PANDA,,PROPAGANDA IN FOCUSワクチンワクチン リスク・ベネフィットワクチンの安全性・有害事象

PANDA  ポジション・レビュー COVID-19ワクチン
PANDAの包括的な学際的レビューにより、COVID-19の大量接種は失敗した実験であったことが判明した。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.pandata.org/review-covid-vaccines-oct2022/

PANDA POSITION REVIEW COVID-19 VACCINES

2022年10月

大規模な公衆衛生措置は、常に、期待される便益と既知および潜在的なリスクまたは害との間のトレードオフを伴う。害には、短期的な害と長期的または世代間の害 (例:貧困)の両方が含まれる。また、基本的な人権の要件も常に満たしていなければならない。これらの基本的な現実は、集団予防接種を含むコビッド19事件に対する公衆衛生上の対応の多くで無視されてきた。

ワクチンには、他の薬と同様、潜在的なリスクとベネフィットがある。新しい薬物療法が導入される場合、既存の研究期間を超える予測は不可能であるため、有害性のリスクは特に重要である。このような懸念は、特に影響が予測しにくく、発達に影響を与える可能性のある子どもや妊婦に当てはまる。薬の総合的な有効性は、常に全原因の罹患率と死亡率に対する影響を測定することによって評価されるべきであり、大量使用を検討する場合にはそのように報告されなければならない。

大量かつ集団的な投薬が行われる場合、有益性の保証とリスクの回避のために許容される証拠の水準は高くなる。同意が完全なインフォームド・コンセントであるためには、既知のリスクをすべて開示し、重大な未知の可能性を持つ領域を明確にしなければならない。公衆衛生の基本原則と人権に関する国際規範に反するいかなる強制も容認することはできない。

PANDAは、COVID-19ワクチンは他の集団介入と同じように評価されるべきであり、すべての実施はこれらの基本的で広く受け入れられている原則に従うべきであると考えている。

本書では、PANDA はこれらの製品を、一般的に使用されている用語と同じように「ワクチン」と呼んでいる。しかし、これは、特に前臨床試験の少なさという点で、これらの製品をワクチンとして分類し、規制上の取り扱いを正当化する方法を支持するものと解釈してはならない。

これらの製品の新規性、特に抗原物質を作り出すよう身体に指示するプロドラッグとして働くという性質は、そのようなアプローチを緩和するはずであり、脂質ナノ粒子(mRNA製品の場合)が身体中に広く分布するように設計されており、実際にそうなっているという知識も必要であったはずだ。

SARS-CoV-2による大多数の人々へのリスクは、非常に誇張されている

  • SARS-CoV-2は、世界の人口の大多数に対して、無視できるほどのリスクをもたらすものではない。主に、高齢者、代謝不全者、免疫不全者にリスクをもたらす。
  • 多くの人は、過去に同様のウイルスに遭遇した際に、すでにある程度の免疫力を獲得していた。さらに、感染者は重症化に対する自然免疫をさらに獲得しており、これはCOVID-19ワクチン接種による防御よりも柔軟で耐久性があると思われる。このことは、これまでの免疫学的知見に基づく予想と一致している。
  • このように、ウイルスの新規性とその重大性は誇張されすぎており、急速に開発された製品を弱者に緊急かつ自主的に使用することは正当化されるかもしれないが、長期安全データがない製品を全人口に大量投与することは、昔も今も不適切な戦略であるといえるだろう。

COVID-19ワクチンは、感染や伝達を防ぐという点では成果を上げていない

  • これらの製品は、明らかに感染を防いでいない。他の呼吸器系ウイルスと同様、上気道と肺を覆う粘膜に主要な免疫防御が存在するにもかかわらず、血液を介して抗体を作り出すという作用機序から、決して期待できるものではない。
  • 極めて狭い範囲の免疫反応を引き起こすため、これらの製品は、よくても非常に変異しやすいウイルスに対して効果がなく、最悪の場合、ワクチンによってウイルスの進化に選択圧がかかり、個人または集団レベルで実際に有害となることが完全に予見された。
  • 多くの理由により、十分な規模と期間の適切に管理された無作為化臨床試験がないため、COVID-19ワクチンの有効性、特に全原因(コビッド・ラベルではなく)罹患率と死亡率を定量化することは、現在不可能である。有効性を主張する利用可能な研究は、特にデータ収集の期間が短いため、弱いものである。データ収集期間が6カ月を超える実世界のエビデンスは、有効性がゼロまたはマイナスであることと強く一致している。
  • 効果的なワクチンであれば、接種率とコビッドの負担の間に明確な負の相関関係が生じることが予想される。実際には、その逆の結果が観察される。高所得国よりも接種率がはるかに低い低・中所得国(インドや南アフリカを含むアフリカ諸国など)では、パンデミックは完全に「終わった」ように見えるのである。これらの観察結果は、これらの製品が有効であるとも、必要であるとも一致しない。

安全信号は非常に懸念される

  • 規制当局が、mRNA製品には「ワクチン」というラベルが貼られているだけで、従来のワクチン製品と同様の挙動を示すと仮定したこと、それによって前臨床研究のかなりの部分を省略することができたことは、深い欠陥があった。その結果、何十億人もの人々が、許容できないほど多くの重大な未知の部分がある製品を何度も投与されることになった。
  • 米国CDCのVAERSデータベースは、米国における有害事象のシグナルシステムであり、CDCには正常に機能するように維持する法的義務がある。虚偽の記録を入力することは重罪である。この公式データベースは、これまでのワクチンとは桁外れに高い安全性のシグナルを複数示している。
  • 特に、脳卒中、心臓発作、その他の血栓塞栓現象を引き起こす凝固異常、心筋炎(特に若い男性)、生殖器系の異常、自己免疫疾患など、あらゆる身体系に及ぶ懸念がある。注射後の免疫抑制は、感染症や悪性腫瘍のリスクを高めるという明らかな懸念があることが証明されている。
  • 因果関係はまだ解明されていないが、害が及んでいることは明らかである。適切に管理された医学的証拠レベル1(十分な規模と期間を有する無作為化臨床試験)が存在しないなど、多くの理由から、現在のところ害の大きさを定量化することは不可能である。それでも、初期の利用可能なデータは、全体的な害が利益を著しく上回っている可能性があることを示唆している。
  • すべての主要な司法管轄区において、負傷者は、政府との契約における免責によって広範な保護を享受している製造業者に対して法的救済を求めることが妨げられている。これは、製品に関連する未知の事柄や、採用された強制や義務の程度を考えると、特にひどい状態である。
  • 集団レベルのデータに基づいて害の程度を推定することは困難である。なぜなら、そのような害の一切が、報道機関、保健機関、医学雑誌を含む無数の妥協した団体によって無視され、難読化されてきたからだ。さらに、これらの害は、COVID-19へのパニック的対応の間に採用された不健全な医療行為によって引き起こされた隔離と死亡によって引き起こされた膨大な公衆衛生上の損害と絡み合っている。
  • 害を評価する際には、客観性を保つことが不可欠であり、害を過大評価することを避けることは、害を過小評価することを避けることと同じくらい重要なことである。注目すべきは、スウェーデンが成人の87%にこれらの製品を接種しているが、他の多くの国で見られるような顕著なレベルの過剰死亡は(少なくともこれまでのところ)なく、その理由はまだ不明である。

政府やその機関の対応は、科学的な要請というよりも、むしろ政治的な要請によって推進されてきたように思われる

  • 政府は、パンデミックに対して、集団予防接種プログラムという形で人工的に対応しようとしたが、それは、彼らが課した非人道的で有害な閉鎖措置にすぐに続いた。この目的のために、政府は規制当局に不適切な圧力をかけ、倫理的規範と公衆衛生の中心的教義に反する戦術を用いて国民に強制した。
  • 政府や規制当局は、これらの製品の安全性と有効性に関する保有するデータについて、透明性を確保していない。例えば、第1に、何人かの高名な科学者がファイザーの試験データの異常を発見したにもかかわらず、FDAは、試験自体の詳細なデータを含む、認可の根拠となったデータを合理的な期間内に提供することを拒否したことである。第2に、CDCは400日以上にわたる再三の要請にもかかわらず、「V-Safe」スマートフォンアプリを使って1千万人以上のワクチン接種者から集めた有害事象情報の公開も拒否し、複数の訴訟に応じてのみ公開した。
  • FDAの承認委員会の広範な利益相反、この新しいクラスの製品に関する生体内分布、薬力学、薬物動態学の研究の少なさと合わせると、発表されたデータは、義務的な投与はおろか、任意で投与されるワクチンでさえ、明らかに全住民の使用と相容れないものである。

結論

最も脆弱な集団において、十分な情報提供を受けて同意した上で、COVID-19ワクチンを慎重に自主的に使用するケースもあるが、これは、各個人にとっての全体的な健康利益を示す確固たる証拠に基づくべきものである。

これらの製品は、大多数の人々にとって、全体的な純益とリスクの比率がゼロであるか、あるいは限定的で短期間であり、6カ月後には感染リスクに対する効果がマイナスとなり、長期的な安全性プロファイルが不明であるため、禁忌とされるべきものである。

注射を受けることを義務付け、あるいは強制するために取られた措置は、公衆衛生や人権の観点から全く正当化できず、政治的あるいは利益誘導的な意図を示唆するものである。

このようなことが二度と起こらないようにするためには、規制当局の監督に大きな失敗があったことを示すものであり、改革が必要である。

集団的な薬物療法が行われる場合、有益性の保証とリスクの回避のために許容される証拠のハードルは高くなる

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました