アメリカ政治理論の検証:エリート、利益団体、平均的市民
Testing Theories of American Politics: Elites, Interest Groups, and Average Citizens

官僚主義、エリート、優生学民主主義・自由資本主義・国際金融資本

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Testing Theories of American Politics: Elites, Interest Groups, and Average Citizens

…www.cambridge.org/core/journals/perspectives-on-politics/article/testing-theories-of-american-politics-elites-interest-groups-and-average-citizens/62327F513959D

ケンブリッジ大学出版局オンライン版発行:2014年9月18日

マーティン・ギレンスそしてベンジャミン・I・ペイジ

要旨

アメリカ政治研究における4つの理論的伝統は、それぞれ、多数派選挙民主主義、経済エリート支配、2つのタイプの利益集団多元主義、多数派多元主義、偏った多元主義の理論として特徴づけられる。

多くの実証的研究が、1つまたは別のアクターが政策に与える影響について述べているが、最近まで、これらの対照的な理論的予測を単一の統計モデル内で相互に検証することはできなかった。我々は、1,779の政策課題に関する主要な変数の測定値を含むユニークなデータセットを用いて、それを行う試みについて報告する。

多変量解析によれば、経済エリートや企業利益を代表する組織集団は、米国政府の政策に独立した大きな影響力を持っているが、一般市民や大衆ベースの利益集団は、独立した影響力をほとんど、あるいはまったく持っていない。

この結果は、経済エリート支配の理論や偏った多元主義の理論を実質的に支持するものであるが、多数主義的選挙民主主義や多数主義的多元主義の理論を支持するものではない。

著作権 © 米国政治学会 2014

はじめに

誰が統治するのか?誰が本当に支配しているのか?広範なアメリカ市民は、どの程度まで主権者なのか、半主権者なのか、それともほとんど無力なのか。これらの疑問は、アメリカ政治研究における多くの重要な研究に活力を与えてきた。

このような研究は豊かで多岐にわたるが、大まかに4つの理論群に分けることができる:

  • 大選挙民主主義(Majoritarian Electoral Democracy
  • 経済・エリート支配(Economic-Elite Domination)、
  • そして2つのタイプの利益集団多元主義MajoritarianPluralism

である。これらの視点はそれぞれ、平均的市民あるいは「中央有権者」、経済エリート、大衆ベースあるいはビジネス志向の利益団体や業界という4つのアクターが、米国の政策決定に与える独立した影響力について異なる予測を行っている。

これらの理論的伝統はそれぞれ、多くの文献を生み出してきた。それぞれは、米国の政策決定における様々な主体(あるいは、あまりにも多くの場合、単一の主体)の重要性に関して、量的、歴史的、観察的な多くの実証的証拠に支えられている。このような文献は、アメリカの政治がどのように機能しているかを理解する上で重要な貢献をしてきたし、アメリカの政策決定プロセスが(さまざまな意味で)実際にどの程度民主的なのか、あるいは非民主的なのかを明らかにするのに役立ってきた。しかし、ごく最近まで、政策結果に及ぼす各主体の独立した影響を分析できる単一の統計モデルの中で、これらの理論の異なる予測を互いに検証することは不可能であった。

ここでは、暫定的かつ予備的に、ユニークなデータセットを用いてこの問題を検証する。われわれの尺度は完璧にはほど遠いが、この最初の一歩が、アメリカ政治に関する最も基本的な疑問のいくつかについて、さらなる研究を促す一助となれば幸いである。

われわれの研究から浮かび上がった中心的なポイントは、経済エリートやビジネス利益を代表する組織化されたグループは、米国政府の政策に実質的な独立した影響力を持っているが、大衆ベースの利益団体や一般市民は独立した影響力をほとんど、あるいはまったく持っていないということである。我々の結果は、経済エリート支配の理論や偏った多元主義の理論を実質的に支持するものであるが、多数派選挙民主主義や多数派多元主義の理論を支持するものではない。

以下では、我々の分析の枠組みを形成している4つの理論的伝統を簡単に概観し、それぞれに関連する最も著名な実証研究を紹介する。次に、我々のデータと測定方法について説明し、結果を示す。最後に、アメリカの民主主義を理解するためのわれわれの研究の意味を論じ、われわれの発見が示唆する今後の研究の方向性を明らかにする。

4つの理論的伝統

今回取り上げる4つの理論的伝統は、それぞれ膨大な文献を生み出しており、ここで詳しくレビューすることはできない。私たちが言及できるのは、各伝統におけるいくつかの中心的な業績だけである。また、特定の学者の研究が必ずしもひとつのカテゴリーにきれいに収まるとは限らないことも認めなければならない。複数の影響や政策決定の複雑なプロセスを包含しながら、我々の理論的カテゴリーを横断的に、あるいは独立して研究している学者もいる。ここでは、理想的なタイプの理論に焦点を当て、それらのタイプの理論が作りがちな、ある種の特徴的な予測を概説することを目的とする。我々のデータの性質を考慮し、これらの理論が論じる影響力のメカニズムよりも、むしろこれらの理論が提起する社会的影響力の源泉に焦点を当てる。

多数主義的選挙民主主義

多数決型選挙民主主義の理論は、肯定的あるいは経験的な理論として、アメリカ政府の政策を、民主的な選挙によって力を与えられたとみなされる平均的市民の集団的意思に主に帰結させる。この ような考え方は、少なくともトクヴィルまでさかのぼる。トクヴィルは(ジャクソンの時代に)アメリカの多数派を「全能」(特に州レベル)とみなし、「多数派の専制」を懸念した

この伝統の現代における重要な形が、選挙民主制の合理的選択理論に見られる。この理論では、二大政党制の中で票を求める政党や候補者は、市民の政策選好の中間点に収束する傾向がある。選好が単一の次元に沿って配列されるように共同で単一のピークを持つ場合、「中央値投票者の定理」-ハロルド・ホテリングによって口頭で提唱され、ダンカン・ブラックによって証明され、アンソニー・ダウンズによって『民主主義の経済理論』の中で一般化された-は、2つの票を求める政党が、有権者の最も選好する立場の分布の中央で、ともに同じ立場をとるというものある。関連する仮定の下では、中央値有権者の選好に適合する公共政策は、経験的に予測された二大政党による選挙競争の均衡結果であるだけでなく、「コンドルセの勝者」として、すべての国民による真っ向からの多数決投票において、どの代替政策よりも優先されるという意味で、「最も民主的な」政策であるという規範的特性も持っている。 脚注3

ケネス・アローに始まる社会的選択理論家によるその後の「カオス」の結果は、中央値投票者の予測は一次元的な政治に対してのみ論理的に導かれることを示している。市民の選好秩序が一次元的でなく、十分に多様であれば、多数決-したがって二大政党による選挙競争-は均衡結果をまったくもたらさないかもしれない。 脚注4 しかし、理論的に起こりうることが、必ずしも実際に起こるとは限らないことに注意することが重要である。現実世界の結果は、制度がどのように組織され、選好が実際にどのように構成されるかにかかっている。

「カオス」の結果にもかかわらず、また中央値投票者の定理が単純で経験的に適用できない、あるいは間違っているとして多くの批判があるにもかかわらず、 脚注5 多くの学者-おそらく政治学者よりも経済学者の方が多い-は、中央値投票者の政策選好が米国の政治システムからの政策出力を促進する傾向があるという考えに固執している。アラン・モンロー、ベンジャミン・ペイジとロバート・シャピロ、ロバート・エリクソン、マイケル・マックン、ジェームズ・スティムソン(非常に影響力のある『マクロ・ポリティ』の著者)などによって、かなりの数の実証的証拠が提示されている。この証拠は、米国連邦政府の政策が多数派の選好とほぼ3分の2の確率で一致すること、公共政策が集団的選好と同じ方向に変化する確率が同様に3分の2の確率で一致すること、市民のリベラリズムや保守主義が、州を超えた政策のリベラリズムや保守主義と密接に関連していること、市民のリベラルや保守の「ムード」の変動が、3つの政府機関の政策のリベラリズムや保守主義の変化と強く関連していることを示している。 脚注6

富裕層の嗜好や、組織化された利益団体の嗜好や行動といった変数が、公共政策に影響を与える可能性がある一方で、世論と正の関係を持ち、それによって世論と政策の間に偽の統計的関係が生じる可能性がある。

ラリー・バーテルズと本書の著者の一人(ギレンス)による最近の研究は、「豊かな」アメリカ人の選好を、所得分布の下位に位置する人々の選好とともに明確に分析に取り入れており、公共政策と平均的な市民の選好との間の見かけ上のつながりが、実際にはほとんど、あるいはまったく偽りである可能性を示している 。 脚注7 。

選挙による民主的統制の「選挙的報酬と罰」バージョン-有権者は政府の政策の結果がどれだけ自分たちの基本的な利益や価値観を満足させたかを遡及的に判断し、政治家は後にV.O.キー・ジュニアが「潜在的」世論と呼ぶものによって下されると予想される判断を見越して政策を実施する-は、別の予測を提供すると考えられる、「潜在的」世論と呼ばれるものは、政策が市民の現在の政策選好に対応するのではなく、市民の基本的なニーズや価値観を満足させる傾向があるという、異なる予測を提供すると考えられるかもしれない。 脚注8 この予測を検証することができないのは、表明された政策選好とは対照的に、個人の根底にある深い関心や価値観に関する良好なデータを我々は持っておらず、またどのように入手するか容易に想像できないからである。しかし、一般的に集団的な政策選好は時間の経過とともに安定しているという証拠は、表明された集団的な政策選好が、その後に顕在化した「潜在的な」選好と著しく乖離することはあまりないことを示唆している。 もしそうであれば、選挙による報酬と罰という民主主義理論も、ほとんどの場合、公共政策は平均的な市民の現在の政策選好に反応すると予測する。

経済・エリート支配

これとはまったく異なる理論的伝統は、米国の政策決定は、実質的な経済的資源、すなわち所得や富(事業会社の所有権を含むが、これに限定されない)を多く持つ個人によって支配されているというものである。

すべての「エリート理論」がこの点に焦点を当てているわけではない。社会的地位や制度的地位を重視するものもある。たとえば、企業における重要な管理職や、政党、行政府、立法府、司法府、軍隊の最高幹部などである。エリート理論の中には、社会的地位、経済的資源、制度的地位の組み合わせによって定義され、共通の背景、利害の一致、社会的相互作用を通じてある程度の結束を達成するエリートの集合体を仮定するものもある。

例えば、C.ライト・ミルズの重要な著書『パワー・エリート』は、米国の社会的、経済的、政治的、軍事的エリートが歴史的にどのように異なる支配の構図を交互に繰り返してきたかについて、かなりニュアンスの異なる説明をしている。ミルズ氏は、エリートが大金持ちや企業経営者を含む上流階級にかなりの割合で由来しているが、彼らのエリートとしての地位は彼らの富によって定義されるものではないと指摘している。 脚注10 ここで我々が 注目するのは、経済エリートによる政策決定の重要性を強調する理論である。

経済エリートを中心とした米国政治の分析は、少なくともチャールズ・ビアードまでさかのぼる。彼は、米国憲法制定者の主な目的は私有財産の保護であり、当時多数派であった小農民、労働者、工芸労働者の利益よりも、裕福な商人や農園主の経済的利益を優先させたと主張した。この伝統における画期的な著作は、G・ウィリアム・ドムホフによる、民主的な選挙が存在するにもかかわらず、エリートたち(財団、シンクタンク「世論形成装置」を通じて、また彼らが資金を提供するロビイストや政治家を通じて活動する)が、米国の政策決定においていかに重要な問題を支配するかについての詳細な説明である。フィリップ・A・バーチは、アメリカの歴史を通して連邦政府高官の経済的背景を徹底的に年代記にしている。トーマス・ファーガソンの「大投資家」の政治的重要性の分析は、経済エリート論といえるかもしれない。最近では、ジェフリー・ウィンターズが「寡頭政治」の比較理論を提唱している。米国のような「市民寡頭政治」であっても、富と所得の保護に関する重要な問題については、最も裕福な市民が政策を支配している。 脚注11

第3と第4の理論的伝統は、公共政策は一般に、組織化された利益団体と企業間の闘争の結果を反映すると仮定する。 脚注12

多数主義的多元主義

マディソンは、政治を「派閥」という観点から分析した『フェデラリスト・ペーパー』第10号まで遡る。「派閥」とは、政党や民衆の多数派だけでなく、今日では組織化された利益団体、事業会社、産業部門をも含む、やや曖昧な概念であった。マディソンは、広範な共和制国家に見られるような多様な派閥間の闘争は、市民全体のニーズと利益を多かれ少なかれ代表する政策につながる、あるいは、少なくとも、農民債務者の地域的多数派閥に便宜を図るかもしれないが、商人債権者には負担となるインフレ紙幣の発行など、恐れられている「専制的」政策を打ち負かす傾向があると主張した。 脚注13

20世紀には、アーサー・ベントレーの『The Process of Government』、そしてデビッド・トルーマンの『The Governmental Process』によって、政治分析の中心にグループが置かれ、組織化された利益団体がどのようにして自分たちの思い通りになるのか、詳細な図式が描かれた。トルーマンは、ロビイング手法やその他の集団の影響力行使の方法について、包括的かつ興味深いカタログを提供した。彼はまた、マディソンに独創的な注釈を加え、多数主義的利益集団多元主義のもっともらしくも規範的な魅力を高める傾向がある。それは、集団が支配する政策決定において、すべての利害関係者は少なくとも最低限の影響力を持っているという主張である。 なぜなら、政策決定者は(その後の処罰を避けるために)、自分たちの利益が踏みにじられた場合に形成されるであろうすべての「潜在的」集団に耳を傾けなければならないからである。 脚注14

ロバート・ダールのニューヘイブン市政分析は、多くの(すべての?)多様な利害が代表されているという主張において、マディソン的あるいはトルーマン的であったが、ダールは組織化されたグループと同様に一般市民の積極的なメンバーに焦点を当てた。ダールの「ポリアーキー」や「多元主義的民主主義」という観点からのアメリカ政治の分析もまた、われわれの理想とするマジョリティ主義的多元主義理論に近いものである。利益集団政治に関する現代の分析者の中にも、多かれ少なかれ多数主義的な結果をもたらす集団闘争の図式を(少なくとも暗黙のうちに)受け入れている者がいるようだ。 脚注15

しかし、多数主義的多元主義理論に対する大きな挑戦は、個々人の利益は小さいが集団としての利益は大きい、分散した大規模な個人の集合による集団行動は、「フリーライダー」問題によって妨げられる傾向があるというMancur Olsonの議論によってもたらされる。特別な状況(選択的インセンティブ、副産物、強制)を除けば、集団行動から利益を得るであろう個人は、個人的に組織化された集団を形成したり、その集団に参加したりするインセンティブを持たないかもしれない。もし皆がこのように考え、ジョージにやらせれば、仕事はうまくいかないだろう。この推論は、たとえ何百万人もの人々の利益が政府によって無視されたり害されたりしたとしても、トルーマンの「潜在的な集団」が形成される可能性は実際には低いことを示唆している。集団行動の問題を認識していれば、役人は国民の多くを無視し、平均的な市民の利益に反する行動を自由にとることができるかもしれない。 脚注16

偏った多元主義

オルソンの議論は、多元主義の伝統の中で、「偏った」多元主義の理論という重要な異質な考え方を指し示している。「偏った」多元主義の理論とは、代表的でない利益集団の世界における闘争を仮定するものであり、E.E.シャットシュナイダーは「上流階級のアクセント」を持つ天上の合唱団として特徴づけ、最近ではケイ・レーマン・シュロズマン、シドニー・ヴェルバ、ヘンリー・ブレイディは「天上のない合唱団」と呼んでいる。偏った多元主義の理論では一般に、利益集団の対立とその結果としての公共政策の両方が、企業や企業団体、専門家団体の意向に傾く傾向があると主張する。 脚注17

シャットシュナイダーは、政策の結果は「対立の範囲」によって異なることを示唆した。例えば、範囲が狭く、可視性が低い場合には、ビジネス志向の利益団体が一般市民よりも優勢になる傾向がある。グラント・マコーネルは、政策実施者の実際の「有権者」は強力なグループで構成されることがあるという考えを付け加えた。ジョージ・スティグラー(一部の経済学者が「シカゴ・マルクス主義」と軽蔑するものを明確にした)は、規制の政治性を偏った多元主義という観点から分析した。チャールズ・リンドブロムは、企業やその団体が公共政策に影響を与える、企業の「特権的地位」を含む多くの方法を概説した。トーマス・ファーガソンは政治の「投資理論」を提唱し、「大口投資家」、特に特定の産業部門の代表者が、自分たちの経済的利益に適う政策を実現するために政党に資金を提供するというものである。フレッド・ブロックの「ネオ・ポラニアン」分析は、集団を重視する。ジェイコブ・ハッカーとポール・ピアソンの「勝者総取り政治」の分析は、金融業界の力を強調するもので、偏った多元主義に関する文献への最近の貢献とみなすことができる。 脚注18

マルクス主義および新マルクス主義の資本主義国家論は、経済階級、とりわけ生産手段の所有者であるブルジョアジーが政策決定を支配し、国家を彼らの物質的利益に奉仕させるとしている。『共産党宣言』にあるように、「ブルジョアジーは、……近代代議制国家において、排他的な政治的支配権を自らのために征服した。近代国家の行政府は、ブルジョアジー全体の共通の問題を管理するための委員会にすぎない」脚注19 このような理論の予測を正確に検証することはできない。(マルクス主義理論では、所得も富も階級的地位を正確に示すものではない)。しかし、ラルフ・ミリバンドが提唱した重要なバージョンを含む、ある種の「道具主義的」マルクス主義理論が、「大規模ビジネス」を代表する利益団体や企業が優勢になりがちであるという、偏った多元主義理論の予測に類似した予測をしていることに注目することはできる。 脚注20

利益団体に関する実証的証拠としては、組織化された団体が定期的にロビー活動を行い、公務員と交際し、公私の雇用の間を回転ドアで行き来し、公務員に利己的な情報を提供し、法案を起草し、選挙キャンペーンに多額の資金を費やしていることがよく知られている。 脚注21さらに 、偏った多元主義の理論と調和するように、その証拠は、利益団体やロビイストのほとんどが企業や専門家を代表していることを明確に示している。貧困層や一般労働者の経済的利益を代表するものは比較的少なく、特に米国の労働運動が弱体化した現在ではなおさらである。 脚注22

しかし、利益団体は実際に政策に影響を与えているのだろうか?最も熱心な懐疑論者でない限り、利権集団の影響力が働いていると認識しそうな事例については、数多くの事例研究が詳細に述べている。代表的な古典は、1928年のスムート・ホーリー関税の制定に関するシャットシュナイダーの分析である。 脚注23それでもなお 、定量志向の政治学者の多くは、このような非定量的証拠を無視するか、退けているようである。また、利益集団が政策にまったく影響を与えないことを実証しようとする試みも(特に冷戦時代には、米国の政治を不利に描くことが非国民的であると考えられていたため)行われてきた。レイモンド・バウアー(Raymond Bauer)、イシエル・プール(Ithiel Pool)、ルイス・アンソニー・デクスター(Lewis Anthony Dexter)は、相互通商権限の更新にビジネスはほとんど影響を及ぼさなかったと主張した。レスター・ミルブラスは、ロビイストと議会議員とのインタビューを実施し、ロビイストの影響力は非常に低いと評価した。より最近では、フレッド・マチェズニーが、利益団体からの選挙献金は団体による賄賂の見返りではなく、団体の利益を脅かす政治家による恐喝によるものであるという独創的な議論を展開している。 脚注24

多くの異なる公共政策に基づく利益集団の影響に関する定量的証拠を提示している研究はほとんどない。重要な例外として、マーク・スミスの研究や、フランク・バウムガートナー、ジェフリー・ベリー、マリー・ホジュナッキー、デビッド・キンボール、ベス・リーチの研究がある。 脚注25

マーク・スミスは、40年間にわたり、米国商工会議所(ほとんどの企業が同意しているこの特定の問題については、間違いなく企業グループ全体の妥当な代理人である)が賛否を表明した2,364の「ビジネス統一」問題を調査した。 注26法案が成立または否決された割合における商工会議所の平均成功率はかなり高いようだが、 スミスはそのような成功が必ずしも影響力を示すとは主張していない 。 (影響力に対する平均打率のアプローチは、スタンドプレーが成功の期待とは無関係であることを前提としなければならない。さらに、ビジネスの独立した影響力を測定し、偽りの結果を避けるためには、他のアクターによるスタンドプレーのデータも含める必要がある)。その代わりにスミスは、国民の「ムード」の変化や議会の党派構成など、成功の高低の時系列的な相関関係の分析に労力を割いた。

フランク・バウムガートナー(Frank Baumgartner)らは、利益団体が活躍した議会の政策決定98事例を丹念に調査し、投入された団体資源の大きさが、これらの事例全体の結果に関連しているかどうかを調べた。多変量解析の結果、バウムガートナーらは、より大きな資源(PAC献金、ロビー活動費、会員数など)を享受している側に政策結果が有利になる傾向が緩やかであることを発見した。 脚注28

ここで分析するデータセットが利用可能になるまで、一般大衆や経済エリートの影響を考慮しながら、包括的な問題群に対する利益集団の影響力を評価することに成功した人は、私たちの知る限りいなかった。

理論的予測の検証

この種の実証的な取り組みを可能にしているのは、私たちの一人(ギレンス)が、別の、しかし関連した目的のために長年かけて収集したユニークなデータセットの存在である。

ギレンズと少人数の研究助手たち 脚注29は 、大規模で多様な政策事例のデータを集めた:1981年から2002年の間に、一般市民を対象とした全国調査で、政策変更案について賛成/反対の質問をした1,779の事例である。合計1,923の事例が、賛成・反対の二項対立の回答、政策についての具体性、連邦政府の決定との関連性、条件付きではなく分類的な表現という4つの基準を満たしていた。この1,923件のうち、1,779件は、回答者の所得内訳が示されていること、憲法改正や最高裁判決(これは政策決定プロセスが全く異なる可能性がある)を伴わないこと、政策変更の実際の有無が部分的あるいは曖昧ではなく明確であること、という基準も満たしている。これらの1,779のケースは、可能なすべての政策代替案の宇宙からのサンプルにはならないが(これはほとんど考えられない)、政策に対する国民の影響力を評価する上で特に関連性が高いと考えられる。対象となった政策は、ワシントンの狭い “政策アジェンダ “に限定されたものではない。同時に、これらの政策は世論調査の質問項目として価値があると考えられるため、一般市民が実際に意見を持ち、政治的影響力を行使する可能性があると思われる、比較的重要度の高い問題に関わる傾向がある。 脚注30

それぞれのケースについて、ギレンズは元の調査データを使って所得水準別の回答を評価した。調査によって所得区分が異なることに対処するため、彼は二次ロジスティック回帰法を用いて、所得10パーセンタイル(かなり貧しい)、50パーセンタイル(中央値)、90パーセンタイル(かなり裕福)の回答者の意見を推定した。 脚注31

ここでは、これらの政策選好データを使って、上述の理論的伝統の中で政策決定に大きな影響を与えると仮定されている2つの独立変数を、不完全ではあるが、十分に測定する。

所得50パーセンタイルにおける政策選好、つまり所得の中央値調査回答者の選好は、多数派選挙民主主義の理論の中心である平均的市民(より正確には、制度化されていない成人アメリカ人の中央値)の選好を測る尺度として非常によく機能する。 脚注32 所得と選好の関係が単調であるすべての場合、および両者の間に系統的な関係がまったくないすべての場合において、所得の中央値回答者の選好は、選好の中央値回答者の選好と同一である。残りのケースでは、両者は非常に近い関係にある。 脚注33

私たちは、所得パーセンタイル90%の「豊かな」アメリカ人の選好は、富裕層や超高所得層の意見の代理として有用であり、エコノミック・エリート理論の中心的な予測を検証するために使用できると考えている。確かに、所得パーセンタイル90%の人々は大金持ちでも大エリートでもない。2012年のドル換算で、ギレンズの「富裕層」回答者の世帯年収は約14万6,000ドルに過ぎない。しかし、彼らの政策選好が平均的な所得の市民と異なる限りにおいて、平均的な所得の市民と真の富裕層との間にも、同様の、しかしより大きな差異が存在する可能性が高いと主張したい。

この命題を証明するいくつかの証拠が、2011年のCooperative Congressional Election Studyから得られている。 脚注34 この調査で尋ねられた13の政策選好の質問に基づくと 、所得上位2%(「真の富裕層」と考えられるグループ)の選好は、平均的な調査回答者の選好よりも、所得上位10%の選好とはるかに高い相関がある(r=.91対.69)。 脚注35このように 、中程度の高所得の「富裕層」回答者の意見は、真の富裕層の意見に関する有益な情報を捉えているように見える。

いずれにせよ、「富裕層」の代用指標を用いることで生じる不正確さは、経済エリートが政策決定に与える影響を過小評価する可能性が高い。したがって、この不完全な指標を用いても政策に大きな影響があるとすれば、真の富裕層が政策に与える影響はさらに大きいと推論するのが妥当であろう。 脚注36

利益集団の選好と行動を測定するためには、バウムガートナーらが98の政策課題に対して開発したような指標、すなわち、1,779の各課題についてどちらかの側に立ったすべての主要利益集団が投入した総資源を評価する指標を用いるのが理想的である。しかし、このような指標をわれわれの全事例について構築することは不可能である。このためには、バウムガートナーの研究チームが彼らの事例について行った多大な努力の約20倍の労力が必要となる。しかし幸いなことに、バウムガートナーらは、ある政策変更に賛成した「強力な」利益団体(フォーチュン誌の「パワー25」リストに長年掲載されている団体の中から)の数から、それに反対した数を差し引いた数という、彼らの指数の単純な代理が、完全な利益団体指数(r=0.73)とかなり大きな相関があることを発見した。 脚注37

ギレンスは、各政策変更案に賛成する(反対する)「強力な」利益団体の数を単純にカウントしたものに修正を加え、「ネット利益団体アライメント」という指標を開発した。パワー25」のリストにあるグループ(これは特定の主要なビジネス利益を無視しているように思われる)に、ロビー活動支出が最も多かった10業種を加えた。(最終的な産業と利益団体のリストは付録1を参照)。1,779の政策変更案のそれぞれについて、ギレンズと彼のアシスタントは複数の情報源から、関与したすべての利益団体を、その変更に対して「強く賛成」、「やや賛成」、「やや反対」、「強く反対」のいずれかに分類した。そして、「やや」好意的、あるいは「やや」好意的でない立場を、「強く」好意的、あるいは「強く」好意的でない立場の半分に重み付けして、ある問題の各側面のグループの数を組み合わせた。あるサイドのグループの数が増えるにつれて、収穫が減少する可能性を考慮し(10グループから11グループへの増加は、1グループから2グループへの増加よりも重要度が低くなる可能性が高い)、賛成グループの数と反対グループの数の対数をとってから差し引いた。こうして

ネット利害グループアライメント = ln(#強く賛成 + [0.5 * #やや賛成] + 1) – ln(#強く反対 + [0.5 * #やや反対] + 1) 注38.

また、付録1に記載されているマス・ベースとビジネス・オリエンテッドなグループ・セットについて別々に計算された、比較可能なグループ・アラインメント・インデックスの結果もここに報告する。

従属変数は、各調査の設問で提案された政策変更が、設問後4年以内に実際に採用されたかどうかの尺度である。(ほとんどの行動は2年以内に起こったことが判明している)。もちろん、1,779の異なるケースごとに政策変更の有無を測定するのは容易なことではない。ギレンズと彼のリサーチアシスタントは、ニュース記事、政府データ、議会季刊誌、学術論文などに何時間もかけて目を通した。 脚注39

我々の理論的伝統を検証するために、まず、大衆ベースのグループとビジネス志向のグループを区別せず、すべての組織化された利益団体を一緒に考えることから始める。すなわち、平均的な市民の政策選好(所得50パーセンタイルにおける選好)、経済エリートの政策選好(所得90パーセンタイルにおける政策選好で測定)、利益団体の立ち位置(ネット利益団体アラインメント指数)である。

後に、多数主義的多元主義と偏った多元主義を明確に区別するために、利益集団の純アラインメントについて、大衆ベースの利益集団のみを対象としたものと、企業および専門家集団に限定したものの、2つの別個の尺度を用いることにする。表1にまとめた興味ある主な仮説は、われわれの4つの理想的なタイプの理論についての議論から、かなり素直に導かれる。

表1政策結果に及ぼすアクターの集合の独立した影響に関する理論的予測

n = 独立した影響力はほとんどない

y = 何らかの独立した影響

Y = 実質的に独立した影響力

その純粋な形では、多数決型選挙民主主義の理論(例えば、平均的市民以外の社会的アクターを含まない選挙競争の合理的モデル)は、平均的市民の政策への影響力は正であり、重要であり、実質的であると予測するが、他のアクターの影響力はそうではない。

経済エリート支配の理論では、経済エリートによる政策への積極的かつ重大で実質的な影響力が予測される。このような理論の大半は、経済以外の社会問題など、一般市民による独立した影響力をある程度(多くはないが)認めている。また、その多くは、富裕層に重点を置いてはいるものの、ビジネス界の利益団体、ひいては利益団体全体による独立した影響力をある程度認めている。

一般に、利益集団多元主義の理論では、組織化された利益集団のみが、公共政策に積極的かつ重大で実質的な影響を及ぼすと予測される。影響力は、富裕な(あるいはその他の)個人からではなく、集団からもたらされる。多元主義理論の種類にもよるが、一般市民は、組織化されたグループを通じて十分に代表されることもあれば、そうでないこともあるが、彼ら自身には独立した影響力はあまりない。

多数派多元主義の理論では、組織化された利益集団の立ち位置は、すべてを総合すると、平均的な市民の選好をむしろ忠実に表している(つまり、積極的かつ実質的に相関している)と予測される。しかし、政治的影響力の大半は集団を通じて進行するため、利益集団のアラインメントと市民の選好の両方を含む多変量解析では、市民よりも集団による独立した影響力の方がはるかに大きいはずである。しかし、トルーマンの考える「潜在的な集団」は、一般市民による直接的な影響力の余地を残している。

偏った多元主義の理論も、組織化された利益団体が、一般市民や個々の経済エリートよりもはるかに大きな影響力を持つと見ている。しかし彼らは、ビジネス志向のグループが主要な役割を果たすと予測している。

政治世界の複雑さを認識した上で、これらの理論的伝統のうち1つ以上が真実である可能性も認めなければならない。そして、これらの理論的伝統のどれもが、アメリカ政治で起こっていることの一部さえも正しく記述していないという帰無仮説を考えなければならない。

一般市民、経済エリート、利益団体の政策への影響力

先に進む前に、予測変数のひとつが(他の変数をコントロールしたときに)政策にまったく独立した影響を与えないことがわかったとしても、その変数によって選好が反映される主体(平均的な市民、経済エリート、ある種の組織化された利益団体など)が、政策決定において常に「負ける」わけではないことに注意することが重要である。政策決定は、これらの主体間のゼロサムゲームとは限らない。ある主体が勝つと、その主体以外の主体も勝つことがある。

実際、平均的な市民の選好は、経済エリートの選好と、問題を問わず、正の相関がかなり高いことが判明した(表2参照)。平均的な市民と豊かな市民(経済エリートの代理人)は、政府に同じものを求めていることが多いのである。この二変量相関は、後の多変量解析の結果を “勝者 “と “敗者 “という観点からどう解釈すべきかに影響する。また、真面目な学者が、たとえどちらかが因果的影響という点では大間違いであったとしても、多数派選挙民主主義と経済エリート支配の両方の理論的伝統に固執し続ける理由も示唆している。例えば、一般市民は、たとえ政策決定に全く影響を及ぼさなくても、エリート(一般市民がしばしば賛同する)が実際に優勢であれば、「勝利」(つまり、自分たちが望む政策結果を得ること)することがしばしば観察されるかもしれない。

表2独立変数間の相関

*** p<.001; n=1779。

注:項目は、付録2で説明されているように、測定誤差を補正した相関係数である。

しかし、ネットの利益集団の立ち位置は、平均的な市民の選好とはあまり相関がない。すべての利益団体を合わせてみても、利益団体の正味の位置づけの指数は、平均的な市民の選好と有意ではない0.04の相関を示すだけである(表2参照)!(表2を参照)このことは、組織化された利益団体は国民全体を代表する良い仕事をする傾向があるというデビッド・トルーマンやその他の人々の議論に重大な疑問を投げかけるものである。実際、表2が示すように、われわれが「大衆ベース」と分類したグループのネット・アラインメントでさえ、平均的な市民の選好との相関は、(統計的には有意だが)0.12という非常に控えめなレベルにとどまっている。

米国の特定の会員組織、特にAARPや労働組合は、一般市民と同じ政策を支持する傾向がある。しかし、他の会員組織は、平均的なアメリカ人が望むものとは無関係な立場(プロライフ・グループやプロチョイス・グループ)、あるいは否定的な立場(銃所持者)をとっている。 脚注40 会員組織の中には、企業の支援者や最も裕福な有権者の意見を反映しているものもある。また、一般大衆の意見がほぼ均等に分かれる問題に焦点を当てている団体もある。どのような理由があるにせよ、大衆ベースの団体をすべてまとめても、市民全体を代表するような団体にはならない。ビジネス志向のグループはさらに悪く、全体の相関は-.10と控えめなマイナスである。

また、経済エリートの選好と、大衆ベースのグループやビジネス志向のグループとの間に関連性は見られなかった。後者の発見はわれわれを驚かせたが、これは、エリート層におけるより広範なイデオロギー的見解とは対照的に、企業における利潤追求の動機を反映しているのかもしれない。例えば、経済エリートは実質的にあらゆるものに対して政府支出を低く抑えることを好む傾向があるが、企業グループや特定の業界は、自分たちが利益を得られる分野への支出を求めるロビー活動を頻繁に行う。製薬会社、病院、保険会社、医療団体などは医療費の増額を、国防請負会社は兵器システムの増額を、アメリカ農務局は農業補助金の増額を、といった具合である。

政策決定への影響に関する初期テスト

表3の最初の3列は、3つの独立変数(今のところ、すべての利益集団を一緒くたにしている)のそれぞれを、政策変更の唯一の予測因子として個別にモデル化した二変量結果を報告している。先行文献が示唆するように、3つの広範な理論的伝統(多数派選挙民主主義、経済エリート支配、利益集団多元主義)のそれぞれが支持を得ているようである。それぞれの独立変数(平均的市民の選好、経済エリートの選好、組織化された利益集団のネット・アラインメント)を個別にみると、政策変化と強く、正に、かなり有意に関連している。それぞれの理論的伝統に強い支持者がいるのも不思議ではない。

表3政策結果と一般市民、経済エリート、利益団体の政策選好

***p<.001

注:すべての予測変数は0から1の範囲になるようにスケーリングされている。従属変数は政策結果で、提案された政策変更が調査日から4年以内に行われた場合は1、行われなかった場合は0とコード化される。予測変数は、提案された政策変更を支持する回答者の所得パーセンタイル50位(「平均的市民」)または90位(「経済エリート」)の推定パーセンテージの対数と、本文で説明したネット利害グループ整合指数である。標準誤差は,漸近的に分布のないものであり,すべての分析は,付録2で説明されているように,予測変数の推定測定誤差を反映している.この表のモデル4の標準化係数は、平均的市民、経済エリート、利益グループについて、それぞれ0.01、0.21、0.16である。N=1,779.

しかし、3つの独立変数すべてを多変量モデル4に含め、相互に検定すると、様相は著しく変化する。平均的市民の選好の推定影響は急激に低下し、有意ではなく、ゼロに近いレベルにまで低下する。多数決型選挙民主主義の理論の核心である「中央値市民」あるいは「中央値有権者」は、経済エリートや組織化された利益集団と対立したときには、明らかにうまく機能しない。多数決民主主義の純粋な理論の主要な予測は、決定的に否定することができる。一般市民は政策決定に対して独自の実質的な力を持っていないばかりか、政策に対する独自の影響力をほとんど、あるいはまったく持っていないのである。

これとは対照的に、経済エリートは政策にかなり大きな、非常に有意な、独立した影響を持つと推定される。この結果は、個々のエリートが組織化された利益団体と政策の影響力を共有しなければならないことを示しているからである。それでも、経済エリートは、米国の公共政策の形成において、ここで研究した他のどのアクターよりも、非常に大きな影響力を持っている。

同様に、組織化された利益団体は(今のところ、すべて合わせて)、政策に対してかなりの独立した影響力を持っていることが判明している。ここでも、組織化された利益集団は経済的にエリートな個人と影響力を共有しなければならないため、純粋な利益集団多元主義の理論の予測が完全に支持されるわけではない。しかし、利益集団の連携は公共政策に大きな正の、非常に有意な影響を与えると推定される。

これらの結果は、個々の経済エリートと組織化された利益団体(裕福なエリートが主に所有・支配する企業を含む)の両方が公共政策に大きな影響を与えるが、一般大衆は独立した影響力をほとんど持たない、あるいは全く持たないという混合理論が現実を最もよく捉えていることを示唆している。

3つの独立変数を合わせた説明力がかなり低い(モデル4のR2乗はわずか0.074)のは、部分的には、特に経済エリートに関しては(「豊かさ」の代用が不完全であることが認められているため)、またおそらく利益団体に関しては(政治的に活動的な団体のごく一部しか我々の指標に含まれていないため)、我々の代用尺度の限界に起因しているのかもしれない。繰り返しになるが、我々のデータにおけるこうした限界の意味するところは、利益団体や経済エリートは、我々の推計が示すよりも実際には政策的影響力を行使しているということである。しかし、この分析で扱った3つの理論的伝統の外側に重要な説明要因が存在する可能性もある。あるいは、どのような一般的なモデルでもとらえることが難しいような、政策成果の特異性や、問題の種類によるばらつきが存在する可能性もある。現在のデータでは、そのようなことはわからない。

3で報告されている係数の大きさは、独立変数を変換しているため、解釈が難しい。各アクターの相対的な影響力を評価するのに有用な方法は、他のアクターの選好を中立点(平均的な市民と経済エリートに50%有利で、正味の利益集団の調整スコアは0)で一定に保ちながら、ある点から別の点に移動したときに、政策変更の予測確率がどのように変化するかを比較することである。表3のモデル4の係数に基づくこれらの変化する確率を、1に基礎となる選好分布の棒グラフとともに折れ線グラフで示した。

図1政策の性質別にみた政策採用確率の予測(左軸の濃い線);選好の分布(右軸のグレーの列)

明らかに、利益団体と裕福なアメリカ人の選好を一定に保った場合、一般市民がどう考えるかはほとんど変わらない。政策変更の確率は、ごく少数の一般市民が政策変更案を支持しても、多数の一般市民が支持しても、ほぼ同じ(約0.3)である(図1の上段参照)。

これとは対照的に、他のアクターは一定として、経済的にエリートなアメリカ人の間で支持率が低い(5人中1人が賛成)政策変更案は、約18%の確率でしか採用されないが、支持率が高い(5人中4人が賛成)政策変更案は、約45%の確率で採用される。同様に、利益団体の間で政策変更に対する支持が低い場合(5つの団体が強く反対し、賛成がない場合)、その政策変更が行われる確率は0.16にすぎないが、利益団体が強く賛成している場合には0.47に上昇する(1の下2つのパネルを参照)。 脚注41

利益団体とアメリカの富裕層の両方が政策に反対している場合、その政策が採用される可能性はさらに低くなる(これらの政策案は主に増税である)。もう一方の極端な例では、利益団体とアメリカの富裕層の両方から高い支持を得た場合、政策変更が採用される確率は高まるが、現状維持バイアスは依然として強い。両者の間で強い支持(上記の定義による)を得た政策は、約56%の確率でしか採用されない(失敗したデータセットの中で強く支持された政策には、減税案、免税措置の増加、幼稚園から高校までの教育支出の増加、大学支援、メディケアに処方薬給付を追加するクリントン政権時代の提案などが含まれる)。

多数主義的選挙民主主義

一般市民や「中央有権者」は公共政策にほとんど、あるいはまったく独立した影響力を持っていないと断言することで、説得力のある理論付けや多くの定量的調査に反しているように見える調査結果を、私たちはどう受け止めればいいのだろうか。

前述のように、われわれの証拠は、米国の政策決定において一般市民が常に損をすることを示しているわけではない。一般市民の選好は経済エリートの選好と正の相関がある傾向があるため、一般市民は多かれ少なかれ、勝利の原因というよりは偶然の受益者であったとしても、自分たちが望む政策を勝ち取ることが多い。実際の政策と一般市民の希望との間にはおよそ3分の2の相関関係がある、あるいは、一般市民のリベラル/保守の「ムード」と政策決定の変化との間には密接な相関関係がある、という過去の二変量所見と我々の所見との間には、必ずしも矛盾はまったくない。 脚注42 我々の 主要な論点は因果推論に関するものである。実際の因果的影響という観点から解釈すれば、先行する所見はほとんど、あるいはまったく偽りのように見える。

さらに、経済エリートと一般市民が意見を異にする問題は、貿易制限、税制、企業規制、人工妊娠中絶、学校への祈りなど、多くの側面を含む重要事項を反映しており、その結果一般市民が被る政治的損失は些細なものではない。さらに、われわれの分析では、富裕層の選好は、富裕層よりも政治的影響力を持ち、一般市民の選好とはより顕著に異なる政策選好を持つ傾向がある、アメリカの真の富裕層の選好の代理として機能していることを忘れてはならない。したがって、富裕層の選好と一般市民の選好の間にわずかな差があったとしても、それは経済エリートがほとんどのアメリカ人とはまったく異なるものを望み、一般的にはその通りになっているという状況を示しているのかもしれない。

最後のポイントである:二変量の記述的な意味においてさえ、一般市民が政府の行動を望むときの米国の政治システムの反応性は著しく制限されていることを、われわれの証拠は示している。連邦制、三権分立、二院制といった米国の政治制度に意図的に組み込まれた多数決の阻害要因と、反多数主義的な議会の規則や手続きによるさらなる阻害要因があるため、この制度には実質的な現状維持バイアスがある。そのため、ある政策変更に反対して現状維持を支持する国民が多数派である場合、彼らの思い通りになる可能性が高いが、国民の大多数(たとえ非常に多数であっても)が変更を支持する場合、その望むものは得られない可能性が高い。私たちが調査した1,779の政策事例では、少数派の賛成派が望んだ政策変更を実現したのは、全体の30%程度に過ぎなかった。さらに驚くべきことに、国民の80パーセントが政策変更に賛成しているような、圧倒的に大規模な変更賛成多数派であっても、その変更が実現したのは全体の43パーセントに過ぎなかった。

いずれにせよ、ポピュリスティック・デモクラシーの規範的擁護者たちは、偶然の産物である民主主義には否定的であろう。いざとなれば、実際の影響力が重要になる。

経済エリート

エリートの政治的影響力はおそらく控えめであるにもかかわらず、経済・エリート支配理論は我々の分析ではむしろ有効である。アメリカ人富裕層やエリートの選好という我々の尺度は、有用であり、大規模な政策ケースに対して我々が作成できた最善のものではあるが、一般市民の見解や関与する利益団体の調整という我々の尺度よりも、おそらく関連する選好との整合性が低い。しかし、この不完全な尺度を用いても、かなりの効果が推定された。エリートが現実に公共政策に与える影響は、もっと大きいかもしれない。

これらのデータでは、エリート理論の異なるバージョンを明確に区別することはできない。私たちは、私たちが最も裕福なアメリカ人(上位1%の富裕層か、上位10分の1の富裕層か)の政治的影響力を捉えているのか、あるいは、私たちの尺度で直接的に嗜好を測定している、それほど裕福ではないが、所得パーセンタイル90%前後のより多くの市民の政治的影響力を捉えているのか、確信が持てない。

いずれにせよ、我々のデータは経済エリートに関するものであることを再確認しておく必要がある。所得や富は、社会的地位の高さや組織的地位の高さなど、エリートとしての地位の他の側面と正の相関を持つ傾向があるが、それらは同じものではない。ある種のエリート理論の非経済的側面、特に公務員や政党活動家のような高給取りではない行為者を重視する理論については、直接的には何も言えない。

Super rich becoming the dictators of 21st century

組織化された利益団体

他の主要な非政府関係者の選好をコントロールしながら、利益団体の影響力の程度を推定した先行研究はほとんどなかったため、利益団体による実質的な影響力というわれわれの知見は特に注目に値する。われわれの証拠は、一般市民と経済エリートの影響力の両方をコントロールすることで、組織化された利益集団が公共政策に対して非常に大きな独立した影響力を持っていることを明確に示している。利益集団の多元性に関する理論は、実証的に強力な支持を得ている。

ここでも、(経済的にエリートな個人の場合よりも深刻度は低いだろうが)利益集団の連携というわれわれの尺度の不完全さが、組織化された集団の実際の影響力が、われわれが発見したよりもさらに大きい可能性を示唆しているもしわれわれの正味の利益団体調整度測定に含まれていない何千もの団体の活動に関するデータがあれば、ある団体が(おそらく他の団体に反対されることなく)自分たちの主張を通した多くのケースを発見できるかもしれない。これは特に、1つか2つの企業だけを対象とした特別減税や補助金のような狭い範囲での問題に当てはまるかもしれない。(私たちのデータセットには、国民世論調査がそれについて質問するほど重要だと思われる政策だけが含まれている)。

利益団体の影響力の重要な特徴は、それがしばしば政策変更案に反対して展開されることである。1,357件の政策変更案のうち、少なくとも1つの利益団体が変更に賛成または反対とコード化されたものについては、ほとんどの団体が変更に賛成したケースは36%に過ぎず、ほとんどの団体が変更に反対したケースは55%であった(残りのケースは賛成と反対が同数であった)。(残りのケースは賛成と反対が同数であった)

多数主義的多元主義と偏った多元主義の区別

利益集団の影響力のプロセスが、トルーマンのような、広く代表的な多数派多元主義に近いのか、それとも、財界、専門家団体、企業が支配的な役割を果たすシャトシュナイダー式の「偏った」多元主義に近いのかについて、さらに何か言えるだろうか。

我々はすでに、多数派多元主義に重大な疑念を投げかけるいくつかの発見を報告した。もし利益集団の闘争の正味の結果が、平均的な市民が自分たちの思い通りになるのを助けるものであるならば、つまり、政治に無頓着なアメリカ人が自分たちのためにできることよりも、組織化された集団の方がより効果的に市民を代表するものであるならば、利益集団の正味の連携は、平均的な市民の政策選好と正の強い相関を持つだろうと予想される。しかし、2からわかるように、実際には両者はまったく有意な相関関係がない。利益団体の調整は、一般市民の選好とはほとんど無関係である。さらに、役人が「潜在的なグループ」からの反応を予測することによって、政策が市民の希望に沿ったものになるという兆候もない。 脚注44 多数派多元主義に対する実証的な 裏付けは、実に揺らいでいるように見える。また、米国の利益団体構成は、企業やビジネス団体、専門家団体に大きく傾いていることも分かっている。 脚注45この 事実は、確かに多数派的多元主義ではなく、偏った多元主義を指し示している。

さらに一歩踏み込むと、「多数主義的多元主義」の理論では、「偏った多元主義」の理論よりも、大衆ベースの利益集団による政策への独立した影響力が比較的大きいと予測される。したがって、大衆ベースの利益団体とビジネス志向の利益団体を区別し、それぞれの団体が実際にどの程度の政策的影響力を持っているのかを調査することは有益であろう。

そこで、ビジネス志向のグループと大衆ベースのグループについて、それぞれ別のネット利害グループ調整指数を計算し(それぞれのリストについては付録1を参照)、平均的な市民と経済エリートの選好とともに、両者を新たな多変量分析に含めた。

この分析結果を表4に示す。偏った多元主義理論(Biased Pluralism theory)の予測は、多数主義的多元主義理論(Majoritarian Pluralism theory)の予測よりも明らかに優れている。大衆を基盤とする利益団体とビジネス志向の利益団体の影響力係数はともに正であり、統計的に非常に有意であるが、ビジネス団体の係数は大衆団体の係数の2倍近く大きい。さらに、この同じ分析を、両タイプのグループが立場をとっているより小さな問題群に限定した場合、つまり、ビジネス・ベースの利益団体と大衆ベースの利益団体が互いに直接関与しているケースのみを考慮した場合、2つのタイプのグループの推定影響力のコントラストはさらに大きくなった。 脚注46

表4ビジネス志向の利益団体と大衆ベースの利益団体の政策への影響

***p<.001

注:すべての予測変数は0から1の範囲になるようにスケーリングされている。従属変数は政策結果で、提案された政策変更が調査日から4年以内に行われた場合は1、行われなかった場合は0とコード化される。予測変数は、提案された政策変更を支持する回答者の所得パーセンタイル50位(「平均的市民」)または90位(「経済エリート」)の推定パーセンテージの対数と、本文で説明したネット利害グループ整合指数である。標準誤差は漸近的に分布のないものであり、すべての分析は、付録2に記述されているように、予測変数の推定測定誤差を反映している。N=1,779.

政策結果形成におけるビジネス志向グループの優位性は、ワシントンの利益団体ユニバースにおけるその数的優位性を反映しており、また、提案された政策変更の両側でビジネスグループが同時に見られる頻度は低い。 脚注47 これらの要因(数的優位性と相対的結束力)の両方が 、全体的な利益団体アライメント指数が、マス志向グループよりもビジネスグループとはるかに強い相関関係(0.96対0.47、表2)を持つ一因となっている。ビジネス・グループの数的優位の重要性は、ビジネス・グループと大衆志向の利益集団アライメントの尺度を、それぞれのカテゴリーにおけるグループ数の違いを反映するように再尺度化したときにも明らかになる。この尺度を用いて、表4と同じように分析すると、グループ単位で見ると、平均的な個々のビジネス・グループと平均的な大衆志向のグループは、ほぼ同等の影響力を持っていることがわかる。私たちの分析では、ビジネス・グループの影響力の合計がより大きいのは、主として、より多くのビジネス・グループが一般的に各問題に関与している(平均して約2倍)ことに起因しているのであって、単一のビジネス指向グループが単一の大衆指向グループよりも平均して大きな影響力を持っているわけではない。 脚注48

全体としてみれば、偏った多元主義(Biased Pluralism)の理論は、多数主義的多元主義(Majoritarian Pluralism)の理論よりも政治的現実を記述しやすいということが、今回の証拠から強く示唆される。多様で広範な利益集団が、一般大衆が望むものを反映した政策的立場をとり、実際の政策を実現するということは、単純にはありえない。利益団体全体が一般市民と同じ政策を求めているわけではない。「潜在的なグループ」はそのギャップを埋めることはできない。大衆ベースの利益団体は比較的少数であり、彼らは(全体として)一般市民をあまり代表しておらず、一般市民の選好と否定的な関係を持ちがちなビジネス志向の団体に比べて、政策に対する集団的影響力は小さい。これらの企業グループは、はるかに数が多く活動的であり、はるかに多くの資金を費やし、自分たちの思い通りになる傾向がある。

表4はまた、経済エリートと中央有権者に関する先ほどの結果を裏付けている。ビジネス志向の利益集団と大衆ベースの利益集団のアライメントを多変量モデルに個別に含めると、平均的な市民の選好が政策変更に与える影響は引き続きほぼゼロと推定される一方、経済エリートは依然として非常に大きな正の独立した影響を持つと推定される。

アメリカの民主主義?

われわれの4つの理論的伝統(多数派的選挙民主主義、経済エリート支配、多数派的利益集団多元主義、偏った多元主義)はそれぞれ、米国の政策結果を決定する上で重要なアクターとして、異なるアクターの集合を強調しており、それぞれの伝統は、特定のアクターの集合が大きな影響力を持つことを示すかのような大規模な実証的文献を生み出してきた。しかし、ほぼすべての実証的証拠は、基本的に二変量である。ごく最近まで、これらの理論を体系的かつ定量的に検証することはできなかった。

2,000近い政策課題に関する主要な独立変数の不完全だが有用な測定値を含むユニークなデータセットを用いて)一つの統計モデルの中で、理想型理論の予測を互いに直接対決させることによって、我々はいくつかの印象的な発見をすることができた。ひとつは、「中央値投票者(median voter)」やその他の多数主義的選挙民主主義理論がほぼ完全に破綻していることである。経済エリートの嗜好や組織化された利益団体の立場をコントロールした場合、平均的なアメリカ人の嗜好は、公共政策にごくわずかな、ゼロに近い、統計的に有意でない影響しか及ぼさないように見える。

大選挙制民主主義の理論が破綻しているのは、我々のデータの限界から生じるであろう影響に反しているため、より顕著である。一般市民の選好は、他の独立変数よりも直接的に測定されたにもかかわらず、最も影響が少ないと推定された。

また、組織化された利益団体は、多数派多元主義の理論が想定するような形で、市民の意思を体現し、市民の意思が優先されるようにすることで、市民の直接的な影響力の代わりをするわけではない。利益団体は政策に大きな影響を与えるし、いくつかの団体(特に労働組合)は平均的な市民の意見をそれなりに代弁している。しかし、利益集団システム全体としてはそうではない。全体として、利益集団のネット・アラインメントは平均的市民の選好と有意な関係はない。最も影響力のある、ビジネス志向のグループの正味の連携は、平均的市民の希望と負の関係にある。つまり、既存の利益集団は、国民全体の意向を伝達するベルトの役割を果たしていないのである。「潜在的なグループ 」もその役割を果たさない。

さらに、経済エリートの選好(我々の代理である「豊かな」市民の選好によって測定される)は、一般市民の選好よりもはるかに政策変更に独立した影響を与える。確かに、これは一般市民が常に損をするという意味ではない。一般市民が好む政策が実現することはよくあるが、それはその政策が、実際の影響力を行使する経済エリート市民にも好まれているからにほかならない。

もちろん、今回の調査結果は、パワーの「第一の顔」、すなわち争点となる問題について政策結果を形成する行為者の能力について、最も直接的に語っている。しかし、少なくとも権力の「第二の顔」である、政策立案者が検討する問題のアジェンダを形成する能力もある程度反映している。われわれが分析する政策の選択肢は、政策立案者が真剣に議論したり、議会で採決に持ち込まれたりするものよりもかなり広範であり、われわれが分析する選択肢は(平均して)利益団体よりも一般市民の間で人気がある。したがって、これらの政策の運命は、政策決定者が、検討はしたが拒否したのではなく、検討を拒否したことを反映している可能性がある。(この結果は、権力の「第三の顔」、すなわちエリートが大衆の選好を形成する能力については、あまり明確に語っていない。 脚注49 利害関係団体や政策決定者自身が、しばしば世論形成に多大な努力を払っていることは知っている。もし彼らが成功すれば、エリート層と大衆の選好の間に見られる高い相関関係を説明する助けになるかもしれない。しかし、平均的な市民が政策決定に与える影響力がゼロに近いという我々の推定を大きく膨らませることはできない。

この調査結果は、アメリカの民主主義について何を物語っているのだろうか?「ポピュリスティック」な民主主義を擁護する人々にとっては、厄介なニュースであることは間違いない。少なくとも、政策結果を実際に決定するという意味での因果関係はない。市民の多数が経済エリートや組織化された利益団体に反対した場合、一般的に彼らは敗北する。さらに、米国の政治システムには強い現状維持バイアスが組み込まれているため、かなり多数の国民が政策転換に賛成しても、一般的にはそれが実現されることはない。

ポピュリスティック・デモクラシーに対する反対意見として、一般市民は政治に無関心で公共政策に無知であるというものが考えられる。おそらく経済エリートや利益団体のリーダーは、一般市民よりも優れた政策専門知識を享受しているのだろう。おそらく彼らは、どの政策がすべての人に利益をもたらすかをよく知っており、どの政策を支持するかを決める際には、利己的な目的ではなく、共通の利益を追求するのだろう。

しかし、我々はそれを疑う傾向がある。その代わりに、一般市民は一般的に自分たちの価値観や関心事をよく理解しており、彼らが表明する政策選好は尊重に値すると考えている。 脚注50さらに 、エリートの情報的優位性については確信が持てない。たしかに、詳細な政策知識は所得や地位とともに高まる傾向がある。確かに、アメリカの富裕層や企業幹部は、自分たちに直接影響を与える税制や規制政策についてよく知っている傾向がある。しかし、社会保障制度、メディケア、フードスタンプ、失業保険など、自分たちの幸福にとって重要とは思えない政策の人間的影響について、彼らはどれほど知っているだろうか?最も重要なことは、情報的な専門知識が、常に自分の利益を超越しようとする傾向や、共通の利益のために働こうとする決意を伴うと考える理由がないということである。

結局のところ、実現可能ないかなる代替案よりも、国民が自らの利益をより確実に守ることができると私たちは信じている。

利害や動機が分かれるという難しい問題はさておき、経済エリートや組織化された利益団体の優れた知恵を単純に仮定すべきではない。実証的に検証すべきである。どのような公共政策について、誰が何をどれだけ知っているのかを正確に突き止めるためには、新たな実証研究が必要であろう。

この調査結果はまた、どの経済エリート(「単なる富裕層」なのか、上位1%なのか、上位10分の1なのか)が公共政策にどれほどの影響力を持ち、どのような目的のために影響力を行使しているのかについて、正確に知る必要性を指摘している。組織化された特定の利益団体の影響力の正確な範囲についても、同様の疑問が生じる。また、政党活動家、政府高官、その他の非経済的エリートなど、ここでは考慮されていない様々なアクターの政策選好や政治的影響力についてもっと知る必要がある。私たちの研究が、これらの問題のさらなる探究を促すことを願っている。

これまでの研究では、多数決民主主義の理論が経験的に強く支持されているように見えるが、われわれの分析によれば、アメリカ国民の多数派は、政府が採用する政策に対して実際にはほとんど影響力を持っていない。アメリカ人は、定期的な選挙、言論と結社の自由、広範な(まだ争いがあるにせよ)選挙権など、民主的統治の中心となる多くの特徴を享受している。しかし、もし政策決定が強力な企業組織や少数の裕福なアメリカ人によって支配されるなら、民主的な社会であるというアメリカの主張は深刻な脅威にさらされることになると、私たちは信じている。

補足資料

  • – ネットグループ・アラインメント・インデックスに含まれるビジネス・グループと大衆ベースの利益団体
  • – 測定誤差の補正
  • – 表A1.3に示された構造方程式モデルと並列した最小二乗分析。
  • – 結果を再現するためのデータ/コード dx.doi.org/10.1017/S1537592714001595

脚注

  • 1トクヴィル 2000, 235-49.トクヴィルは州政府に焦点を当てた。しかし、彼は一般論として、「民主主義の法則は……全市民の大多数から発せられる」と主張している(222)。
  • 2リンカーン1863年Dahl, ch.2は、「ポピュリスティック・デモクラシー」を純粋多数決の観点から定義し、その理論的ルーツをアリストテレスの「政治的平等」、ロックの「多数決力」、ルソーの「多数決の一般意志」、ジェームズ・マディソンの「共和主義原理」へと辿り、その規範的特性を批判的に分析した。

    3Hotelling; Black,; Downs.Downsはその全情報の第2章で、やや不確定ではあるが、この理論の巧妙な無次元版を提示しており、第8章ではHotellingの一次元版の変形を説明している。多次元への拡張については、Davis, Hinich, and Ordeshook参照のこと。Mayの定理は、単純多数決が、2つの選択肢から選ぶための唯一の集団的決定規則であり、決定性、匿名性、中立性、個人の選好に対する積極的反応性というアロー型民主主義の条件を満たすことを立証している;May 1952.

    4Arrow 参考文献、McKelvey。Sen 参照.

    5特に辛辣な批評は、ファーガソン(付録:「演繹と放棄」)に示されている。

    6モンロー、;ページとシャピロ;エリクソン、ライト、マキバー;スティムソン、マッククエン、エリクソン;エリクソン、マッククエン、スティムソン。

    7Bartels 参考文献、Gilens。また、ジェイコブズとペイジ(Jacobs and Page、ビジネスリーダーやその他のエリートの嗜好を考慮すると、一般大衆は米国の外交政策にほとんど、あるいはまったく影響を与えない可能性があることを示している。

    8Key, ch. 11 and 472-76; Fiorina; Zaller.ある条件下で政治家が現在の選好に「迎合」する可能性に注目したこの論理の変形は、Canes-Wrone, Herron, and Shotts 2001に示されている。「潜在的」選好とは、政策結果の将来の展開について正確な情報があれば、市民が基本的なニーズや価値観から導き出すであろう集団的な政策選好のことである。このような “潜在的 “選好は、理想的な “本物の “選好と関連しており、一部の政治理論家は、市民が実際に表明する政策選好よりも優れており、政府の対応に価値があると見なしている。これは、民主的統制の選挙による報奨と罰のシステムに規範的な魅力を加えていると見ることができる。Mansbridge.

    9Page and Shapiro 1992を参照。

    10Mills 1959, ch. 12, especially 279.近代エリート理論の創始者であるロバート・ミケルス(Robert Michels)、政党における指導者の地位を重視した。

    テーダ・スコクポルの初期の研究(たとえば、Skocpol and Finegold)は、公務員を重視する国家中心のエリート理論に基づいているとみなすことができる。しかし、『兵士と母親を守る』(1992年)を皮切りに、スコクポルのアメリカ政治分析は、非国家エリート、社会運動、組織化された利益団体、一般市民の選好により注意を払うようになった。したがって、スコクポルの研究は、アメリカ政治を研究する他の多くの重要な研究者(たとえば、Katznelson)と同様、われわれの単純な理論カテゴリーにすっきりと収まるものではない。

    11Beard 1913; Domhoff 2013; Burch 1980-1981; Ferguson; Winters; Winters and Page.

    経済的にエリートな個人に焦点を当てるエリート理論と、組織化された企業利益に焦点を当てる利益集団理論(後述)との境界は、必ずしも鋭利なものではない。ここでは、企業組織や産業部門を重視する理論(Block、Ferguson)の大半を、エリート理論ではなく、主として「利益集団」を構成するものとして扱う。Domhoffのような自称エリート論者は、ビジネスエリートを強調し、企業組織を重要な影響メカニズムとして扱うとしても、そのように分類する。Winters、組織ではなく富裕な個人にのみ焦点を当てるという点で最も近いかもしれない。

    古典的なマルクス主義理論の中心となる経済階級は、”経済エリート “に相当すると主張する人がいるかもしれない。しかし、マルクス主義の理論家たちは、階級的地位は富や所得とは不完全な関係しか持たないと見ており、生産手段の所有に焦点を当てていることから、事業会社や事業者団体が重要な政治的アクターである可能性を示唆している。したがって、「道具的」マルクス主義理論と偏った多元主義理論との親和性に注目しながら、企業や組織化された利益団体に関連してこれらの理論を論じることにする。

    12「利益団体」という言葉は、有権者女性連盟や全米ライフル協会のような会員制団体を連想させがちだが、政治的に重要な「団体」の多くは、実際には事業会社である。

    13ハミルトン、マディソン、ジェイ, 77-84.

    14ベントレー;トルーマン、特に511。

    15ダール 参考文献、。Berry 参考文献は、”市民グループ “の力の高まりを強調している。

    16Olson.

    17Schattschneider, 35; Schlozman, Verba, and Brady, ch.10-14.

    18Schattschneider 参考文献, ch. 1; McConnell; Stigler; Lindblom, part IV and V; Ferguson; Block; Hacker and Pierson.

    19マルクスとエンゲルス.この英文はエンゲルスが編集した1888年の出版物による。

    20ミリバンド 参考文献, ch. 6. フレッド・ブロック)は、ミリバンドのような「道具主義的」マルクス主義理論 を批判的に区別している。この理論では、支配階級の政治的意識の高い成員は、その 経済的資源を利用して、自らの物質的利益のために国家行動を形成する。権力に関するマルクス主義の代替理論については、Isaac参照のこと。形式化された構造マルクス主義理論については、Przeworski and Wallerstein 1982を参照。

    21繰り返すが、我々のデータでは、こうした政治的影響力のメカニズムやその他のメカニズムを区別することはほとんどできない。私たちは、社会における個人や集団の影響力の源泉となりうるものに焦点を当てている。

    22Schlozman, Verba, and Brady, ch. 10-14, especially 321, 329, 356.

    23Schattschneider.

    24Bauer, Pool, and Dexter 1963; Milbrath; McChesney.

    25Smith; Baumgartner et al..

    26Smith, ch. 3.

    27数値的な成功率はSmith報告されていないが、図4.1(83)の「制定スコアカード」の行を見ると、ほとんどの年で60%以上の法案で室内が成功しているように見えるが、年によって非常に大きなばらつきがある。

    28Baumgartner et al.,, 233, 235.これらの多変量解析の結果は、政策変更に対する議会や行政府の役人の積極的な支持(または反対)を独立変数として回帰に含めているため、下方にバイアスがかかっている可能性がある。役人の行動は利益団体自体から影響を受けている可能性があるため、このような予測変数を含めることで、利益団体が役人に与える影響を通じて生じた間接的な影響は除外され、団体の影響力の推定値は直接的な効果に限定される。

    一方、他の影響力のあるアクターを分析から除外すると、(彼らの選好が利益集団の選好と正の相関がある場合)利益集団の影響力の推定値が偽りに膨らむ可能性がある。利益集団の影響力を評価する上でさらに複雑なのは、スミスとバウムガルトナーらの分析には含まれていない、集団がまったく反対の立場を取らない政策ケースである。集団が政策結果全体にどの程度影響を与えるかを評価しようとすれば、反対の立場を取らないケースを含める必要があるが、実際に影響を与えようとしたケースにおける集団の影響力の程度を評価するためには必要ない。

    29これらのデータの収集とコーディングという途方もない仕事を手伝ってくれた彼らの素晴らしい働きに対して、UCLAのMarty Cohen、Jason Conwell、Andrea Vanacore、Mark West、PrincetonのOleg Bespalov、Daniel Cassino、Kevin Collins、Shana Gadarian、Raymond Hicks、Lee Shakerに感謝する。

    30「サーベイ・アジェンダ」の規範的・経験的妥当性についての議論は、Gilens, 50-56で述べられている。もし(私たちが発見したように)一般市民が、高い重要性に傾いている私たちの課題に対してほとんど、あるいはまったく影響力を持たないのであれば、一般市民がより専門的で不明瞭な事柄に対して大きな影響力を持つとは考えにくい。

    312012年の世帯所得の10パーセンタイルは約12,200ドル、50パーセンタイルは約51,000ドル、90パーセンタイルは約146,000ドルであった(U.S. Census Bureau, 2013)。これらのデータの詳細については、Gilens, 57-66を参照。

    32もちろん、平均的な(中央値の)市民は、有資格者あるいは実際の “中央値有権者 “と同一ではない。しかし、一般的に有権者の政策選好と全市民の政策選好の差の大きさは小さい(Wolfinger and Rosenstone, 109-114; Schlozman, Verba, and Brady, 120-21)ことから、我々の測定方法は中央値有権者理論の精神を捉えていると考えられる。この違いが存在する限りにおいて、平均的市民はより規範的であり、実証的な重要性は低い。

    33中央値嗜好の回答者の嗜好と中央値所得の回答者の嗜好の適合性をおおよそ評価するために、5つの所得グループ(10%、30%、50%、70%、90%)のそれぞれにおける中央値嗜好を計算した。たとえば、ある単調でない項目に関して、5つの所得グループの嗜好の中央値が、それぞれ0.50、0.60、0.70 0.65、0.55(所得パーセンタイル10位から90位)であった場合、推定される全体の嗜好の中央値は0.60となる(この場合、所得パーセンタイル30位での嗜好に等しい)。ほとんどの場合、総合的な選好の中央値は、所得の中央値(50パーセンタイル)の選好と同じである。そうでない場合、所得水準による選好の差は小さくなる傾向がある。この手法を用いると、全体の選好の中央値と所得の中央値の選好は、非常に緊密に互いを追跡する:r=.997。

    34本調査は、サンプルサイズが十分に大きく(n=20,150)、上位の所得区分が十分に高いという2つの条件を満たす数少ない調査であり、非常に裕福なアメリカ人の政策選好に関する情報を提供するものである。

    35上位2パーセントの政策選好と上位10パーセントの政策選好の相関は、家族所得が35万ドル以上と回答した76人のCCES回答者に基づいている。少なくとも25万ドルと回答した179人のCCES回答者(所得分布のおよそ上位4.5パーセント)を用いると、相関は0.97と0.76となる。

    経済的に成功しているアメリカ人調査」(Page, Bartels, and Seawright年)と、「不平等調査」(Page and Jacobs年)の比較から、いくつかの裏付けとなる証拠が得られている。両調査に含まれる8つの政策選好の質問から、所得上位25%の選好は、一般市民の選好と富裕層の選好のほぼ中間に位置することが示された。上位4%程度の所得者の政策選好に関する同様の調査結果については、Page and Hennessy参照。

    36われわれは、われわれの指標における2種類の欠陥を概念的に区別している。すなわち、われわれの指標とその根底にある概念との関係に影響する欠陥(付録で議論したランダム誤差や相関測定誤差など)と、それらの概念とわれわれが測定したいと考える特性との間の不完全な適合から生じる欠陥である。例えば、付録で説明した調整は、所得パーセンタイル90%のアメリカ人の嗜好の推定値を改善するのに役立つが、我々のモデルに含めたがっている真の富裕層のアメリカ人の嗜好の指標として、その推定値をより正確にする助けにはならない。

    37Baumgartner et al., 225を参照。私たちは、私たちが開発した利益団体の正味連携度(後述)は、Baumgartnerらが調査したフォーチュン25の代理指標よりも優れていると考えている。なぜなら、この指標は、中央集権的な業界団体を通じてロビー活動を行わない業界を含み、団体の正味数において非線形であり、特定の問題が利益団体や業界の関心の中心となっている度合いを反映しているからである。

    38ネット利権グループアライメント指数の詳細については、Gilens, 127-30を参照のこと。

    39政策変更の測定については、Gilens(60)および注18(284)を参照。

    40個々のグループの立場と平均的市民の選好の相関については、Gilens, 156-57を参照。

    41アメリカ人富裕層と利益団体における支持の低さと高さについて、このような特定の値が選ばれたのは、提案された政策変更案の約15%が富裕層の支持を20%未満または80%以上のいずれかにとどめ、利益団体が見解を示した変更案の約15%が、強く賛成する5団体以上または強く反対する5団体以上(「どちらかといえば」賛成または反対を2分の1としてカウント)という生の利益団体スコアを生み出したからである。

    42モンロー(、)、ページとシャピロ()、スティムソン、マックン、エリクソン()参照。

    43おそらく直感に反することかもしれないが、大衆ベースのグループ(反対38%、賛成20%)よりも、企業グループの方が、提案された変更に反対する傾向がやや弱い(反対33%、賛成26%)ことが判明した。

    44既存の組織化されたグループが一般市民の意向を反映していなかったとしても、デビッド・トルーマンが主張したように、未形成の「潜在的グループ」に対する役人の予想される反応は、理論的には一般市民のために何らかの代表を提供するかもしれない。しかし、既存の組織化された利益団体の立場をコントロールした場合、一般市民による独立した影響力はごくわずかであるという表3の結果は、潜在的な団体(およびそれに対する役人の予測)が一般市民の選好を促進する余地をほとんど残していない。

    45Schlozman, Verba, and Brady, ch. 10-14, especially 321, 329, 356.

    461,779件中369件で、企業ベースと大衆ベースの利益団体の両方が支持を表明した場合、大衆団体の係数はわずか0.09(n.s.)だが、企業グループの係数は0.48**(p<.001)である。

    47少なくとも1つのビジネス志向のグループが反対の立場をとった政策変更案について、別のビジネス志向のグループが反対の立場をとったのは5%未満であった。興味深いことに、大衆を基盤とするグループは、ある問題に対して両側の立場をとる傾向がやや強かった。たとえば、人工妊娠中絶に関するプロライフ・グループとプロチョイス・グループ、クリントン医療改革案に反対したAARPと賛成したAFL-CIOなどである。

    48 4の分析では、ビジネス・グループ指数と大衆利益グループ指数はともに0から1までの範囲でスケーリングされた。各問題に関与しているビジネス・グループと大衆ベースのグループの数が異なることを反映するために、これらの指数のスケールを変更したところ、ビジネス・アライメント指数の標準偏差は0.158、大衆指向指数の標準偏差は0.096となり、政策結果との関連性(4に示したものと類似)はそれぞれ0.38(p<.01)、0.40(p<.001)とほぼ同じになった。

    49Bachrach and Baratz 参考文献:、Lukes。Isaac 参照.

    50規範的な議論については、Dahl、特に第7章を参照のこと。その条件が満たされる傾向があることを示す経験的証拠については、Page and Shapiro 1992およびGilens参照のこと。