ワクチンワクチンの安全性・有害事象

ターボ癌
私たちには問題がある。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

etana.substack.com/p/turbo-cancer

Etana Hecht エタナ・ヘクト

注: これは、最近の癌を見事に克服した大切な家族友人に敬意を表して書かれたものである。

私はこの記事のタイトルが嫌いだが、この記事のための他のタイトルはなかった。私たちは今、情報がどんどん入ってくる段階にあり、それは私たちが目指している転換点への後押しになる一方で、とても多くの痛みと苦しみを伴っている。

病理部長

ウテ・クルーガー博士は、スウェーデンのルンズ大学の研究者であり、上級医師である。 過去25年間病理学部長を務め、過去18年間は乳がん診断を専門としている。何千もの剖検と乳がんサンプルを研究してきた。患者さんの年齢、腫瘍の大きさ、悪性度などはすべて彼女の専門分野であり、キャリアを通じて自然なリズムで推移してきたため、この業界には非常に精通している。その自然なリズムは2021年、ワクチンの展開が始まると、一旦停止した。

「」
動画へのリンク

Doctors for Covid Ethicsは、 彼女のインタビューを掲載し、過去1年間のサンプルに現れている異常な特徴について懸念を表明している。

  • 年齢 – 受け取ったサンプルの平均年齢が下がり、30代~50代のサンプルの数が 増加したそうである。
  • 大きさ – 以前は、3cmの腫瘍を見つけるのは珍しいことだった。 新しい環境では、4cm、8cm、10cm、そして時には12cmの腫瘍を定期的に見ることになるそうである。2週間 前には、 乳房 全体を覆う16cmの腫瘍が見つかったという衝撃的な逸話もある。
  • 複数の腫瘍 -クルーガー博士は、同じ患者に複数の腫瘍が成長し、時には両乳房に成長するケースを目にすることが多くなった。彼女は3週間以内に、複数の臓器に腫瘍ができた患者を3例経験した。一人はワクチン接種後数ヶ月で乳房、膵臓、肺に腫瘍ができた。
  • 再発 -長年、がんが寛解していた患者が、ワクチン接種直後に突然、がんが積極的に再発 する事例が増加している。

吐露

クルーガー博士は当初、彼女が言うところのこれらのターボ癌は、コビッドのロックダウンによる診察の遅れが原因だと考えていたが、その期間はとっくに終わり、腫瘍はまだ積極的に成長しており、しかも若い患者で発生している。彼女はこれらの症例のいくつかをFDAに報告し、一部の上層部は当初彼女と会うことに同意したものの、翌日には何の説明もなく会議をキャンセルし、代わりに彼女の報告を受けるために電話担当者を送り込んできたのである。

半年前、クルーガー博士はドイツで開かれたパネルに登場し、ワクチン接種が攻撃的な腫瘍を引き起こしているという自説を発表し、そのサミットに参加した医師たちにデータ収集の協力を求めた。しかし、残念ながら、そのデータを集めて彼女に教えてくれる医師はほとんどいなかった。

剖検

クルーガー博士は、解剖に時間を割いており、その中で数々の異変に注目した。

  1. 60歳の男性が複数の悪性疾患を患っていた。化学療法中にコビッドワクチンを2回接種し、その後ギラン・バレー症候群を発症した。脊髄、脳、血管に炎症が見られたそうである。
  2. 80歳の女性がワクチン接種後 1 ヶ月で半身不随になった。博士は頸部付近の脊髄に今まで見たこともないような出血を発見した。顕微鏡で見ると、血管の中に炎症があり、それが破裂して出血を引き起こしていることがわかった。また、心臓の筋肉にも炎症が見つかり、これは心筋炎であることがわかった。
  3. クルーガー博士は、亡くなった人の家族と、解剖に署名した医師との間の紛争を解決するために呼ばれた。遺族とその医師は、死因はコビッドワクチンによるものだと考えていたが、解剖を行った者はそれを裏付けるような所見を出さず、死因とワクチンを関連付けることはなかった。クルーガー博士が自分で剖検したところ、心筋炎と血管炎(肺の血管の炎症)の証拠が見つかった。元の剖検では、これらのシグナルを見逃したか、あるいは探さなかったかのどちらかであり、遺族は正しかったのである。クルーガー博士は、この死は本当にコビッドワクチンによるものだという意見を、ドイツから来たもう一人の上級病理学者と共有した。

クルーガー博士は、現在行われている剖検の方法について、3つの大きな問題点を指摘した。

  1. 患者情報が杜撰である。クルーガー博士は個人的に、臨床医が剖検の際に患者がワクチン未接種であると書いていたにもかかわらず、実際には医療ファイルにコビッドを接種したことが記録されていたケースをいくつか経験したことがある。
  2. 一般的な剖検では、特定の医学的問題の根本的な原因を診断するのに十分な深さの検査が行われない。ワクチンの損傷が現れそうな組織の厳密な病理組織学的検査は行わないが、これは心筋組織における免疫浸潤やスパイク蛋白のようなワクチンによる損傷のマーカーを検出するために必要なことである。クルーガー博士はより徹底的な検査を行い、最初の剖検では見逃された心筋炎や炎症を発見したのである。
  3. これらの所見を評価する経験が乏しく、症例を適切に文脈化する意欲もない。さらに、ほとんどの剖検臨床医はFDAに症例を報告しない。

クルーガー博士の証言は、もともと逸話的なものではあるが、長年にわたるトップレベルの病理学者として、彼女の懸念は非常に深刻に受け止められ、さらに調査されるべきである。もちろん、そのためには、最近ひどく欠落しているように思われる、誠実な規制システムが必要である。

「人が殺されるのを見ている」

クルーガー博士は、ワクチン接種が、急速に成長する腫瘍や自己免疫疾患の引き金になると見ていると述べた。彼女は、腫瘍と同時に多くの炎症も見ており、もちろん、乳癌だけではない。他の多くの病理医もクルーガー博士に、癌の増加、複数の臓器の癌、希少癌の増加を見ていると報告している。

最後に、「私は人を助けたくて医学を勉強した。でも今は、人が殺されるのを見ているような気がして、何もできない」と締めくくった。

どんな問題でも、解決の第一歩は問題があることを認めることだ。私たちは大きな問題を抱えており、その解決に着手するためには、問題を認めなければならない。今こそ、医師に圧力をかけて発言させるべき時だ。何かが間違っていることを理解する意識の高い医師は、この問題に取り組み始めなければならないのである。さらに、この問題はもうすぐ爆発するというプレッシャーもあり、その時に間違った側に立ってはいけないという思いもあるのだろう。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました