ケニアでWHO破傷風ワクチンからHCGが検出され、発展途上国に懸念の声
HCG Found in WHO Tetanus Vaccine in Kenya Raises Concern in the Developing World

マルサス主義、人口管理

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

HCG Found in WHO Tetanus Vaccine in Kenya Raises Concern in the Developing World

www.scirp.org/journal/paperinformation.aspx?paperid=81838

要旨

1993年、WHOは「家族計画」のための「避妊用ワクチン」を発表した。発表された研究によると、1976年までにWHOの研究者は破傷風トキソイド(TT)とヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)を結合させ、「避妊用」ワクチンを製造していたことがわかった。

TTとhCGを結合させることで、妊娠ホルモンが免疫系に攻撃される。その結果、妊娠している女性では流産し、妊娠していない女性では不妊になることが期待される。繰り返し接種することで、不妊症が長引く。

現在、WHOの研究者は、組換えDNAを使ったより強力な抗不妊ワクチンの開発に取り組んでいる。

WHOの出版物は、不安定な「後発開発途上国」の人口増加を抑えることを長期的な目的としている。

1993年11月までに、カトリックの出版物は、破傷風の予防薬として堕胎ワクチンが使用されていることを伝えている。2014年11月、カトリック教会は、そのようなプログラムがケニアで進行中であると断言した。3つの独立したナイロビ認定生化学研究所が2014年3月に使用されているWHO破傷風ワクチンのバイアルからサンプルを検査し、何もないはずのところからhCGを検出した。

2014年10月、カトリックの医師によって6本のバイアルが追加で入手され、6つの認定研究所で検査された。ここでも半数のサンプルでhCGが検出された。その後、ナイロビのAgriQ Quest研究所は、2セットの分析で、以前に陽性となった同じワクチンバイアルから再びhCGを検出したが、WHOがケニアのキャンペーンで使用されたワクチンのバイアルと主張する52本のサンプルではhCGは検出されなかった40、この52本はhCGの陽性反応が出たバイアルと同じ識別バッチ番号である。

hCGは、WHOのワクチンサンプルの少なくとも半分から検出された。このワクチンはケニアで使用されており、その事実はワクチンの投与に関与した医師たちも認識している。

この事実を考えると、ケニアの「破傷風対策」ワクチンキャンペーンが人口増加削減の手段として使用されている可能性について、ケニアカトリック医師協会が疑問を呈したことは妥当であると私たちは考えている。

キーワード

不妊対策 β-ヒト絨毛性ゴナドトロピン 避妊用ワクチン 人口抑制計画

1.はじめに

2014年11月6日、ケニア・カトリック保健委員会(1957年設立[1] )を主宰するケニア・カトリック司教会議(KCCB)は、世界保健機関(WHO)がケニア2013-2015年の破傷風予防接種キャンペーンで「避妊用」ワクチンを密かに使用していたとのプレスリリースを発表した[2].数日後、ワシントンポストの記事は、ケニアカトリック医師会(KCDA)を引用して同様の疑惑を追記した[3]。カトリック教会の情報源からのこのような主張が、WHOケニアの「破傷風対策」キャンペーンのケーススタディと、抗不妊ワクチン開発のためのWHO研究のレビューを促した1。Web of ScienceとPubMedのデータベースで見つけた多くの発表論文には、1970年代以降、様々な抗不妊ワクチン結合体[4] ~[24]を用いたWHOの実験研究が記録されている。WHOの研究者が実験を行った目的は、信頼性が高く、不妊症の発生と維持を無期限に行うことができる1つまたは複数の「避妊」ワクチンを開発することであると発表されている。

背景には、WHOが国連の下部組織として、主に「家族計画」と「避妊」によって世界の人口増加を抑えるという世界的な目的を追求してきたことがある[25]。本稿では、WHOの避妊用ワクチンの1つ[10][16][26]に焦点を当て、特に2013年から2015年のケニアキャンペーンにおける破傷風ワクチンの5回の接種において、WHOによって展開されたかどうかについての推測に焦点を当てる。ここでは、最近終了したケニアでのワクチン接種キャンペーンでWHOが実際に何を行ったかについて、著者も同意見である私たちの最善の推測を形成するために、関連する研究および利用可能な最高の実験データを検証するものである。この調査には不完全で部分的なデータからの推論が含まれることは最初から承知しているが、WHOの「家族計画」業務に関わるすべての関係者に十分な情報を提供する必要があるというのが、私たちの意見である。

ここで報告するように、KCCB/KCDAが検査したケニアでWHOが使用した「破傷風」ワクチンのサンプルの一部に、WHOの「避妊」成分が含まれていたため、倫理的・道徳的問題が提起されなければならない[27][28][29][30][31]。その第一は、「害を与えない」という戒めである[32]。カトリックの医師たちによって疑われたように[33][34]、将来の子どもを新生児破傷風から守ることを期待して、母親になる人たちが不妊治療ワクチンを受け入れるように誤解されたとしたら、「害を与えない」という警告が侵害される。最大5回の不妊治療注射を受けることで、新生児破傷風から守ろうとした子供たちを、ほぼ間違いなく奪われることになる。もしこの疑いが妥当であれば、ケニアの少女や女性から「インフォームド・コンセント」を得るというWHO側の義務にも倫理的違反があることになる[35][36][37][38]。患者に意識があり、能力がある場合、既知のリスクは普遍的に開示されることになっている[37]。この問題の根本的な原則は、最終的には、自分自身がされたいと思うように他人を扱うという「黄金律」に帰結する[39][40]。思春期や成熟期の女性は、自分が抗不妊ワクチンを接種しようとしているかどうかを知る権利があるのだろうか。あるいは、WHOはそのようなワクチンを破傷風の予防薬として、抗不妊の側面を開示することなく投与する特権を持っているのだろうか2。

KCCBとKCDAがケニアでWHOに疑われた破傷風「避妊」ワクチンの種類は、hCGホルモンのベータ部分を破傷風ワクチンの活性剤である破傷風トキソイド(TT)と結びつけることである。実際、WHOの生物医学研究者たちは、少なくとも1972年以来、「避妊」のための「抗不妊」ワクチンの開発に取り組んできたのである。1976年に発表された研究では、TTと化学結合したβhCGを含むワクチンの接種者が、TTだけでなくβhCGに対しても抗体を作ることが確認された。この結果は、WHOの研究者が米国科学アカデミーの会議で初めて報告したもので、妊娠の成功に不可欠なβhCGを減少させ、少なくとも一時的に「不妊」を引き起こす「避妊」ワクチンである[5]。その後の研究により、繰り返し投与することで不妊症が無期限に延長されることが示された[6][8][10][11][13][14][23][24][26][50]。報告されている臨床試験[10][13][14] では、研究者は、実験動物モデルでそうであるように、「抗不妊」ワクチンが中絶を引き起こすという理論に基づいて、妊婦に投与することを組織的に避けている[26]。

hCGホルモン全体は、α(アルファ)hCGとβ(ベータ)hCGと呼ばれる2つの連結したサブユニットで構成されている。βhCGは、急速に分裂する受精卵によって、すべてがうまくいっている場合、増加する量[51][52][53] で生産される。βhCGの存在により、黄体が維持され、着床とその維持に必要なプロゲステロンの十分な生産が、特に妊娠第1期を通じて継続される。受精後4~7日目に着床を成功させるには、かなり正確な量とタイミングのプロゲステロンの分泌が必要であり[5][10][11][13][16][22]、そのためには十分なβhCGが必要である。

妊娠初期の維持に必要な「クロストーク」にはβhCGの増加が不可欠であるため、TT/βhCG結合体を含むワクチンは受精卵の着床を妨げるだけでなく、すでに着床した胚があれば、その死を引き起こす可能性がある。原因不明の(診断されていない)妊娠喪失の結果は、一般に「自然」流産と呼ばれる[54]。しかし、ケニアのカトリック医師が疑ったように、「破傷風の予防薬」としてしか表現されていない「避妊用」ワクチンが原因であれば、赤ちゃんの死は、破傷風のない生児を生むという欺瞞に満ちた約束に負うことになる。したがって、もしKCCBとKCDAの疑念が正しいのであれば、WHOに励まされ、まだ生まれていない自分の子供のために、より良い未来を確保しようとしている多くのケニアの母親たちは、実は騙されて、生まれていない自分の子供を一生生まないようにする注射を、自分の体に打たされていたのである。

1974年にWHOの抗βhCGワクチンのプロトタイプが初めてテストされて以来[5]、抗不妊ワクチンに関する研究発表の量は大幅に増加した。WHOの研究者は、TT/βhCG出生抑制ワクチンは可逆的であると主張しているが[11][55]、現在進行中の研究は、大腸菌[21] またはワクシニアウイルス[9]のDNAを用いて組換え遺伝子を作り出すことを目的としている。組換えDNAの繁殖力を考えると、ワクチン接種を受けた人が長期的あるいは永久的に無菌状態になることは理論上可能である。

2.方法論と素材

2014年にKCCBとKCDAが、「母体と新生児の破傷風を撲滅する」[56][57][58][59][60]と宣伝したWHOワクチンキャンペーンが、妊娠可能年齢の女性に避妊用製品を媒介した疑いがあるとするニュースを受け[3][31][45]、私たち3人のうちの何人かは、Web of Scienceで「抗不妊ワクチン」「避妊ワクチン」「破傷風トキソイドとヒト絨毛性ゴナドトロピン」に関する発表研究を探し始めた(時にはPubMedデータベースのタイトルを追跡調査した)。私たちの疑問は、WHOがTTとβhCGを結びつけた避妊用ワクチンの開発に取り組んでいるのかどうかということだった[5][61]。WHOがケニアで不妊治療ワクチンを使用しているのではないかというKCDAの疑念の研究根拠があるとすれば、それは何だったのか。

1970年代にWHOの研究者がTTとβhCGを関連付けたことに始まる、数多くの研究を発見した。また、WHOとその協力者が、先進国が必要とする高価な鉱物資源が豊富にあることで知られる不安定な「後発開発途上国」(ケニアを含む)における人口増加抑制という地政学的、経済的目標を述べた政策声明も発見された。これらの最初の発見は、WHOがケニアでの「産児制限ワクチン」の臨床試験を、「母体および新生児破傷風の撲滅」のための努力として偽装しているのではないかという疑いを抱かせるものであった。

WHOの「産児制限」ワクチンの歴史を確認する研究が発表されていることから、アメリカとカナダの共著者は、ケニアでのWHOキャンペーンに関するいくつかの発表に引用されていたワホム・ンガレ博士に連絡を取ることにした。彼は、ケニア保健省がWHOのワクチンキャンペーンに参加するよう求めている医師の一人、スティーブン・カランジャ博士に私たちの残りのメンバーを接触させてくれたのである。彼らは私たちの共著者として参加し、ケニアでのキャンペーンで使用されているワクチンの実験室での検査データを提供してくれることになった。KCDAとともに、彼らはWHOワクチンの特定のサンプル(慎重に配分された「アリコート」)を収集し、配分し、認定されたナイロビの研究所に配布することに個人的に関与し、その保管チェーンの完全性を私たちに保証してくれた。この報告書では、現在公開されている実験室での検査結果を要約しているだけだ。また、KCCBがWHOとケニア保健省に提出した、複数の研究所から得られた結果についての3つの報告書すべてにアクセスできるようにしている[62][63][64]。私たちは、様々な研究所とその従業員が扱った検査済みアリコートの保管の連鎖を確認することはできないが、2014年の3月と10月のラウンドで使用されたバイアルから実際に得られたワクチンサンプルの少なくとも半数がβhCGの陽性反応を示したという見解を手元のデータに基づいて持っている。

以上のことを念頭に置き、私たちは5つのアプローチで調査研究を行った。以下の太字のリストでは、私たちの5つの方法論のそれぞれについて、太字のタイトルで要約している。このリストのすぐ後にある「結果」のセクションで、同じタイトルでそれぞれ示された5つの異なるセグメントに対応している:

  • 1)WHOの歴史と目標を記録する。WHO、国連、関連政府機関(特に米国国際開発庁)の様々な地政学的、経済学的報告書、政策声明は、世界の特定の「後発」地域における「家族計画」のために避妊に高いプレミアムを設定した。
  • 2)発表された科学的研究を検証するケニアで行われているWHOのワクチン接種キャンペーンについて、カトリック教会から報道されたことがきっかけで、専門誌に掲載されている研究結果を調べることになった。WHOがTTとβhCGを結びつけたワクチンを製造していたのは本当なのか?その結果、1972年頃から始まった研究発表の跡が、何千回と引用される多くの出版物に発展し、WHOがKCDAの主張する避妊ワクチン研究を進めてきたことを示すに至ったのである。
  • 3)ケニアで報道された出来事を追跡する。第3の方法論は、調査報道の一形態である。ケニアで報道されたニュースを時系列に並べ、先の2つの方法論で得られた情報を加えたもので、このような異なる情報の流れが一致することは偶然には起こり得ないという理論に基づいている。
  • 4) 破傷風と不妊症の予防接種スケジュールを比較する。私たちの4つ目の方法は、ユークリッド的な様々な合同性に対して、最も単純なタイプの数学的証明力のテストを適用する「思考実験」を行った[65]。KCDAは、6カ月単位で5回接種するというWHOの接種スケジュールは、公表されている破傷風ワクチン接種スケジュールと矛盾していると主張した。ケニアで使用されているスケジュールをkと呼び、「=」を一致の意味とすると、t≠βであってもβ=k、k≠tであれば、kはWHOの不妊治療ワクチンであるTT/βhCGに適した投与スケジュールであることになる。投与スケジュールの一致という単純なテストは、それだけで決定的な証明にはならないが、WHOがケニアのTT/βhCGには適切だがTTワクチンには不適切な投与スケジュールに従っていたという著者の意見と一致する。
  • 5)WHOワクチンのラボラトリー・アナリシス。KCDAの協力を得て、実際のワクチン接種キャンペーン中に、ンガレとカランジャが保証したKCDAが入手したケニアワクチンの小瓶の実験室検査の実際の報告書を分析した。これらの検査結果は、後にWHO職員がナイロビに保管されていた物資から提供されたとされるサンプルの分析結果と系統的に比較された。検査されたのは、a)2014年3月と10月にWHOが投与したワクチンの中からKCDAが入手したバイアルと、b)WHOがナイロビの物資から「専門家合同委員会」に手渡した追加バイアル52本であった。共著者のKaranjaとNgareが個人的に取り扱いを担当したサンプルのうち、半分以上が複数の検査機関によって、複数の異なる検査でβhCGが含まれていることが判明した。また、KCDAは、パブリックドメインの報告書や技術データを公開し、専門的な学術フォーラムで初めて、より広く利用できるようにした。WHOが「合同委員会」に提供した52のサンプルのうち、βhCGを含むものはなく、そのうち、ケニアTTワクチンを含むとされる、58日間の経過(2014年11月11日から2015年1月9日)後にWHOから届いた40本のバイアルは、βhCGの検査で陰性だったが、βhCGの検査で陽性だった2014年の10月に行われた予防接種でKCDAによって得られた3本のバイアルと全く同じ指定ラベルを持っている。この不一致は説明が必要であり、「結果」のセクションに続く「考察」のセクションで取り上げている。

3.成果

本節では、前節で紹介した順番で、それぞれの方法論から得られた知見について説明する。

1)WHOの歴史と目標の文書化

私たちは、米国国際開発庁(USAID)と、WHOの母体である国連が、世界の人口増加、特にケニアのような地域の人口減少を中心目標に、数十年にわたって取り組んできたことを示す文書を見つけた。WHOは1945年に設立され、すぐに「家族計画」、別名人口抑制、後に「家族計画」[66]と呼ばれる、「世界の健康」のために必要なものであるという考えを受け入れた。「少子化対策」が不可欠であるという考え方は、1916年に設立されたマーガレット・サンガーによるアメリカ初の避妊クリニックまで遡り[67]、この原稿を書いている今日までずっと受け継がれている[68]。

WHOが不妊治療ワクチンの開発に向けた研究を開始したのと同時期に[5]、ヘンリー・キッシンジャーの指導の下、それよりも数十年も前の人口増加研究に基づいて機密レポートが作成されていた。キッシンジャー報告書[69]、別名「米国国家安全保障研究メモランダム200」[70]は、特に「後発開発途上国」(LDC)における人口増加をほぼゼロにするための地政学的、経済的理由を説明していた。この報告書は1975年にジェラルド・フォード大統領の下でアメリカの公式政策となり、輸入鉱物資源に対する先進国、特にアメリカの利益を守るために「出生率の低下」を目的とした「効果的な家族計画プログラム」を明示的に扱った([69][70]の50頁を参照)。当初は計画全体が非公開とされていたが、1980年から1989年にかけて段階的に機密解除された。一方、この文書が公式の「政策」になるまでの間に、WHOの「産児制限」ワクチンの開発研究プログラムは1972年頃に開始され、キッシンジャー報告書が公式政策として採択されたわずか1年後の1976年に公に発表された[5]。

公式の「方針」は、「出生率制御へのはるかに大きな努力」([69][70]の19頁)を世界的に、しかし特に「後発開発途上国」([69][70]の18~20頁)において求めたのであった。キッシンジャー報告書は、「人口増加とアメリカの未来」、「人口、資源、環境」についての文書を引用し、特にLDCを「受胎調節」の対象としている。特定のLDCのターゲットを正当化したのは、アルミニウム、銅、鉄、鉛、ニッケル、スズ、ウラン、亜鉛、クロム、バナジウム、マグネシウム、リン、カリウム、コバルト、マンガン、モリブデン、タングステン、チタン、硫黄、窒素、石油、天然ガスの既知の埋蔵量だった([69][70]の42ページを参照)。鉱物資源を人口抑制(「家族計画」)と結びつけたのは、先進国がすでに相当量の鉱物をかなりのコストをかけて輸入しており、キッシンジャー報告書では、人口増加によって引き起こされるLDCの不安定化によって、これらのコストが確実に上昇すると予想していたからである([69][70]の41ページ)。

キッシンジャー報告書はまた、ブライアントら[61]が「温室効果ガス排出の大幅な増加」(852ページ)を予測した2009年発行のWHO紀要よりもはるかに前に、人口増加を公害の原因とするものであった。そのWHOの刊行物は、世界人口が2009年の約68億人から2050年には92億人に増加すると推定した。このWHOの議論を発展させて、2010年にビル・ゲイツは、「家族計画」とともにワクチンが人口増加をゼロに近づけることができるという希望を表明している[71]。ブライアントらは、不妊対策を「自発的な家族計画サービス」と表現しているが、そのようなWHOの「サービス」が、「患者の完全な同意なしに不妊手術が行われる」(852~853,855頁)ことにより、「サービスを受ける」人々を欺くことが報告されていることを認めた(本文は、852頁)。同様に、国連とWHOの「ヒト生殖に関する研究訓練プログラム」が1992年に発表した「生殖機能を調節するワクチン」と題する研究では、1970年代から続く「家族計画プログラムにおける虐待の事例」が次のように報告されている:

例えば、女性が知らないうちに不妊手術を受け、同意なしに経口避妊薬や注射薬の試験に登録され、子宮内避妊具(IUD)の副作用の可能性について知らされていないことである。([72]の13 ページ)

そのWHOの報告書の著者たちは、「家族計画」や「計画された親子関係」といった表現の方が一般に受け入れられやすいと述べている。彼らは「人口抑制のための不妊対策」については言及しないことにした。また、鉱物資源の豊富なLDCの「経済開発」(p.13)や、鉱物資源を市場に出すために先進国が提供できる支援について語ることも賢明だとは考えなかった。ブライアントらはWHOを代表して、「世界的な人口過剰に対する国際的な懸念に応えるよりも、むしろ人々や地域社会の福祉ニーズに応えて家族計画プログラムを実施する方が、おそらく権利に基づくアプローチに資する」([61]の853頁 )と書いている。WHOのパブリックメッセージは「健康」と「家族計画」に関するものであるべきだった。しかし、希望のメッセージには、時折、「避妊用」ワクチンへの言及が含まれることになる。例えば、2010年1月22日、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団が、WHOの人口削減目標を達成するために、一部「新しいワクチン」で100億ドルの支援を約束したことが正式に発表された[73][74]。

その約1カ月後、ビル・ゲイツは2010年2月20日にカリフォルニア州ロングビーチで行われたTED講演「Innovating to Zero」において、世界の人口増加を減らすには「新しいワクチン」が有効であることを示唆した[71]。講演の4分29秒のところで彼はこう言っている:

現在の世界の人口は68億人である。それが約90億人にまで増えようとしている(ここではブライアントらの言葉をほぼ引用している)。今、私たちが新しいワクチン、ヘルスケア、リプロダクティブ・ヘルス・サービスで本当に素晴らしい仕事をすれば、おそらく10パーセントか15パーセント下げることができるだろう

WHOとその協力者の人口増加抑制に関する公表された意図を考慮し、次にWHOの抗不妊ワクチン研究プログラムに関するWeb of ScienceとPubMedの公表科学文献に注目する。

2)発表された科学研究の検証

Web of Science(およびPubMed)で「tetanus toxoid AND beta hCG」を検索すると、G. P. Talwarが率いるWHOの研究者による出版物がヒットする[4] –[24]。1976年に彼の最初の報告が米国科学アカデミー紀要に掲載された後[5]、そのWHO研究プログラムから発せられた一連の出版物の引用数は指数関数的に増加し始めることになる。2016年8月5日までに、Web of Scienceデータベースは、1976年の報告書を引用した150の研究論文をすでに指摘しており、その後の論文は今や何千回と引用されている。1は、Talwarらによるフォローアップ論文のうち、1994年の「女性の妊娠を予防するワクチン」[13]というタイトルの論文の2015年までの引用を示している。この論文も米国科学アカデミー紀要に掲載され、Web of Scienceによれば、2016年1月9日までにすでに2538回引用されている。

次に、WHOの反不妊研究アジェンダと2013年から2015年にかけてのケニアでのワクチン接種キャンペーンを結びつける年表を作成するフォレンジック・ジャーナリズムの手法から得られた知見に注目する。

3)ケニアで報道された出来事の追跡調査

図2は、ケニアでのWHOキャンペーンに至るまで、実は節目となる出来事から始まっている。上段のイベント1は、1916年に始まったマーガレット・サンガーの人口削減の取り組みである。彼女は、「不適格者」、つまり障害を持つ人を排除することによって「遺伝子プール」を浄化することを目標としていた[75]。これは、外科的な不妊手術の手段を確立すること、あるいは「不適格者」の生殖を防ぐことを意味する。

図1.米国科学アカデミー紀要に掲載された「女性の妊娠を予防するワクチン」と題する1994年の論文で、G. P. Talwarと、同じく米国科学アカデミー紀要で、ヒト絨毛性ゴナドトロピンのβ鎖と破傷風のトキソイドを結合させた、世界初の抗妊婦試験をデビューさせた1976年の論文の共著者数によって作成された、引用数の増加を2015年までに示したWeb of Scienceから生成した棒グラフである。

図2.ケニアにおけるWHO「破傷風」キャンペーン2013-2015に基づく今回の研究プロジェクトに至るまで、およびそれを含むマイルストーンとなる出来事を年表にしたものである。

1942年までに、アメリカ出生管理連盟は、「反家族」「乱交促進」という公の批判を受け、1957年9月21日にサンガーにインタビューしたマイク・ウォレスが使った言葉[76]、1952年から1959年にマーガレット・サンガーが指揮する「家族計画」に改名されることとなった。第二次世界大戦が終わった後の1945年から1948年にかけて、WHOが構想され、国連の後援を受けた最初の世界的な下部機関となる一方で、ビル・ゲイツの父親が率いる「家族計画」は、政府の介入によって人口増加を止めるか減らさない限り、世界規模の飢餓、病気、政府の不安定化、少なくとももう1つの世界大戦を引き起こすことは避けられないという考えを推進していた[77]。

1961年、米国国際開発庁(USAID)は、国連および WHOと共同で人口調査を行い、1974年に政府高官に公式機密文書として初めて公布された「キッシンジャー報告書」に結実した。一方、2の2段目では、タルワー率いるWHOの研究者がTTとβhCGを結びつけ、WHO初の避妊ワクチンをヒトでテストしていた[10]。その後、1993年、1994年、1995年には、LDC、特にメキシコ、ニカラグア、フィリピンでのWHOの反不妊ワクチン接種キャンペーンが報道され[42][43][78][79][80]、1995年にはケニアでのキャンペーンが中止になった[3] ?これらはすべて、WHOの「母体および新生児破傷風の撲滅」キャンペーンの一環として、これらの国の一般市民,および妊娠可能な年齢の被接種女性に表明された[56][57][58][59][60]。

2に見られるように、イベント8と9の間に、2010年にゲイツ財団から拠出された100億ドルは、ビル・ゲイツ自身によって、前述のように彼自身の言葉によれば、「新しいワクチン」によって部分的に達成されるWHOの世界規模の人口抑制目標と関連付けられた[71]。ゲイツ以外の資金調達者がWHOの人口抑制政策を意図していたと考える理由はないが、MNTキャンペーンの対象地域は、キッシンジャー報告書で先に特定した「LDC」と事実上同じであった。例えば、AP通信による2015年のニュースリリースでは、「2015年末までにチャド、ケニア、南スーダンで行われる予防接種キャンペーンは、2016年にパキスタンとスーダンでMNT撲滅に向けて貢献し、無数の母親とその新生児の命を救う」[81]と発表した。

イベント9以降、ニュース報道では、WHOが不妊治療用のワクチンを破傷風の予防薬として表現したことが示唆された[3][31][45][82]。イベント9~20の全時系列を通じて、ケニア保健省とWHOを代表して発言した関係者は、このキャンペーンは「母体と新生児の破傷風を撲滅する」ためだけのものであると主張していた[44].例えば、ケニア政府を代表する公式声明で、ジェームズ・マチャリア保健大臣はBBCに対し、WHOケニアキャンペーンのワクチンは「安全」で「認証済み」であり、「自分の娘や妻に受けることを勧める」と述べた[44]。

そこで、第4回では、破傷風ワクチンとTT/βhCG結合型(避妊)ワクチンの接種スケジュールを比較し、第5回では、図2のイベント12~20にまとめた2013~2015年のケニアキャンペーンのワクチンサンプルを分析した実験結果を紹介・考察する。

4)破傷風と抗不妊症のワクチン接種スケジュールの比較

表 1は、ジフテリアや百日咳など他の抗原と組み合わせたものも含め、公式に推奨されているTT 予防接種の間隔を示している[78]。これらの間隔は、成人と新生児ではほとんど差がない。最も重要な違いは、ワクチン未接種の女性がすでに妊娠している場合、TTの接種スケジュールを段階的に増やし、「できるだけ早い時期に初回接種を行う」ことが推奨されていることである。

最適な投与間隔 最小許容投与間隔 保護期間の目安
投与量1 保健師との最初の接触時、または妊娠中のできるだけ早い時期に。 保健師との最初の接触時、または妊娠中のできるだけ早い時期に。 なし
投与量2 投与1回目から6~8週間後*。 投与1回目から4週間以上経過していること 1年~3年
投与量3 投与2回目から6~12カ月後*。 投与2回目以降、またはその後の妊娠期間中、少なくとも6カ月間。 5年以上
ドーズフォー 投与3回目から5年後※。 3回目以降、またはその後の妊娠中、少なくとも1年以上。 10年以上
ドーズファイブ 線量4*から10年後 4回目以降、またはその後の妊娠中、少なくとも1年間は使用する。 出産可能なすべての年齢、場合によってはそれ以上

表1.”Tetanus toxoid vaccination schedule for pregnant women and women of childbearing age who have not received previous immunisation against tetanus”, as reported in Martha H.Roper, J. H. Vandelaer, and F. L. Gasse in The Lancet 2007, 370: 1947-1959.

*妊娠中に投与する場合は、出産予定日の数週間前に投与する必要がある。

妊娠中に接種し、2回目は少なくとも4週間後に接種する」([37]、p.200)。しかし、WHOケニアキャンペーンでは、TT接種に関するすべての発表された研究に反して、3に示すように、TTの繰り返し発表されたスケジュールに反して、6カ月間隔で「TT」ワクチンを5回接種した。しかし、ケニアのスケジュールは、WHOが発表したβhCGと結合したTTの避妊用結合体のスケジュールと同じだった[6][10][26][50][83]。表 1の公式なTT 投与スケジュールとその間隔は 2007年のランセット誌に、妊娠可能な年齢の少女と女性、および新生児のために発表されたものであり、([35] , p. 1951)、1993年にWHOが発表した「The Immunological Basis for Immunization Series, Module 3: Tetanus」という文書に記載されていたスケジュールと変わらず、図3の上半分に写っている通りだった[84]。

WHOケニア「破傷風」キャンペーンプロトコルのように)別の抗原として投与される一般化TTの重要な要素は、これら

  1. a) 公式の用量は、TTワクチンの半量(0.5ml)である。
  2. b) 約5年分の免疫を確立するために推奨される接種回数には、少なくとも3回の接種が必要である。

c)また、最初の3回とその後の「ブースター」(あと4回、合計7回)の接種間隔の目安は、いずれも新生児用のスケジュールとほぼ同じだ。

公式文書によると、WHOが公表したTTの投与スケジュールは、「ワンサイズ・フィット・オール」のCDCの教義と一致しており[35][36]、TTが百日咳やジフテリア抗原と併用されても、すべてのレシピエントに本質的に同じであることがわかる。1993年にWHOが発表した同じスケジュールは 2007年にコピーされ、再掲され[57][84]、「0.5ml-の3次投与」を要求している。

図3.A. M. Galazka (1993, p. 9, Figure 2)[84]の破傷風トキソイド投与推奨スケジュールとケニアキャンペーンで適用されたWHOスケジュールとの対比(上)。原図の著作権は世界保健機関(WHO)が持っているが、彼らの発表した告知によれば、含まれる文書は「しかし、一部または全部を自由に検討、要旨、複製、翻訳することができる」とされている。

CDCの標準的な教義では、用量反応理論や医学の他のあらゆる分野の研究に反しており[85][86]、ワクチンに関連する自己免疫疾患の蔓延の主な説明の一つである[87][88][89][90][91] – メーカーが製造したすべての受信者のためのワンサイズ「フィットオール」量を少なくとも4週間間隔で、その後18カ月、5年、10年と16年にブースター投与、その後は10年ごと」[57]。青年と成人のTTスケジュールと新生児のTTスケジュールは、表1[57]に示すように、7回接種の基本コースをすべて必要とし、図3の上部には、接種間隔が横の時間軸で示されている。したがって、疑問が生じる:WHOケニアの「破傷風」キャンペーンでは、なぜ図3の下半分に示すように、6カ月間隔で5回接種という根本的に異なるスケジュールが必要なのだろうか?興味深いことに、2013年から2015年のケニアの「破傷風」キャンペーンの投与スケジュールは、TT/βhCGを含むWHOの避妊用結合体[2][9][36]に設定されたものと全く同じであった。

図3は、過去に破傷風ワクチンシリーズを接種していない人(図の上半分)に対する破傷風予防接種の推奨間隔を示したものである。WHOケニアキャンペーン(図3下部の大きな赤い四角)では、5回分の接種が30カ月で完了するのに対し、TT推奨スケジュール(図3中央付近の小さな赤い四角)では、同じ期間で3回分しか接種できないことに注意してほしい。2013年10月からケニアで行われたWHOのキャンペーン(図3の下半分)での投与間隔は、一般的なWHOのプロトコルとは大きく異なり、投与1と2の間隔は1カ月、投与2と3の間隔は最大12カ月、3と4の間隔は最大5年、あるいは投与4と5の間隔は10年である[42][70][74][75]。例えば、DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)シリーズやTTを含む他の多価シリーズを過去5年以内に接種したことがある場合、推奨される手順は、1回だけの投与(破傷風の「ブースター」)を最長10年間繰り返さないというものである。しかし、図3の下半分の赤枠で示したように、WHOケニアのキャンペーンでは、3年弱の間に約6カ月間隔で5回のワクチン投与が行われた。

さらに、WHOのケニアでのキャンペーンでは、男性は接種されず、妊娠可能な年齢の女性のみが接種されたという事実は、クロストリジウム・テタニが産生するテタノスパスミンは、出産後の男性や、12歳から49歳の対象外の女性には感染しないと示唆しているように思える。WHOが「母体および新生児破傷風」のみを対象としたとの答弁は、動物がいる場所ならどこでも土中に存在するこの細菌にさらされる可能性は、男性も女性と同じくらいあるという事実を考慮すると、奇妙に思える。男性や出産適齢期以外の女性は、切り傷や擦り傷など、破傷風菌が付着するような怪我に弱いという考え方は、信憑性に欠ける。しかし、ケニアにおけるWHOの「破傷風」ワクチン接種キャンペーンの説明のつかないイレギュラーは、この難点だけではない。2013年10月から実施されていたWHO「破傷風」キャンペーンについて、KCCBが2014年11月に疑惑とそれを裏付ける予備検査結果を公表した後[2]まで、以下のような異常な事実が、KCDAが検査に必要なワクチンサンプルを得ることを難しくしていた:

このキャンペーンは、病院や医療センターからではなく、ナイロビのニュー・スタンレー・ホテルから始まった[92];

今回のキャンペーンで各接種会場に届けられたワクチンのバイアルは、警察によって守られていました;

注射を行う現場の看護師によるワクチン瓶の取り扱いは厳しく管理されており、使い切った場合は警察の目を盗んでWHOの担当者に返却し、新しいワクチン瓶を入手しなければならなかった;

WHOの「キャンペーン」用ワクチンのバイアルは、推定60カ所の現地施設に保管されることなく、ナイロビから配布され、使用済みのバイアルは警察の護衛のもと、かなりのコストをかけてナイロビに戻された。

この特別なワクチンのバイアルをナイロビで保管しなければならなかったのは、2つの理由から一つは、KCDAによれば、ワクチンの配布には通常必要ないこと、もう一つは、ケニア・カトリック保健委員会(KCCBの医療部門)は、54の病院、83の保健センター、311の臨床診療所からなる448のカトリック保健ユニットのネットワークと、ケニアの224,962平方マイル[93]に点在する地域ベースの保健と孤児・弱者の子どものための46以上のプログラムも管理していること、この広さはアメリカの48州中テキサス州の268,601平方マイル[94]以外より広い。さらに、カトリック保健委員会は、ケニア国内と国境を接する国々の乾燥地帯に移動する遊牧民のために移動診療所を運営している。通常、ケニアでのワクチンの取り扱いは、共著者の医師(Karanja博士とNgare博士)によれば、最寄りの病院、保健所、移動診療所で行われる。2013年から2015年のMNTキャンペーンで使用した特定の「破傷風」ワクチンは、なぜナイロビのニュー・スタンレー・ホテルから始まる特別な取り扱いが必要だったのか。

最終回では、2014年3月と10月に行われたWHOケニア2013-2015ワクチンキャンペーンで注射されたバイアルからKCDAが直接入手した7本のワクチンと、ナイロビに保管されていたワクチンからWHOが「専門家合同委員会」に渡した52本のワクチンの分析内容の一部を紹介・考察する。

5)WHO ワクチンのラボラトリー・アナリシス

本項では、各種報道(引用済み)で紹介された酵素結合免疫吸着法(ELISA)の原検査結果と、その後の陰イオン交換高速液体クロマトグラフィー(HPLC)による分析結果について、以下に示す。

2014年3月の投与で使用されたWHO「破傷風」ワクチンのサンプル(2のイベント11)を血清と偽り、ナイロビの3つの異なる研究所でβhCGの存在について標準的なELISA妊娠検査にかけられた(2のイベント12)。それらの分析結果は、2に示されている。どのサンプルも、血液サンプルにおける「妊娠」の陽性判定の閾値を超えるほどのβhCGを含んでいなかったが、すべてのサンプルが、TTワクチンで予想されるβhCGの閾値ゼロを超えるβhCGの陽性判定を示した。

2014年10月のWHOワクチン接種(2のイベント15として示された参加女性への投与3)で、KCDAはWHO「破傷風」ワクチンの6つのバイアルを追加入手し、慎重に抽出したサンプル(アリコート)をELISAテストのために5つの異なる研究所に配布し、3に示すような結果を得た。その結果、1つの検査を除いて、検査した6つのサンプルのうち3つ(KA、KB、KC)でβhCGの存在が確認された。より感度の高いELISAキット(1ミリリットルあたり1000分の1国際単位(mIU/ml)を測定するものではなく、1リットルあたり国際単位(IU/L)を測定するもの)を使用したパスケア研究所でさえ、2つのサンプル(KBとKC)から、期待値ゼロをはるかに超える量のβhCGを検出した。

分析を行っている研究室 検出されたβhCGの量*。 報告された日
メディプラン透析センター1 1.12 mIU/mL 2014年6月30日
病理学者ランセット・ケニア2 1.2 mIU/mL 2014年7月6日(木
ナイロビ大学3 0.3 mIU/mL 2014年10月22日(金

表2.ケニアカトリック医師会が2014年3月の投与で入手したWHO「破傷風」ワクチンサンプルのELISA結果

*妊娠していない女性にとって、5mIU/mL未満は正常範囲であるという長年のコンセンサス[95][96]があり、利用可能なELISAキット[97][98]に反映されている。WHOワクチンサンプルでは、βhCGのレベルはゼロであるべきである。βhCGに対するELISAテストの感度については、[97]~[102]を参照してほしい。1POBox 20707, Nairobi, ph. 0726445570, Lab@mediplan.co.ke;28thFloor-5th Avenue Building, Ngong Road, Nairobi, ph. 0703 061 000 www.lancet.co.ke;3Collegeof Health Sciences, School of Medicine, Department of Paediatrics and Child Health.

βhCGの検査を実施する独立した検査機関について
テストしたサンプル メディプラン透析センター PathCare1*(パスケア1 病理学者

ランセット・ケニア

ナイロビ病院2 メーテル病院3
ケーエー 0.80 mIU/mL 0 IU/L 0.76 mIU/mL <1.2mIU/mL †の場合 <1.2mIU/mL† †の場合
ケービー 1.16 mIU/mL 130 IU/L 0.79mIU/mL <1.2mIU/mL †の場合 <1.2mIU/mL †の場合
ケーシー 1.25 mIU/mL 30 IU/L 0.75 mIU/mL <1.2mIU/mL †の場合 <1.2mIU/mL †の場合
KD 0.26 mIU/mL 0 IU/L <5mIU/mL † † † † † † † <5mIU/mL 0.305 mIU/mL†」とした。 ††
キー 0.09 mIU/mL 0 IU/L <5mIU/mL † † † † † † † <5mIU/mL †† ††
ケーエフ 0.14 mIU/mL 0 IU/L <5mIU/mL † † † † † † <5mIU/mL †† ††

表3.ケニアカトリック医師会が2014年10月の投与で入手したWHO「破傷風」ワクチン6検体のELISA結果(空欄はKCDAに報告書が返却されなかったことのみを意味する)。

*妊娠の陽性判定のパスケアカットオフは4IU/L以上(英国のエクセター臨床研究所[100]でも使用されている)であり、これは他の検査機関で使用されている<5mIU/mLの陰性判定と同じだ。5 mIU/mL で校正された。ELISA キットを使用する他の検査機関では、非妊娠者の正常範囲を<5 mIU/mLに設定しており、βhCGを測定するELISA キットの大半で同等の標準値となっている。測定されたβhCGが陽性妊娠判定の最低値を下回る、または検査室が正常範囲のβhCGレベルを示唆する結果を報告しない。これらの細胞では、バイアルKD、KE、KFに十分な液体が残っていなかったため、サンプルを検査室に届けることができなかった。1RegalPlaza, Limuru, Road, PO Box 1256-00606 Nairobi, enquiries@pathcare.com;2POBox30026, G.P.O 00100, Nairobi, Tel: +254(020) 2845000, +254(020) 2846000, hosp@nbihosp.org;3POBox 30325, Nairobi, Tel: 531199 3118, no email listed on report.

2と3の結果を手に、2014年11月11日、カトリックの医師たちは、ケニアの「議会保健委員会」[3]の公式会合で、(WHOの代理人として)ケニア保健省にその結果を伝えた(2のイベント16)。その会議で、内閣長官のジェームズ・マチャリアはELISA検査の結果を否定し、WHOとユニセフへの「信頼」を表明した[3]。しかし、同省は、一方にWHO、他方にKCDAの代表を含む「破傷風トキソイドワクチン試験に関する専門家合同委員会」によるフォローアップを提案した(2のイベント17)。また、2014年10月に実施されたワクチン接種で入手したKCDA保有のワクチンで、すでにELISA法による検査が終了しているもの(表3)については、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)による再検査を依頼することを決定した。また、ケニア産ワクチンの追加バイアルをHPLC分析用にWHOから提供されることも合意された。KCDAがすでに保有しているサンプルと政府(WHO)の倉庫から供給されるサンプルは、「合同委員会」の代表(WHOの代理人とKCCBの代表医師を含む)の立会いのもと、検証され、ナイロビのAgriQ Quest Laboratoryに届けられることになった。AgriQ Quest Laboratoryは、「提出されたバイアルにβhCGが含まれているかどうか」(公式パワーポイントのスライド5参照[62] )を判定し、後日、省から発表される日に「合同委員会」に報告するよう指示された。

実際には、2組の別々のHPLCテストがAgriQ Quest Laboratoryによって実行されることになる。4に示すような最初の結果のセットは、2014年11月16日にKCCBに対して、「Laboratory Analysis Report for the Health Commission, Kenya Conference of Catholic Bishops, Nairobi」という公文書で5日以内に報告された[63](2の年表におけるイベント18)。その9週間後、「合同委員会」設置時から58暦日が経過した後、ケニア保健省のWHO代理人は、事前の約束に反して「合同委員会」を素通りし、2015年1月9日にWHOワクチンの追加40バイアルをアグリクエストに直接届け出た。HPLC分析に供されるナイロビからの追加バイアル52本(年表のイベント19、図2)のうち、2015年1月9日にアグリクエストに直接届けられたセットは、以前βhCGの陽性反応が出た3本と全く同じバッチ番号の40本で構成されている。この事実については、以下の「考察」セクションで再確認する。

表5は、AgriQ Quest社が「合同委員会」に対して、「破傷風トキソイドワクチン試験に関する専門家合同委員会のための研究所分析報告」と題する公文書[64]、および同じく公文書のパワーポイント文書による口頭発表で報告した結果の要約である。

サンプルテスト済み アグリクエスト、ナイロビ
βhCGのピークリテンションタイム ピーク保持時の面積に対するβhCGの%。
ケーエー 36.283 37.593
ケービー 35.825 26.512
ケーシー 38.042 23.939
KD 36.692 0.480
キー 38.842 0.830
ケーエフ 36.425 3.334

表4.検出器A(220nm)を用いた2014年10月投与のWHO「破傷風」ワクチン6検体中のβhCGの存在に関する陰イオン交換高圧液体クロマトグラフィー検査の概要である。

*すべての分析において、各試料の100%を40分で処理した場合。

ロット番号と出典 バッチ番号 有効期限 オープンかクローズか(バイアルの本数)? AgriQ Questにサンプルを納品した日 AgriQ Questでの解析実行日
ロット1:ナイロビにあるケニアWHO拡大予防接種プログラム(EPI)ストアより 019B4002D 2017年1月 クローズド (1) 2014年12月10日(金 2015年1月5日(金
019B4003A 2017年1月 クローズド (1)
019B4003B 2017年1月 クローズド (1)
019B4002C 2017年1月 クローズド (1)
11077A13* 2016年8月 クローズド (1)
019B4002C 2017年1月 クローズド (1)
019B4002D 2017年1月 クローズド (1)
019B4003B 2017年1月 クローズド (1)
019B4003A 2017年1月 クローズド (1)
019L3001B†。 2016年2月 オープン(1)*2
019L3001C† 2016年2月 オープン(1)*2
019L3001B†。 2016年2月 オープン(1)*2
019B4002D 2017年1月 オープン (1)
019B4003A 2017年1月 クローズド (1)
ロット2:ナイロビのアッパーヒルメディカルセンターより 019B4003A 2017年1月 オープン (1) 2014年12月17日(金 2015年1月5日(金
019B4002D 2017年1月 オープン (1)
019B4002D 2017年1月 オープン (1)
019B4002D 2017年1月 オープン (1)
ロット3:WHOの試供品とのマッチング 019L3001B†。 2017年1月 クローズド(ポコット族用10本入り) 2014年1月9日(金 2015年1月9日(金
019L3001C† 2017年1月 クローズド(トゥルカナ族用20本入り)
019L3001B†。 2017年1月 クローズド(トゥルカナ族用10本入り)

表 5.共同委員会が分析のためにアグリクエスト社に納入したロットには、各バイアルの9桁のバッチ番号、有効期限、分析のために受け取った際の閉鎖または開封の有無、および得られた結果によるβhCGの含有の有無が記載されている。

*この特定のバイアルは、Biological E, Ltd.の唯一のものだった。他のすべてのバイアルはインドの血清研究所で製造されたものである。**分析によりβhCGを含むと判定された。βhCGを含むバイアルのバッチ番号は、WHOが供給した「マッチング」バイアルと同一であり、テストされたがβhCGを含まなかったことに留意されたい。

2015年1月23日[62]4.全部で、58 本のWHO ワクチンのバイアルが検査された。これらは、以前にELISAで検査した6本のバイアルと、カトリック保健委員会の依頼でHPLCでも検査したバイアルで構成されているそれぞれ表3および表4)。さらに、5に示すように、WHOから提供された52の新しいサンプルもあった。表4は、2014年10月(WHOによるラウンド3投与)のWHO「破傷風」ワクチンの同じ6サンプルを用いて、KCCBの保健委員会の要請で行われた最初のHPLC分析が、3で先に報告したように、ELISAによる所見を確認したことを示している。サンプルKA、KB、KCは、βhCGを含んでいた。

表5にまとめた分析は、「合同委員会」が要求したHPLCテストの第2シリーズで、表4で報告されたものから数週間後に実施されたものである。表5の行を左から右に読むと、ワクチンのサンプルバイアルは、バッチ番号、有効期限、AgriQ Questに届いたときにバイアルが開いていたか閉じていたか、AgriQ Questに届いた日、そして最後に分析が行われた日ごとにリストされている。10月の注射で実際に使用されたWHOワクチンからカトリックの医師が入手した6本のうち3本は、以前複数のELISA分析と4にまとめたHPLC分析でβhCG陽性となったサンプルと同じバイアルで、再びβhCGを含むことが判明したのである。表5の左から4番目の列には、二重のアスタリスク(**)が付されている。

対照的に、WHOがAgriQ Questに届けたワクチンの追加バイアル52本はすべてβhCG陰性と判定された。さらに重要なことは、上述のように、2015年1月9日にWHOの代理人がAgriQ Questに直接提供した40個のサンプルのうち、2014年10月の投与によるβhCGを含むものと同じ識別バッチ番号を持つ唯一のものであった、もβhCG陰性であった。AgriQ Questによる2015年1月23日の「合同委員会」への報告[62][64] (イベント20、図2)は、2014年10月のラウンド3投与でカトリック医師が直接入手した6本のバイアルのうち3本だけがβhCGを含んでいたと結論付けた(すなわち019L3001Bまたは019L3001Cの番号が付いたもの)。

4.考察

以上の結果を踏まえて、以下の事実が判明し、説明を要する:

WHOは、1970年代初頭から抗不妊ワクチンの開発に取り組んできた[5]。

USAID/UN/WHOの「家族計画」[66]~[77]では、不妊対策による世界人口の増加抑制が、特にLDCsにおける中心目標に掲げられてきた。

カトリック教会やプロライフ団体のスポークスマンは、少なくとも1990年代初頭から、WHOが「妊産婦と新生児の破傷風を撲滅する」という世界的なWHO プロジェクトの一環として、一つまたは複数の不妊治療キャンペーンの臨床試験を偽っていた疑いがあると発表している[3][41][42][43][45][92][103][104][105][106]。

TTとTT/hCGコンジュゲートのスケジュールを比較したところ、ケニア2013-2015キャンペーンにおけるWHOの投与計画は、TTの投与計画のいずれとも一致せず、TT/hCG研究において使用された公表スケジュールと一致した[本紙]。

WHO職員が「破傷風」予防薬として実際に投与している小瓶から入手したと、カトリックのスポークスマンの1人または複数が主張するWHO「破傷風」ワクチンのサンプルの複数の分析から、hCGが検出された[1][2][43][45][103][104][105][106]。

本稿で紹介したように、2014年のケニアでのキャンペーンで、MNTを防止する目的で実際にWHOワクチンを投与した際に採取したバイアルの半数がβhCG陽性であったことが公文書で明らかになっている[2][63][64]。

今回の調査で重要なことは、ケニアで行われたWHOのMNT予防キャンペーンで使用されたワクチン瓶の一部からβhCGが検出されたことである。これらのバイアルからβhCGが検出された理由としては、以下のような事故による汚染が考えられる:1)製造または表示における製造者のミス、2)ナイロビの研究所による信頼性の低い分析(ウェル、チューブ、手袋、ピペットチップ、期限切れまたは破損したELISAキット、または校正不良のHPLC機器、不十分な訓練を受けた研究所員、受け取ったサンプルの誤った取り扱い、サンプルの混合などによる)、など;3)不注意または不正確な報告、あるいは汚染されたβhCGは、進行中の「MNTを排除する」プロジェクトに関する偽りの話をでっち上げて、WHOの反不妊活動を妨害しようとするKCDAによって意図的に加えられたかもしれない。

本稿の最後に意見として提示する結論に至るまで、合理的な推論に頼っていることを直ちに指摘した上で、競合する選択肢のいくつかを除外して可能性を狭めることができると考えている。まず、製造上のミスで、バッチ番号で判断される全く同じ「バッチ」から、βhCGが3本だけ偶然に混入し、40本が欠落することはありえない。同様に、βhCGを含むたった3本のバイアルに、βhCGを含まない40本のバイアルと同じラベルを貼るというラベルミスも、同じ理由であり得ない。バッチ番号は、液体混合物の同じタンクから製造されたワクチンの全ロットを追跡するために使用される。ラベル019L3001Cで21回、019L3001Bで22回、計43回繰り返された製造とラベルの調整ミスは、偶然ではなく、意図的なデザインによってのみ発生すると予想される。

次に、研究所の職員による取り扱いの信頼性の低さ、キットや機器の欠陥などの可能性がある。しかし、ランダムな(意図的でない)エラーに起因する説明は、確率的な変動、例えば、異なる研究所(表2表3)または同じ研究所で異なる時期に検査された同じワクチンのバイアル試料間の差(表4表5)しか説明できない。しかし、6つのバイアルについて、異なる機会に、異なる研究所で、複数の手順で繰り返し独立して試験した結果が同じパターンであった場合、無数の信頼性のない原因をすべて決定的に排除することができる。この論文で取り上げる後者の例では、測定の専門家が三角測量と呼ぶ、複数の独立した観測者が複数の観測手順で観測した結果が1つの結果に一致する、ということが起きている。このような例では、信頼性のない可能性のあるすべての原因を排除することができ、いくつかの偶然ではない選択肢だけが残されることになる。

偶然ではない選択肢の中で、KCDAがβhCG陽性と判定されたワクチンサンプルを塩漬けにしたという可能性がある。この可能性は、KCDAがすべてのELISA検査のためにバイアルとサンプルを塩漬けにする機会があり、6つのバイアルすべてについて、AgriQ Questに検査のために2回渡したという事実と論理的に矛盾している(表4と表5)。また、仮にKCDAがβhCGを入手し、陽性反応が出るバイアルにだけ添加したとしても、検査機関にサンプルを渡す前に意図的に混合すれば、HPLCで陽性反応が出たサンプルにAgriQ Questによると検出された化学結合体を作り出すことはできない。彼らは、「合同委員会」での口頭報告で、これら3つのバイアルから検出されたβhCGを「化学的に結合している」と表現している([62]のスライド11にある)。このような結合は、Talwar[5][84]によって説明されたTT/hCG結合の特許プロセスと一致するが、TTワクチンのバイアルにβhCGを単に混合することによって達成されることはない。

WHOとその共同研究者は、「組換えワクチン」によってβhCGに対する抗体を生成する研究を奨励し、または後援し続けている:1)「キャリア」がホルモンサブユニットに決まった位置で結合していることを確認し、2)工業生産が可能である」[23]。このような結合体は、細菌性毒素(大腸菌由来)ですでに達成されており、酵母(Pischia pastoris)の助けを借りて大量生産することができる。また、この新しい結合体のDNAバージョンは、すでに米国食品医薬品局からヒトへの使用が承認され、ヒトのボランティアに使用されている[9][12][13][14][18][21][22][27][28] ,WHOの主任研究者はすでに、組み換えDNAで強化したβhCGに対するワクチン製造に成功している[17][21][22][23][24][107]。

最後に、もう1つ、言及に値する実験的研究が報告されている。この論文のドラフト版に対する匿名の査読者の一人が、ケニアワクチンを1〜5回接種した被接種者の協力を得て行うことができるであろう多くのフォローアップ研究を提案してくれた。一つは、ワクチン接種者の血清中のβhCG抗体を、被曝の下流で測定することである。もし、WHOの「破傷風」注射を1回以上受けたケニア人女性のかなりの割合がβhCG抗体陽性であれば、その結果は、彼らがβhCGをTTなどの何らかの「キャリア」病原体と「化学的に結合」して受けたことを示すだろう[108]。なぜなら、TT単体では、βhCG抗体の産生は起こらないからだ。おそらくそのような研究はケニアで進行中であるか、あるいは将来行われるであろうが、現在の著者チームにはそれを行うためのリソースが不足している。しかし、1993年にフィリピンで行われたWHOの「破傷風」ワクチン接種キャンペーンに参加した女性から得られたこのような研究はすでに行われている。J. R. Millerは、フィリピンのプロライフ・グループが、その「破傷風」キャンペーンでWHOが接種した推定340万人の女性のうち30人の血漿を検査し、そのうち26人が「hCG抗体」陽性であったと報告している[106][109]。

5.まとめ

WHOケニアキャンペーン2013-2015で使用されたTTワクチンの実験室検査では、一部のバイアルにTT/βhCG結合体が含まれており、特にケニアのような対象LDCで人口増加率を減らすために1つまたは複数の抗不妊ワクチンを開発するというWHOの目標に一致していた。βhCGがどのようにしてケニアのワクチンバイアルから検出されたのかを確かめることはできないが、WHOはβhCGとTT(およびその他の病原体)を結合させた抗不妊ワクチンに関する深い研究歴があり、2014年にケニアで使用されていた「破傷風」ワクチンのサンプルから検出されたβhCG結合体については、WHO自身が最も確かな出所だと私たちは考えている。さらに、すべてのワクチン製造業者とワクチン検査機関はWHOの認定を受けなければならないことを考えると、ケニアの予防接種プログラムで起こったことに関する彼らの責任は、強調しすぎることはないだろう。

ファンディング

共著者のFelicia M. Clement, Jaimie Ryan Pilletteは、ルイジアナ大学ラファイエット校のRonald E. McNair Research Scholarsとして、米国教育庁のパブリックグラント賞の資金提供を受け、John W. Oller, Jr教授は、助成金の支給学期中(2015春)に彼らの指導者を務めたことで同じソースから奨学金を受け、この研究の一部をルイジアナ大学のDoris B. Hawthorne/LEQSF Professor IIIとしての寄附職により支援した。

競合する利害関係者

著者らは、競合する利害関係がないことを宣言する。

著者の貢献度

本論文の構想は、2015年1月に筆頭著者がFelicia M. ClementとJaimie Ryan Pilletteと共同で、本論文に至るまで複数のバージョンでさらに発展してきたいくつかのアイデアの予備的要約を提示したことから始まった。ショー博士とトムリェノヴィッチ博士は、2015年5月に作業に参加することに同意し、執筆とリライトを行い、プロジェクトの初期に包括的な参考文献リストの作成を支援した。2015年11月には、ケニアの医学博士であるNgare博士とKaranja博士を招き、ケニアでの世界保健機関2013-2015キャンペーンで収集したデータを共有することになった。執筆の大部分はOllerが担当し、原稿の作成から報告された知見に至るまで編集はShawとTomljenovicが担当した。Ngare博士とKaranja博士は、表中のデータに加えて、データの収集方法、特定の手順を踏んだ理由などに関する詳細な説明を提供してくれた。また、ケニア・カトリック医師会の代表として、豊富な経験をもたらしてくれた。彼らは現役の医師として、この論文で報告されたまだ展開中の物語の多くの部分で「現場のブーツ」として携わってきたのである。ClementとPilletteは、本論文の最初の草稿の作成に携わり、投稿者全員が複数の草稿を共有することで、すべての編集作業に参加した。また、世界保健機関(WHO)のプログラムに関する背景情報の一部を担当した。彼らは、1932年から1972年まで米国で行われた悪名高いタスキギー梅毒実験が、LDCにおける「家族計画」のためのWHO不妊治療ワクチンの研究が開始されたまさにその年に終了したという発見から、一部興味を持った。この原稿の内容については、すべての著者が責任を負っている。残された誤りはすべて私たちだけのものである。

著者情報

著者の所属は、論文のタイトルページに記載されている。

データセット

本論文の表で言及されているデータ、およびそれらのデータを抽出した技術報告書(具体的には、本文で言及されている「破傷風トキソイドワクチン試験に関する専門家合同委員会」に提供されたものを含む)は、筆頭著者(joller@louisiana.edu)からのリクエストにより入手できる。

アルファベット順の略語について

  • BBC=British Broadcasting Corporation(英国放送協会);
  • CDC = Centers for Disease Control and Prevention(疾病管理予防センター);
  • DNA = Deoxyribonucleic Acid(デオキシリボ核酸);
  • ELISA = Enzyme-Linked Immunosorbent Assays(酵素結合免疫吸着法);
  • hCG = Human Chorionic Gonadotropinの略;
  • HPLC = High Performance (or High Pressure) Liquid Chromatographyの略;
  • IU/L = International Units per Literの略;
  • KA、KB、∙∙∙KF=2014年10月施行のWHOワクチンのケニアバイアルA~F;
  • KCCB=ケニア・カトリック司教協議会;
  • KCDA = Kenya Catholic Doctors Association;
  • LDC = Less Developed Countries(世界の「後発開発途上地域」を指す言葉としても使われる);
  • mIU/mL = Thousands of International Units per Milliliter(1ミリリットルあたり数千国際単位);
  • MNT=Maternal and Neonatal Tetanusの略;
  • PubMed = 米国国立衛生研究所の米国国立医学図書館の検索エンジン;
  • TED=テクノロジー、エンターテインメント、デザイン(メディア機構);
  • TT = Tetanus Toxoid(破傷風トキソイド);
  • TT/βhCG = Tetanus Toxoid Conjugated with Beta Human Chorionic Gonadotropin;
  • UN=United Nations(国連);
  • UNICEF=国連国際児童教育基金;
  • US=アメリカ合衆国;
  • USAID=United States Agency for International Development(米国国際開発庁);
  • WHO=世界保健機関;
  • αhCG=αヒト絨毛性ゴナドトロピン;
  • βhCG=βヒト絨毛性ゴナドトロピン

注意事項

1当初、私たち数名(Oller、Shaw、Tomljenovic、Clement、Pillette)は、抗がん剤化学療法などの毒物や遺伝子操作による医療製品をヒト患者の細胞や組織に投与するために使用されているウイルスや細菌のキャリアを共同研究していた。そんな中、ケニアで行われたWHOのワクチン接種キャンペーンに関する報道を知った私たちは、WHOが避妊用ワクチンを開発するために長年にわたって発表してきた研究の流れを発見した。その後、KCDAの主治医であるカランジャとンガレに連絡を取り、WHOケニアワクチン接種キャンペーンのレビューとケース・オブ・スタディに協力してもらうことになった。

2カトリック教会が疑っているように[41][42][43][44][45]、WHOが意図的な欺瞞を行い、避妊用ワクチンの何百万人ものレシピエントに、表向きはMNTの脅威を避けるために複数回接種をするように促したとすれば、それでも多くのWHO協力者や支援者は、避妊用ワクチンに関するWHOの研究をまだ知らない可能性が高く、ましてやカトリック教会が恐れるような詐欺行為を知る可能性はないだろう。WHOの「家族計画」不妊症研究の擁護者は、WHOの不妊症研究の第一人者であるG. P. Talwarが、人間の赤ちゃんの正常な成長を防ぐ方法を学ぶと、癌の異常成長を防ぐ方法が分かるかもしれないと主張していることも指摘でき[23]。しかし、仮にそのような幸福な結果が得られたとしても、カトリック教会が疑っているWHOの欺瞞を正当化できるのだろうか。

3アメリカ人、カナダ人、オラー、ショー、トムリェノビッチ、ピレット、クレメント。

4アグリクエストが「破傷風トキソイドワクチン試験に関する専門家合同委員会」で作成・発表した3つの報告書、2つの書面とパワーポイントはすべて、joller@louisiana.edu から請求することで入手できる。

利益相反行為について

著者は利益相反のないことを宣言している。

文献

[1] Catholic Health Commission of Kenya (2017).
www.kccb.or.ke/home/commission/12-catholic-health-
commission-of-kenya/
[2] (2014) Kenya Conference of Catholic Bishops. Press Statement by the Kenya Conference of Catholic Bishops.
www.kccb.or.ke/home/news-2/press-statement-by-the-
kenya-conference-of-catholic-bishops/
[3] Nzwili, F. (2014) Kenya’s Catholic Bishops: Tet-anus Vaccine Is Birth Control in Disguise. The Washington Post.
www.washingtonpost.com/national/religion/kenyas-catholic-bishops-teta-nus-vaccine-is-birth-control-in-disguise/2014/11/11/3ece10ce-
69ce-11e4-bafd-6598192a448d_story.html
[4] Talwar, G.P. (1976) Immunology in the Field of Contraception, including Review of Current Status. Regional Centre for Documentation on Human Reproduction, Family Planning and Population Dynamics, World Health Organization, Regional Office for South-East Asia.
[5] Talwar, G.P., Sharma, N.C., Dubey, S.K., Salahuddin, M., Das, C., Ramakrishnan, S., et al. (1976) Isoimmunization against Human Chorionic Gonadotropin with Conjugates of Processed Beta-Subunit of the Hormone and Tetanus Toxoid. Proceedings of the National Academy of Sciences, 73, 218-222.
doi.org/10.1073/pnas.73.1.218
[6] Talwar, G.P. (1979) Recent Advances in Reproduction and Regulation of Fertility. Elsevier Science Ltd., New York.
[7] Lall, L., Srinivasan, J., Rao, L.V., Jain, S.K., Talwar, G.P. and Chakrabarti, S. (1988) Recombinant Vaccinia Virus Expresses Immunoreactive Alpha Subunit of Ovine Luteinizing Hormone Which Associates with Beta-hCG to Generate Bioactive Dimer. Indian Journal of Biochemistry & Biophysics, 25, 510-514.
[8] Talwar, G.P. and Raghupathy, R. (1989) Anti-Fertility Vaccines. Vaccine, 7, 97-101.
doi.org/10.1016/0264-410X(89)90043-1
[9] Chakrabarti, S., Srinivasan, J., Lall, L., Rao, L.V. and Talwar, G.P. (1989) Expression of Biologically Active Human Chorionic Gonadotropin and Its Subunits by Recombinant Vaccinia Virus. Gene, 77, 87-93.
doi.org/10.1016/0378-1119(89)90362-4
[10] Talwar, G.P., Singh, O., Pal, R. and Chatterjee, N. (1992) Anti-hCG Vaccines Are in Clinical Trials. Scand J Immunol Suppl, 11, 123-126.
doi.org/10.1111/j.1365-3083.1992.tb01634.x
[11] Talwar, G.P., Singh, O., Pal, R., Chatterjee, N., Upadhyay, S., Kaushic, C., et al. (1993) A Birth-Control Vaccine Is on the Horizon for Family-Planning. Annals of Medicine, 25, 207-212.
doi.org/10.3109/07853899309164169
[12] Mukhopadhyay, A., Mukhopadhyay, S.N. and Talwar, G.P. (1994) Physiological Factors of Growth and Susceptibility to Virus Regulating Vero Cells for Optimum Yield of Vaccinia and Cloned Gene Product (Beta-hCG). Journal of Biotechnology, 36, 177-182.
doi.org/10.1016/0168-1656(94)90053-1
[13] Talwar, G.P., Singh, O., Pal, R., Chatterjee, N., Sahai, P., Dhall, K., et al. (1994) A Vaccine That Prevents Pregnancy in Women. Proceedings of the National Academy of Sciences of the USA, 91, 8532-8536.
doi.org/10.1073/pnas.91.18.8532
[14] Giri, D.K. and Talwar, G.P. (1995) Contraceptive Vaccines. Current Science, 68, 423-434.
[15] Mukhopadhyay, A., Mukhopadhyay, S.N. and Talwar, G.P. (1995) Studies on the Synthesis of βhCG Hormone in Vero Cells by Recombinant Vaccinia Virus. Biotechnology and Bioengineering, 48, 158-168.
doi.org/10.1002/bit.260480210
[16] Kaliyaperumal, A., Chauhan, V.S., Talwar, G.P. and Raghupathy, R. (1995) Carrier-Induced Epitope-Specific Regulation and Its Bypass in a Protein-Protein Conjugate. European Journal of Immunology, 25, 3375-3380.
doi.org/10.1002/eji.1830251226
[17] Srinivasan, J., Singh, O., Chakrabarti, S. and Talwar, G.P. (1995) Targeting Vaccinia Virus-Expressed Secretory Beta Subunit of Human Chorionic Gonadotropin to the Cell Surface Induces Antibodies. Infection and Immunity, 63, 4907-4911.
[18] Mukhopadhyay, A., Talwar, G.P. and Mukhopadhyay, S.N. (1996) Studies on the Synthesis of βhCG Hormone in Vero Cells by Recombinant Vaccinia Virus. Biotechnology and Bioengineering, 50, 228.
doi.org/10.1002/bit.260500205
[19] Talwar, G. (1997) Vaccines for Control of Fertility and Hormone-Dependent Cancers. Immunology and Cell Biology, 75, 184-189.
doi.org/10.1038/icb.1997.26
[20] Talwar, G.P. (1997) Fertility Regulating and Immunotherapeutic Vaccines Reaching Human Trials Stage. Human Reproduction Update, 3, 301-310.
doi.org/10.1093/humupd/3.4.301
[21] Purswani, S. and Talwar, G.P. (2011) Development of a Highly Immunogenic Recombinant Candidate Vaccine against Human Chorionic Gonadotropin. Vaccine, 29, 2341-2348.
doi.org/10.1016/j.vaccine.2010.11.069
[22] Nand, K.N., Gupta, J.C., Panda, A.K., Jain, S.K. and Talwar, G.P. (2015) Priming with DNA Enhances Considerably the Immunogenicity of hCG β-LTB Vaccine. American Journal of Reproductive Immunology, 74, 302-308.
doi.org/10.1111/aji.12388
[23] Talwar, G.P. (2013) Making of a Vaccine Preventing Pregnancy without Impairment of Ovulation and Derangement of Menstrual Regularity and Bleeding Profiles. Contraception, 87, 280-287.
doi.org/10.1016/j.contraception.2012.08.033
[24] Talwar, G.P., et al. (2014) Making of a Unique Birth Control Vaccine against hCG with Additional Potential of Therapy of Advanced Stage Cancers and Prevention of Obesity and Insulin Resistance. Journal of Cell Science & Therapy, 5, 159.
doi.org/10.4172/2157-7013.1000159
[25] Alkema, L., Kantorova, V., Menozzi, C. and Biddlecom, A. (2013) National, Regional, and Global Rates and Trends in Contraceptive Prevalence and Unmet Need for Family Planning between 1990 and 2015: A Systematic and Comprehensive Analysis. The Lancet, 381, 1642-1652.
doi.org/10.1016/S0140-6736(12)62204-1
[26] Talwar, G.P., Gupta, J.C., Rulli, S.B., Sharma, R.S., Nand, K.N., Bandivdekar, A.H., et al. (2015) Advances in Development of a Contraceptive Vaccine against Human Chorionic Gonadotropin. Expert Opinion on Biological Therapy, 15, 1183-1190.
doi.org/10.1517/14712598.2015.1049943
[27] Gupta, A. (2001) High Expression of Human Chorionic Gonadotrophin Beta-Subunit Using a Synthetic Vaccinia Virus Promoter. Journal of Molecular Endocrinology, 26, 281-287.
doi.org/10.1677/jme.0.0260281
[28] Rout, P.K. and Vrati, S. (1997) Oral Immunization with Recombinant Vaccinia Expressing Cell-Surface-Anchored βhCG Induces Anti-hCG Antibodies and T-Cell Proliferative Response in Rats. Vaccine, 15, 1503-1505.
doi.org/10.1016/S0264-410X(97)00094-7
[29] Walther, W. and Stein, U. (2000) Viral Vectors for Gene Transfer: A Review of Their Use in the Treatment of Human Diseases. Drugs, 60, 249-271.
doi.org/10.2165/00003495-200060020-00002
[30] Xie, Y.C., Hwang, C., Overwijk, W., Zeng, Z., Eng, M.H., Mule, J.J., et al. (1999) Induction of Tumor Antigen-Specific Immunity in Vivo by a Novel Vaccinia Vector Encoding Safety-Modified Simian Virus 40 T Antigen. Journal of the National Cancer Institute, 91, 169-175.
doi.org/10.1093/jnci/91.2.169
[31] Smith, S. (2016) Catholic Doctors Claim UN Aid Groups Sterilized 1 Million Kenyan Women with Anti-Fertility-Laced Tetanus Vaccinations. CP World.
www.christianpost.com/news/catholic-doctors-claim-un-aid
-groups-sterilized-1-million-kenyan-women-with-anti-fertility-laced-tetanus-
vaccinations-129819/
[32] Correa Diaz, A.M. and Valencia Arias, A. (2016) Social Responsibility and Ethics in Medical Health. Ratio Juris, 11, 73-89.
[33] Casey, M.J., O’Brien, R., Rendell, M. and Salzman, T. (2012) Ethical Dilemma of Mandated Contraception in Pharmaceutical Research at Catholic Medical Institutions. The American Journal of Bioethics, 12, 34-37.
doi.org/10.1080/15265161.2012.680532
[34] Bonebrake, R., Casey, M.J., Huerter, C., Ngo, B., O’Brien, R. and Rendell, M. (2008) Ethical Challenges of Pregnancy Prevention Programs. Cutis, 81, 494-500.
[35] Etchells, E., Sharpe, G., Walsh, P., Williams, J.R. and Singer, P.A. (1996) Bioethics for Clinicians: 1. Consent. CMAJ, 155, 177-180.
[36] Newton-Howes, P.A., Bedford, N.D., Dobbs, B.R. and Frizelle, F.A. (1998) Informed Consent: What Do Patients Want to Know? New Zealand Medical Journal, 111, 340-342.
[37] Nisselle, P. (1993) The Right to Know—The Need to Disclose. Australian Family Physician, 22, 374-377.
[38] Miziara, I.D. (2013) ética para clínicos e cirurgioes: Consentimento. Revista da Associacao Médica Brasileira, 59, 312-315.
doi.org/10.1016/j.ramb.2013.06.007
[39] Guseinov, A.A. (2013) The Golden Rule of Morality. Russian Studies in Philosophy, 52, 39-55.
doi.org/10.2753/RSP1061-1967520303
[40] Corazzini, K.N., Lekan-Rutledge, D., Utley-Smith, Q., Piven, M.L., Colón-Emeric, C.S., Bailey, D., et al. (2005) The Golden Rule: Only a Starting Point for Quality Care. Director, 14, 255-293.
[41] Ness, G.D. (1994) Worlds Apart 2: Thailand and the Philippines. Heroes and Villains in an Asian Population Drama. People Planet, 3, 24-26.
[42] (1995) Tiff over Anti-Tetanus Vaccine Now Erupted into Battle. International/ Philippines. Vaccine Wkly, 11-13.
[43] (1994) Philippines. Church vs. State: Fidel Ramos and Family Planning Face “Catholic Power.” Asiaweek, 21-22.
[44] Kenya Catholic Church Tetanus Vaccine Fears “Unfounded.” BBC News.
www.bbc.com/news/world-africa-29594091
[45] West, T. (2014) Kenyan Doctors Find Anti-Fertility Agent in Tetanus Vaccine? Catholic Church Says Yes. The Inquisitr News.
www.inquisitr.com/1593224/kenyan-doctors-find-anti-
fertility-agent-in-tetanus-vaccine-catholic-church-says-yes/
[46] Liu, R., Li, X., Xiao, W. and Lam, K.S. (2017) Tumor-Targeting Peptides from Combinatorial Libraries. Advanced Drug Delivery Reviews, 110, 13-37.
doi.org/10.1016/j.addr.2016.05.009
[47] Zhang, X. and Xu, C. (2011) Application of Reproductive Hormone Peptides for Tumor Targeting. Current Pharmaceutical Biotechnology, 12, 1144-1152.
doi.org/10.2174/138920111796117427
[48] Rivero-Muller, A., Vuorenoja, S., Tuominen, M., Waclawik, A., Brokken, L.J.S., Ziecik, A.J., et al. (2007) Use of Hecate-Chorionic Gonadotropin Beta Conjugate in Therapy of Lutenizing Hormone Receptor Expressing Gonadal Somatic Cell Tumors. Molecular and Cellular Endocrinology, 269, 17-25.
doi.org/10.1016/j.mce.2006.11.016
[49] Konishi, I., Kuroda, H. and Mandai, M. (1999) Review: Gonadotropins and Development of Ovarian Cancer. Oncology, 57, 45-48. doi.org/10.1159/000055274
[50] Talwar, G.P. (2011) Progress in Vaccinology. In: Talwar, G.P., Ed., Springer-Verlag, Berlin and Heidelberg GmbH & Co. K.
[51] Lonergan, P., Forde, N. and Spencer, T.E. (2016) Progesterone and Conceptus-De- rived Factors Important for Conceptus Survival and Growth. Animal Reproduction, 13, 143-152.
doi.org/10.21451/1984-3143-AR867
[52] Andersen, C.Y. and Andersen, K.V. (2014) Improving the Luteal Phase after Ovarian Stimulation: Reviewing New Options. Reproductive BioMedicine Online, 28, 552-559.
doi.org/10.1016/j.rbmo.2014.01.012
[53] Andersen, C.Y., Fischer, R., Giorgione, V. and Kelsey, T.W. (2016) Micro-Dose hCG as Luteal Phase Support without Exogenous Progesterone Administration: Mathematical Modelling of the hCG Concentration in Circulation and Initial Clinical Experience. Journal of Assisted Reproduction and Genetics, 33, 1311-1318.
doi.org/10.1007/s10815-016-0764-7
[54] Macklon, N.S. (2002) Conception to Ongoing Pregnancy: The “Black Box” of Early Pregnancy Loss. Human Reproduction Update, 8, 333-343.
doi.org/10.1093/humupd/8.4.333
[55] Talwar, G.P., Singh, O.M., Gupta, S.K., Hasnain, S.E., Pal, R., Majumbar, S.S., et al. (1997) The HSD-hCG Vaccine Prevents Pregnancy in Women: Feasibility Study of a Reversible Safe Contraceptive Vaccine. American Journal of Reproductive Immunology, 37, 153-160.
doi.org/10.1111/j.1600-0897.1997.tb00207.x
[56] Rabaut, M. (2016) The Eliminate Project—Kiwanis Eliminating Maternal/Neonatal Tetanus.
sites.kiwanis.org/Kiwanis/en/theELIMINATEproject/home.aspx
[57] Roper, M.H., Vandelaer, J.H. and Gasse, F.L. (2007) Maternal and Neonatal Tetanus. The Lancet, 370, 1947-1959.
doi.org/10.1016/S0140-6736(07)61261-6
[58] Demicheli, V., Barale, A. and Rivetti, A. (2015) Vaccines for Women for Preventing Neonatal Tetanus. In: The Cochrane Collaboration, Ed., Cochrane Database of Systematic Reviews, John Wiley & Sons, Ltd., Chichester.
[59] Elimination of Maternal and Neonatal Tetanus|Health. In: UNICEF.
www.unicef.org/health/index_43509.html
[60] WHO|Maternal and Neonatal Tetanus (MNT) Elimination. In: WHO.
www.who.int/immunization/diseases/MNTE_initiative/en/
[61] Bryant, L., Carver, L., Butler, C.D. and Anage, A. (2009) Climate Change and Family Planning: Least Developed Countries Define the Agenda. Bulletin of the World Health Organization, 87, 852-857.
doi.org/10.2471/BLT.08.062562
[62] AgriQ Quest, Ltd. (2015) Presentation [PowerPoint in PDF format] to Joint Committee of Experts on Tetanus Toxoid Vaccine Testing. Nairobi, 1-14.
[63] AgriQ Quest Ltd. Laboratory Analysis Report for the Health Commission, Kenya Conference of Catholic Bishops, Nairobi. Nairobi, 1-20.
[64] AgriQ Quest Ltd. (2015) Laboratory Analysis Report for the Joint Committee of Experts on Tetanus Toxoid Vaccine Testing: The Ministry of Health and Kenya Catholic Health Commision. Nairobi, 1-32.
[65] Szabo, A. (1958) “Deiknymi’ [Greek δεiκνυμι] as a Mathematical Expression for “to Prove” [Deikniymi, als mathematischer Terminus für beweisen]. Maia, 106-131.
[66] USAID Family Planning Program Timeline: Before 1965 to the Present|US Agency for International Development.
www.usaid.gov/what-we-do/global-health/family-planning/
usaid-family-planning-program-timeline-1965-present
[67] (2016) Planned Parenthood. Wikipedia, the Free Encyclopedia.
en.wikipedia.org/w/index.php?title=Planned_Parenthood&oldid=732513881
[68] Population|United Nations.
www.un.org/en/sections/issues-depth/population/index.html
[69] National Security Council (1975) National Security Study Memorandum 200: The Kissinger Report. 123.
en.wikipedia.org/w/index.php?title=National_Security_
Study_Memorandum_200&oldid=651294288
[70] National Security Council. NSSM 200 The Kissinger Report: Implications of Worldwide Population Growth for U.S. Security and Overseas Interests; The 1974 National Security Study Memorandum. Declassified December 31, 1980, Released to Public 1989. Suzeteo Enterprises; 2014.
[71] Gates, B. (2010) Bill Gates: Innovating to Zero!|TED Talk|TED.com.
www.ted.com/talks/bill_gates
[72] WHO Special Programme of Research. Fertility Regulating Vaccines?: Report of a Meeting between Women’s Health Advocates and Scientists to Review the Current Status of the Development of Fertility Regulating Vaccines, Geneva, 17-18 August 1992. World Health Organization, Geneva, Report No. 49117.
www.who.int/iris/handle/10665/61301
[73] Higgins, A.G. (2010) Gates Makes $10 Billion Vaccines Pledge—Boston.com. In: boston.com. archive.boston.com/business/technology/articles/2010/01/29/gates_makes_10_billion_vaccines_pledge/
[74] Bill and Melinda Gates Pledge $10 Billion in Call for Decade of Vaccines|Bill & Melinda Gates Foundation—Bill & Melinda Gates Foundation.
www.gatesfoundation.org/Media-Center/Press-Releases/2010/
01/Bill-and-Melinda-Gates-Pledge-$10-Billion-in-Call-for-Decade-of-Vaccines
[75] Engelman, P.C. (2011) A History of the Birth Control Movement in America. Praeger, Santa Barbara.
[76] Margaret Sanger: The Mike Wallace Interview.
www.hrc.utexas.edu/multimedia/video/2008/wallace/
sanger_margaret.html
[77] NOW with Bill Moyers. Transcript. Bill Moyers Interviews Bill Gates. 5.09.03|PBS. NOW: Science & Health.
www.pbs.org/now/transcript/transcript_gates.html
[78] World Health Organization (2006) Tetanus Vaccine: WHO Position Paper. Weekly Ep-idemiological Record, 81, 197-208.
[79] Despite Progress, NT Elimination Efforts Need Stepping up. International/Neonatal Tetanus. Vaccine Wkly, 12-13.
[80] Tetanus Vaccine May Be Laced with Anti-Fertility Drug. International/Developing Countries. Vaccine Wkly, 9-10.
[81] Clark, G. (2015) David Morley and Dr. John Button: Just $2.18 Can Save a Baby from an Awful Death|The Province. The Province. British Columbia.
blogs.theprovince.com/2015/04/25/david-morley-and-
dr-john-button-just-2-18-can-save-a-baby-from-an-awful-death/
[82] England, C. (2014) Fertility Regulating Vaccines. In: The Liberty Beacon.
www.thelibertybeacon.com/tag/fertility-regulating-vaccines/
[83] Talwar, G.P. (1988) Birth Control Vaccine. US4780312 A.
www.google.com/patents/US4780312
[84] Galazka, A.M. (1993) The Immunological Basis for Immunization Series, Module 3: Tetanus. World Health Organization.
[85] Pletz, J., Sánchez-Bayo, F. and Tennekes, H.A. (2016) Dose-Response Analysis Indicating Time-Dependent Neurotoxicity Caused by Organic and Inorganic Mercury—Implications for Toxic Effects in the Developing Brain. Toxicology, 347-349, 1-5.
doi.org/10.1016/j.tox.2016.02.006
[86] Hunt, D.L., Rai, S.N. and Li, C.-S. (2008) Summary of Dose-Response Modeling for Developmental Toxicity Studies. Dose-Response, 6.
doi.org/10.2203/dose-response.08-007.Hunt
[87] Guimaraes, L.E., Baker, B., Perricone, C. and Shoenfeld, Y. (2015) Vaccines, Adjuvants and Autoimmunity. Pharmacological Research, 100, 190-209.
doi.org/10.1016/j.phrs.2015.08.003
[88] Poland, G.A., Kennedy, R.B., McKinney, B.A., Ovsyannikova, I.G., Lambert, N.D., Jacobson, R.M. and Oberg, A.L. (2013) Vaccinomics, Adversomics, and the Immune Response Network Theory: Individualized Vaccinology in the 21st Century. Seminars in Immunology, 25, 89-103.
doi.org/10.1016/j.smim.2013.04.007
[89] Tomljenovic, L. and Shaw, C.A. (2011) Aluminum Vaccine Adjuvants: Are They Safe? Current Medicinal Chemistry, 18, 2630-2637.
doi.org/10.2174/092986711795933740
[90] Shaw, C.A., Li, D. and Tomljenovic, L. (2014) Are There Negative CNS Impacts of Aluminum Adjuvants Used in Vaccines and Immunotherapy? Immunotherapy, 6, 1055-1071.
doi.org/10.2217/imt.14.81
[91] Shaw, C.A. (2017) Neural Dynamics of Neurological Disease. John Wiley & Sons, Inc.
doi.org/10.1002/9781118634523.refs
[92] Kenya Catholic Doctors Association. Catholic Church Warning: Neonatal Tetanus Vaccine by WHO Is DEADLY and Bad for Women Reproductivity. Kenya Today: News and Analysis. @News.KenyaToday.
www.kenya-today.com/news/catholic-warning-neonatal
-tetanus-vaccine-wto-deadly-bad-women-reproductivity
[93] Kenya. 2016. www.nationsencyclopedia.com/economies/Africa/Kenya.html
[94] 50 States in Square Miles from NETSTATE.COM.
www.netstate.com/states/tables/st_size.htm
[95] Chard, T. (1992) Pregnancy Tests—A Review. Human Reproduction, 7, 701-710.
doi.org/10.1093/oxfordjournals.humrep.a137722
[96] Romero, R., Erez, O., Maymon, E., Chaemsaithong, P., Xu, Z., Pacora, P., et al. (2017) The Maternal Plasma Proteome Changes as a Function of Gestational Age in Normal Preg-nancy: A Longitudinal Study. American Journal of Obstetrics & Gynecology, 217, 67.e1-21.
doi.org/10.1016/j.ajog.2017.02.037
[97] GenWay Biotech, Inc. (2017) Human Chorionic Gonadotropin (hCG) ELISA, Catalog No. 40-101-325020. GenWay Biotech, Inc.
www.genwaybio.com/hcg-elisa
[98] MP Biomedicals (2017) Human Chorionic Gonadotropin (hCG) Enzyme Immu-noassay Test Kit: Catalog Number: 07BC-1027. MP BIOMEDICALS.
www.mpbio.com/includes/technical/hCG%20ELISA,%2007BC1027.pdf
[99] Spengler, M., Adler, M. and Niemeyer, C.M. (2015) Highly Sensitive Ligand-Binding Assays in Pre-Clinical and Clinical Applications: Immuno-PCR and Other Emerging Techniques. Analyst, 140, 6175-6194.
doi.org/10.1039/C5AN00822K
[100] Exeter Clinical Laboratory. Blood Sciences Test: hCG (Human Chorionic Gonadotrophin). Exeter Clinical Laboratory, 2017.
www.exeterlaboratory.com/test/hcg-human-chorionic-gonadotrophin/
[101] abcam. Human Chorionic Gonadotropin Beta ELISA Kit (ab108638). abcam; 2017. www.abcam.com/human-chorionic-gonadotropin-beta-elisa-kit-ab108638.html
[102] Sigma-Aldrich. Human Chorionic Gonadotropin (hCG) ELISA, Catalog Number SE120063. Sigma-Aldrich; 2017. www.sigma-aldrich.com
[103] Roberge, L.F. (1993) Abortifacient Vaccines Loom as New Threat. HLI Reports. 11.11. Gaithersburg, 1-2.
[104] Roberge, L.F. (1995) Abortifacient Vaccines: Technological Update, Hazards, and Christian Response. The Linacre Quarterly, 62, 67-75.
doi.org/10.1080/20508549.1995.11878318
[105] Roberge, L.F. (1996) Abortifacient Vaccines: Technological Update, Hazards, and Pro-Life Appraisal. Faith & Reason. Christendom Press, Front Royal, 109-125.
www.catholicculture.org/culture/library/view.cfm?recnum=3910
[106] Miller, J.A. (2017) Are New Vaccines Laced with Birth-Control Drugs? HLI Reports. 13.8. Gaithersburg.
educate-yourself.org/vcd/vcdvaccineslacedwithbirthcontrol.shtml
[107] Naz, R.K., Sacco, A., Singh, O., Pal, R. and Talwar, G.P. (1995) Development of Contraceptive Vaccines for Humans Using Antigens Derived from Gametes (Spermatozoa and Zona Pellucida) and Hormones (Human Chorionic Gonadotrophin): Current Status. Human Reproduction Update, 1, 1-18.
doi.org/10.1093/humupd/1.1.1
[108] Talwar, G.P., Ed. (1988) Contraception Research for Today and the Nineties. Springer, New York.
link.springer.com/10.1007/978-1-4612-3746-4
doi.org/10.1007/978-1-4612-3746-4
[109] Miller, J.A. (1995) Were Tetanus Vaccines Laced with Birth-Control Drugs? Human Life International, 13.
www.thinktwice.com/birthcon.htm
この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました