ワクチンワクチンの安全性・有害事象ワクチン・メーカー、CDC、FDA

必読の書:なぜ70年経っても、ワクチンはリスクよりもベネフィットをもたらすという証明が得られないのか?
Must-Read Book Asks: Why, After 7 Decades, Don’t We Have Proof Vaccines Provide More Benefit Than Risk?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

childrenshealthdefense.org/defender/turtles-all-the-way-down-vaccine-science-myth/

08/15/22

医療従事者であれ、幼い子供を持つ親であれ、今日世界を席巻しているワクチン論争に生産的に関わりたいと願う人であれ、本書は必読の書と言えるだろう。

マダヴァ・セティ医学博士

book review turtles vaccine science myth feature

2019年、イスラエルで注目の書籍「Turtles All The Way Down: Vaccine Science and Myth」(ずっと亀:ワクチン科学と神話)が出版された。もともとはヘブライ語で書かれた本書は、「ワクチンは安全で効果的」という主張の裏にある証拠を総合的に検証したものである。

しかし、イスラエルの有力な医学雑誌「Harefuah」(「Medicine」)がこの本を高く評価したことで、この本は最初の評価を得ることができた。

『Harefuah』2019年9月号に寄稿した2人の上級学術犯罪学者、Nati RonelとEti Elishaは、「この本はよく書かれた、真剣で科学的で重要な本であると感じた」 「問題の包括的な見解を提供している」と述べている。

Turtles All The Way Down: Vaccine Science and Myth”は、ワクチンに批判的な本として初めて、主流の医学雑誌から肯定的なレビューを受けた。

参考記事
タートルズ・オール・ザ・ウェイ・ダウン | ワクチンの科学と神話 -Steve Kirsch

ロネルとエリシャに対する批判は、医学界からもすぐに出てきた。しかし、この本の編集者で、Children’s Health Defenseの社長兼法律顧問であるメアリー・ホランドは、この本の序文で次のように述べている。

「彼らの評価は現在も無傷である。(ヘブライ語)出版以来3年間、この本の主張に反論することに成功した医学者や医科学の専門家はいない」

この本で提供されている情報にまだ反論がない理由は簡単である。この本の1,200以上の引用文献は、主流の科学雑誌と疾病管理予防センター (CDC)、米国食品医薬品局 (FDA)、世界保健機関などの保健機関しか参照していないのだ。

この本に対する攻撃は、結局のところ医療機関そのものに対する攻撃なのだ。

このほど英語版が出版され、2022年7月から発売されている。

今日、世界を席巻しているワクチン論争に生産的に関与したいのであれば、本書は必読の書である。

カメとCOVID-19

もし、『Turtles All The Way Down』が、COVID-19が大流行する1年前に書かれたときに、国際的な医学界から相応の注目を集めていたならば、世界は今日のような苦境を避けることができていたかもしれない。

とはいえ、この本は今でも十分通用する。『タートルズ・オール・ザ・ウェイ・ダウン』は、現在のCOVID-19ワクチンキャンペーンの明らかな失敗を列挙するのではなく、その代わりに、なぜ私たちはワクチンの失敗を当初から予測していたはずなのに、そうしなかったのかについて説得力のある説明をしているのだ。

私は医師であり、米国でも有数の研究機関で研修を受けているが、2020年の夏、mRNA技術やワクチン全般についてよく知らなかった。

つまり、私は多くの医師と同じだった。ワクチンがどのように作用するかは原理的に知っていたし、ある時期には、子どもたちに推奨される予防接種のスケジュールを暗記していた。

CDCがファイザー社の製剤を緊急時使用許可に必要な最低限の有効性を満たしていると発表したとき、私は国民が安堵のため息をつくのを目の当たりにした。

また、この現代医学の贈り物を受け取るために、同僚たちが嬉々として予防接種クリニックへの訪問を計画しているのを目の当たりにした。

私の同僚は誰も、この試験の結果に興味を示さなかった。また、なぜ保健当局がこれほどまでに自信をもって評価したのか、その理由にも興味を示さなかった。

ファイザー社のBNT162b2 mRNAワクチンの多施設共同試験の結果がNew England Journal of Medicine (NEJM)に掲載されたとき、少なくとも目の肥えた私たちには、答えよりも疑問が多いことは明らかだった。

NEJM誌によれば、確かに試験データは、「ワクチン」が重症化を防ぐのに90%の計算上の効果があることを示していた。しかし、それは数週間のことであり、最大効果の時点(2回目の接種から2週間後)から測った場合のみであった。

しかも、約4万人中、重症のCOVID-19になったのは10人(うち9人はプラセボを投与)だけだった。つまり、1人の重症COVID-19を防ぐために、約2,500人がワクチンを接種しなければならなかった。

1,000人中6人が、生命や手足に差し迫った危険があり、入院や外科手術が必要で、後遺症が残るような反応を示したと判断された。

COVID-19の重症化を1例防ぐごとに15件の重篤な有害事象が発生するような治療法を、なぜ国民が受け入れるのだろうか?

そして、試験から不審な脱落者が出たことについてはどうだろうか?なぜ、プラセボに比べ、2回目の接種から7日以内に5倍ものワクチン接種者が試験から脱落したのだろうか?

この311人のボランティアはどうなったのか、なぜ2回目の投与後すぐに試験から除外されたのか (VRBPAC Memorandum, 表2 )。

きっとFDAは厳しい質問をするはずだ。でも、そうならなかった。私の知人もそうだった友人も隣人も同僚の医師も。

なぜ誰も質問しなかったのだ?

その理由は、西洋医学と、歴史的に人類に壊滅的な犠牲を強いてきた病気に対するその明白な勝利記録に関して、私たちの社会が深く抱いている疑う余地のない信念に根ざしているのだ。

ワクチンは、近代医学が人類にもたらした最高の貢献であると多くの人が考えているため、COVID-19ワクチンは大成功を収めると推測された。ワクチンには強力な神秘性がある。病気を治すのではなく、予防する。私たちを健康にしてくれる

そして、ポリオのようなものはもう存在しない(少なくともこの辺りでは)ので、その効果はわかっている。そうでなければ、生後数時間から人間に注射する (Hep B)ようなことはしないだろう?

COVID-19の試験結果について質問するだけで、現代医学に対する攻撃と見なされた。この医学は、国立衛生研究所、CDC、FDAなどの公的機関によるモニタリングのもと、最高水準の倫理と安全性を維持しながら、革新的な技術と研究により客観性をもって揺るぎない真実に到達することで賞賛されている機関である。

COVID-19ワクチンへの疑問は、すべてのワクチンへの疑問と同一視された。非科学的というだけでなく、非国民と見なされた。それは単に不人気というだけでなく、異端視された。人類の世俗的な救世主に対する攻撃だった。

当時、何が起こっていたのかを知るためには、まず、私たちがどのようなレンズを通して見ていたのかを検証する必要があった。発表された研究の補足資料にある表の中の怪しい数字を紹介しても、多くの人の考えを変えることはできない。これは、私自身が証明している。

「タートルズ・オール・ザ・ウェイ・ダウン」は、この問題に唯一可能な方法、つまり最初からアプローチしている。

ユニークでタイムリーな一冊

科学界ではよく言われる逸話で、「Turtles All The Way Down」というフレーズがある。

ある老婆が、天文学者から地球と太陽系の位置についての講義を辛抱強く聞いていたところ、彼の「理論」に同意できない、もっと良い理論があるはずだと突きつけられるという話である。

と聞くと、「地球は4頭の大きな象の肩に支えられていて、その象はさらに大きな亀の甲羅の上に立っている」と言う。

と質問すると、女性は自信たっぷりに「もっと大きな亀の上に乗っているのよ!」と答えた。「ほら、ずっとカメなのよ!」

論理を捨て、探究心が浅いままだと、神話が証拠代わりになってしまうという話だ。

この「カメ」の逸話は、素人と科学者との間の議論における一般的な傾向の解説でもある。理性的な専門家は、「非科学者」の持つ愚かな考えの背後にある欠陥のある理由を、最も基本的な質問をすることで常に巧みに明らかにすることができる。

しかし、逆に私たちがワクチン科学に関する最も基本的な疑問に対する答えを求めたらどうなるのだろうか?公衆衛生機関は、どのようにしてすべてのワクチンが安全で効果的であると知ることができるのだろうか?

「安全で効果的」という物語全体が、包括的で再現性のある証拠ではなく、最終的には薄い空気の上に成り立つ一連の相互依存的な神話に過ぎないということはないだろうか。

ずっと亀が続いているのだろうか?

この本は、他の本が成功しなかったところで成功した

この作品群の良さを語る前に、もう一つ、著者が匿名であることの特殊性を述べておきたい。

その理由は、ホランドが説明するように明白である。

「誰かが公式のシナリオに疑問を呈すると、それがどんなに些細なことであっても、また妥当な主張であっても、その人物は直ちに攻撃される。」

匿名であることは、自らのキャリアや評判を守るだけでなく、著者たちにもう一つの利点を与えている。ワクチンの安全性と有効性について、確固とした、首尾一貫した、事実に基づいた批判が現れたとき、デバンカーやいわゆる「ファクトチェッカー」は、反対する証拠となる議論では対応できないからだ。なぜなら、彼らは反論できないからだ。単に反論がない。

つまり、「科学否定派」や「反ワクチン派」といった蔑称を使って著者を攻撃し、読者を誤解させたり、ワクチンについて好ましくない結論を導く本は、きっと無知な人間が書いたものか、下心を持ったずる賢いインチキ薬のセールスマンが書いたものに違いないと信じさせたりする。

悲しいことに、これはワクチン科学に関する健全で必要な議論を抑制するための非常に効果的な方法であることが証明されている。

著者は身元を隠すことで、彼らの作品に対する予想される攻撃を回避している。

しかし、そうすることによって、別のしわ寄せが来る。その本が、信頼できる科学者が、長く複雑なトピックのあらゆる側面を紹介しようとする真摯な取り組みなのか、それとも、匿名で大衆を欺くことに喜びを感じるヤブ医者や似非科学者の思索なのかを、読者はどのようにして判断するのだろうか。

答えは簡単だ。読むしかない。多数の引用文献を確認する。友人や家族、医師と議論する。

そう、自分の頭で考えなければならない。目まぐるしく情報が飛び交い、誤情報の告発が頻発するこの時代、遅かれ早かれ、今起きていることを自分の知恵で理解しなければならない現実に直面することになるだろう。

『タートルズ・オール・ザ・ウェイ・ダウン』の著者は、世間が置かれている苦境を認識しているのだと思う。このことが、この本が非常にパワフルである理由の一つである。読者に予備知識はほとんど求められない。このため、素人にも医療関係者にも適切な内容となっている。

また、一般読者にも理解できるようにすることで、広くアピールすることができた。しかし、信頼できる情報源からの1,200以上の文献を含めることで、物事の真相に迫ろうとする人が「事実」を過度に単純化したものとして排除することはできないのだ。

「安全で効果的」というワクチンの物語が科学的なのか、それとも単なる神話なのかという素朴な疑問に答えるためには、まず基本から始めて、どんなウサギの穴が現れるのか、そしてそれがどこにつながっているのかを確認しなければならない。

この本は、まさにそれを実現している。

  • 第1章では、ワクチンの臨床試験がどのように行われているか、また、この種の調査から得られるものの限界について述べている。もし、CDCの小児用スケジュールにあるどのワクチンも、真のプラセボに対してテストされたことがないとしたら、私たちが子どもに注射する製品の安全性について、どれだけのことがわかるだろうか?
  • 第2章では、もう一つの深刻な現実が語られる。ワクチンが人間の生理機能にどのような害を及ぼすかについて、科学的な調査はほとんど行われていない。ワクチンがどのように悪影響を及ぼすかについての理解なしに、どうして悪影響がないと言えるのだろうか?
  • 第3章では、「有害事象報告制度」に対する率直な批判を展開している。この制度は、それほど強力でない臨床試験が行われ、数千万人以上にワクチンが投与された後、安全性のシグナルを捕らえる役割を果たすとされる。それらは機能しない。しかし、意図的にそのように設計されているのだろうか?
  • 第4章と第5章は、疫学研究がいかに簡単に操作されて、望ましい結果を生み出すことができるかを示している。著者らは、議論を仮説にとどめず、ワクチン推進派によって広く引用されたいくつかの研究を解剖し、その方法論と結論に浸透しているバイアスを明らかにする。
  • 第6章では、小児期の予防接種スケジュールは十分に検証されているという私たち保健機関の主張を攻撃している。この主張は事実に基づいているのだろうか、すなわちランダム化比較試験によるものなのだろうか?いいえ、そうではない。ワクチン接種を受けた子供と受けていない子供との間の大規模で長期的な観察研究を通してはどうだろうか?これもまた違う。確かにそのような研究は、ワクチン懐疑派を黙らせるだろう。なぜそうしないのだろうか?
  • 第7章では、ワクチンの接種時期や量が最適であるばかりでなく、安全であるという一般的な考え方の背後にある証拠の欠如を明らかにしている。
  • 第8章では、ワクチン・ドグマに強烈な一撃を加えている。小児ワクチンプログラムの対象となる疾患による死亡率は、ワクチン接種が普及する前のピーク時からすでに大幅に減少していた。そして象の影:なぜ小児ワクチンプログラムの拡大以降、慢性疾患の発生率が爆発的に上昇したのか?
  • 第9章では、著者は集団免疫について教えてくれる。集団免疫とは、より大きな利益のためにワクチン接種キャンペーンに参加するよう、一般の人々の前にぶら下げられたニンジンのことである。しかし、私たちの子供たちに接種されるワクチンのうち、集団免疫を実現するのに十分なワクチンはごく少数であり、たとえ多くのワクチンが並んだとしても、集団免疫を実現することはできない。その通りである。集団免疫とは、まず、あるワクチンが感染や伝播を防ぐ能力を備えているかどうかの関数である。もしワクチンがこれを提供できなければ、集団免疫は達成されない。以上。

ここまでの本を素直に読めば、目の肥えた読者の多くは、ワクチンの話が実は科学よりも神話に根ざしているのではないかという可能性に気づくだろう。

真のプラセボに対するテストが行われていないのに、どうして小児用ワクチンの安全性を確認できるのだろうか?

反ワクチン派の人たちが使う「恐怖の戦術」が、ワクチンによって破壊された以前の健康な生活の正確な物語でないと、どうしてわかるのだろうか?もしCDCが、私たちの報告システムは有害事象のほんの一部しか捉えていないと認めているなら、有害事象が極めて稀であるとどうして言えるのだろうか?

なぜ今日、多くの子どもたちが慢性的な病気に苦しんでいるのだろうか。50年前の公立学校では、吸入器やエピペン、ナッツ類禁止のテーブルがどこにあったのだろうか?

税金と多国籍営利製薬会社から多大な資金を得ている私たちの公衆衛生機関は、なぜワクチンを接種した子供と接種していない子供の総合的な健康を比較する適切な規模の研究を行い、この問題全体をきっぱりと片付けないのだろうか。

最大のカメ

第10章では、ついに最大のトピックに到達する。多くのワクチン推進派、特に医師にとっては、時折、活発な議論を交わすことができるかもしれないが、これはハードなストップである。

しかし、ワクチン科学に対する真摯な批判は、現代のワクチン運動の申し子であるポリオの話題を回避することはできない。

著者はこの課題から逃げることなく、本書の4分の1をこの両極端の問題に割いている。著者は、「なぜ、欧米でソークワクチンが普及する前にポリオの発生率がすでに減少していたのか」「なぜ、世界保健機関が第三世界各国で集中的にワクチンキャンペーンを行ったのと同時に、ポリオ様の麻痺の発生率が3倍になったのか」など、非常にシンプルな問いを投げかけている。

この疑問は、他の疑問へとつながり、さらに他の疑問へとつながっていく。これらの疑問に答えられない限り、この最後のカメを支えているのは何なのか、何かあるとすればそれは何なのか、と考えざるを得ない。

ほぼすべての人が楽しめる

この本は万人向けではない。もしあなたが、私たちが何十年もの間、公衆衛生機関に惑わされてきたという可能性を考えたくないのであれば、私は代わりに、企業資金で運営されているメディアやCDCの公報を紹介したい。この公報では、小児ワクチン接種プログラムに関して急速に増えている科学者や健康専門家からの批判が無視されている。

他方で …

もしあなたが、信頼できる情報源からの膨大な量のデータや研究を利用したいのであれば、この本を全部読むことをお勧めする。

もしあなたがワクチン愛好家で、愚かなワクチン訓話で時間を無駄にしたくないのであれば、各章の最後にある反証のセクションを読んでいただきたい。ここでは、著者の主張に対する最も一般的な反論を列挙し、直接的に対処することで、彼らの主張を一歩進めている。

タートルズ・オール・ザ・ウェイ・ダウン(ずっと亀) 【反論セクション】

もしあなたが幼い子供を持つ親なら、少なくとも著者が提案する信頼できる小児科医や家庭医に投げかけるべき質問を読んでおくことをお勧めする。

最後に、あなたが医療従事者であるならば、本書は不可欠なものである。遅かれ早かれ、あなたの患者は著者が問いかけ、答えているのと同じ質問をあなたにするだろう。

少なくとも、トピックごとに整理された何百もの重要な出版物へのリンクを一カ所で提供し、今後の参考とすることができる。

Turtles All The Way Down: Vaccine Science and Myth”は、反ワクチン宣言ではない。著者は、すべてのワクチンが明白に劇薬であるという証拠を提示したわけではない。

それどころか、どのワクチンも安全であることを証明する証拠がないことを、非常に効果的に示している。公式の公共サービス広告、ソーシャルメディアキャンペーン、高速道路の看板広告、小児科医院のポスターなど、そうでないとするものが大量にあるにもかかわらず、である。

著者は、私たちがより深く掘り下げ、明白な疑問を持つよう促している。なぜなのか?なぜ、70年経っても、ワクチンがリスクよりも利益をもたらすという証拠がないのだろうか?

真のプラセボはより安全で、より多くの情報を提供するはずなのに、なぜ小児用のすべてのワクチンは、安全性を確立するために他のワクチンや非プラセボと比較してテストされるか?

なぜCDCは、不十分なワクチン有害事象報告システム (VAERS)を、10年前にモデル化された実用的なソリューションに置き換えようとしないのだろうか?

ワクチン未接種の子供とワクチン接種を受けた子供の総合的な健康状態を比較する研究は、なぜこれまで行われてこなかったのだろうか?

著者は、これらの質問に答えることを丁重に控えている。できないし、推測しても何も得るものがないからだ。

しかし、これは著者に問うべき問題ではなく、明らかに回答する気のない私たちの公衆衛生当局に問うべき問題なのである。

この記事で示された見解や意見は著者のものであり、必ずしもChildren’s Health Defenseの見解を反映するものではない。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました