エマニュエル・パストリッチ資本主義・巨大企業

COVID19の病理 階級闘争と情報闘争の交差点
The COVID19 pathology: An intersection of class and information warfare

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.globalresearch.ca/covid-19-pathology-intersection-class-information-warfare/5732440

2020.12.16

Emanuel Pastreich博士(アジア・インスティテュート代表 ワシントンD.C.、ソウル、東京、ハノイ)


COVID19は、組織的な人間の行動の土台を蝕む文化的・制度的なウイルスである。COVID19キャンペーンは、過去10年間に富が急速に集中した結果、本格的な階級闘争が出現したことと、人工知能(オートメーション、ドローン、メディア、インターネットの背後に潜む)が、人類の大多数に対する超富裕層の冷酷な戦いにおける主要兵器に変化したことという、つながってはいるが異なる二つの現象の恐ろしい結合として見るのが最も適切だ。

この階級闘争と情報戦の組み合わせが効果を発揮した決定的な要因は、大多数の一般知識人やその他の権威者が、現在の誤ったシナリオに進んで同調し、一般大衆を積極的に惑わし、注意をそらしたことであった。その結果、COVID19 「グレート・リセット 」の機密の計画、公布、施行を扱う高いレベルの人々を除いて、ニュースで流れる恐怖を煽る虚偽の報道の背後に米国で何が起こっているのかを理解している人はほとんどいない。しかし、ますます多くの人々が、米国に何か重大な問題があることを認識している。退廃した体制から見放された彼らは、企業メディアによって作られたゴミの中から真実を探すことを強いられ、理解を妨げることを主な任務とするコンサルティング会社によって作られた経済と政治を理解するための原始的なスキーマによってその理解が制限される。

階級闘争

この2年間、アメリカ社会で変化が起きている。デジタル通貨、債券、デリバティブ、その他の金融商品の操作と、銀行システムの急進的な民営化によって、ほんの一握りの超富裕層と、彼らの周りをハエのように飛び回るCEOの群れが、無から金を生み出し、その金を使って権威ある立場の人間を買収し、脅かすことができるようになった。

アメリカ社会におけるこの過激な階級的分断は何年も前から膿んでいたが、超富裕層が株の買い占めや借り換え、現金移動のための一連の融資を通じてアメリカ政府から5兆から12兆ドルを盗んだことによる経済破壊から注意をそらす手段として、COVID19危機が大々的に取り上げられたとき初めて成功したのである。金持ちは自分たちの計画を実行する時が来たと判断したのだ。.

この作戦には一連の機密指令が含まれており、すべての政府高官、そしてメディアや学会の多くの人々が、経済と政治の混乱の責任をすべてCOVID19に押し付け、この大規模な盗難について言及することを禁じた。この盗難は2020年の最も重要な出来事であったが、アメリカの選挙で言及されることはなかった。

この大規模な富の移転は過去10年間の量的緩和詐欺を凌駕し、一握りの数十億の富豪に干渉なしに経済を動かす権限を与えたが、彼らのアドバイザーは、このような動きは極めて危険で、真の革命運動が軌道に乗る前に、すべての反対者を破壊する冷酷な措置を取らなければならないと警告した。

「階級闘争」という言葉は、マルクス主義の言説の中でパンデミックし、1930年代の共産主義運動による大衆動員の中心的な柱を形成していた。しかし、この用語はもともと共産主義的なものではない。今日、「階級闘争」は歯に衣着せぬ左翼(彼らはこの言葉を色っぽい表現として使い、この文字通りの戦争を表現しているわけではない)からはまともに扱われない。むしろ、階級闘争の脅威を認識し、必ずしも正確な方法ではないが、それを図式的に表現するのは極右である。

現在進行中の計画が,0.01%の支配下で全人口を奴隷にすることを意図していることは明らかである。しかし、進歩的な人々や弛緩した左翼は、この現実に取り組むことを拒否し、稀な例外を除いて、COVID19について正直に話すことを拒否している。

階級闘争を描いた右派の人物で最も有名なのは、アレックス・ジョーンズで、彼のウェブサイトInfo Warsとニュース放送「プリズンプラネット」は、15年前に貴重な分析を提供した。ジョーンズは、企業や政府の巨大な陰謀に関する情報の体系的な公開を、トリビアやいくつかの誤解を招くような材料と組み合わせて、情報に詳しい視聴者がかなり多くを学ぶことができるような方法で行った。彼が使用する資料の多くが機密扱いであったため、報告にゴミを混ぜざるを得なかったのだろう。

今日、アレックス・ジョーンズは、民主党の一部の犯罪にのみ関心を持つ共和党の人気メディアとなった。しかし、階級闘争の話題を取り上げようとする極右の情報源は、ほかにもたくさん残っている。

しかし、進歩的な人々は、階級闘争を真剣に考えることにアレルギーがある。バーニー・サンダースは、1%の不公平な行動や利己的な行動について話すが、大多数のアメリカ人の経済的、教育的、文化的生活基盤を破壊する0.01%の組織的努力については言及しようとしない。ビル・ゲイツ、イーロン・マスク、ウォーレン・バフェットの「進歩的」ブランドの億万長者たちが、市民の生活を積極的に破壊している犯罪行為には決して触れないのである。

現在の階級闘争の戦略には、2つの重要な要素がある。

第一に、攻撃は意図的に大胆かつ極端に行われる。この「衝撃と畏怖」のアプローチによって、ほとんどの知識人が真剣な議論をしたり、政治的組織に関与することを阻害すると想定されるからだ。

このキャンペーンの核となるのが「大嘘つき」戦略である。この古代の政治的策略は、アドルフ・ヒトラーが「誰かがこれほど悪名高く真実を歪曲するような不謹慎なことをするとは誰も信じられないほど巨大な」虚構としたことで最もよく知られているが、階級闘争の第一段階において重要な役割を担ってきたのである。政府高官、学者、ジャーナリストに明らかな嘘を繰り返させ、そのような嘘を国民に浴びせることは、現在の出来事を省みる市民の知的能力を急速に低下させ、集団行動を阻害する。

嘘やごまかしの規模があまりにも大きいので、信じられないようなおとぎ話のように思える。

ケネディ暗殺事件以来、超富裕層がついた嘘はいくらでもあるが、現在の階級闘争のイデオロギー的準備の核となる二つの大きな嘘は、9.11事件とCOVID19である。両者の組織と実行には同じグループが関与し、主要な計画者は単に米国、サウジアラビア、イスラエルだけでなく、世界中から集まったと思われる。

この二つの大きな嘘の計画を最もよく例えるなら、アガサ・クリスティの探偵小説「オリエント急行殺人事件」であろう。この小説では、アメリカのギャング、カセッティが列車内で殺されるのだが、事前に合意していたライバルたちが彼を鎮静化させ、その後、各自が順番に彼を一刺しするのだ。犯行の実行が分担されていることが、事件の解明を困難にしている。すべての主要人物が何らかの形で犯罪に関与しているため、全員が偽りのシナリオを支持するよう駆り立てられ、そのシナリオが維持されなければ、全員が迫害を受け、面目を失う立場に立たされるからだ。

アメリカで最も有名な知識人が、圧倒的な科学的証拠を前にしても、9.11やCOVID19のシナリオに固執する態度は、同様のプロセスが働いていることを示唆している。

これらの事件で事実の調査を要求した少数の愚かな人々は、罰せられた。指導力を発揮した者は、孤立させられたり、破壊されたりしてきた。残りの人々は、エゴの塊のようなマスコミ報道、表面的な研究のための資金、あるいは「起業家的」なビジネスチャンスで買収されてきたのである。これらの報酬はすべて、潜在的なリーダーを無害にするようなひも付きである。

この全面的な階級闘争の準備のもう一つの重要な点は、嵐の前の驚くべき沈黙と静けさにある。メディア、学識経験者、NGO、国連などのグローバル組織、そしていわゆる急進左派でさえ、米国には深刻な問題があり、国は自由とは言えないが、基本的には物事は正常であるという印象を国民に与えているのである。

民兵が国内を徘徊し、騒乱と殺戮に従事していても、公的知識人はゴールドマン・サックスとブラックロックがどのように政治プロセスを操作し、国内テロに関与しているかという問題を取り上げようとはしない。繰り返されるメッセージは、おそらくバイデン政権のもとで状況は正常に戻るだろうというもので、市民が虚構を受け入れるか、友人や家族と交流する能力を失うしかなくなるまで、延々と繰り返されるのである。

市民はメディアによって、瞑想を始めたり、家族と過ごしたり、カフェで本を読んだりすることを勧められる。企業が支援する自己啓発の専門家が与えてくれるこのようなアドバイスの意味するところは、我々の生活におけるあらゆる緊張は、外部の力ではなく、内部の感情の結果であるということだ。

人間のような社会的動物には、社会的コンセンサスに応じて現実を定義しようとする傾向があり、日常生活の中に正常な痕跡を探し出し、政治や経済の急変という痛みを伴う現実から逃れる手段として、それにしがみつこうとする。超富裕層はこの人間の弱点を突いてくる。

こうして市民は、危機感とパニックが助長される瞬間と、徐々に正常な状態に戻りつつあると言われる時期が徐々に交互に訪れる、微妙なダンスによって、テクノ全体主義支配の新しい現実にゆっくりと引きずり込まれていくのである。パニックとリラックスの間を反省することなく織り成すこのメロディーは、市民が、時折混乱はあるが正常な社会に住んでいると確信していることを意味するが、実際には政治は、時折解放される瞬間があるものの過激な抑圧になりつつある。

このプロセスは、犯罪の責任者を理解することを挫折させる努力によって助長される。

極左、つまり社会主義平等党(WSWSのレポートを運営している)や緑の党のようなグループは、誰が何をどのように所有しているのか、真剣な分析を避けているのである。彼らは社会正義を口にするが、ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスの具体的な策略については(ほとんどの場合)沈黙を守っている。

これに対して極右は、ビル・ゲイツやジョージ・ソロスのような特定の億万長者に対してはそれなりの真剣さで追及するが、トランプ現象を作り出し、気候の破局と親シオニスト政策を推し進めてきたプレイヤーであるシェルデン・アデルソンやロバート・マーサー、チャールズ・コッチなどの億万長者には目をつぶるのである。

市民は、1)現実の階級問題を取り上げ、計画されている殺人ワクチン政権のような巨大な陰謀を描くが、気候変動には沈黙し、すべての政府を終わらせたい、シオニストと帝国主義の億万長者が我々の社会の破壊に一役買っている方法について体系的な分析を行わない右翼、という餌付きのギャンブルを提供されている。一方では、2)人種や民族の多様性を推進し、より平等な社会について語り、気候変動への対応策を立てるが、ビル・ゲイツとその友人の犯罪には沈黙し(国連を乗っ取った彼を賞賛さえする)COVID19詐欺には目をつぶる「進歩」運動が存在する。

この不愉快な選択は偶然ではない。超富裕層が、生き残るための唯一の希望は、その極端な富を利用して我々を騙し、彼らに立ち向かうのではなく、互いに戦うことだと助言され、我々に強要している。

超富裕層の顧問は、富の集中、人口の意図的な貧困化が限界点に達し、市民が組織化し始めることを知っている。彼らのスーパーコンピューターは、革命的な行動がどのように展開されるかの詳細なモデルをすでに提示している。

超富裕層は、犯罪的陰謀や少数者のための世界政府の脅威に気づく人々を、階級問題を厳密に扱う分析的枠組みを欠いている右翼に誘導したいのだ。その右翼は真実を語っているが、その理由の説明には、改革のための体系的な計画は含まれていない。むしろ、右派の主張は、中国共産党やユダヤ資本の脅威といった単純な物語に陥っている。もちろん、中国やイスラエルに直結する重大な金融陰謀は存在するが、それは複数のプレイヤーを含むAIによる金融のグローバル統合の一部に過ぎない。

一方、超富裕層は、社会の不公平や人種差別を懸念する人々を、効果のない多文化主義や気分の良い民族的アイデンティティの儀式に誘導したいのである。バイデン政権の多民族新チームは、そうしたアイデンティティ・ポリティクスの典型である。女性、アフリカ系アメリカ人、アジア系、インド系を政府、企業、軍、情報機関、学界の要職に任命する儀式は、たとえ彼らが企業金融の産物で未公開株や兵器システムの推進に深い利害関係があったとしても、「進歩」を意味するものだ。

進歩主義者の主張は、陰謀など存在せず、むしろ我々が直面している不公平は、グレタ・サンバーグと写真を撮りさえすれば正気を取り戻せる、欲深く思慮のない男たちの悪いリンゴの産物であるというものである。

ゴールドマン・サックスは、この結果に満足することはないだろう。

アッパー・ウエストサイドで言われているように、「私は進歩的なレトリックと多文化的なパフォーマンス・アートを薄く塗ったファシズムが好きなんだ」。

2018年にドリュー・ファウストがハーバード大学の学長を退任したとき、彼女がすぐにゴールドマン・サックスの取締役に就任したことを考えてみてほしい。このあからさまな利益相反について、左派は完全に沈黙していた。かつて研究の質の高さで有名だったハーバード大学は、今では学術的な業績ではなく、主に500億米ドルの寄付金で評価されている。寄付金、そして(企業の資金を追い求める)教授陣はますます投資銀行のおもちゃに成り下がっている。

指導者となりうる知識人は、無名の雑誌に退屈な論文を書くことを強いる政策によって、疎外されている。NGOの世界にいる人々は、金持ちや権力者から寄付をもらうために走り回ることを余儀なくされているため、広く訴えかけるメッセージを明確にすることができない。どれも偶然の産物ではない。

AIの活用

 

ごく一握りの超富裕層とそれ以外の人類との死闘における重要な武器は、AI、すなわち人工知能である。

AIの脅威は、注目を集める億万長者イーロン・マスクがよく触れているテーマだ。しかし、彼の警告は抽象的で、地平線の彼方にある未来の不定形の危険についてであり、今すぐ我々に対する脅威として提示されるものではない。

どちらかといえば、AIは人類の文明における必然的な発展として誇張されており、人類の大多数を疎外し、破壊するための金持ちの政治戦略として提示されることはない。AIは、市民の目をそらし、誤解させるために、創造性を高める人間の潜在能力への恩恵として紹介されている。若者は、この人間のいない異質な新しい経済で働く場所をどうにかして見つけるという前提で、コンピューターサイエンスを学ぶよう奨励されている。

人工知能は大量の情報を分析し、集約された結論を導き出すことができる。AIは、飛行機の飛行シミュレーションや有機化合物の化学反応のモデル化、気象や海流などの複雑な現象の解明などに利用されている。

しかし、これらは、企業がスーパーコンピューターに何十億も投資する際に考える懸念事項ではない。

AIには現在、2つの基本的な用途がある。

  • 1)株式や債券などのデリバティブから得られる潜在的な利益を計算し、その利益を最大化するための戦略を策定し、実行することだ。多くの場合、スーパーコンピューターはデリバティブの価値を計算するだけでなく、そのデリバティブを創造し、錬金術によって無から価値を生み出しているのである。
  • 2) アメリカを始めとする地球上の人口を大規模に操作すること。さまざまなジャンルの物語を複雑に交響曲的に表現することによって、人口を交互に、怖がらせたり脅したり、なだめたり非難したり、励ましたり安心させたりする。社会的操作を目的としたこうした刺激のパターンは、地域的、全国的、世界的に行われ、非常に大規模かつ複雑に展開されるため、この計画に参加していない限り、ついていくのが難しく、一握りの億万長者以外の誰の利益にもならない行為に従事したり、政策を支持するよう、こうしたAIによる協調キャンペーンによって説得された何十億もの人々の仲間入りをすることになる。

AIの宣伝的役割は、おそらく人類が直面する脅威の中で最も理解されていないものの1つである。それは偶然ではない。

残忍な階級闘争の次の段階が間もなく始まり、人類の大多数が貧困に追い込まれ、革命的な行動がもはや考えられないようになると、AIが市民の思考を操作する積極的な新しい役割を担うことは間違いない。

確かに、中国、日本、米国、ドイツ、ロシア、イスラエルなどが、次世代のスパコンをいち早く開発するために凄まじい競争をしているのは事実だ。しかし、この競争の詳細は、機密事項(あるいは秘密保持契約の対象事項)である。メディアで発表される情報のほとんどは、意図的に誤解を招くような内容になっている。

国家間のAI開発競争は、企業間、あるいは億万長者個人間の、自分たちのために利益計算や大衆操作に従事できるスーパーコンピューターの銀行を設立するための競争にとって、ますます二の次になってきている。

この競争において国境は重要ではない。

中米間の「新冷戦」という俗なレトリックは、グーグルとテンセント、マイクロソフトとアリババの間の利益計算における協力の度合いを曖昧にするために使われている。スーパーコンピューティングの分野では、どの程度の協力が行われているのだろうか。誰も本当のところは知らないだろう。分かっているのは、米国と中国の超富裕層は、反対運動を組織化する努力を先取りすることに同じような関心を持っているということだ。

我々は、第一次世界大戦の事例から、金融寡頭政治家の間でより高いレベルでの協力が続いている間、残忍な総力戦を行うことが可能であることを知っている。

AI戦争の本質は、中国やロシアのような国民国家が米国を真珠湾攻撃のように攻撃することではなく、世界中の市民を組織的に操作してすり潰し、経済的・知的な力を失わせることだと思われる。

AIは戦争にどう使われるのか

AIの能力は、メディアでは意図的に控えめに表現されている。ビジネスにおけるAIの応用は、モニタリングや通信から抽出された情報を操作するためのアルゴリズムを作成することであり、収集された情報が自分たちに対してどのように利用されているか、ほとんどどの市民も気づかないように保証することだ。スーパーコンピュータが国民全体を出し抜き、騙すことはそれほど難しいことではない。特に、国民がテレビゲームに夢中になったり、ポルノを見たり、食べ物やファッションの画像に時間を費やしたりしている場合は、なおさらである。

この情報戦における第一の指令は、友好的かつ繊細な方法で行わなければならないということだ。そのため、家に永久に閉じ込められるまで、ほとんど誰も何が起こっているのか理解できない。

地球上のほとんどの人間の生活のあらゆる側面に関する極めて詳細な情報がすでに入手可能であり、個人、グループ、国家、そして世界全体が将来の変化に対して可能な反応を計算するプログラムも存在する。利用可能な情報の詳細さと、複数のレベルでの反応を計算する能力は、ますます洗練されてきている。

例えば、世界には500万人程度の中核的なグループが存在し、その人たちは政治的リーダーやオピニオンメーカーとなりうるため、注意深く追跡され、その行動が予測されると仮定することができる。同時に、すべての重要なグループ(さまざまなタイプの左翼、キリスト教やリバタリアンの保守派、ユダヤ人、アフリカ系アメリカ人、ヒスパニック系など)を個別、小グループ、集合的に追跡し、政治的変化に対する彼らの反応を予測する計算が行われる。

各個人、各集団をターゲットに、複雑な行き来、報酬と罰の交替、危機と不確実性の瞬間を作り出すことによって、(企業、学校、NGO、地方、州、連邦政府の)統治における危険なシフトを受け入れるようにゆっくりと脅し、そして/または誘惑していく。

Fox Newsに説得力を感じる人は、Washington PostやAtlanticを読む人とは異なる情報提示を必要とするし、New York Review of BooksやCommon Dreamsを読む人とは異なるアプローチが求められる。世論の流動的な状態をAIが計算し、それぞれの小さな聴衆に細心の注意を払うことで、主張が微妙に変化していく。

市民はこの調整されたプロセスから、政治は危機と進歩を交互に繰り返す定常状態であるかのような印象を受ける。しかし、現実は、社会が急速に権威主義的になり、多国籍企業の道具として機能している。

科学に興味を持つ中国系アメリカ人、不動産に投資する保守的なキリスト教徒、スポーツに興味を持つアフリカ系アメリカ人など、各人口の行動や思考パターンを修正するために、どのメディアソースに、どのタイミングで、どんなニュースやドラマ、コマーシャルを入れるべきかがアルゴリズムによって決定されている。メッセージは数ヶ月から数年にかけて波状に広がっていくからである。その過程は、まるでペルーのナスカ砂漠にいる鳥の絵のように、空からしか見えず、地上の人間には見えない。MITの最も賢い頭脳をもってしても、スーパーコンピューターによって練り上げられた操作のパターンを知覚することはできない。

この情報戦のプログラムを開始するには、いくつかのステップを踏まなければならなかった。アンソニー・ファウチのような権威ある人物は、無意味にマスクの着用や社会的距離の取り方、ワクチンの接種を呼びかけ、進歩的な人々を含むメディアによって、反科学のトランプに対抗する科学のモデルとして取り上げられなければならなかった。そのためには、ビル・ゲイツが自分の営利目的の医療政策を推し進めるために、ファウチを企業のハッカーとして作り上げたことを完全に見過ごす必要があったのである。

科学的手法に杭を打ち込むと、金融エリートの利益を増進させるために、このパンデミックを操作することが可能になる。

科学に対する秘密戦争のために左派が武器化した完璧な例が、「NGO」である314 Actionによる動員要請である。この団体は、「気候変動や医療といった我々の最も差し迫った問題に科学と事実を用いて取り組む民主党科学者を選出する」という草の根運動であると自称している。

投稿では、COVIDデータベースを作成した専門家、Rebekah Jonesの「驚くべき仕事」が紹介されている。彼女は、共和党の知事から「COVIDの数字を操作・改ざんして、症例数や感染数を少なくしろ」という命令を拒否したため、解雇されたと投稿は伝えている。

従って、この投稿では、「冷酷に狙われるCOVIDの内部告発者」を支持すべきであると宣言しているのである。しかし、もしCOVIDのデータ全体がそれ自体不正で、共和党の知事こそが科学の側に立っているとしたらどうだろうか?

この投稿の背後にいる戦略家は、「進歩的」政治に慣れた人々がそのようなシナリオを頭に浮かべることができず、したがって科学の名の下に反科学のアジェンダを受け入れるように誘惑されるだろうと想定しているのである。

今日のメディアは、ビニールに包まれて運ばれていく人々の怖い写真を散りばめた絶叫記事で埋め尽くされており、組織的な恐怖を煽るあからさまな努力をしている。これらの写真や内容の多くは、捏造されたものである可能性が高い。

各都市、各州で何人がCOVID19に感染したかという新しい統計が、あらゆるところに貼り出され、現実のニュースを置き去りにしている。発生状況、治療法、ワクチンなど、どの情報も信頼できるものではなく、信憑性すらない。

つまり、ジャーナリズムのあらゆる側面が完全に兵器化されてしまったのだ。見出しの裏側では、スーパーコンピューターが、COVID-19の劇的な発生と小康状態、ワクチン開発におけるブレークスルーと挫折の物語を交互に表示する。我々は、すぐそこに希望があることを示唆する専門家の記事と、「暗い冬」を予見する他の専門家の記事を読む。 このようなプロセスにより、すべての議論は、なぜという根本的な問題ではなく、プロセスと個性について行われるようになる。企業メディアは、トランプやバイデンの性格、天気など、何が起きているのかを分析する以外のことに焦点を当てる。

このAIによる情報戦は、チェスや “囲碁 “に相当すると考えた方がよいだろう。ゴールドマン・サックスやジェフ・ベゾスが所有するスーパーコンピューターは、個人や特定の集団がますます異質な風景を普通に受け入れるように、何カ月もかけていかに眠らせるか、あるいはいかに意識を失わせショックを与えるかを正確に調整するために働いている。

政府における情報統制の私物化もまた、情報戦の一部である。

友人がマイクロソフトの「北朝鮮担当上級情報アナリスト」という求人情報を転送してきたときの私の驚きを想像してほしい。政府から情報機関の職を奪って民間企業に与えるという傾向は、過去20年間に増加し、昨年にはピークに達している。

誰に対しても責任を負わない多国籍企業は、政府の棺桶に最後の釘を打ち込むのを待ちきれない。そうすれば、「サービス」という無害な言葉を使いながら、市民の日常生活のあらゆる面を恐怖の支配下に置くことができるようになるからだ。

11月21日、CIAはAmazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud、IBM、Oracleに「数百億ドル」相当の大規模なクラウドコンピューティング契約を与えることが発表された。単純に、CIAがジェフ・ベゾス、ビル・ゲイツ、ラリー・ペイジ、ラリー・エリソンの領分に分割されると言った方がいいかもしれない。そしてそれは、実際に新聞に掲載されている部分だけである。

操作のための戦略

データ単体ではあまり役に立たない。データを操作するための戦略と組み合わせなければならない。現在の戦略は、ジークムント・フロイトの弟子エドワード・バーネイズの原理に基づいて1950年代に開発された企業や政府の広報・広告戦略に遡ることができる。バーネイズは、強力なイメージと単純化されたスローガンを通じて大衆を操作する具体的な方法を開発した。バーネイズは、人間は不合理であり、権威者によって提示された事象については、「群れの本能」に従って、安全な解釈を求める傾向があると考えた。

彼の名著『プロパガンダ』(1928)と『同意の工学』(1955)は、政治的コントロールのためのハウツー・マニュアルである。

最近では、9.11事件後、左から右へ、漫画から科学雑誌まで、合理的・科学的思考を打ち壊すような劇的な言説の変化があった。科学技術が本能と反応的思考を刺激することによって生み出された恐ろしい怪物が、我々の社会で科学の代わりを務めるために出現したのだ。

飛行機が2機墜落しただけで、鉄筋コンクリートで造られた3棟のビルが粉々に崩れ落ちるなんて、どうして考えられるのか、私には理解不能である。

しかし、アメリカ国民は、そのようなことが起こったという専門家の長い行列にさらされ、クリス・ヘッジスやノーム・チョムスキーのような「急進左派」の象徴が、このおとぎ話が疑う余地のないものだと確信させるために引き出されたのである。

階級闘争の準備のもう一つの重要な部分は、CIAやその他の組織によって行われた心理操作のための機密プログラムをさかのぼることができる。1960年代にさかのぼると、行動や思考を修正する手段として、薬物や隔離、その他の侵襲的な刺激(または感覚遮断)を用いるプログラムが、企業の支援を受けて実施されていたのである。

9.11以降にグアンタナモ湾で行われた、隔離、精神安定剤、マスク、サディスティックな虐待(元看守のジョセフ・ヒックマンによる『キャンプデルタの殺人』に書かれている)を使って囚人の精神を破壊するプログラムが、現在の大衆統制の戦略に直接的に影響を与えているのである。このようなプログラムは、「情報 」を集めることとは何の関係もない。

私はそれらの実験結果にアクセスすることはできないが、彼らが何を判断しようとしたのかについては推測することができる。脳の構造には、本人の認識や同意なしに人を操作することを可能にする明確な欠陥があり、これらの実験は具体的な方法を洗練させるのに役立った。

人間の心の中心的な弱点は、前頭前野と扁桃体の間の支配権争いに由来している。前頭前野は、環境を合理的に分析し、脳の他の部分と連携して現状を高度に計算した上で意思決定を行う。ところが扁桃体は、脅威に対して突然、合理的とはいえない「逃げたい」「戦いたい」という衝動に駆られる(しかも破壊力の強い)。扁桃体は従来、人間がすべてを捨てて自己保存を追求するために重要な役割を果たしていたが、前頭前野の判断を覆すことができるため、操作する側に大きなチャンスを与えている。

グアンタナモ湾での拷問プログラムの結果は、バーネイズの現代の弟子たちの仕事とあいまって、扁桃体を刺激してその強迫反応と短期の非合理性を前頭前野に優先させる高度な戦略の基礎となる。さらに、快楽中枢(性的興奮、食べ物やその他の官能的な快楽のアピール)も、個人の長期的な合理的計画を阻害し、反知性的な議題を強化することによって、このキャンペーンに一役買っている。この「軟化」作戦は、紛争の次のステップに備えるために、世界的にゆっくりと計画的に実行される。

事実上、高学歴で有能な人々は、このプロセスを通じて無害で受動的な存在にさせられている。高度な語彙を駆使しながらも論理的な論証に欠けるメディアや教育コンテンツの宣伝は、教養あるアメリカ人を眠りに誘うのに役立っている。『Nation』誌や『American Prospect』誌を読めば、その言語的洗練度の高さに驚くだろう。

その結果、オーストリアの作家ヘルマン・ブロッシュの小説のタイトルを借りれば、「夢遊病者」の国家が誕生したのである。ブロッホはこの小説(1932)の中で、教養あるドイツ人が目を見開いたまま第一次世界大戦という破局に導かれることを許してしまったことを描いている。ドイツの知識人は、社会的には機能的で、仕事をこなすのに洗練されており、音楽や芸術を鑑賞することさえできるが、制度や文化の崩壊の兆しにはまったく気づかないという意味で、夢遊病者になったのである。現在の階級闘争戦略は、このような行動を助長している。

この情報戦と階級闘争の恐ろしい組み合わせの次の段階は、ジョー・バイデン次期大統領が任命したCOVID19タスクフォースによって開始されるかもしれない。Vivek Murthy(元外科医長)David Kessler(元FDA長官)Marcella Nunez-Smith(イェール大学教授)が率いるタスクフォースは、COVID19に対する法的制限のない対応を追求する裁判官、陪審、執行官の役割を果たすように位置づけられている。ウイルスそのものがインチキなので、科学的な指令は最初から除外されている。バイデンの「このパンデミックを終わらせるために、私は努力も、何も、どんな約束も惜しまない」という発言は、行動と表現の自由に対する大規模な弾圧への扉が開かれていることを示唆している。

バイデンは、第二次世界大戦の戦時生産委員会をモデルにした「パンデミック試験委員会」を設立し、朝鮮戦争の国防生産法の全権限を持って連邦政府にCOVID19と戦う権限を与えることを誓ったのである。COVID19に苦しんでいると思われる人々を追跡し、何億もの強制的なワクチンで治療することを説明するための軍の動員への類推は、無作為ではない。

バイデンは、すべての人が24時間365日これらのマスクを着用することを強制する国家的な「マスク義務化」を要求している。このような動きは、医学に対する誤解と見ることはできない。政府高官、企業、市民に、たとえ論理的、科学的根拠がなくても命令を受け入れさせようとする意図的な努力なのである。

マスクの義務化と最も近い類似点は、ドイツで1941年9月1日からユダヤ人の先祖を持つ者は皆、黄色い星をつけるように要求されたことだ。科学的根拠のないこの政策は、当時の大多数の知識人やオピニオンメーカーに受け入れられ、集団間の距離を作り、敵意を助長し、非理性的で権威主義的な政策に市民を慣らす役割を果たした。一部のドイツ人が歴史上初めて黄色い星をつけさせられたのを1年間見た後、その人たちがポーランドの入植地に送り出され、二度と戻ってこなかった、このとき国民は簡単にバカを演じることができた。

同様に、アメリカ大陸では、突然この病気にかかったと報告された何千、何百万という集団のためのコロナ収容所の整備を受け入れる用意があるだろうと想像できる。自分自身が治療の対象になることを恐れる市民は、「スマートマスク」を着用したり、自宅にCCTVカメラを設置したり、企業(「政府」を装う)がよくわからない物質やセンサーを体内に注入することを認める強制ワクチンの投与を受けるしかないだろう。

これが、今日我々が直面している恐ろしい見通しである。

歴史家のハンナ・アーレントは、正しいことを書いている。

「悪は考えることの失敗から生まれる。悪は思考を阻害する。なぜなら、思考が悪と関わり、悪が発生する前提や原理を調べようとするやいなや、そこには何も見いだせず、挫折してしまうからだ。それが悪の陳腐化である」。

AIは「思考停止」を「ワープスピード」で促進し、階級闘争の次の段階での抵抗を抑制する重要な役割を果たすことになる。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました