3型 化学毒素多種類化学物質過敏症(MCS)

多種化学物質過敏状態(化学物質過敏症)
Multiple Chemical Sensitivity

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5794238/

2017年11月3日オンライン公開

要旨

目的

Multiple Chemical Sensitivity(MCS)に関する過去約17年間の系統的な文献解析を行い、新たな診断・疫学的根拠を見出すことを目的とした。MCSは、様々な一般的な汚染物質への低レベルの曝露の結果として発現する複雑な症候群である。その病因、診断、治療法については、研究者の間でいまだに議論が続いている。

方法

PubMed、Web of Science、Scopus、Cochrane libraryで、特定のMESH用語とMESHの小見出しを組み合わせて、またGoogleでも自由検索で照会した。

結果

1)研究デザインの類型、2)症例定義の基準、3)救急部への受診と入院の有無、4)危険因子の分析、を確認し、研究を分析した。

今後の展望

このレビューでは、一般的な考察と将来起こりうる研究のための仮説を示した。


学習目標

  • 最近提唱された”evolveutive framework 」を含め、multiple chemical sensitivity (MCS)の歴史と現在の概念に習熟する
  • MCSに関する最近の研究レビューの結果について、その種類、特徴、知見を含め、議論する
  • MCSに関する患者評価とさらなる研究への示唆を論じる

多重化学物質過敏症(MCS)は、現在、特発性環境不耐症(IEI)の広義の定義に含まれ、電磁場などの物理的危険因子も含まれる。これは、様々な環境汚染物質(溶剤、炭化水素、有機リン酸塩、重金属)を、一般人にとって有害な用量とされる「閾値」(TLV)以下の濃度で暴露した結果、発現する多系統疾患である1-4。

50年代初頭、アレルギー専門医のセロン・G・ランドルフ5が、業務に関連した物質、あるいは広義の環境物質など、ほとんどの人にとって有害と考えられる濃度以下のさまざまな物質に暴露された後に発病する患者がいることを初めて指摘した。Randolph博士らは、MCSに起因する症状を説明するために、アレルギー反応と不適応の可能性を推測している。急性毒性曝露と同様に、亜毒性曝露も、代謝的・遺伝的素因を持つ一部の人々にとっては、物質感作のプロセスを徐々に進行させる可能性があると考えられている。

しかし、ユニークで確実な診断マーカーを見つけることが困難なため、1960年代から今日に至るまで、本症は代謝的、遺伝的、免疫的、疫学的、病因的、症状的、治療的に分析され、症例定義の基準も徐々に改訂されてきた。現在では、Cullen基準6,Lacour基準7,1999年版コンセンサス8が最も広く受け入れられている。初期スクリーニングには、さまざまな質問表が使用される。「環境暴露と過敏症」(EESI)またはその短縮版「環境暴露と過敏症の簡易目録」(QEESI)9-11,「Huppe質問票」12,「感覚過敏のための化学物質感受性尺度」(CSS-SHR)13,化学物質と環境感受性に関するドイツの質問票(CGES)14などである。

症状の観点から、いくつかの産業専門家は、イタリアで法案N 1922に示された本症の発展的枠組みの非網羅的な例として、次のようにまとめている15。

ステージ 0  – 許容

この段階では、特定の有害物質の許容量を超えない限り、個人は通常、自分を取り巻く環境に適応することができる。

ステージ1-感作

このステージは、低用量への慢性的な暴露の結果、および/または個別の急性暴露の後に経験される可能性がある。皮膚、眼、呼吸器への刺激、かゆみ、疲労、筋肉や関節の痛み、頭痛、吐き気、頻脈、血圧の変化、平衡感覚障害、寒さや熱の感覚、呼吸困難、認知障害やぜんそく、末梢循環不全、免疫障害、胃腸疾患などの障害を訴えることがある。

ステージ2 – 炎症

さまざまな組織、臓器、システムの負荷で慢性的な炎症が発生。専門医の検査で発見できる様々な障害の発生:皮膚炎、血管炎、免疫、内分泌、代謝疾患、食物および環境アレルギー(ほこり、花粉など)関節炎、大腸炎、鼻炎、呼吸困難、喘息、筋肉疲労、失神、認知遅延、末梢循環不全、出血、その他。この段階の持続と悪化は、曝露とその回避、および治療を受けることに依存する。曝露後、症状は数週間とは言わないまでも、数日間持続し、変動することがある。

ステージ3 – 悪化

慢性炎症は、組織や臓器にダメージを与える。中枢神経系、腎臓、肝臓、肺、免疫系、循環器、血管、皮膚などが侵される。全身性エリテマトーデス、虚血、心不全、癌、自己免疫、神経変性および精神症候群、出血型、ポルフィリン症などがこの段階にある最も一般的な疾患である。

化学物質の多くは一般的な環境汚染物質であり、これらを完全に避けることは現実的に不可能であるため、本疾患を発症した人は、到達した段階に応じて、一般人よりも脆弱であると考えられる。

さらに、診断の難しさから、初期の段階では、医師も患者も、報告された症状と暴露との間に因果関係を見出せない可能性がある。そのため、MCSと診断されず、他の疾患と混同される可能性がある。

以上の考察を確認するために、基本的に二つの異なる科学的アプローチが並べられる16-18。

  • (1) 毒性学的アプローチ(主に生態系に詳しい臨床医に支持され、上記のようなエクスカーションを認める
  • (2) 精神医学-心身医学:このような障害の原因を、化学物質への曝露が減少したとはいえ、過剰で異常な反応の結果としてではなく、内因性の自己誘発的な原因として報告する傾向がある

国際的・国内的な認知度

IEIは、WHOの「国際疾病分類」2010年改訂版(ICD10)において、以下のコードにより臨床症状としてコード化されている。

  • (1) J68.9:ヒューム、ガス、化学蒸気の吸入による特定不能の呼吸器症状
  • (2) T78.4:specified アレルギー(アレルギー反応 Nitrous Oxide System (NOS) – Hypersensitivity NOS -idiosyncrasy NOS)

これらのコードの非特異的な性質、診断の難しさ、報告された症状の多さにより、探索的な疫学的推定しか行うことができない。

イタリアでは、各地域の保健当局と保健省が、イタリア国立衛生研究所(I.S.S)に対して、MCSに関連する症状を持つ患者のケアプロトコルを確立するための技術的・科学的意見を正式に要請している19。

IIAAC/SCMワーキンググループは、このテーマに関する文献の分析から、診断と治療の道筋について、次のような示唆を得た。

  • (1) 化学的リスクの特定、臨床検査、機器検査、実験室検査、被験者の説明用書式、診断過程の結果の要約用書式。必要な場合は、ベストプラクティスとエビデンスに基づく医学に従った対症療法が必要である
  • (2) 対照臨床試験を含む研究プロジェクトの奨励

イタリアの上級健康審議会が表明した意見に従い、厚生省はMCSを希少疾病として認めていない。これは、病名認定が困難であるためである。

しかし、症状の重篤化により、ライフスタイルの変化や仕事の中断を余儀なくされ、訴訟や賠償請求のきっかけとなるケースもあることを指摘している16。

また、この症状は化学物質への曝露と関連しているため、職業集団によってはよりリスクが高くなる可能性がある。イタリアの「労働災害保険研究所」(INAIL)は、この症候群の法的、医学的、職場モニタリング的な側面に関与している20。

狙い

イタリア国立衛生研究所の作業部会が実施したレビューで示された結論に基づき19,研究の方法論、診断上の証拠、関連する意見を確認するために、過去17年間の文献を分析することにした。

方法

いくつかの科学データベースで17年間(最初の論文の日付1998年5月から最後の論文の日付2015年12月)の体系的な書誌調査を行った。PubMed, Web of Science, Scopus, and the Cochrane library. MCSをキーワードとした自由検索は、特定のメッシュの小見出し:病因、診断、疫学と組み合わせて行った。英語またはイタリア語の研究のみを分析対象とした。

以下の主要なトピックを調査対象とした。

    • (1) 研究デザインのタイプ
      • 化学的刺激による実験的研究
      • 観察研究(横断的研究、症例対照研究、コホート研究)
    • (2) 症例」の定義、包含基準および除外基準
    • (3) 救急外来(ED)への受診および入院の有無
    • (4) 危険因子の分析

原則として、レビューやディスクリート、一般的な論文や解説は除外し、様々な情報源から参考文献として収集した、この研究の目的に最も適した論文を対象とした。

軍関係者(湾岸戦争、カンボジア)歯科用アマルガムによる感作を示す個人、電磁場にのみ感受性のある個人など、リスクのある集団や個人を対象とした研究は含まれていない。

上記の研究基準の結果、n = 73の科学論文が分析対象として選択された。

結果

ヒトに対する実験的研究(誘発被ばく)

上記の選択基準を適用した結果、MCS 患者またはその疑いのある人を対象とした実験的な化学物質誘発 研究を行った27 件の論文14,21-46が抽出された。

包含基準の分析

ほとんどの研究において、化学物質過敏症に関連する複数の症状を持つ個人が選ばれている。また、化学物質への曝露に対する不耐性を評価することを目的とした面接や質問票の結果に基づいて、化学物質過敏症に関連する複数の症状を有する個人を抽出した。質問票には、QEESI29,30,Chemical Sensitivity Scale25,42,CGES14,43,44が含まれる。

除外基準の分析

除外基準がある場合は、実験デザインによって不均一で、多かれ少なかれ厳密である。例えば 2003年のHaumannら14や2007年のLeeら38は、出産年齢の女性における周期的なホルモンの変化など、潜在的な問題を排除するために男性 (M)を選んでいる。他の研究では、女性(F)のみであり、28,29,31,33,35-37は、さらに、この症候群に最も影響を受けている性別である。

除外基準のうち、著者によって判断され指定された場合、いくつかの研究では、喫煙、妊娠及び/又は授乳、21-24,30,37,41 アルコールや薬物の乱用、治療などの条件が含まれる21,22,30,33,37,41。一部の疾患は除外基準として考慮されている。例えば、糖尿病、癌、HIV、神経・精神疾患、情動障害、脳への放射線・外傷、腎臓・肝臓疾患、甲状腺機能低下症、嗅覚障害、肺・心臓血管・内分泌疾患などである21, 22, 30, 33,37, 41,44-46 慢性疲労症候群、線維筋痛症、過敏性腸症候群、23,24,30,41 アノスミア(嗅覚脱失)およびアレルギー性鼻炎 高血圧、高脂血症30または一般的に神経および免疫の問題でMCSおよび上気道の病気を模倣することができる。27 Lacourら7は、本症に重なる可能性があり、除外すべき疾患と、MCSの診断を除外しない疾患をリストアップしているが、一般に、異なる著者は、特定の調和されたコンセンサス文書に言及することなく、除外方針を明らかにしている。

救急外来と入院

通常、救急外来や入院に関する具体的な情報はないが、病院・診療所の待合室や本症の特定の研究センターから被験者を募集している場合がある。

危険因子の解析

Das Munshi et al47により、挑発試験についてのみ 2006年までのレビューが行われている。今回のレビューは2015年まで更新されている。

レビューの結果を表11にまとめた。我々は、以下の共通基準で定義されたグループに異なる研究を分類して、画像研究と非画像研究に基づいて論文を細分化した。(1) 研究デザイン(対照の有無)(2) 物質への曝露レベル、(3) 誘発曝露の様式、(4) 結果、および(5) 結論の種類(心身医学的アプローチと毒性学的アプローチ)である。

表1 ヒトを対象とした化学物質誘発試験後の画像および非画像解析。結果と結論
画像解析の種類 参考 sMCS/コントロールズ 物質レベル 露光モード 結果 毒性学的・心理学的理論に基づく結論
画像解析 ペット , 26/11 無害 フェイシャルマスク付きエアゾール MCS 患者では、バニラ刺激時の扁桃体および 嗅覚野の18F- FDG 代謝が、対照群と比較して増加した。著者らは、得られた結果は、MCSが中枢神経系と嗅覚中枢の両方の反応性を高めるとする理論と一致すると結論づけた 毒物説の推測(神経原性炎症)
SPECT 8/8 TLV以下の危険性 露光機 対照群に比べ、MCS群では頭頂葉、側頭葉、眼窩前葉の小皮質領域で脳底部灌流低下が認められた。また、化学物質曝露後、嗅覚処理に関連する脳領域(海馬、扁桃体)が低活性化した。神経心理学的検査では、MCS患者は、化学物質への曝露後、集中力、記憶力の低下、さらには反応の鈍化を示す 毒性説の推測
非画像解析 ,, 48/57 TLV以下の危険性 露光装置またはダイナミックオルファクトメーター これらの研究では、化学物質への曝露があった場合にのみ、患者は身体的および精神的な症状を示した 毒性説の推測
画像解析 近赤外 16/17 無害 スティックテスト 証明の繰り返しは、MCS患者の前頭葉部分の活性化を決定する。すべての嗅覚刺激が同じ結果をもたらすわけではないが 心理学理論を推測する
ペット 12/12 危険なもの、無害なもの ボトル また、MCSでは、感情に直接関係する前帯状回と前楔状回が活性化される 心理学理論を推測する
非画像解析 110/91 TLV以下の危険有害性、および/または無害 曝露室またはスティックテストまたは動的嗅覚測定器 治療前後で、いくつかの生理学的パラメータに関して、MCS、およびMCSと対照群との間に統計的に有意な差は認められなかった。いくつかの研究で見られた唯一の違いは、おそらく心身の反応に起因するものであった 心理学理論を推測する
, 87 sMcs、コントロールは指定なし
画像解析 MRI 10/コントロールなし TLV以下の危険性 特になし 有機症候群が2名、MCS/IEIが2名、その他は低コンドリアの症状が認められる 個々の患者の臨床評価に基づいてケースバイケースで評価した結果、結論は出ない
25/26 ダイナミックオルファクトメーター 嗅覚系は亢進していない。IEIでは視床と下前頭回のみが対照群より高活性であった。MCS群では、上前頭回が対照群に比べ低活性であった 結論なし
非画像解析 84(におい迷惑29,一般迷惑39,磁場16) 53対照群 TLV以下の危険有害性、および/または無害 暴露室またはスティックテストまたは動的嗅覚計ボトル 限られた、あるいは議論のある結果 結論なし
158/177
健常者39名(sMCS低値・高値)

MCS:多重化学物質過敏症、sMCS:MCS疑い、TLV:閾値限界値。


また、画像解析は解像力が異なるため、その種類を明記した。

化学的刺激が5%から35%の濃度の二酸化炭素のみである研究48とカプサイシン49,50は、この分類に含まれない。

観察された研究は、フェイスマスクや動的嗅覚計によるエアロゾル、21,22,32,36,42,43 温度・湿度が制御された化学室14,23-25,33,37,40,41,44-46または瓶、28,31や浸した紙ディスク、スティックを通して嗅ぐなど、異なる物質曝露方法を示している26,27,29,30,43 21,22,26,27,29-31 揮発性有機化合物(VOC)アルコール、一般的な溶剤のように有毒なものもあるが、その濃度は常に法的限界以下である。多くの著者は、ストレスが重要な危険因子であることに同意しており、この症候群の心身症的起源を推測している。他の研究者は、この説を否定し、PET、SPECT、MRI分析によって、対照群に対するMCS症例の前頭および前頭前皮質の低活性に関連する神経原性の炎症起源と辺縁系の刺激に対する過剰反応21,22,25,46を支持する傾向がある。

論文の分析から、派生する結論に基づいて以下のような図式(表(Table1)1)を導き出し、大きく3つのグループに分けた。

A=毒性学的理論、B=心理学的理論、C=結論なし。

イメージング研究

これらの研究は、被曝の種類、使用物質の違い、症状の重症度に関しても対照群からMCS(sMCS)容疑者を分ける際に採用した選択基準の違い、そしておそらく使用した画像処理技術の出力分解能の違いにより、均質な結果を導くことができなかった。

また、検査件数やサンプル数が限られていることも多い。これらの考察に基づき、我々は、嗅覚刺激後、sMCSにおいて扁桃体と嗅覚皮質の過活動が検出され、対照群に見られる前頭葉と前頭前野の活性化と相殺されないいくつかの研究を紹介する。これらの代謝の違いが、sMCSと対照群との嗅覚刺激に対する反応の違いの基礎となり、神経細胞の炎症を伴う過剰反応と辺縁系感作という毒性学的理論を示唆している。Orriolsらも同じ結論に達している。25結果は、上記の著者らが指摘したものとは異なるが、いずれにせよ、刺激処理における脳の機能障害を示唆している。彼らによると、嗅覚刺激の繰り返しは、トップダウンの規則に従って、情動反応30とMCSの嗅覚領域の活性化の減少を引き起こすだろう31。

非画像研究

一方、14,26,32,37,40,41,42,45では、対照群と比較して、sMCSにおける心理的反応、あるいは症候群発症の危険因子としての不安について推測されている。これらの著者によれば、心拍、血圧、呼吸などの生理学的パラメータがsMCSと対照群との間で変化すること、むしろその反対、つまり、刺激後に他のいくつかのパラメータ(例えば、コルチゾールレベル)に変化がないことは、問題の感情的性質を証明することになるであろう。

表で説明したように、他のいくつかの研究では、著者が結論を出せないような論争的な結果を示している23,24,27-29,33,39,43。

標準化の重要性に関する画像解析の考察は、非画像解析の研究でも有効である。

観察研究及び縦断的疫学研究

今回のレビューでは、以下の項目について分析した。

  • (1) 有病率に関する24件の横断的研究
  • (2) 22 件のコホート・症例対照研究を分析した

疫学研究の多くは、面接や様々な種類の質問票51-60,あるいはEESIやQEESI、61-74 CGES、75 Huppe、76 Environmental medicine questionnaire (EMQ), or chemical sensitivity scale for sensory hyper-reactivity (CSS-SHR), 50,77 Chemical Odor Intolerance Index (CII)など標準的質問票で対象者を募集している。78,79 時には、診断方法を指摘することなく、医師によって本症が診断されていることもある80,81。また、Cullenが記述した包含基準をLacour 改訂の有無にかかわらず引用した論文もある。

除外基準の分析 除外基準は標準化されておらず、研究モデルに応じて個々の著者が決定しているため、この基準が明示されている研究66-69,72,75,79と明示されていない研究の両方がある57-59,61,64,82,83。

救急外来と入院 通常、救急外来や入院の有病率に関する具体的な情報はないが、病院やクリニックの待合室やこの症候群のための特定の研究センターから被験者を募集している場合もある61, 64-68, 76, 82, 83。

危険因子の分析 化学物質への曝露と関連する症状に関する具体的な質問の他に、51-53,58,59,62-65,68,71,75-77, 79,80,82,83,86,88,90,92いくつかの研究では、心理状態を評価するアンケート(DSM-IV、SCL 90,NEO、CIDIなど)を行っている。また、社会人口統計学的調査や、喘息、アレルギー、心肺機能障害、自己免疫疾患、癌などの他の疾患の併発に関する調査も行われている。51,52,54,57,58,61-66,68,70,72,74,76,78,82-87,89これらの情報は症状の流行に関するフィードバックや観察者の個々の社会・心理・身体状態を特徴付けるために有効なものである。男性よりも女性の方が罹患率が高く、57,89,社会経済的・文化的レベルは中程度から高いことが判明している。診断の難しさ、症例の定義に関する標準化された基準の欠如、国によって本症の重要性が異なることから、推定有病率は最低1%から15%以上とばらつきがある53, 57, 64, 87, 88。

精神医学的および心理学的検査結果によると、不安、うつ病、精神病性障害とMCSとの間に頻繁な関連性が認められ、ストレス50,58,59,64,71,75-77,80,82,83,86,88が危険因子であると推測する研究者もいる。喘息、アレルギー、アトピー性皮膚炎、自己免疫疾患、神経疾患、婦人科疾患、心肺疾患など、他の疾患の有病率の増加も検出された51,54,61,68,78,85。

この症候群が、感染症を併発することなく、関連するケミカルメディエーターの放出と免疫系の調節異常を伴う炎症状態を引き起こすかどうかを明らかにしようとしている研究者もいる。Dantoftらの研究68では、デンマークの人々の血液サンプル中の14種類のインターロイキン(IL)と炎症因子のレベルが分析された。IL-1β、IL-2-4-6,IL4/IL13,腫瘍壊死因子αが対照群に比べ増加している。それにもかかわらず、同じ著者らが行ったチャレンジ・スタディ24では、MCS症例と対照群の鼻汁から検出される炎症性メディエーターの濃度に差がないことが判明した。

サイトカインレベルの変化は、嗅覚刺激後に鼻から発生するのではない炎症プロセスを示しているのかもしれない。このシナリオでは、物質に対する感受性は、酸化物質の蓄積とその後の損傷につながる可能性のある、異種物質の解毒に関与する異なる多型によって引き起こされる可能性もある。いくつかの研究において、Cyp 450 (Cyp 2C9, Cyp 2C19, Cyp 2D6, etc)の様々な多型が分析され、グルタチオントランスフェラーゼとペルオキシダーゼ(グルタチオンS トランスフェラーゼM1, グルタチオンS トランスフェラーゼT, グルタチオンS トランスフェラーゼP)アルデヒド脱水素酵素、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD2)パラオキソン(PON1)なども含まれていた。69,73,74 SOD2多型69とNOS367の特異的変異株は、本症候群と酸化ストレスレベルの上昇に関連しているようである。MCS症例では還元型、酸化型ともにグルタチオンが減少し、サイトカインのパターンも変化している74が、Dantoftらの研究とは異なっている。Caccamoら72は、MCS症例、疑い例、線維筋痛症例、慢性疲労症例、対照群におけるCyp450ファミリーのいくつかのハプロタイプ(cyp 2C9*2,Cyp 2C9*3,Cyp 2C19*2,CYP 2D6 ht)の頻度を調査している。その結果、MCS 患者において、上記のハプロタイプの頻度が高いことが判明し、MCSの危険因子として、他のハプロタイプとともに評価できる可能性があることがわかった。

Gugliandoloらのチームによる最近の研究66では、MCS患者において、酸化/還元型グルタチオンとコエンザイムQ10のレベルが対照群より低下し、リンパ球に大きな損傷があることが指摘されている。これらの知見から、解毒酵素の活性低下により、酸化ストレスが増加すると結論づけられた。フリーラジカルやペルオキシナイトライトの濃度が上昇し、それに伴ってサイトカインが放出されることが検出された。

疫学論文の中で特に重要なのは、様々な化学物質に曝された労働者のコホート及びケースコントロール研究60,69-71,73,90-93に、場合によっては化学物質誘発エッセイを加えたものである25,38-40。これは「健康な労働者」効果によるものであり、雇用段階への移行と活動の継続の両方において、選択的または自己選択的なプロセスによって説明される可能性がある。健康な労働者効果の偏りは、産業医学の分野では既知の要因であり、労働者のフォローアップが包括的に実施されない場合、罹患率と死亡率の過小評価に関与している70,94。

コホート研究の中で特に関連性が高いのは、Davidoffらのチームによって実施されたものである。60 彼らは、使用されなくなったガソリンポンプのサービスエリア下のトンネル掘削に雇用された労働者のコホートを考慮に入れている。よく知られた事例では、作業員が許容限度を超えるガソリン蒸気にさらされた。労働時間中、一部の労働者はMCSの報告に類似した症状を呈した。被験者の社会文化的、心理的特徴を考慮すると、著者らは、心身症に関連する症状が容易に示唆されるとは考えていない。さらに、同じ著者らは、その後の研究92で、Minnesota Multiphasic Personality Inventory (MMPI-2)のような心理的質問票は、正確に診断されていない慢性疾患の状態によって、家族内、社会生活、職場生活で患者が徐々に孤立し、不安や不満の心理状態を悪化させる可能性があるため、誤解を招く恐れがあるとみている。別の研究では、神経毒に職業上さらされたことのある7人の患者に、F18放射性トレーサーであるデオキシグルコース(FDG)を用いたPET検査を行った89。対照群と比較して、皮質での代謝低下と辺縁系での代謝亢進が認められた。著者らは、この中枢神経系の関与がパニック発作に類似した症状の原因である可能性を考えている。

結論

長年にわたり、研究者はこの症候群のより良い定義に向けていくつかのステップを踏んできたが、「低用量」の化学物質への曝露後に患者が訴える多くの多様な症状は、ほとんどの場合、十分に定義されておらず、身体的および精神的な様々な病態に共通しているため、絶対的に確実にMCSを診断することはまだ不可能である。症例」の定義や、研究対象患者の適切な包含・除外基準については、まだ十分な合意が得られていない。

個人的な危険因子については、男性よりも女性に多いこと、社会的・文化的に中程度の高さのカテゴリーと関連することで、専門家の意見は基本的に一致している。一方、解毒作用に関わる遺伝子多型の重要性を分析し、化学物質に対する反応の多様性や脆弱性に関わる差異を明らかにしようとした疫学研究もある。しかし、その結果は、まだ数が少なく、エピジェネティックな変異ではなく、遺伝的な変動要素の重要性に関する部分については、現在、相反するものである。職業についても、いくつかのリスクカテゴリーが特定されているものの、必ずしも大きな役割を担っているわけではないようだ。

近年、有毒および無害の化学物質への暴露による実験的研究がいくつか行われ、心拍数や呼吸数などの精神生理学的変化、14,23,31,45集中力や記憶力、さまざまな領域での脳活動の変化などが分析されている21-23,25,31,36。

大脳皮質を犠牲にして大脳辺縁系と自律神経系の活動がより大きく関与していることは広く確認されているが、結論はまだ不確かであり、議論の余地がある。

既存の研究で用いられている方法が多様であることと、毒性学、特にヒト試験における標準的なプロトコルがないことが、試験の効率と結論の正確さの評価をさらに複雑なものにしている。

考察と展望

今回のレビューで観察された結果の分析から、特定物質の高用量への曝露が精神医学的症候群を模倣してCNSにストレートな影響を与えることを考慮すると、生理的なものと比較して自己誘発の心理的要素の重 要性を評価することは困難である95-97。本症候群の病因、診断、経過に関する明確な説明がないため、患者は精神疾患という不当なレッテルを貼られ、高い不評を買い、生活に影響を与える可能性がある92 結論に至る前にこの点を考慮することは、倫理・専門家および法的観点から大きな重要性を持っている。

両要因が共存しうるという仮説では、イタリア国立衛生研究所19とイタリア国立労働災害保険研究所(INAIL)20の作業部会が既に徹底的に表明したように、TLV 以下の毒性物質への曝露による生物毒性と生理学的パラメータの変化に、より焦点を当てた研究が必要である。

また、一部の溶剤は、内因性カテコールアミンに対する心筋の感作を引き起こし、心房細動や心停止に至る不整脈の可能性があると考えられる。97このような事態は、これまでの疫学調査では検出されていないものの、MCS患者では、環境および職業上の曝露が減少しても、心肺疾患78または死亡のリスク上昇につながる可能性があり、臨床試験の場合、その根拠は当然ながら、そうであると考えられる。このような理由から、ヒトを対象とした感作性試験は、個人にダメージとストレスを与える可能性があり、危険であると考えられる。しかし、この症候群を適切に評価するためには、解毒が困難な生体蓄積の事例を検出するために、正確に評価できる濃度の低毒性量に、適切な期間暴露する必要がある。また、除外基準をますます厳しくするかどうかを再検討する必要がある。MCSが複数の病態が徐々に発現し、次第に重篤な段階へと進行する症候群であることを考慮すると、患者のさらなるリスクを回避するための予防的措置として、多病態基準によるサンプルからの除外7は許容されるかもしれない。逆に、MCSが他の疾患(自己免疫疾患、心臓疾患、呼吸器疾患、精神神経疾患など)の発症を決定づけた可能性があるため、MCSの存在を否定するためにこの基準が採用された場合、逆効果になる可能性がある1,7。

さらに、化学物質への曝露とその生物学的・生理学的影響の具体的な測定に基づく、より強力なエビデンスがMCS診断プロトコルにないため、MCSが人々の健康状態に及ぼす影響の推定を誤る可能性がある。これは、特に予防の分野において、よりリスクの高いグループに対する大きな問題である。少なくとも、化学物質の毒性評価における動物実験と同様に、重大な倫理的問題を伴うこの種のエッセイについても、有効で調和のとれたガイドラインを作成し、適切な数の再現性のある試験を行う必要がある。

この症候群は、毒性有機溶剤精神症候群や慢性毒性脳症などの他の職業病とともに、作業への適性を評価する上で重要な役割を果たし、その結果、障害の要請に至るまで、あらゆる影響を及ぼすことが証明されている。統計学的、疫学的な観点から、化学物質のリスクに対する一時的、永久的な不適合、あるいは異なる労働環境において起こりうる急激なポジションの変化の理由を検出することが適切であろう。

職場で発生した事例を注意深く分析すれば20,その場しのぎの実験をしなくても、MCSの事例を浮き彫りにすることができるかもしれない。化学物質のリスクに対して適切で一貫した環境管理を行うことは、限界値を超える曝露がある職場で事故と職業病の両方を予防し、労働者が汚染された場所に滞在するのを防ぐための重要な要素である70。これらの考慮事項は、この作業を非常に容易にする携帯型電子機器(すなわちeNose)の開発に照らして特に適切である。

定義された暴露限界値を適切に設定し、閾値を超えた場合に音声で警告する機能を備えた個人用電子機器が適切であろう。これらの機器は作業者が身につけるものであることが、蒸発によって物質が環境中に拡散するため、リアルタイムで暴露をモニタリングするために重要である。低用量であっても中毒の疑いがある場合、許容量以上の曝露を除外するために、例えば体液(血液、尿)中の物質やその代謝物の存在、生理学的・神経生理学的パラメータなどのバイオマーカーを確認することが重要である。医療記録と作業記録の両方を注意深く分析することで、MCSの現象を特徴づける要因を明らかにすることができる。

この症候群は、低用量では、多かれ少なかれ強い中毒を模倣するかもしれないので、MCS患者が、主に神経系と心血管系が関与する中毒の症状と類似した症状で救急病院に到着する可能性があると我々は考えている97。

上記の研究で強調されたように、解剖学的および病因論的なレベルでの患者の分析が非常に重要である。特に、内因性精神症候群と化学物質による精神症候群では、症状が重複することがあるため、診断を誤らないために、発現時期や発現様式の違いについて質問する必要がある。

この点では、縦断的な疫学研究を行うために、より多くの情報収集が有用であろう。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました