アーロン・ブッシュネル

CrimethInc.:これが我々の支配層が正常と決めたことなのだ
ガザと連帯するアーロン・ブッシュネルの行動について

“This Is What Our Ruling Class Has Decided Will Be Normal” CrimethInc. CrimethInc.は、アナキズムや反資本主義を中心とし
ロバート・マローン

市民に対する心理戦と認知戦 ロバート・マローン博士のスピーチ
ワシントンDCでの国際危機サミット-5での私のスピーチ

"Psychological and Cognitive Warfare on Citizens" ロバート・W・マローン 2024/02/27 「市民に対する心理的・認知的戦争」 講演録は以下の通り
アンチウォードットコム

日露関係は米露関係である
Japan-Russia Relationship Is US-Russia Relationship

Japan-Russia Relationship Is US-Russia Relationship 竹内玲穂著 投稿日2024年2月28日 日本とロシアが領土問題を解決できない理由は、日米地位協定
アーロン・ブッシュネル

アーロン・ブッシュネルは軍隊で何をしたか

2024/02/28 ワシントンのイスラエル大使館前で焼身自殺した25歳の米空軍軍人、アーロン・ブッシュネルは、世界的なアメリカの諜報マシーンで最高機密をクリアした働き蜂だった。 しかし、ブッシュネル
アーロン・ブッシュネル

アーロン・ブッシュネル、ガザに目を向けさせるために焼身自殺

Aaron Bushnell Burned Himself Alive To Make You Turn Your Eyes To Gaza 私は、米国空軍のアーロン・ブッシュネルがワシントンのイスラ
アンチウォードットコム

戦争に抗議するために火を放つ
アーロン・ブッシュネルの行為をきっかけに:1965年、ノーマン・モリソンがロバート・マクナマラの窓の外でやったこと

Setting Yourself on Fire to Protest a War グレッグ・ミッチェル投稿日 2024年2月27日 昨日、アーロン・ブッシュネルという2020年から現役の米空軍上級飛
アーロン・ブッシュネル

焼身自殺者を無視することは、社会を眠りに誘う:イスラエル大使館でのアーロン・ブッシュネル「パレスチナ解放!」
最低限正常な社会であれば、アーロンの言葉や焼身自殺の映像はあらゆる主要メディアで報道され、大量虐殺を行うイスラエル大使館の前には何千人もの人々が詰めかけ、大使館を閉鎖させるだろう

Ignoring Immolators Lulls the Society to Sleep: Aaron Bushnell at the Israeli Embassy: "FREE PALESTI
アーロン・ブッシュネル

アーロン・ブッシュネルの焼身自殺 Wikipediaより
Self-immolation of Aaron Bushnell

Self-immolation of Aaron Bushnell 2024年2月25日、アメリカ空軍の飛行士アーロン・ブッシュネルが、イスラエルとハマスの戦争に抗議するため、ワシントンD.C.のイス
ケビン・マッカーナン、SV40、DNA混入

mRNA-LNPワクチン – 良いもの、悪いもの、そして醜いもの?
The mRNA-LNP vaccines – the good, the bad and the ugly?

オンライン公開2024年2月8日。 PMCID: PMC10883065 PMID:38390323 Botond Z. Igyártó * 秦振 要旨 mRNA-LNPワクチンは、欧米諸国で最も広く
LLM - LaMDA, ChatGPT

人工知能と生物学的誤用: 言語モデルと生物学的設計ツールのリスクを区別する
Artificial intelligence and biological misuse: Differentiating risks of language models and biological design tools

ヨナス・B・サンドブリンク1*1 1 イギリス、オックスフォード大学、ナフィールド医学部 * 要旨 人工知能(AI)の進歩が生命科学の進歩を推進する一方で、生物製剤の兵器化や悪用を可能にする可能性もあ
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

ウィキリークスのパラダイム パラドックスと啓示

The WikiLeaks Paradigm Paradoxes and Revelations  Stephen M. E. Marmura スティーブン・M・E・マームラ ウィキリークスのパラダイ
ウィキリークス、ジュリアン・アサンジ

 コミュニケーション・パワー(2013)
Communication Power

Communication Power  コミュニケーション・パワー マニュエル・カステルスは、南カリフォルニア大学ロサンゼルス校の大学教授であり、ウォリス・アネンバーグ・チェア・オブ・コミュニケーシ
ケビン・マッカーナン、SV40、DNA混入

ゲノミクスの専門家ケビン・マッカーナンがCOVID mRNAワクチンに検出されたDNA汚染とDNA統合の予備的証拠の概要を発表
NOW - Genomics Expert Kevin McKernan Shares a Summary of the DNA Contamination Found in the COVID mRNA Vaccines & Preliminary Evidence of DNA Integration

「このDNAが細胞内に入ることはないと言った事実確認者たちは、このデータによって間違っていることが証明されました。私たちはそこにDNAを見ることができます。また、2つのゲノム統合も発見しました。これは
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

監視の谷 インターネットの軍事機密史 (2018)
Surveillance Valley: The Secret Military History of the Internet

目次 献辞 エピグラフ プロローグカリフォルニア州オークランド 第1部 失われた歴史 第1章新しいタイプの戦争 第2章 司令部、統制部、対反乱軍 第3章 アメリカ人をスパイする 第2部 偽りの約束第4
PBMT LLLT /光生物調節

PubMed:ミトコンドリアへの光刺激が血糖値を下げる
Light stimulation of mitochondria reduces blood glucose levels

Light stimulation of mitochondria reduces blood glucose levels マイケル・B・パウナー,グレン・ジェフェリー 初公開: 2024年2月20
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

ウィキリークス・ファイル
The WikiLeaks Files: The World According to US Empire

The WikiLeaks Files: The World According to US Empire ジュリアン・アサンジ 初版:Verso 2015 寄稿者たち 2015 ジュリアン・アサンジ
シェディング、自己拡散型ワクチン

プレプリント:体液を介した薬理学的にデザインされた脂質ナノ粒子への偶発的な曝露(シェディング)
生物学的妥当性と潜在的結果

Inadvertent Exposure to Pharmacologically Designed Lipid Nanoparticles Via Bodily Fluids: Biologic P
エクササイズ 運動

運動と脳: 認知機能の健康に運動が不可欠な理由
Exercise and the Brain: Why Physical Exercise is Essential to Peak Cognitive Health

Exercise and the Brain: Why Physical Exercise is Essential to Peak Cognitive Health ロバート・W・バロー 運動と脳
生命倫理・医療倫理

BMJ:公衆衛生倫理 ナッジング、インフォームド・コンセント、でたらめ

Nudging, informed consent and bullshit FREE 要旨 哲学者の中には、インフォームド・コンセントを得る過程において、医師は患者が医師が最善と考える選択肢に同意す
ウィキリークス、ジュリアン・アサンジ

サイファーパンクス 自由とインターネットの未来
Cypherpunks: Freedom and the Future of the Internet

Cypherpunks: Freedom and the Future of the Internet © 2012 ジュリアン・アサンジ サイファーパンクとは何か? サイファーパンクは、社会的・政治
alzhacker.com をフォロー
error: コンテンツは保護されています !