糖尿病

オフラベル、再利用薬

がん治療における慢性的に使用されている薬剤の再利用: つかむチャンス

Repurposing of Chronically Used Drugs in Cancer Therapy: A Chance to Grasp オンライン公開 2023 Jun 15. PMCID: PMC10296024 PMID: 37370809 要旨 簡単な要約 癌
化学毒素

糖尿病の流行は毒素が主な原因か?
Is the Diabetes Epidemic Primarily Due to Toxins?

Is the Diabetes Epidemic Primarily Due to Toxins? Integr Med(Encinitas).2016 Aug;15(4):8-17. Joseph Pizzorno,ND,編集長 概要 糖尿病の発症率は、過去50年間で7〜10倍
糖尿病

インスリン作用とインスリン抵抗性のメカニズム

Mechanisms of Insulin Action and Insulin Resistance オンラインでの公開 2018 Aug 1 マックス・C.ピーターセン、ジェラルド I. シュルマン 概要 1921年のインスリンの発見はビッグバンであり、そこからインスリンの作
糖尿病

3型糖尿病とそのアルツハイマー病への影響

Type 3 Diabetes and Its Role Implications in Alzheimer’s Disease オンラインで2020年4月30日に公開 Thuy Trang Nguyen,1,† Qui Thanh Hoai Ta,2,† Thi Kim Oan
アンチエイジング・認知機能向上

加齢と糖尿病がCOVID-19を前進させる 治療のための性質と既存の治療法を明らかにする

Aging and diabetes drive the COVID-19 forwards; unveiling nature and existing therapies for the treatment 2021 Jun 24 グラフィカルな要旨 ヒトSARSコロナウイル
治療・補助療法 COVID-19

αリポ酸は糖尿病患者をCOVID-19感染から保護する可能性がある

Alpha-lipoic acid may protect patients with diabetes against COVID-19 infection 要旨 COVID-19パンデミックは世界的に急速に拡大しており、薬剤選択は本疾患の罹患率および死亡率にプラスまたはマイナ
糖尿病

2型糖尿病とアルツハイマー病における脳内インスリン抵抗性:概念と難問

Brain insulin resistance in type 2 diabetes and Alzheimer disease: concepts and conundrums ゾーイ・アルバニタキス,2 シャノン・L・マコーレー・ランバック,3 アーロン・M・ケーニッヒ,1
ハーブ・漢方(免疫)

COVID-19 NAD+欠乏はSIRT1活性への影響により、高齢者、肥満者、2型糖尿病患者の死亡を引き起こす可能性がある

COVID-19: NAD+ deficiency may predispose the aged, obese and type2 diabetics to mortality through its effect on SIRT1 activity 要旨 SARS-CoV-2
オフラベル、再利用薬

ピオグリタゾンは2型糖尿病患者の認知症リスクを低下させる レトロスペクティブコホート解析

Pioglitazone Reduces Dementia Risk in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus: A Retrospective Cohort Analysis 要旨 背景には、ピオグリタゾンの認知症に対する有益な効果を確
免疫力・予防

COVID-19 高血糖症・予測マーカーとしての血糖値・糖尿病のリスク

コロナウイルス Hyperglycaemia 空腹時血糖値 コロナウイルス病2019(COVID-19)の急速な蔓延は、世界の健康に重大かつ緊急の脅威をもたらしている。2020年6月23日現在、917万人以上の確認症例があり、473,266人が死亡している。COVID-19の臨床
ビタミン 総合

アルファリポ酸/αリポ酸(認知症・アルツハイマー・2型糖尿病)

αリポ酸/チオクト酸 概要 αリポ酸は、ミトコンドリアでオクタン酸から合成される天然のジオチール化合物であり、ミトコンドリアのエネルギー代謝において重要な役割を果たす。ミトコンドリアは体内でも合成されるが、肉や一部の果物、野菜にも僅かだが含まれている。 ただし、サプリメントや食事
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました