マティアス・デスメット集団心理・大衆形成・グループシンク

全体主義の心理学 | 合理主義的な人間観・世界観から大衆形成へ
The Psychology of Totalitarianism | From our rationalist view on man and the world to mass-formation

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

mattiasdesmet.substack.com/p/the-psychology-of-totalitarianism

Mattias Desmetマティアス・デスメット

2020年2月末、地球村はその根幹を揺るがし始め、世界は計り知れない危機を迎えた。わずか数週間で、誰もがウイルスに感染したという、事実に基づいたストーリーに魅了された。しかし、それはどのような事実に基づいたものだったのか? われわれは中国の映像から、その「事実」を垣間見た。中国政府は、ウイルスによって最も過酷な措置を取らざるを得なくなった。街全体が隔離され、病院が急ピッチで建てられ、白いスーツに身を包んだ人々が公共の場を消毒する。「全体主義の中国政府は大げさだ」「新型ウイルスはインフルエンザと変わらない」という噂があちこちで流れた。しかし、その時点では、まだ実感が湧かず、事実の全容を把握することはできないと判断した。

ウイルスがヨーロッパに上陸するまでは、私たちは自分たちの手で感染と死亡を記録し始め、イタリアの過密な救急室、死体を運ぶ軍の車列、棺桶でいっぱいの死体安置所の映像を目にした。インペリアル・カレッジの著名な科学者たちは、抜本的な対策を講じなければ、ウイルスは何千万人もの命を奪うだろうと自信をもって予測した。ベルガモでは、昼も夜もサイレンが鳴り響き、公共空間において、新たなシナリオを疑う声を封じ込めた。その時から、ストーリーと事実が融合し、不確実性が確信に変わるように思われたのだった。

想像を絶する事態が現実となった。地球上のほぼすべての国が中国に倣い、膨大な数の人々を事実上の軟禁状態に置くという、「ロックダウン」という造語が生まれるほどの急激な変化を目の当たりにした。不気味な沈黙が訪れ、神聖さと解放感を同時にもたらした。飛行機のない空、車のない大動脈、何億もの人々の個々の追求と欲望が停止し、塵と化すのである。インドでは、30年ぶりにヒマラヤ山脈が地平線上に見えるほど空気が澄んでいた。

さらに、信頼できない政治家に代わって、農場で最も賢い動物である豚のように、ウイルス学の専門家が呼ばれ、正確な(「科学的」)情報で農場を運営するようになった。しかし、この専門家にも人間らしい欠陥があることがすぐに判明した。統計やグラフの作成において、「普通の人」でもなかなかやらないようなミスを犯して いた。ある時は、 心臓発作で死んだ 人も含めて、すべての 死をコロナ死と カウントして いたほどであった。

専門家たちは、ワクチンを2回打てば自由の門が開くといいながら、3回目が必要だと捏造し、オーウェルの豚のように一夜にしてルールを変えた。最初は、病人の数が医療システムの能力を超えてはならないから、動物たちはその措置に従わなければならなかった(曲線を平らにする)。しかし、ある日、皆が目を覚ますと、壁にウイルスを根絶しなければならないので、対策を延長すると書かれているのを発見した(曲線が崩れる)。結局、ルールは頻繁に変わり、豚だけが知っているようだった。そして豚でさえ、確信が 持てなかった。

専門家が素人でもやらないような間違いをするとはどういうことか、彼らは科学者ではないか、われわれを月に運び、インターネットをもたらした人たちではないか、彼らはそんなに馬鹿ではないはずだ、彼らの目的は何なのか、と。彼らの提言は、私たちをさらに同じ方向に向かわせ、新たな一歩を踏み出すごとに、私たちの自由はさらに失われ、最終的には、人間が大規模な技術的医療実験においてQRコードに還元されるという結末に到達する。

そうやって、ほとんどの人は最終的に確信を持つようになった。ある人は、何百万人もの命を奪う殺人ウイルスだと確信し、ある人は、季節性インフルエンザに過ぎないと確信した。ある者は、これは季節性インフルエンザに過ぎないと確信した。また、ウイルスは存在せず、世界的な陰謀であると確信する人もいた。そして、不確実性を許容し続け、「どうすれば何が起こっているのか適切に理解できるのか」と自問し続ける人もいた。

***

コロナウイルスの危機が始まったとき、私はある選択を迫られた。危機が起こる前、私は大学で頻繁に講義をし、世界各地の学会で発表していた。危機が始まったとき、私は直感的に、公共の場で、今度は学界ではなく、社会一般に向けて発言しようと決心した。「ウイルス」そのものではなく、「ウイルス」が引き起こす恐怖や技術・全体主義的な社会力学が危険なのだということを、人々の注意を喚起するために発言する。

私は、コロナの話がもたらす心理的リスクについて警告するのに適した立場にあった。私はベルギーのゲント大学で教授を務めている。また、学術研究の質の低さについて博士号を取得し、「科学」を当然視してはならないことを学んだ。機械論的合理主義が人間と世界に及ぼす限界と破壊的な心理的影響に関する哲学的探求。そして最後に、人間に対する言論の影響と、特に「真実の言論」の真髄の重要性に関する私の研究。

危機の最初の週である2020年3月に、私は 「The Fear of the Virus Is More Dangerous Than the Virus Itself」というタイトルのオピニオンペーパーを発表した。私は、コロナウイルスのシナリオの根拠となっている統計や数理モデルを分析し、それらがすべてウイルスの危険性を劇的に過大評価していることをすぐに見抜いた。それから数カ月後、2020年5月末には、この印象は疑う余地もなく確認された。ロックダウン状態にならなかった国を含め、ウイルスがモデルで予測されたような膨大な数の死傷者を出した国はなかったのだ。スウェーデンがその最たる例だろう。モデルによると、もしこの国がロックダウンしなければ、少なくとも6万人が死亡するとされていた。しかし、ロックダウンは行われず、6,000人が死亡しただけだった。

私や他の人がこのことを社会に訴えようとしても、あまり効果はなかった。人々はそのシナリオに従い続けた。そのとき私は、他のこと、つまり、人々がこれほどまでに極端に盲目になり、まったくばかげた物語を信じ続けることを説明できるような、社会で働く心理的プロセスに注目することにした。社会で起きていることは、世界的な 大衆形成のプロセスであると 理解するまでに、数ヶ月を要した 。

2020年の夏、私はこの現象について意見書を書き、すぐにオランダとベルギーで知られるようになった。そ の約1 年後(2021年夏)、ライナー・フュエルミッヒが私を コロナ ウイルス危機について弁護士と専門家・証人の双方が毎週ライブストリームで議論する番組「Corona Ausschuss 」に招待 し、大衆形成について説明 した。そこから私の理論はヨーロッパやアメリカに広がり、ロバート・マローン博士、ピーター・マカロー博士、マイケル・イードン、エリック・クラプトン、ロバート・ケネディといった人たちに取り上げられるようになった。 ロバート・マローンが「ジョー・ローガン・エクスペリエンス 」で大量生成について語った後、この言葉は流行語となり、数日間、Twitterで最も検索された言葉になって いた。それ以来、私の理論は熱狂的な支持を得ると同時に 、厳しい批判も受けるようになった。このサブスタックでは、大衆形成の概念を探求し、現代の現象に適用し、批判に応え、他のあらゆる心理的現象と関連づけながら、研究を続けていきたいと考えている。

大衆形成とは実際何だろうか?大衆形成の一種で、その集団が信じていることに反するものにはすべて極端に目をつぶるようにさせるものである。このようにして、彼らは最も不合理な信念を当然視するようになる。一例を挙げると、1979年のイラン革命のとき、大衆形成が起こり、人々は自分たちのリーダーであるアヤトラ・ホメイニの肖像が月面に見えると信じ始めた。満月が見えると、道行く人が月を指差して、ホメイニの顔が見える場所を教え合う。

第二の特徴は、集団のために個人の利益を極端に犠牲にするようになることである。スターリンによって死刑を宣告された共産主義者の指導者たちは、通常、彼らに対する罪はなく、時には、「それが共産党のためにできることなら、喜んでそうする」といった言葉を残して、その宣告を受け入れた。

第3に、大衆形成にある個人は、不協和音の声に対して根本的に不寛容になる。大衆形成の究極の段階では、大衆に従わない者に対して残虐行為を行うのが普通である。そして、さらに特徴的なのは、それが自分たちの倫理的義務であるかのようにそうすることである。再びイランの革命に言及する。あるイラン人女性と話したことがあるが、その女性は、母親が自分の息子を国家に報告し、足場にかけられた息子の首に自分の手で縄をかけるところを自分の目で見たそうである。そして、彼が殺された後、彼女は自分のしたことをヒロインだと主張した。

それらは大衆形成の効果である。そのようなプロセスは、さまざまな方法で出現することができる。自然発生的に現れることもあれば(ナチス・ドイツで起こったように)、教化やプロパガンダを通じて意図的に挑発することもある(ソビエト連邦で起こったように)。しかし、マスメディアを通じて流布される教化とプロパガンダによって常に支えられていなければ、通常、それは短命に終わり、本格的な全体主義国家に発展することはないだろう。最初は自然発生的に出現したにせよ、最初から意図的に誘発されたにせよ、しかし、どんな大衆形成も、マスメディアを通じて流布される教化とプロパガンダによって絶えず養われなければ、いつまで経っても存在し続けることはできない。もしそうなれば、大衆形成は、20世紀初頭に初めて出現した全く新しい種類の国家、すなわち全体主義国家の基礎となる。この種の国家は、古典的な独裁国家のように公的・政治的空間を支配するだけでなく、私的空間をも支配するため、国民に極めて破壊的な影響を与える。後者を可能にするのは、大衆形成の支配下にあり、マスメディアを通じてエリートが配信する物語を狂信的に信じている、巨大な秘密警察を自由に使えるからだ。こ のように、全体主義は常に「大衆とエリートの間の極悪非道な協定」 (Arendt, The Origins of Totalitarianism参照)に基づいている。

私は、1951年にHannah Arendtが明らかにした直感に賛成である:私たちの社会には新しい全体主義が出現している。共産主義やファシストの全体主義ではなく、テクノクラート的な全体主義である。スターリンやヒトラーのような「ギャングリーダー」ではなく、鈍重な官僚やテクノクラートによって導かれる一種の全体主義である。いつものように、国民のある部分は抵抗し、大衆形成の餌食になることはないだろう。もしこの部分が正しい選択をすれば、最終的に勝利する。もし、間違った選択をすれば、それは滅びるだろう。正しい選択とは何かを知るためには、大衆形成という現象の本質を深く正確に分析することから始めなければならない。そうすれば、戦略的なレベルでも倫理的なレベルでも、何が正しい選択なのかがはっきりとわかるはずだ。 それが、私の著書 The Psychology of Totalitarianism が提示するもの である。過去数百年を通じて、全体主義の出現につながった大衆の台頭を歴史的・心理学的に分析するものである。

***

コロナウイルスの危機は突然やってきたのではなく、テロリスト、地球温暖化、コロナウイルスと、恐怖の対象に対する社会の絶望的で自己破壊的な反応の連続にあてはまる。社会に新しい恐怖の対象が生まれると、その反応はただ一つ、管理の強化だ。一方で、人間はある程度の管理しか許容できない。強圧的管理は恐怖につながり、恐怖はさらなる強圧的管理につながっていくのだ。こうして、社会は悪循環に陥り、全体主義(=極端な政府支配)へと必然的に導かれ、人間の心理的・物理的完全性の根本的破壊に至るのである。

この恐怖と心理的不快感は、ウイルスなどの「脅威の対象」に還元できない、それ自体が問題であると考えなければならない。私たちの恐怖は、全く別の次元にある。それは、人間を生物に還元する機械論的科学の物語である。この物語は、人間の心理的、精神的、倫理的側面を無視し、その結果、人間関係のレベルにおいて破壊的な影響を与える。この物語の中の何かが、人間を仲間や自然から孤立させるのである。こ の物語の中にある何かが、人間を周囲の世界と 共鳴さ せなくして いる。ハンナ・アーレントによれば、全体主義国家の基本的な構成要素は、まさにこの原子化された主体なのである。

人々のレベルでは、機械主義的なイデオロギーが、人々を大衆形成に脆弱にする条件を作り出した。それは、人々を自然環境や社会環境から切り離し、人生の意味や目的を根本的に欠いた経験を生み出し、いわゆる「自由浮動」的な不安、欲求不満、攻撃性を極めて高い水準で引き起こすものである。このような状態になると、人は大衆形成に弱くなる。

機械主義の思想は、エリートのレベルにも具体的な影響を及ぼした。啓蒙主義以前の社会は、貴族や聖職者が主導していた(「アンシャン・レジーム」)。このエリートは、その権威によって、あからさまに大衆に意思を押し付けていた。この権威は、人々の心をしっかりとつかむ宗教的なグランドナラティブによって与えられたものであった。宗教的な物語がその支配力を失い、近代的な民主主義のイデオロギーが登場すると、この状況は変化した。指導 者は大衆によって 選ば れなければならなくなった。そして、大衆に選ばれるためには、大衆が何を望んでいるかを探り、多かれ少なかれそれを与えなければならなかった。 それゆえ、指導者は実際に 従者になった。

この問題は、予想通りではあるが、悪質な方法で解決された。大衆に命令することができないなら、大衆を 操作しなければならない。リップマン、トロッター、バーネイズなどの著作で述べられているように、現代の教化とプロパガンダがそこで生まれた。プロパガンダの社会的機能と社会への影響を十分に把握するために、プロパガンダの創始者たちの作品を見ていくことにしよう。教化とプロパガンダは通常、ソビエト連邦、ナチスドイツ、中華人民共和国などの全体主義国家に関連している。しかし、20世紀初頭から、世界中のほぼすべての「民主主義」国家において、教化とプロパガンダが常に用いられていたことを示すのは容易である。この2つの他に、洗脳や心理戦のような大衆操作の技術について説明する。

現代では、大衆モニタリング技術の爆発的な普及により、これまで想像もできなかったような新しい大衆操作の手段が生まれた。そして、新たな技術の進歩は、人間の身体や脳に挿入される技術的なデバイスを通して、心を物質的に操作するという、まったく新しい操作技術を約束する。少なくとも、それが計画されている。心がどこまで協力するかはまだわからない。

***

全体主義とは、機械論的思考と人間の合理性の全能性に対する妄想の論理的帰結であり、啓蒙主義の伝統の特徴である。私はこのギャップを 埋めようと思い、『全体主義の心理学』を書いた 。この本は、全体主義の心理を分析し、それが一部をなす社会現象のより広い文脈の中に位置づけて いる。

本書では、 通常、全体主義に関連するもの(強制収容所、教化、プロパガンダ)に焦点を当てるのではなく、全体主義が出現する、より幅広い文化的・歴史的プロセスに焦点を当てることを目的として いる。 このアプローチにより、全体主義が根付き、成長し、繁栄する、私たちの日常生活を取り巻く状況という最も重要なものに焦点を当てることができるようになる。

21世紀初頭の社会危機は、心理的・思想的な激変、つまり世界観の地殻変動がもたらしたものである。古いイデオロギーが最後に再び力を発揮し、崩壊する瞬間が到来しているのだ。 現在の社会問題がどのようなものであれ、旧来のイデオロギーに基づいて解決しようとする試みは、事態を悪化させるだけである。問題を生み出したのと同じ考え方では、問題を解決できない。恐怖と不安の解決策は、(テクノロジーの)制御を強化することにあるのではない。私たちが個人として、また社会として直面している真の課題は、人類と世界に対する新しい見方を思い描き、私たちのアイデンティティーの新しい基盤を見つけ、他者とともに生きるための新しい原則を打ち立て、時宜を得た人間の能力-真実のスピーチ-を取り戻すことなのだ。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました