人口抑制と米政府の公式政策
これが証拠だ「陰謀論」ではない

CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪マルサス主義、人口管理ロバート・マローン生物兵器ワクチン

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

rwmalonemd.substack.com/p/population-control-and-official-usg

Population Control and Official USG Policy

2023/07/26

ロバート・マローン博士

 

個人的には、COVID危機をめぐるさまざまな「人口減少アジェンダ」理論に関連するウサギの穴に迷い込むのは気が進まなかった。 しかし、可能性のある人口削減目的と機能不全に陥った「公衆衛生」政策の奇妙な一致は、心の広い人なら誰でもわかる。 これらの政策には、生物学的に操作されたSARS-CoV-2ウイルス、多くの「公衆衛生」政策、そして急がれる遺伝子治療ベースのコロナワクチン」と、それに関連するが厳密に否定されるさまざまな「重篤な有害事象」(予期せぬ突然死や不妊症の問題など)は、効果的な「公衆衛生」介入であるのとは対照的に、人口抑制/人口減少アジェンダと一致している。

この記事では、まさにそのウサギの穴に深く潜ることになるからだ。

最近、尊敬する同僚(ギャビン・デベッカー氏)が、「キッシンジャー報告書」と題された(以前は機密扱いだった)国家安全保障調査メモランダム(NSSM)200に関する長い分析と添付文書からなる電子メールを送ってきた。彼はまた、国家安全保障指令覚書314「米国の安全保障と海外利益に対する世界的な人口増加の影響、75年11月26日」を含む連邦政府の関連補足文書へのリンクも提供してくれた。ギャビンは『恐怖の贈り物 : 暴力から我々を守る生存信号』という重要な著作を含む、よく知られた作家であり、新しい本を準備する傍ら、この分析(下記)を準備していた。彼の文章、考え、分析は著者の許可を得て掲載している。

これらの文書を考える上で、ヘンリー・キッシンジャーがクラウス・シュワブ博士の重要な指導者であり、当初から関与 し、世界経済フォーラムの創設に(CIAとともに) 現在も中国共産党/習近平と同様に協議を続けていることを念頭に置くことは有益である。

コメント、見解、関連文書に目を通すと、米国連邦政府の世界人口管理/人口減少アジェンダを支持する率直で「現実政治」に基づいた議論や、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、世界保健機関、国連、その他の非政府(および政府)組織によって行われていることが知られているさまざまな活動との類似性に唖然とさせられた。 NSSM200とNSDM314は、ジェラルド・フォードによって正式に米国の連邦政策として実施され、今日まで米国の政策として残っていることを念頭に置いてほしい。

多くのいわゆる「陰謀論者」が推測しているように、相関関係が因果関係を証明するわけではなく、これらの公式な人口抑制/人口政策がコロナ危機の公衆衛生政策に影響を与えたという証拠は(まだ?しかし、私に関する限り、先行する人口政策と、アメリカやほとんどの西洋諸国(特に「ファイブアイズ」の国々)で実施された多くの「公衆衛生」政策や行動との間に驚くべき類似性があることを認識し、認めなければならない。以前この小冊子で取り上げたように、エルンスト・ウォルフは、 COVID危機は主に経済的/金融的な意図によって引き起こされたという説の(多くの)主要な支持者の一人である。 このたびの捏造された危機において、多くの思惑が進行していた 可能性は常にあり、今回のケースでもその可能性は高い。

コロナの物語を解き明かす | すべては周到に計画されたものだったのか?エルンスト・ウォルフの分析
エルンスト・ヴォルフ著 グローバルリサーチ、2022年8月20日 世界がコロナ精神病になった一つの大きな理由を超訳で解説。  ドイツの著名な経済学者であり、ジャーナリストでもあるエルンスト・ウォルフの 講演会 。特にIMF、世界銀行、連邦準備制度、ブレトンウッズ体制、世界的な不換

このエッセイと裏付け資料を読んだ後、この「公衆衛生の危機」に対する対応が、「キッシンジャー報告書」に明確に記されているように、アメリカ連邦政府の人口抑制政策に影響された可能性について、読者各自が(彼ら/彼女ら? この報告書は、世界人口が80億人を超えてはならないことを示している。 2020年に世界の総人口が78億4000万人に達したのは偶然だろうか?


すべてはミーティングから始まった

1973年6月8日午前10時30分、国務省ポーター大使室

コピー先S、D、P、E、M、C、S/PC、S/S、EUR、IO、S/PM、AID

ドレイパー将軍とその同僚たちは、発展途上国における人口爆発は、経済や開発における米国の利益を脅かすだけでなく、より根本的には、わが国の政治的・軍事的利益にも危険をもたらすという見解を示した。彼らは、このテーマについてテイラー将軍が書いた覚書に言及した。ポーター大使は、テイラー将軍の覚書を読んだと述べ、もしよければさらにコメントするよう求めた。テイラー将軍は、自分は人口問題については門外漢だが、覚書にあるように、多くの発展途上国における人口の急激な増加は、国内暴力や対外侵略の可能性の源になりうると強く感じている、とだけ付け加えた。彼とドレイパー将軍は、ポーター大使にこの問題をどう進めるべきか助言を求めた。二人は、NSCの研究の可能性という点で、キッシンジャー氏のオフィスのスコウクロフト将軍に相談したと言った。ドレイパー将軍は、急激な人口増加は平和の世代という概念を危うくしかねないという自分の考えを大統領に手紙で説明し、大統領にこの問題について発言するよう勧めたという。

ポーター大使は、すでにこの考え方に改宗している人物と話をしているのだと言った。ポーター大使は、私たちの人口プログラムが援助プログラム全体と密接に結びついておらず、あまりにも別個に扱われていると感じていた。ポーター大使は、援助資金や食糧の投入は、人口プログラムとの緊密な相関関係がなければ意味がないと考えていた。現在、両者はあまりにも別々に扱われている。彼は、この関係を見直す必要があると感じた。長期的な結果を考えずに、開発途上国の援助プログラムに多額の資金を投入すべきではないと考えた。ポーター大使は、発展途上国における人口増加は、単なる経済問題ではなく、平和に対する明確な脅威であることに同意すると述べた。ポーター大使は、韓国で初めて国家的な人口抑制プログラムに接した経験を思い出した。政府レベルでは、少なくとも声高に強力なプログラムが行われていたが、村落レベルに行くと、受諾者を示すグラフには大きな隔たりがあることがわかったという。大臣レベルでは、人口計画は必要だと考えられていたが、村レベルでは、農場を運営する2人の男の子供ができるまでは、個々の家族には効果がないことがわかった。実際、政府のプログラムは、2人の男の子供ができるまで、女性に避妊を奨励するものではなかった。

ポーター大使は、基本的にこれはNSCの研究だと述べた。プログラム全体の指令はホワイトハウスから出されるべきだ。ポーター大使は、ドレイパー将軍の書簡を受け取ってからホワイトハウスで何が起こったか確認すると述べた。そして、我々は何かを成し遂げるよう努力すると述べた。

ポーター大使は、ドレイパー将軍が書簡の中で触れていたもう一つの話題、ブレジネフの訪問を持ち出した。ブレジネフ大使は、ソ連は国内の人口計画にはあまり関心を示さないだろう、なぜなら中国の出生管理には関心があるが、シベリアで空いたスペースを埋めたいからだ、と述べた。しかし、米国がそうであるように、ソ連も発展途上国の人口増加率を下げるよう奨励することに関心を持つべきだというドレイパー将軍の主張には同意した。ポーター大使は、この問題を大統領・ブレジネフ会談の議題とするよう、キッシンジャーに正式に提案すると述べた。

ドレイパー大将は、現在3つの重要なステップを考えていると語った:

1.世界人口会議への積極的アプローチに関するソビエトとの協議。

2.今秋の国連総会における、人口増加が世界平和にもたらす脅威に関する大統領の声明。

3.IPPFに対するAIDの拠出金の40%制限から経口避妊薬を除外すること。

クラクストン大使とポーター大使は、この最後の項目が適切であることに同意するかどうか、もし同意するのであれば、この項目を検討中であるハンナ博士に意見を述べるかどうか尋ねた。ポーター大使とクラクストン氏は、そうすると答えた。

ポーター大使は再びNSCについて提起し、NSCを関与させることが目的であると考えた。クラクストン事務総長は、長官が欧州から戻った後、いつか長官、ラッシュ事務総長、ケーシー次官、ポーター大使と、ハンナ博士および彼のスタッフからなる会議を開き、人口分野における米国の関心とプログラムについて、全般的かつ広範で長期的な政策を検討するのが有益ではないか、と提案した。彼はこのテーマについて提案を送ると述べた。

タイディングス上院議員は、国際的な立場と密接に関係するいくつかの国内問題があると述べた。タイディングズ上院議員は、国内問題には国際的な立場と強く関連するものがいくつかあると述べた。例えば、現在の避妊薬の世代は、多様な農村社会の人々のニーズに対して適切ではなく、研究の必要性が非常に高いが、アメリカ政府はそれを十分に支援していないと述べた。彼は、政府のどこにも危機感が欠けていると感じていると述べた。また、この分野における外交政策上の関心に関して、政府内部の調整が不足していると感じたという。たとえば、テキサス州、ミネソタ州、その他の州では、小麦の収穫が例外的に多いと言われているが、小麦を港まで運ぶのに必要な鉄道車両を提供する計画があることを知らない。さらにクラクストン氏は、ハンフリー上院議員は、今秋、中西部諸州で予想される大量の大豆収穫を乾燥させるために必要なプロパンや天然ガスを供給する計画があることを知らないと述べた。また、増加する飼料穀物の積荷を運ぶために必要な船舶の計画があるのかどうかも疑問だという。これらは一般に国内の問題と考えられているが、基本的な外交政策の成功に強く関係している。

タイディングス上院議員は、HEWのトップは家族計画サービスを拡大する気がないだけでなく、どうやらすでに実施していることを支援する気もないようだ、と付け加えた。ポーター大使もクラクストン氏も、自国以上のことを他国の人々に求めていないことを海外に示すことが重要だと述べた。

テイラー将軍は、NSCの調査には、家族計画プログラムの効果という観点から見た国内情勢の調査を含めるべきだと思うと述べた。タイディングス上院議員は、家族計画目的の食糧を海外に運ぶには米国内の物流が不可欠であることを強調した。

ポーター大使は、中国が人口抑制のために何をしているのか知っている人はいるかと質問した。ドレイパー将軍は、最近中国に3週間滞在し、ケネディ上院議員の保健小委員会で証言したと述べた。その証言のコピーをポーター大使に送るという。ポーター大使は、喜んで差し上げますと答えた。ドレイパー将軍は、中国で見たことをごく簡単に説明した。

ドレイパー将軍は、下院外交委員会の22人のメンバーから提出されたAID法案の修正案が有害であるとの懸念を示した:1)人口と広範な保健分野の資金を一緒に承認し、両方に1億5,000万ドルしか承認していないこと、2)彼の理解では、プログラムの成功に不可欠であった人口資金の使途指定が取りやめられようとしていること、である。彼は、保健省がこの問題を検討し、この予算を維持することを支持するよう求めた。彼は、来週の外務委員会で証言し、人口プログラムだけに1億2500万ドルの予算を残し、2500万ドルの保健分野を食糧・栄養部門に移管するよう委員会に働きかけると述べた。

大統領・ブレジネフ会談について、クラクストン氏は、大統領用のペーパーをすでに用意しており、それをポーター大使に渡してキッシンジャー氏に送ってもらうと述べた。ポーター大使は、キッシンジャー氏へのメモに、人口問題をNSCで大まかに取り上げるよう提案することも含めると述べた。


キッシンジャー報告とその後のアメリカの人口抑制政策

ニクソン大統領の指示で作成された「キッシンジャー報告」として知られる国家安全保障調査メモには、多くの国々における人口削減の詳細な計画が記されていた。 これらの計画は、ジェラルド・フォード大統領によって制定された「国家安全保障決定314号」によって、1975年にアメリカの公式政策となった。

この報告書から打ち出された政策は、未開発国が大きな政治力を得るのを防ぐために、米国が人口抑制を利用する方法と見なされた。 世界中で生み出される将来の世代が富の蓄積に危険をもたらすと考えたこの政策は、米国の富裕層によって支持された。 この政策はまた、人口増加を支援しようとする国々からの干渉から、海外の米国企業を保護することも期待された。

歴史的には、戦争は敵対国の人口を減らすために必要であった。キッシンジャー報告は、米国の経済的・軍事的利益に長期的なリスクをもたらす可能性のある国を対象に、より戦略的で、うまく偽装されたアプローチを提案した。

ウィキペディアより「NSSM200は、米国の公式政策として 1975年11月26日、ジェラルド・フォード大統領によってNSDM314として再編集され採用された。 当初は10年以上機密扱いにされていたが、1990年代初頭に研究者によって入手された。この覚書と、この報告書から作成されたその後の政策は、米国が人類の人口削減を利用して、未開発国の政治力を制限し、外国の天然資源を容易に採掘できるようにし、反体制的な若者が生まれるのを防ぎ、人口増加を支援しようとする国々からの干渉から海外にある米国企業を保護する方法として観察された。”

国家安全保障研究メモランダム NSSM
National Security Study Memorandum NSSM 国家安全保障研究メモランダム NSSM 1974年12月10日 機密扱い:ハリー・C・ブレイニー3世 大統領令11652の一般機密解除スケジュールに従い、2年間隔で自動的に格下げされ、1980年12月

キッシンジャー報告書要旨より:

人口分野における世界の政策とプログラムは、2つの主要な目標を組み入れるべき:

(a)21世紀半ばまでに、大規模な飢餓や発展への希望が完全に挫折することなく、60億人までの継続的な人口増加に対応するための行動。

(b)究極のレベルを100億、130億、あるいはそれ以上にするのではなく、可能な限り80億に近づけるための行動

この80億を超えないという大目標は、2022年に80億の大台に乗せるという事実と相まって、過去3年間に計画され組織化された多くの行動が緊急性を帯びていたことを説明する一助となるだろう。

コビッド/ウイルス/パンデミック(2020年以降に実施されたすべてのことの表向きの根拠)を脇に置き、代わりにUSGが数十年にわたって策定・実施した計画に焦点を当て、それらの計画に基づいて実施された行動に焦点を当て、それらの行動によって引き起こされた効果に焦点を当てると、人口削減、人口抑制(および人口のコントロール)が結果としてもたらされたことが浮かび上がる。 これは、動機の善し悪しについての判断や特定の人々への言及なしに表現されている。

おそらく、COVIDのロックダウンと商業の中断の最も明白な結果は、飢餓の危険にさらされている人々の現在の記録的な数:COVIDのロックダウンとその結果すべてが起こる前、飢餓の危機に瀕していた人々の数は1億3500万人だった。 2021年末までにさらに1 億3500万人増加し、2022年にはさらに 6700万人増加した。その結果、現在約1000万人が餓死しており、そのうち300万人が子供である。(www.actionagainsthunger.org/the-hunger-crisis/world-hunger-facts/)

分類されたキッシンジャー報告書は、人口を緊急に削減しなければならないという強力な信念体系を打ち出した(この信念は、多くの合理的な人々が支持し、多くの合理的な人々が反対している)。 キッシンジャー報告書は、私が直接引用している項目を含むテンプレートと支出計画を作成した:

世界的な人口減少を支援・促進する30人の「エリート」リスト
List Of 30 ‘Elites’ That Support And Promote Depopulation マイケル・スナイダー、アレクサンダー・ライト この記事は2018年に掲載されたものである。 世界的なエリートたちの間では、人口過剰が世界が直面している最も重要な問題

… 不妊と避妊の研究

…生物医学研究は倍増するだろう

… 既存技術のフィールドテスト

… 新技術の開発

… 経口避妊薬(集団に最適なステロイドホルモンの組み合わせと用量)

… 大きさ、形状、生理活性の異なる子宮内避妊具を開発し、テストして、最適な受容性のレベルを決定すべきである。

…男女の不妊手術は、いくつかの分野で広く受け入れられている。女性の不妊手術は、アパロスコープ、カルドスコープ、大幅に簡略化された腹部手術手技などの技術的進歩によって改善されてきた…卵管クリップの使用、経頸管的アプローチ、より単純な手技の開発が可能である。男性については、いくつかの現在の技術が有望であるが、より洗練されたものにする必要がある。

…プロスタグランジンの使用を含む不妊治療への溶質分解および抗プロゲステロンアプローチ

女性のための注射式避妊薬…専門家によって投与される。 現在、副作用と潜在的な危険性によって制限されている…追加の研究によって克服することができる。

… 男性用避妊薬、特に一定期間有効な注射薬

月経周期を規則正しくするために、月に1回、あるいは必要に応じて、専門医が投与する。

報告書に記載されている各予定/推奨される行動の予算は、各項目に割り当てられた優先順位とコミットメントのレベルを示すものである。

この報告書では、「さまざまな理由(イデオロギー的な理由もあれば、単に人道的な理由もある)で家族計画に反対する指導者や個人」に対して、人口削減をより受け入れやすくするために、避妊を「より広範な保健サービスの文脈」に組み込むという(当時としては斬新な)アイデアを提案している。

報告書は、後発開発途上国(LDC)においてのみ人口抑制を推奨し、「我々の活動が、先進国のLDCに対する政策であるかのような印象をLDCに与えないよう注意しなければならない」と警告しているが、まさにその政策であった。

この報告書では、家族計画の概念を保健プログラムに組み込むことが、受け入れられるための戦略であり、そうなることを何度も強調している:

“米国は、LDCの人々の将来や幸福よりも、その数を抑制することに関心があるというイデオロギー的な非難に対抗するのを助ける。 イデオロギー的な線に沿って議論する人々は、開発プログラムや保健プログラムに対する米国の貢献が着実に縮小しているのに対して、人口プログラムへの資金は着実に増加しているという事実を大いに認識すべきである。”

報告書は、「伝統的な開業医」の採用を提案し、「商業的アプローチは、既存の流通システムを利用するため、家族計画サービスを提供する現実的で低コストの手段を提供する」という結論に達している(集団予防接種はその一例)。

報告書は、国際家族計画連盟とUSAIDが、「さまざまな後発開発途上国で商業的流通スキームをテストし、このアプローチによって達成される家族計画の実現可能性、コスト、受容の度合いについて、さらなる情報を得るため」と説明している。 その目的は、”簡単で、低コストで、効果的で、安全で、長持ちし、受け入れられやすい受胎調節法を目指す “ことであった。

注:USAID(職員数10,000人、予算270億ドル)は報告書の中で最も目立つ存在であり、CIA、国務省とともに共著者である。

「この見解の結論は、強制的なプログラムが必要かもしれないということであり、我々は今すぐその可能性を検討すべきだということである」

ギャビンの注:CIAとUSAIDによって書かれた機密文書の次の部分は、世界史上の他の世界的野心と違和感なく近い。 この提案では、アメリカはどうあるべきかを問うている:

「財政的、国際的、国内的政治的コストを伴う世界人口の大幅な制限に全面的にコミットする。」

「人口増加を抑制できない/しようとしない人々を助けるために、米国は食糧配給を受け入れる用意があるか?」

「食糧は国家権力の道具とみなされるか?」

「強制的な人口抑制策は、アメリカにとって、あるいは他の国にとって適切か?」

「米国は、自国の食糧消費パターンを、より効率的なタンパク質の利用に向けて変更するよう求めるべきか?」

注:COVIDのパンデミックの際、FDAはこれに50億ドルの 関連する プログラムを開始し、ゲイツ財団はこの路線に沿ったいくつかのプロジェクトに資金を提供している。 (これらの追求は確かに悪いことばかりではないが、自然の食糧供給を変えるSFプロジェクトであり、大きな配慮を期待するのは行き過ぎかもしれない)。

www.technologyreview.com/2021/02/14/1018296/bill-gates-climate-change-beef-trees-microsoft/#Echobox=1613337482

www.usda.gov/media/press-releases/2021/10/06/usda-announces-more-146m-investment-sustainable-agricultural

この報告書は、USGが “大がかりな医学的研究 “を利用して、既存の不妊治療の手段を改善し、新しい手段を開発するという商業的アプローチを提案している。 (このプロジェクトは国家安全保障指令であり、生殖の自由を向上させるためのものではない。 子供を持てない時点で、生殖の自由などないのだ)。

報告書は、「費用対効果の高い方法で少子化を誘導する大規模なプログラム」を支持し、「金銭的なインセンティブと他の動機付けのための装置を使って、多数の男性にパイプカットを受け入れさせることに成功したインドでの実験」のような、議論を呼ぶような例を熱心に紹介している。

「慎重に選択された多くの方向における協調的かつ大規模な努力のみが、人口増加削減の成功の望みを提供することができる…」と述べている。

この報告書では、「人口節制」の第一の重点は、「米国の政治的・戦略的関心が特に高い、最大かつ急成長している発展途上国」に置かれるべきであると述べている。 1974年には、インド、バングラデシュ、パキスタン、ナイジェリア、メキシコ、インドネシア、ブラジル、フィリピン、タイ、エジプト、トルコ、エチオピア、コロンビアが挙げられていた。

注:33年後の2021年、アメリカはキッシンジャー報告書に明記された以下の国々に数百万本のmRNAワクチンを寄贈した: バングラデシュ、パキスタン、ナイジェリア、インドネシア、ブラジル、フィリピン、タイ、エチオピア、コロンビアである。

どの国も白人が多いわけではない。

報告書では、すでに70カ国以上でプロジェクトを行っている国連人口基金(UNFPA)と協力することが「米国の利益という観点から望ましい」としている。

国連人口基金(UNFPA)の設立に尽力し、人口危機委員会の共同設立者でもあったウィリアム・ドレイパー少将は、人口削減の世界戦略を策定するようニクソン政権に圧力をかけた。 人口危機委員会は、「貧困にあえぐ人々を減らし、人類と自然環境がバランスよく存在できるように」人口削減を奨励した。 彼らの目標は、「生きる人々を減らす」ことだった、と言った方が正確だ。

国連人口基金(UNFPA)は、強制中絶や強制不妊手術と.批判されるプログラムを実施していた 当然ながら、UNFPAはその使命についてまったく異なる説明をしている:

「すべての妊娠が望まれ、すべての出産が安全で、すべての若者の可能性が実現される世界を実現する」

すべての若者の可能性を実現するという高邁な目標が、実際に生まれてくる若者にのみ適用されることは明らかである。UNFLAが”何をすべきか”の項目で最初に挙げているのが、「ピル、インプラント、子宮内避妊具、生殖能力を制限する外科的処置を 含む…質の高い避妊具の安定した信頼できる供給の確保」なのだから。

UNFPAは、主に女性と女児に対する重大な人権侵害で広く非難されている中華人民共和国の避妊キャンペーンを支援するために、米国から資金を提供した。 同様に、UNFPAはインド政府が推進する強制不妊手術プログラムに資金を提供し、2014年には、社会的利益と引き換えに誘い込まれた「不妊手術キャンプ」で数十人の女性が死亡したことが暴露された。

このプログラムには、他国政府やビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団を含む米国のさまざまな団体からも資金が提供されている。https://thewolf.report/2017/08/27/the-kissinger-report-and-the-world-population-control/

ドレイパー少将は、間違いなく人口削減の最も効果的な初期の提唱者であり、1973年に国務省の上級職員にプレゼンテーションを行い、後発開発途上国における人口増加は「根本的に我々の政治的・軍事的利益に危険をもたらす」と述べた:

この会議から1年も経たないうちに、キッシンジャー報告書にはこう記されている:

「人口問題は、一般に受け入れられている以上に深刻であり、自主的な対策では解決できないと考える専門家が増えている」

報告書によれば、他国の人々の数を減らすことは、根本的で「非常に難しい道徳的な問題」を呼び起こすほど極端な方法だと考えられている。

報告書は大統領に対し、世界人口問題に関してアメリカ政府のどの部門が権限を持つべきか、 国家安全保障会議(選択肢A)かUSAID(選択肢B)である。当然のことながら、選択肢Aは国家安全保障会議とCIA、そして「国務省、財務省、国防省、農業省、保健福祉省、商務省」によって支持された。

NSSM200の主な見解:

  • 外国の人口増加は地政学的な力を高め、米国の利益と対立する可能性がある。
  • 米国は、天然資源を容易に手に入れるために、発展途上国に依存している。
  • アメリカのビジネスは、増加する人口を賄う必要のある外国政府の干渉を受けやすい。
  • 出生率が高いため、既成の政府に反対する若者が増える。(ユースバルジ)

「多くのLDCでその割合が高い若者は、高齢者よりも不安定で、極端な行動に走りやすく、疎外感や暴力に走りやすい。 こうした若者は、政府の法的制度や、体制側、帝国主義者、多国籍企業、あるいは自分たちの問題の原因とされるその他の、しばしば外国(米国を意味する)の影響力を攻撃するよう、より容易に説得される可能性がある」

若者の数が減るという考えは、ほとんどどのような権力構造にも受け入れられうるものであり、ディストピアの領域に踏み込むことは、(おそらく不注意にも)コビッドの集団予防接種政策の結果なのである。 集団予防接種を受けた国の労働年齢人口は減少しており、これもおそらく不注意であろう。

NSSM 200と国家安全保障上の決定314より:

「米国経済は、海外から、特に後進国から、大量の鉱物をますます必要とするようになるだろう。

しかし、このような微妙な関係においては、強制的な印象を与えないようにすることが、形式的にも実質的にも重要である」

「中絶に頼らずに人口増加を抑えた国はない…」

国家安全保障会議は、「国連、米国国際問題研究所(USIA)、米国国際開発庁(USAID)による、マスメディアやその他の人口教育・動機付けプログラムへの重点的な取り組み」を通じて、人口削減への世界的な支援を求めるべきだと勧告した。

NSSM200とNSDM314から採用された政策は、1976年、国家安全保障会議が影響力の戦略(フードパワー)として食料の差し控えと、人口増加を防ぐための軍事力の行使を提唱した後、さらに拡大した。

「場合によっては、不妊手術の受諾者に報酬を支払うといったインセンティブや、住居や学校教育の割り当てにおいて、家族が多い人ほど優先順位を低くするといったディスインセンティブを伴うこともある。このような方向付けは、効果的なプログラムの必須条件である。」

このようなインセンティブやディスインセンティブ、マスメディアの利用拡大などは、集団予防接種を推進する際にも、おそらく異なる意図で適用された。

1974年12月、国家安全保障会議からフォード大統領に宛てたメモには、「米国のすべての努力は、途上国の利益に反するという批判を最小限に抑えるような形で行われるべきである」と説明されている。

そして、「最貧国の福祉と経済発展の発展」を強調すべきである[我々は助けるためにここにいるだけだ]

1976年6月の国家安全保障会議からフォード大統領へのメモは、キッシンジャー報告書の計画を具体化したもので、特に「救急救命士、助産師、ボランティア、その他」の信頼できる人々を訓練し、村落で不妊手術と家族計画を提供するよう提唱している。

「なぜなら、非自発的な不妊手術プログラムには、道徳的な配慮だけでなく、実際的な障害(医療、法律、管理施設の不備)があり、既存の自発的プログラムに好ましくない影響を与える可能性があるからである。

1974年8月、CIAはOPR-401を作成した:

「アメリカの黒字に対する世界の依存度の高まりは、アメリカのパワーと影響力の増大を予感させる」

「冷却傾向が進行中であると信じる気候学者が正しいと証明されれば、世界の食糧事情とアメリカの利益への影響はかなり大きくなるだろう。 この傾向が数十年続けば、ほぼ間違いなく食糧が絶対的に不足するだろう。 人口の「問題」は、最も不愉快な形で解決したことになる」

注釈

1.キッシンジャー報告書が本物であることを確認するために、原文を公開しているUSAIDの公式ウェブサイトを以下に示す。

2.米国のグローバル政策、キッシンジャー報告書、マルサスなどから生じる問題についての詳細な議論: thewolf.report/2017/08/27/the-kissinger-report-and-the-world-population-control/

歴史上、権力者は抵抗する若者に戦争を仕掛け、不適合や非遵守に戦争を仕掛けてきた。

コビッドに対するおそらくはもっと無邪気な対応をしていた時期でさえ、反対の情報を進めたり持ち上げたりする人々は国家の敵だった。

歴史上、順応の押し付けは権力者の中心的な目標であった。 現代の例は、期限切れの製品を使った集団予防接種:

たとえ2年前に注射を受けたとしても、医学的な意義がなくなったとしても、社会に参加することができる。

歴史の中で…

  1. 権威を疑う者は国家の敵である
  2. 独立思想は国家の敵
  3. 制御されない人間の自然な思考と精神は国家の敵である
  4. 不適合は国家の敵である
  5. 自然は国家の敵
  6. 人間の本性は国家の敵である
  7. そして今日、あらゆるものに対応するハックがあり、thing あらゆるものを解決する技術がある。
  8. 人は物である

将来の戦争は、自分が攻撃されたことにさえ気づかない犠牲者を対象に行われるだろう。説得力のある戦争は、多くの場合、政府を利用する大企業と、大企業を利用する政府の利益のために行われる。

たとえそれが暗い真実であっても、真実は光である。


トップ10

人類の人口を「管理可能な」量まで減らすために「彼ら」が使っている方法のトップ10を紹介しよう。その時点で、残った人々(このバスを運転している人々の財産の相続人を含むらしい)は全員、「ユートピア社会」で暮らすことになる。 個人的には、啓蒙的なアテネの民主主義やプラトス共和国よりも、『マッドマックス』のディストピアに近いものになるのではないかと思っている。

方法10:標的殺菌

歴史を通して、そして今日でも、人々は優生学の哲学を利用して、子供を産んではいけない人を決めることで人口を「改善」してきた。多くの場合、これは病人や貧民の不妊手術を意味する。

1930年代から1980年代にかけて、アメリカの33の州で不妊手術が行われた。ノースカロライナ州の場合、彼らは謝罪し、被害者に補償するために2010年にN.C. Justice for Sterilization Victims Foundationを設立した。

ナチス・ドイツや、フィリピンやアフリカで噂されている、女性を不妊にする抗体を混ぜた予防接種ワクチンなど、強制不妊手術の例は他にもある。中国の全体主義体制では、エリートたちが直接、有名な一人っ子ノルマを実行している。

歴史上の不妊治療の策略は、たいていある種の人種差別主義者の計画として幕を閉じる。しかし、最終的な目標は、中絶のような人口削減方法を自ら行うことである。

方法9:戦争

戦争には、人類の人口を減らすという明らかな効果がある。しかし、中央銀行を通じて戦争の双方に資金を提供する国際的な銀行家にもたらされる利益は、それほど明らかではないかもしれない。

戦争は人口削減を達成すると同時に、戦争利得者を潤す。世界は常に、いくつかの戦線で戦争を管理してきた。しかし対テロ戦争は、終わりの見えない永続的な戦争と、それに伴う死者の増加を約束している。

方法8:病気を治さない

今日の医師は、巨大で強力な製薬会社のための薬の売人である。人間の医者は、人工知能を搭載した機械に取って代わられるかもしれない。

大手製薬会社やFDAのような政府の規制機関に対し、医師は無力なままだ、

本物の医師であろうとし、実際に人を治そうとする医師は、その職業から信用を失う。

方法7:性感染症

HIVのような性感染症(STD)は、人間の生殖機能を低下させ、寿命を縮めると同時に、治療法が意図的に隠されているため、治療法を買わざるを得ない薬物依存の患者を作り出す。STDの主な目的は、妊娠を抑制し、強制的な人口抑制よりもはるかに効率的な、自業自得の人口抑制を作り出すことである。

方法6:環境操作

空気中の農薬やその他の化学物質は、ガンや喘息、アレルギー、その他の病気を引き起こす。

一方、DARPAをはじめとする世界中の機関による気象操作は、自然に見える災害を引き起こし、一度に何千人もの命を奪っている。

方法5:中絶

人工妊娠中絶は、完璧に実行された人口削減キャンペーンの結果、自己処刑に至ったものである。世界保健機関(WHO)によれば、世界中で年間4000万〜5000万件、1日あたり約12万5000件の中絶が行われている。

方法4:遺伝子組み換え生物

昆虫、植物、動物などの遺伝子組み換え生物(GMO)は未来のものだ。

これらの遺伝子組み換え作物は、自然の生物と交配して自然の種子を作らせないようにしたり、生物兵器として使ったり、テクノロジーと融合させて人類に対してさらに素晴らしい任務を遂行したりと、さまざまな興味深い新しいことをする。

方法3:同性との関係

メディアやハリウッドのコンテンツにおける爆発的な同性イメージは、計画され実行された心理作戦(psyop)である。

過去10年間、人類に対して行われたこの心理作戦は、人口削減のパラダイムを自作自演するという使命を達成した。

同性間の恋愛は、これまでに存在した中で最も効率的な人類の人口削減手段となることが約束されている。

方法2:食料供給

あらゆる生物の食糧供給を支配すれば、その生物を支配することになる。権力者たちは、利益と人体の変化をもたらすために、あらゆる種類のホルモン剤や抗生物質、その他神のみぞ知る物質で、人間の食物を少しずつ改良してきた。

食物源操作の最も明白な影響は、肥満、女性の早発月経、男性のテストステロンレベルの低下、そして性的混乱と性別失認を引き起こす全体的なホルモンバランスの乱れである。これらすべての組み合わせは、最終的に人間の繁殖率を低下させるために、人間の集団に対する同性関係の心理作戦にそのまま食い込む。

方法1:トランスヒューマニズム

人間の知的、身体的、心理的能力を大幅に向上させる高度なテクノロジーと人間の融合。トランスヒューマニズムは、技術的強化によって「トランスヒューマン」の創造者と管理者が文字通り彼らの身体と精神をコントロールできるようになるため、人間の人口抑制や他の手段による人口削減の必要性を完全になくすだろう。


米国国務省公文書館の人口政策

104.1973年6月8日午前10時30分、ワシントンでの会話覚書。

ワシントン、1973年6月8日午前10時30分

人口危機委員会のメンバーは、国務省職員と懸念を話し合った。

出典National Archives, RG 59, Central Files 1970-73, SOC 13.機密。下書きはクラクストン。会議はポーターのオフィスで行われた。人口危機委員会は、世界的な人口増加を制限するためのさまざまな措置を支持する自称提唱者のグループであった。


105.1973年6月13日、ワシントン、国務省事務次官(エリオット)から国家安全保障問題担当大統領補佐官(キッシンジャー)への覚書。

ワシントン、1973年6月13日

エリオットは、ソ連のブレジネフ書記長が訪米する際に、人口抑制政策について話し合うことの重要性を強調した2枚のブリーフィング・ペーパーを送った。

出典National Archives, RG 59, Central Files, 1970-73, POL 7 USSR.限定的公式使用。6月12日にクラクスト、13日にバーバーが起草し、ポーターが承認。


106.1973年6月19日、ワシントンにて、ロジャース国務長官およびワインバーガー保健教育福祉長官からニクソン大統領への覚書。

ワシントン、1973年6月19日

ロジャースとワインバーガーは、ニクソン大統領に1974年世界人口年委員会の設立を勧告した。

出典National Archives, RG 59, Central Files 1970-73, SOC 13.限定的公式使用。スペングラー、クラクストン、アレンが起草、デ・パルマとマレーが清書。12月10日、ラッシュからニクソンへの覚書は、ニクソンにこの提案を承認するよう勧告した(同書)。ニクソンによる1974年1月17日の委員会設立の大統領令は、1974年2月11日付のDepartment of State Bulletin, pp.153-154に掲載されている。


107.Airgram A-5913 国務省から全外交官事務所宛、ワシントン、1973年7月11日。

ワシントン、1973年7月11日

このエアグラムは、人口抑制問題に対する米国の立場に関する指針を各支局に提供した。

出典 National Archives, RG 59, Central Files, 1970-73, SOC 13.未分類。7月2日にアレン、クラクストン、バークが起草し、マーシャルとレーベンホルトが承認、クラクストン、キーファー、マーシーが承認。ユネスコ代表のためにパリへ、FAO代表のためにローマへ送付。同封物はいずれも公表されていない。添付されていない封書1については、Public Papersを参照:Nixon, 1973, pp.添付されていない封書2については、国務省公報1973年5月7日,545-560頁を参照。1971年1月8日付封書3は国連文書A/RES/2683(XXV)。1970年4月14日付封書4は国連文書E/RES/1484(XLVIII)。同封物5、日付未記入、「世界人口年1974」と題された国連経済社会情報センターのパンフレットで、1974年を世界人口年と正式に宣言したワルトハイムの1972年9月10日の声明を再現したもの。同封物6(年代未詳)は、「世界人口年1974」と題されたパンフレット:UNFPA世界人口年事務局が作成した「1974年世界人口年:国連が行っていること、あなたにできること」と題するパンフレット。同封物7,1973年2月14日、国連文書E/CN.9/276。


108.1973年10月5日、ワシントン、人口問題担当国務長官特別補佐官(クラクストン)からキッシンジャー国務長官へのブリーフィング・メモ。

ワシントン、1973年10月5日

クラクストンは、1966年以降のアメリカの人口政策を見直し、キッシンジャーが注意を払うべき現在の問題を特定した。

出典 National Archives, RG 59, Central Files 1970-73 SOC 13.機密。10月5日、クラクストン起草。タブAは添付されていない。タブBは文書106として公表されている。キッシンジャーの国連総会における9月24日の演説は、Department of State Bulletin, October 15, 1973, pp.ニクソンによる1969年7月18日の「人口増加問題に関する議会特別メッセージ」は『Public Papers』に掲載されている:Nixon, 1969, pp.


109.電報 12233 在インド大使館から国務省へ、1973年10月20日、0705Z。

1973年10月20日0705Z

モイニハンは、インドの人口政策、より一般的な人口管理、ソ連とのデタントについて意見を述べた。

出典 National Archives, RG 59, Central Foreign Policy Files.機密事項。ダッカ、イスラマバード、コロンボに再送。ロンドンへの電報209070はこのメッセージをロンドンの会議に出席していたクラクストンに転送した。ロンドンからの電報12555はこのメッセージをNSCと国務省の主要高官に転送した(いずれも同書)。


110.1973年11月26日、ワシントン、国際経済担当大統領補佐官(クーパー)から国家安全保障担当大統領副補佐官(スコウクロフト)への覚書。

ワシントン、1973年11月26日

クーパーは、人口政策に関する国家安全保障研究覚書の発行を延期する根拠を説明した。

出典 National Archives, Nixon Presidential Materials, NSC Files, NSC Institutional Files (H-Files), Box H-204, National Security Study Memoranda, NSSM 200 [2 of 2].限定的な公式使用。アクションのために送られた。スコウクロフトは最初の勧告にイニシャルを入れ、”in approximately two weeks 「を消し」ASAP」と書き入れた。


111.1974年2月8日,ワシントン情報調査局作成のインテリジェンス・ノートRECN-18。

ワシントン、1974年2月8日

世界人口年の開幕にあたり、情報調査局は人口関連問題の概要を発表した。

出典:National Archives, RG 59, Central Foreign Policy Files, P740024-0442.限定的公式使用。ギフラー作成。


112.1974年3月23日、ワシントン、国家安全保障問題担当大統領副補佐官(スコウクロフト)から国家安全保障問題担当大統領補佐官(キッシンジャー)への覚書。

ワシントン、1974年3月23日

スコウクロフトは、世界人口問題に関する国家安全保障研究覚書の発行を勧告した。

出典 National Archives, Nixon Presidential Materials, NSC Files, NSC Institutional Files (H-Files), Box H-204, National Security Study Memoranda, NSSM 200 [2 of 2].機密。アクションのために送付。キッシンジャーはメモの冒頭に、「Brent, We don’t need Pres. OK for NSSM’s.”と書いている。キッシンジャーがニクソンに宛てた日付未記入の覚書(Tab I)が添付されているが、公開されていない。そこには、キッシンジャーがニクソンに代わってスコウクロフトの推薦を承認する旨がイニシャルで記されている。署名されたタブAは文書113として公開されている。


113.国家安全保障研究メモランダム200、ワシントン、1974年4月24日。

ワシントン、1974年4月24日

大統領は、世界的な人口増加が米国の安全保障と海外利益に与える影響についての調査を指示した。

出典 National Archives, Nixon Presidential Materials, NSC Files, NSC Institutional Files (H-Files), Box H-204, National Security Study Memoranda, NSSM 200 [2 of 2].機密。コピーは統合参謀本部議長に送られた。


114.1974年5月31日午後1時、ワシントンでの会話覚書。

ワシントン、1974年5月31日午後1時

キッシンジャーは政府外の専門家グループと国際人口政策について議論した。

出典:National Archives, RG 59, Central Foreign Policy Files, P820050-0597.機密。6月19日にブレマーが承認。会議はマディソン/モンローの食堂で行われた。4月15日の第6回国連総会特別総会におけるキッシンジャーの演説については、Department of State Bulletin, May 6, 1974, pp.参照された人口に関するNSSMは文書113として出版されている。


115.世界人口会議スコープ・ペーパー UNEC D-479/Rev.2 1974年7月25日、ワシントン、国際機関事務局作成。

ワシントン、1974年7月25日

スコープ・ペーパーでは、世界人口会議が直面する主要問題の概要と、同会議における米国の目標が示された。

出典 国務省、IO/DARファイル:Lot 82 D 211, SD/E/CONF.60/1.未分類。マーシャルとアレンが起草し、クラクストンとマクドナルドが清書。


116.電報3969 ルーマニア大使館から国務省へ、1974年8月31日、1605Z。

1974年8月31日1605Z

電報は世界人口会議の成果を要約したものだった。

出典:National Archives, RG 59, Central Foreign Policy Files, D740242-0932.機密事項、優先事項。USUN、ジュネーブ国連代表部、モスクワ、サイゴンに再通達。10月29日、エアグラムA-8189として全外交官事務所に転送(同書、P740116-2194)。


117.1974年9月19日、ワシントンのワインバーガー保健教育福祉長官からキッシンジャー国務長官への覚書。

ワシントン、1974年9月19日

ワインバーガーは世界人口会議の評価を伝えた。

出典 National Archives, Nixon Presidential Materials, NSC Files, NSC Institutional Files (H-Files), Box H-204, National Security Study Memoranda, NSSM 200 [2 of 2].機密。付随する36ページの未分類の報告書は公表されていない。この覚書と報告書は、NSSM 200(文書113)への対応準備の検討のため、12月14日付のスプリングスティーンからスコウクロフトへのカバーメモ(同上)の下に送付された。ヘルターの声明は『国務省会報』1974年9月30日号、436-437頁に掲載されている。


118.覚書 NSC-U/DM-130 国家安全保障会議次官委員会委員長(インガソール)からフォード大統領宛、ワシントン、1974年 12月 14日。

ワシントン、1974年12月14日

インガソールは、世界的な人口増加の影響に関するNSSM200報告書の提言を要約した。

出典 National Archives, Nixon Presidential Materials, NSC Files, NSC Institutional Files (H-Files), Box H-204, National Security Study Memoranda, NSSM 200 [1 of 2].機密。198ページの添付報告書は公表されていない。報告書で現在の人口増加のほぼ半分(47%)を占めるとされた13の主要国は、インド、バングラデシュ、パキスタン、ナイジェリア、メキシコ、インドネシア、ブラジル、フィリピン、タイ、エジプト、トルコ、エチオピア、コロンビアであった。NSSM200は資料113として発行されている。


119.世界人口年委員会からフォード大統領への総括報告書(1975年6月、ワシントン)。

ワシントン、1975年6月

同委員会は、人口政策の取り組みを監視・調整するための常設機関を米国政府内に設置することを提言した。

出典 Ford Library, White House Central Files, Subject Files, FG 373, Box 195, 4/1/17-1/20/77.分類記号なし。付録を含む報告書全体は公表されていない。クリフォード・M・ハーディン委員長は6月15日、フォードに報告書を提出した。


120.1975年7月17日、ワシントン、国家安全保障会議スタッフのハル・ホーランからキッシンジャー国務長官への覚書。

ワシントン、1975年7月17日

ホランはキッシンジャーに、人口政策に関する国家安全保障決定メモをフォードに提出するよう勧めた。

出典 Ford Library, National Security Council, Institutional Files, Box 63, NSDM 314 (3).機密。タブA(タブI)は文書122として公開。タブCは文書118として公開されている。


121.1975年10月16日、ワシントン、国家安全保障問題担当大統領補佐官(キッシンジャー)からフォード大統領への覚書。

ワシントン、1975年10月16日

キッシンジャーは人口政策に関する国家安全保障決定覚書の発行を勧告した。フォードはイニシャルで承認した。

出典 Ford Library, National Security Council, Institutional Files, Box 63, NSDM 314 (3).機密。処置のため送付。署名されたタブAは文書122として公表。タブBは文書118として公表。タブCは文書113として公表。


122.国家安全保障決定覚書314、ワシントン、1975年11月26日。

ワシントン、1975年11月26日

大統領は、国際的な人口政策問題に対する政府の協調的なアプローチを促進するために、いくつかの関連指令を出した。

出典 Ford Library, National Security Adviser, NSDMs File, Box 1, NSDM 314.機密。コピーは国家安全保障会議次官委員会委員長、行政管理予算局長、経済諮問委員会委員長、統合参謀本部議長、中央情報局長、環境質評議会議長に送られた。NSSM200は文書113として公表されている。NSSM200の回答は文書118として公表されている。


123.1976年4月10日午後2時30分、ワシントンでの会話覚書。

ワシントン、1976年4月10日午後2時30分

キッシンジャーは、グリーンや他の国務省高官と、米国の国際人口政策目標をいかに推進するかについて話し合った。

出典 National Archives, RG 59, Central Foreign Policy Files, P820117-2114.機密。5月17日にシモンズが起草し、21日にアーンが承認。会談はキッシンジャーのオフィスで行われた。キッシンジャーの出張には、英国(4月23-24日)、ナイロビ(4月24-25日)、ダルエスサラーム(4月25-26日)、ルサカ(4月26-27日)、キンシャサ(4月27-30日)、モンロビア(4月30-5月1日)、ダカール(5月1-2日)、ナイロビ(5月2-6日)、パリ(5月6-7日)が含まれていた。キッシンジャーがナイロビで開かれた国連貿易開発会議で行った5月6日の演説は、国務省会報1976年5月31日、657-672頁に掲載されている。国連総会第7回特別総会でのキッシンジャーの演説は、同書、1975年9月22日、425-441頁に掲載されている。


124.人口問題調整官(グリーン)からキッシンジャー国務長官への覚書(ワシントン、1976年4月13日)。

ワシントン、1976年4月13日

グリーンは、アメリカの国際人口政策を支援するためにキッシンジャーが取りうる具体的な行動のリストを提出した。

出典 National Archives, RG 59, Central Foreign Policy Files, P760069-0390.機密。アクションのために送付。4月13日グリーン起草。クラッツァーを通じて送付。キッシンジャーが5月7日、タブ1に添付された電報草案を承認したことを示す手書きの表記がある。表1は印刷されていないが、5月10日に全外交官事務所に電報113982として送られたもので、米国の人口政策目標の推進に対するキッシンジャーの個人的関心を示している。(同書、中央外交政策ファイル)4月10日土曜日のキッシンジャーとグリーンその他の外務省高官との会話の覚書は、文書123として出版されている。NSDM314は文書122として出版されている。ナイロビで開催された国連貿易開発会議でのキッシンジャーの5月6日の演説は、Department of State Bulletin, May 31, 1976, pp.657-672に掲載されている。


125.覚書 NSC-U/DM-130A 国家安全保障会議次官委員会委員長(ロビンソン)からフォード大統領宛、ワシントン、1976年 7月 29日。

ワシントン、1976年7月29日

ロビンソンは、米国の国際人口政策に関する初の年次報告書を提出した。

出典 フォード図書館、国家安全保障会議、機関ファイル、Box74、NSC-U/DM 130。機密。附属書は公表されていない。この報告書の写しは、国防副長官、国家安全保障問題担当大統領補佐官、中央情報長官、統合参謀本部議長、財務副長官、農務次官、商務次官、保健・教育・福祉次官、行政管理予算局局長に転送された、行政管理予算局長、経済諮問委員会委員長、環境質評議会委員長、全米科学財団理事、国際開発庁長官、国際経済政策評議会理事代理。NSSM200は文書113として出版されている。NSSM 200の研究は、文書118として発行されている。NSDM314は資料122として出版されている。1975年9月1日、モイニハンが読み上げたキッシンジャーの第7回国連総会特別総会演説については、『Department of State Bulletin』1975年9月22日号、425-441頁を参照。キッシンジャーによる1976年5月6日の国連貿易開発会議での演説については、同書、1976年5月31日、657-672頁を参照。


126.1976年12月15日、ワシントン、国家安全保障会議スタッフのロバート・S・スミスから国家安全保障問題担当大統領補佐官(スコウクロフト)への覚書。

ワシントン、1976年12月15日

スミスは、米国の国際人口政策に関する第1回年次報告書とその中の勧告をフォードに正式に受理してもらうよう勧めた。

出典 Ford Library, National Security Adviser, Presidential Files of NSC Logged Documents, Box 42, 7604397.機密。措置のため送付。タブ1が添付されているが公開されていない。タブCは見つからなかった。タブDは文書127として公開されている。米国の国際人口政策の第1回年次報告は、文書125として公表されている。


127.1977年1月3日、大統領補佐官(スコウクロフト)から国家安全保障会議次官委員長(ロビンソン)への覚書(ワシントン)。

ワシントン、1977年1月3日

この覚書は、米国の国際人口政策に関する第1回年次報告書の受理を示し、そのさらなる実施のための指針を提示した。

出典 中央情報局(CIA)、OPI 29、ジョブ82M00587R、Box5、NSSSM 200。分類記号なし。NSC-U/N-185の指定で、国防副長官、国家安全保障問題担当大統領補佐官、中央情報長官、統合参謀本部議長、財務副長官、農務副長官、商務次官、保健・教育・福祉次官、行政管理予算局長官、諮問委員会委員長に送付、行政管理予算局長、経済諮問委員会委員長、環境質評議会委員長、全米科学財団理事代行、国際開発庁長官、国際経済政策評議会理事代行。米国の国際人口政策に関する最初の年次報告書は、文書125として発行されている。NSSM200が資料113として出版される。NSSM 200の研究は資料118として出版されている。NSDM 314が文書122として発行される。


補足事項

AP通信は 2009年の「ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェット、デビッド・ロックフェラー、イーライ・ブロード、ジョージ・ソロス、テッド・ターナー、オプラ、マイケル・ブルームバーグなどの億万長者によるニューヨーク会議」について報じた。ロンドン・タイムズ紙は、「億万長者クラブが世界人口抑制に乗り出す」という見出しで、極秘会議で議論された問題には、世界人口の増加を遅らせるという最も議論を呼ぶものが含まれていたと伝えた。

「ゲイツからヒントを得て、彼らは人口過剰が優先事項であることに同意した。」と記事は書き「これは、避妊と女性教育が伝統的価値観を弱めると考える第三世界の一部の政治家への挑戦となる可能性がある」と付け加えた。

ゲイツ氏、バフェット氏、ターナー氏は、何年も前からマルサス的な人口問題を静かに心配してきた。ゲイツ氏は2月、世界人口の上限を83億人にしようとする計画を発表した。

*** ***

2010年、ガーナで政府の保健活動に携わる元スタッフが衝撃的な主張をした。ゲイツ財団が部分的に資金を提供したプロジェクトが、不正な「人口実験」の一環として、避妊薬デポ・プロベラを遠隔地のナブロンゴで無防備な村人に投与した、というのだ。この告発をした女性は、ガーナ生まれで米国で教育を受けた、ガーナ政府とコロンビア大学がゲイツ財団の資金提供を受けて実施した、携帯電話を使って農村部の女性と子どもの医療アクセスを改善するための別のイニシアチブの広報担当者であった。彼女は以前、上司との度重なる衝突の末に契約が更新されなかったため、雇用主を訴えて数百万ドルの和解金を得ようとしていた。

訴訟は頓挫したが、レベッカ人権プロジェクトという米国の小さな非営利団体の助けを借りて、彼女はガーナのタブロイド紙に一連の記事を売り込んだ。デポ・プロベラの記事は全国的なスキャンダルとなった。ガーナの医療専門家や伝統的指導者たちからは名誉毀損だとして非難されたが、ナヴロンゴ・プロジェクトはいかなる 薬もテストしていなかったため、 多くの殺害予告がプロジェクトに向けられ、何人かのスタッフはブルキナファソ国境を越えて避難しなければならなかった。

このエピソードは、アフリカにおける避妊をめぐる新たな戦争の幕開けとなった。このエピソードはまた、米国の中絶反対運動の戦略の進化を反映したもので、進歩主義者が使用する女性の権利や公民権の言葉を共用している。血まみれの胎児のポスターは減り、中絶と避妊がいかに女性の安全を侵害し、人種的正義を阻害するかについて語られるようになった。

中絶反対グループは黒人活動家を雇い、リプロダクティブ・ヘルスケアの歴史のより醜い側面、特に20世紀初頭における家族計画連盟創設者マーガレット・サンガーによる優生学運動の勧誘を強調した。右派のドキュメンタリー映画『Maafa 21: Black Genocide in 21st Century America(21世紀のアメリカにおける黒人大量虐殺)』は、 家族計画連盟を人種差別主義者として糾弾するために、アフリカ人奴隷化のホロコーストを意味するスワヒリ語を使用した。 アトランタとマンハッタンのビルボードには、「アフリカ系アメリカ人にとって最も危険な場所は子宮の中である」といったメッセージが掲げられている。また、連邦議員や州議会議員は、中絶業者が有色人種社会を意図的に標的にしていると仄めかすために、人種や性別を選択した中絶を禁止する一連の法案を提案した。

2010年、アトランタの中絶反対看板。

関連プレス

<アメリカ連邦政府にとって黒人の命は本当に重要なのか?>

黒人フェミニストたちが指摘したように、これらのグループは一般的な女性や市民の権利、特に黒人女性の幸福にはほとんど関心がなかった。(「スーザン・B・アンソニーとフレデリック・ダグラス出生前無差別法」と題された2009年の米下院法案は、者が共同提案した 南軍旗の支持ものだった )。

しかし、この戦略は、1910年代から60年代にかけての強制不妊手術キャンペーン(3分の 1965年までに20歳から49歳までのプエルトリコ人母親の縮めたと 黒人男性の一世代の平均寿命を1年1を不妊手術にしたことを含む )から、1970年代から90年代にかけて貧困層の有色人種女性に販売された安全でない避妊薬まで、米国における有色人種に対する医療虐待の現実的で痛みを伴う歴史を利用したものである。 そして、こうした虐待の遺産は甚大なものになる可能性がある。2016年のある研究によると、悪名高い「タスキギー・スタディ」は、米国政府の研究者が病気の進行を追跡できるように、何百人もの黒人男性を梅毒の治療がされないまま放置したもので、医療機関への不信を招き、以上いう。

レベッカ・プロジェクトは、有色人種の女性に不釣り合いな影響を与える問題に焦点を当てた、ワシントンを拠点とする小規模な非営利団体で、中絶問題のどちらの側にも関与していなかった。しかし2011年、同団体は『アフリカにおける非合意的研究:タスキギーのアウトソーシング』と題する根拠の薄い報告書を発表しアフリカにおける一連の非倫理的な医療実験について概説した。

例えば、アフリカ南部のHIV陽性女性が、現地の医療機関から不妊手術を受けるよう圧力をかけられていた。報告書は、USAIDの資金が他国の強制不妊剤キャンペーンに使われているという、より疑わしい疑惑と結びつけようとした。しかし、報告書の真の標的は、ゲイツが支援するナブロンゴの保健イニシアティブであったようだ。後に、報告書の主執筆者は、このプロジェクトに関わった人々をジェノサイド未遂で告発すべきだと示唆することになる。

ゲイツはアフリカの出産を抑制する新植民地主義的な取り組みとして、「貧しい女性に化学戦争を仕掛けている」というのが新たなシナリオだった。

この報告書には数々の事実上の問題があった。その著者であるレベッカ・プロジェクトの最高財務責任者、クワメ・フォスもまた、重大な利害の対立を公表していなかった:ガーナのプロジェクトに告発した従業員は、彼の子供の母親だったのだ。ガーナ・プロジェクトに告発した従業員は、彼の子供の母親だったのだ。この騒動で組織は分裂し、創設者の一人と数人のスタッフがレベッカ・プロジェクトの資金をすべて持ち逃げした。グループの名前を残されたフォスは、陰謀論的な主張を倍加させた。

2013年、フォスは別の報告書「デポ・プロベラ」を発表した:女性に対する致命的な生殖暴力である。無名の情報源、偏執的な告発、右翼の中絶反対団体のレトリックを多用したこの報告書は、アフリカの出生数を減らし「人口抑制イデオロギー 」を推進する手段として、ゲイツ財団が主導する、貧しい黒人女性に危険な避妊薬を押し付ける大規模な国際的陰謀の主張を裏付けるために、ガーナの話を利用した。フォスは、レベッカ・プロジェクトを、C-Famや人口問題研究所(PRI)のような保守的なカトリック系非営利団体のネットワークと提携させた。

彼の新しい仲間たちは、フォスの主張を保守派の活動家たちに大々的に宣伝し、フォスが彼らの長年の疑念を裏付ける決定的証拠を発見したと主張し始めた。PRIのトップが言ったように、「人口管理者たちはアフリカの女性が子供を産むのを止めるためには手段を選ばない」。2014年までに、レベッカ・プロジェクトはデポ・プロベラの惨劇にフルタイムで焦点を当てるようになった。同時にゲイツ財団は、デポプロベラを低用量に改良した新薬を含め、アフリカの女性の避妊へのアクセスを抜本的に拡大するという新たなミッションに取り組んでいた。

財団の家族計画キャンペーンは、すでに宗教団体からの予想通りの反発を招いていた。しかし、米国の妊娠中絶反対団体やウェブサイトがレベッカ・プロジェクトの疑惑を流布するにつれ、ゲイツがアフリカの女性たちに信仰に背くよう誘惑しているという不満が、もはや反対の主役ではなくなった。新しいシナリオは、ゲイツがアフリカの出産を抑制する新植民地主義的な取り組みとして、「貧しい女性に対する化学戦争」を繰り広げているというものだった。

図らずもアフリカ中の有力者が同様の主張を展開し、その過程で重要な公衆衛生プロジェクトが損なわれた。2014年、ジンバブエの登録長官であるトバイワ・ムデデ(同国の怪しげな選挙を監督する役人)は、現代の避妊薬はガンを引き起こし、アフリカの人口増加を制限する西洋の策略であるとして、女性に避けるよう警告した。2015年、ムデデは国会議員に対して、「欧米諸国は世界の暗い人種の人口を抑制することに固執している」と語った。議会の委員会によると、ムデデのキャンペーンはジンバブエの女性をパニックに陥れ、避妊用インプラントを除去するためにクリニックに殺到したという。

ケニアでは、 出産適齢期の女性に新生児破傷風ワクチンを投与するというWHOとユニセフのキャンペーンは、まさに「偽装された人口抑制プログラム」であると、同国のカトリック司教協議会の27人全員が宣言した。 司教団によれば、ワクチンには流産を繰り返し、最終的には不妊症を引き起こすホルモンが混入されていたという。

レベッカ・プロジェクトと同じ保守的なカトリック・ネットワークは、司教たちの告発を増幅し、政府の対応に疑問を投げかける記事を数多く掲載した。ケニア議会は何度もワクチンの検査を行うことを余儀なくされた。しかし、その主張が否定される頃には、ケニア各地の司祭たちはすでに信徒たちにワクチンを拒否するよう指示していた。

米国に戻ったフォスは、C-Famとともにアフリカ諸国の代表団に働きかけ、一定の成果を上げた。女性の地位委員会の会議後、アフリカ諸国の地域グループは「有害な避妊具」への懸念を表明する前例のない声明を発表した。その翌月、人口開発委員会では、代表団は委員会の48年間で初めて成果文書に合意することができなかった。保守的な擁護者たちは、「人口抑制、思春期の性行為、中絶、包括的なセクシュアリティ教育への言及の多さ」に対するアフリカやその他の発展途上国の不満の結果だと主張した。


関連プレス

コロナウイルスワクチンの信頼性が損なわれる

レベッカ・プロジェクトは長い間、無名になりつつあった。しかし、ゲイツと彼の財団に対する現在の攻撃は、同じテーマを世界中の多くの視聴者に向けて放送している。

4月、トランプ大統領の支持者であるダイヤモンド&シルク社は、ゲイツがアフリカ人を “モルモット “にしようとしたため、ゲイツが作ったワクチンは絶対に接種しないと誓った。(この主張は、ゲイツが南アフリカでワクチンのテストを計画していると誤報したメディアによって助長された)。「特にビル・ゲイツのような人口抑制を推進する人物は問題だ。マーガレット・サンガーが推し進めたのと同じことだ。「中絶だ!大量虐殺だ!」。とシルクは説明した。

こうした陰謀論や、ウイルスが「パンデミック(大流行病)」であるという彼らの主張に対して、Fox Nationは二人との関係を断ち切ったと報じられた。しかし、ダイアモンドとシルクだけではなかった。

保守派のコメンテーターであるキャンディス・オーウェンズは4月、「ワクチン犯罪者のビル・ゲイツ」が「アフリカとインディアンの部族の子どもたちを、FDAが承認していない薬物ワクチンの実験に使った」とツイートした。先週、彼女は「どんなことがあっても、利用可能になった#コロナウイルスワクチンを接種することはない」と宣言した。絶対にだ。何があろうと」と宣言した。

Infowarsのビデオでは、ゲイツはサンガーからナチスの協力者までの優生主義的な人口管理者の後継者であると示唆し、視聴者に “あなたの政府がワクチンを強制することを許すかどうか “を尋ねている。会員数250人のジョージア州の教会の牧師、ダニー・ジョーンズ牧師は、バイラル説教の中で、ゲイツはワクチンを使って、キリスト教徒がバイオメトリック・タトゥーを受け入れることを強制されるような新しい世界秩序の到来を告げるだろうと予測しながら、同様の非難を繰り返した。

ツイッターでは、億万長者がワクチンを使って人口を10%から15%減少させることができると公言したと主張する投稿が何百とあった。これは、発展途上国でワクチン接種率を高めれば人口増加を遅らせることができるというゲイツ氏の提案の古い誤報である。

ゲイツ財団が「人類人口削減センター」を運営していると偽って加工された写真は、ロイター通信とスノープスの両方がそれを否定する記事を掲載するほど広く拡散した。アンチ・ヴァクサーやピザゲートの支持者たちは、ゲイツが「アフリカ人が多すぎると考えている」証拠として、古いCファムの記事を共有し始めた。そして、ホワイトハウスの請願書は、古いケニア論争を復活させ、ゲイツが「破傷風ワクチンに隠されたHCG抗原を使用することによって、ケニアの子供たちを意図的に不妊剤にしたという信憑性のある告発をすでに受けている」ことを新しい信者に知らせた。

ケニアでWHO破傷風ワクチンからHCGが検出され、発展途上国に懸念の声
HCG Found in WHO Tetanus Vaccine in Kenya Raises Concern in the Developing World 要旨 1993年、WHOは「家族計画」のための「避妊用ワクチン」を発表した。発表された研究によると、1976年までにW

土曜日までに、ゲイツと人口コントロールの物語は保守的なネットワーク『ワン・アメリカン・ニュース』にも伝わり、反社会的な距離を置く抗議者の言葉を引用して、「これはCOVIDのことでもウィルスのことでもない。これは人類をコントロールし、人口を制限するためのものだ。」

「米国だけでも、アメリカ人の3分の1近くがコロナウイルスワクチンを拒否すると答えている」

アフリカでも反ゲイツ説が再燃している。ゲイツがナイジェリアの議員に賄賂を渡し、強制ワクチン接種法案を可決させたという根拠のない噂が立ち、現地では立法調査が行われた。アフリカのツイッター・インフルエンサーたちは、ゲイツを人口抑制だけでなく、植民地主義による医療暴力の歴史全体と結びつけるスレッドを投稿した。ある人は、財団の家族計画活動を「サハラ以南のアフリカにおける大量虐殺」と表現した。もう一人は、ゲイツは次に南アフリカを人口減少させるために “有毒なコビッド19ワクチン “に切り替えるだろうと示唆した。

多くの人々が言っている: A Lot of People are Say: The New Conspiracism and the Assault on Democracy の著者であるナンシー・ローゼンブラムは、このような陰謀説の拡散を、ゲイツの周囲に渦巻く怒りを利用し、より多くの聴衆にフリンジ的な主張を紹介することで、自分たちのアジェンダを前進させる手段としか考えていない人々もいる、と述べた。陰謀論』の著者であるクアシム・カッサムは、反ゲイツの攻撃は、体制や専門家に対する深い不信感を特徴とするポピュリズムへの大きな世界的傾向を反映しているという。

「ゲイツや大企業が5Gによるコロナウイルスの開発に責任があると言うなら、これらはすべて反エリート主義的な感情を表す方法だ。「ファンタジーだが、彼らの生活における現実を表現するファンタジーなのだ。

このような空想がもたらす潜在的な影響は、悲惨なものである可能性がある。ローゼンブラムは、有色人種に対する医療虐待の遺産が、HIV/AIDSは政府が作った生物兵器であるという主張から、救命薬は毒であるという告発に至るまで、陰謀論を生み出すのに役立ったと指摘した。後者の説は南アフリカのタボ・ムベキ前大統領によって採用された後、ハーバード大学の研究者たちは、33万人以上の不必要な死亡の原因となっていることを突き止めた。

ゲイツ財団はすでに3億ドルをコロナウイルス対策とワクチン開発に投入している。そのうちの数千万ドルは、貧しい国々にワクチンが行き渡るようにするためのものである。最終的なワクチンが邪悪な陰謀の一部であることを示唆する陰謀論は、世界で最も弱い立場にある多くの人々を、より大きな危険にさらすことになりかねない。4月下旬の調査によると、アメリカ国内だけでも、3分の1近くのアメリカ人がワクチンを拒否すると答えている。

もちろん、ゲイツが差し迫った優生主義的攻撃を計画していると非難しているのと同じ側は、経済再開を声高に推進している。たとえそれが、何千人もの命、圧倒的に有色人種の命を犠牲にすることになるのはほぼ間違いないにもかかわらず、である。共和党指導者たちはこの現実を直視するどころか、「生きることよりも大切なことがある」と主張し、国民は新たな犠牲者を「受け入れなければならない」と主張している。

ウィスコンシン州司法長官は、マイノリティが働く食肉加工業界における感染の超集団を、”普通の人々 “にもたらされる脅威とは異なると切り捨てた。カリフォルニア州のある地方行政官は、ホームレス、老人、病人、貧困層の間でウイルスが「暴れまわる」ことは、「群れ」を淘汰する「自然な」プロセスであり、社会保障や医療負担を軽減し、雇用や住宅を確保することにつながると考えている。

このような背景から、優生学や人口抑制を主張する右翼は、不誠実なだけでなく、最も非道徳的な投機のように思えてくる。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました