マインドフルネスと危機的状況下での在宅ワークの課題

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

COVID-19後遺症治療 COVID後遺症 免疫予防 身体活動(免疫) 瞑想・呼吸

Mindfulness and the challenges of working from home in times of crisis

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7535863/

2020年10月5日

マリアナ・トニオロ=バリオス、レイランド・ピット

https://researchleap.com/impact-of-covid-19-on-employee-behavior-stress-and-coping-mechanism-during-wfh-work-from-home-among-service-industry-employees/

要旨

2020年のCOVID-19パンデミックでは、予想外に多くの社員が在宅勤務を余儀なくされた。この突然の変化に伴い、キャリアと私生活の間の境界線が曖昧になるという課題が出てきた。指定された自宅のオフィススペースがないため、数え切れないほどの個人が、リビングルーム、キッチン、ベッドルームなど、スペースがあればどこでも即席の仕事場を作らなければならなかった。さらに、学校が閉鎖されたことで、多くの働く親は子供の監督をしながら生産性を高めようとしなければならなかった。このような変化の結果、多くの従業員が仕事の生産性の低下、モチベーションの低下、ストレスの増加、メンタルヘルスの悪化を経験している。在宅勤務に関連した課題を克服するための1つのアプローチとして、マインドフルネスがある。特にマインドフルネスは、(1)必要なときに仕事から精神的に切り離すことができる、(2)仕事への注意力を高めてパフォーマンスを向上させることができる、(3)画面疲労の管理を改善することができる、などのメリットがある。今回の「ワーク・ライフ・バランス」では、マインドフルネスがどのように従業員の仕事上の問題に対処するのに役立つのかを詳しく説明し、マインドフルネスがどのように培われるのかを説明し、マインドフルネスのテクニックのリストを提供している。また、従業員の幸福と生産性に責任を持つマネージャーやチームリーダーに向けた提言も行っている。

キーワード

危機、COVID-19,マインドフルネス、パンデミック、生産性、テレワーク、ウェルビーイング、テレワーク、在宅勤務

1. 非日常の在宅ワークのストレス

2020年のCOVID-19パンデミックは、私たちの生活や働き方を大きく変えた。年明け早々、多くの従業員が突然在宅勤務を余儀なくされた。非常に突然、そして予想外に、数え切れないほどの個人が、仕事と育児、個人的な人間関係、家事、そして家族の要求全般を両立させるという課題に直面した。すでに自宅に専用のホームオフィスがある場合を除いて、ワーカーは、ダイニングテーブルが机に、ソファがオフィスチェアに、寝室、キッチン、家族の部屋が共同作業スペースになるなど、その場で即興で仕事をすることを余儀なくされた。多くの従業員は労働時間を減らす代わりに、余分な時間を費やしていることに気付いた。自宅で仕事をすると、ドアベルの鳴る音、騒がしいペットの声、子供の邪魔をする音など、周囲の気が散って集中できなくなることがよくある。専門家の意見では(American Psychiatric Association, n.d.; Giurge & Bohns, 2020; Gorlick, 2020; Querstret & Cropley, 2012; Van Buggenhout et al 2020)仕事のプラグを抜いて精神的に切り離すことができないことは、生産性の低下、モチベーションの低下、ストレスの増加、メンタルヘルスの低下につながる可能性がある。

在宅勤務に関連する最も大きな問題は、仕事と私生活の間の境界線が曖昧になっていることに起因している。最近の調査(Routley, 2020)では、在宅勤務の最大の課題として、時間外にコンセントを抜くことができないこと、同僚との共同作業やコミュニケーションの難しさ、モチベーションの低下などが挙げられている。幼い子供を持つ従業員は、子供と一緒に不適 切なスペースで仕事の生産性を維持しようとしているため、さらなる障害に直面している(Gorlick, 2020)。学校の閉鎖とそれに伴うオンライン学習への移行により、多くの働く親は子供のフルタイムの世話役にならざるを得なくなった(Gorlick, 2020)。自宅で仕事をしている人たちもまた、全く新しいハードルに直面している。それは、ビデオ会議による精神的・肉体的な消耗現象である「ズーム疲労」である(Fosslien & Duffy, 2020)。

管理者は、COVID-19パンデミックによって提示された課題に効果的に対処するために、労働者を支援する方法を模索することが不可欠である。生産性は重要であるが、危機時の第一の目標は、生産性を維持しつつ、同時に従業員の精神的健康と幸福を守ることであるべきである(American Psychiatric Association, n.d.; Giurge & Bohns, 2020; Van Buggenhout et al 2020)。従業員の燃え尽きは、必然的に現在のパンデミックのような大きな危機の長期的なリスクとなり、これは雇用者にとって最大の関心事であるべきである(Giurge & Bohns, 2020)。さらに、従業員のウェルビーイングは、従業員の健康増進、欠勤の減少、離職率の低下など、組織のパフォーマンス向上につながるため、従業員と雇用主の双方にとって有益である(Danna & Griffin, 1999)。

このような在宅勤務の課題に直面している従業員は、マインドフルネスを実践することで恩恵を受けることができるかもしれない。具体的には、マインドフルネスは主に3つの方法で在宅勤務のワーカーを支援することができる。しかし、マインドフルネスがどのようにこれらの問題に取り組むのに役立つのかに飛び込む前に、マインドフルネスとは何か、どのように育成することができるのかを説明する。

2. マインドフルネス

近年、マインドフルネスは、学者や組織管理者の間で大きな関心を呼び起こしている(Toniolo-Barrios et al 2020; Wang et al 2016)。文献では、マインドフルネスは一般的に、現在の瞬間(思考、身体感覚、周囲の環境など)に発生していることを、判断せずに認識し、注意を払うことと説明されている(Brown & Ryan, 2003)。別の言い方をすれば、マインドフルネスは、自分自身の内側と周囲の両方で、現在の瞬間に起こっていることを、気づかれていることに解釈を加えることなく観察することを可能にする(Shapiro et al 2006)。マインドフルな状態では、1つは単にそれについての評価的な評決の任意の種類を作ることなく、今ここで起こっているものを観察する(ブラウン&ライアン 2003; Shapiro et al 2006年)。結果として、マインドフルネスは、1つは彼らの思考や感情から区別し、単に代わりにそれらを観察することができるので、自分の内部および外部の経験に関連して客観性のための増加した容量につながる(Shapiro et al 2006)。

マインドフルネスは、様々なマインドフルネスのテクニック(例えば、瞑想)を通して実践することができるが、マインドフルネスを育成するために特定のテクニックに従事する必要はない。人は、偏見を持たずに現在の瞬間を意識し、注意を払っている限り、まだマインドフルでありながら、彼らの毎日の活動について行くことができる。何かをしている間、どのような瞬間でもマインドフルであるための鍵は、注意を払って、今ここで起こっていることに気づくことを覚えていることである。マインドフルネスは、ほとんどの人が現在の瞬間に気付き、注意を払う能力を持っていることを考えると、自然発生的な特性を持っている(Brown & Ryan, 2003)。したがって、マインドフルネスは短期的な状態であるだけでなく、マインドフルであることへの一般的な傾向や意欲に個人差があるため、人によって異なる形質でもある(Brown & Ryan, 2003; Mesmer-Magnus et al 2017)。マインドフルネスを覚えることは簡単なことのように思えるかもしれないが、必ずしも簡単なことではない。実際、マインドフルネスのテクニックを定期的に一貫して実践することは、マインドフルネスの育成を促進し、短期的にも長期的にもマインドフルネスのレベルを高めるのに役立つ(Hölzel et al 2011)。

マインドフルネスを育成する1つの方法は、意識の瞑想の一種であるマインドフルネス瞑想の練習を介してである。この瞑想のアプローチは、分析やそれらに意味を割り当てることなく、ある瞬間から次の瞬間までに起こっているイベント(例えば、思考を渡す、環境の音)の切り離された観察を強調している(Hülsheger et al 2013; Kabat-Zinn、1982)。マインドフルネス瞑想では、すべてのイベントが単にそれらが発生するように注意されるので、どのイベント(例えば、感情、思考、感覚、ノイズ)も気晴らしとみなされない(Kabat-Zinn, 1982)。この観察的なインスタンスは、個人がそれらに反映したり、良いか悪いかを判断することなく、単に彼らがあるがままにすべての物理的および精神的なイベントを経験することを可能にする(Brown & Ryan, 2003; Kabat-Zinn, 1982; Shapiro et al 2006)。マインドフルネス瞑想は、マントラや音などの特定の対象物に注意を向ける集中瞑想(例えば、超越瞑想)などの他の瞑想アプローチとは異なることは注目に値する(Hülsheger et al 2013; Kabat-Zinn, 1982)。マインドフルネスは現在の瞬間への着実な注意を必要とするが、それはまた、内部的(すなわち、内部心理学的)と外部的(すなわち、環境の中で)の両方で、現在の瞬間に起こっているすべてのイベントのオープンで受容的な意識を必要とする。

瞑想すべき時間の特定の量はないが、これはテクニックをどれだけ快適に感じるかに依存するため、人によって異なる。それにもかかわらず、よく知られているマインドフルネス瞑想の 1 つのオプションは、短いながらも非常に効果的な 3 分間の呼吸空間のアプローチである。瞑想以外にも、ボディスキャン、グラウンディングエクササイズ、呼吸に注意を払う、マインドフルネスのチェックインなど、さまざまなテクニックを使ってマインドフルネスを刺激することができる。これらのテクニックはいずれも非常に実用的であり、従業員の日常生活の中で簡単に取り入れられるものである。表1は、さまざまなマインドフルネスのテクニックの詳細と指示を提供している。

表1 マインドフルネスのテクニック 詳細と指示

マインドフルネス瞑想

この技術は、沈黙の中で座って、現在の瞬間に1つの注意を固定し、何が今ここで発生していることに気づくことを伴う。すべてのイベントは、単に彼らが発生すると指摘されているので、イベント(例えば、感情、思考、感覚、ノイズ)は、気晴らしとみなされない。一つは、気づかれているものを分析したり、判断してはいけない。
現在の瞬間に集中し続けることは難しいことかもしれない。したがって、瞑想中に気が散ってしまったことを批判したり、自分自身を責めたりしないことが重要である。

目的:非判断的な方法で、現在の瞬間に1つの注意を固定するために。

3 分の呼吸スペース

この技術は 3 分の黙想であり、3 つのステップがある。

– ステップ1: あなた自身に尋ねなさい。”どのような思考が私の心を通って起こっているか」、「どのような感じがここにあるか」、「どのようなボディ感覚が今ここにあるか」。
– ステップ2:呼吸の物理的な感覚に注意を向ける。呼吸へのフォーカスを使って、今この瞬間に自分を固定しよう。
– ステップ3:呼吸の感覚に加えて、今、あなたの体全体、姿勢や顔の表情、そして現れるかもしれないあらゆる感覚に意識を拡大する。

目的:自分の内なる経験(思考、感情、身体感覚など)に気づき、それをありのままに受け入れる。

ボディスキャン

楽に座った後、ゆっくりと長い呼吸をして目を閉じる。想像力を働かせて、頭のてっぺんを一周する光の帯を想像してみよう。このエクササイズが進むにつれて、光のバンドはゆっくりと体の下に移動していき、光のバンドの下で感じている様々な物理的な感覚に気付く。光のバンドを体の上から下にゆっくりと移動させ、体の様々な部分の感覚(例えば、痛み、かゆみ、うずきなど)に気付く。 現在の瞬間に注意を固定し、自分の身体の感覚に気づくことができる。

グラウンディング・エクササイズ

このテクニックでは、見ることができるものを5つ、感じることができるものを4つ、聞くことができるものを3つ、嗅ぐことができるものを2つ、味わうことができるものを1つずつ確認する。必要に応じて、このプロセスを何度でも繰り返してほしい。

目的:現在の瞬間に注意を向けるために、今起こっている物や出来事を識別する。

呼吸に注意を払う

あなたの呼吸に気付き、それにあなたの注意を向ける。胃の上昇と下降に注意を払うか、または鼻の穴の微妙な感覚に注意を払うことを選ぶことができる (例えば、どのように冷たいまたは暖かい空気があなたの鼻の穴でのように感じるか)。

目的:現在の瞬間に注意を固定する。

マインドフルチェックイン

自分自身に問いかけ、以下の質問に答えてください。
– 今、私の中で何が起こっているか?
– 今、私は自分の体で何を感じているか?
– 今、私の環境では何が起こっているのか?

目的:現在の瞬間に注意を向け、自分の内側の経験に気づき、非判断を実践するためのものである。


Aすでに練習時間が設定されている3分間の呼吸スペース以外は、必要な時間だけ練習することができる。


3. マインドフルネスは、危機的な状況下で在宅勤務をする従業員に役立つかもしれない。

マインドフルネスは、3つの主要な方法で在宅勤務をしている従業員を助けるかもしれない。

1.仕事から心理的に切り離すことを促進することによって(すなわち、仕事から切り離すこと)。

2.仕事のタスクへの注意力を高め、それによってパフォーマンスを向上させる。

3.従業員がZoomや画面疲労をより良く管理し、回復できるようにすることで。

次に、マインドフルネスがこれらの仕事の問題にどのように役立つかに注目する。

3.1. 仕事から切り離す

仕事とプライベートの境界線が曖昧になっているため、多くの従業員が仕事のプラグを抜いたり、仕事から切り離したりすることが難しくなっている(Routley, 2020)。その結果、個人は、時間外に仕事のことを考えるのを止めることが難しいと感じるかもしれない。文献では、仕事以外の時間に仕事関連の問題から精神的にスイッチオフする能力は、心理的切り離しとして知られている(Firoozabadi et al 2018)。オフタイムに心理的に仕事から切り離すことができればできるほど、その人は回復したと感じ、それによって幸福度の向上につながる(Sonnentag & Fritz, 2007; Steed et al 2019)。このように、従業員は仕事から切り離すことができれば、仕事以外の時間からより多くの恩恵を受けることができる。

仕事から心理的に切り離す能力を妨げるメカニズムの1つは、仕事に関連したリミネーションである(Querstret et al 2017)。仕事関連リミネーションとは、仕事をしていないときに、仕事に関連した問題や出来事について考えることと定義されている(Querstret & Cropley, 2012)。仕事に関連したリミネーションは、仕事の問題について考えている間は、仕事から心理的に切り離すことができないため、心理的切り離しの対極にある。マインドフルネスは、より客観的な方法で現在の瞬間に注意を払うようになるので、リナレーションのレベルの低下につながる(Bishop et al 2004; Brown & Ryan, 2003; Gu et al 2015; Shapiro et al 2006)。マインドフルな状態では、人は過去に思いを馳せたり、将来を心配したりすることはない(Good et al 2016)。

例として、彼女の上司のためにレポートを書くために短い期限を与えられている従業員を考えてみよう。彼女は報告書のことを考えるのを止めることができず、これがストレスや不安を引き起こし、彼女の睡眠に影響を与える。このような状況では、ボディスキャンやグラウンディングエクササイズを行うなどして、現在の瞬間に注意を戻すことを忘れないようにしよう。マインドフルネスは、現在の瞬間に注意を向けることに加えて、不安を煽るような判断をすることなく、仕事の現実を認識することにも役立つ。したがって、マインドフルであることで、彼女は全体について反芻したり、不安になったりすることが少なくなるであろう。

3.2. 注意力とタスクパフォーマンス

家庭環境は多くの気晴らし(ソーシャルメディアへの容易なアクセス、家事、周囲の騒音など)をもたらす可能性があるため、従業員は目の前の仕事に集中することが難しいと感じるかもしれない。その結果、最適なパフォーマンスが得られず、生産性が低下する可能性がある。注意力の焦点が仕事のタスクから離れてしまうと、パフォーマンスが阻害される(Beal et al 2005)。したがって、家庭内での気晴らしは、タスク外の注意力の要求として作用する。最適なパフォーマ ンスのためには、従業員が集中力を失わせないことが重要である。マインドフルネスは、現在の瞬間に起きていることに注意を払うことを伴うため、注意の自己調節能力の向上につながることが示されている(Bishop et al 2004; Good et al 2016)。Good et al 2016)によると、マインドフルネスは次のようなことにつながる。

  • 現在の瞬間(すなわち、注意の安定性)に注意のより良い固定。
  • 注意のための競合する要求の中での注意のより良い配分(すなわち、注意力のコントロール)
  • 認知資源のより経済的な使用(すなわち、注意力の効率化)。

さらに、マインドフルネスは、長時間にわたって現在の瞬間に注意を維持することを可能にする持続的な注意を高める。それはまた、心がさまよっていることを識別した後、迅速に現在の瞬間に注意を戻すことができ、改善された注意切り替えスキルにつながる(Bishop et al 2004)。このように、マインドフルネスは、増加したオンタスクの注意を介して最適なパフォーマンスを促進する可能性がある。

自宅での気晴らしも、彼らが生成する感情状態のためにパフォーマンスを妨げる可能性がある。仕事中にソーシャルメディアにアクセスしている従業員が、偶然にも友人の不愉快なFacebookの投稿を見てしまった場合を考えてみよう。この否定的な感情状態によって引き起こされる覚醒度が高まるため、タスクの達成も妨げられる可能性がある(Beal et al 2005)。マインドフルネスは、感情的な生活をより均整のとれたものにする(Brown & Ryan, 2003)だけでなく、感情的な覚醒のピークに達してベースラインに戻るまでの時間を短縮する(すなわち、感情のライフサイクルを短縮する; Good et al 2016)ことが実証研究で示されていることを考えると、マインドフルネスは、感情的な覚醒を減らすことでタスクのパフォーマンスを向上させる役割を果たす可能性もある。

仕事中に気が散っていることを認識し、ゾーニングアウトしている従業員を考えてみよう。このような状況では、労働者は呼吸法に注意を集中させ、研ぎ澄まされた焦点を手元のタスクに戻すことができる。

3.3. ズームまたは画面疲労

パンデミックの影響で、仕事の会議のほとんどがオンラインで行われるようになったため、多くのワーカーが Zoom疲労(ビデオ会議による消耗現象)や画面疲労全般に悩まされた(Fosslien & Duffy, 2020)。Zoom疲労や画面疲労を上手に管理するためには、倦怠感の発生を防ぐための対策を講じること、あるいは、初期症状を感じた後の倦怠感を最低でも回復させることが重要である。そのためには、従業員が画面への過度の露出を避けることを目標に、先手を打って行動を修正することが重要である。それが避けられない場合は、身体的な合図や疲労感を認識し、回復に向けて行動を変えていく必要がある。

自己指向的な目標を達成し、改善された結果を得るために、自分の行動を誘導したり、変化させたりするプロセスは、自己調節として知られている(Karoly, 1993)。自己調節は、自分の幸福度を向上させる上で重要な役割を果たしている(Firoozabadi et al 2018; Good et al 2016; Shapiro et al 2006; Tangney et al 2004)。自己調節の概念をよりよく解明するために、次の例を考えてみよう。数ヶ月間、毎晩数時間しか寝ていない個人は、おそらく高疲労を経験するだろう。もしその人が自分自身を調節する方法を知っていれば、より良い結果を得るために行動を変える可能性が高くなるであろう。この場合、その人は疲労回復のために睡眠時間を長くするようになるであろう。この同じ例は、従業員が定期的に休憩を取るように努力したり、他のメディア(電話、電子メールなど)を介してコミュニケーションをとったり(Fosslien & Duffy, 2020)画面にさらされて疲労を感じているときにペンと紙を使ってメモを書いたりするという意味で、Zoomや画面疲労にも簡単に適用できる。

効果的な自己調節が起こるためには、ある程度の注意力が必要である;個人は、自己承認された目標を追求するために、自分の内面の状態や行動に触れなければならない(Brown er al)。 コンピュータの前に何時間も座っているという自分の自動行動を変えることは、些細なことではない。それが起こるためには、1つは非常に彼らの身体感覚と緊張を示しているキューを認識する必要がある。マインドフルネスは、身体的な存在と感情の個人的な意識を促進し、これは個人が自分自身を調整するためのより良い装備になる(Brown et al 2007; Brown & Ryan, 2003; Kabat-Zinn, 1982)。このように、マインドフルネスは、従業員が画面への露出をよりよく管理するために行動を調整するのに役立つかもしれない。以下の3つのアプローチを考えてみよう。

  1. 1時間ごとにマインドフルなチェックインを行う。
  2. 勤務時間中に数回、3 分間の呼吸空間瞑想を行う。
  3. 昼休みに、より長い時間瞑想をする。

これらの運動中に疲労の兆候に気付いた場合は、画面に触れることを避けて、より長い休憩を取るように努力すべきである。

表2は、それぞれの状況で使用できるマインドフルネスのテクニックの提案をまとめたものである。それぞれの状況に応じた選択肢のリストは、強制的でも網羅的でもなく、あくまでも提案的なものである。

表2 仕事の場面ごとのマインドフルネステクニックの提案

挑戦的な状況 マインドフルネスのテクニック例a  手技に取り組む理由

仕事のことが頭から離れない
  • ボディスキャン
  • グラウンディングエクササイズ

今という瞬間に意識を集中させることで、過去に起こった仕事の問題を考えたり、将来起こりうる仕事の問題を心配したりするのをやめることができる。また、これらのテクニックを使うことで、状況をより客観的に見ることができ、結果的にネガティブな思考の繰り返しにとらわれることが少なくなる。

仕事中に気が散りやすい
  • 呼吸に注意
  • グラウンディングエクササイズ

現在の瞬間に注意を集中させ、周囲で起こっている出来事を判断せずに識別することで、気が散ることに反応しにくくなり、感情的になることも少なくなる。

ズームレンズや画面の疲労を感じる
  • マインドフルチェックイン
  • 3分間の呼吸空間
  • マインドフルネス瞑想

これらのテクニックにより、疲労の兆候に気づくことができ、それによって自己調節能力を向上させることができる。マインドフルネス瞑想の時間を長くすることも疲労回復の方法である。

a各タイプの状況に応じた選択肢のリストは、必須ではなく、網羅的なものでもなく、あくまでも示唆的なものである。


4. 管理者やチームリーダーはどのように助けられるのであろうか?

労働者がウェルビーイングを高めながら生産性を維持できるようにすることは、雇用者の重要な責任です(Van Buggenhout et al 2020)。私たちは、危機的な時期に従業員を支援する方法について、管理職やチームリーダーに次のようなアドバイスを提供している。

1. どのタスクが最優先事項であり、最初に注意を払う必要があるかを従業員に明確に伝える。これにより、ワーカーは忙しい仕事ではなく、重要な仕事に注意を集中させることで、より効率的にエネルギーを使うことができるようになる。

2. マインドフルネスがどのように役立つかについて、従業員を教育する。この記事で説明したマインドフルネスのテクニックを共有しよう。また、マインドフルネスに関する追加のリソース、エクササイズ、ツールをオンラインで見つけることもできる。

3. 従業員が危機に直面しているときに直面している課題について、あなたと話し合うように奨励する。判断せずに話を聞くことができるようにしよう。

4. 従業員と定期的に 1 対 1 のミーティングを行う。このような会議を利用して、従業員の課題について話し合ったり、タスクの進捗状況を一緒に確認したりする。

5. 可能であれば、通常の業務時間外にメールを送信することは避けよう。そうしないと、従業員は、勤務時間内であるかどうかにかかわらず、すぐに返事をしたくなるかもしれない。

6. 専門家の助けを借りることも選択肢の一つであることを従業員に知らせる。組織的なリソース(カウンセリングなど)を提供する。

7. チームミーティングを開始する際に、チームメンバーに自分自身とのクイックマインドフルチェックを行うように促する。洞察を他の人と共有するのは良いアイデアかもしれないが、任意であるべきである。

8.ズーム疲労を避けるために、電話で話すこともオプションであることを確認してほしい。時々お互いにぶつかる可能性のある、背中合わせのバーチャルミーティングをスケジューリングするのは避けよう。

5. Zoomから離れられない場合

この記事では、マインドフルネスを定義し、COVID-19パンデミック中に在宅で仕事をしている間に、マインドフルネスがどのように従業員の幸福と生産性の課題に対処するのに役立つかを詳細に説明した。具体的には、マインドフルネスを実践することは、3つの重要なハードルを克服する上で有益であることを示唆した。(1)仕事から切り離すことの難しさ、(2)仕事への集中力を維持することの難しさ、したがってパフォーマンスを維持することの難しさ、(3)ズームや画面の露出による疲労である。マインドフルネスはどのように育成すればよいのか、マインドフルネスのテクニックのリストを提示した。最後に、マネージャーやチームリーダーは、従業員の幸福と生産性を確保することを使命としていることを考慮して、我々はまた、彼らのための一連の推奨事項を詳述した。

COVID-19は、過去100年間で最も深刻なパンデミックである。20年前でさえ、ほとんどの組織が従業員の在宅勤務への急激なシフトに対処することはできなかったであろう。20年前には、家庭内WiFiはまだ現実のものではなく、今日のようにどこにでもあるZoom仮想会議技術はおろか、家庭内でのWiFiもまだ現実のものではなかった。パンデミックとその影響は本当にひどいものであったが、技術的には、組織が在宅勤務に対応することができなかったという点では、これよりもはるかに悪い時期に来ていた可能性がある。危機が今日で終わり、すべてがパンデミック前の状態に戻ったとしたら、ここに書かれているアドバイスはあまり役に立たないだろう。結局のところ、在宅勤務の従業員のためのマインドフルネスが、パンデミックによって引き起こされた混乱に対処することだけだったとしたら、パンデミックが終われば、それはもう問題ではないであろう。

私たちは、在宅勤務の従業員のためのマインドフルネスは、主に2つの理由から重要であると主張する。

第一に、人類が将来的にこれ以上大きな健康危機に遭遇しないことを願うかもしれないが、これは非常に疑わしいことである。このような人々は、私たちがここで提案したように、マインドフルネスを実践することで支援できるのと同じ課題やストレス要因に多く直面することになるだろう。

第二に、Facebook、Twitter、Shopify、Slack、Box、Squarなどの多くの大企業が、2021年以降もほとんどの従業員が在宅勤務を行うことをすでに発表している。この決定は、従業員の健康のためだけではなく、これらの企業は、従業員が敷地外で働くことで生産性が向上し、コストが削減されたことを経験している(McLean, 2020)からである。Google、Microsoft、Morgan Stanley、JPMorgan、Capital One、Zillow、Amazon、PayPal、Salesforceなどの他の企業も、同様の理由で在宅勤務の選択肢を大幅に拡大している(Kelly, 2020)。これらの企業やスタッフにとって在宅勤務の導入にはメリットがあるが、従業員は孤立感や画面疲労、仕事と家庭生活を切り離すことができないなどの内在的な問題に直面することになるだろう。個人やチームにマインドフルネスのトレーニングやコーチングを提供することで、企業は潜在的なメリットを実現するだけでなく、より健康で生産性の高い労働力を維持することが可能になる。