リコード法の難易度・課題一覧

リコード法の難易度を決定する10の要因

36の因子 種類と数 リコード法で想定されているアルツハイマー病障害の数が多ければ、やはりそれだけ検査も治療も必要となりむずかしさは増す。 また、その障害の種類や深刻さによっても対処が難しいものも存在する。 さらに日本においてはリコード法で想定されている検査項目のす...

リコード法 進行ステージにおける改善可能性と課題

MCI・初期・中期・末期でのリコード法 サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です 関連記事 リコード法 難易度を決定する10の要因 リコード法 進行ステージにおける改善可能性と課題 概要 リコード法に効果を判断することの難しさ リコード法が難しいとい...

ブレデセンプロトコル(リコード法)への批判 (専門的)

「宗教と科学の違いは、科学では初めの期待に反した結果が出たときに、それを 受け止めることが出来るかどうかにある」 湯川秀樹 ReCODEプロトコル(MENDプログラム)への批判を片っ端から集めてみた。 ブレデセンプロトコル(リコード法)への批判 ・ケーススタディとし...

アミロイド仮説 30の誤り

利用規約・免責事項 をお読みください。 パラドックスと出会ったということは、なんて素晴らしいことだろう。 進歩を遂げる希望がもてるのだから。 ニールス・ボーア アミロイドと臨床症状の弱い相関 アミロイド班がなくても発症する アルツハイマー病はアミロイドプラークが存...

リコード法が効きやすい患者さんのタイプ 患者の心配と成功条件

100名の改善症例研究 2018年8月 リコード法実施による100名の認知機能低下からの改善症例 前回の19名の症例研究の拡大バージョンであり、複数の医師から提供された情報をまとめている。 承認試験の申請を望むが、これらは個別化治療のため多変量であり、...