMA)は、財務省の指令を管理するために拡大された。FEMAはまた、「国家緊急事態が発生した場合」に市民を拘束し、強制移住させる権限も持っている。

新しいお金

さらに3カ月が経過し、大統領は国家非常事態を宣言した。今日、財務長官は、世界各国が米国のインフレ問題を解決する多国間条約を批准したと発表した。これは、1944年のブレトンウッズ会議でジョン・メイナード・ケインズが提案した「バンコール」と呼ばれる新しい世界通貨単位の発行によって達成される。この新しい通貨は、我々の商業を回復させ、インフレに歯止めをかけるだろう。ついに、人間は自分の経済的運命を完全にコントロールできるようになる。貨幣は主人ではなく、彼の下僕となる。

米国は、公私を問わずすべての債務の法定通貨としてバンコールを受け入れることに同意した。旧札はまだ尊重されるが、3カ月かけて段階的に廃止される。それ以降、連邦準備券は無効となる。移行期間中、旧札はどの銀行でも500ドルにつき1バンコールの割合で両替できる。住宅ローンも含め、ドルで表示された既存の契約はすべて、同じ比率でバンコールと交換される。

同じ発表の中で長官は、IMF/世界銀行はこの新しい通貨を、金よりもはるかに貴重なもので裏付けしていると忠告した。その代わり、世界の資産によって裏打ちされる。これらの資産には、参加国政府の債券に加え、国連「環境銀行」に預けられた何百万エーカーもの原生地域が含まれる35。米国の国立公園と森林もこれらの埋蔵金に加えられ、今後は国連原生地域資産保全強化局(WAPEA)の監督下に置かれることになる。この日以降、連邦準備制度は、世界の中央銀行となったIMFの下部組織として運営されることになる。

長官は公の場では言及しなかったが、国連条約は現金の使用に制限を設けることも政府に義務付けた。国民全員に国際IDカードが発行されることになっている。これらの機械読み取り可能なカードの主な目的は、交通機関の発着所や軍の検問所で、すべての国民に確実な身分証明書を提供することである。また、銀行や商店が当座預金口座(現在はデビット口座と呼ばれている)にアクセスする際にも使用できる。

すべての国民は、居住地近くの銀行に口座を持つことになる。雇用主や政府機関による支払いはすべて電子送金で行われる。5バンコールを超える現金取引は3カ月後には違法となる。ほとんどの支出はデビットカードで支払われることになる。それが、国連通貨取引追跡機関(MTTA)が偽造と闘い、組織犯罪によるマネーロンダリングを防ぐ唯一の方法なのだ。もちろん、それはカモフラージュである。新札を発行する政府複合体は、偽造と組織犯罪の世界最大の加害者である36。本当の標的は、政治的反体制派と地下経済で税金を逃れている人々である。

このIDカードがなければ、収入や売買はもちろん、出国や他の都市への移住すら許されない。政府機関が個人にレッドフラグを立てる理由があれば、そのカードは無効となり、事実上すべての経済取引と地理的移動が封じられる。これは究極のコントロールである。

新マネーは、カバルにもう一つ利益をもたらす。通貨を要求することは違法となったのだから。

革命運動の台頭

ハイパーインフレは革命の種にとって肥沃な土地である。経済的絶望が、ロシアのレーニン、ドイツのヒトラー、イタリアのムッソリーニ、中国の毛沢東の約束を大衆に掴ませた。運命的なニューヨークの銀行恐慌から3年が経とうとしているが、インフレはバンコールが導入された今でも収まっていない。今、われわれは、賃上げ、雇用拡大、政府給付の拡大、より厳しい物価統制を求める大規模な市民デモをすべての主要都市で目撃している。事実上、店頭には値崩れするような商品はないため、抗議に参加した人々は政府工場からの増産も求めている。デモは、「退廃した資本主義」体制を打倒し、その代わりに社会主義を定着させることを主張する急進的な組織によって組織されている。街頭の参加者たちは、自分たちが唱える言葉を理解していない。彼らは、アメリカでは何年も前から資本主義が死んでおり、すでにあるのは社会主義だということを知らない。

それにもかかわらず、革命のレトリックに惹かれる何万人もの絶望的な人々がいる。テロと革命的反乱は、主要都市部では日常茶飯事となっている。革命家の隊列は、その後に必ず起こる略奪のためだけにやってくる人々によって膨れ上がっている。

人々はこうした暴力的な出来事に怯え、法と秩序の回復を求める。戒厳令が宣言されると、人々は安心する。国際警備隊が近所をパトロールしているのを見て喜ぶ。家に閉じこめられたり、兵士に恣意的に拘束されたりすることに憤慨することもない。警察国家の全方位的な存在に感謝しているのだ。

不思議なのは、この暴力の背後にいる革命グループが政府から抑制されていないことだ。それどころか、彼らはCFRの組織から助成金を与えられ、指導者たちはCFRの政治家たちから丁重に扱われてきた。CFRのメディアは彼らのニュースを大きく取り上げ、彼らの大義を同情をもって紹介してきた。数人の反体制派は、革命家たちは権力者の知らない手先にすぎず、彼らの主な役割は国民を脅して警察国家の制約を受け入れさせることなのではないかと考え始めている。

しかし、そのような声はすぐに封殺される。政府やメディアに疑問を抱く者は、精神異常者の過激派という烙印を押される。当局は、彼らが現在の苦境の原因だと言う。彼らは利益追求と人種嫌悪に基づく旧体制の残党だ。彼らは政治的に正しくない態度やヘイトクライムの罪を犯している。彼らは心理的治療とリハビリのため、態度矯正センターに送られる。すぐに撤回しない者は、二度と姿を現すことはない。

住宅は国有化される

「緊急措置」の生々しい力を感じた最初の産業のひとつが、住宅産業だった。インフレの初期段階において、人々はどんどん価値が下がっていくドルを住宅ローンの返済に充てていた。これは貸し手にとっては壊滅的な打撃だった。貸したドルの何分の一かの価値しかないドルで返済されたのだ。銀行危機によって貯蓄と投資資本が消失したため、古いローンに代わる新たなローンを発行することができなかったのだ。そのうえ、人々はこのような混乱した状況下で家を売ることを恐れ、売ったとしても、これほど高い金利では買おうとする人はほとんどいなかった。古いローンは返済され、新しいローンがそれに取って代わることはなかった。1980年代には住宅価格が下落していたために経営難に陥っていたS&Lは、今では価格が上昇していたために破たんしつつあった。

議会は、S&Lを救済し、買収することによって、期待された政治的措置を講じた。しかし、それでも損失は止まらなかった。損失を納税者に転嫁したに過ぎない。損失に終止符を打つため、議会は住宅公正・改革法(HFRA)を可決した。HFRAは、すべてのバンコール建て契約を「公正価値」と呼ばれる新しい価値単位に変更した。

これは、前週の金曜日に全国平均価格指数(NAPI)によって決定される。これは金利とは関係ない。バンカー価値に関するものである。説明のために、バンコールをドルに換算してみよう。金曜日の5万ドルのローンが月曜日には92万ドルになった。支払える人はほとんどいなかった。数千人の怒れる有権者が抗議のために国会議事堂を襲撃した。暴徒が外で卑猥な言葉を叫ぶ中、議会は急遽、すべての住宅ローン支払いの一時停止を宣言することを議決した。その日の終わりには、誰も何も支払う必要がなくなった!人々は満足し、賢明で寛大な指導者たちに感謝しながら家に戻った。

これは、後日より健全な方法で対処するための「緊急」措置に過ぎなかった。それから何カ月も経ったが、議会はこの取り決めに手を加えようとはしなかった。手を加えようとすれば、有権者は彼らを退陣させるだろう。何百万人もの人々が、郡税を除けば何の負担もなく自宅に住んでいる。連邦議会に従い、各郡も税の一時停止を宣言したが、それは連邦政府が新たに可決された地方公共団体への援助法(ALGA)に基づいて損失を補填することに同意するまでのことだった。

事実上すべての賃貸不動産が国有化され、所有者が全額負担していたものまで国有化されたからだ。HFRAのもとでは、家を買う人が借りる人より有利になるのは「公平」ではない。家賃統制によって、アパートのオーナーは維持費の上昇、特に税金の上昇に追いつけなくなった。事実上、すべての賃貸住宅が郡政府によって裏金を差し押さえられた。郡は歳入のほとんどを連邦政府に依存しているため、連邦政府からの援助と引き換えに、郡が所有する不動産が連邦政府機関に譲渡された。

こうしたことはすべて、指導者たちが自分たちの問題を解決するために「何かをしている」と喜んだ有権者にとっては喜ばしいことだった。しかし、次第に明らかになったのは、連邦政府が今やすべての家やアパートの所有者であるということだった。現実には、人々は政府の意のままにそこに住んでいるに過ぎない。政府が望むなら、彼らは他の宿舎に移ることができる。

賃金・物価統制と軍隊

一方、国連賃金物価安定局(WPSA)はインフレに対抗するため、賃金と物価の統制を実施している。インフレの猛威から生き残ることができた少数の企業は、これらの措置によってノックアウトされた。重要な産業はWPSAに接収され、閉鎖を阻止されている。従業員が低賃金で働くことを拒否したり、割り当てられた仕事に就くことを拒否したりすると、逮捕され、反民主主義活動で有罪判決を受ける。刑務所に入るか、国連の完全雇用環境回復軍(FEERA)に「志願」するかの選択を迫られ、彼らのほとんどは軍を選んだ。彼らは現在、食料と住居を得る代わりに、決められた仕事をこなしている。国連国際人的資源配分機関(IHRAA)が設定した雇用枠に応じて、多くの者が新しい仕事、新しい都市、さらには新しい国へと配置転換されている。彼らの家族には、就労状況や協力の意思に見合った住居が与えられている。

自動車は現在、政府の権威ある地位にある支配エリートのみが使用している。可能な限り、労働者は主要産業から徒歩圏内に建設されたバラックに移転させられている。また、FEERAによって大幅に拡大された高速交通システムを利用する者もいる。中間管理職や郊外に住むことを許された熟練労働者には、指定された乗り場まで送迎する。「Peoples’ Van Pools」(PVP)がある。

先週、現在IHRAAの理事を務めるモーリス・ストロングは、旧アメリカとカナダを含む北米大陸から切り出された15の地域小区分を視察し、ついにアメリカが世界に対する侵略者でなくなったことを喜んだ。

それからさらに20年が過ぎ、私たちは今、新世界秩序の中にいる。新世界秩序がいつ始まったのか、正確には誰も知らない。実際、正式な開始日も、メディアで発表されたことも、トランペットが鳴り響く式典もなかった。この10年か15年の間に、それがただそうであったということが明らかになり、政治的傾向と必要性の自然な進化として誰もがそれを受け入れた。そして今、別の生き方の記憶を持たない世代が誕生した。年配の人々の多くは、以前の生活の詳細をすっかり忘れてしまっている。そしてもちろん、彼らの多くは淘汰された。学校や教科書は、過ぎ去った時代を奔放な競争、利己主義、不正の時代として語っている。自動車やマイホーム、3足の靴といった、以前は当たり前だった所有物についてはほとんど触れられず、触れたとしても、幸いにも存在しなくなった退廃的な社会の無駄な産物として嘲笑される。

税金もインフレも不況もない

国民はもはや高い税金を気にしていない。ほとんどの場合、税金はない。誰もが直接・間接的に政府のために働き、すべての支出口座を管理する政府系銀行に電子送金される。私的所有の体裁を保つことが許されている大企業でさえ、政府のジュニア・パートナーにすぎない。完全に規制され、同時に破綻から完全に守られている。各市民が労働の対価として受け取る額は、その技術的有用性と政治的地位によって決まる。税金は驚くほど低いか、存在しない。現在、政府のコストは、ほとんど完全に通貨供給量の拡大と労働大隊の経済的価値からもたらされている。

世界の各地域政府が歳出の必要性を決定し、その資金を調達するために公開市場で国債の売却を申し出る。国連の中央銀行として機能するIMF/世界銀行が主な買い手となる。IMF/世界銀行は、各地域政府にどれだけの資金を認めるかを決定し、その金額の債券を「購入」する。そのためには、資金を受け取る地域内のコルレス銀行のひとつに「債権」を電子送金する。いったんそうなれば、地方政府はその債権を引き出して支払いに充てることができる。そのために必要な税金は1ドルもない。IMF/世界銀行が資金を作り、地方政府がそれを使うだけなのだ。

かつての時代なら、このような通貨供給の増加は、物価や賃金の上昇をほとんど即座に引き起こしただろう。今は違う。物価と賃金はコントロールされている。しかし、政府は自らの罠にはまることになる。賃上げをすることで労働者を満足させる必要があるが、同時に物価上昇を認めることで工場の機能を維持する必要もある。したがって、賃金と価格のスパイラルは解消されない。単に数ヶ月遅れるだけである。そして、自由市場における需要と供給の相互作用に対応して起こるのではなく、官僚的な方式によって指示される。最終的な結果はどちらでも同じだ。世界の人々は、インフレという隠された税金によって、国際政府や地方政府のコストを支払っているのだ。

混沌とした過去において、世界の先進国はしばしば年間1000%を超える破壊的なインフレの局面を経験した。それは、既存の国家政府に対する国民の信頼を失わせるという目的を果たした。国民を軟化させ、生活様式や政治制度の大幅な変化を受け入れやすくしたのだ。それが新世界秩序への道を開いたのだ。しかし今や、極端なインフレ率は、少なくとも戦争がない限り、国民の不満を招き、逆効果となる。そのため、インフレ率は年5%程度に制度化された。この水準が、国民に不安を与えることなく最大の歳入を生み出す最適の水準だと判断されたのだ。5%というのは誰もが認める。「適度」なものだ。私たちはそれを受け入れることができるが、年率5%であることを忘れがちだ。

5%の切り下げは、今年稼いだお金だけでなく、前の年から残っているお金すべてに適用される。最初の年の終わりには、元のドルは95セントの価値になる。2年目の終わりにはまた5%引き下げられ、90セントの価値になる。20年後、政府は私たちがキャリアの最初に貯めた1ドルの64%を没収することになる。45年働くと、その初年度のドルに対する隠れた税金は90%になる。生涯にわたって、政府は事実上その全額を没収することになる。現在の収入と利子はこの影響を部分的に相殺するが、政府による没収という根本的な現実を変えることはできない。

緩やかな」5%インフレの影響

過去50年間、このような日付から「現在」までのドルの下落を示すグラフはすべて、次のような曲線を示している。

もちろん、これらは平均値である。官僚の中産階級に属する少数の人々は、自分のドルの一部を有形資産や収益を生む有価証券に投資し、インフレの影響からある程度保護されている。しかし、大多数の人々にとって、インフレヘッジは生涯で稼いだ金額のごく一部にすぎない。

新世界秩序では、インフレは5%という「控えめな」水準で制度化されている。5,6世代に一度、物価がますます上昇するにつれて、ゼロの一部をなくすために、古い通貨に代わる新しい通貨単位が発行されることがある。しかし、1回以上の切り下げを経験するほど長生きする人はいないだろう。各世代は前の世代の損失について無関心である。若者たちは、このプロセスが直線的ではなく、循環的であることに気づかずにいる。なぜなら、彼らは最初にも最後にも生きていないからだ。実際、終わりを迎える必要はない。プロセスは永遠に続けられる。

このメカニズムによって、そして労働大隊の生産高によって、政府は税金なしで完全に運営することができる。すべての人間の生涯生産高が自由に使えるのだ。労働者は、カラーテレビ、国から補助されるアルコールと娯楽用薬物、暴力的なスポーツで楽しむことができるが、それ以外の選択肢はない。階級から逃れることはできない。社会は支配者と被支配者に分かれ、その間に行政官僚がいる。特権は今や生まれながらの権利である。労働者階級はもちろん、ほとんどの行政官でさえ、名前も知らない主人に仕えている。しかし、彼らは仕える。彼らの新たな主とは、新世界秩序を創造し、現在支配している金融・政治科学者たちである。全人類はハイテク封建主義の状態にある。

ハイテク封建主義

現在コントロールされている経済的混乱の側面は、インフレだけではない。景気循環の好不況も過去のものとなった。直接税と同様、景気循環はもはや存在しない。政府が経済のあらゆるチェックポイントをしっかりと管理している今、景気循環は単純に許されない。誰も投機する資金を持っていないため、市場に投機は存在しない。将来の利益を最大化するために、在庫や資本財を拡大することもない。そのうえ、利益も計算式で決定され、インフレに追いつくのに十分な大きさではあるが、保証されている。

経済のカオスは許容されないため、今や不可能である。不況もない。確かに、何億人もの人間が極度の苦難のもとで生活し、毎日何千人もの餓死者が出ているが、不況は非合法である。政治家も、作家も、メディアの誰一人として、この制度が失敗であることをあえて指摘する者はいない。政府は毎月、経済が着実に改善していることを示す新しい統計を発表している。人々はいたるところで飢えているが、飢餓はもう存在しない。労働大隊は薄っぺらなバラックやテントに詰め込まれ、古い住宅やアパートはメンテナンス不足のために倒壊し、暖房のない小さな住居を共有せざるを得ない家族が増えているが、それでも住宅不足は公式に解消されつつある。経済的な問題はもうないのだ。不法滞在が違法となったのだから。

過去からの声

タイムマシンのフロントパネルに点滅するメッセージがある。そこにはこう書かれている: メモリーバンクのシーケンスが重複している。1816年、1831年、1904年、1949年をチェックせよ。これは、現在私たちが未来で見ているものと、過去に記録されたものとの間に類似点があることを、オンボード・コンピューターが発見したことを示している。確認してみよう。キーボードにこう入力する: データをプリンターに送る」と入力し、「実行」と書かれたキーを押す。

最初の項目がプリンターから出てくる。警告だ。1816年、トーマス・ジェファーソンはサム・キルシュヴァルに宛てて手紙を書いた:

我々は、経済と自由、あるいは浪費と隷属のどちらかを選択しなければならない。肉にも酒にも、必需品にも慰安品にも、労働にも娯楽にも税金をかけなければならないような負債を抱えるとしたら、……われわれの国民は……24時間のうち16時間を労働に費やし、そのうちの15時間を政府に納めなければならない……考える時間もなければ、誤った経営者に責任を問う手段もない。そしてこれが、すべての人間の政府の傾向なのだ……社会の大部分が不幸の単なる自動人形になるまで……。そして、この恐ろしいチームの前身が公的債務である。その後に続くのが課税であり、その列車には悲惨さと抑圧が乗っている37。

これが2枚目の印刷物である。政治的な解説であり、予言でもある。1831年、アレクシス・ド・トクヴィルという若いフランス人が、アメリカの刑務所制度に関する政府への公式報告書を作成するため、アメリカを視察した。しかし、彼の本当の関心は、新世界の社会的・政治的環境だった。彼はアメリカに賞賛すべき多くのものを見出したが、同時にその破滅の種と思われるものも観察した。翌年フランスに戻ると、彼は発見した長所と短所を4巻にまとめた分析書の執筆に取りかかった。彼の洞察力には目を見張るものがあり、『アメリカの民主主義』と題されたその著作は、政治学における世界的名著の一つとして残っている。私たちのコンピューターが認識したのはこの部分:

アメリカ人は、あらゆる国家において最高権力は人民から発せられるべきであると考えている。しかし、いったんその権力が構成されると、その権力には何の制限もないと考え、その権力が好きなことを何でもする権利があることを認める用意がある……。特定の個人に固有の権利という考え方は、人々の心から急速に消えつつある。

まず最初に目に飛び込んでくるのは、数え切れないほどの大勢の人間が、みな平等で同じように、自分たちの生活を満足させるためのささやかで貧弱な快楽を得ようと絶え間なく努力している姿である。一人一人は離れて暮らしているが、他のすべての人間の運命とは無関係である。

このような人間集団の上には、彼らの満足を確保し、彼らの運命を見守る巨大な権威が存在する。その権力は絶対的で、微細で、規則的で、摂理的で、温和である。もしその権力が、親の権力のように、人間を大人にする準備をさせることを目的としているのであれば、それは親の権力のようなものであろう。しかし、それとは反対に、その権力は、人間をいつまでも子供のままにしておこうとするのである。

こうして共同体の各構成員を次々と強力な掌中に収め、意のままに作り上げた後、最高権力者は次に共同体全体にその腕を伸ばす。それは社会の表面を、微細で画一的な、小さく複雑な規則の網目で覆い尽くし、最も独創的な精神や最もエネルギッシュな性格の持ち主は、それを突き抜けて群衆の上に立つことはできない。人間の意志は打ち砕かれるのではなく、和らげられ、曲げられ、導かれるのだ。この力によって人間が行動を強制されることはめったにないが、行動を常に抑制される。このような権力は、破壊はしないが、存続を妨げる。専制はしないが、民衆を圧迫し、萎縮させ、消滅させ、茫然自失させる。

われわれの同時代人は、常に2つの相反する情熱に駆り立てられている。この相反する性向のどちらか一方を破壊することはできないので、両者を同時に満足させようと努力する。彼らは、唯一の、指導的な、万能の政府形態を考案するが、それは人民によって選ばれる。中央集権の原理と人民主権の原理を組み合わせるのである。これによって彼らは一息つくことができる。なぜなら、鎖の端を握っているのは、一個人でも、一群の人間でもなく、広く人民だからである。このシステムによって、人々は主人を選ぶのに十分な時間だけ依存状態から抜け出し、その後は再び依存状態に戻るのである38。

人間工学の道具としての教育

三つ目の印刷物は1904年のもので、ジョン・D・ロックフェラー・シニアが設立した最初の財団の一つである一般教育委員会が発行した報告書である。この財団の目的は、当時広く信じられていたように、アメリカの教育レベルを上げるためではなく、教育の方向性に影響を与えるために、金の力を利用することであった。具体的には、集団主義と国際主義のイデオロギーを推進することだった。その目的は、教室を使って、人々が受動的で支配者に従順であることを奨励する態度を教えることだった。その目的は、監督のもとで生産的な仕事をするのに十分な教養はあるが、権威に疑問を持ったり、階級を超えようとしたりしない市民を作り出すことであったし、今もそうである。真の教育はエリートの息子や娘に限定された。それ以外の人々にとっては、人生を楽しむこと以外に特別な願望を持たない熟練労働者を生み出す方がよいだろう。ド・トクヴィルの言葉を借りれば、「民衆は喜ぶだけで十分である。

一般教育委員会の最初の出版物で、フレッド・ゲイツはこの計画を説明した:

われわれの夢の中には無限の資源があり、国民はわれわれの型にはめる手に完全に従順に身をゆだねる。現在の教育慣例はわれわれの頭から消え去り、伝統に妨げられることなく、われわれは感謝し、反応する農村の民衆の上に、われわれ自身の善を行う。私たちは、これらの人々やその子供たちを、精神的な学問や科学の哲学者にしようとはしない。彼らの中から作家、編集者、詩人、文人を育てる必要もない。偉大な芸術家、画家、音楽家、弁護士、医者、説教師、政治家、政治家の胎動を探す必要もない。私たちが自分たちに課している仕事は、非常に単純であると同時に、非常に美しいもの: それは、今いる場所……家庭、店、農場……で、これらの人々を完全に理想的な生活を送れるように訓練することである39。

未来へ戻る

過去からの4つ目のコンピュータープリントを紹介しよう。これは風刺であり、警告でもある。1949年、ジョージ・オーウェルは『1984年』という古典的小説を書いた。その中で彼は、現在タイムマシンに乗っている私たちの目の前にあるのと同じ「未来的」な光景を描いた。彼の唯一の誤りは、本のタイトルになった日付だったようだ。もし彼が今日この本を書いていたら、2054年というタイトルにしただろう。

オーウェルは未来の世界を、オセアニア、ユーラシア、イースタシアと呼ばれる3つの地域に分けて描いた。オセアニアはアメリカ大陸とイギリス、オーストラリア、太平洋諸島からなり、ユーラシアはロシアとヨーロッパ大陸、イースタシアは中国、日本、東南アジア、インドからなる。これらの超大国は常に戦争状態にある。戦争は敵を征服するために行われるのではなく、住民を支配することを第一の目的としている。戦時には犠牲が必要なため、3つの領土の人々は悲惨な抑圧に耐えている。アイアンマウンテンからの報告』に概説されている策略のほとんどはオーウェルの叙述にもあるが、オーウェルが最初にそれらを記述した。このシンクタンクは、いくつかの概念の出典としてオーウェルを信用することさえ厭わなかった。例えば、近代的で洗練された形態の奴隷制度を確立するというテーマについて、アイアンマウンテンのグループはこう述べている:

これまでは、これはフィクションの中だけで、特にウェルズ、ハクスリー、オーウェル、そして未来の社会学の想像的予測に携わる他の人々の作品の中で示唆されてきた。しかし、『ブレイブ・ニュー・ワールド』や『1984年』で描かれた空想は、その出版から年月が経つにつれて、ますますあり得なく思えてきた。奴隷制を古代の産業革命以前の文化と結びつけて考える伝統的な考え方は、先進的な社会組織形態への適応性という点で、私たちの目を曇らせてはならない40。

このことから、オーウェルの作品は娯楽小説以上のものであることがわかる。オーウェルの作品は、単なる娯楽小説ではないのだ。我々の師匠となるべき人物は、オーウェルを注意深く研究している。我々もそうあるべきだ。これは彼が書いたものだ:

これら3つの超国家は恒常的に戦争状態にあり、過去25年間そうであった。しかし、戦争はもはや20世紀初頭のような絶望的で全滅的な闘争ではない。これは、戦争の遂行や戦争に対する一般的な態度が、血に飢えたものでなくなったとか、騎士道精神にあふれたものになったということではない。それどころか、戦争ヒステリーはどの国でも継続的かつ普遍的であり、強姦、略奪、子供の殺戮、全住民の奴隷化、捕虜に対する報復として茹でたり生き埋めにしたりするような行為は、ごく普通のことと見なされている……。

現代の戦争の第一の目的は、一般的な生活水準を上げることなく、機械の生産物を使い切ることである。「[機械」とは、商品を生産する社会の技術的・工業的能力のことである。] … 機械が初めて姿を現した瞬間から、人間の苦役の必要性、ひいては人間の不平等の必要性がかなりの程度まで消滅したことは、すべての考える人々にとって明らかであった。もし機械がその目的のために意図的に使われるなら、飢餓、過労、汚れ、非識字、病気は数世代のうちになくすことができるだろう……。

しかし、富の全面的な増大が、階層社会の破壊を、場合によっては破壊をもたらすことも明らかだった。誰もが短時間で働き、十分な食事をし、バスルームと冷蔵庫のある家に住み、自動車や飛行機さえ所有する世界では、最も明白で、おそらく最も重要な不平等の形態はすでに消滅していただろう。もしそれが一般的になれば、富は何の区別も与えなくなるだろう……。そのような社会は長くは安定しない。というのも、もし余暇と安全がすべての人に平等に享受されるようになれば、普段は貧しさに茫然自失している人間の大勢が、識字能力を身につけ、自分の頭で考えることを学ぶようになるだろう。長い目で見れば、階層社会は貧困と無知の上にしか成り立たないのだ……。

戦争の本質的な行為は破壊であり、必ずしも人命の破壊ではなく、人間の労働生産物の破壊である。戦争は、大衆を快適にし、ひいては長期的には知性を高めるために使われるかもしれない物質を、粉々に砕き、成層圏に流し、海の底に沈める手段なのだ……。

実際には、人口のニーズは常に過小評価されており、その結果、生活必需品の半分が慢性的に不足している。一般的な欠乏状態は、小さな特権の重要性を高め、ある集団と他の集団との間の区別を拡大させるからである…。社会的雰囲気は包囲された都市のようであり、そこでは馬肉の塊の所有が富と貧困の分かれ目となる。そして同時に、戦争中であること、つまり危険にさらされていることの結果、すべての権力を小さなカーストに譲り渡すことが、生き残るための自然で避けられない条件であるように思われる……。

戦争は、必要な破壊を成し遂げるだけでなく、心理的に受け入れられる方法でそれを成し遂げることがわかるだろう。原理的には、神殿やピラミッドを建てたり、穴を掘っては埋め戻したり、あるいは大量の商品を生産しては火を放ったりして、世界の余剰労働力を浪費するのはごく簡単なことである。しかし、それは経済的なものでしかなく、階層社会の情緒的な基盤を提供するものではない。

戦争の目的は、領土を征服したり、征服を防いだりすることではなく、社会の構造を無傷に保つことである。

現代の全体主義における廃棄物の機能

繰り返しになるが、オーウェルの厳しい物語が『アイアンマウンテンからの報告』の主要なモデルであったことは明らかである。『未来の青写真』の著者は、大衆の生活水準の向上を妨げる手段として、計画的な浪費の価値について長々と語っている。彼らはこう書いている:

大量破壊兵器の生産は、常に経済的な 「浪費」と結びついてきた。この言葉は、機能不全を意味するため、侮蔑的である。しかし、いかなる人間の活動も、その文脈上の目的を達成するのであれば、浪費とみなすことはできない……。

軍事的「浪費」の場合、より大きな社会的有用性が確かに存在する……。先進的な近代民主主義社会では、戦争制度は……必要な社会階級が排除されるのを防ぐ最後の大きな安全装置として機能してきた。経済生産性が最低限度の生活水準をさらに上回る水準にまで高まるにつれて、社会が「薪をくべる者と水を汲む者」の存在を保証する分配パターンを維持することはますます困難になる…。

戦費やその他の軍事活動の恣意的な性質は、こうした本質的な階級関係を統制するのに理想的である。社会がインセンティブとして必要とする貧困の質と程度を維持し、権力内部組織の安定を維持するため以外の理由がないとしても、戦争制度の継続は保証されなければならない42。

現実の過去と想像上の未来からのこれらの文書は、私たちの現在をよりよく理解するのに役立つ。政府の無駄遣いの光景が、突然論理的に見えてくる。農家に金を払って農作物を荒らしたり、1兆ドルもの兵器システムを購入しても、それが配備されることはなく、場合によっては完成すらしないこともある。ツェツェバエの性生活の研究に資金を提供したり、芸術家を装ったポルノグラファーに助成金を与えたりするのは、愚かさではない。このような浪費の背後にある最大の目的は、国の資源を浪費することである。欧米諸国における生活水準の低下が、持てる者と持たざる者の格差の拡大に関連していることは、もはや明らかだ。しかし、それほど明白ではないのは、これが計画通りだということだ。そのためには、政府支出における巨額の無駄は不幸な副産物ではなく、目標なのだ。

そこで、戦争に代わる許容可能なものを見つけるという問題に戻る。戦争は究極の浪費であるだけでなく、人間の行動の究極の動機でもある。オーウェルが言ったように、戦争がない場合の浪費は、「階層社会のための経済的基盤のみを提供し、感情的基盤は提供しないであろう」環境汚染モデルは、戦争に取って代わるほど人間の行動を十分に動機付けることができるだろうか?

それは安全な仮定ではない。将来、戦争が起こる可能性は否定できない。環境汚染モデルはまだ十分に証明されていない。限られた目的、限られた規模ではうまく機能しているが、物理的な戦争のヒステリーの可能性に匹敵するかどうかはまだ疑わしい。世界のプランナーは、新しいモデルが何年にもわたって実証されるまで、戦争の使用を放棄しないだろう。この点について、アイアンマウンテンからの報告書は力説している:

平和の到来に備える最善の方法を尋ねられたら、私たちはまず、1)その代わりに何を置く予定なのかが正確にわかるまで、そして、2)合理的な疑いを超えて、これらの代替制度が社会の存続と安定という点でその目的を果たすと確信できるまで、戦争制度を責任を持って消滅させることはできないと、できるだけ強く答えなければならない……。現時点では、平和が実現するかどうかは不確かである。仮に平和が明白に達成可能であったとしても、それが望ましいものであるかどうかは、はるかに疑わしい……43。

世界政府への移行としての地域主義

世界の国々が3つの地域の超国家へと合体していく様子は、我々がタイムマシンを起動させる前からすでに目に見えていた。最初の一歩は厳密に経済的なものだったが、すぐに政治的、軍事的な統合が行われた。ロシアを含む欧州連合(EU)は共通通貨の発行から始まり、最終的には機能的な地域政府に統合された。自らをその名で呼ぶことは避けたが、それはオーウェルのユーラシアだった。カナダ、米国、メキシコ、南米を結ぶ条約によって、オセアニアの基本的な輪郭が形成され、地域通貨として連邦準備券を中心に構築された。日本はやがて、貿易が唯一の利点でなくなると欧米に敵対するようになり、欧米の援助と技術によって築き上げられた中国や、欧米から原子技術を与えられたインドとともに、イースタシアの政治的中心地となった。1980年代になっても、この国は 「大東亜共栄圏」と呼ばれていた。その通貨制度は円に基づいていた。

旧東アジア諸国の人々は、世界政府への大きな飛躍の準備ができていなかった。より短く、より恐ろしくない一連のステップを踏んで、その目標へと導く必要があった。経済的・軍事的な独立を、民族的・文化的な起源が近く、国境を共有する地域的な集団に明け渡すことを、彼らはより望んでいた。数十年の移行期間を経て、ようやく最終的な合併が可能となった。その間、世界は戦争と平和の狭間に置かれた。戦争が繰り返されるたびに、人々はおびえ、貧しくなり、集団化した。最後には、世界政府が不可抗力的に誕生した。そのころには、環境汚染モデルと異星人侵略モデルが完成し、人間のモチベーションを高めるようになっていた。しかしそれでも、大規模な「平和維持」活動を正当化するために、必要に応じて地域的な反乱が引き起こされることはあった。戦争が完全に放棄されることはなかった。戦争は、社会の安定化のために必要なものであることに変わりはなかった。

未来はどの程度固定されているのか?

さて、私たちが出発した現在に戻り、私たちの旅を振り返ってみよう。まず私たちを驚かせるのは、未来が私たちが見たとおりに展開するとは断言できないということだ。変数が多すぎるのだ。プライマリー・アサンプション・セレクターを現在のトレンドに設定したとき、セカンダリー・アサンプション・セレクターはそのままにしておいた。それは銀行危機を指していた。もし次の「銀行危機なし」を選んでいたら、私たちの旅は違ったものになっていただろう。預金者の長蛇の列も、店頭でのパニック買いも、株式市場の閉鎖も見られなかっただろう。しかし、もっと遠い未来に同じような絶望の光景を目の当たりにしていただろう。ただ、そこに到達するまでの道のりが違っていただけなのだ。

社会をグローバルな全体主義へと駆り立てる力は少しも変わらないだろう。破滅的なメカニズムが働いていることに変わりはない。CFRが政府とメディアの権力中枢を掌握している。そして有権者は、自分たちが何をされているのかを知らず、それゆえに抵抗することもできない。環境・経済条約や国連への軍縮を通じて、世界中央銀行、世界政府、その命令を執行する世界軍隊の出現を目の当たりにするだろう。インフレと賃金・物価統制は、多かれ少なかれ同じように進行し、消費財を廃れさせ、人間を束縛へと追いやっただろう。一連の経済的痙攣の中で新世界秩序に向かって進むのではなく、より暴力的でない道を旅し、まったく同じ目的地に到達したにすぎない。

支配的な計画者たちは、より穏やかな道を歩むことを好むだろう。忍耐強い漸進主義の方がリスクは少ない。しかし、すべてがコントロールできるわけではない。出来事が手に負えなくなり、強力な経済力が突然解き放たれることもある。意図的に起こさなくても、銀行危機は起こりうる。

一方、陰謀団は、危機は大衆を他の方法よりも早く家畜小屋に追い込むのに有効であることも知っている。したがって、科学的に操作された危機の適用を否定することはできない。それは様々な形をとる可能性がある: 民族的暴力、テロリズム、疫病、さらには戦争そのものである。しかし、そのどれにも違いはない。それは、私たちの時間旅行の方向を変えるものではない。私たちの具体的なルートが決まるだけだ。川の流れのように、自然の障壁によって、あるいは人工の水路や堤防、ダムによって迂回させられるかもしれないが、最終的には海に到達する。したがって、銀行危機やその他の大災害が起こるかどうかは、比較的重要ではないというのが結論である。これらはすべて、無意味な二次的仮定である。将来の新たな封建主義を回避するための唯一の希望は、一次的前提を変えることである。次のように変えるのだ: 現在の傾向を逆転させる。

要約

将来の出来事に関する悲観的なシナリオには、銀行危機、政府による救済、最終的な全銀行の国有化が含まれる。最終的なコストは莫大で、連邦準備制度理事会(FRB)が作り出した資金で賄われる。それはインフレという形で国民に転嫁される。

さらなるインフレは、福祉プログラム、社会化医療、権利プログラム、国債の利子の継続的な拡大によって引き起こされる。ドルは最終的に、事実上の世界の通貨として放棄される。何兆ドルものドルが、外国の投資家によってアメリカに送り返され、できるだけ早く有形資産に換金される。そのため、以前よりもさらに大きなインフレが起こる。インフレ圧力は非常に大きく、産業や商業は停止する。物々交換が交換手段となる。アメリカは、南米、アフリカ、アジアの不況国の仲間入りをする。

政治家たちはこの機会をとらえ、大胆な改革を打ち出す。その改革とは、政府権力の拡大、新たな規制機関、自由への制限の強化といった、まさに最初に問題を引き起こしたものをさらに強化することである。しかし今度は、そのプログラムが国際的な色彩を帯び始める。アメリカドルは新しい国連の通貨に置き換えられ、連邦準備制度はIMF/世界銀行の支部になる。

現金や当座預金に代わって、電子送金が徐々に普及する。これにより、国連機関はすべての人の金融活動を監視できるようになる。そのために機械読み取り可能なIDカードが使われる。どの政府機関からもレッドフラッグが付けられた場合、そのカードは無効となり、すべての経済取引と旅行から遮断される。究極のコントロールである。

革命運動や民族衝突による街頭暴力の増加は、戒厳令の口実となる。国民は、国連兵がIDカードをチェックするのを見て喜んでいる。警察国家が公共の安全の名のもとに登場するのだ。

やがて、住宅ローン業界を救済した結果、すべての個人住宅が政府に乗っ取られる。元大家が固定資産税を払えないため、賃貸物件も取り上げられる。人々はこれらの住居にリーズナブルな費用で、あるいはまったく費用をかけずに住むことが許される。しかし、徐々に明らかになるのは、政府は今やすべての住宅やアパートの所有者だということだ。人々は政府の意のままにそこに住んでいる。彼らはいつでも配置転換できる。

賃金と物価は統制されている。反体制派は労働軍に入れられる。支配階級のエリート以外は自動車を所有しない。大衆には公共交通機関が提供され、限られた技能しか持たない者は、割り当てられた仕事場から徒歩圏内の官舎に住む。男性は主人に従属する農奴のレベルにまで落とされた。彼らの生活状況は、ハイテク封建主義としか言いようがない。

未来がまさにそのように展開するという確証はない。例えば、もし銀行危機が起きないと仮定していたら、私たちの旅は違ったものになっていただろう。預金者の長蛇の列も、店頭でのパニック買いも、株式市場の閉鎖も起こらないだろう。しかし、もっと遠い未来に同じような絶望の光景を目の当たりにすることになるだろう。ただ、そこにたどり着くまでの道のりが違うだけなのだ。なぜなら、社会をグローバルな全体主義へと駆り立てる力は少しも変わっていないからだ。破滅のメカニズムが働いていることに変わりはない。CFRが政府とメディアの権力中枢を掌握している。選挙民は自分たちが何をされているのか知らず、それゆえ抵抗することもできない。環境・経済条約や国連への軍縮を通じて、世界中央銀行、世界政府、その命令を執行する世界軍隊の出現を目の当たりにするだろう。インフレと賃金・物価統制は、多かれ少なかれ同じように進行し、消費財を廃れさせ、人間を束縛に追いやっただろう。一連の経済的痙攣の中で新世界秩序に向かって進むのではなく、より暴力的でない道を旅し、まったく同じ目的地に到達したにすぎない。

第26章 現実的なシナリオ

悲観的なシナリオを回避するためには何をしなければならないか、通貨乱発を止めるために取らなければならない具体的な措置のリスト、経済的二日酔いがどの程度深刻になるかの評価、個人的な生き残り、そしてその先のためのチェックリスト。

前章で紹介した悲観的なシナリオは、人々の興味をそぐような語り口だ。たとえそれが真実であったとしても、いや、真実であればなおさらだと言うべきだろう。アドレー・スティーブンソンが大統領候補者だったときに言ったように、だ: 「好意的な空想と不愉快な事実の争いは不平等である。アメリカ人は良いニュースには目がない。

では、すべてがうまくいき、繁栄が回復し、自由が保たれるという楽観的なシナリオはどこにあるのだろうか?実は、それを見つけるのは難しくない。新聞のどこかに毎日載っている。それは、ほとんどすべての政治家、専門家、コメンテーターが共有する信仰である。もしあなたがそれを聞きたいのなら、この本を読むだけ時間の無駄だ。

楽観的なシナリオはない。事態はそれどころではない。議会に歳出削減、債務削減、国連条約からの離脱を迫ることで事態を好転させ始めたとしても、陰謀団は激しい戦いなしには手放さないだろう。1834年、アメリカ第二銀行が経営難に陥ったとき、それを支配していたニコラス・ビドルは、経済にできる限りの大混乱を引き起こし、それをジャクソン大統領の反銀行政策のせいにしようとした。突如として信用を引き締め、流通資金を引き揚げることで、本格的な国家恐慌を引き起こしたのだ。攻撃の頂点に達したとき、彼はこう宣言した: 「他のすべての銀行とすべての商人は破たんしても、合衆国銀行は破たんしない」44と宣言した。今日の連邦準備制度によって引き起こされる可能性のある破壊の規模は、ビドルが放ったものよりはるかに大きい。その選択肢を行使せずに、陰謀団が静かに権力を放棄すると考えるのは、純粋な自己欺瞞である。誰も無傷では済まされないと結論づけなければならない。地獄の代償を払うのは我々である。

FRB廃止の第7の理由

連邦準備制度と何の関係があるのだろうか?答えは、連邦準備制度が悲観的シナリオの出発点だからだ。出来事の連鎖は、中央銀行によって作られた不換紙幣から始まり、政府の負債につながり、インフレを引き起こし、経済を破壊し、国民を貧困化させ、政府の権力を増大させる口実を提供し、全体主義に至る継続的なプロセスである。この方程式から連邦準備制度を排除すれば、悲観的なシナリオは存在しなくなる。これがFRBを廃止する7つ目の、そして最後の理由: FRBは全体主義の道具なのだ。

楽観的なシナリオが楽観的過ぎ、悲観的なシナリオが悲観的過ぎるとしたら、私たちが未来に望むべきシナリオは何だろうか。

楽観主義と悲観主義の中間に位置する中道がある。それは現実主義と呼ばれるものだ。現実的なシナリオというのは、そうなることが決まっているという意味ではないし、そうなる可能性が高いという意味でもない。ある条件が満たされれば起こりうるという意味においてのみ、現実的なのである。この章の残りは、それらの条件の分析に費やされる。

まず、敵対するシニシズムが、我々が直面している問題を述べることから始めよう: 「現在の傾向を覆すことができると信じるのは現実的だろうか?政府、メディア、教育に対するCFRの支配を打破するために、この期に及んで何かができると考えるのは空想にすぎないのではないか?新聞、雑誌、テレビ、映画による洗脳に対して、ガムを噛んでいる国民が上流に行くと本当に期待しているのだろうか?”

無関心も加わる: 「忘れろ。君たちにできることは何もない。銀行家と政治家が金と権力を握っている。ゲームはすでに終わっている。今のうちに人生を楽しもう」

シニシズムや無関心に耳を傾けてはならない。彼らはあなたの敵の手先だ。彼らは、あなたが争うことなく静かに列に並び、服従することを望んでいる。しかし、彼らは見過ごしてはならない点を指摘している。戦いは大きく進展し、我々の立場は良くない。現在の傾向を覆そうとするならば、われわれは気の遠くなるような努力をする覚悟が必要だ。それは「議員に手紙を書こう」とか「火曜日に投票しよう」とか「嘆願書に署名しよう」とか「寄付を送ろう」ということではない。それはあまりにも簡単すぎる。それらの手段は、戦いのプランの中ではまだ重要な役割を果たしているが、必要性にははるかに及ばない。アームチェア・キャンペーンではもはややっていけない。

どのような取り組みが必要かという問題に目を向ける前に、まず私たちが成し遂げたいことは何なのかを明確にしよう。

やってはならないこと

まず、「やってはならないこと」という否定から始めよう。このカテゴリーで最も明白なのは、私たちを病気にしたのと同じ「治療法」を、これ以上政府に求めてはならないということだ。FRBや財務省、大統領にこれ以上の権限を与えてはならないし、別の政府機関も必要ない。おそらく新しい法律も必要ないだろう。ただし、現在有効な古い法律の一部を廃止する立法措置は例外かもしれない。私たちの目標は政府の縮小であり、拡大ではない。

単にFRBを廃止し、その運営を財務省に委ねるというようなことは望んでいない。それは、問題があることは知っているが中央銀行の歴史を勉強していない人々の間で人気のある提案だ。ポピュリスト運動や、彼らが社会的信用と呼ぶものを提唱する人々の間で、繰り返し取り上げられるテーマである。彼らの主張は、連邦準備制度は民間所有であり、政治的統制から独立しているというものだ。国家の通貨を発行する権限を持つのは議会だけであり、民間銀行家の集団ではない。財務省に紙幣と銀行信用を発行させれば、銀行家に一銭の利子も払うことなく、必要なお金はすべて手に入る、と彼らは言う。

魅力的な議論だが、重大な欠陥がある。第一に、FRBが個人所有であるという概念は法律上の虚構である。加盟銀行は株式を保有しているが、議決権の重みはない。銀行の規模や資本金の多寡にかかわらず、各銀行の議決権は1票である。株式は売買できない。株主は、所有権に付随する通常のコントロールの要素を何一つ持たず、実際、中央理事会に従属する。総務会の7人のメンバーは大統領によって任命され、上院によって承認される。FRBが直接的な政治的支配から独立しているのは事実だが、議会によって創設され、議会によって消滅させられることも決して忘れてはならない。実際のところ、連邦準備制度理事会は政府の機関でもなければ民間でもない。ハイブリッドなのだ。連邦準備制度は、議会から特別な特権を与えられた大規模な商業銀行の連合体である。より正確には、連邦法によって保護されたカルテルである。

しかし、より重要な点は、FRBが政府であろうと民間であろうと違いはないということだ。仮にFRBがすべて民間であったとしても、単に政府に移管されるだけでその機能は変わらない。FRBを運営するのは間違いなく同じ人間であり、政治的な目的のために通貨を作り続けるだろう。イングランド銀行は中央銀行の草分け的存在だ。設立当初は民営だったが、最近になって英国政府の正式な機関となった。現在も中央銀行として運営されており、実質的には何も変わっていない。他の先進国の中央銀行はすべて、それぞれの政府の直属機関である。その機能は連邦準備制度理事会(FRB)と区別がつかない。構造や所有権の技術的な問題は、機能ほど重要ではない。連邦準備制度理事会を財務省に移管し、同時に中央銀行としての機能、つまり通貨供給量を操作する能力を奪うことは、時間の浪費にほかならない。

財務省が国の通貨を発行するという提案は別の問題であり、誰がFRBを所有しているかとは関係ない。連邦政府が憲法を遵守し、正直の原則を守る限り、通貨を発行することに問題はない。連邦議会は、金や銀に100%裏打ちされていない紙幣を発行することを禁じている。この記述の背後にある理由に疑問がある場合は、先に進む前に第15章を復習しておくとよいだろう。

連邦準備制度がなくても、議会が必要なだけの貨幣を発行できるのであれば、国債に利子を支払う必要がなくなるのは事実である。国債の大部分は、民間部門の個人や機関が保有している。利払いを停止しても、保険契約や投資、退職金制度を失う何百万人もの人々ほどには、大手の悪徳銀行家は痛まないだろう。社会信用制度は、経済を一挙に一掃してしまうだろう。

それでもなお、より深刻な問題は解決されないだろう。銀行家は詐欺から切り離されるが、政治家は残るだろう。議会は中央銀行として機能し、マネーサプライは拡大し続け、インフレは轟き続け、国家は滅び続けるだろう。それに、金や銀の裏付けなしに貨幣を発行することは憲法に違反する。

JFKの噂

1981年、ケネディ大統領が40億ドル以上の合衆国紙幣を印刷するよう財務省に指示する大統領令11110号に署名したため、隠れたマネー・パワーのエージェントによって暗殺されたという噂が流れた。それは、まさに我々が議論している種類の貨幣である。連邦準備制度ではなく、政府が発行する金銀の裏付けのない紙幣である。噂によると、銀行家は資金供給の利払いを失うことになるので激怒したという。しかし、この命令を突き止めたところ、それは合衆国紙幣ではなく銀券に関するものであった。銀券は銀の裏付けがあり、つまり本物の貨幣であるから、その点では噂は間違っていた。しかし、銀券には利子もつかない。しかし、誰もが見落としている第三の点があった。大統領令は、財務省に銀券を発行するように指示したのではない。ただ、そのような機会があれば、銀券を発行することを認めただけである。しかし、そのような機会は訪れなかった。銀券の最後の発行は1957年で、ケネディ大統領令の6年前のことである。1987年、レーガン大統領が署名した大統領令12608号によって、この命令は取り消された。

政府は1963年に一部の米国債を印刷したが、これは1868年に制定された米国債発行残高を一定水準に維持するよう財務省に指示した議会法に対応したものであった。そのため、古い債券の磨耗や破損した見本は新しい債券と交換する必要があった。これらの新券の一部は流通したが、すぐに個人コレクターに買い占められてしまった。これらの新券が通貨供給の重要な一部となることはなく、そのような意図もなかった。この印刷はJFKによって命じられたものではなく、実際、JFKがそのことを知る理由すらなかった。

JFKの死における銀行家の役割に関する根強い噂は、保守界隈で流布された数冊の本によって補強された。それらの本には、暗殺のわずか10日前にケネディがコロンビア大学で行ったスピーチの不吉な一節が掲載されていた。彼はこう言っている: 「大統領という高い地位が、アメリカ人の自由を破壊する陰謀を煽るために利用されている。大統領職を去る前に、私は市民にその窮状を知らせなければならない」45。しかし、コロンビア大学に講演録を提供するよう問い合わせたところ、ケネディは暗殺の10日前にも、それ以外のときにも、コロンビア大学で講演していないことがわかった!ボストンにあるジョン・フィッツジェラルド・ケネディ図書館の司書長、ロナルド・ウィーランは次のような追加情報を提供している: 「暗殺の10日前、大統領はホワイトハウスで、とりわけポルトガルの駐米大使と会談していた」46。

暗殺の10日前、大統領はホワイトハウスで、ポルトガルの駐米大使らと会談していた」46。大統領は別の日に、別の聴衆の前で、彼とされる発言をした可能性がある。それでも、このメッセージにはいくつかの意味がある。FRBを暴露するつもりだったというのは、その中でも最も可能性が低い。ケネディは生涯、社会主義者であり国際主義者であった。彼はファビアン・ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに通い、アメリカの通貨供給の破壊に参加し、アメリカの富を外国に移転させた。(109ページ参照)彼が突然「光明を見いだし」、長年の信念とコミットメントを撤回したと信じる理由はほとんどない47。

マネタリスト対サプライ・サイダー

しかし、話はそれた。金融改革に関する実行不可能な理論に話を戻そう。このカテゴリーで著名なのは、マネタリストとサプライ・サイダーである。ミルトン・フリードマンの理論を信奉するマネタリストは、連邦準備制度理事会(FRB)のマンドレイク・メカニズムによって貨幣を作り続けるべきだが、その供給量はFRBではなく、議会が定めた厳格な公式によって決定されるべきだと考えている。アーサー・ラッファーとチャールズ・カドレクに代表される供給サイドの人々もまた、公式を信じるが、彼らは異なる公式を持っている。彼らは、貨幣の量を現在の金需要によって決定することを望んでいる。彼らは、紙幣が完全に裏打ちされた真の金本位制について話しているのではない。彼らが「金価格ルール」と呼ぶものに従えば、自由市場で金の価格を観察し、金と比較した相対的な価値をほぼ一定に保つために通貨供給量を拡大したり縮小したりしてドルをいじくるだけだ。

これらのグループは根底に流れる哲学を共有している。それぞれ異なる方式をとっているが、マネーサプライの操作という点では一致している。自由市場は援助なしには機能しないという信念を共有し、政治的に作られた公式、局、機関の知恵と完全性への信頼を共有している。FRBは究極の介入メカニズムであるため、このような議論を通じて無傷のままである。FRBを本当に変えたいわけではない。FRBを運営する順番が欲しいだけなのだ。

時折、真に独創的な提案が現れ、人々の注目を集めることがある。ジェリー・ジョーダンは1989年、保守的な通貨理論家たちが集まる権威ある会合で演説し、マネタリーベースを拡大するには全国規模の宝くじが必要だと提案した。政府は、宝くじの売り上げよりも多くの賞金を支払う。その余剰分がマネタリーベースの拡大分となる。おそらく、マネーサプライを縮小させたいのであれば、受取額よりも支払額を少なくすることになるだろう。もちろん問題は、マネタリーベースの増加を制度的に効果的に抑制できないことだ」とジョーダン氏は付け加えた48。

均衡予算修正案

いわゆる均衡予算の憲法改正も、解決策にはならない。実際、これは幻想であり詐欺である。議会で最大の浪費家の何人かが支持者だ。彼らはそれが有権者に人気があることを知っているが、自分たちの支出スタイルを少しも窮屈にすることはないだろう。もし税金以上の支出が許されなければ、増税の完璧な口実ができる。有権者に対して制限を設けることは、有権者を罰することになる。一方、有権者は増税の重荷に耐えかねて倒れ、以前は支持していた修正条項を回避するよう議員に要求するだろう。それは簡単なことだ。均衡予算修正案のほとんどのバージョンには、まさにそのための逃げ道が用意されている。議会は「緊急の場合を除き」予算を均衡させなければならない。何が緊急事態なのかは誰が決めるのか?もちろん議会だ。言い換えれば、議会は財政均衡を望まない場合を除き、予算を均衡させなければならないということだ。では、他に何が新しいのだろうか?

まじめな修正案は、予算の均衡ではなく、支出の制限に取り組まなければならない。そうすれば、予算はどうにでもなる。しかし、現在の議会の構成を考えれば、それすら時間の無駄だろう。憲法改正のために政治的圧力をかけるのではなく、同じ努力を大金持ちを失脚させることに向けた方がいい。歳費を使う人々がそこにとどまることを許される限り、彼らは憲法そのものを含め、どんな法律でも回避する方法を見つけるだろう。

均衡予算修正案のもう一つの欠陥は、エンタイトルメントと呼ばれる予算外支出に影響を与えないことだ。これらは現在、連邦支出全体の52%を占め、毎年12%ずつ増加している。この負担を無視するような戦略は、検討に値しない。仮に議会が赤字支出を止めさせることができたとしても、均衡予算修正案はインフレや国家債務返済の問題を解決するものではない。連邦準備制度理事会(FRB)は今や、文字通り世界中のあらゆる債務を使って、通貨供給量を膨張させることができる。それは議会が決めることではない。連邦準備制度理事会(FRB)そのものに狙いを定めない限り、私たちは勝算のない政治的駆け引きをするだけだ。

毎年、連邦準備制度を調査または監査する法案を提出する議員がいる。彼らの努力は称賛に値するが、その過程は無益なものでしかない。彼らの法案はほとんど宣伝されず、委員会で採決されることもない。しかし、仮に真剣に注目されたとしても、実際には逆効果になりかねない。

表面的には、議会の調査や監査に何の問題もないように見えるが、何を調査すればいいのだろうか?我々は、FRBが言うとおりに行動し、法律を完全に遵守していると考えなければならない。おそらく、個人的な資金の乱用やインサイダーによる利益供与に関わるいくつかの小さな不適切さが発見されるだろうが、それは、すでに誰の目にも明らかな巨大な不正行為に比べれば些細なことだろう。連邦準備制度は世界最大かつ最も成功した詐欺である。お金の本質を理解している人なら、調査官や監査人のチームがいなくとも、そのことがわかる。

FRBを監査するという提案の危険性は、監査が行われている間、何年も重大な行動を遅らせることになることだ。議会が何かをしているという誤った印象を与えることになる。また、金融技術者たちに、冗長な表現と紛らわしい統計で煙幕を張る機会を与えることになる。国民は、調査によってすべての答えが得られると期待するだろうが、調査すべき団体や組織が調査を行うか、少なくとも混乱させることになる。最終的に14巻にも及ぶ証言、図表、証拠書類が提出される頃には、国民は威圧され、疲れ果ててしまうだろう。FRBを監査する法案は必要ない。FRBを廃止する法案が必要なのだ。

FRBを廃止するための計画

やってはいけないことはここまでだ。連邦準備制度を廃止するために必要なのは、一文からなる議会法: 連邦準備制度法およびそのすべての改正を、ここに取り消す。しかし、それでは一夜にして通貨制度が一掃され、経済に大混乱が生じ、グローバリストの術中にはまることになる。彼らは、その結果生じる混乱を、このような動きが誤りであったことの証拠として利用し、アメリカ国民はおそらくIMF/世界銀行からの救済を歓迎するだろう。せっかく正しいことをしたのに、悲観的なシナリオに戻ってしまうのだ。

私たちが安全な道を歩むためには、FRBを放棄する前に一定のステップを踏む必要がある。最初のステップは、現在の不換紙幣を本物の貨幣に変えることだ。そのためには、現在の不換紙幣の真価を見極め、現実的な基準で新しい貨幣と交換し、段階的に流通を停止できるようにしなければならない。その方法は以下の通りだ:

法定通貨法を廃止する。連邦政府は、税金の支払いに連邦準備銀行券を受け入れ続けるが、それ以外の人々は、自由に連邦準備銀行券を受け入れるか、拒否するか、あるいは割引くことができる。人々に正直な貨幣を受け入れるよう強制する必要はない。不換紙幣だけが、投獄という脅しを必要とする。民間機関は、自由に技術革新を行い、競争すべきである。人々がグリーンスタンプやディズニー乗車券やバンク・オブ・アメリカ紙幣を交換手段として使いたいのであれば、そうする自由があるべきだ。唯一の条件は、契約を誠実に履行することである。グリーンスタンプの会社が、7冊の切手と引き換えにクリスタルランプを提供すると言うのであれば、そうするよう強制されるべきである。ディズニーは、裏面に印刷されたとおりの方法でクーポンを受け取ることを要求されるべきである。また、バンク・オブ・アメリカが預金者にいつでもドルを返してもらえると言うのであれば、100%の裏付け(硬貨または財務省証券)を常に金庫に保管しておくことを義務づけるべきである。新しい通貨への移行においては、旧来の連邦準備銀行券が引き続き広く使用されることが予想される。

ステップ6で必要となるものを除き、現在の連邦準備券の供給を凍結する。

貴金属の含有量で「本物の」ドルを定義する: 銀371.25グレインである。他の重さの銀や他の金属でもよいが、昔の銀貨は実績がある。

金を補助的な通貨準備として確立し、固定価格ではなく、自由市場によって設定される比率で銀の代わりに使用できるようにする。固定的な比率は、金と銀の価格が相対的に変動するにつれて、常に不公平になる。この比率で金が銀に置き換えられるかもしれないが、ドルの基礎となるのは銀だけである。

造幣局で自由な貨幣鋳造を復活させ、金の「ピース」と同様に銀の「ドル」を発行する。ドルもピースも金属含有量によって定義されるが、ドル、ハーフダラー、クォーターダラー、テンスダラー(10セント硬貨)と呼べるのは銀含有量のコインだけである。当初、これらの硬貨は民間が造幣局に持ち込んだ金属のみを原料とする。ステップ6で使用するために確保されている財務省の供給から引き出してはならない。

そのために作られた連邦準備券で、国の借金を返済する。裏付けのない貨幣を作ることは憲法で禁じられている。しかし、法律によって連邦準備券を法定通貨として受け入れることを強制される者がいなくなれば、連邦準備券はもはや米国の公式な貨幣ではなくなる。連邦準備券は、誰も受け取る必要のない一種の政府紙幣にすぎない。連邦準備券の有用性は、税金の支払いにおける有用性と、後日本物の貨幣と交換されることへの国民の期待によって決定されることになる。連邦準備券は合衆国の公式な貨幣ではないということを理解した上で、連邦準備券を作成することは、したがって憲法違反ではない。いずれにせよ、その行為はすでに終わっている。国債を連邦準備券で償還するという決定は、私たちのものではない。議会はずっと前にそれを決定しており、国債が発行された時点でその方向性は決まっていた。私たちは、その手を演じているに過ぎない。資金はそのために作られる。私たちが選択できるのは、今か後かという時期だけだ。国債をそのままにしておけば、インフレによって国の借金は帳消しになる。元のドルの価値は徐々にゼロになり、利子だけが残る。すべての人の購買力は失われ、国家は滅亡する。しかし、国債を否認せず、今すぐ返済することを望むなら、利払いの重荷から解放されると同時に、健全な通貨制度への道を開くことができる。

政府が蓄えている金と銀(軍事備蓄を除く)を、流通している連邦準備券の裏付けとして使うことを誓約する。これらの資産の非国有化は、とっくに終わっている。最近の歴史のさまざまな場面で、アメリカ人が金を所有することは違法であり、個人的に所有していた金は没収された。没収された金は、原則的に民間部門に返還されるべきである。残りの金も国民のものである。なぜなら、国民は税金とインフレによって金を支払ったからである。政府は、通貨供給を支える以外に金や銀の使い道がないのだ。金や銀を国民に返還し、その目的のために使う時が来たのだ。

  • 米国政府が所有するすべての金と銀の重量を求め、その供給量の総価値を実質(銀)ドルで計算する。
  • 流通している連邦準備銀行券の数を決め、貴金属の価値を券の数で割って、それぞれの実質ドル価値を計算する。
  • 計算された比率でドルとの交換を申し出ることで、すべての連邦準備銀行券を流通から廃止する。流通している連邦準備券をすべて償還するのに十分な金または銀が存在することになる50。
  • 連邦準備券に基づくすべての契約を、同じ交換比率でドルに交換する。これには、住宅ローンや国債と呼ばれる契約も含まれる。そうすることで、債務債務で表現される貨幣価値は、通貨と同じ基準で、同じ時期に換算されることになる。
  • 銀券を発行する。財務省が連邦準備銀行券をドルに交換する際、受取人は硬貨か100%裏付けのある財務省証券を選ぶことができる。これらの銀券は、新しい紙幣となる。

連邦準備制度を廃止する。連邦準備制度が中央銀行として機能しない限り、小切手の決済機関として存続することは可能である。小切手決済機関は必要であり、現在FRBを所有している銀行は、そのサービスを継続することを許されるべきである。しかし、銀行が税制上の補助金を受けて業務を行うことはもはや許されず、競争が許されなければならない。しかし、連邦準備制度は、現在連邦議会によって認可されているが、廃止されなければならない。

自由な銀行制度を導入する。銀行は規制緩和され、同時に納税者の負担による保護から解放されるべきである。救済措置はもういらない。FDICをはじめとする政府の「保険」機関は段階的に廃止し、その機能を民間部門の真の保険会社に委ねるべきである。銀行は要求払い預金に対して100%の準備金を確保することを義務付けられるべきである。あらゆる形態の定期預金は、現在のCDと全く同じように一般に提示されるべきである。言い換えれば、預金者は、自分の資金が投資され、それを取り戻すには一定期間待たなければならないことを十分に知らされるべきである。競争は、顧客のニーズに最も適した金融機関が繁栄することを保証する。そうでない金融機関は、銀行規制当局の軍隊を必要とすることなく、路頭に迷うことになる。

政府の規模と範囲を縮小する。社会主義の下では、経済問題の解決は不可能である。政府は生命、自由、財産の保護に限定されるべきだというのが著者の考えだ。つまり、現在連邦官僚機構にはびこっている社会主義志向のプログラムをほとんどすべて廃止するということだ。私たちが自由を維持し、あるいは取り戻すことを望むのであれば、これらのプログラムは廃止しなければならない。そのためには、連邦政府は保護という本来の機能に直接関係のない資産をすべて売却し、可能な限り多くのサービスを民間委託し、税金を大幅に削減して簡素化すべきである。

国家の独立性を回復する。国際レベルでも同様の抑制が必要である。軍縮と経済的相互依存につながるすべてのプログラムを撤回しなければならない。そのための最も重要な一歩は、われわれを国連から追い出し、国連を米国から追い出すことである。破棄しなければならない条約や行政協定は何百とある。中には建設的で、我々と他国との相互利益になるものもあるだろうが、その大半は破棄しなければならないだろう。それは、私たちが孤立主義者だからではない。単に、グローバルな専制政治に飲み込まれるのを避けたいからだ。

連邦準備券で国家債務を返済することは、債務の否認に等しいと言う人もいるだろう。そうではない。納税のために旧債券を受け入れることは否認ではない。旧債券を国民の金や銀の適切な取り分と交換することは、否認ではない。購買力をほとんど、あるいはまったく失うことなく、旧債券をそのまま健全な貨幣に転換することは、否認ではない。否認されるのは古い通貨制度だけだが、それは否認されるように設計されている。連邦準備制度を創設し、維持してきた金融・政治学者たちは、国の借金を返済するつもりはなかった。それは彼らの利益と権力への切符だった。インフレは分割払いの否認である。現在の制度は政治的なトリックであり、会計上の仕掛けである。我々はそれが何であるかを認めているに過ぎない。私たちは、彼らが私たちにしていることを理解していないふりをすることを拒否しているだけなのだ。これ以上ゲームに付き合うことを拒否しているのだ。

二日酔いの大きさを測る

以上が16のステップだが、その効果はどうだろうか?金銭的な断酒に戻るために支払うべき代償があることは驚くことではない。二日酔いは、暴飲暴食を続ける以外に避けることはできないが、それは死への道である。この暴飲暴食の代償を考えてみよう。新しい通貨が登場したとき、連邦準備銀行券の価値がいくらになるかを計算することによって、その価値を測ってみよう。

以下の図は、あくまでも説明のためのものである。データは公的な情報源と連邦準備制度理事会(FRB)自身から得たものだが、その正確さを知る方法はない。正確性の問題だけでなく、統計項目の中には、FRBの専門家でさえその意味がよくわからないものもある。このプログラムを適用する時が来たら、帳簿を監査し、金属を分析できる専門家からなるタスクフォースを組織する必要があるだろう。とはいえ、一般に公開されている最良の情報に基づくと、このようになる:

1993年9月30日現在、政府が保有する銀の総量は3,020万トロイオンスである。1993年9月30日に政府が保有していた銀の総量は、30,200,000トロイオンスであった。仮に、新ドルを371.25グレインの銀(0.77344トロイオンスに相当)とすると、その供給量は39,046,338.51ドルとなる。

この日の金価格は1オンスあたり384.95フェデラル・リザーブ紙幣であった。銀は1オンスあたり4.99不換紙幣であった。したがって、両者の比率は77対1であった。

金の供給量は2億6,190万オンスであった。従って、金の供給価値は(オンス重量の77倍で)260億7,351万7,000ドルであった。

銀と金を合わせた価値は26,112,563,338ドルとなる。

連邦準備制度理事会(FRB)がこの供給量で償還しなければならない紙幣の数は、M1マネーサプライ(通貨と要求払い預金)の合計に、国家債務の返済に必要な追加紙幣数を加えたものとなる。1993年 9月 27日現在の M1 は 1 兆 1,037 億 FRN であった52。国家債務は 43 億 9,570 万 FRN であった。したがって、償還される総額は54億9,940万FRNとなる。

この計算の結論は、連邦準備銀行券1枚の価値は0.0047銀ドルに相当するということである。銀貨1ドルは、連邦準備券213枚に相当する!

悪くはないが、それほど悪くはない

しかし、これは実際よりも悪く聞こえる。新しいドルは古いドルよりも購買力があることを忘れてはならない。硬貨は日常的な取引でより大きな役割を果たすだろう。5セントの電話や10セントの葉巻が復活するのだ。少なくとも最初のうちは、これらの品目の価格はおそらくそれ以下になるだろう。第7章で説明したように、金や銀はどのような量でも通貨制度の基礎として機能する。もしその量が少なければ、移行期には間違いなくそうなるであろうが、それは単に各単位の価値が高いことを意味するだけである。その場合、硬貨が問題を解決する。小銭はコーヒー1杯に使われ、1ミル(1セントの10分の1)は電話料金に使われる。新しい少額紙幣はそのニーズを満たすだろう。しかし、比較的短期間のうちに、金と銀の通貨供給量は自由市場の需要に応じて増加するだろう。供給が増えれば、相対的な価値は自然な均衡に達するまで下がる。その時点で、トークンはもはや必要とされなくなり、段階的に廃止することができる。

不便か?そうだ。自動販売機を新しいコイン用に改造しなければならないが、それは紙幣やプラスチックのデビットカードが使えるように改造するよりも難しいことではない。現実の貨幣への秩序ある回帰のために支払う代償としては安いものだ。

もうひとつの解決策は、新ドルの銀の量を少なくすることである。その利点は、現在の硬貨を使い続けられることである。しかし、マイナス面としては、移行後のコインが安すぎるため、移行後に頭痛の種となることである。今すぐ移行するのではなく、後回しにするだけなのだ。今がその時である。銀貨1ドルの本来の価値は、何世紀にもわたる試行錯誤の末に決定されたものだ。車輪を再発明する必要はない。私たちは、それが長期的にうまくいくことを知っている。

これまで銀行は、何もないところから作り出された貨幣の利子から、潤沢なキャッシュフローを享受してきた。それは変わるだろう。銀行は要求払い預金と定期預金を明確に区別しなければならなくなる。顧客は、もし要求に応じてお金を返してもらう特権を得たいのであれば、硬貨や財務省証券は金庫に保管され、他人に貸与されないことを知らされることになる。したがって、銀行に利息はつかない。もし銀行が預金で利益を得られないのであれば、預金者の資金を保護するための手数料と、チェック・サービスのための手数料を徴収しなければならない。もし顧客が預金から利息を得たいのであれば、預金は投資されるか貸し出されることになる。その場合、顧客はいつでもその資金を取り戻せるとは期待できない。顧客は、投資資金が満期を迎えるまでに一定期間が経過することを承知の上で、資金を定期預金に預けることになる。

この慣行が銀行に与える影響は甚大である。銀行は投資資金を集めるために高い金利を支払わなければならなくなる。諸経費を削減し、豪華な経費を削減しなければならなくなる。利益率は引き締まるだろう。効率は改善するだろう。かつては「無料」のサービスを提供していたが、それは実際には顧客の要求払い預金から得られる利子から支払われていた。これからは、チェックや預金の安全な保管といったサービスに対して料金を徴収することになる。顧客はおそらく、こうしたサービスにお金を払わなければならないことに最初は不満を持つだろうし、無料のトースターはなくなるだろう。

電子送金システムはおそらくその利便性から普及するだろうが、オプションとなるだろう。現金や小切手による取引は今後も重要な役割を果たすだろう。政府による監視は違法となる。流通するドルは連邦準備券よりも少なくなるが、1枚1枚の価値はそれに応じて大きくなる。各人が持つ購買力は、転換前と同じになる。しばらくの間、旧札と新札が一緒に流通することになり、両者の相対的な価値を判断するために必要な計算をするのが難しくなる人もいるだろう。しかし、それはヨーロッパに住む人々や外国に旅行する人にとっては日常的な作業である。アメリカ人がそれを扱えないほど愚かだと考える理由はない。

悪いニュースと良いニュース

これが簡単な移行であるかのように自分を欺くべきでない。非常に困難な時期であり、人々はまったく新しい考え方ややり方に慣れなければならない。現在の通貨供給の凍結は、株式市場やビジネス界にパニックを引き起こすかもしれない。株価が暴落し、紙くずとなった財産が元のコンピューターの中に消えてしまうかもしれない。簡単な信用供与の不足のために倒産する企業も出てくるかもしれない。弱体化した銀行は税金で救済されるよりも廃業が許されるだろう。失業率はしばらく悪化するかもしれない。タダ乗りに慣れていた人々は、歩くか、押すか、金を払うかしなければならなくなる。生活保護を受けている大衆は、小切手やフードスタンプを黙って手放すことはないだろう。メディアは不満の炎をあおるだろう。陰謀団は列車を脱線させるため、あらゆるスイッチの前に立ちはだかるだろう。

今が最も危険な瞬間であり、人々が砂漠での苦難の旅に疲れ、約束の地への関心を失う瞬間である。捕囚への復帰を切望し、パロの奴隷の穴へと戻るかもしれない時なのだ。

しかし、重要な点は、これらの問題のほとんどは一時的なものだということだ。新しい貨幣への移行期間中だけ存在するのだ。造幣局で無料の硬貨が入手できるようになり、銀貨や金貨の需要がどれほどあるかが人々に知れ渡れば、鉱夫や宝石商が続々と現れ、貴金属を大量に蓄えて国の通貨ストックに加えるだろう。外国人も間違いなく流入に拍車をかけるだろう。古い銀貨や金貨も市場に再び出回るだろう。貴金属の貯蔵量が需給に対応するにつれ、あっという間に貨幣の量は増え、単位あたりの価値は自然な均衡まで下がるだろう。

それはインフレではないのか?そうだが、不換紙幣によるインフレとは4つの点で大きく異なる: (1)政治家や銀行家が個人的な意図を高めるために経済を操作しようとすることによって引き起こされるのではなく、需要と供給の均衡を求める自然な経済力によって引き起こされる: 金や銀を採掘する人間の努力と、金や銀で買えるものを創造する人間の努力が等しくなる、自然な均衡点である。その時点に達すると、通貨供給量の拡大は止まり、インフレは一旦、完全に止まる。二日酔いはなくなる。その時点から、技術の進歩によって生産効率が向上するにつれて、物価は徐々に下がり始める。物価が下がり、雇用機会が増え、豊かになるにつれて、不満の声は徐々に消えていくだろう。嵐が去った後、アメリカは誠実な通貨供給、国債のない政府、インフレのない経済を手に入れるだろう。

今後どのようなシナリオが展開されるにせよ、その先には白い波が待ち受けている。綱を締め、激流に備えた方がいい。私たちは、自分自身と家族のために、反対側に出る可能性を高める対策を講じる義務がある。もし悲観的なシナリオが実行されるなら、私たちが何をしようとほとんど変わらないだろう。しかし、現実的なシナリオでは、経済的に大きな違いをもたらす予防策がある。

これらの対策の知恵を十分に理解するためには、一旦立ち止まって、経済の安全性と健全性への移行が秩序だったものにならない可能性を考慮するのがよいだろう。現実的なシナリオのもうひとつのバリエーションは、国連で組み立てられている国際機構を含め、このシステム全体が崩壊する可能性があるというものだ。もしそうなれば、健全な通貨システムへの秩序ある移行を心配する必要はなくなる。私たちの最大の関心事は、基本的な生存である。

経済的混乱や内乱は、必ずしも世界政府の前段階である必要はないだろう。十分な数の人々が、敵の計画を事前に知ることができるほど十分な情報を持っていて、特にシステム内の適切な場所にいれば、決定的な瞬間にリーダーシップを発揮できるかもしれない。路上に血が流れ、無政府状態が長く続けば、事前に準備をした賢明な個人のグループが権力の空白に入り込み、主導権を握ることも理論的には可能だ。これも悲観的なシナリオのように聞こえるかもしれないが、そうではない。最終的には、最も現実的なシナリオかもしれない。しかし、我々はそれを望むべきではない。私たちにできることは、万が一それが現実になった場合に備えることだけだ。

どう備えるか

経済的な準備のために何ができるだろうか?長ったらしい論文にならないように、概略を述べよう。詳しく説明する必要はないだろう。

  • 借金から抜け出す。自宅の住宅ローンは、適正な価格であれば論理的な例外である。事業のための借金も、健全な事業計画に基づいていれば例外である。投機的な投資は、失ってもいい資金で行うのでない限り、このご時世には得策ではない。
  • 健全な銀行を選ぶ。複数の金融機関に口座を持つ。ひとつの銀行に25万ドル以上預けないこと。すべての種類の口座がFDICの対象となるわけではない。現在では、民間保険を提供している金融機関もある。自分がどの程度のリスクにさらされているかを確認しておくこと53。
  • 優良株、店頭株、グロース株、インカム株、大口株、小口株、ミューチュアル株、債券、不動産、地金、鉱業株、タンジブル、さらには通貨に至るまで、投資対象を分散させる。苦境に強い産業は、ギャンブル、アルコール、逃避的娯楽である。投資する分野や企業を研究すること。個人的な知識は不可欠である。
  • 直近の「ベスト」パフォーマーは避ける。彼らの偉大な実績は歴史的なものである。将来の業績とは何の関係もない。それどころか、今は割高で暴落する可能性がある。投資対象が、少なくとも15年という長期にわたってどのような成績を残してきたか、特に景気が悪化した時期にどのような成績を残してきたかを確認すること。
  • コインに投資する場合は、専門家になる覚悟がない限り、貨幣価値の高いものは避けること。他の種類の投資と同様、助言を求めるが、それに依存してはならない。ダイヤモンド、美術品、その他の収集品についても同じことが言える。自分が知っているものから離れるな。そうでなければ、経験豊富なトレーダーでさえ損をする可能性のある、サメの棲む海で無防備になる。
  • 古い銀貨を含め、現金を隠し持っておくこと。銀行がクレジットカードや小切手を処理できない場合、約2カ月分の生活必需品を賄えるだけの通貨を用意しておく。硬貨はより厳しい状況用だ。また、万が一配送システムが機能しなくなった場合に備えて、食料と水を十分に確保しておくことも賢明だ。最善を望み、最悪に備えよう。

災害から利益を得る

これらはすべて、嵐を生き延び、これからの困難な時代にリーダーシップを発揮する準備をすることを目的としている。これはかなりネガティブな見方だ。アドレー・スティーブンソンが言ったように、良いニュースを探している人にはもっと前向きな見通しがある。それは、この災難を有利に転じることができるというエキサイティングな見通しだ。来るべき崩壊から利益を得ることができるのだ。この考えは、他の人々が破壊されている間に金持ちになる方法についてのアドバイスを提供する何百もの本やニュースレターを生み出した。環境産業ブームで一攫千金を狙う方法をアドバイスするものまである。売り文句は、アメリカの没落を利用して一攫千金を狙う方法だ。

現在のトレンドを現実的に評価した投資判断から利益を得るチャンスが存在することは間違いない。しかし、そうしたチャンスのほとんどは、市場のタイミングを見計らった決断にかかっている。いつ買うべきか、いつ売るべきか、そしていくらで買うべきかを正確に知らなければならない。そのすべてを知るためには、投資家は関係する業界の性質に精通し、市場勢力の日々の変化を監視しなければならない。群衆に先んじて分析を完了し、結論を出そうとしなければならない。そしてもちろん、彼は正しくなければならない。ほとんどの投資家はその準備ができていないため、専門家のサービスに頼らざるを得ない。専門家はたいてい、この種の企業への投資を勧めているのと同じ専門家である。投資がうまくいけば、アナリストは収入を得る。投資が不調に終わっても、アナリストは収入を得る。

このような関係は、「暴落から利益を得る」グループに特有のものではない。投資ビジネスのあらゆるレベル、また法律や医療の専門家にも見られることである。顧客はアドバイスの質に関係なく、その対価を支払うのである。この投資コンセプトが厄介なのは、かえって事態を悪化させる可能性があることだ。インフレの影響を回避したり、インフレから利益を得たりする巧妙な方法を見つけることに集中することで、私たちはインフレを止めることを何もせず、それによってインフレの継続を促しているのだ。インフレで利益を得ている人たちは、インフレに真剣に抵抗することはないだろう。利益が積み上がっていくのを見るにつけ、彼らはインフレの熱烈な支持者になってしまうかもしれない。

困難な時代に自己資本を維持しようとすることは悪いことではないが、唯一の真の解決策は、自己資本を使って現在のトレンドを止めることである。長い目で見れば、破壊されたアメリカから利益を得る方法はない。崩壊から逃れる方法はない。資産、家、仕事、家族、自由を守る方法はない。ヘンリー・ヘイズリットの言葉を借りれば、「インフレを止める以外に安全なヘッジはない」のである。

積極的な十字軍

本書で紹介された事実から明らかなように、連邦準備制度理事会(FRB)を廃止するよりもはるかに多くのことを行う必要がある。それは経済的、個人的自由のための偉大な勝利であろうが、残念なことに、この生き物には兄弟がいて、一緒に狩りをし、餌を食べる。中流階級を排除するために作られた所得税、教育よりも政治的に正しい態度を重視する学校制度、ニュースを腐敗させる統制されたメディア、政治的運命に参加しているような錯覚を起こさせる統制された政党、そして国連が急速に我々の軍事的・経済的主権を吸収している。私たちは、これらの生き物のうちのひとつを退治することはできないだろう。我々はこの種を根絶やしにしなければならない。

その種とは集団主義である。集団主義とは、集団は個人よりも重要であり、政府はより多くの人々のためであると主張する限り、どんな行為も正当化されるという概念である。これが連邦準備制度が築かれた基盤であり、我々の自由に対する文字通りあらゆる現代の攻撃の基盤である。集団主義は自由の敵であり、我々はそれに対する積極的な聖戦を開始しなければならない。そうしないことは、戦わずに降伏することである。

この十字軍の第一歩は、この言葉を広めることだ。アメリカ人は、何が起きているのかを理解しなかったために、自分たちの国が目と鼻の先から奪われるのを許してきた。これはアメリカだけの現象ではない。同じような盗みは、世界中の先進国で小さな変化はあっても起こっている。この状態が続く限り、未来に希望はない。したがって、生き残りとその先のための現実的な計画の出発点は、アメリカと世界の覚醒である。

残念ながら、それだけでは十分ではない。教育は重要だが、その知識を使って何かをしなければ、何を知っていてもほとんど意味がない。知識は力であると言われてきたが、それは史上最大の神話のひとつである。偉大な知識を持つ人間は、その自由を守るために何もしなければ、簡単に奴隷にされてしまう。知識それ自体は力ではないが、それを行動の指針として用いれば、力を発揮する可能性を秘めている。真理は、人々が進んで一歩を踏み出し、戦いに命を捧げない限り、常に専制政治に打ち負かされる。未来はアイデアではなく、そのアイデアに基づいて行動する人々のものなのだ。

勝利のために必要なこと

集団主義の世界的大国を打ち負かすのは大変なことであり、何が必要なのかを明確にしなければならない。現実はこうだ。

  1. 一人でできることは多くない。多くの人の助けが必要であり、それは国際的なものでなければならない。国内での努力は今後も重要だが、集団主義は世界的に定着している。今や全世界が我々の紛争地域なのだ。
  2. このミッションに人生の大部分を捧げる覚悟のある、献身的な男女の軍団が必要なのだ。政党を支持したり、定期刊行物を購読したり、政治家に手紙を書いたりするだけでは不十分なのだ。机上の愛国主義に浸る時代は終わったのだ。
  3. 集団主義の手先が使う戦術を暴き、それに倫理的に対抗する方法を示す包括的な訓練プログラムが必要だ。
  4. 敵が長い間享受してきたのと同じ支援メカニズムが必要なのだ:協調、戦略、訓練、コミュニケーション。これらの要素を欠いた計画は失敗する運命にある。
  5. 私たちには、敵によって覆されることのない組織構造が必要だ。ピラミッドのように頂点ですべてをコントロールするのではなく、最小単位のそれぞれがボトムアップで運動全体を作り上げることができるホログラムとして設計されなければならない。
  6. 組織活動に必要な多くのサービスを支えるために、信頼できる資金が必要だ。
  7. 積極的な理念の明確な表明が必要だ。何に反対しているかを知るだけでは十分ではない。何に賛成するのかも知らなければならない。
  8. 指導者に陳情するのではなく、それぞれの国の指導者になるための戦略が必要である。
  9. 私たちの使命は私たちが生きている間には完了しないかもしれないことを認識し、長い歴史的視野を持つ必要がある。私たちが動き出すものは、私たち自身よりも大きなものでなければならず、未来に向かって勢いを持たなければならない54。

結論とまとめ

本書はついに完結した。本書は銀行理論の教科書ではない。その答えはもうお分かりだろう。

我々は広大な歴史をカバーし、本題から大きく逸脱してしまった。それは必要なことだった。より大きな視点がなければ、連邦準備制度に反対する主張は弱かっただろう。戦争、革命、恐慌、詐欺といった要素が省かれていただろう。その長い旅がなければ、金利、割引政策、準備率といった不妊剤の議論に終始してしまうだろう。そこに本体は隠されていない。

序文では、連邦準備制度を廃止する7つの理由があると述べられている。今こそそれを繰り返す時:

  • 連邦準備制度は定められた目的を達成することができない。
  • 公益に反するカルテルである。
  • 連邦準備制度は最高の利殖手段である。
  • 最も不公平な税金を生み出している。
  • 戦争を助長する。
  • 経済を不安定にする。
  • 全体主義の道具である。

本書の目的は、こうした主張の正しさを実証することである

最終的には、歴史から生まれた教訓に基づく16のステップからなる復興計画が提示された。これらの教訓には、著者自身の頭の中にしかない大量の理論が混ざっている。つまり、この計画がうまくいく保証はないということだ。しかし、これは計画である。何もしないよりは、やってみて失敗した方がいい。沈みゆく船に乗る人間のように、私たちは水に飛び込む危険を冒さなければならない。今のままではいられないのだ。

これらの提案には技術的な欠陥があるのは間違いない。歯車が噛み合わなかったり、レバーが外れていたりすることを誰かが発見するだろう。そのためには、さまざまな分野のスペシャリストの仕事が必要になる。そして、最終的には法案作成に長けた人たちの手に委ねられる。彼らの仕事は2つある。第一に、現実の政治の世界で実行可能なものにしなければならない。第二に、抜け穴や曖昧さを防ぎ、最終的に計画を覆すことができるようにしなければならない。

しかし、これらのことはいずれも、プロセスを開始することを躊躇させるものではない。技術的な疑問に対する答えはまだ見つかっていないが、大きな疑問に対する答えは見つかっている。連邦準備制度を廃止しなければならないことは分かっている。したがって、始めよう。

クリーチャーはジキル島で誕生して以来、巨大化し、強力になった。今やあらゆる大陸を歩き回り、大衆に仕えさせ、食べさせ、従わせ、崇拝させている。もしクリーチャーを殺さなければ、それは我々の永遠の主君となる。

それは殺せるのか?できる。

どうやって殺すのか?百万本の真理の槍で刺し貫くのだ。誰がそれを殺すのか?決意と勇気を持った100万人の十字軍だ。

十字軍はすでに始まっている。

付録

招待状

G・エドワード・グリフィンより

本書の初版を執筆して以来、FRBを廃止するよりもはるかに多くのことを行う必要があることがますます明らかになってきた。それは経済的・個人的自由を求める戦いにおける偉大な勝利であろうが、残念ながら、この生き物には兄弟がいる。私たちが注意を払う必要がある課題や前線は他にもたくさんある。だからこそ私は、本書で提唱されている理想に大きく基づいた、積極的な行動プログラムを立ち上げたのである。それはフリーダム・フォース・インターナショナルと呼ばれ、その使命は世界を変えることにほかならない。

単に情報を得る以上のことをしたいという意欲があるなら、ぜひフリーダム・フォースのウェブサイトを訪れ、その目標、戦略、原則を吟味してほしい。この長い本を最後まで読んでくれたということは、おそらくあなたはこの運動に参加したいと思うような人なのだろう。もしあなたが本当に世界を変えたいと思っていて、そのために人生の一部を捧げたいと思っているのなら、私はあなたをフリーダム・フォースのメンバーとして歓迎したい。

詳細については、私たちのウェブサイトをご覧いただきたい:

www.freedom-force.org

自由に関する信頼できる書籍、オーディオ、ビデオプログラムをお探しなら

ビデオ・プログラムをお探しなら

本書の出版社のウェブサイトを参照のこと:

www.realityzone.com

(a.) 連邦準備制度の構造と機能

連邦準備制度(FRB)の3つの主な構成要素は以下の通り: (1) 全国理事会、(2) 地域準備銀行、(3) 連邦公開市場委員会である。それ以下の構成要素には以下が含まれる: (4)株式を保有する商業銀行、(5) 諮問委員会である。

全国理事会の機能は、システムの金融政策を決定することである。理事会は7人のメンバーで構成され、大統領によって任命され、上院によって承認される。任期は14年で、大統領の任期と重ならないように時期をずらして任命される。その目的は、一人の大統領が理事会を自分の指名で固めることで、FRBの政策を支配できないようにするためである。理事の1人が4年間議長に、もう1人が4年間副議長に任命される。議長は職員をコントロールし、システム内で最も強力な影響力を持つ。

支配権は理事会と一握りのトップ職員によって行使される。連邦準備制度法は、大統領が総裁を選出する際、「国内の金融、農業、工業、商業の利益、地理的区分の公正な代表を考慮しなければならない」と義務付けている。この義務は現在ほとんど完全に無視されており、総裁は主に銀行と金融の分野から選ばれている。

地域準備銀行の機能は、システムの現金準備を保有し、加盟銀行に通貨を供給し、小切手を決済し、政府の財政代理人として行動することである。

12の地域準備銀行は、アトランタ、ボストン、シカゴ、クリーブランド、ダラス、カンザスシティ、ミネアポリス、ニューヨーク、フィラデルフィア、リッチモンド、サンフランシスコ、セントルイスにある。地域銀行は、システムのメンバーである商業銀行が株式を保有する企業である。加盟銀行は、自らが属する地域準備銀行の取締役を選出する。大規模な銀行ほど多くの株式を保有しているが、取締役選任の投票権は1票しかない。

各地域銀行のシステム内には9人の取締役がいる。加盟銀行は、銀行業界を代表するAクラスの取締役3名と、一般市民を代表するBクラスの取締役3名を選出する。残りの3名のC級理事は、全国理事会が任命する。各地域準備銀行の議長および副議長は、Class-Cの理事でなければならない。総裁およびその他の役員の選出は、全国理事会の拒否権の対象となる。このようにして、全国理事会はシステムの地域支部を統制することができる。

連邦公開市場委員会の機能は、全国理事会が決定した金融政策を実施することであるが、独自の政策を設定する際にはかなりの自治権を行使する。連邦公開市場委員会は、主に国債を購入または売却することによって、通貨供給量と金利を操作する。購入するとマネーが創出され、金利が下がる。売却すれば資金は消滅し、金利は上昇する。政策は日々策定される。実際、それは分刻みで監視されており、委員会はしばしば市場に介入し、即時の変化に影響を与える。

公開市場委員会は、全国理事に加え、12地域総裁のうち5人が持ち回りで委員を務める。例外として、ニューヨーク地方銀行の総裁は常に委員会のメンバーである。このように、ニューヨーク地方銀行の頭取が他の頭取よりも強い権力を持つことで、この制度は再び全国理事会の支配下に置かれることになる。

国債の販売はすべて24の債券ディーラーが行っている。政府機関同士は、取引ごとに手数料を得るディーラーを通さなければ取引できない。

決定は秘密会議で行われる。金利変更は直後に発表され、議事録は3週間後に公表される。審議の記録は破棄される。この方針は、情報公開法が成立した1970年に始まった。

加盟銀行の機能は、国の銀行業務を遂行することであり、個人や企業の借り手との接点で、システムに資金を投入したり引き出したりするという意味で、システムの金融政策を実施することである。

これは、所有権という厄介な問題につながる。連邦政府はFRBの株式を所有していない。その意味で、FRB は民間所有である。しかしそれは、株主が所有し支配するという典型的な私的所有関係を暗示するという点で、誤解を招きかねない。これほど真実からかけ離れたことはない。この場合、株式は所有権を持たず、売却したり担保に入れたりすることもできず、通常の議決権も持たない。各銀行は保有する株式の量に関係なく、1票の投票権しか持たない。実際には、株式は「所有権」を証明するものではなく、各銀行がシステムにどれだけの運転資金を投入したかを示す証書でしかない。政府機関でもなければ、通常の意味での民間企業でもない。政治的統制の対象でありながら、政治家や選挙プロセスに対して絶大な権力を持つため、政治的監督から独立している。簡単に言えば、カルテルであり、その組織構造はその目的のためにユニークな構造になっている。

(b.) 経済学における人間行動の自然法則

自然法則No. 1

教訓:金(または銀)が貨幣として使用され、需要と供給の力が政府の介入によって妨げられない場合、貨幣供給量に加えられる新しい金属の量は、常に、それで購入できるサービスや商品の拡大と密接に比例する。物価の長期的な安定は、こうした力の確実な結果である。このプロセスは自動的かつ公平である。政治家が介入しようとすれば、すべての人の利益を破壊することになる。したがって

法則:長期的な物価の安定は、貨幣供給量が政府の干渉なしに金(または銀)の供給量に基づいている場合にのみ可能である。

自然法則No. 2

教訓: 政府が通貨供給量の操作に乗り出すときはいつでも、そのプロセスを指示しようとする人々の知性や善意にかかわらず、その結果はインフレ、経済混乱、政治的混乱である。これとは対照的に、政府がその貨幣力を、貴金属の正直な度量衡を維持することだけに制限するときはいつでも、結果として物価の安定、経済の繁栄、政治の平穏がもたらされる。したがって

法則:国家が経済的繁栄と政治的平穏を享受するためには、その政治家の貨幣権力は、貴金属の正直な度量衡の維持のみに制限されなければならない。

自然法則No. 3

教訓:不換紙幣とは、貴金属の裏付けのない紙幣で、国民が法律で受け入れることを義務づけられているものである。不換紙幣のおかげで、政治家は増税せずに支出を増やすことができる。不換紙幣はインフレの原因であり、人々が購買力を失う金額は、まさにこのプロセスによって人々から奪われ、政府に移転された金額である。したがって、インフレは隠れた税金なのだ。この税金は、最も不公平な税金である。なぜなら、この税金が最も重くのしかかるのは、最も支払い能力のない人々、つまり小額の賃金を得ている人々や定収入を得ている人々だからである。また、貯蓄を目減りさせることで、倹約家にも罰を与える。これは国民の間に憤りを生み、常に政治不安と国民の不統一を招く。従って

法律:不換紙幣の使用に頼る国家は、経済的苦難と政治的不統一に陥る運命にある。

自然法則No. 4

教訓:端数貨幣とは、額面の一部だけを貴金属で裏付けした紙幣である。これはハイブリッドであり、一部は受取貨幣、一部は不換紙幣である。一般大衆はこの事実を知らず、端数貨幣はいつでも全額換金できると信じている。真実が明らかになると、定期的に起こることだが、銀行への取り付け騒ぎが起こり、最初に並んだ数人の預金者にしか支払いができなくなる。端数貨幣は銀行家にとって金や銀と同じように多くの利子を生むため、銀行家にとってはできるだけ多くの端数貨幣を作り出そうという大きな誘惑がある。その結果、準備金の端数はどんどん小さくなり、最終的にはゼロになる。したがって

法則:フラクショナル・マネーは必ず不換紙幣に堕落する。それは、不換紙幣の変遷にすぎない。

自然法則No. 5

教訓:人間は、他のすべてのものよりも個人的な優先順位を優先するのが本性である。どんなに善良な人間でも、その機会が目の前に置かれれば、隣人を犠牲にしてでも利益を得たいという誘惑に長く抗うことはできない。利益を得る手段が曖昧で、そのように認識されにくい場合は特にそうである。時折、その誘惑に抵抗できる例外的な人物が現れるかもしれないが、その数は少ない。長い目で見れば、一般的なルールが優先される。

管理された経済は、まさにそのような機会を人間に与える。国家の通貨供給を創出し、消滅させる権力は、個人的利益の無限の可能性を提供する。歴史を通じて、その権力の付与は国民を守るために必要であるとして正当化されてきたが、結果は常に逆であった。国民を敵に回し、支配者の個人的利益のために使われてきたのだ。従って

法則:貨幣供給量をコントロールする権力を人に委ねると、その権力を使って隣人の富を没収するようになる。

(c.) m-1は減算的か累積的か?

以下は、筆者が連邦準備制度(FRB)広報部のマイク・デュブローに宛てた手紙のコピーである。1994年2月14日の電話会談で、ダブロー氏は、システムが中央銀行の管理下にあるという事実がなければ、手紙に書かれた仮定は正しいだろうと述べた。連邦準備制度理事会(FRB)は、インフレを引き起こすから、そのようなことは許さないだろうと述べた。FRBは、ドルがM-1からM-2へ、そしてまたM-1へと移動する際に、通貨膨張の影響を相殺するために通貨供給量を減らすだろう。言い換えれば、仮説は正しいが、FRBにはそれを相殺する力がある。要するに、M-1は累積的であるということだ。そのため、マネーサプライの最も意味のある指標である。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker