未来をモデル化する:「成長の限界」論争の概観
Modelling the Future: an Overview of the ‘Limits to Growth’ Debate

マルサス主義、人口管理官僚主義、エリート、優生学

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1600-0498.2010.00173.x

Modelling the Future: an Overview of the ‘Limits to Growth’ Debate

エロディ・ヴィエイユ・ブランシャールŁ

概要

デニス・メドウズとマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究グループがローマクラブのために作成した「成長の限界」報告書が1972年に発表されると、経済成長と人口増加が長期的にもたらす可能性のある有害な影響と、そのような成長が持続可能かどうかについて大きな議論が巻き起こった。

本稿では、テクノロジーに関するローマクラブ創設者の言説の変遷が、1945年から1970年にかけてのより広範な文化的変遷によってどのように形成されたかを明らかにする。

また、MITの研究者とその反対派が行ったモデリングが政治的なものであり、彼らが生み出したものの多くがイデオロギー、特に技術的なものに大きく影響されていたことを論じる。最後に、数理モデリングが報告書への注目を集める上で果たした役割を考察し、この関心が長期的に維持されなかった理由を考察する。

キーワード

ローマクラブ、人類の未来、成長の限界、数理モデリング


1972年、ローマクラブへの報告書「成長の限界」1が発表され、数理モデルのコンピュータ・シミュレーションから導き出された結論に基づき、人口と経済成長の停止を求めたこの報告書は、大きな議論を引き起こした。実際、この報告書で擁護された考え方は、まったく新しいものではなく、第二次世界大戦後、何人かの著者が独自に発展させてきたものだった。そのような考えは、1960年代末の典型的な「破滅的な作品」の中で、共同で表現されていた。人類に対する地球規模の脅威という概念は、原子爆弾の開発に関連して生まれた(Worster, 1990; Boyer, 1998)。そして、世界的な人口過剰という概念が生まれ、発展途上国での避妊を求める声が高まった。人口過剰はまず動物学者の注目を集めたが、やがて人口学者がこの問題を取り上げ、産業財団の支持を得るようになった。1960年代末までに、人口爆発という概念は、アメリカ社会と国際的な科学・政治界で広く議論されるようになった(Symonds and Carder, 1973)。一方、1962年には、レイチェル・カーソンの『沈黙の春』によって、公害が大きな社会問題として確立された2。また、アメリカでもイギリスでも、技術、人口、消費、汚染の増大が続けば、破滅的な地球規模の災害が起こるとする本が何冊も出版されていた(エーリック夫妻、1968年、コモナー、1971年がその代表的なものである)。これらの見解に対する批判はすでに生じており3、たとえ少数であったとしても、その言説には、後に広範に展開されることになる議論、すなわち、破局論者はあまりにも悲観的であり、生態学的問題を緩和しうる技術的・経済的メカニズムを分析に含めることができなかったという議論がすでに存在していた。

『成長の限界』が出版されると、この論争はより広範な読者に広まった。いくつかのグループや個人が、ローマクラブが提起した問題に取り組むために新しい数学的モデルを構築することで、耐えがたいと考える報告書の結論に対抗することを決めた4。これらの批評家たちは、長期的には成長が可能であることを証明しようとし、少なくとも『成長の限界』の結論を和らげようとした。

本稿の目的は、この議論においてテクノロジーが果たした役割を理解すること: 第二に、技術に対するモデラーの見方は、モデラーの世界観の本質的な側面であり、モデルの決定パラメータに影響を与えた。それは、モデリング事業を通じて彼らが到達した結果やその解釈に大きな影響を与えた。

ここで採用する視点は、特に数理モデリング、そしてモデリング全般を、文化的文脈に根ざした政治的活動であり、世界についての信念を運ぶものであるとみなす概念に依拠している。この考え方は、数学的な基礎を持つがゆえに、数学的モデリングを純粋に合理的な活動とみなす一般的な見方とは対照的である。また、検証可能な仮説から結論を導き出すため、あるいは特定の問題を解決するための最良の選択肢を科学的に決定するためにモデルやシミュレーションを用いると主張するモデラーたちの言説5とも対照的である。そこで本稿では、このような認識されている概念に対処する試みとして、モデリングが果たす様々な機能について考察し、特に、モデリングは単に自然現象や社会現象の理解を助けるだけでなく、理論と現実の中間的な対象として機能するという事実を主張する。また、特定のバイアスを暗示する特定の方法論を好む6。

第一部では、ローマクラブの創始者であるアウレリオ・ペッチェイによって展開された技術に関する概念を検証し、彼の概念が西洋社会におけるより広範な文化的進化にまで遡り、これらの概念がローマクラブによって使用された世界モデルにどのように統合されたかを調査する。また、ローマクラブが最初の報告書において、どのようにして特定のモデル化技術を選択するに至ったかを検証する。第2部では、ローマクラブの報告書に対する批判的な反応と、それに代わるモデル化アプローチについて論じる。特に、ローマクラブとその批評家たちが信奉した技術進歩の異なる概念、これらの概念が数学的パラメータや方程式に変換されたかどうか、そして主人公たちがどの具体的なモデリング・アプローチを選択したかに注目する。これらの選択は、特定の哲学的・政治的立場と関連づけることができる7。

1. ローマクラブが用いた世界モデル

「成長の限界」報告書は、その発表後、多くの反対に直面した。政治的左派と多くの第三世界諸国は、ローマクラブの手法があまりにも技術主義的であると非難し、ローマクラブ自体も、貧しい人々に対する富裕国の優位性を強化しようとしていると非難した。裕福な国のエコノミストたちは、経済成長に歯止めをかけるという考え方は受け入れられないと考えた。実業家によって設立され、銀行家やOECDの代表者8を含む、現代経済に深く関わる人々のグループが、なぜ長期的な産業成長の危険性を主張する報告書を発行できたのだろうか。この疑問に対する答えを見つけるためには、1960年代に発展し、ペッチェイの組織設立の原動力となった、人間と自然環境との関係や、人類の進化においてテクノロジーが果たした役割に関するペッチェイの観念の発展を分析する必要がある。ローマクラブが論争の末に最終的に採用した手法とコンピューターモデルの選択は、ペッチェイの影響を大きく受けていると思われる。ペッチェイは、このモデルによるシミュレーションの結果を、世界の将来に対する彼の懸念の裏付けとみなしたのである(Moll, 1991)。

1.1 技術に関するペッチェイの概念の発展

1908年生まれのペッチェイは、人生の大半を産業開発プロジェクトに捧げたイタリアの実業家として成功した。フィアットの重役として中国やアルゼンチンに派遣され、国鉄や電話システムのインフラ整備に大きく貢献したほか、1950年代には初の「アルゼンチン・トラクター」の製造を促進し、農業の近代化に貢献した。その後、第三世界の産業発展を促進することを使命とするコンサルティング会社、イタルコンサルトを設立した。1960年代には、オリベッティ社の指揮を3年間執った。ペッチェイは、オリベッティが直面した深刻な経済問題を解決し、会社を軌道に乗せるために雇われた。

ペッチェイの著作には、欧州経済共同体によって実現した自由貿易体制に対する彼の称賛の念が表れている。1950年代の終わりまで、彼は工業化の美徳と、全世界に繁栄と社会的解放をもたらす工業化の能力を信じていたようだ(Peccei, 1977; Pauli, 1987)。しかし、彼が、工業化の恩恵が公平に分配されていない世界の地域間や最貧国の内部における大きな不平等が、世界の地政学的均衡を脅かしかねない状況を生み出していると感じ始めたのもこの頃であった(Peccei, 1977, pp.71-72)。

1965年と1966年、ペーチェイは「今日の世界に対する1970年代の挑戦」(Peccei, 1965)と題する一連の講演を行った。講演の中で彼は、貧しい国々、特にラテンアメリカ諸国の状況を憂慮していた。「先進国」と「低開発国」の間だけでなく(低開発国は工業化の道を歩むのに必要な基本的インフラを所有していなかったからである)、アメリカとそれ以外の先進国の間でもである。この「技術格差」という概念は、フランス人のピエール・コニャールによって形成されたもので、当時、ヨーロッパとOECDで盛んに議論されていたテーマであった(Cognard, 1965)。ペッチェイは、「1970年代の挑戦」をテーマにした講演の中で、特にアメリカにおけるコンピューター技術の発展と、それが社会全体に及ぼす影響、そして産業界における効率的な経営の可能性に魅了されているように見えた。

同時に、彼は技術発展の速さへのこだわりも示した。技術革新のスピードは前例のないレベルに達しており、彼の目には制御不能と映った。彼は、科学技術の軍事的利益への傾倒は非常に危険であると考えた。ペッチェイによれば、技術開発には軍事以外の「調整役」が必要であった(Peccei, 1965, p.11)。しかし、彼は依然として、当時の最大の問題(核の危険、人口過剰、飢餓)の解決は技術的成果に依存していると考えていた。

1969年、ペッチェイは『前途の裂け目』という本を書き、その中で、後に世界モデルの最初のバージョンで使われることになる多くのデータを提供した。この本の中でペッチェイは、技術格差とそれを速やかに解消しないことの危険性についての見解を繰り返した。同時に、技術開発がもたらす結果に対する彼の懸念は先鋭化した。ペッチェイは、「人口、汚染、エネルギー放出、スピード、自動化、その他技術によって革命化された重要な領域で起きている、指数関数曲線に沿って急速に臨界最大値に近づく驚異的な増加」(Peccei, 1969, p.xiv)の危険性に対する不安を強調した。『成長の限界』報告書の基本的な仮説はすでに明らかになっていた。

彼の主張の明らかな矛盾(第三世界とヨーロッパ諸国の進歩による技術格差の解消を求める一方で、過度に急速な技術革新の危険性を表明している)は、後に出版された自伝的著書(Peccei, 1977)における告白によって説明できるかもしれない。そこでは、1969年に出版した著書の大部分を技術格差の問題に割くことにしたのは、それが当時ヨーロッパで流行していた話題であったためであり、そうすれば人々がこの本を買ってくれるだろうと考えたからだ。と述べている9。

技術そのものやそれがもたらす産業発展が人類という種に対する脅威であるという考えは、ローマクラブのメンバーのような経歴を持つ人々には一般的に支持されなかった。このような考え方は、1960年代初頭からアメリカの「環境運動」の代表者たちによって形成されたものであり、ローマクラブが設立された当時、ようやくヨーロッパに届き始めたばかりだった(Vadrot, 1978)。

第二次世界大戦後、地球規模の完全破壊という考え方が最初に登場したのは原子物理学の世界であった。それは、人類社会の未来が原子爆弾の存在によって脅かされると考えられていたため、軍拡競争に反対する激しい抗議を巻き起こした10。同じ頃、国連が設立され、世界統計が発展したことで、人類を共通の未来を持つ地球的存在とみなす考え方も生まれつつあった(Symonds and Carder, 1973; Ve´ron, 2001)。特に世界人口統計は、急激な人口増加のリスクに注目させ、それが人類にとっての危険とみなされるようになった。1948年、動物生態学の2人の専門家、フェアフィールド・オズボーンとウィリアム・ヴォーグトは、世界人口の増加と資源の採掘がますます加速することの矛盾を強調した。彼らの著書のタイトルは、憂慮すべき論調を反映していた: オズボーン著『略奪された地球』、ヴォクト著『生存への道』である。1957年に国連が発表した人口予測は、1954年の予測を大幅に上回ることが判明し、人口学者たちは「人口爆発」について語り始めた(Lassonde, 1993-1994)。米国と国連(UN)がスポンサーとなった最初の家族計画プログラムが策定されたのは1965年頃で、ローマクラブが設立された当時、人口増加を食い止める必要性は、西側諸国の政策立案者、国連関係者、実業家たちが共有していた感情であった。

人口増加、技術革新、天然資源の間の緊張関係に焦点を当てたこの考え方は、バリー・コモナーやレイチェル・カーソンのような科学者が主導する環境思想や環境運動の発展の基盤となった(Egan, 2007)。地球という惑星は有限であるという概念が広まり、環境運動の言説は、バーバラ・ウォードが作り、ケネス・ボールディングが広めた「宇宙船地球号」のような比喩的イメージに大きく依存した(Boulding, 1966)。1970年頃、何人かの著者が、人口増加、汚染、資源の枯渇、テクノロジーの無秩序な発展といった現在の世界的傾向が続くことの大きな危険性を述べた。彼らは、地球規模の破局を回避するためには、こうした傾向から脱却する必要があると主張し、とりわけ先進国における経済成長フェティシズムを批判し、定常経済への移行を主張した(Cole, 1968; エーリック夫妻, 1968; Commoner, 1971)。これらの著者は主に学者であり、生命科学の専門家であった。1970年4月の第1回アースデイ(環境問題に注意を喚起するための全国的なティーチ・イン・デイ)の開催に決定的な役割を果たした(McCormick, 1989)。

ヨーロッパでは当時、エコロジーに関する言説はほとんど「保護主義」的なものであった:

彼らは世界の政治的・経済的進化全体を取り上げるのではなく、公園や保護区のような特定の地域を人間の活動から保護することに焦点を当てていた(Vadrot, 1978)。しかし、フランスのパイオニアであるガストン・ベルジェとベルトラン・ド・ジュヴネルに影響を受けたヨーロッパの未来学者たちの間には、先進国社会が経済成長を重視していることを批判し、未曾有の技術革新によって不安定化したこの時代に、現在を啓発するために未来を調査する必要性を強調する傾向があった11。

ペッチェイはベルトラン・ド・ジュヴネルを個人的に知っており、1967年9月にオスロで開催された「第1回国際未来研究会議」で、ヨーロッパの著名な未来学者たちに会っていた(Moll, 1991, p. 149)。彼と、パリの欧州生産性庁の科学者兼科学管理者であったアレクサンダー・キングが、後のローマクラブの構想を練ったときの彼らの言説は、彼らのビジョンと一致していた。彼らは、人口増加、汚染、エネルギー消費、自動化といった要因を、アメリカから広まった技術革命の結果であると考えた(Peccei, 1969)。ペッチェイとキングにとって、これらの要因は潜在的に人類を脅かしていたのである(King, undated)。

1.2 モデリング手法の選択

ペッチェイとキングは、クラブの明確な目的である望ましい未来に向けて人類の進路を意識的に再指向させるためには、現存するさまざまなマクロ問題を個々に理解するとともに、それらの相互作用を理解することが不可欠であると考えた。ペッチェイとキングは、事業開始当初から、人類の進化を支配している傾向の理解を容易にし、認識されている問題から抜け出す道を見つける助けとなるような計画手法を開発し、適用することを決めた。オーストリアの天体物理学者で、技術予測分野の専門家であり、OECDのコンサルタントでもあったエーリック・ヤンシュは、このようなアプローチの必要性を説いた報告書を最初に作成した(Jantsch, 1968)。彼の報告書は、1968年4月にローマでペッチェイが招集したクラブ創設会議のために作成された。モルによれば、ヤンシュは人間社会の「無秩序な成長」がもたらす「不安定性」を扱った。そのため、人類は自らの運命と地球全体の運命をコントロールできる立場にあった。この最初の報告書は、1972年の有名な報告書の基本的な結論の一部を予見させるものであった。ヤンシュは、カリフォルニアのシンクタンクの手法を、人類のためのグローバルで長期的な計画事業に応用することを提案した(Moll, 1991, p. 63)。ローマクラブの設立総会での報告書の発表は、あまり成功しなかった。会議に出席していた多くの人々、著名な未来学者、科学者、実業家、全員が将来ローマクラブの会員になる可能性のある人々には、この報告書はよく理解されず、また適切だとも思われていなかった。しかし、ペッチェイとキングを中心とする小さなグループは、このプロジェクトを継続することを決め、改良を提案した。グループに加わっていたトルコ人のサイバネティシャン、ハサン・オズベカンは、クラブが扱いたい問題の束を指すプロブレマティーク」という概念を導入した。この概念は直ちに採用され、『成長の限界』報告書の中心となった(Moll, 1991)。ローマクラブの主要メンバーは、自分たちが調査しようとする問題の特別な性格を表すのに、この用語がふさわしいと考えた。

第一に、これらの問題は長期的な特徴を持つため、選挙サイクルの中で解決することはできない。第二に、これらの問題は世界的な規模を持つため、個々の国の中で解決することはできない。第三に、これらの問題は相互作用する「問題のクラスター」を構成するため、個別に考えることはできない。そして第三に、これらの問題は相互に影響し合う「問題のクラスター」を構成しているため、個別に考えることはできないのである。

「プロブレマティーク」は、この長期的かつ地球規模の問題の抜き差しならない網の目を要約したものである。しかし、クラブ創設メンバーの間では、この問題に取り組むべきは国レベルなのか、地域レベルなのか、それとも地球レベルなのかという議論があり、最も包括的な地球レベルで取り組むべきという結論に達した。このアプローチが意味する最初の課題は、そのようなグローバル・システムにとって最も重要な変数の定義である(キング、未発表)。

オズベカンは、1968年から1970年にかけて、ローマクラブ内でこのような方法論的な問題を担当し、モデル化プログラムの提案を練り上げたが、これは実際に実施されたものと比較すると、非常に野心的なものであった(Ozbekhan, 1970, pp.25-31)。ローマクラブに参加する以前、彼は生態学的な問題を扱い、人類が生物学的環境とのバランスを回復するための重要な手段として計画を構想していた。彼にとって、ペーチェイと同様に、計画は探索的なものではなく、規範的な道具であった。さまざまな仮説から導き出されるさまざまな可能性のある未来を探索するのではなく、計画は、あらかじめ定義された状況を実現する方法、あるいは逆に、問題のある状況を回避する方法を示すものであった(Ozbekhan, 1968)。オズベカンはローマクラブの準備文書(Ozbekhan, 1970)の中で、「人間の苦境」を解決するのに役立つような方法について述べている。この方法は、将来の発展をシミュレートする一つ以上の「モデル」に依存するものである(オズベカンは、これらのモデルが数学的なものであるかどうかは明言していない)。彼にとってシミュレーションの主な目的は、人類が直面しているさまざまな「連続的な危機的問題」の間の関係に光を当てることであった(Ozbekhan, 1970, pp.14-16)。オズベカンは、これらのモデルの構築に関連すると考えられる特徴を示した。その構造は固定されたものではなく、世界の統治機関の政策や勧告に従って、絶えず再発明され、改訂されていくものであろう(Ozbekhan, 1970, pp.26-29)12。

オズベカンのアイデアは魅力的ではあったが、漠然としすぎていた。ドイツのフォルクスワーゲン財団から資金援助を受ける資格はなかった。1970年6月にベルンで開催されたローマクラブの会合で、クラブのメンバーは別の方法論を希望することを表明した: ジェイ・フォレスターのシステム・ダイナミクス・アプローチである。この手法は、1950年代末からMITで盛んに行われていた「インダストリアルダイナミクス」プログラムから生まれたものであった(Forrester, 1961)13。ジェイ・ライト・フォレスターは、インダストリアルダイナミクスを、経営者や学生14が管理しなければならない産業システムを理解し、解決しなければならない重要な問題を特定できるようにするための教育ツールとして設計した。フォレスターは、管理者が使用するモデルを設計でき、管理するシステムの挙動を探るためにモデルを修正できることが不可欠であると考えた。彼の方法論は予測ツールとしてではなく、むしろマネジャーとその会社の間の親密度を高め、問題の管理を最適化するのに役立つツールとして考えられた(Thomas and Williams, 2009)。1960年代末までに、フォレスターはその方法論を都市問題に適用した(Forrester, 1969)。

この手法は、一見するとローマクラブのプロジェクトには不適切に思えるかもしれない。この手法は、主にシステマティックなモデリングとして提案されたものであり、マネジャーのための実用的なツールとして、定量的な結果を得るための手法として提案されたものではなかった(Thomas and Williams, 2009)。しかし、このアプローチはオズベカンの提案よりもコストがかからず、「世界の問題点」に適用しやすいと思われた。フォルクスワーゲン財団は、このプロジェクトに資金を提供することに同意した。フォレスターは、ローマクラブの「執行委員会」が夏の間にマサチューセッツ工科大学(MIT)を訪れ、そこでモデルの第一稿に関する研究を発表することを提案した(Moll, 1991, pp.78-81)。

このグループがマサチューセッツ州ケンブリッジに到着したとき、フォレスターはすでに「World1」と「World2」と呼ばれる2種類の数学的世界モデルを構築していた。世界モデルの主要変数は、人口、工業生産、農業生産、汚染、資源であった。モデルの構造は、関連する変数とそれらが他の変数に与える影響を表すように選ばれた(図1)。「世界システム」の進化を記述する方程式は、2つの基本的な仮定に翻訳された。すなわち、世界の人口と生産は、その増加を止めるために何もしなければ指数関数的に増加するという仮定と、資源と汚染を吸収する能力には限りがあるという仮定である。モデルの挙動は、世界の人口と生産を安定させなければ、世界システムは崩壊することを示していた(図2)。

この視察の後、マサチューセッツ工科大学(MIT)の若手経営研究者デニス・メドウズが率いる科学者チームは、モデル「World2」の改良に着手した。World2モデルで使用されたものよりも、より詳細で優れたデータを基にシミュレーションを行うことが、このチームの野望であった。モデルのパターンとシミュレーション結果は、フォレスターがモデル「World2」で示したのと基本的に同じ挙動を示した。

1.3 世界モデルと限界報告の構造

システム・ダイナミクス・アプローチは、特に生産工程に必要な資材の在庫管理などの在庫問題を扱う産業応用のために開発された. その結果、特に相互に関連する在庫の有形変数の推移を表現しやすく、特に金銭授受のような経済変数は考慮されなかった。World3においても、経済変数は存在しなかった。主なストック変数は、人口、設備投資、食糧、再生不可能な天然資源、汚染であった。これらの変数の変動は、流入と流出に依存しており、それ自体が補助変数に依存していた。

図1 World2モデルの全体図

図2 World2モデル(「オーバーシュートと崩壊」)の基本動作

一連の変数間の複雑な関係を明らかにした図は、『限界』報告書に掲載されている。フォレスターの著書『ワールド・ダイナミクス』では、変数が大幅に少なくなったため、同じような図に、各変数の進化が他の変数にどのように依存するかを正確に記述した方程式が添えられていた(図3)。World3モデルの方程式は、1974年に発行されたモデルの技術報告書に印刷されている(Meadows, 1974)。これらの方程式は、任意の時間tのすべての関連する変数の値によって、時間ステップt C 1またはt C p, p ½ 2での各変数の値の発展を記述した。これらは離散微分方程式を表していた。

World DynamicsとLimits to growthのレポートの中核をなすのは、World 2とWorld 3というモデルによる一連の計算であり、その結果は図表で示されている。これらのグラフは、1900年から2100年の間における最も関連性の高い変数の推移を示している。1900年から1970年の期間は、これらの変数の歴史的変動を示している。システムの「基本的な挙動」を表す最初のモデルの実行は、約50年以内に世界システムの「オーバーシュートと崩壊」を示した。この実行に基づくグラフは、変数「人口」、「一人当たり工業生産高」、「一人当たり食糧」の内訳を示している(図4)。次の実行では、技術的向上がシステムの発展に及ぼす影響を探った。技術的改善は、システムの構造の変化ではなく、この構造内のいくつかのパラメータと関係の変化によって表された。例えば、リサイクル技術がこの期間に進歩するという仮定は、0時点の変数「資源」の2倍によって換算された。公害防止メカニズムの発展という仮定は、変数「生産」と変数「公害」の関係を弱めることによって換算された。しかし、システムの崩壊は、ある変数の指数関数的な成長と、他の変数の固定的な性質(たとえば資源)の間の不適合によって引き起こされ、また、技術進歩に関する最も楽観的な仮定でさえ、成長過程の指数関数的な性格を変えることができなかったため、システムの挙動は本質的に変わらず、必然的な崩壊は遅れるだけであった(図5)。

図3 World3モデルの全体図

図4 World3モデルの基本的挙動(「オーバーシュートと崩壊」)

図5 無限の資源と汚染制御を仮定した場合のWorld3モデルの挙動

このようなモデルの振る舞いから、著者たちは、技術は環境問題に直面するのに役立ち、また必要であるが、技術の進歩だけでは崩壊を避けることはできないと主張した。人口と資本投資の安定化を仮定することだけが、崩壊を回避し、長期的に満足のいく生活水準を確保することにつながった(図6)。『成長の限界』の世界モデルでは、工業生産、資源の枯渇、公害が幾何級数的に進行するのに対して、技術進歩は算術級数的にしか進行しない15。この表現は、ペッチェイが多くの問題の原因と考えた急速な技術変化の考え方とは対照的である16。

モデル化アプローチの中心は、システムで定義されるすべての変数を結びつけるシステム的視点であった。その結果、どのような行動も他のすべてのシステム構成要素に影響を及ぼすため、個々の問題を個別に扱うことはできなかった。すべての問題を同時に検討し、処理しなければならなかった。たとえば、ある技術的改良が資源問題のような特定の問題を解決すると仮定した場合、モデルの動作は、この問題がしばらくの間解決されたように見えるが、同時に他の問題を生み出す変化を意味することを示した。資源問題のもっとも妥当な解決策は、大規模な新資源の発見であろう。これは工業生産の増加に火をつける可能性があり、その結果、深刻な影響を及ぼす可能性のある新たな汚染問題を引き起こすことになる。

図6 安定化を仮定したWorld3モデルの挙動

このような複雑な相互作用を定義することによって、システム・ダイナミクス・アプローチは、シミュレーションから導き出される結論をある程度形づくった。モデラー自身もそうであった。ローマクラブの世界モデルのようなモデルは、探索的であり、将来起こりうる展開の広い空間を作り出していた。利用者は、モデルを再び実行させようとするたびに、関数のパラメーターの修正を考案しなければならなかった。この修正範囲は基本的に無限であった。各パラメーターや関数を変更することができ、変更を組み合わせることもできた。シミュレーションから浮かび上がったのは、世界システムの特定の挙動であった。2つの報告書の著者は、このシナリオは崩壊につながるのか、それとも持続可能な未来(今日で言うところの)につながるのか、という二者択一の問いに照らして解釈した。人類社会にとって実行可能な唯一のシナリオは、持続可能な未来が達成され、崩壊が回避されるシナリオであった(Forrester, 1971, pp.112-122; Meadows et al ., 1979, pp.156-184)。

2. 技術のモデル、モデリングの技術

1972年、『限界』報告書の発表は、特に経済学者や技術開発の専門家の間で激しい反応を引き起こした。本節では、単に報告書の結論やローマクラブの社会組織を批判するのではなく、ローマクラブ自身が使用した世界モデルを考察した、報告書に対する4つの反応に焦点を当てる。これらの反論は、代替モデルを開発・適用した4人の異なる科学者または科学者グループによって発表された。報告書に対する反応として最も影響力のあるものであり、モデリングに焦点を当てていること、そしてそれぞれが成長に関する議論における特定の利害を証言していることから、これらを選んだ。関係者・団体は以下の通り:

(1) ローマクラブ・モデルに対する広範な批判的レビューを発表したサセックス大学の科学政策研究ユニット(SPRU)(Cole et al . 3)アルゼンチンのバリローチェ財団の第三世界諸国の社会科学者のチーム(エレラ、1976)は、リミッツの結論に対抗するために代替の数学的モデルを構築した、(4) アメリカの経済学者でカウンターズ委員会のメンバーであるウィリアム・ノードハウス(ノードハウス、1992)。

これらのグループそれぞれについて、技術に関する言説がモデリング手法の選択にどのような影響を与えたか、また特定の関心事が特定のモデリング技術(あるいはいずれにせよ特定の仮定や議論)の選択にどのような影響を与えたかを検証する。『リミッツ』報告書に対する反応は実にさまざまだった。ローマクラブが提起した一般的な問題は、上記のすべての批評において、そのグループが採用した視点によって異なる形で取り上げられている。分析は、次のような疑問によって組み立てられる:

  • グループは数学的モデルを作成し、世界レベルでの人類の活動を表現するために体系的な視点を用いたか?
  • そのモデルは、質的な行動を記述し、質問に対する個別的な答え(イエス/ノー)を提供したか、あるいはプロセスを定量化し、数値を計算したか。
  • モデルは探索的な性格を持つのか、それとも規範的な性格を持つのか。
  • どの変数が考慮され、どの変数が考慮されなかったか、また考慮された変数の中で最も重要な役割を果たしたのはどれか。

2.1 SPRUの批評

イギリスのサセックス大学の科学政策研究ユニット(Science Policy Research Unit)は、『限界』報告書で扱われているのと同様の問題を扱っていた。SPRUは左翼的な組織と考えられていた。SPRUはモデリングに関心を持っていたが、World1からWorld3までのモデルを開発したMITのシステム・ダイナミクス・グループのように、単一の方法論に固執していたわけではなかった。SPRUの批評は、社会科学者、主に経済学者、物理学者、心理学者、その他の分野の専門家からなるチームの仕事であった。SPRUの科学者たちは、World2とWorld3のモデルの綿密な調査と、彼ら自身のモデルの実行に基づいて批評を行った。これらのモデルの構造に関する情報は、1972年9月にMITのチームから送られた詳細な技術報告書から得ることができた(この報告書は1974年になってから出版された、Meadows et al.) この報告書はまた、MITの事業の技術的側面に焦点を当て、World2モデルが1900年以前の実際の歴史的傾向に適合していないことを示すと主張する後方シミュレーションを行った(Cole et al ., 1973, pp.108-134)だけでなく、イデオロギー的側面にも焦点を当て、ローマクラブの言説の「技術主義的」偏向を主張した(Cole et al ., 1973, pp.192-208)。

技術的批評の主要部分は、1人か2人の著者がモデルのさまざまな部門について論評する章で構成されていた。それぞれの評論は、世界モデルの基礎となる仮定が悲観的すぎると批判した。サセックス大学のチームは、エネルギーと再生不可能な資源、すなわち世界モデルの資源のカテゴリーに相当する2つのカテゴリーについては、探査されていない埋蔵量が多く、技術進歩によって将来的に非常に低品位の鉱石をそれほどコストをかけずに採掘できるようになるため、物理的な限界を考慮するのは無意味であると主張した。農業の場合にも、「土地開発技術や植物品種の技術的進歩が続き、世界規模で農業資源が合理的に利用される」可能性があるとして、投資収益逓減仮説が批判された(Cole et al.) 資本・工業生産部門は、あまりに硬直的で、技術的・経済的進歩を公正に統合することができないとみなされた。公害部門は、不十分なデータから一般的な法則を確立し、緩和の技術的・政治的可能性を考慮していないとして批判された。制限値が存在するとしても、それは政治的、経済的なもので、物理的な根拠はないと何度も主張された。

SPRUの科学者たちは、ローマクラブが提起した問題に対する認識を根本的に変える、異なる技術概念を持っていた。物理学者のヒュー・コールと数学者・統計学者のレイモンド・カーノーは、いくつかの重要な仮定に対する感度をテストするために、MITの世界モデルの修正を提案した(Cole et al.) まず、これらの修正は、World3 よりも複雑度の低いWorld2のモデルに適用された。このモデルには、天然資源の発見率を年率2%、1970年以降の汚染物質の排出をコントロールする技術力を年率2%、食糧生産量を年率2%増加させることが含まれていた。これらの修正により、システム崩壊の潜在的原因はすべて取り除かれた。また、いくつかの変数が固定的な性質を持ち、他の変数が指数関数的に成長するという仮定も排除した。その結果、モデルのシミュレーションでは、少なくとも200年間は問題なく成長することが認められた。ColeとCurnowは、モデルWorld3の修正も提案したが、これはより複雑なものであった。それは、ある変数が別の変数に依存することを表すルックアップテーブルの変更であった。特筆すべきは、資源に制限がないと仮定したため、「残りの資源ストック」という変数を完全に削除したことである。その代わりに、リサイクル資源を含む資源供給の総年数を表す変数を追加した。この変数は、技術的可能性だけに依存し、先験的なストックには一切関係しない。つまり、例えばリサイクル技術が大幅に向上した場合、この変数は安定したまま、あるいは上昇する可能性さえある。このモデルによるシミュレーションは、修正モデル「World2」と同じ結果を示した。システムのオーバーシュートと崩壊の挙動は消え、経済成長は永遠に可能であるように見えたのである17。

2.2 次の200年

ハドソン研究所のハーマン・カーンとその同僚たちは、2番目の注目すべき批判を発表した。カーンは物理学者として訓練を受け、1940年代末にランド研究所に採用され、工学的な問題に取り組んだ。彼は1961年、自身のシンクタンクであるハドソン研究所を設立した。スキャンダラスな著書『熱核戦争について』(Ghamari-Tabrizi, 2005)の出版の余波を受けたもので、その中で彼は、原子戦争は考えられない恐怖ではなく、むしろ被害を最小限に抑えるために慎重に計画されなければならないものだと主張した。彼は保守派とみなされた。

カーンと彼の同僚たちは、別の未来像を提案したが、その結論を裏付ける数学的モデルは使わなかった(Kahn et al ., 1976)。彼らは主に、『成長の限界』報告書の著者がテクノロジーの積極的な役割を過小評価していることに異議を唱えた。ハドソン研究所によれば、これらの問題はそれほど深刻なものではなかったが、この誤解だけが、深刻な問題を強調することにつながっていたのである(Kahn et al .、1976年、p.4)。ローマ・クラブは、人類を方向転換させるためには強力な努力が必要であると結論づけたが、カーンと彼の同僚たちは、グローバル社会は自然に安定した状態に入ると信じていた(Kahn et al .、1976年、7-8頁)。したがって、カーンは、世界的なレベルで永遠に成長が可能であるとは主張しなかったが、ローマ・クラブが検討した各問題は、テクノロジーの助けを借りて容易に解決できるか、人類がポスト工業化社会に入るとともに消滅するかのいずれかであることを示すと主張した(Kahn et al .) エネルギーは、「太陽熱、地熱、核分裂、核融合」のような「永遠のエネルギー源」からますます供給されるようになり(カーン他、1976年、67ページ)、2050年頃には移行はほぼ完了する。原材料は、技術改良によって低品位の鉱石や海水から抽出できるようになるため、枯渇することはないだろう。従来型の農業が化学製品の助けを借りて生産性を向上させ、非従来型の農業(土壌を必要としない食糧生産)が発展するにつれて、食糧が不足することはないだろう。満足のいく環境を維持することは、「今後200年間は経済的にも技術的にも実現可能である[::] 技術と実践の向上により、最終的にはコストは下がるだろう」(Kahn et al ., 1976, p. 139)。国々が一定の豊かさに達すると、さらなる社会的変化が起こるだろう。その国の住民は少子化になる。そして、物質的な豊かさを追い求めることをやめ、余暇や美的価値、精神的価値により多くの関心を向けるようになる。このような未来社会は、『成長の限界』の最終章で宣伝されたものとさほど変わらない。しかしカーンにとって、それを達成するための努力は必要なかった。

カーンは未来学の中で、シナリオを書くというフィクションの視点を好んでいたことを認めている(Ghamari- Tabrizi, 2005)。彼はこれらのシナリオを、対象期間に何が起こりうるか、関連すると考えられる問題についての定性的考察と、選択した仮定に基づいて作成した。したがって、『次の200年』という本は、数学的なアプローチに基づいているわけではない。カーンは、ローマクラブが提起した問題(人口、エネルギー、原材料、食糧)に定性的な手法で次々とアプローチしていった。本の各章で、彼はそれぞれの問題のひとつを他の問題から切り離して解決することが可能であることを示した。カーンは起こりうる相互作用を無視し、システム的な視点を軽視した。そのため、彼は意図しない副作用によって問題が増幅されることを無視した。たとえば、集約的農業が世界的な食糧増産につながると仮定したとき、その結果として起こりうる公害の増大はすぐには考慮されなかった。

カーンのアプローチは探索的と言うこともできる。物語形式は無限の多様な議論とシナリオを可能にしたからである。それからの200年間は、明確なモデルもなく、変数もなく、世界的なポスト工業化社会が苦痛を伴わずに達成できることを定性的に論じた。ローマクラブとは対照的に、ハドソンチームは人類社会の将来の発展について楽観的な見方を示した。正反対の結論に達したとはいえ、カーンのアプローチがMITの世界モデルのアプローチに影響を受けたことは確かである。カーンは重要な変数を定性的に取り上げ、それを精緻化した。たとえば、「資源」という変数が検討されたが、原材料、食糧資源、エネルギー資源に細分化された(Kahn et al ., 1976, pp.)

2.3 ラテンアメリカの世界モデル

ローマクラブ報告書への反動から、その発表後の10年間に、いくつかの学術グループが代替モデルを構築した(Meadows et al .) ローマクラブの世界モデルの欠点や問題点を克服しようとしながら、人類社会の大問題に取り組もうとする、新しい世界モデルを開発する伝統が生まれた。ウィーン郊外にある国際応用システム分析研究所(IIASA)は、この新たなモデリングの伝統の調整において中心的な役割を果たした(Meadows et al .) いわゆる「ラテンアメリカ世界モデル」は、この伝統における最初のモデルであった。アルゼンチンのバリローチェ財団は、1970年末にブラジルで開催されたモデルWorld3の予備的な結果の発表に対する反応として、新しいモデルの開発に資金を提供した。このプロジェクトには、発展途上国の視点に焦点を当てるという明確な目的があり、『限界』報告書で将来の脅威とされた多くの問題は、すでに現在の問題であった。このプロジェクトの著者たちは、世界経済が現在の構造で安定化し、南北の不公平が維持されることに異議を唱えた。バリローチェ・プロジェクトは、そのような結果を避けることを明確に試みた。「ラテンアメリカ世界モデル」(Herera, 1976)を説明した報告書には、モデルの構築とシミュレーションの基礎となる技術的仮説が列挙されている。サセックスやハドソンのチームと同様、バリローチェのチームも、技術的な改善を前提としており、それは、天然資源の枯渇を長期にわたって防ぐだけでなく、資源のストックを増やすことを可能にするものであった。さらに、技術向上は効率的な汚染防止を可能にすると考えられた。その結果、モデル作成者は「資源」や「汚染」といった変数を無関係とみなし、特定の部門の生産コストに与える影響に関して間接的に考慮するにとどめた。

著者たちは、人類の発展に対する物理的な限界を無視したわけではなく、無関係に高いと考えたのである。想定される時間軸と地球規模あるいは地域規模では、人類にとっての運用上の限界は[物理的なものではなく]社会政治的なものである」と、バリローチェ・グループのメンバーは後に説明している(Gallopin, 2001)。彼らはまた、社会がそれ自体のための経済ではなく、人間の幸福に専念するのであれば、公害問題は極めて簡単に解決できると考えていた。彼らにとって、「天然資源と環境の保全は、具体的な管理策よりも、提案された社会のタイプに(より)依存していた」(Herrera, 1977, p. 102)19。彼らは、「物理的環境の悪化は人類の進歩の必然的な結果ではなく、破壊的価値観に大きく基づく社会組織の結果である」と考えた(Herera, 1977, p.16)。バリローチェ・チームによれば、グローバル社会が直面する主要な問題は、「(中略)国家間でも国家内でも、力の不均等な分配に基づいている」(Herera, 1977, p.16)。経済成長はそれ自体望ましいものではないと考えられていたため、彼らのモデルには、基本的なニーズが満たされた後は成長を減速させることが含まれていた。ハーマン・カーンやハドソン研究所と同様、彼らは経済成長が無限に可能だとは考えていなかったが、技術によって、あらゆる場所で十分な質の高い生活が達成されるまで、経済成長を持続させることができると考えていた。

バリローチェの研究は、世界社会を地理的に区別された地域のサブモデルで表し、それぞれがWorld2モデルやWorld3モデルと同じようにシステム化された、システム的アプローチを想定した数学的モデルに依拠していた。バリローチェ・グループのアプローチは、探索的アプローチというよりはむしろ規範的アプローチであった。バリローチェ報告書の第一部では、住宅、食糧、教育について、地域ごとに非常に正確に記述されている。報告書は、それぞれの地域について、目標を達成することが可能かどうか、どの開発路線が最も効果的であると思われるか、という質問に答えている。

方法論的には、モデル計算は最適化の問題であった。この最適化は、世界の各地域について毎年行われた。各年の初めに、一定量の資金と人的資源が、前年の実績に応じて各地域に割り当てられた。モデルは、1年の長さのシミュレーション・ステップごとに、「平均余命」変数(これらの部門の生産量に依存する)を最大化するために、さまざまな部門(食糧生産、住宅、教育、その他の財・サービス、資本財)の間で資源を配分する最善の方法を決定した。この変数を最も重要なものとして選択したのは、経済的(あるいはその他の)目標をそれ自体のために追求するのではなく、人間のニーズを考慮に入れたいという願望を強調したものである。

2.4 ノードハウスのアプローチ

経済学者ウィリアム・ノードハウスは、一連の出版物の中でローマクラブのモデルに反論した。彼はまず、『限界』報告書が依拠した仮説を批判することから始めた。ノルドハウスは、長年にわたって、気候変動の影響と政治的対応を調査するために考案した独自のシミュレーションモデルのさまざまなバージョンを開発した。「動的統合気候経済」(DICE)と呼ばれるこのモデルは、1990年代の初めに完成した。1992年に発表されたその主な結果は、ノードハウスによれば、気候変動の防止に多くの資金を投じないことが最も経済的であることを示唆していた(Nordhaus, 1992, pp.1317-1318)。

ノルドハウスにとって、ローマクラブの結論を否定することはイデオロギーの問題であったようだ。1973年、彼は、米国の偉大さは「テレビ、暖房の効いた家、アルミ缶、ジェットセッター」と切り離せないと主張した(Nordhaus, 1973b, p.529)。彼は、報告書の結論を反証するために、『限界』分析の前提を無効にすることを主張した。ノルドハウスによれば、著者が考慮に入れず、その悲観的な結論を大きく左右したのは、価格制度に基づく経済調整メカニズムと、技術改善の可能性という2つの側面であった。同じ年、彼は以前の論文で、モデルWorld2を検討し、2つの仮定に従って修正した:

(1)天然資源は無限であること、(2)工業製品を無公害で生産することが可能であること、である(Nordhaus, 1973a)。当然のことながら、彼の結論は、フォレスターやローマクラブの結論とは正反対であった。

ノードハウスは、時間軸を超えた最適化プロセスに基づいて資源管理モデルを構築した(Nordhaus, 1973b)。彼は、いわゆる「バックストップ技術」が150年以内に世界中に導入され、無限の資源から無公害でエネルギーを生産できるようになると仮定した。したがって、彼のモデルの焦点は、この「バックストップ技術」が完全に導入される前に、地球の資源を最も効率的に利用する方法を決定することであった。

1976年、後にDICE(ノードハウス、1977)となる、気候変動に対処するための経済モデル構築の最初のステップを説明する中で、ノードハウスは、米国におけるエネルギー消費が長期にわたって増加し続けることを許容すべきであるという目的にとらわれているように見えた。彼は、炭素に対する課税は、経済を脱炭素化するための技術革新を刺激するのに十分であると考えた。このような技術革新によって、大気中の二酸化炭素濃度が2倍になるのを防ぐことができ(彼自身が定義した閾値)、その一方で、米国のエネルギー消費は1970年から2100年の間に5倍に増加する可能性がある。ノードハウスは、世界のGNPの0.12%が排出抑制に充てられると仮定した。彼は、短期的にも長期的にも、世界経済の無成長安定化は想定していない。

ノードハウスの資源管理モデルもDICEモデルも、数学的な形式を持っていた。それらは、既存の経済構造 20に依拠しており、経済成長を長期的に最適化するという目的を反映していた。1973年のアプローチにおいて、ノードハウスは、自分の分析が一般経済均衡理論の枠組みに依拠していることを認めている(Nordhaus, 1973b)21。ノードハウスは、その説明において、自分の方程式があたかも現実に対応しているかのように扱っている(たとえ、自分のモデルに単純化があることを認めていたとしても)。DICEモデル(Nordhaus, 1992)では、人間の活動をモデル化した方程式が含まれているが、それはこれらの活動が経済用語に置き換えられる場合に限られる。彼の主要な質問は以下の通り: 気候変動対策を講じるにはどれだけの費用がかかるのか?また、何の対策も講じず、ただ気候変動を受け入れて適応していくには、どれだけのコストがかかるのか、というものだった。ノードハウスは、自身のモデルによるシミュレーションに基づき、地球温暖化に関して1965年から2105年までの期間で最も効率的な政策は、地球工学的解決策の実施と、期間中に増税される炭素税の導入による経済最適化政策の適用であると結論づけた。彼は、温室効果ガスの排出量や濃度を安定させることを目的としたプロジェクトに強く反対しており、それは「莫大な費用がかかる」と考えられていた(Nordhaus, 1992, p.1319)。このモデルは、気候変動対策にいつ投資すべきか、どの程度の資金を投資すべきかについて提言を行うものであった。ノードハウスのモデルの主要な変数は、様々な政策オプションの総コストであった。ノードハウスは、気候変動がもたらす結果を貨幣価値で表すことは問題ではないと考えた。彼の経済学的アプローチでは、気候変動による種の絶滅や人々の死といった倫理的な問題は考慮していない(Azar, 1998)。

3. 結論

1972年にローマクラブが報告書を発表した後の「限界」論争は、「限界」報告書の著者とそれに異議を唱えた人々の両方が、技術の能力について抱いていた対立的な見解を示している。一方では、ローマクラブの創設者であるペッチェイが、テクノロジーが人間のコントロールから逃れることの危険性を表明し、MITのモデラーたちは、テクノロジーが破滅的な指数関数的な人口と生産の増加をコントロールするのに有効でないと表現した。他方では、まったく異なる経歴と視点を持つさまざまな反対派が、テクノロジーは事実上、あらゆる自然の限界を超越できると考えていた。テクノロジーに関するこれらの仮説(「悲観的」対「楽観的」)が同じモデル(世界モデル)に与えられたとき、シミュレーションの結論の基調(「悲観的」対「楽観的」)を大きく左右したようである。

また、成長論争では、モデラー自身の特定のこだわりが、特定のモデリング技術、少なくとも特定の議論プロセスの選択につながったことも明らかである。ペッチェイの主な疑問は、西欧社会における指数関数的な経済成長が持続可能か否かであった。対照的に、ハーマン・カーンは、技術の進歩によって世界社会が損害や苦痛なしに「ポスト工業化時代」に到達できることを示したかった。バリローチェ財団は、第三世界の国々を憂慮し、これらの国々が、すべての人々の基本的ニーズを満たすことができる許容可能な発展レベルに達することができるかどうかを調査しようとした。先進国は十分に発展しており、注目の的ではないと考えられていた。ノルドハウスは対照的に、資源不足と気候変動のために自国のエネルギー消費を制限しなければならないという要求を心配しているようだった。サセックス大学のチームだけが、特定の興味や関心を明確には示さなかった。

これらのグループの多くにとって、モデリング・パラメーターやアプローチの選択に最終的な色づけをした関心や興味は、『限界』報告書をめぐる議論に加わる前から存在していた。したがって、関係グループの哲学的・政治的観点と、彼らの事業の方法論的特徴との間には、明確なつながりがあると見ることができる。例えばローマクラブは、物質量(成長と崩壊の記述)と探索的アプローチに重点を置いたモデリング技術を選択した。バリローチェ財団は、第三世界の平均余命に重点を置き、当初から規範的アプローチを選択し、最適化手順を選んだ。同様に、ノードハウスは最適化の方法論と、経済成長と福祉の最大化に焦点を当てた規範的アプローチを組み合わせた。

つまり、この議論では、モデリングは様々なアクターによって、彼らの既存の政治的立場に信憑性を与える道具として使われたようだ。特に、『限界』報告書が関心を集めたのは、それがモデリングに基づいていたからである。実際、同じメッセージを掲げた現代の作品は、同じような注目を浴びることはなく、同じような議論を引き起こすこともなかった。数学的モデリングは、報告書に科学的信頼性を与えた。特に、コンピュータを使わなければ不可能な、相互に関連し合う現象の研究を可能にすると主張していたからである。図表に関しては、シミュレーションがもたらした「オーバーシュートと崩壊」の挙動を説得力を持って説明し、非常に効果的なコミュニケーションツールとなった。

その後、独自のモデルを構築したり、MITグループのモデリング作業を批判したりして、成長問題に対する独自の答えを導き出そうとしたさまざまな組織が、同じ方法でモデリングを行った。しかし、そのすべてが長期的に自分たちの結論を検証することに成功したわけではなかった。グローバル・モデリングは、既存の科学的伝統の上に成り立つものではなく、取り組むと主張するそれぞれの問題に適応した構造の発明につながるものであったが、短期的な流行にとどまり、有効なアプローチとして受け入れられるには至らなかった。逆に、『限界』報告書に反発して作られた、より古い伝統に基づいた経済モデルは、長期的には、特に政治的な領域では、より高い評価を受けた(Matarasso, 2007)。このように、ローマクラブのモデル選択は、短期的には世界的な注目を集めたが、長期的には学術界や政治界の信頼を失ったように見える。

タイトルとURLをコピーしました