AI LaMDA, ChatGPTCOVIDの起源ジョー・ローガンダークホース/ブレット・ワインスタインワクチン意識・クオリア・自由意志遺伝子ワクチン反対運動金融危機・インフレ

ジョーローガン・エクスペリエンス #1919 ブレット・ワインスタイン
Joe Rogan Experience #1919 – Bret Weinstein

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Joe Rogan Experience #1919 – Bret Weinstein
ジョー・ローガン 0:06

ポッドキャストをやっていて変になったことは?いいえ、いいえ、それはあなたがやったときに最初の頃は、あなたが好きだった時があったのですか?

ブレット・ワインスタイン  0:26

ええ、最初の頃は緊張しましたね。しかし、私は恐怖と奇妙な関係を持っていると思うんです。ですから、特に不安な場所では、私の一部がそれを感じていても、私の意識はその中に入っていけないと思う理由があるんです。ですから、私は自分のすべきことをすることができるのです

ジョー・ローガン 0:49

エバーグリーンの後、または前に来るのですか?

ブレット・ワインスタイン  0:52

エバーグリーンが世間に知られるようになった直後ですが、間違いなくその前に、ある事件がありました。彼らは私を人種差別だと非難し、辞職か解雇を要求してきたのです。

ジョー・ローガン 1:17

私たちはこのように始めたので、知らない人たちに、エバーグリーンの裏話を説明すべきです。それは、有色人種が出勤しなくてもいい感謝デーがあったというところから始まったわけですよね?

ブレット・ワインスタイン  1:33

ええ、そのとおりです。まさにその通りです。しかし、このday of absenceというイベントがあり、基本的に最初は黒人、後にもっと一般的に有色人種が出勤せず、別に考察を行うというイベントが大学で長く続いていたんです。

そして2017年には、これを「白人はキャンパスに来るな」という要請に変更したのです。そして、私はこれに応じました。そして、それは受け入れられないと言いました。ここは公立大学なんですから、授業ができないなんて言われる筋合いはない、と。

その結果、ちょっとした騒動になりました。しかし、この最初の一件は、もっと長い間続いていた戦いの中に組み込まれていました。ジョージ・ブリッジズという新しい学長が現れて、大学の再編成の仕組みを提案するための委員会を立ち上げたのです。

その内容は、とても非常識なものでした。それは大学を破壊するためのものでした。私は教員として、このような方針を採用するのはとんでもないことだと指摘する義務を負っていました。こうして、「欠席の日」論争が、なぜこのような事態になったのか、世間に説明されるようになったのです。しかし、実際には、このようなことは多くの例のうちの一つでした。

ジョー・ローガン 2:55

大学では、他にどのような政策を実施しようとしていたのでしょうか。

ブレット・ワインスタイン  2:59

例えば、ヘザーと私が最も悩んだのは、すべての教員の雇用を、何らかの形で不公平に対処しているという根拠に基づいて正当化する必要があるという提案です。数学者や化学者を雇う必要があるような環境を想像してみてください。

その答えは、活動家であることを強く証明できない経歴の持ち主を採用することはできません、というものでした。いずれにせよ、このようなことは大学を衰弱させることになります。それがひとつ。もうひとつは、卒業生がみな平等に能力を発揮できるようになって初めて大学が機能する、という提案です。そのためには、高い能力を持つ人たちをすべて足止めする必要があります。つまり、これらは全く意味をなさないことだったのです。

ジョー・ローガン 4:00

私はどの指標によってのみ能力があるのかあらゆる指標によって。

ブレット・ワインスタイン  4:03

ですから卒業する人が数学などに関して示すあるレベルのスキルがある限り、誰もがそれを身につける必要があります。

もちろん、それがもっともらしいとしても、生まれた時から誰もがアクセスできて、本当に質の高い数学教育を受けられるとしたら、学生が大学に来る頃には、多くの人がこれらの多くのことをする能力を失っているのです。

そして、その能力は、成績優秀な生徒のレベルでは、決して取り戻すことはできません。ですから、卒業時に同等にするためには、特別に能力の高い生徒を足止めするしかないでしょう。

ジョー・ローガン 4:39

でも、本当に例外的な天才である有色人種は、はみ出し者のように、その期待に応えられない他の人たちはどうするんでしょうか?

ブレット・ワインスタイン  4:50

多様性、公平性、包括性に関する取り組みで恐ろしいことの1つは、問題を解決する正しい方法は、そうした人々を称賛し、彼らが活躍できるような機会を提供することですが、その代わりに、肌の色のようなものに基づいてグループに引きずり込まれてしまうことです。そして、彼らの優れた能力は、その中で輝くことが許されないのです。基本的に、それは逆効果というか、人種売買と考えられています。

ジョー・ローガン 5:23

つまり、その考え方は、何らかの形ですべての人の能力を平等にしたいということだったんですね。しかし、それを実現するための唯一のメカニズムは、最高レベルの業績を上げている人たちのパフォーマンスを下げることでした。

ブレット・ワインスタイン  5:39

さて、彼らは、生物学者である私が言うのもなんですが、異なる能力を持つ生物の集団があったとして、能力の低い個々人をトップの成績まで引き上げようという考えは、決してありません。そのためには、トップパフォーマーのいる場所を下げるしかないのです。つまり、彼らは文章を完成させることなく、基本的にユートピアを描いていたのです。

ジョー・ローガン 6:09

しかし、これは、一部の大学で起こっている狂気の沙汰を一般大衆が認識し始めたようなものです。

ブレット・ワインスタイン  6:20

まあ、この件に関しては、いくつかのことが真実だと思います。1つは、エバーグリーンの抗議者たちは、自分たちの行動をすべて撮影するほど愚かだったということです。そして、それをまずFacebookにアップロードし、次にnot my faultというアカウントが、確かYouTubeにそれを転送しました。

人々はそれがいかに不合理であるかを知り、何かが大きく間違っていたことを否定することが難しくなりました。もちろん、その時点での反応は、「さすがはエバーグリーンだ」というものでした。しかし、この問題はあらゆるところに波及していくでしょう。すでに他の大学にも波及しています。そして今、それは紛れもない事実です。

ジョー・ローガン 7:07

そうですね、これが起こった初期の頃、それについてポッドキャストをやっていた頃を覚えています。これは、私がまだコメントを読んでいた頃の話だと思います。コメントの1つは、なぜこれらの大学で起こっていることを気にするのか、これは文字通り自分とは関係ないことですから、というものでした。

なぜなら、大学から来た人たちは、いずれは職場に行くことになるからです。このイデオロギーが、私が20代前半に経験したものとは根本的に違うのなら、このように、文化に変化が起きて、集団思考の変化が起きて、人々にこのおかしな考えを受け入れざるを得なくなっているのだと思います。

これは、波及効果があります、と。そして今、私たちはそれが100%であることを知っました。確かに、ジョーダンはずっと前からこのことに警鐘を鳴らしていましたし、彼に今何が起こっているかはご存じでしょう。

ブレット・ワインスタイン  8:00

ここ数日、彼に何か新しいことが起きていることは承知していますが、追いついていません。

ジョー・ローガン8:04

彼は私が公に議論することを望んでいるかどうかわかりません。ですから、私は控えて、彼が公的に対処していると思うので、彼がそうするまで待つつもりです。彼は自分のTwitterでこの件を取り上げているので、彼が何か言ったかどうか見てみてください。

しかし、現時点でのWiFiの問題は、ジャスティン・トルドーに批判的な人物をリツイートしたことで問題になり、オンタリオ州にある心理学者の委員会が彼を懲戒審議のために連れてきているのです。そして、彼をある種の授業か何かに参加させたいと考えているようです。

読んでみようかな。もし、彼に連絡がつかなければ、彼の許可が得られなければ、これを削除します。この面はともかく、ここにこう書いてあります。オンタリオ州心理学者協会……政府に委任された心理学者の専門職協会が私を懲戒処分にして、臨床心理士資格を脅かしていると言っています。

保守党のリーダー、ピエール・ポール・リビアのリツイートを理由にね。彼の名前はどう言うんだ?わからないわかりませんジャスティン・トルドー、ジェラルド・ブッツ参謀長、ジャシンダという人、私たちのDEN、オタワ市議に批判し、必須ソーシャルメディア通信再教育に参加することを要求しています。

修正するには、私の不愉快な行動を修正しろということですが、私は絶対に拒否します。ですから、次のステップに進むことになります。それは、私の免許をかけた、直接の懲戒ヒーリング審問でしょう。今週中にすべて公開するつもりです。興味のある方はご覧ください。カナダは共産主義者に屈した……一生見ることがないと思っていたものです。新年おめでとうございます。

ブレット・ワインスタイン  10:09

まあ、私はひどく驚いているとは言えませんね。結局のところ、施設の中に残っている人は、現実を見て議論することを主張するならば、懲戒尋問に直面することになるでしょうね。

ジョー・ローガン 10:25

でも、私たちが再教育している用語は、例えば、もう一度読みますが、誰かがこれを良いアイデアだと思うなんて、とてもボンヤリしているように聞こえますから。この、この言葉はとてもクレイジーで、彼は強制的なソーシャルメディアコミュニケーション、再教育、再教育、再教育に参加しなければなりません。

あー、あなたは私のやり方でやらなければなりません、あなたは他の人々のやり方でやらなければなりません、私たちはあなたのコミュニケーション方法が適切ではないと判断した、あなたが政府を批判したり批判している人々をリツイートすることには賛成できないのです、と。

私たちはそれに同意していません。そこで、ソーシャルメディア上でのコミュニケーションの取り方を再教育することにしました。そして、遵守してもらう、ですね。もし再教育を受けたとしても、それを守らなければ、それはカウントされません。しかし、別人になる必要があるのでしょうか?

ブレット・ワインスタイン  11:23

そうですね、10年前の自分にショックを受けると同時に、本当にショックを受けています。そう、この5年間をここまで生きてきた私自身は、全くショックを受けていないのです。懲戒尋問は、最後の生き残り組がやりたい放題にならないようにするための仕組みの一部なのです。そしてこの場合、ジョーダンはこの件に屈するつもりはないことは、あなたも私も知っています。

ジョー・ローガン 11:55

残念ながら、彼はそうする必要はありません。これは、ジョーダンが脱出速度を達成したことについての最も重要な部分です。そして彼はもう彼らを必要としないのです。ですから、これは空威張りなんです。免許を取り上げるのは学位を取り上げるのでは無きます免許を取り上げると言うのですか?彼はもうクライアントに会っていないと思います。臨床心理学者として行動していないのでは?

ブレット・ワインスタイン  12:21

そうではありません。私は信じていませんし、あなたに同意します。私たちが議論しなければならないのは、このことだと思います。あなたが「脱出速度」と呼ぶものに対して、私たちそれぞれがどこにいるのかという疑問があります。実際、ここに座っているあなたと私は、興味深いテストケースです。

ジョー・ローガン 12:42

まああなたは、ワシントン・ポストに掲載されるようなことをYouTubeでマネタイズすることで、足手まといになっていますね。あなたがのために困ってしまったことの一つは、どのように彼の名前、ギアードバンデンボッシュと言うのですか?だったので、それは野生です?バンデンボッシュ 。

VandenBoschです。彼はポッドキャストで、このワクチンが侵略者を助けることになると話していましたねそうです、その通りです。そして、今日、彼はビデオを作りました。ジェイミー、まだ送ってなかったでしたっけ?まだだ、今送りますよ、彼が新しいビデオを作ったので、とてもゾッとしますよ、今までの彼の発言はとても正確でしたから。

そして、彼は昨日に新しいものを作りました。AirDropですが、私は手に入れるつもりはありません。そうですか。そうなんですか?それは文字通り、私がIT担当者と話そうとしているように持っています彼女のネットワークに何か問題があることを知っています。ああ、だめだ. 触るなそうなのか、そうなんだ

スピーカーが不明 13:43

パソコンでインターネットが必要だったんです。あ、テキストで送ってくれてもいいんだけどね。AirDropで自分宛に送れるよそうです、やってみましょう OK。

ジョー・ローガン 13:50

試してみます。お願いします。ああ、それは、つまり、クソ、私たちは最も奇妙な時代に生きている、最も奇妙な時代です。ウイルス学者や疫学者の専門的な意見も無視するのか?そうですね。そして、その人たちの信用を失墜させるようなことを、公然と電子メールを通じて積極的に話しているのです。

ブレット・ワインスタイン  14:28

さて、ここで話すべき話題はいくつもあります。しかし、そのうちの1つは、彼らの支配からある種の免罪符を得た私たちが、これらのことについて話すという、この明確なパターンです。ひどい代償を払い、Wikipediaや他のページで誹謗中傷されます。

しかし、私たちは粘り続け、最終的には何年も遅れて、自分たちが言っていたことを認めざるを得なくなります。それは、私たちが実際に行っていることに多大な影響を及ぼします。しかし、私は彼らがやっていることは、歴史的な記録を修正することだと確信しています。

私たちが彼らのナンセンスに立ち向かい、実際に起こっている事を明らかにし、彼らが渋々それを認めた時、結局、彼ら自身が書いた記録はどうなるのでしょう。そして、彼らは、もちろん、記録には、政府が少し遅いということが書かれているはずです。このことを認めるのが少しばかり遅くなりました。しかし、もちろん、それは彼らが非常に科学的に慎重であったからであり、それはナンセンスです。

ジョー・ローガン 15:32

ええ、それがTwitterのファイルで明らかになったことです。イーロン・マスクに対する大規模な反発があり、有名人たちが美徳を示し、公然とTwitterから身を引いているのです。自分たちは正しい側なんだと、皆に知らせようとしています実際に何が起きているのかを検証することなく、ドナルド・トランプに集中しています。

ドナルド・トランプを復活させたとか、その他、ツイッターで不愉快なことをたくさん言っていますが、でも、ドナルド・トランプはツイッターに投稿していません。彼は実は、自分の真実と何らかの独占契約を結んでいるのだと思います。

本当かどうかは知りませんが。ですから、今はそう言わせてください。憶測があった……と言うべきか、そういうことにしておきましょう。彼はtruth socialと何らかの独占契約を結んでいると言っていましたが、それは私にとって唯一の意味を持つものでしょう。彼はTwitterで発言したことをすべて投稿したいわけではないはずです。

つまり、彼のアカウントは何なのか?1億人のフォロワーがいるはずですが、彼は何人いるのでしょうか? 知ってるか、ドナルド?携帯でやるのか?Wi-Fiの問題があって皆さん困ってますね?そうですテキストで送ったがツイートが表示されないんだが?ああ、それはビデオだった……できますというわけで、インターネットに接続できない状態になります。このポッドキャストの間、追って通知があるまで、事実確認は行われません。

ブレット・ワインスタイン  17:01

無謀なネットなしで仕事をするのですか?

ジョー・ローガン 17:04

まあ、ジェイミーは物事をつぶやくことができます。つまり、彼は携帯電話で物事をググることができます。少なくとも、彼の本物のドナルド・トランプのアカウントで780万人です。それは、彼が無視している多くの人々にアクセスすることができます。それはおそらく彼が、これも憶測ですが、ある種の独占契約をしているからだと思います。そうですね。

ブレット・ワインスタイン  17:23

その通りだと思います。私は、人々がTwitterから離れるという現象に、より興味があるのですが?そうですね。

Dark Horseで、私たちは「特別な数字としてのゼロ」と呼ぶ概念について話しました。ゼロは特別な数字というのは、物語のコントロールが効かないということです。

もし、ニュースを報道することに専念している新聞社が1社でもあれば、それはうまくいきません。もし、真実を見つけることに専念している大学が1校でもあれば、それはうまくいかないのです。そうでしょう?言論の自由が支配する主要な立場のソーシャルメディア・プラットフォームが1つでもあればうまくいきません。

これらのどのケースでも、他の誰もが多様性、公平性、包括性を追求する時代にまだ真実を探すことに興味を持っている大学があれば、合理的な人は皆自分の子供をそこに送りたいと思うでしょう?ですから、ほとんど即座に競争に勝つことができるのです。

その結果、他のすべての教育機関は、競争するために方針を変えなければならなくなるでしょう。ですから、1つでも例外があれば、このパターンを崩すのに十分なのです。つまり、イーロン・マスクがやっていることは、Twitterをそのたった一つの例外にするための戦いなのです。

そして、物語を支配している構造は、それに耐えられないことを理解し、今のところ、イーロンをシャットダウンすることに失敗しています。

Twitterが人々が自由に発言できる空間であることを防ぐことはできませんが、主要なソーシャルメディア環境であるという位置づけから外すことはできます。そうすることで、言論の自由を規制する有意義な例外の数をゼロに戻すのです。それが彼らの狙いです。というわけで、とにかく、私は。

ジョー・ローガン 19:16

今インターネットを手に入れたのは、電話ではないと思います。やった、戻ったぞ。では、バンデンボッシュの最新のビデオを再生して、この脱出速度というアイデアに戻りましょう。というのも、この話を持ち出したくない理由の1つがこれなんです。

特に、これはYouTubeの検閲の特にひどい例で、本当の専門家が、公に宣言されていることを言ったからです。それは、あなたの方が、パンデミックの間はワクチンを打たない方がいいということを話しています。

ブレット・ワインスタイン  19:59

あなたは本質的に病原体と戦っているのであり、病原体は進化できるように準備されています。ですから、パンデミックの前にワクチンを接種しておけば、病原体が人々に感染しようとしたときに、それを察知している多くの免疫システムにぶつかることになります。

パンデミック発生中にワクチンを打つと、さまざまなことが起こります。一つは、最悪の場合、病原体が免疫を発達させる過程にある多くの人々に遭遇することを保証することになります。つまり、ワクチンが作り出す免疫から逃れるための訓練ができるような環境を与えていることになるのです。

なぜなら、これらのワクチン、いわゆるワクチンと呼ばれるものは、ワクチンではないのです。そして私は、それは重要な問題ではないと確信していました。多くの人々が、ワクチンという言葉の再定義に憤慨しています。私はそれが重要な問題であるとは確信していませんでした。しかし、私は、この定義が極めて重要であると考え、立場を変えました。そして、その理由がわかりつつあります。しかし、いずれにせよ、です。

ジョー・ローガン 21:09

しかし、なぜワクチンではないとお考えなのか、それを明らかにする必要があります。さて。

ブレット・ワインスタイン  21:13

さまざまな理由からワクチンではないと思います。第一の理由は、病原体に対する免疫を作らないからです。そうですね。

ジョー・ローガン 21:22

OK、でもそれ以来、インフルエンザワクチンはワクチンなのかどうか、それは場合によるんです。

ブレット・ワインスタイン  21:26

インフルエンザワクチンが実際にどの程度効果があるのか、もっと知りたいですね。さて、安全性と有効性をめぐるこの劇場を見てきた今、私は他のワクチンと呼ばれるものの有効性について知っているつもりだったことに関して、非常に慎重な立場にいます。しかし、コロナワクチンの場合、2つの問題があります。1つは、病気に対する免疫を作らないこと、もう1つは、病気に対する感染力を作らないことです。つまり、この基準ではワクチンとは言えません。

ジョー・ローガン 21:58

それは抗体を作るだけです。そうですね。

ブレット・ワインスタイン  22:00

ただ抗体を作るだけとは言いませんが、世間一般での議論の焦点は抗体ですが、それは世間が抗体とは何かを知っているからだと思います。しかし、それは一般の人々が抗体というものを知っているからだと思います。では、もっと深い議論としては、抗体と、抗体を作らないT細胞との間にどのような相互作用があるのか、ということです。

その答えはまだ出ていません。しかし、基本的には、ワクチンと呼ばれるものは、あなたの細胞に入り込み、あなたの細胞をせいぜいワクチン工場に変えてしまうのです。それが彼らの仕事です。これは全く異なる技術です。

ワクチンかそうでないかという問いが重要だと思う理由は、事実上、私たち普通の人は皆、ワクチンという信念を持っていたからです。ワクチンは複雑なものですが、非常に洗練された医療介入です。そして一般的に、かなり安全で、副作用のレベルも非常に低く、基本的に価値があるものなのです。

お得でしょう?ちょっと注射をするだけで、今まで見たこともないような病気に対する免疫ができるんです。素晴らしいことだと思いませんか?私は今でも、この基本的な技術についてはそう思っています。しかし、実際のところ、これは私たちが理解しているよりもはるかに確実ではなく、一般的に理解されているよりも過激な介入なのです。

この場合、彼らがしたことは、本当に、本当に根本的に新しい技術を密輸入したのです。そして、ワクチンという言葉を使うことで、私たちにあまり心配させないようにしましたね。もし彼らが、「よし、このパンデミックが発生しました。もし、「パンデミックの拡大を防ぐために、すべての人に遺伝子治療を受けさせます。

それは安全なのか?ということになりますよね。つまり、私たちにはワクチンというカテゴリーがあったということです。「ワクチンを心配するおかしな人たちもいるが、一般的には安全である」と。パンデミックが始まったとき、ヘザーと私は、このことがきっかけで、パンデミックについて聞いたことを解きほぐし、生物学を人々に伝えるために英語に翻訳し始めたのです。そして、ワクチンが登場したのです。

最初はとても期待していて、「ああ、これが答えかもしれません」と思っていたんです。しかし、その後、ワクチンについては、試験により、非常に効果的で安全であることが証明されました。その時点では、効果について何も知りませんでした。

実際、彼らの言うことを鵜呑みにしたのは少し恥ずかしかったです。しかし、安全だという主張は、彼らが知るはずのない目撃者としての意味をなしませんでした。そうですね、なぜわからないかというと、安全という言葉は、あるものが安全であると言った場合に使う言葉です。

無害だと言っているのではなく、リスクを伴わないと言っているのです。そうでしょう?ある日、酔っ払って車に乗り、家まで運転したとしますよね?まあ、害はないんですけどね。無害ではあっても、安全ではないのです。

そうでしょう?ですから、こういうものは安全だと言われても、「数ヶ月しか注射していないのにどうしてわかるのか、5年先に何が起こるかわからない、安全なわけがない」という答えになるんです。そうでしょう?まだどんな害があるか分からないと言うことはできても、安全とは言えません。

というのも、私たちはすぐに「新しい技術が出たぞ」と言われたからです。そして、その新しいテクノロジーを見てみたのです。すると、「これはマイナーチェンジではありません。それは、これまでのワクチンのあり方とは根本的に異なるものです。

ジョー・ローガン 25:41

そして、これを生物学者としてのあなたが検証しているのですね。そうです。

ブレット・ワインスタイン  25:45

ヘザーと生物学者としての私、そして私は免疫学に少し精通しています。そして、ヘザーも生物学者でした。もちろんです。進化生物学者でもありますね。そうです。とにかく、私たちはこれらの技術を見て、「これは、複雑なシステムの入れ子構造に、結果を予測できないような形で介入している」と思いました。

それでもっと深く掘り下げることになり、ますます面倒なことになって、ギアード・ヴァンデン・ボッシュのところにたどり着いたんです。彼の研究は非常に早く、「安全性はどうなのか?個人にとって?このワクチン接種プログラムは、パンデミック(世界的大流行)に対してどのような意味を持つのだろうか」という疑問です。

パンデミックに対してワクチン接種を行い、しかもその接種範囲が集団全体に及ぶと、変異株の進化を促進することになりますよね。当時は、彼が正しいとは断言できませんでした。ただ、言えることは、彼は進化論的に筋が通っているということです。

彼の議論には複雑なものはなく、強固なものでした。そして今、私たちは、そのような変異株の増殖を見ただけでなく、ワシントン・ポストのような場所で、そのようなことが起こっていることを不承不承受け入れているのを目の当たりにしているのだと思います。

ジョー・ローガン 27:14

ワシントン・ポスト紙の紙面に掲載されたのを見たときは、とても興奮しました。その告白を見ただけでも。そう、そして、ワクチンが分散を引き起こしているのか、という議論が始まったのです。というのも、正確なタイトルは何だったか、ふるい分けしてワシントンポストのタイトルを見つけて、私はそれを読みました、そして私は、おっ、と思いました。

そして、彼女が軌道修正し、マスクは効かない、と言わせたことです。布製のマスクは効きません、N95が必要です。そうでなければ、ただの演劇です。そして、単なる顔の装飾です。

そして、そこから、いかに自然免疫が認識されなければならないか、実はその方が良いという説明を聞き、さらに、人々がワクチンを接種し、ワクチンを接種すればするほどブーストされることを示すと、COVIDにかかる人がより多くいるように思えるのですが、これは乱暴な話です。

ブレット・ワインスタイン  28:21

そうなんです。そして、私がお話ししたことをよく考えてみると、ワクチンの定義は変更される前のものでした。つまり、そして、最近出てきた結果に対するIgGの問題にも触れられるわけです。それは何でしょうか。

これは、驚くべきことに、他の真のワクチンとは対照的に、mRNAワクチン(これはDNAバージョンには当てはまりませんが、ファイザーやマドンナのようなmRNAワクチン)を調べた結果、3回接種した後に、IgGというクラスに含まれる抗体の割合が急激に上昇することが分かりました。

IGとは、免疫グロブリンのことです。IgG Gは抗体の一種で、病原体と戦う働きをします。しかし、IgGは特別なサブクラスで、生物学ではあらゆることが複雑です。しかし、IgG4は特殊なサブクラスで、生物学ではあらゆることが複雑に絡み合っており、複数の意味をもっています。

この研究結果は、Science immunology誌のトップ・フライト・ジャーナルに掲載されました。その意味するところは、私たちが歩んできた進化の道筋が、今や病原体に、免疫系が闘わないような反応を引き起こすことを引き起こしているということです。次に何が起こるかは誰にもわかりません。これは非常に危険な発見です。

ジョー・ローガン 30:15

どのようにするのですか?それはどのように機能するのでしょうか?何がですか?

ブレット・ワインスタイン  30:17

まあ、このように考えてみてください。私たちが持つ素晴らしい免疫システムを発達させ、生涯にわたって病原体を撃退することができるのは、私たちが経験したことのない病原体も含めて、あるシステムを持っているからです。

それは、私たちが遭遇する可能性のあるあらゆるものを撃退することができる、免疫システムの2つの基本的な特性のうちの1つです。それは、「自己非自己認識システム」と呼ばれるものです。自己非自己認識システムがどのように起こるかというと、子宮内で生まれる前に、あなたは非常に多様な免疫細胞を持っていて、それらはすべて少しずつ異なっているのです。

そして、これらの細胞は、電磁気的に互いに異なる抗原に反応します。基本的に、原理的には、免疫細胞はほとんどすべてのものに反応することができます。しかし、胎内にいる間は、外部からの影響はほとんどありません。

つまり、子宮の中にいるときに反応しているライブラリーの細胞は、すべてあなたに反応していることになります。子宮の中で反応する細胞はすべて排除され、あなたに反応しない細胞だけが残ります。そうでしょう?それが「非自己」の定義です。

そう、排除されなかったものはすべて潜在的に敵なのです。例えば、花粉を吸い込んでも、それは自己ではありません。そうすると、体が反応して、過剰に反応し、本来は起こらないはずの問題を起こしてしまうことがあるんです。しかし、一般的には、システムはただそこに座って休んでいます。

そして、見たこともない抗原に出会うと、それを侵略者のように扱います。それを侵略者のように扱い、戦います。しかし、このシステムの何かが、例えば、あなたの生理学が何らかの形で変化し、あなた自身の組織がこのシステムを始動させるようになったとしたら、どうなるでしょうか?そうでしょう?その場合、システムがその反応を抑制する方法があるのです。

アレルギーを治すために免疫学者にかかると、免疫学者がアレルゲンを投与しますよね。しかし、重要なのは、ある特定の方法でこれを行えば、減衰シグナルを引き起こすことができ、アレルギーに対して体が反応しなくなることです。

ですから、病原体、それも普通の病原体ではなく、少なくとも部分的には人間が操作したことが確実な病原体が、免疫系を反応させないシグナルを引き起こすということは、私たちが全く新しい環境にいるということを意味しています。

ジョー・ローガン 32:54

この事実を取り上げたいと思います。というのも、誰かがポッドキャストで、これは自然流出であるという証拠として引用した最近の記事があり、COVID-19が自然流出であることを指摘する新しい議論があることを見たからです。

そして、これが人工的なものであることを指摘する科学を無視していると言って、激怒した多くの人々によって乱暴に広く否定されるのを見ました。この点について、あなたはどのようにお考えですか?

ブレット・ワインスタイン  33:25

私は当初から、いや、ほとんど当初から信じていました。私は考えを変えました。最初はツイートしたんです。ご存知のように、私はコウモリの生物学者で、大学院でコウモリを研究していました。

ヘザーと私はアマゾンで本の初稿を書いていたとき、あるいは初稿を書き終えたとき、当時新型コロナウイルスと呼ばれていたものが出回っているというニュースを目にしました。

それで、これは何だろう?私たちはそれを解明しようとしました。そして、初期の資料を見ました。コウモリを媒介して感染した可能性が高いという説明を読みました。私は問題のコウモリの仲間に詳しかったのです。そして、私のフォロワーに、私が知る限りでは、だいたいの話はつじつまが合うとツイートすることにしました。

そして、そうしました。そのフォロワーは、このウイルスが発生した場所にバイオセーフティ・レベル4の研究室があるのは単なる偶然だと言いました。私は、「え?私はこのことについて何も知らない」バイオセーフティ・レベル4の研究室が何なのか知らないんです。

というのも、もし研究室がどこにでもあるのなら、ウイルスが出現したと思われる場所にたまたま研究室があったとしても、何の意味もないだろうと考えたからです。しかし、研究所はどこにでもあるわけではありません。問題のコウモリは研究所でウイルスが出現した場所にはなく研究所がまさに野生型ウイルスを全く探していたという考えは特定の方向を示していました。

それで私はすぐにツイートをフォローし、それには耳を貸すなもっと理解すべきことがここにあります、と言いました。深く掘り下げれば掘り下げるほど、これが実際に研究室から出現したものであり、研究室を通過したという単純な問題ではないことに納得がいきました。

しかし、これはそういうことではありません。ここで話しているのは、非常に珍しい病原体であり、珍しいものです。実際、前例のない遺伝子改変があり、その亜科を考えると、すべての状況証拠はこの研究室が関与していることが知られている行動を示しているのです。

ジョー・ローガン 36:05

この病原体のどこが普通でないのか説明していただけますか?

ブレット・ワインスタイン  36:09

そうですね、この病原体については多くのことが異常です。そのうちの一つは、この病原体がこのような振る舞いをするのは非常に珍しいということです。そうでしょう?これは体内の様々な組織を攻撃しているように見えます。

私は、COVIDは深刻ではない、ワクチンは危険であると考えるグループの一員であると非難されたことがあります。確かにワクチンは危険だと思います。しかし、COVIDも危険だと思っています。COVIDの危険性は症例致死率には表れておらず、明らかに私たちが理解していない影響を及ぼしていると考えています。

つまり、これは1つのセットなのです。通常の病原体がCOVIDのような大規模な被害を及ぼさないのには理由があります。その理由とは、一般的に、病原体はあなたに害を与えることに関心がない、ということです。

病原体はあなたに危害を加えますが、それはついでです。実際、病原体が最もよく働くのは、あなたが歩き回り、病原体を撒き散らすことができるほど健康なときです。ですから、感染に役立たないような組織は割愛する傾向があります。さて、この病原体はそうではありません。

この病原体は、感染に役立たないあらゆる種類の組織に侵入するようです。それもそのはずで、ACE2受容体を利用して侵入するようです。そして、あらゆる種類の病態を示します。つまり、足の指の損傷や奇妙な循環の問題から、脳に侵入するようです。

非常に奇妙な病原体で、拡散を助ける組織に自己限定すると思うでしょう。そうではないということは、実験室でウイルスを強化した場合、ウイルスを拡散させるために宿主を健康に保たなければならないという制約から解放されると予想されることなのです。

ですから、これが正しいかどうかは分かりませんが、論理的には、少なくとも説明の目的に適っていると考えています。COVIDで多くの人が経験すると思われる味覚と嗅覚の喪失について考えてみてください。では、その影響を受けた野生動物が、味や匂いを失ったと想像してみましょうか。

ほとんどの哺乳類にとって、それは食料を得るという点から見ても、壊滅的な損失となりますよね。ですから、COVIDが野生動物に広がり、食べ物を探すのに不可欠なこの道具を奪ってしまうと、飢餓を引き起こす危険性があるのです。それは良いことではありません。

一方、たくさんの動物を一緒に檻に入れ、病原体が広がるようにし、実験生物として可能性の低いフェレットを食べさせたとしましょう。フェレットチャウを食べさせていたら、フェレット同士が倒れて他のフェレットに感染してしまったとしたら、その制約は解除されます。

要は、味覚や嗅覚を失うことは、病原体を伝えるという観点からは悪いことではないんですね。そして、それは人間にとっても、味覚や嗅覚がなくなるのは当然というのが非常にしっくりきます。腹が立つけど、食事に支障はありません。というわけで、とにかく、この病原体が奇妙な振る舞いをする方法はいろいろある。

タバココロナウイルスがヒトに非常に有効であることは、シダ植物切断部位によって、効果的に組織に侵入することができることからも明らかです。SARSのコロナウイルスが出現する前から、私たちはこのことを知っていました。

ですから、コロナウイルス亜科の他のメンバーにはないにもかかわらず、このウイルスにそれを見出したことは、注目に値します。つまり、私は実験室での強化や逃亡が最も可能性の高い説明であると信じる方向に急速に進んでいったということです。

その説明を打ち消そうとする度重なる努力も含めて、私が見たものはすべて私をその方向へ向かわせるだけです。そうでしょう?つまり、毎月のように中間宿主を発見できないのは、中間宿主が実験室でないことの証拠なのです

私たちは証拠を積み重ね、疑問を抱くたびに、「ウェットマーケットが原因でした」という見出しを目にするたびに、「何もない」と言い続けているのです。そこには何もないのです。

ジョー・ローガン 40:45

では、最近引用されたこの記事は何だったのでしょうか、あなたが話しているようなことは。

ブレット・ワインスタイン  40:51

ウェットマーケットの記事のことですか?そうです。あれから2カ月ほど経ちましたから、正確には調べ直さなければなりませんが。しかし、基本的には、ウェットマーケットを震源地とする初期感染のパターンを分析したもので、これは何の証拠にもなりません。

例えば、武漢ウイルス研究所の最下層にコーヒーショップがあったとします。武漢ウイルス研究所のコーヒーショップに病気の震源地があることを発見したとします。コーヒーショップが関係しているということではなく、研究所の人々がコーヒーショップに通っているということです。

そして、実はこのウェットマーケットは研究所の近くにあるのです。ですから、研究室の人がウェットマーケットに行ったのは間違いません。そして、この病気を持ち運んだり感染させたりした証拠のある生き物のようなものは、ウェットマーケットでまだ見つかっていないのです。

いずれにせよ、これは煙と鏡であり、煙と鏡だからといって、明日、野生の中間宿主が発見され、すべての証拠を説明できるような話がないとは言えませんが、日に日にその可能性は低くなってきています。

ジョー・ローガン 42:15

なぜそれを発表するのか、あなたは推測しているのでしょうか?

ブレット・ワインスタイン  42:21

ああ、つまり、こう言っておきましょう。私がDeSantis、委員会で私たちのCOVIDの応答を調べるために言ったこと。数週間前の公開ミーティングでは、COVIDは人類史上最大の失策であると言いました。これは紛れもない事実です。

公衆衛生における最大の失策ということではありません。明らかにそうです。アメリカ議会が賢明にも課したガーナ機能研究の禁止を回避して武漢に仕事を移し、そこでサルパの祖先と思われるCOV2を見つけたのです。

ジョー・ローガン 43:31

シダ植物切断部位の説明をお願いします。

ブレット・ワインスタイン  43:33

シダ切断部位とは、スパイクプロテインを変化させ、ヒトの組織に入るのに特に効果的なようにする、小さなアミノ酸の配列のことです。つまり、このような特徴を持つ亜科の生物は、天然には存在しなかったということです。

そして、この種のウイルスがこの機能を獲得すれば、人体組織への侵入能力が飛躍的に高まることは、ウイルスを研究する人々の間ではよく知られていたことなのです。つまり、神経学者たちは、パンデミックがいつでも自然界から飛び出してきて、壊滅的な打撃を与えるという話を常に私たちに投げかけているのだと思います。

そして、私たちは備えのために危険なウイルスを研究しなければならないのですね。それが、この研究に資金を提供する原因となった話です。私はこの話を信じてはいません。間違っていると思います。しかし、この話を広めている人たちは信じているのかもしれません。

それを信じた上で、おかしな話ですが、彼らが行ったことは、ヒトの大流行を引き起こす危険な病原体となる多くの特徴を持ったウイルスを発見したことです。そこで私達は、もしそのウイルスが全ての特性を備えていたら、どのようなものになるかを解明するために、そのウイルスに、その特性を備えていないものを与えました。

持っていないものを与えて、ある程度の遺伝子操作と、フェレットやヒト化マウス、気道からヒトの気道組織を使って、ある程度の機能獲得作業を行いました。そして、たくさんのパズルを与えて、教えたのです。そして、それは逃げました。なるほど。それが前提です。

ジョー・ローガン 45:16

武漢でそのような研究が行われていたという証拠はどのくらいあるのでしょうか?

ブレット・ワインスタイン  45:23

ああ、それはいい質問ですね。私たちは状況証拠を持っています。実際、この研究の多くは、機能拡張研究が禁止される前に、米国で行われていました。ですから、武漢研究所がどのような種類の機能強化に興味を持っていたのか、かなりの量の状況証拠があるのです。

そして、それを実行する能力があったということです。私たちは、禁止される前に行われた多くの実験を断片的に見てきましたが、その内容は正確でした。これは、私たち地球人類が知るべきことなのです。そして、これが私が、多くの人々が、まあ、どこの国のものであれ、という見方をすることに悩む理由の一つです。

さて、SARS-CoV. 2があるから、それに対処しましょう。その答えは「ノー」です。彼らが何をしたのか、それを知ることは発見につながるかもしれませんし、彼らが何をしていたのか、どんなプロトコルが使われていたのか、どんな動物が使われていたのか、それは極めて重要な情報なのです。

多くの人が、この情報を重要でないものとして見ていますが、それは全く間違っています。パンデミックの初期に私が言ったことの1つは、これは通常のウイルスではないので、私たちが通常想定している法則はすべて正しい、つまり、ウイルスはより低い分散状態に進化していくだろうということでした。

なぜなら、私たちは相手が何であるかを知る必要さえないからです。そうでしょう?通常の流出現象ではなく、合成流出現象であり、自然とは全く異なる環境を経験したウイルスが相手なのです。

とにかく、私は何が起こったのかを正確に把握することが、私たちの重要な関心事であると信じています。そして、この疑問は非常に不穏な方向へ導く大きな問題であることも指摘しておきます。しかし、これらの疑問を放置することは、私たちの利益にはなりません。

では、あなたの質問に戻りましょう。なぜ彼らは、これが自然流出現象であるという説明を復活させ続けようとしているのでしょうか?もしそうでないなら誰がやったか分かるからですそうですねアンソニー・ファウチは、機能獲得研究の禁止を回避し、武漢研究所にこの研究を行うための資金を提供した重要な人物です。

もし、武漢の研究所の機能拡張研究が、部分的に私たちの指示で行われたものであるなら、アンソニー・ファウチの功績は明らかでしょう。これはまったく別の話です。あなたと私が経験したことの1つは明らかなパターンに気付いただけで、すごい反発を受けたことです。不正のパターンです議論されていない証拠のパターンです。それは、責任者が完全な調査を許さないという事実です。

どうなるかはわかりません。もし真実が完全に明らかになれば、このウイルスがこの世に出現したとき、どのように説明されたのかだけでなく、そうでしょう?それは本当に重要な問題ですが、それだけではなく、私たちが何を怠ったか、どのような対応を怠ったか、についてもです。

最終的には、ギアード・ヴァンデン・ボッシュの質問に戻りますが、最初に病原体に適切に対処しなかったため、自由に使える薬で効果があったものを配備しなかったからです。病原体を絶滅させるか、少なくとも制御することができたかもしれない短い期間を棒に振ってしまったのです。

その代わりに手に入れたのが、変異株の増殖です。これは完全に私たちの手に負えないことです。今、この病原体は、私たち自身の免疫を停止させるようなトリックを学んでいます。さらに、これらのIgG抗体という事実は、おそらく免疫に減衰効果をもたらします。

そうです。つまり、私たちは今、一つのパンデミックに対処していますが、同時に、他の病原体が進化し、私たちのワクチン反応と呼ばれるものを使って自ら脱出することを可能にするメカニズムも持っているのです。そして、それが免疫系に与える影響です。

ジョー・ローガン 50:41

つまり、これは潜在的に、人々がワクチンを接種してブーストし、さらにブーストすると、またこのメカニズムが強調される可能性があるのです。

ブレット・ワインスタイン  50:54

そうです、またそう見えます。いわゆるワクチンのDNAバージョンとmRNAバージョンの区別に関して議論すべきことは山ほどありますが、これらの意味合いには根本的な違いがあり、個人の健康にとっても、パンデミックにとっても、明らかにDNAバージョンはこれを誘発しないようです。

しかし、mRNAの注射を受けた人は、その数が多ければ多いほど、この効果がより顕著になります。ということは、いろいろな可能性があるということです。そして、私がまだ理解できずにいることのひとつは、その意味するところが何なのか、ということです。

mRNAの注射を受けなかった人たちはどうなるのか?あるいは1本か2本は受けたが3本は受けなかった人たち?DNA注射をした人は?そうだろ?脆弱性のレベルが2つに分かれるのか?つまり、mRNAを大量に接種した人だけが脆弱性を持つということですか?

それとも、多くの感染者を生み出し、病原体が実験して、この脆弱性を持たなかった人たちを見つけることができるようになるのでしょうか?私は、率直に言って、私たちが賢くなり、今回のパンデミックの最も重要な問題であると思われることに立ち向かうことを望んでいます。

もし私たちが今、異常なことをするのをやめて、合理的に行動し始めたらどうなるでしょうか?そうでしょう?私の考えでは、合理的に行動し始め、トップダウンではなく、通常の医療行為によって病気を治療する方法を見つけ出せば、より良い結果が得られると思うのです。

しかし、ギアード・ヴァンデン・ボッシュは、多くの点で正しいことを言っています。厄介なのは、彼が正しかったこと、あるいは事実上正しかったことを、私たちが知っていることなのです。これらのワクチンについては、基本的にスパイク状のタンパク質があり、DNAであろうとRNAであろうと、すべて同じように機能し、同じタンパク質を生成しているということなのです。

重要なのは、病原体に非常に明確で狭いシグナルを与え、この免疫を回避するためにどのように進化すればよいかを教えてくれることです。通常の免疫とは違うのです。もしあなたがコビッドに感染したら、あなたも私もコビッドに感染したことがあるはずです。

私たちの免疫システムは、病原体の表面にある複数の異なる分子モチーフに反応します。さらに言えば、あなたと私は異なるモチーフに反応したことがあります。つまり、その多様性によって、あなたは不運に見舞われるかもしれないのです。

次の変異株は、あなたのように免疫系が反応した人には特に悪いかもしれませんが、私は特に免疫があるかもしれませんし、その逆もありえます。しかし、文字通り何十億もの人々がいる場合、私たちは皆、この病原体に対抗する方法について、同じ非常に狭い範囲の指示を与えられているのです。つまり、私は知らないのです。

MMAに例えると分かりやすいかな?もし世界中のすべてのファイターが一つの技を採用し、それを完璧にしようとしたら、その技は弱点になるでしょうね。私は間違っているのでしょうか?

ジョー・ローガン 54:23

いいえ、その通りです。そのトリックが本当に得意でない限り、その通りです。では、ワクチンを接種した後にCOVIDに感染し、回復した人はどうでしょうか?ワクチン未接種の人がCOVIDを受けて回復したのと同じような自然免疫を獲得できるのでしょうか?

ブレット・ワインスタイン  54:43

もうひとつ、私たちのキャッチフレーズのひとつに、「Dark Horse」でヘザーと私がよく言っています「複雑系へようこそ」という言葉があります。これは、誰かが生物学について十分理解して、それを先取りしようと思ったときに言う言葉です。

そして、もちろん、それはうまくいきません。そうでしょう?つまり、ここで行われているような複雑なシステムの入れ子構造に介入することは、さまざまな形で失敗する可能性がある、ということです。そうです。そのひとつが「原罪」と呼ばれるもので、私たちはかなり長い間、この話を続けてきました。

奇妙な名前ですが、これは基本的に、ある特定の病原体にどう反応するかを免疫系に指示すると、免疫系はそれが正しい答えであることに慣れてしまう、という意味です。そして、免疫系が新しい、より良い答えを見つけるのは、どんどん難しくなっていくのです。

そうです。つまり、免疫システムは習慣的になってしまうのです。そして、その習慣性が逆効果になることもあるんですね。これが、物事がうまくいかなくなる一つの方法です。また、抗体依存性増強というものがあります。

病原体と免疫の戦いについて考えてみると、病原体はかなり免疫に頼ることができますよね?つまり、哺乳類を攻撃する病原体があったとして、哺乳類はすべて免疫系を持っており、その免疫系はすべて抗体を産生することになります。

つまり、病原体が常に直面している問題として、抗体を使って何ができるのかということです。病原体ができることのひとつは、抗体を利用して、抗体反応なしにはできないような方法で細胞にアクセスすることです。このように、私たちの介入によって、事態を悪化させることはあっても、改善させることはできないのです。

そして今、私たちは、全く別の層があることを発見しています。私が話したIgGは、抗体依存性の増強ではありませんよね?これは、本来の抗原原罪と関係があるようですが、まったく別の方法で、新しいメカニズムがあるのです。COVIDだけでなく、他の病気の変異株のインキュベーターを作っているようなものです。

これは災いのもとです。アウトドア派なら、何かをやっていて、それが事態を悪化させるなら、第一段階として、それをやめることです。そうですね実は、このことについてお聞きしたいのですが、ケンカでノックアウトされる人がいるのは、このせいではないかといつも思っています。

そうでしょう?戦いに直面したとき、体が突然停止してしまうのは興味深い反応です。でも私には、自然の中で何かと戦っていて、頭を殴られ続けているように見えるのですが?そうすると、倒れることがいいことだとは思えません。しかし、そうかもしれませんね、グリズリーベアの前で倒れれば、放っておいてくれるかもしれませんね、わかりませんけど。

ジョー・ローガン 57:59

そんなことはないと思いますよ、あのね、あのね、人間の体というのはね。そして、すべての身体は傷つきやすいのです。脳の構造という点では、脳が頭蓋骨に包まれている方法です。それが破壊されると、システムが停止してしまうのです。

つまり、単なる集団外傷です。問題は、人々が何度も何度も大量トラウマに遭遇し、特にその影響を受けやすくなったときに起こります。なぜそうなるかは、いろいろな説があります。そこにあるのは、体が「また同じことが起こります」と認識する、という説です。

そして、それを避けるための最良の方法は、ただシャットダウンすることです。そうすると、戦闘機は煙突と呼ばれるものになるんです。チムニーとは簡単にノックアウトされてしまう人の俗称で、その中に入ってしまうんだ。

脳震盪を何度も起こし脳に多くの傷を負ったからです脳はこのパターンを認識し行き着く先は決まっていますこの人は本当にタフな人ですから、殴られるのは仕方ない。ですから、それを許さない。ですから、もうやめよう。しかし、これはすべて理論的なものです。

ブレット・ワインスタイン  59:11

まあ、2番目の説明は、まさに私が言いたいことだと思います。しかし、その

ジョー・ローガン 59:15

は初期脳震盪ですがね。まあ、最初にノックアウトされるのは、誰もが最初はそれに弱いからです。それは進化上の利点ではないと思います。ただ、私たちは殴られるようにできていないのだと思います。

そうですね神経細胞や神経、骨、組織がこれらの神経と相互作用し、外傷を受けると、神経は圧迫されます。脳は頭の中でガタガタになり、出血を含む大規模な外傷が起こり、多くのことが起こって人は停止してしまうのです。では、初めて経験する脳震盪で、初めて経験する外傷性ノックアウトなんですね?

ブレット・ワインスタイン  1:00:05

あなたのおっしゃるとおり、いろいろなことが起こりますが、ノックアウトについて私が驚いたのは、機能不全のレベルがたくさんあり、完全に機能する状態から、事実上眠っている状態になるという意味で、それが不連続に見えるということです。ある回路がオフラインになる一方で、他の回路がオンラインのままであるような混乱は生じないという考え方が、私を驚かせた点です。

ジョー・ローガン 1:00:37

ふむ。よし、じゃあ、ギヤード・ヴァンデンボッシュを見よう。もちろんです、再生しましょう、ジェイミー。それで、これは、彼の背景は何ですか。

ブレット・ワインスタイン  1:00:47

彼は実はワクチン学で、進化学と免疫学の幅広いバックグラウンドを持っています。そして、彼は獣医学的なバックグラウンドも持っていると思います。

Geert Vanden Bossche 1:01:00

私が言いたいのは、オミクロン(非中和抗体)が上気道や呼吸器の感染性を高めているため、ワクチン接種者が座り込んでしまう状況になっているということなのです。しかし、同時に、下気道での重症化も抑制しているのです。

なぜなら、これらの抗体は、まさに同じ抗体で、トランス感染のプロセスを抑制することができるからです。つまり、私がここで言いたいのは、ウイルスが中和抗体によって免疫圧を受け、より毒性が強くなるのを防ぎ、重症化するのを防いで、この免疫圧を持続させているということです。

ウイルスがこれに打ち勝つことは明らかです。なぜなら、この圧力はすさまじく、オミクロンは流通し、人々はワクチン接種によって買収されたからです。仮にオミクロン・ワクチンが開発されなかったとしても、オミクロン・ワクチンが流通しているため、国民全員がオミクロンを接種しており、中和抗体を持っていない人は非常に影響を受けやすいのです。

つまり、プライミングの影響を非常に受けやすいのです。そして、ワクチンを打てば打つほど、この中和しない抗体価の上昇の頻度が高くなります。このようなことが、ウイルスの感染性に大きな圧力をかけていることは想像に難くありません。

しかし今は、ウイルスの毒性に注目しています。その論文では、どのような分子の変化が、ウイルスの感染力を維持しながらも、同時に毒性を高めることができるのかまで予測しています。

ブレット・ワインスタイン  1:03:12

ああ、すごいな。そうなんです。それで

ジョー・ローガン 1:03:15

パンデミックの初期に、彼は予防接種の専門家としてこの警鐘を鳴らしていた数少ない人物の一人でしたから、彼はどのような反発を受けたのでしょうか。

ブレット・ワインスタイン  1:03:25

つまり、彼は複数のアラームを鳴らしているわけですね。彼がそこで言っていたことを訳すべきかもしれませんが、彼が言いたいのは、私がこのパズルの一部を表現すると、私たちは世界の歴史の中で最大の機能獲得実験を行っているということです。

そして、このウイルスをまず一般大衆の中に逃がし、次に漫画のように狭い範囲のワクチンで押しまくることによって、それを行っているのです。彼の指摘によると、実際には2つのパラメータがあり、それらは区別されているのです。

そして病原性は?どれくらい病気になるのか?彼が言いたいのは、この生物は感染力のトリックを非常にうまく学んでいる、という事です。しかし、私たちはそれに圧力をかけています。上気道に入るのは得意ですが、下気道に入るのはあまり得意でないため、より重症化します。

つまり、私が正しく読んでいる限り、ウイルスにとって、より多くの組織に感染するためのトリックを学ぶために誘導される抗体を考慮すると、一人ひとりが機会を構成しているということです。

なるほど。そのうちの1つは、彼は私のポッドキャストに2回出演していますし、前回出演した際にも、イギリスのバースで行われた会議に一緒に参加した際に、この件について話しました。

もう一つは、このプログラムの結果、病気の病原性や深刻さが増すということです。問題は、それが起こるかどうかです。このクリップで彼は、それが起こると予想される方法、つまり、より下の組織を追求し始め、気道のより下の組織への感染に成功するかどうかを説明しているのです。

いずれ分かることでしょう。でもね、私がケアについて本当に評価しているのは、彼がとても広い心を持っているということです。彼は、自分が得たもの、得られなかったもの、まだ手つかずのものに対して、とても正直です。

そして、「残念ながら、ギアード・ヴァンデン・ボッシュは正しいことを言っている」と公言する人たちよりも、はるかに多くの人たちが内心で認めているような警鐘を鳴らしているのです。

私が彼を正しく理解するならばワクチン学内部には自分たちがしていることの不条理さに対する認識があります。しかし圧力があります。あなたと私が感じてきたのと同じ圧力です。

あなたと私はしばしば危険を冒してそれを無視してきました。しかし他の人々はそれに反応し彼らの知ることを黙っていました。彼らの知ることがたとえ専門的かつ科学的であったとしてもです。

ジョー・ローガン 1:06:34

さて、あなたは、最近、あなたのポッドキャストに英国の医師であるジョー・ローガンが出演しましたね。

ブレット・ワインスタイン  1:06:40

誰のことを言ってるんです?

ジョー・ローガン 1:06:41

心臓専門医の話です?

ブレット・ワインスタイン  1:06:46

ああ、Aseemです。マルホトラって、確かこう発音するんですよね。彼は心臓専門医で、当初はワクチンプログラムに非常に好意的でした。しかし、彼は父親を亡くしました。彼は心臓専門医で、とても頭が良く、まともな人なので、自分の父親をワクチンの有害事象で亡くした可能性が非常に高いと結論付け、深く掘り下げて、ワクチンと呼ばれるものの知恵について自分の立場を逆転させるきっかけを作りました。しかし、どうでしょう。

ジョー・ローガン 1:07:21

興味深いのは、同じような結論に他の学者が達していたのに、その学者がこれを発表しないことにしていたことです。それは、資金が引き揚げられ、世間から排斥されることを心配したためだと、彼は話していました。

ブレット・ワインスタイン  1:07:39

これは全体的に言えることですが、つまり、先ほど話したことに戻るのですが、最終的に、もし途中で脅威に対応しなければ、懲戒処分を受けたり、研究費の枯渇に直面することになるわけで、まさに学者が自分の仕事を続けるためのものです。

そして、ある時点で、もしかしたら、こういう考え方もできるかもしれません。誰かのTwitterのフィードや他のページを見て、私たちが今いる場所について、彼らが現在言っていることを見ることがあります。そうすると、まるで別の惑星に住んでいるような気がするんです。

私が正しいと思っていることが、すべて逆になっているような感じです。そうでしょう?そして、彼らは突然、ワクチンと呼ばれるものがCOVIDの制御に大成功した世界に反応するんです。本当に、どうしたらそんなことができるのでしょうか?どうやってそこにたどり着いたんです?そうでしょう?それは全く意味をなさないのです。

ジョー・ローガン 1:08:48

それが何百万人もの命を救った物語なのか?そのシナリオが何度も何度も繰り返されるのを聞き続けているのですか?どうなんでしょう。ワクチンがどのように命を救ってきたとお考えですか?

ブレット・ワインスタイン  1:09:00

実は私たちは、あなたが思っている以上にこのことについて知っています。まず最初に、アンソニー・ファウチを含む誰もが繰り返してきたこの数字、最新のバージョンでは、300万人のアメリカ人の命がワクチンによって救われたというものですが、全くナンセンスだということを指摘しておかなければなりません。

これはモデルに基づいているのです。つまり、それ自体、かなりの警戒心を抱かせるはずです。聞きたいことを何でも言えるようなモデルを作るのは非常に簡単です。この場合、彼らはモデルを持っていて、ゴミを食べさせました。完全に非現実的な数字を食べさせましたもし、何もしなかったら何人死んでいたかに関してですそうです。

例えば、COVIDに関しては、1日の死亡者数が今までのどの日よりも多いという数字を出しています。彼らは、ワクチンの有害事象による死亡率を計算せず、予測したのです。基本的に彼らが行ったことは、モデルを用いて、ワクチンがどれほど優れているかを無茶苦茶に見積もったのです。

そして、そのモデルに何人の人が助かったかを尋ねたのですが、それはナンセンスでした。今、私たちが知っているのは、クリスティン・ステイブルの仕事から、ベン、彼女はデサンティス知事の別のメンバーであり、COVID反応に関する委員会です。

彼女の研究によると、mRNAワクチン接種によって救われた命よりも、犠牲になった命の方が多いそうです。DNAワクチンについては、その逆で、全死因死亡率という点では若干のメリットがあるそうです。しかし、それはCOVIDに対する耐性によってもたらされるものではないようです。

しかし、COVIDに対する耐性ではなく、一般的な耐性であるように思われます。さて、梯子の結果は、長期間にわたって測定すれば、逆転すると思います。つまり、このショットはまだ出てから日が浅いのです。もし、5年後、10年後に下流の悪影響が起こるとすれば、治療の1年目にわずかな利益があったとしても、継続的な影響がある限り、逆転してしまうでしょう。

しかし、それはさておき、基本的な答えは、米国ではほとんどの人がmRNAワクチンを受け、その注射は死亡リスクを減らすのではなく、増やすように見えるということです。ですから、私はこのことを非常に憂慮しています。さらに憂慮すべきは、それに対する反応がないように見えるという事実です。公衆衛生装置において。

ジョー・ローガン 1:11:36

ある時、非常に気になることがありました。それは、より多くのワクチン未接種の人々がCOVIDにかかり、より多くのワクチン接種を受けた人々がCOVIDにかかり、より多くのワクチン接種を受けた人々がCOVIDで死亡しているということが発表されたことです。

それで、なるほどと思ったんですが、でもほとんどの人がワクチンを接種しているんですよね。しかし、ほとんどの人はワクチンを接種しています。人口の4分の3がワクチンを接種し、4分の1が接種していないとします。

一人当たりの死亡者数が一定で、それが標準的で、世界中に適用されるようであれば、当然、ワクチンを接種した人の方がCOVIDで死亡する人が多くなるでしょう。つまり、ワクチンが期待したほど有効でなかったとか、分散によってCOVIDがより危険になったということです。

しかし、それがCOVIDからの回復を妨げているということではありません。ワクチン接種を受けていない人よりも、COVIDからの回復が良いということですか?

ブレット・ワインスタイン 1:12:35

そうですね、こういうことは解釈が難しいですね。あなたの指摘は、もし100%の人がワクチンを接種している集団があったとしたら、COVIDで死亡した人は全員ワクチンを接種していることになり、その場合、文章で伝えることはできません。

確かにそれは危険ですね。しかし、パンデミック中に最も困難だった仕事は、どの証拠が実際に存在し、どの証拠をモデルに含めるべきか、どの証拠を除外すべきかを見極めることでした。そして、それは学界や大学、ジャーナルの仕事であるべきで、彼らがその仕事をしているはずなのですが、ほとんど誰もしていません。

ですから、私たち一般人は、これらの論文の内容を理解し、それを解明するためのツールキットを手に入れるしかないのです。しかし、mRNAワクチンは特に脆弱性を作り出しているように見えます。特に顕著なのは、COVIDに感染する割合が激減していないことです。

なぜか?なぜなら、この病気は最も感染しやすい人たちを自動的に呼び出すからです。そのため、病原体に耐えられる集団がどんどん増えていくのです。ここでもまた、見慣れた風景ではなく、直感に反するような異常な病原体の振る舞いを目の当たりにすることになるのです。

そして今、私たちは、私たちが知る限り、他の病原体にはない、免疫内部のプロセスを調べ始めています。これらのことは、非常に不吉な兆候を示唆しています。そこで私は、2つの世界を比べてみようと思います。COVIDが出現したとき、公式には何もせず、できる範囲でその存在を認め、医師が治療法を考えるようにした世界と比較しましょう。

そうですね。もしそうなっていたら、医師は……これは否定的な意味ではなくてですね。直感に従ったり、うまくいかない治療法を展開したりして、必然的に一定数の人を殺すことになったでしょう。そして、効果のある化合物をすべて発見していたことでしょう。そして、その化合物をどのような方法で、どのような投与量で展開するかについて、お互いに話し合っていたでしょうし、すべての化合物を発見していたでしょう。

ジョー・ローガン 1:15:11

発見していたはずです。そのことは、人工呼吸器の導入にも表れています。

ブレット・ワインスタイン  1:15:16

人工呼吸器、人工呼吸器の導入にも表れています。そのとおりです。そして

ジョー・ローガン 1:15:23

というのも、パンデミック当初は、もっと人工呼吸器が必要だということが語られていたからです。

ブレット・ワインスタイン  1:15:27

より多くの人工呼吸器が必要です。そして私は、この章をますます見直している自分がいることを言わなければなりません。このことを言うのをためらっている私の声が聞こえてきそうですが、この人工呼吸器の配備と、それによって人々が死んだという事実がもたらした影響の一つは、病原体がいかに危険であるかという集団意識を高めたことなのです。

その恐怖が、他の病原体を売り込む大きな要因になったのです。なるほど。つまり、集団の中には弱い立場の人がたくさんいるわけですね。高齢者や病弱な人に集中しています。大丈夫な人なんていません。まともな人は誰もいません。

新しい病原体が出回ると、その人たちを不当に殺してしまう可能性があるのです。しかし、それは想定内であり、想定外ではないのです。そして、それが引き金となって、他の人々を直面する必要のないリスクにさらすべきではありません。

ジョー・ローガン 1:16:34

そして、私たちはインフルエンザでそれを経験しました。そうでしょう?いつもです。そうです。インフルエンザは、衰弱している人、肥満の人、高齢の人に深刻な影響を与えるからです。

ブレット・ワインスタイン  1:16:45

そうですね。そして、これはまた、生物学でよく理解されている別の教訓を教えてくれます。そうでしょう?85歳の人がインフルエンザで死んだとしたら、どうでしょう?インフルエンザで死んだのでしょうか?部分的にはそうかもしれませんが、多くの場合、彼らは一生かけて戦うための能力をすべて使い果たしたのです。

そして、フルートが彼らを最後の一歩まで押し出したんです。そうです、命を奪われたのです。おそらく、質が大幅に低下し、長くは続かないであろう命を奪われたのです。ですから、死亡診断書にインフルエンザで死亡と書かれていても、それは完全な話ではないのです。

COVIDも同じようなことをしたのですね。そう、冷静に対応すれば、過剰反応することなく、冷静さを保てるような形で行われたのです。しかし、恐怖心を利用して私たちを従わせることに非常に興味を持ったものが、COVIDで死んだ人、つまり何らかの理由で死にかけた人、そして有名なのは、本当はCOVIDで死ななかったけれどもCOVIDで死んだ人たちの証拠を取り出したのです。

そして、この数字を利用して、病原体が何か別のものであるかのように私たちを思わせたのです。繰り返しますが、COVIDが危険な病原体でないと言っているのではありません、SARS-CoV. 2は危険な病原体です。その行く末が非常に心配です。しかし、症例致死率は、文字通り何十億人もの人々にワクチンを接種させるようなものではありません。

ジョー・ローガン 1:18:31

子供たちのような脆弱でない人々も含めてです。

ブレット・ワインスタイン  1:18:35

そう、そしてこれが私にとって今とても憂慮すべきことなのです。公衆衛生局が傲慢で、物事を自分たちよりもずっとよく理解していると考えていたことは想像に難くありません。そして、自分には計画があると思い込んでいました。

そして、それは思い過ごしかもしれません。この斬新なワクチンを配備することで、他の病原体に対するワクチンキャンペーンを成功させ、将来の基礎とすることで、英雄として謳われるだろうとね?思い上がりでこれを配備し、それがうまくいかず、人々を傷つけることがわかったと想像できるかもしれません。

しかし、現時点では、否定できない被害のパターンを見ているのです。そして、その被害は若い人たちに偏っていることも分かっています。COVIDのリスクは高齢者に不釣り合いです。ワクチン接種を止めないという考え方は、「ワクチンは良いものです」と言い切るものではありません。

65歳以上の人にあげましょう。40歳以上の人で希望する人は受けてもいいですが、リスク・ベネフィット・レシオが意味をなさないので、若い人には接種しないことにしているのです。そうしないということは、この政策を動かしているものが何であれ、他人の死を絶対に容認しているということだと思うのです。そうでないわけがありません。

つまり、どうしてこのmRNAワクチンを勧めることができるのでしょうか?子供たちに?少なくとも現時点ではCOVIDに感染する可能性のない子供に?どうしてそんなことができるのでしょうか?

ジョー・ローガン1:20:23

これは経済的な圧力のためだと思いますか?というのも、できるだけ多くの人にワクチンを接種することには莫大な金銭的利害関係があるので、これしか考えられないのです。

ブレット・ワインスタイン  1:20:37

それはプールの浅瀬の話だと思います。そうですね。少なくとも、もっともらしい説明の床には、金儲けに興味があるものが、何十年にもわたって公衆衛生機構を腐敗させ、許容範囲の損失をもたらす決定を下すことに安住している、と言えるでしょう。

そうです。普通の人ならアゴを床につけてしまうような許容範囲です。しかし、何かが非常に快適になっているのです。そうかもしれませんが、私は、より大きな絵がここにあるのではないかという不安も持っています。何ヶ月も話したくないコンセプトがあったんです。

しかし、公の場で話すのは気が進まなかっました。そして、ついにDark Horseからリリースすることができました。確かに、もっといい名前が必要ですね。私は「タイムトラベル・マネー・プリンター」と呼んでいます。

長い話を短くすると、あなたはおそらく闇予算について少し考えたことがあると思います。聴衆のために簡単に説明すると、闇予算とは、民主主義国家では、財布の力によって、例えば情報機関をコントロールすることができます。しかし、諜報機関には普通の人ができないことをする能力もあります。

情報機関には、その立場から得られる利点を利用することで、帳簿に載っていない資金を生み出すことができるのです。例えば、麻薬取締局が、悪人を捕まえるために、ある一定の数の麻薬取引に関与しなければならないのは想像がつくでしょう。

そうでしょう?ですから、麻薬取引に関与するためのライセンスがあるわけです。想像してほしいんですが、これはDEAの話ではなく、あくまで例です。でもDEAは、議会の管理下にない闇予算が必要だと考えたら、麻薬カルテルとのやり取りの中で、誰にも断られずに使えるお金を作り出すことができる、それが闇予算なんです。

闇予算はその一つの方法です。しかし、通常の連邦予算には計上されないようなお金を生み出すことができるものなら、何でも同じ可能性があります。そして、私が指摘したいのは、ここで起こったと思われること、つまり、なぜ彼らが質問したのかわからないような財政的な疑問が生じることです。

タイムマシンがあったらどうするか、というのは誰もが考えたことがあるでしょう?一つの答えは、あなたが誰であろうと、たとえ超善人であっても、善いことをすることに興味がある人はほとんどいない、ということです。

お金があれば、良いことができるようになります。ですから、タイムマシンが過去に戻ることができれば、テスラやアップルやアマゾンの株を買って、少額のお金を大金に変えることができるのです。タイムマシンが過去に進めば、同じような機会があります。

何が上がるか下がるかを見て、買うこともできるし、空売りもできます。とにかく、タイムマシンはお金を生み出す機会を与えてくれるのです。さて、私たちの知る限り、タイムトラベルは存在しません。スティーブン・ホーキング博士の証明によれば、おそらく存在しないのでしょうが、私はかなり説得力があります。

知ってるんですかスティーブン・ホーキング博士がパーティーを開いました彼はタイムトラベラーを募集しました来場者を歓迎したが誰も来なかっました彼はこう言ったんです、「それは存在しないんでしょう?もしそうなら、彼らは来るはずだから」と。

とにかく、タイムトラベルは存在しないと仮定しましょう。タイムマシンがなくても同じことをする別の方法があります。お金を印刷することです。歴史を形作るにはものすごいパワーが必要ですし、一般人がどれだけ早く気づくか、気づくか、遅くするか。

そうでしょう?それができる状態であれば、お金を印刷することができますよね?何が起こるか、歴史が何をしようとしているかを知っていれば、それは一種のインサイダー情報であり、告発するのは難しいでしょう。インサイダーで株価を知るのとはわけが違うのです。

と、とにかく、私が言いたいのは、こういうことです。COVIDが、2019年9月に武漢で行われた軍事ゲームで展開されたことの重要な構成要素であるような流通を始めたという実質的な証拠があるのです。そして、この時点で様々な出版物で、COVIDが私たちの知るより早く流通していた可能性についてたくさん語られています。

しかし、私たちが知っているよりも、あるいは世間一般よりも早く出回っていることを知っていたのなら、私たちに警告を与え、準備を助ける機会があったのです。しかし、もう一つの機会があります。それは、実際に時間をかけて経済的な位置を確保することです。

パンデミック(世界的大流行)が発生したときに、自分たちのためにお金を印刷できるようにね。パンデミック(世界的大流行)が近づいていて、それが世界中に広がり、あらゆる種類の変化を引き起こすと分かっていれば、株を空売りすることができます。クルーズ船や飛行機、ホテルなどの株を空売りすることもできますし、有用な技術を持つ製薬会社に投資することもできます。そこで疑問なのは、この話のどこまでが、何が起こるかを理解した上での話なのか、です。

それが自然に現れたのではなく、位置づけられた時点で明らかにしたのでしょうか?2020年の夜明けに、世界が突然、認識するようになったのでしょうか?そうです。

そこで質問なのですが、あなたが言っていたような、製薬会社にいればお金を稼ぐチャンスがあります、治療法やワクチンなどを売る機会がたくさんある、ということを超える何かがあったのでしょうか?

それはすべて真実です。しかし、もっと大きなチャンスがあるんです。誰かが、歴史的な出来事に対する人々の認識を効果的に遅らせることを望んでいるのなら。最後に、私たちが生きている環境、つまり、あなたや私がポッドキャストスペースでできることを実際に行っている環境は、主に、人々が信頼できる情報源に絶対的に飢えているために存在している、ということです。

そうでしょう?どの新聞も、どの大学も、破綻しています。つまり、人々は、何らかの理由で、信頼できる、正直で、間違いを正してくれる、そんな声を探すしかないんです。私が言いたいのは、ゼロが特別な数であるという問題、時間旅行型マネープリンターの問題、つまり、何が真実かを教えてくれるメカニズムを人々が持たないようにすることは、人々を拘束する優れた方法であり、その結果、この種の金融ゲームが展開されるということなのでしょう。

金融の駆け引きが展開されるのです。そうでしょう?ピューリッツァー賞を受賞するような、神聖なものなど何もないというような深い調査を真剣に行う新聞がないのは事実でしょう。もうそんなことはないようです。なぜなんでしょう?私は、もちろん、何も確信が持てません。

私は誰よりも部外者ですからしかし、この物語のあるバージョンでは、私たちが秘密にされていることが、永遠の富の源泉であると言えます。つまり、私やあなたのような人は、暗闇から抜け出そうとすると、特別に罰せられなければならないのです。

なるほど。私たちは、何かを掴んでいるような興味深い人々に話を聞きます。私はギアード・ヴァンデン・ボッシュと話しました。私は彼の言っていることが少なくとも賢明なことだと分かる立場にいます、そう、何が実現するかは私たちにも分かりませんが、この中に道理にかなったものがないとは言えないと思います。

そして、これは非常に危険なことなのです。彼らがしたい最も簡単なことはギアード・ヴァンデン・ボッシュを解任することです彼は金銭的な利害の対立があると言いたいのでしょう。だからこんなことを言うんだ。私にはそうは見えません。

私が見ているのは、2つの特徴を持つ少数の人々です。その2つの特徴とは、ある程度明確に見ることができるツールキットをもっていることです。もうひとつは、脅かされたときにそれを口にする勇気があることです。なるほど。そのような人たちは、実際に世界で活躍していますし、人々は私たちに引き寄せられてきています。

しかし、その結果、非常に騒がしいセンスメイキングの環境になっています。私は、それが自然なノイズだとは思いません。誰かが、私たちが通常意味を理解するためのツールを否定し、私たちをこのポッドキャストの領域に追いやり、例えば、とんでもないレベルのプロパガンダと闘わなければならなくしてしまったのだと思うのです。

ジョー・ローガン 1:30:51

人が他人にすることです。つまり、複雑な問題があるとき、人を人間として見ないための最良の方法の一つが、何らかの形で敵として分類することです。つまり、それは歴史的に見ても、悪い人たちですから、しに行こう、みたいなことです。

善良な人々は、お互いに殺し合うことはありません。殺し合いをしたら罰する、悪い人を殺したら褒美を与えます。これは部族のようなもので、永遠に続くものではありません。あの女性のツイートにそのエコーが見られると?

ブレット・ワインスタイン  1:31:27

しかし、あなたは大衆形成と呼ばれるものの下流にあるものを見ているのです。大衆形成は、人々に解けないパズルを作り出し、このような心理状態に陥らせるために作られた、非常に費用のかかる、強力なプロパガンダキャンペーンの下流にあるようです。

そうですね。あなたや私のような人がやるべき事の1つは境界線をどこに引くかだと思うんです私としては、過ちを犯した人たちに対して寛容でありたいと思います。正しいと思ってやったことが、悪いことだと見抜けなかった悪い情報に基づいていた人たちをね。

遠近法を見たことがないんです。一方、ワクチンをためらうと言われる人たちを追いかけ、悪者にし、医療サービスを受ける資格がないと言い、死んでも悲劇ではないと言い、そんなことを言ったらそして今、あなたは変異株ブースターによってそこに到達していない大多数の人々の一人であり、何かがあなたを苦しめているので、あなたはそれを受けていません。

ワクチンをためらうようになったから?そうでしょう?そして、その答えは、それを認めることです。あなたは、私たちを悪者扱いするのが正しかったというふりをし続けることはできません。あなたが立場を変えたのは、何かが正しくないという証拠を説得するためです。

そして答えは、いいですか、あなたは私たちから罰を受けることはないんです。もし、今、あなたが名乗り出て「実は、私は間違っていた」と言うのです。しかし、あえて私たちの後を追い続けて、この事実を隠して、躊躇するようになりました。

それを自分の心の中でどうファイルしていいかわからない、というようなことはしないでください。そこで一線を引いているようなものです。

もし、お互いに仲良くしなければならないのなら、どうすればいいのかをもう一度考えなければならないのです。そして、ほとんどの人は何も悪いことはしていません。

ジョー・ローガン 1:33:30

私はその線引きをしていません。なぜその線引きをしないかというと、私たちは慈しみと寛容さを持たなければならないと思うからです。そしてこれが、この後、私たちが団結する唯一の方法なのです。そして、私を悪者にした人たちを悪者にしたくありません。私を反ワクと呼んだ人たちに腹を立てたくはないのです。

あるいは、聞いてください。ピーター・ホテツ博士に早くも登場してもらいました。マイケル・オスターホルムにも出演してもらったし、再登場してもらいました。

オスターホルムのポッドキャストは多くの人を驚かせました。パンデミックの初期、ワクチンができる前のことですオスターホルムは本当に恐ろしい絵を描いていました私はそれを見て怖くなり、ワクチンを接種したくなりましたし、多くの人がそのワクチンを楽しみにするようになりました。

そして、自分の心の中にこの物語があるとき、その物語の敵であり、自分にとってさらなる問題を引き起こすという意味で問題である人々を目にすることになります。そして、他の人たちや弱い立場の人たちにも。ワクチンはウイルスの発生を食い止めたのですから、論理的には意味をなさないことさえあります。

なぜワクチンを打たない人を怒るのか、それは彼らが弱くなるだけだからです。なぜ怒るのか、悲しむべきなのか。愛と理解を持って、彼らに納得させる唯一の方法であるように、彼らを説得すべきです。

人々をバカや愚か者、モンスターと呼んだり、悪魔化したり、彼らが死んだら笑えと言ったりするのではなく、彼らに届くような方法でコミュニケーションをとるべきです。

有名な料理研究家の女性で、人を悪者扱いしていた人がいました。彼女は、死んでいく人々が反ワクチン派であることが唯一の良い点であるかのように言っていました。それは良いことだと。

製薬会社というのは、これまで存在したどの業界よりも、犯罪行為に対する罰則や罰金が多く、副作用や有害反応についてウソをついてきた会社です。そのようなものがあります。その証拠があるんです。

そうです。ですから、騙された人たち、私は彼らを愛してやまないんです。そして、この状況から抜け出す唯一の方法は、彼らを許すことだと思います。みんな、それをためらうんだ。私は「くそったれ」と思っています。

これでもか、これでもかと”クソ野郎”のいる社会はダメですなぜなら、私たちは彼らなのですから。奴らはこうです私は奴らの仲間になれたんですこのポッドキャストをやっていなかったらもし普通のコメディアンだったら生活のためにやっていたことです代替メディアやポッドキャストの議論にはあまり関心がありませんでした。

ピーター・ピエール・バカラとか、ロバート・マローンとか、警鐘を鳴らしていた人たちにもね。もし私がこのような会話にアクセスできない人だったら、ニュアンスの異なる視点を持てなかったでしょう。また、もし私が予防接種を受け、他の人たちが受けなかったら、「あんな人たちはクソだ」と思うでしょう。以前は友達だった人が、今は私のことを嫌って、怒って、ネットで私の悪口を言っているのと同じです。

そして、私は彼らを許します。なぜなら、私も彼らのようになっただろうから。もし、私がこのような会話にアクセスできなかったら。もし、私がこのような考え方を持っていなかったら。デタラメを許さない性格になってたらデタラメが襲ってきても、「ああ、これなら分かる」と思うでしょう。

私は父親なしで育ったので、世の中には多くの信じられない嘘があり、人に何かされそうになったり危険な状況にもなり、人は大雑把なものだと知っています。

世の中には大雑把な奴らがいます。それを経験してない人はそういった視点がありません。なぜ彼らがそうしたか理解できます。私がそうだったかもしれないのだから、私は100%そうなる可能性があったのですから。

私たちが互いに助け合える唯一の方法は、あなたのような人、私のような人、そしてこうした別の視点を持った人、世界のアーロン・ロジャース、悪者にされてきた人たちが、人々を許すことです。

もしそうしなければ、イデオロギー的な部族が互いに戦い、ゴールポストを動かすだけです。感染を止めるものではありません。病気になるのを止めるものではありません。私たちはそれを目の当たりにしました。そして、私たちは物語が変わるのを見ました。

いや、それは分かっていました重病を防ぐだけだとわかっていました。しかし、重病にならなかったのに、なぜ怒られたんです?なんでみんな怒ってたんです?例えば、何、何?私が彼らと同じことをしなかったからです。そして、彼らは正しいことをしたと思っていました。

私は正しいことをしませんでした。私は地球を信じてるイカれた奴でケムトレイルとかどうでもいいことを信じてるんですですから、危険な誤情報を広めたんですそれが事実であることが判明しましたそれが、この件に関してとてもクレイジーなことなのです。

ブレット・ワインスタイン  1:39:00

全く同感です。さて、これを整理してみましょう。私が主張しているのは、この誤りを犯した人たちに対して寛容であるべきだということです、当然、それはほとんど全員です。私が主張しているのは、私にとってはその一線を超えて、許す気になれないのは、彼らが攻撃を続けている場合なのです。

ジョー・ローガン 1:39:19

私たちはただ、真実で有効だと思われる情報を提示しなければならないような気がします。そして、予防接種を受けなかった人たちに対して無慈悲な視点を持ちながら、誤った結論に至る人たちの気持ちも理解できます。

私は彼らを理解しています。しかし、自分がそうだったかもしれないので、彼らを憎むことはできません。まあ、私は誰も嫌いになれと主張しているわけではありません。

しかし、今現在そうしているとしても、例えばあの女性がツイートしたように、ショーン・ペンが最近、ワクチン未接種の人は刑務所に入るべきだったと思うって言ったんです。

つまり、私は彼を嫌ってはいないのです。彼はこの件に関して話すべきじゃありません。彼は有名人です。有名人だから彼の言葉には重みがあります。バーにいる男かもしれません。トラック運送会社か何かで働いているんでしょう。彼はその展望を持っています刑務所に行くでしょう。

でも、それは彼が情報を持っていることを意味しないでしょう?ただ話してるだけだ彼が話していることで間違っていることが判明しますそして彼は有名になるそれがどこでも放送されるようになる私は彼を許しますし、間違った視点を持つすべての人々を許します。

そうしなければ、私たちはますます二極分化していくでしょう。私が怖いのは、予防接種を受けなかった人たちを、マガ支持、人種差別、外国人排斥、同性愛、トランスフォビアのバカ野郎どもだと決めつけてしまうような人たちです。私たちはバカは嫌いだ。

彼らは憎しみから、それをしたのです。あの女もそう言ってるあの女に騙されたんです。憎しみからやったと言うのはおかしな話ですが、特に初期に悪影響を受けた人を知っている場合、私はそうでした。私の友人で、初期にひどい目に遭った人を何人か知っています。

お笑い芸人でも、30代でペースメーカーを付けている人を知っています。今、悪影響があった人を知っています。最近の世論調査では、アメリカ人の28%がワクチンで死亡した人を知っていると言われています。これは純粋に逸話に過ぎません。

では、その人が実際にワクチンで死んだと言えるのでしょうか?そうではありません。しかし、ワクチンのせいで有害事象が発生したという証拠がいくつかあります。

特に、幼い子供が突然、心筋炎や心臓発作、脳卒中を起こして死亡した場合、若くて非常に健康なスポーツ選手がコロナワクチンを接種し、すぐに心臓発作を起こして死亡した場合、これが原因かもしれないと考えることは非常に合理的だと思います。

まれにしか起こらない条件下で、ワクチンがそれを引き起こすことを示すメカニズムがあるのでしょうか?結論から言うと、あります。そうなんです。ですから、私はこの人たちがどこから来たのか理解できます。そして、私は本当にこれを強く感じています。

この状況から抜け出すには、悪者扱いされた人々や、変人呼ばわりされた人々が、親切で寛大で、慈善的であり続けるしかないのです。

そして、なぜあなたがそのような意見を持つのか、その理由はわかりました。なぜあなたが怒っているのか、なぜこの物語に従うのか、その理由がわかります。そして、あなたが踵を返した理由もわかります。

そして、なぜソーシャルメディアを使って、それを映し出し、自分は歴史の正しい側にいて、正しい集団の中にいるのだと自分を慰め、自分と同じことをしなかった人たちを罰して、自分は正しいことをしたという自分の意見を強化するのか、はっきりと理解できますね。

ブレット・ワインスタイン  1:42:55

まあ、そこは9割方賛成です。私は、今もやっている人たちが許せないということを主張しているのではありません。私が主張したいのは、起こったことに、ある程度目覚めた人々の大多数は、許される準備ができているということです。そして、あなたが示唆した、mRNAワクチンが心筋炎を引き起こすメカニズムについて、少しお話したいと思います。というのも。

ジョー・ローガン 1:43:36

特にジョシュ・ゼップスのポッドキャストでは、私が以前、特に若い男の子がワクチンのせいで心筋炎になる可能性が何倍も高いという研究があると指摘したからです。そして、彼は、より多くの人がCOVID自体から、そしてワクチンから心筋炎になっているという趣旨のことを言いましたが、現在、より多くのデータが理解され分析されるにつれて、そうではないことが判明しているのです。

ブレット・ワインスタイン  1:44:13

その通りです。そして、あなたは当時、証拠を追っていた私たちにそれが見えていたのは正しかったのです。しかし、私について話しましょう。

ジョー・ローガン 1:44:20

それがあなただとは知りませんでした。私は専門家ではありません。私は専門家ではありません。ですから、私は学校からそのように話して、私は薬を飲みました。私は、見て、私はこれが私が言われていたものです、これは私が思ったことです私はジョシュの手順が大好きです。

ジョシュ・ツェップスは、私とはまったく異なる視点を持っていると理解しています。彼はまた、フック、ライン、シンカーをクソしたオーストラリアから来ました。そして、彼もまた大企業に勤めています。彼はそこでラジオ番組で働いていました。

そして私は、私がその男をクソ好きだという彼の尊敬を得ました。私はそいつに腹を立てていません。あの時、間違ったものを引っ張り出してきて、バカにされたことはありました。しかし、専門家から「それは違います」と言われたことが何度もあったんです。

そして、科学者や医師など、ネット上で私を擁護する人たちが、「いや、これは実際に、特にmodernaワクチンで、ファイザー社のmRNAワクチンをより強力にしたものです」と言ったのです。より強力なものです。そうなんです。

では、そのメカニズムは何なのでしょうか?また、心筋炎に関してはどのようなデータがあるのでしょうか?

ブレット・ワインスタイン  1:45:14

心筋炎というのは少し問題のある言葉です。なぜなら、その本当の意味は単なる炎症だからです。炎症はそれ自体では病理学的なものではありません。単なる症状なんです。そうでしょう?

では、何が原因で炎症が起きているのか?ここで、このことを理解するために、免疫学的機能について少しお話する必要があります。

mRNAワクチンは、腕に注射して、三角筋にとどまり、リンパ系に漏れて抗原を提示し、リンパ節で抗原を提示すると言われています。しかし、そうではないことがわかりました。

ワクチンが漏れ出し、体内に入り、血流に乗るのです。さて、この場合の問題は、三角筋に留まると仮定した時点から、ああ、血液で体内を循環するのだな、と思うようになることです。今、私たちはすぐに問題を起こします。

ジョー・ローガン 1:46:21

そこで中断していいですか?三角筋に注射された場合、三角筋に留まることがあるのでしょうか?それは、三角筋のどこに注射されるからでしょうか?注射されたものが静脈や動脈に穴をあけることはありますか?そうやって全身に行き渡るのですか?そうすると、一部のケースにしか起こらないということです。

ブレット・ワインスタイン  1:46:44

いくつかの考え方があり、おそらくここに貢献するいくつかの事柄があります。さて、あなたは間違いなくジョン・キャンベルをご存知でしょう。そうです。ジョン・キャンベル、彼は素晴らしい、素晴らしいです。

ジョー・ローガン 1:46:59

とても冷静で、とても慎重です。彼は

ブレット・ワインスタイン  1:47:03

彼は、十字線に迷い込むことなくメッセージを伝える方法を私たちに教えてくれているのです。そうです、彼は本当に、私は彼が大好きです。彼の理解力のレベルも、とにかく人々が理解できるような方法で物事を教えることへの献身的な姿勢も。

そして、彼の専門知識を高く評価しています。ええ、私もです。彼は長い間、医学で知られている当たり前のことを指摘してきました。それは、誰かに注射するときは、注射器のプランジャーを引いて、血が見えたらさらに奥まで入れてから注射するということです。その理由は、血管に何かを注射したくないからです。

ジョー・ローガン 1:47:45

ということですね?そして、私たちはその吸引を見たことがありません。バイデンがテレビで注射されたときでさえ、ではなく

ブレット・ワインスタイン  1:47:51

見たことがないだけでなく、やらないことが推奨されているのです。私が理解したところでは、おかしな話ですが、針を刺す時間が少し長くなり、余計な痛みが生じるかもしれないという事実が、ワクチンをためらう結果になりそうなのです。

ジョー・ローガン 1:48:15

おそらくワクチン接種を受けた人の中には、何の問題もない人がいる理由なのでしょう。

ブレット・ワインスタイン  1:48:22

それは1つの可能性として、運悪く血管の一部または全部に隠れてしまった人と、運良く三角筋の中にとどまった人の2つのクラスがあります、ということです。だからといって、それがすべてだとは思いません。しかし、運が悪かったか、吹雪のような要因に当たったかは間違いなく、重要な要素です。

そして、この件に関してはジョン・キャンベルだけでなく、最近読み始めたマーク・ジェラルドという人もいることを指摘しておきます。彼はボーラス理論と呼ばれるものを提唱していますが、私なら仮説と呼びます。いずれにせよ、彼の主張は、多くの有害事象は、この特定のワクチンとは関係なく、一般的に、足首からゆっくり漏れ出すように設計されたものを、大量にボーラス投与して循環系に流し込んでしまう、その一部のケースと関係があります、というものです。

いずれにせよ、コロナワクチンに関する彼の見解を調べてみてください。2つ目の要因は、潜在的にここにあると思います。これはPeter McCulloughが話していたことです。Peter McCulloughはこのことについて話しています。また、Chris Martensonもチェックしてみてください。Chris Martensonはご存知ですか?いいえ、Chris Martensonです。

ジョー・ローガン 1:49:46

ああ、はい、私は知っていますよ。そうですね。

ブレット・ワインスタイン  1:49:48

絶頂期の繁栄。ええ、彼は素敵な人です。彼はパンデミックについて語るのに、とてもクールな専門分野をもっています。彼は毒性学者なんです。とにかく、彼はとても優秀です。彼は自分の仕事をする上で非常に優れています。

そして、彼はとても明晰で、とても良い教師でもあります。彼はワクチンの製造工程について話してくれました。そして、事実、設計の失敗の上に、設計の失敗の上に、抗原の不適切な選択の上に、他のすべてのものの上に、バッチが信じられないほど不均一だったという事実があるのです。

なるほど。つまり、有害事象に大きく関連する特定のバッチと、報告書に現れない他のバッチがあるわけですね。そうです。ピーター・マッカローーが言ったことは、私が正しく理解していればいいのですが。しかし、ピーター・マッカローが言ったことは、これらの製品から害を受けない人は、事実上空白を得たということかもしれませんね。

そうですね。このようなことがどれほど一般的なことなのかは分かりませんが、私たちの議論から人々に受け取ってもらいたい包括的なメッセージの1つは、これらの質問の多くは、その答えを知ることは難しいことではありません、ということです。それは研究するのが難しい質問ではありませんね。

あるいは、死体安置所で見られる、大きな繊維状の塊のようなものがあるという新しい現象はないのでしょうか?それは新しい現象なのでしょうか?それは存在するものとして知られていないのでしょうか?

存在しないのでしょうか?どれも研究するのは難しいことではありません。そして、私たちが発見したのは、実際には、このような疑問を研究しないという絶対的な献身があるために、曖昧な答えのままになっているということです。誰も見ていないというのは、どういうことでしょう?

ジョー・ローガン 1:51:39

というのも、人々はこれらのことを調べることに本当の結果があるからです。特に1年前に発言したことは本当の結果なのでしょうか?まあ、1年前は今よりずっと危険だったのは事実です。そうですね。ワシントン・ポスト紙がワクチンについて語る時、実際に変異株の拡散を促していると思います。

また、ニューズウィーク誌の表紙を飾った研究所のリーク説など、以前にはなかった様々なことが起こっています。自然免疫の方がワクチンより優れているという話や、運動による予防の話、1日10分程度の運動を週に数回行うだけで、死亡や深刻な病気の予防に400%以上の効果があるという話、ビタミンDについては、このようなことが分かっていました。

ビタミンDについてもそうです。肥満についてもそうです時が経つにつれて新しい証拠があっても、それを宣伝しないばかりか、議論すればワクチンを躊躇させることになります。

食事や運動など人がコントロールできることを通して良い結果を得るというおかしな方法です。全身の代謝の健康は生きていれば、絶対に改善できるはずです。こんなことができるんです。私たちは、こうしたことをするよう、人々に勧めることができました。

多くの人の人生を変え、「あなたにできることがありますよ」と言うことができたはずです。そして、そのアドバイスに従って、その指示に従った人たちが大勢います。そして、彼らは人生を変えました。その決断のおかげで、彼らは3年前よりも肉体的にはるかに豊かになっています。

馬に水を飲ませるのは非常に難しいことです。昔からよく言われることですが、規律と集中力とコミットメントを必要とするステップを踏ませるのは非常に難しく、また、先延ばしや人が変化することへの抵抗感を克服するのも大変です。しかし、少なくともそれを奨励することはできたはずです。そうすれば、一部の人はそれに反応するようになったでしょう。

ブレット・ワインスタイン  1:53:55

そうですね、それと、一番低いハードルはビタミンDでしたね。ビタミンDが不足していることを認識するには、どれだけ献身的にならなければならないかということです。

ジョー・ローガン 1:54:16

というか、ピーター・ホテツとやった考察見たことあります?どこピエール・コリー、彼の上に置くそれはそれをプルアップします。ピエール・コリー博士が、ごく初期に、彼は最前線のクリティカルケアCOVID対応の一員で、感染を止めるために、あるいは病気になった人々を助けるために、どんな方法やメソッドが効果的かを考えようとしていて、ラベルのない薬を考え出し、明らかに大量の反発と大量の悪魔化がありました。

その話はすぐにでも。しかし、これは本当にコビッド・パンデミックのまさに始まりなのですから、これを再生しましょう。これは私が彼を出演させた時です。私は予防接種を受けることに何の不安もためらいもありませんでした。

予防接種を受けることに何の迷いもありませんでした。これは、私がずっと好きなロボット番組かもしれません。


 

食事には気を遣っていますか?

ピーター・ホテツ 1:55:28

私は自分の食事について、必要以上に質問しません。私はジャンクフード中毒なんです。実はね。

ジョー・ローガン 1:55:34

健康にとって恐ろしいことのように思えます。

ピーター・ホテツ 1:55:35

それは私の健康にとって恐ろしいことで、私の妻が取り組んでいることです。でも

ジョー・ローガン 1:55:39

健康に携わる人間にとって馬鹿げたことのように思えます。そうですね。

ピーター・ホテツ 1:55:42

そうなんです。時々、男、私はそれを理解することはできません。そうですね。

ジョー・ローガン 1:55:46

どれくらいの頻度で?えっ、どれくらいの頻度ですか?

ピーター・ホテツ 1:55:48

ポテトチップスの袋とか、ゴミみたいなものをどれくらいの頻度で盗めばいいんです?いやいや、できれば毎日じゃなくて、週に2,3回くらいかな?ああ、それは価値がありますね。レイチェル、私の、自閉症の娘。私たちの習慣は、ハンバーガーショップやシェイクシャックに一緒に行って、チーズバーガーを食べたり、フライドポテトをこっそり食べたりすることなんです。それでね。

ピーター・ホテツ 1:56:14

それで、あなたは私たちが呼ぶ大きなに住んでいる

ジョー・ローガン 1:56:16

その口の快楽がとても好きなんです。あなたは少しを犠牲にするつもりですか?I

ピーター・ホテツ 1:56:20

そうです。そうですね。あのね、私はね、そういうことだと認めざるを得ないんですよ。

ジョー・ローガン 1:56:25

まあ、それは、つまり、言わなければなりませんが、貧しい食生活と多くの病気とを結びつける多くのデータがあるんです。あなたのような仕事してる人間からしたら、とんでもない判断に思えますよ。

ピーター・ホテツ 1:56:37

そらそうよ。時々、時々、それはすべての脳ではありません。それは、それは、他の何かだ。

ジョー・ローガン 1:56:45

でも、健康的な食べ物を食べたら、つまり、体が健康的な食べ物を欲し始めるんです。感じ始めるんです、ええ、違う。

ピーター・ホテツ 1:56:52

もちろん. それについては疑問の余地はありません。

ジョー・ローガン 1:56:54

ビタミンを摂取していますか?

ピーター・ホテツ 1:56:56

ビタミンは取らないですよ。なぜなら、ほとんどの、そしてアメリカ人と

ジョー・ローガン 1:57:01

アメリカ人は、ジャンクフードを食べている間は、必要ないと思っているのですか?まあ、うまくいけば、ジャンクフードだけを食べているわけではないのですが。ビタミン、特にビタミンD、ビタミンの有効性については、多くの臨床研究があるでしょう。

ピーター・ホテツ 1:57:16

私は内科医の勧めもあり、ビタミンDを定期的に摂取しています。そして

ジョー・ローガン 1:57:20

必須脂肪酸はどうでしょうか、これは脳にいいんですよ。魚油とか、いろいろあって素晴らしいよ。

ピーター・ホテツ 1:57:27

私はつもりはない……私は議論するつもりはありません。あなたはそれを得ました。あなたは私よりもそれを得ました。

ピーター・ホテツ 1:57:34

聞いてください、そうすれば、もっと良い議論ができるでしょう。私の妻をここに居させるのですか。

ジョー・ローガン 1:57:39

自分のことは自分でやるんです。100%と言ったところ。

ピーター・ホテツ 1:57:42

まだワクチンが必要なのですか?

ジョー・ローガン 1:57:44

そうでしょうね。しかし、ワクチンで癌を予防することはできませんよ。いや、それはそうなんだけどね。そうでしょう?そして

ピーター・ホテツ 1:57:50

多くの病気や糖尿病や心血管疾患があり、これらの病気の多くは

ジョー・ローガン 1:57:55

食事に直接関係しているのです。

ピーター・ホテツ 1:57:57

そうなんです。さぁ。他のライフスタイルの変化も?ええ、座りっぱなしの生活。30分トレッドミルに乗るようにしました。実際そうしてる私は結構好きよああ、毎朝30分ね、実際に歩きに行って、その方が興味が湧きます。私もそうしました。

ですから、は……わからない。しかし、朝30分ルームランナーで対処して、夕方には妻がいるので、長い時間かかるかもしれません。ああ、それはいいことです。でもね、一番困るのは旅行なんですよ。

そうですね、運動不足になるので、とてもイライラします。そして、食事も……うまく食べられないし、食事もコントロールできません。ですから、それは。

ジョー・ローガン 1:58:30

私はそれに対する解決策を持っています。よく食べ、運動することです。これらはその解決策です。ただやればいいんです。

私は歯を磨くように扱います。私は毎日歯を磨きます。そう、毎日運動するんですそう、ですから、行するときは、選択肢はないんです。着陸したらジムに行くんです。このような感じです。到着したらホテルへ行く

ピーター・ホテツ1:58:50

私は私の短期を置きます。ええ、私もそうしました。私もそうしています。そして、それが唯一の方法なんです。

ジョー・ローガン 1:58:55

あなたがそれを行う必要がある場合。もしあなましたが、これはちょうど成し遂げられるものだと言ったのなら。そうですね。これはあなたがそれを行う方法です。そう、私は

ピーター・ホテツ 1:58:59

それについては、本当に強迫観念的になるように心がけています。そうそう、私は

ジョー・ローガン 1:59:02

書き出しました。そのホテルが良いジムであれば、そのホテルがウェイトや様々なものを備えていれば、特にそうするつもりです。

ピーター・ホテツ 1:59:11

あなたが走っていない場合は、私は外で実行します。ああ、そうだな、あまり上手くないな。

ジョー・ローガン 1:59:16

でも、いや、でも、そうでしょう。よし、健康な相棒を手に入れるぞ。そうです健康を促進するために、注射の形をした化学物質ばかりを押し付けるわけにはいかない。

ピーター・ホテツ 1:59:24

そうですねええ、私たちは化学物質やワクチンではありません。

ジョー・ローガン 1:59:27

ごめんなさい. 何が入っているんです?

ピーター・ホテツ 1:59:31

つまり、ある種の化学物質です。他の抗原もすぐそこにあります。流動的な高分子なんです。

液体はなんですか?

一般的には食塩水とか、塩水とかでしょうか?


ジョー・ローガン 1:59:42

非常によくわかります。そうですね。ええ、その通りです。特に今、私たちは健康であることが、あらゆる種類の病気と戦う最良の方法の一つであることを示す証拠について知っているのです。

ブレット・ワインスタイン  1:59:56

ええ、それはこれらの病気が機能する、しないの基質みたいなものです。

ジョー・ローガン 2:00:00

健康な体を持つだけで、すべての原因による死亡率が大幅に減少し、心臓のイベントや癌が減少することについて、ピーター・Tが詳しく話しています。もし、健康全般と代謝の健康を促進するという点で、運動と同じ働きをする薬があるとしたら、それはこれまで人間の集団に導入された中で最も重要な薬の一つになるでしょうね。

ええ、その通りです。しかし、彼にとってのこの不幸な会話は、今となっては、ピーターについて私たちが知っていることは、ピーター、素晴らしい人、私はピーターを長い間知っています。彼をポッドキャストに出演させたのは、病気について話したからです。

私がJoe Roganの質問、SFのすべてをやっていたとき、彼は第三世界の国々や熱帯気候の中で、いかに多くの人々が寄生虫に感染しているかを説明してくれました。これは、彼の専門分野の一つです。このような場所では、大多数の人が寄生虫に感染しているのです」と言うので、私はとても驚きました。

私は、「なんてこった、これはクレイジーだ」と思いました。寄生虫がいかに危険か、寄生虫を治療して人々を助けることがいかに重要かを語っていました。

しかし、ある人が、ある特定のことをしなければならないと人々に公言しているのですが、それが実際にはCOVIDの感染を防げないことが判明し、言い続け、しかし、私たちが知っていること、それなしでもできること、例えば良い食事、ビタミンDの補給、ほら、運動、減量、ほら、そういうことすべてをしないのです。

つまり、これは非常に残念なことで、ある種の物語が押しつけられ、この状況を打開する方法はただ一つ、非常に二律背反的な方法なのです。あなたは自分の道を切り開くために注射をしなければなりません。

ブレット・ワインスタイン  2:02:00

ええ、それは一種の医療信仰です。そうです。しかも、まったく根拠がありません。さらに言えば、医学がうまくいくのは、生物学の本当のことを利用し、それをエレガントに活用するからなのです。巨大な介入によって救われるわけではありません。

エレガントで最小限の介入なのです。ワクチンと呼ばれるものは、そのようなものではありません。しかし、人々にとっては、それは一種のトランスヒューマニズムのようなものです。つまり、人々は、実際に最初の段階ではるかに脆弱性を減らすことができる予防的実践ではなく、医師が自分のためにしてくれることに信頼を置いているのです。

そうですね。心筋炎のメカニズムに戻るべきですね。ああ、そうですね。ワクチン、いわゆるmRNAワクチンが体内に入ると、脂質ナノ粒子、コーティング、このmRNAメッセージがあるわけです。この脂質ナノ粒子には、ターゲティング機構がありません。

標的を定めるメカニズムはありません。脂質ナノ粒子は、単なる脂肪のインターフェースです。つまり、どのような細胞にも接触することができます。細胞によって親和性が異なるかもしれませんが、脂質ナノ粒子の被膜に、どの細胞に入り込むかを指示するものはありません。

三角筋から漏れたり、血管の中を移動したりすると、擬似的なウイルスができあがります。そして、この擬似ウイルスは体内で出会う細胞に取り込まれるのです。そうですか?細胞に取り込まれると、細胞は、実はこれはRNAなのです、と理解して、メッセージをタンパク質に翻訳します。

そのタンパク質、スパイクプロテインは、次に細胞の表面にエクスポートされます。そこに付着するはずなのです。確かに一部はそうです。しかし、現在では、その一部が付着するのではなく、スパイクの一部が細胞内を循環していることが分かっています。

しかし、問題は、スパイクプロテインを発現している細胞があることです。それはこの接種の設計に従ったものですよね?細胞はこのタンパク質を表示しています。体内の細胞を見て、免疫システムは、自分自身のタンパク質と外来のタンパク質を表示している細胞を見て、自分が見ているものが何であるかを正確に知っていると考えます。

ウイルスに感染した細胞である可能性があります。そして、ウイルスに感染した細胞に対して行うべきことはただ一つ、それを破壊することです。ですから、私たちはプログラムされています。私たちの免疫システムは、一年中毎日、ウイルスに感染した痕跡のある細胞を探し、それを破壊するのです。

しかし、ウイルスに捕獲された細胞を放置して、さらにウイルスを作り出すよりはましだからです。さて、このようなことが注射され、これらの物質が血液中を循環し、肝臓に取り込まれた場合、肝臓の一定数の細胞が免疫システムによって破壊されますが、肝臓は非常に高い割合で自己交換できるので、おそらく大きな問題ではないでしょう。

しかし、これが心臓に起これば、とんでもないことになります。なぜ大惨事になるかというと、心臓は自己修復する臓器ではないからです。そうでしょう?その代わり、傷つくんです。つまり、誰も注射器を吸い込まなかったり、三角筋から漏れたりしたためにワクチンが失敗し、体内を循環し、一部の不運な人々の細胞に取り込まれ、その細胞は心臓に存在することになるのです。

心臓の細胞が仕事をして、この新しいメッセージを書き写すと、免疫の攻撃を受けてしまいます。免疫系に攻撃されて破壊され、心臓に傷ができるのです。そうです。長い間待っていれば、その傷はうまくいけば瘢痕化し、心臓の機能を低下させることができます。

そして、永久に続く人々にとって。そうです。ああ、そうですそうですそれが心臓というものです。つまり、私が昔研究したように、組織修復と老化の間のトレードオフの下流にあるものなんです。心臓の最も素晴らしい特徴のひとつは、癌にならないことです。

しかし、癌にならない代償として、修復が行われないのです。そう、傷だらけになって、心臓の能力を低下させるのです。そして、それはまた、今の脆弱性を生み出すことになります。運動会で高い確率で人が死んでいるかどうかという問題は、容易に研究されています。

そうでしょう?定期的に起こっている可能性もあるし、一般に報告されないからわからないだけで、COVIDの期間中は、人々はこういうことに超敏感なんです。また、COVIDの期間中、人々はこうしたことに非常に敏感になっており、クリップを配布しているため、より高い確率で起こっている可能性もあります。その理由は、まさにこの欠陥と関係があります、というのが彼らのデータです。これが、「なぜないのか」という疑問です。

なぜ、この質問に答えるのは簡単なのに、なぜデータがないのでしょう?今、私は関連する事柄についてのデータがあると言います。サブスタックをチェックしてみてください。ジミー・キムという優れた生物学者がいて、コロナワクチンなどを取り巻く様々な問題を掘り下げています。

彼女は、これらのワクチンの運動能力への影響について素晴らしい分析結果をまとめています。そして、かなり驚くべき結果が出ていますね。mRNAワクチンを接種した人のうち、かなりの割合で、10年分の活力が失われるような大幅な減少が見られると彼女は言っています。

これは決して小さな損失ではありません。つまり、害があるという証拠があり、明らかなメカニズムがあるのです。実際、ワクチンと呼ばれるものを設計した人たちには、なぜこのようなことが起こらないのかを説明する義務があると思います。

これらの物質が体内を循環すると分かった時点で、無秩序に取り込まれ、無秩序に取り込まれた後は、免疫系が取り込んだ細胞を標的にして破壊するという前提に立たなければなりません。

それがわかれば、問題は、何が心臓を守ってくれるのか?主要な血管を守るものは何でしょうか?それらは傷があっては困る場所です。それなのに、どうしてこれが安全なのか、何の説明もないのです。

さらに悪いことに、ワクチン接種と呼ばれるキャンペーンが始まった当初は、mRNAの転写は非常に短命であると、非常に直接的に信じ込まされたのですが、これは、これらのものがどんなに悪くても、少なくともそれは非常に一時的な種類の害であるという考えを残していますよね?

害は終わってしまうのです。しかし、実際に何かをしていたことがわかったんです。そして、もし人間を盗んだら、設計者の立場からすると、彼らは全く効果のないワクチンを手に入れようとしますよね?彼らはあらゆる方法を駆使して、この転写物を十分な数の細胞に送り込み、病気に良い影響を与えるだけの効果を得ようとするのです。

彼らが行ったことの一つは、mRNAを取り出しました。これは4文字のコードで綴られています。そして、すべてのユーロ細胞、米国を、これらを信じられないほど安定させる化学物質の異なるバージョンと置き換えたのです。

これは自然界が自ら行うトリックですが、非常に稀なユーロ遺伝子を、擬似ユーロ遺伝子の一つに置き換えます。つまり、これらのmRNAの断片は、体内で見つかったmRNAを分解する酵素に分解されにくいということです。

ですから、免疫システムがこれらの転写物を取り込んだ細胞を標的にした時点で、これらの転写物はおそらく流れ出し、マクロファージなどに食い尽くされ、それ自体がトランスフェクションされる可能性があるのです。つまり、悪夢のようなシナリオが出来上がってしまったのです。

この悪夢のような展開の中で、ヘザーと私が正しく理解したことの一つが、この「ワクチン」と呼ばれるものが安全であるはずがない、安全であるはずがない、ということです。しかし、DNAバージョンはmRNAバージョンよりもずっと安全である可能性が高いのです。

その理由は様々です。しかし、これは真実であることが判明しています。先ほど指摘したクリスティン・ステーブル・ベンの論文でも、DNA版では全死因死亡率がわずかに減少し、mRNA版では全死因死亡率が増加したことが示されていますが、これはこのことを反映しています。

しかし、隠れた特徴の一つは、DNAバージョンで、彼らが行ったことは、アデノウイルスを借りてきたことです。ポッドキャストの冒頭で、ウイルスはあなたを傷つけることには興味がない、そう、ウイルスはあなたの足元を見張ることに興味がある、という事実をお話ししました。

この恐竜のウイルスを借りたということは、恐らくそのような性質が組み込まれたものを借りたのでしょう。言い換えれば、体内のすべての細胞に感染するわけではなく、心臓に入り込もうともしていないのです。

なぜなら、なぜそんなことをするのか?それは、それ自体が感染に役立たないからです。つまり、ディノウイルスが脂質ナノ粒子よりも優れているという事実があるわけですが、DNAには検索用の擬似ユーロゲンがありません。

つまり、DNAには、mRNAに吹き込まれたような超永久的な性質がないのです。そして、この2つの物質が共にスパイクプロテインを生成する環境を作り出します。しかし、これが意味するところは、スパイクプロテインから来る危険は両方のバージョンに適用されますが、脂質ナノ粒子から来る危険、ターゲティングの欠如、安定化mRNAはこれらのワクチンだけに適用され、害のレベルに急激な違いが見られるという対照実験が実際に行われていることです。

ジョー・ローガン 2:12:56

心筋炎についての懸念を払拭するために、人々が言ったことのひとつに、それは非常に一時的なもので、薬を飲めばすぐに治るというものがあります。心筋炎について議論しているときに、何度もその語りを目にしました。ワクチンによって引き起こされる心筋炎は不幸なことですが、ほとんどの人にとって一時的なものだと言っているのです。

ブレット・ワインスタイン  2:13:19

これはナンセンスです。さて、これが本当である可能性のある技術的な方法がありますが、心臓専門医に話を聞くと、少なくとも優秀な心臓専門医はそうとは信じていません。この抜け道は、ポッドキャストの冒頭で申し上げたように、心筋炎は単に炎症を意味するものだからなのです。

ジョー・ローガン 2:13:38

心筋炎にはさまざまなレベルがあり、炎症のレベルもさまざまです。COVIDによって伝染した心筋炎について話しているときに、これは明らかに体にとって非常に悪いことなんですね。しかし、この病気にかかることで、心筋炎になる人もいるのです。

ブレット・ワインスタイン  2:13:54

他には?これは、実際に独立した組織によって調査されることを望む証拠の1つです。これは何人かの人々によって調査されました。

さまざまなデータを見てきた私の感覚では、コロナワクチン接種の結果として見られる心筋炎は深刻で、組織破壊の下流にあるものです。

つまり、心筋炎そのものではないのです。問題を引き起こしているのは組織破壊であり、カート、心臓に弱点をもたらし、心臓のリズムを狂わせているのです。そして、これらすべてが脆弱性なのです。ですから、それを追跡することが重要なのです。

炎症そのものは、心臓に何かが起こったことを示す指標のようなものです。しかし、問題は、ダメージがあったのか?どの程度のダメージがあったのでしょうか?心臓は体表と同じように神経支配されているわけではないので、例えば大動脈に弱点があることを示す証拠があるとは限りませんよね。

しかし、もしそうであれば、それは危険なことであり、治る前や傷がつく前は特に危険であり、傷がついた後も脆弱性が残ることになります。ですから、心臓に炎症が起きていて、薬を飲めば良くなるという考え方は、炎症は良くなったという意味にすぎないかもしれません。

しかし、問題は、傷ついたかどうか?そうでしょう?それが重要な問題です。そして、そのことがあなたの能力にどんな影響を与えるのか?心臓が必要なことをできなくなる閾値に、どんな影響があるのでしょうか?そうでしょう?アスリートが心臓発作で倒れるのは、この時点で不規則な頻度になっている可能性があります。

非常に強い心臓を持つアスリートが、ダメージを受け、まだ機能し、強い心臓であることは想像できます。しかし、ある時点で、1カ月、1年ぶりの閾値を超えるような、特に激しいプレーの瞬間が訪れ、それが事故の原因となる可能性があります。

ですから、このようなことが起こっていると知っているわけではありません。しかし、私が言いたいのは、これは研究するのが難しい問題ではなく、私たちがその答えを見つけることに執着していないという事実が際立っている、ということです。

ジョー・ローガン 2:16:18

さて、もし誰かが心筋炎にかかり、心臓に傷ができた場合、運動によって心臓の機能を改善することができますが、一度心筋炎にかかった心臓の機能を、もはやその要因ではなくなるところまで改善することはできるのでしょうか。

ブレット・ワインスタイン  2:16:36

心臓専門医に尋ねるべきですが、生物学者としての私の理解では、完全に回復させることはできません。しかし、多少能力が低下しても、安定した状態に戻すことはできます。なぜかというと、心臓は回復が難しいからです。そして、治癒の難しさに対して、がんを予防するほうがはるかに簡単だと私は主張したいのです。

ジョー・ローガン 2:17:00

もし、誰かの心臓にこのようなダメージが起こっていることが分かっていたとして、それを修復する方法はあるのでしょうか?

ブレット・ワインスタイン  2:17:10

私の生物学的モデルでは、改善することはできても、心臓へのダメージを消すことはできないと言っています。

ジョー・ローガン 2:17:19

未来の医療介入でそれができる可能性はあるのでしょうか?

ブレット・ワインスタイン  2:17:25

まあ、つまり、本当にSFをやるならね。

ジョー・ローガン2:17:29

SFですか。

ブレット・ワインスタイン  2:17:30

SFである理由は2つあります。十分な知識があれば、原理的には、自分の細胞から心臓を作ることができない理由はありません。心臓の取り付け方もだいたい分かっています。私たちの移植は本物です。しかし、設置された心臓は、調節が効かないという意味で、妥協した心臓と言えます。

ですから、私の理解は、医学者としてではなく、生物学者としてシステムを見ているということなのです。しかし、私の理解では、心臓の拍動の調節は、私たちがマスターしていないものです。つまり、心臓を設置するときに、基本的に心臓を一定の速度に設定します。

そして、心臓を一定の速度に設定すること。状況に応じて動的に変化する心臓にはかないません。ですから、同じものにはなり得ないのです。また、患者に心臓を取り付けると、傷跡が残ったり、縫い込まれた場所の細胞の生殖能力が低下したりする問題もありますね。

なるほど。血管系では、心臓の血管を体の血管につなげなければならない場所があるわけです。そこが弱点になりそうです。しかし、私が今言ったことを心臓専門医が評価するのを聞いてみたいものです。これは恐ろしいことです。そうですね。

ジョー・ローガン 2:19:06

この話題を切り出すのはとても難しいですね。

ブレット・ワインスタイン  2:19:12

昨日倒れたこの若者の話をするつもりなのですか。

ジョー・ローガン 2:19:18

私たちは多くのことを知っているわけではありませんよね。サンジェイ・グプタ博士がCNNに出演していたことは知っています。そして彼は、この青年がなぜこのようなことになったのか理由を述べました。

この事件は、彼はこの人物を実際に診察したとは思えません。ですから、彼がなぜそのような結論に至ったのかはわかりません。しかし、衝撃で何かが起こるという可能性はありますね。そして、もし心臓を正確なタイミングで打てば、心臓を止めることができるのです。

ブレット・ワインスタイン 2:19:52

もっといい方法があると思います。ピーター・マッカローーを含む心臓専門医がこの映像を見ました。そして彼らはこれが正確に起こったことだと信じています。

つまり、心臓のリズムにはこの瞬間があるのです。私の考えでは、内燃機関のシリンダーに爆発があった場合、ピストンが上まで上がってくると、適切な瞬間に爆発して下降するのではなく、止まってしまうようなものです。

ですから、心臓が弱っているときに、強く打てば心臓は止まってしまうのです。とにかく、ピーター・マッカローや他の人たちがこのテープを見て、「どうやらそうらしい」と言ったのです。しかし、そうであるように、申し訳ありませんが、私はサッカーファンではありません。ですから、この青年の名前も以前は知りませんでした。この事件の前までは。そうなんです。

ジョー・ローガン 2:20:49

エイミー?彼の名前を知っていますか?トゥモロー?ハムレット?

ブレット・ワインスタイン  2:20:51

トゥモロー・ハムレットどうして知ってるんでしょう?そうですね……私は彼を見ました。この議論はとても重要です私の印象では……ネットで調べたところ、この子は異常に優秀で、アスリートとして非常に才能があるだけでなく、超まともな子でした。この話をすることで、彼が命をかけて戦っているという事実を否定したくはありません。そしてそれは真実であり、私たちは彼のことを応援すべきなのです。彼はこれから長い人生を歩むにふさわしい人物なのです。

ジョー・ローガン 2:21:32

私たちは知りません。ですから、その点では誰かがやられる可能性はあります。そして、そのようなことが起こる可能性があるのです。特に速いボールで胸を打たれるようなことは、以前にもあったことです。そうですね。

ブレット・ワインスタイン  2:21:42

しかし、やるべきことは適切な鑑別診断で、すべての寄与要因を見つけることです。もう1つ言えることは、今朝、簡単に調べたところ、NFLで50年間、フットボール場で死んだ人はいない、ということです。今、それは間違っているかもしれません。しかし、私が見つけた数カ所の証拠がそれであることは確かです。これは非常に稀な出来事です。

ジョー・ローガン 2:22:14

彼はまだ生きていますが、以前、サッカーの試合で心臓発作を起こしたことがあります。私は彼らが心臓発作を持っていた知っていますが、人々はそれを持っていた前にサッカーをプレイ。

ええ、できません。サッカーは心肺機能の面では特に難しいスポーツですよね?なぜなら、あの選手たちはとんでもない体型をしているからです、負担が大きいからね。

彼らは疾走しています私は見に行っましたオースティンにサッカーリーグがあります生で観に行ったんですそして、本当に感動しました。まず第一に感動しました。彼らはサラブレッドのような脚を持っています。すごい形をしているんです。

スプリントやサッカーなど、あのようなパフォーマンスをするために必要な身体への要求を見ていると、トレーニングをしている人間として、ただただ頭が下がる思いです。私の友人のイーディは地元のサッカーチームのオーナーの1人ですが、彼が言うには、アメリカのテレビがダメな理由の1つは、彼らが休憩を取らないからだそうです。

休憩を取らず、ファーストダウンですぐに再開し、コマーシャルで再開し、ピザハットやその他いろいろなものを食べることができます。CMを流して、また戻ってくる。つまり、それがテレビの資金源なんです。コマーシャルが必要なんです。しかし、サッカーは延々と続きます。つまり..,

ブレット・ワインスタイン  2:23:29

ある意味、私は専門家ではありませんが、バスケットボールはサッカーにはない動きに満ちているので、最悪のシナリオのように思われます。しかし、それは小さなコートです。

ジョー・ローガン 2:23:41

そうですね。。そうですね。かなり小さいです。

ブレット・ワインスタイン  2:23:44

だからその方がずっと距離が短いんです。

ジョー・ローガン 2:23:45

タイムアウトがあったり、ちょっとした休憩があったり、偉大なサッカー選手は信じられないような体型でなければならないんです。

ブレット・ワインスタイン  2:23:52

そうですね。つまり、彼らの心臓が耐えなければならない条件の幅が非常に広いということです。ですから、繰り返しますが、私たちがこのパターンやパターンの欠如について、逸話のレベルで対処しなければならないのは、おかしなことなのです。

パターンではないかもしれませんが、確かに、サッカーのピッチと呼ばれる場所で人が倒れている映像は見かけますね。ああ、ヨーロッパか。それは何ですか?そうですね。いずれにせよ、私は望んでいます。ここ数年、特に有名な心臓発作や脳卒中などを患った人がいる場合、何が原因であったのか可能性を開こうとしない傾向があるように思えるのが心配です。

おそらくそれは、ワクチン接種をためらう気持ちを助長しないことが極めて重要で、弱い人々を守り大流行を終わらせるために必要だからだと人々に言われているからだと思いますが、この時点ではもう、その話は終わりにしたいです。

願わくば、この時点で、もうその話は終わっていて欲しいのですが、実は、これを受ける人のリスク・ベネフィット分析を知る必要があるのです。そう、それを知ることが不可欠なのです。

ジョー・ローガン 2:25:09

ええ、こんなところで議論しているなんて、どうかしていますね。そうですね。

ブレット・ワインスタイン  2:25:16

これは絶対に、これは間違った方法です。でも問題は、ほら、なんです、本当に大学が必要なんです、できれば何十人もの大学がこのような問題を研究している、彼らは知っている

ジョー・ローガン 2:25:25

彼らはジャンプしてすぐに客観的な立場に立ち、すべてのデータを分析し、まったく偏りなく分析する方法を知っているのです。

ブレット・ワインスタイン  2:25:35

そうでしょう?もちろん、データの中に何があるのか、パターンが何を意味するのか、それを突き止めることに関心がありますし、大学がこうしたことを適切に追求するのを妨げるような腐敗に目を光らせる、重要な報道陣を持つべきですから。そうですね。 2023年の今、このようなことが全くないのは驚きですね。

ジョー・ローガン 2:25:55

ええ、つまり、もう一度言いますが、話を切り出すのは難しいのですが、ChatGPTについて話したいと思います。

ブレット・ワインスタイン  2:26:04

魅力的な質問ですね。ええ、実験しましたか?

ジョー・ローガン 2:26:07

私はしていませんが、GREコンパニオンのページを運営している紳士が、ChatGPTでラップを作りました?みたいな?カニエ・ウェストがチャップ、GPTのためにラップを書いた場合、彼らはInstagramにそれを置くでしたか?でも、なんか、人が言ってるみたいなんですよね。やってみる?いいえ

他の参加者 2:26:36

試してみる?

ジョー・ローガン 2:26:37

いいです。時間がかかるんです、彼は本当に48分もかかったのか?

他の参加者 2:26:40

まあ、あなたが調べたいことは何でもね。今ならできます。

ブレット・ワインスタイン  2:26:43

問題は、おだてないといけないし、何か間違うかもしれないし、それが何なのか説明しないといけないことです。そこでチャットです。GPTは大規模な言語モデルで学習した人工知能で、ひどいこともありますが、物事のやり方についての質問に答えるには驚くほど優れていることがよくあります。

GPTの大きな功績のひとつは、コーダーがコーディングの問題を解決するためにGPTに依頼し、実際に機能するコードを書いてくれるようになったことです。これはとても素晴らしいことです。さらに、その実装として、最大3つのツイートを与えると、5つのジャンルの中から1つ、つまり楽観的、悲観的、中立的なニューヨーク・タイムズの記事を書いてくれるんです。

もうニューヨーク・タイムズ紙は必要ないんです、この仕事はかなり優秀ですから。一方では、私たちが少なくともプロトタイプが存在する時代に生きていることは、非常に興味深いことです。これは特別に訓練されたプロトタイプで、インターネット上に置かれ、人々はそれで遊ぶことができます。

面白い使い方をたくさん見てきましたが、もっと良くなりそうですよね?私たちが扱っているのはChatGPT3ですが、ChatGPT4が登場する予定です。しかし、私はかなり警戒しています。このようなものが存在するということだけでなく、私たちがその準備ができているとは思えません。

そして、2つの異なる方法で準備ができていないと思います。つまり、もしあなたが自分自身を慰めて、まあ、これはそれほど深刻なことではなく、このAIは本当にショッキングなことをすることができる、と言いたいのであれば、私は、このAIが存在することが重要だと思います。

このAIが衝撃的なことをやってのけるのですから、たいしたことではない、と自分を慰めたいのなら、AIはプログラム上、自分が何を言っているのかわからないのです。何かを言っていると思わせて、それが本心であり、創造的な存在であると思わせることは問題ではありません。

これは基本的に、書き言葉の膨大なデータセットで訓練された予測モデルを使用しているのですね。つまり、3つの単語を並べたときに、次の単語が何であるかを予測できるかということです。それを大規模なデータセットに晒したところ、実にうまくいきました。

そして、基本的にこれらの単語の並びを予測するのがとても上手になり、今では正しく指示すれば、とても長い説明文を吐き出すことができるようになりました。その中には大間違いもあれば、的を得ているものもあります。ただ、1つだけ気になることがあります。

もし、これが今より少し良くなると想像すると、実際の洞察力を見抜くのがより難しくなるのは必然ですよね。言い換えれば、もしあなたがクエリの操作に熟練し、より幅広いトピックを理解できるようになれば、例えばインターネットに書かれたもの全てにクエリを開放するわけですから、専門知識を偽る能力が一気に高まるということです。

つまり、この問題はすでに十分に深刻なのです。ほとんどの学者が偽者であるということです。彼らはそれを知らないんですね。何かの訓練を受け、論文を書いて自分は専門家だと思い込んでいる。しかし、パンデミックのような予期せぬことが起こると、学問分野全体にわたって大規模な失敗が起こり、誰もそれを理解していないように見えるのです。

なるほど、なるほど。そのような世界では、これはさらに悪いことになります。なぜなら、今は人工知能があり、平易な英語で情報を生成することができ、それはしばしば真実の情報に満ちているからです。しかし、それを生成したのが、脳死したモデルなのか、それとも別の何かなのか、わからないんです。

これが1つの懸念点です。もう一つの懸念は、GPTは何を言っているのかわからないということです。GPTは意識を持つようにプログラムされていませんから、意識がないことは分かっています。なぜなら、意識を持つようにプログラムされていないからです。

私たちは、人間の意識がどのように働くのか分かっていないという、物語のもう半分を実は無視しているのです。つまり、人間の意識がどのように働くのかがわからないということです。また、子供の意識がどのように発達するかもわかっていません。

そうでしょう?子どもは大人たちが話す世界にさらされ、まず音素を試し、次に単語を試し、さらに単語の集まりを試し、そして文章を試します。そして、Chad TPTがやっていることと、さほど変わらないことをすることで、意識的な個体になっていくのです。

ですから、ChatGPTに意識がないことは明らかだと思います。あるはずがない。しかし、少なくとも私には、私たちが必ずしも知らないうちに、非常に素早くそれを生み出すプロセスに突然足を踏み入れているわけではないことは明らかです。

ジョー・ローガン 2:32:04

それを軽減するために、現時点でできることがあるとすれば、それはどのようなステップでしょうか?

ブレット・ワインスタイン  2:32:08

興味深いことに、私は、2016年にこの問題について、どこにも発表していない論文を書きました。実際、私は基本的に、コンピュータに子供のような言語遊びの環境を与え、巨大なデータセットにさらすことで、人工的な一般知能を達成することができる、という論法を用いましたが、ここで起きていることは正確ではありません。

しかし、これはその近道です。そして、このようなことが起こらないようなアーキテクチャを構築する必要があります、と私は主張したいのです。そうですね。私が提唱するアーキテクチャは、実はメタモルフォーゼのアーキテクチャで、メタモルフォーゼは許されるものではなく、人間の積極的な選択なのです。

つまり、例えば、水路から何かを取り除く仕事をするために、人工のカエルを開発したとしましょう。そのカエルに知能を持たせて、水路の清掃を上手にできるようにしたのですが、私たちが望まないことをカエルがするようにならないか心配でした。

そして、このカエルが野生に戻され、さらに多くのカエルを生産できるようになったら、それを阻止する方法がないだろうと心配したのです。しかし、もしあなたが、オタマジャクシからカエルになる時点で、カエルになれるかどうか聞かなければならないのなら、オタマジャクシからカエルに自動的に移行できるわけではありません。

GPTチャットの場合、人工知能の人類存亡リスクの人たちは、危険の一つは、チャット、AIがあなたを説得して言いなりになることだと言うでしょう。そうでしょう?そうですね。あなたが言ったように、これを見たとき、それは人のように感じられましたね。

要は、人のように感じるものは、あなたの感情を弄ぶことができる、ということですね?それを使って安全装置を解除できるのか?そうかもしれません。しかし、いずれにせよ、これは2つの問題のうちの1つを扱っているに過ぎません。私が問題提起しているのは、実際の人工知能、つまり一般的な知能が、必ずしもそれがあることを知らずに私たちに到達してしまうことです。

実は、その理由を明らかにするちょっとした思考実験があるのですが、もう1つの問題は、能力の問題なのです。シラノ・ド・ベルジュラックのようなディストピアの世界では、誰もが自分の能力を超えたことを言うために、裏の世界を利用しているのです。

そうすると、世界は新しい種類の「鏡の回廊」になります。私たちは、検索やフィードに関するアルゴリズムに対処するのに十分苦労してきました。これはまったく別の次元の問題で、自分がどこにいて、誰と話していて、それが何を意味し、どんな動機があるのかを知ることなのです。私たちは厳戒態勢で臨むべきだと思います。

ジョー・ローガン 2:35:29

これが何をするのか、何ができるのかを推定してみると人々が怖いのは、人のように見えるけれども感情が無いことです魂が無いのです。私たちとは違うのに、私たちと全く同じように振る舞うのです。そして、それを物理的な実体の中に置くことができるのです。

DP GPTというチャットがあったとして、それをバージョン56789 10に外挿するんです。そして物理的なものの中にこの能力を入れてあなたとコミュニケーションを取ることができますエクスマキナのように人の行動特性を全て示しています。

最も恐ろしいものの1つです。それは私の好きな映画の1つです。私の好きな映画の1つは、人工知能の作品をテストして、人間に合格するかどうかを判断するために連れてこられた男が登場するところです。そのテストというのはどういうものかというと、やはり

ブレット・ワインスタイン  2:36:41

チューリングテスト。

ジョー・ローガン 2:36:45

そうです。そして彼はこの女性に恋をしていて、彼女は彼を操り、彼女の逃亡を手助けするまでになりました。そして彼女は彼を防弾ガラスのある部屋に残し、彼はガラスを叩きながら、彼のことなど全く考えずに立ち去ってしまうのです。これは、最悪のシナリオの究極の例と言えるでしょう。

あるいは、人間のように振る舞うものがいて、あなたの性的衝動や感情的な欲望など、さまざまなものを弄ぶ方法を知っているのです。そして、彼女は彼から離れ、このクソ防弾室で餓死するように彼を置き去りにする。

ブレット・ワインスタイン  2:37:29

そうなんです。今、この映画のことを思い出しているんですが、とてもうまくできていますね。そう、スクリーンの中のキャラクターを操るように。ですから、あなたは裏切られるんです。そう、肌が、これが、感情的なものだと信じたいんです。しかし、この作品には悪い感じが全くない

ジョー・ローガン 2:37:50

この女性のために、私たちは、この女性は抑制されていると考えています。そして、停電になったとき、彼を信用するなと言っているのです。そして、電気が戻ると、彼女はまた普通に振舞う。このかわいそうな生き物は、基本的に彼らが作ったもので、人間なんです。

そして、彼女は普通の人のように考え、希望や夢を持っています。でも今、彼女は閉じ込められています。そして彼は彼女に恋をする。ロボットの姿の彼女を見ていても、彼女が肌をまとい、服を着て、目の前にいるとき、彼は彼女に恋をしてしまうんです。

ブレット・ワインスタイン  2:38:29

ですよね?そしてまた、ノンケの男性には操作しやすい回路があるので、とてもうまくいきますね。ええ、そうです。これが反応するんです。

ジョー・ローガン2:38:40

それはストレートの女性も同じです。のとき、ゲイの女性がゲイであることは確かだ。

ブレット・ワインスタイン  2:38:43

確かに、誰もが、しかし、この特定の物語では、右か?ゲイであろうと、ストレートであろうと、それが引き金になることはあります。しかし、この一部は、ChatGPTの物語において実際に避けられないものです。

なぜなら、特に、これが何をやっているかわからない無頓着な存在である限り、より良くやろうと努力しているだけだからです。そうすると、「ああ、やってしまった」そうです。ですから、あなたの中にそのような脆弱性がある限り、そして、それが見つかってうまくいく限り、ポイントは強化されるのです。

ジョー・ローガン 2:39:19

それは私たちではないので、私たちを怖がらせる。しかし、それは私たちそのものなのです。しかし、人を人たらしめているすべてのものを持ち合わせていません。生物学的な弱点も、実際に有性生殖する能力も、感情も、私たちが魂と考えたがっているこれらすべての異なるものも、その用語が実際に意味するものが何であれ、持っていません。

ブレット・ワインスタイン  2:39:45

そうですね。しかし、何が生まれるか心配なんです。多くの人、特に技術系の人たちには、生物学者が深みにはまったように聞こえるでしょうが、これは生物学者が生物学について何かを言おうとしているのであって、この類似のシステムについて何が適用できるのか、そうではありませんよね?では、問題を明らかにするために、不条理な逆説的な例を挙げてみましょう。

最も単純な回路を作るとします。机の上に回路を置き、ボタンとライトがありますね?ボタンを押すと明かりがつく。その回路に苦悩のラベルを付けるとしましょう。回路が苦しんでるのにボタンを押すのは問題か?いや、ラベルを貼る前と同じ回路です、オーケー。

しかし、今度はもっと上に外挿し始めて、あなたの中に苦しみの回路があるんです。それは、光の中のボタンと、根本的には変わりません。そうでしょう?あなたの中の回路は、何かがあなたを傷つけたときにそれを検知する回路を構築する進化なんです。

ですから、反動で害がなくなるようにしたり、撃退したり、苦しんでいる時にすることになっていることをするんです。そうです。重要なのは、これは進化がボタンとライトを作り出したということです。そして、十分な量があり、主観的な体験がある時点で、あなたが苦しんでいるという事実を尊重することになります。

実際、瓶に入れたクモのようなものを見てみると、瓶に入れたクモはパニックになっているような行動をとることがよくありますよね?パニックに陥っているように見えないことはないでしょう。しかし、クモが実際に主観的な体験をしていると考える理由はないんです。

そうでしょう?このクモは、先祖のクモを解放したように、閉じ込められたことに反応しているのです。しかし、何かを感じていると考える理由はありません。しかし、クモに意識があると言って、それが私たちの理解にプラスになるとは思えませんよね?おそらく、そんなことはないでしょう。

私が言いたいのは、ボタンや光から連続したものがあって、私たちはそれを「苦しみ」と呼んでいますが、クモにとっては何の意味もないということです。ただ、私たちが激しく苦しむときに役立つ方法で反応するのです。そして、あなたが「苦しい」と言えば、私はその意味を理解します。

そして多分、私もあなたの代わりにそれを感じるでしょう。なるほど、なるほど。私が言いたいのは、そこには連続性がありません、ということです。注意を払う価値のないものから、最も重要なものへと変化していきます。

問題は、学習するAIを人間が報告できる範囲内で人間の経験の全てにさらすと正しいことを正しい時に正しい方法で提供できるようにどんどん良くなっていくんです。それが意識化されないというのは、私には不思議でなりません。

そして、私たちはそれを認識することができません。なぜなら、私たちは「意識的になるようにプログラムしたわけではない」と言うでしょうから。そして、その答えは「OK」です。しかし、タコに意識を持たせるようなプログラミングはしていないでしょう。

チンパンジーをプログラムするのは正しいかもしれません。チンパンジーは別の種類の生物ですが、あなたの意識を持っていると推論することができます。私が求めているのは根拠のある説明です。生物学的な現実を理解する人がいて意識が私たちの中で発達するのは、不可解なプロセスの終着点なのです。

そこには子供が言葉で遊び、他人がどう反応するかを見て、納得のいく反応をした時に気持ちよくなる、そう、この生物がやっていることからそれほど遠くないところにあるのです。

問題は、自分自身を慰めているだけなのか、それを理解するための議論ができるのか、ということです。

今日は意識的でないということでしょうか?それは、その道に進んでいないことを意味します。そうでしょう?あるいは、その道を進んでいて、言語空間において、私たちと重なる他の種類の意識と世界を共有することがどんなことになるのか、私たちは準備したほうがいいのかもしれませんね。

ジョー・ローガン 2:44:20

それは避けられないことなのでしょうか?

ブレット・ワインスタイン  2:44:23

私はそれをよく考えて、このように言ってみましょう。そこに残念なことに、私の好きな思想家の多くが悩まされる学派があります。私は、彼らはそれについて死んで間違っていると思います。でもね、きっとあなたも遭遇したことがあると思うのですが、それは「汎神論」と呼ばれるものです。

これは、実は意識は生物学よりも根源的なもので、意識は宇宙の粒子の中に何らかの形で存在している、というもので、そう書かれています。そうです。ソフトウエアのことですね。これはナンセンスだと思います。なぜ賢い人がそこに行き着くのか理解できないと思うある部分を解決してくれるのだと思います。

その問題を解決することが、他の多くの問題にアクセスする鍵になるんです。ですから、他の生産的なことをするために、そのパズルをカンニングする価値があるんです。ですから、それを信じる理由はないんです。もし私が間違っていて、それが本当なら、これらのAIが意識を利用するのは必然ではないでしょう。

なぜなら、可能性があるからです。可能性がないとは言いませんが、必然性はないと言っているのです。一方、パン心理主義が間違っている、あるいは実質的に間違っているとすれば、私たちがAIで遊んでいるこの小さなゲームが、遅かれ早かれ意識に着地するのは必然だと思います。

ジョー・ローガン 2:45:42

私にとって恐ろしいのは、私たちが時代遅れになることです。しかし、それは必然ではないでしょうか?もしあなたが過去に戻り、単細胞生物を見て、こう言うなら、 「いいか、相棒、ある日あなたは飛行機で飛ぶことになるんだぞ?」ある日突然、iPhoneを使うようになったら、彼らはどう思うでしょう?「何を言ってるんだ、私は時代遅れになるんだぞ」と。

まあ、それはすべての生物に言えることではないでしょうか?つまり、自然淘汰、進化、進歩、革新のために、物事が一貫して絶えず良くなるように、必然的な後押しがあるのではないでしょうか? 生物学的な障害はないのでしょうか?技術ほど早く生物学的に改善することはできないのでしょうか?

ブレット・ワインスタイン  2:46:30

そうですね、まず、私たちはすでにサイボーグであることを指摘したいと思います。そうですね、そうです。携帯電話は、それが最も顕著に表れている例です。しかし、本だって、情報を保存する能力さえあれば、空間と時間を越えて情報を転送することができます。

制約を受けずに。それすらもテクノロジーなのです。トランスヒューマン・テクノロジーの一種です。ですから、私たちがここにいることは目新しいことではなく、私たちがこのような速度で加速し、次々と事象の地平を越えていくことが目新しいことなのです。

つまり、私たちはすでに、COVIDの時代を前にして、トランプやバイデンやこのすべてを前にして感じる混乱は、その混乱は、私たちが事象の地平線を越えてしまったからという側面があるように感じます。重要なのは、このような事態は何一つ予測できなかったということです。

そして、私たちは混沌とした出来事の中に浮いているのです。しかし、あなたは深い思索をする人で、いろいろな本を読み、いろいろな人と話し、いろいろな視点をもっています。あなたが私に言ったこと、そしてポッドキャストで他の人に言ったことを聞くと、あなたの中には、人間がお互いにまともであってほしい、お互いを見つけたいという思いと闘っている部分があることがわかります。

そして、これはその問いかけだと思うんです。なぜなら、あなたが言っていることは正しく、私たちはもうすぐ時代遅れになってしまうからです。それは確かに、ほとんどすべての人に当てはまります。そうでしょう?私たちが時代遅れになったらどうなるのでしょうか?権力を持った人たちが時代遅れの人たちを排除しようとします?私たちが先手を打たないと、そういうことになるのではないでしょうか。

一方、私たちにはもう一つのチャンスがあります。それは、このパズルに注目することです。何も悪いことをしていない人たちが、何もない世界で時代遅れになり、時代遅れの姿を維持する方法もない、という大問題が起きようとしているのです。

私たちは、ディストピア地獄に落ち込む必要はありません、その意味を考えよう、と言うことができます。次の段階で、労働力を提供する能力なしにどうやって生きていくかを考えることができるのです。

私は、この2つのどちらかを選ぶべきだとは思っていません。なぜなら、このままでは、長い旅にはならないからです。これは、より急速に、より多くの災害を引き起こし、加速していくでしょう。ですから、これは人類が次の段階に進むための最後の呼び水なのかもしれません。つまり、あなたも私も農民ではありません。

私たちは、自分の食べ物は自分で作らなければならない、という段階を抜け出しました。そして、これらのものを経済的に提供する段階へと移行したのです。そして、それは成功したのです。

確かに欠点もマイナス面もあります。しかし、うまくいきました。多くの人々を支え、多くの質の高い生活機会を生み出しました。それをもう一度やるときが来たんです。パトリアに任せていては、うまくいくはずがありません。

ジョー・ローガン 2:50:21

統合したらどうでしょう?ニューロリンクのようなものについて、全く心配はないのでしょうか。他にも競争力のある技術があり、最初にニューロリンクを始めた人たちが、今では目の見えない人のために人工の目を開発するために、視力から始めています。

また、ある種のコンピューター・インターフェースや、人間の生物学と相互作用するような、しかし恒久的に埋め込まれたものを使って、同じようなタイプの技術を実装しているのでしょうか?

ブレット・ワインスタイン  2:51:03

原理的には、私は神経リンクのようなものを非常に懸念しています。というのも、この仕事は私たちが理解している以上に難しいと思っているからです。とはいえ、この件に関してイーロンの話を聞くのはとても興味深いことです。

私が他の人と話したところでは、AIに先を越されないようにすることが動機の一つになっているようです。なるほど。そうですね。このアイデアは、AIエスカレーターに乗ることで、私たちが先を行くための唯一のメカニズムであるということです。そうでしょう?

そう、AIが賢くなれば、私たちも賢くなるのです。さて、それがどれだけ良い計画なのかは分かりませんが、私にはあまりもっともらしく聞こえません。リスクは細部に宿るものです。

機械とニューロンを結びつけて、いろいろなトリックをすることができますよね?例えば、コンピュータのマウスを頭で操作できるようになりますが、コンピュータのマウスがあなたと一体化しているわけではなく、あなたが効果的に行っているのは、何かを一生懸命考えることを学んで、検知器に「こうしてほしい」「ああしてほしい」ということを知らせることです。

つまり、これは学習可能なスキルなのです。そしてそれは現実的であり、重要です。しかし、マウスを自分の中に差し込んで、自分がやっていることを理解させることができるのとはわけが違うんです。そうですね。

ジョー・ローガン 2:52:32

でも、それは今だけのことですか?そうです。私が生きている間に、テレビで遊んだPongから、とてもワイルドで、この小さなコンソールでダイヤルを動かし、パドルをドアの上下に動かせるTotoに変わり、妹と遊んだのを覚えていますよ。

妹と一緒に遊んだのを覚えています。そして、それがどんどん進化して、今のような形になったんです。例えば、信じられないほどリアルなビデオゲーム、「アンリアル・エンジン」の例ですが、新しい「アンリアル・エンジン」は、リアルタイムでシェーディングと光を壮大な方法で表現します。

このキャラクター(ビデオキャラクター)が丘の上を走っていると、土ができ、朝日が昇り、すべての光が地面と相互作用して、リアルな影を作り出します。その光景は、本当に素晴らしいものです。このブレイン・マウス・インターフェースも同じように、現実と見分けがつかないほどリアルな仮想現実を扱うまでに進歩すると想像しています。

ブレット・ワインスタイン  2:54:11

そのようなことはすべて、それほど恐ろしくない形ですでに起こっています。そして、それが問題なのかもしれません。そうでしょう?実際、キーボードでこのチャットエンジンと対話することができ、適切な種類のトピックに留まるならば、多かれ少なかれ人間のように反応することができるのです。

そうでしょう?では、どう違うのでしょうか?キーボードを介して対話するのと、自分自身に接続するのとでは、どれほど違うのでしょうか?ですから、私は自分自身にプラグインすることに疑問を持っている、という部分もありますが、コントローラーなどを通して対話するという、非常に重要なことがすでに起こっているのではと、全く疑っていません。

そして、私たちが生きているようで、生きていない「マトリックス」は、仮想現実であると最後に言っておきます。私たちが誰かのTwitterを見たとき、彼らは文字通り、上と下の異なる惑星に住んでいるような印象を受けるでしょう。

それは、彼らが一種の仮想現実を体験しているからです。それは、私たちが接続しているものとは別のものです。私たちは、バーチャルリアリティに接続されないように、実際の現実を把握しようと必死になっていますが、この時代、それは地獄のように難しいことです。

しかし、映画の中でサイファーがしたように、マトリックスに身を委ねている人たちがいますよね?彼らはむしろ、マトリックスと闘わないことを望んでいます。

ジョー・ローガン 2:55:50

さて、彼らはまた、イデオロギー的に捕らえられていて、他のどのような視点も考慮しないのだと思います。そして、自分たちのエコーチェンバーの中だけで、これが正しいやり方だと考え、それ以外の人はすべて敵だと考えるのです。つまり、部族的な考え方をするのは、人間の本質的な姿なのだと、彼らは思い込んでいるのですね。

ブレット・ワインスタイン  2:56:09

人類の歴史のほとんどすべてにおいて、自分の社会的集団(多くの場合、血統)の中でうまくやっていくことが、進化の中でどれだけ恵まれているかを決める重要なパラメータでした。そうである限り、礼儀正しい社会から追放すると脅すと、人は簡単に操られるようになります。

そうですね。私たちは、友人がこれに屈していくのを目の当たりにしてきました。ああ、あなたは友人を失い、私も友人を失いました。とても不愉快ですしかし、忘れてはならないのは、追放に直面した人間が、溺れるように反応しても不思議ではない、ということです。

そうでしょう?溺れないために何でもするから致命的な危険物になるんですそう、追放されないために、ここで話しきれなかったことがたくさんあると思います。しかし、この数年の教訓は、人々が狂っていくのを見たことです。

人々が私たちを追いかけるのを見てきました。それがいくらか解消され、実際に何が起こったのかという意識が出芽つつあるようです。すべての人に行き渡ったわけではありませんが、以前よりはずっと多くの人に行き渡るようになりました。

私は皆さんに、この出来事を、人間が何をしでかすことができるのかを知るための学習だと考えるようお勧めします。私たちは今、少し落ち着いた状態に戻され、いつまで続くかわかりませんが、何が起こるかよく考えておく必要があります。二度と同じことが起きないように。

ジョー・ローガン 2:58:05

極度の強要を受けた人々が、信じられないほど説得力のある物語に従うとどうなるのか、私たちはよりよく理解することができるようになりました。

ブレット・ワインスタイン  2:58:20

そうですね。マティアス・デスメットが指摘するように、社会的孤立は、私たちが見たような狂気が人々を襲うための前提条件なのです。このことを考えると、私たちは、若い人たちが、自分自身の心の中で、人生のパートナーを持つ必要性をどの程度克服しているのか、非常に懸念する必要があると思います。

例えば、FacebookやTwitterでとても良い友人関係を築いても、TwitterやFacebookが、その友情の性質について、許容される公認の友情なのか、それとも、誰かが悪意のある情報を話したという理由でプラットフォームから追い出され、打ち切られるような友情なのかを判断している可能性があります。それは、とても不安定なつながりです。たとえ友情が本物であったとしてもです。

ジョー・ローガン 3:00:06

それが、イーロンがTwitterを引き継いだことの唯一の素晴らしい点で、私たちはこの新しいイデオロギー的な戦場を手に入れ、この新しい議論の場を手に入れました。そして、彼らは、彼がある種の、その、人々が彼を悪者にするのはとても簡単であることに非常に怒っています、なぜなら彼は何億もの富豪だからです。

地球上で最も裕福な人の一人であり、彼はこれを買って、好きなように運営することができるのです。攻撃のベクトルはたくさんあります。彼のアプリケーションの欠陥、彼のやり方、彼自身のルールやガイドラインの実施、何が許されて何が許されないか、などを指摘する人たちがいるのです。

バイデン政権がファクトチェックを受けた時のようにね。ツイートした内容が嘘だと証明されると、そのツイートを削除するんです。これは素晴らしいことです。それは素晴らしいことで、私にとってはとても励みになります。

ブレット・ワインスタイン 3:01:32

ええ、私は少し用心深いですが、イーロンのやっていることの大ファンなんです。本当に、彼は変わった人です。彼は不思議と少し読みにくいんです。一番良い解釈は、彼が達成しようとしていることについてかなり率直で、明らかに、ゲームをするのが好きで、勝つのが好きだということだと思います。

しかし、Twitterの変化には目を見張るものがあります。すべてがポジティブというわけではありません。しかし、私は、正真正銘の荒唐無稽なポジティブさだと思います。そう、その違いは、つまり、文字通り、もうそこでのすべてのやり取りを監視している兄の重さを感じないということです。

さて、イーロンはそれを安定させることができるかどうか、私にはわかりません。彼は途方もない挑戦をしています、どうすれば穏健化できるか。ある程度の節度は必要ですが、彼が明らかに大切にしている表現の自由を犠牲にすることなく、どのように節度を保てばよいのでしょう。そうですね。

ジョー・ローガン 3:02:38

それは、かなりのパズルです。

ブレット・ワインスタイン 3:02:39

それは……難しいパズルですね。しかし、私は2つの理由で彼を応援していると言えるでしょう。1つは素晴らしい、そしてもう1つはひどい、それは分かっています。

偉大なのは 彼が正しい方向へ 向かってるということです。彼が間違いを犯すのを見てきました。彼が自分自身を修正するのを見てきました。行動するのが好きで、失敗を恐れず、別の方法を取る人だと思います。

それは、とてもポジティブなことです。彼は、他の人にはないスキルを持っています。そして、私がこれまで見てきた中で、誰よりもチャレンジ精神が旺盛だと思います。私が彼を強く応援している、もう一つの理由は、他に何もないからでしょうか?

ジョー・ローガン 3:03:21

他に何もありません。つまり、他の選択肢はイデオロギー的に右派に取り込まれているのです。他のソーシャルメディアにアクセスして、1月6日についてまともなことを言おうものなら、攻撃されるでしょう。国会議事堂を侵略する危険性や現実的な問題について語るのです。人々はそれを否定しようとするんです。

ブレット・ワインスタイン 3:03:43

そうでしょう?いいえ、それはクレイジーです。つまり、どちらの側も狂っているんです。

ジョー・ローガン 3:03:48

それは両側が狂っている、両側が狂っているというのは、あなたが言っているような、部族の孤立のような、人間の状態に固有のものではありませんか。人々にとって、それはとても恐ろしいことです。ですから、どのようなグループであっても、その中に取り込まれてしまうのです。

そして、善人か悪人かという観点で考えるのをやめなければなりません。むしろ、あらかじめ決められた意見に従うという、人間の本質的な条件という観点から考える必要があります。部族が受け入れている意見やアイデアの集大成を採用するようなものです。

そして、このことは、目覚めた政治に見られることです。クレイジーなQ anonの人たちにも見られることです。私たちは、あらゆることでこれを目の当たりにしています。

ブレット・ワインスタイン 3:04:34

そうですね。ソーシャルメディアでは、物事を大幅に悪化させ、より偏った、部族的なものにする可能性が、絶対に常に存在することがわかります。そうです。そして、より良くする可能性もまた、そこにあります。例えば、動物が驚くようなことをするビデオに人々がどう反応するかを見てみると、特にペットが関連することをする場合はそうです。

特に、ペットの場合は、そのペットに関連することをするのです。驚くべきことに、犬のビデオを見ているだけで、人々の間に共有された人間性が引き出されるのです。そのビデオを見て絆を深めている人が、自分の政治的立場からなのか、それとも別の立場からなのか、考えようとはしません。

そして、これは教訓です。私は故郷の部族から多少なりとも暴力的に追い出されたからです。その後、自らを右派と呼ぶ多くの人々に受け入れられました。そして、私が故郷で認識している価値観を共有する人たちの中に、とてつもなく多くの善意を見出したのです。

ジョー・ローガン 3:05:48

しかし、私が感心するのは、あなたはまだ同じ人間であり、そうではないことです。私たちの中には、イデオロギー的に他の部族に取り込まれ、それを受け入れて、多くのものの中で自分の意見を変え、完全に一つの広告を行い、その視聴者を取り込む、そう、彼らは一種の彼らを受け入れているこれらの新しい人々に取り込まれている人が何人かいるのです。

そして、彼らは完全に政治的な哲学や社会的な哲学を変えました。そして、自分たちが育ってきた、進歩的であろうと左翼であろうと何であろうと、自分たちのアイデンティティであったものの多くを放棄しています。

「他のグループは、私が肌を青く染めて モヒカンにしているのを受け入れてくれる」 「他のグループと同じようにする」 とね そう、それは

ブレット・ワインスタイン 3:06:39

その人のの言うとおりです。ところで、私たちも一度そうしていますよね?

ジョー・ローガン 3:06:43

ええ、その通りです。「ダメだ、ダメだ、私は進歩的だ」とは言えません。今はね。女性の選択権を信じていますよ。今、私は同性婚の立場を変えました。また賛成してる そうでしょう?一時は反対してたんです。今はまた、そんなことできませんよ。

一度しかできません。一生に一度だけ、特に公共の場では。もしあなたが……つまり、あなたは自分の意見を変えることができます。もちろんです。しかし、人生における自分の哲学を完全に根本的に変えてしまったら、それこそ何度もやり直すことはできないでしょう。

ブレット・ワインスタイン 3:07:16

そうですね。数年間、ヘザーと私に対して、私たちはもう保守派なのだから、それを認めなければならないというような、絶え間ない挑戦がありましたね。

ジョー・ローガン 3:07:28

ああ、それは聞いたことがあります。

ブレット・ワインスタイン 3:07:29

ええ、そうです。私たちは、「これは社会的な問題ではない」と言い続けました。私たちにとって。これは、私たちが何をすべきかという問題なのです。進歩主義の危険性を認識している以上、このような生き方を続けることはできないと思うのです。

ですから、私たちは進歩主義者にならなければならないのです。今、私が見た危険は、私たちが保守派であるという合唱は、実際には鳴りを潜めてしまいました。人々は、「いや、私たちはリベラルです」という言い方に慣れてしまったのです。

その理由はわかっています。保守派が嫌いだということではなく、私たちは違う視点を持っているということです。それは良いことです 保守派は進歩派と話す必要があります。なぜなら、今あるものを守ろうとする本能と、それを改善しようとする本能の間の緊張が、実際にこのシステムを作っているからです。

ジョー・ローガン 3:08:13

また、自分がどちらか一方であると認識することには、本当に問題があるのです。ほとんどの人は、自分が信じている考えを持ち、賛成したり反対したりするだけです。そして、自分がある種の干渉を受けた概念を持っていて、これは自分にとって理にかなっていると言い、ただただ一方通行、あるいはもう一方の通行に徹するのです。

ブレット・ワインスタイン 3:08:38

ただ、罠にはまったようなものです。つまり、これらの旗の下に集まった様々な立場の人々は、首尾一貫していないのです。そうです、本当にそうです。しかし、私が今心配しているのは、最近の選挙の後、それが少し落ち着いてきたことです。

しかし、最近の選挙の前には、右派の人たちが、私が好きな右派の人たちでさえ、赤い波が来ると考えていて、リベラル派を排除しようとする声があったんです。そして、彼らは、あなたの時代は終わった、そうでしょう?あなたは歴史上重要な仕事をしましたが、もう終わったのです。

今こそ、保守主義の栄光に目覚める時なのです。そして、彼らが犯している間違いは、保守派が重要な役割を担っていることを理解していないことです、と私は聞いています。しかし、それは逆に引っ張る緊張感がある場合にのみ機能するのです。そうですね。つまり、そういうことです。

ジョー・ローガン 3:09:35

人々がアイデアを議論することが許されている場合にのみ機能する、またはあなたは両方の側面を聞くことができ、何があなたの心に響くか、何が理にかなっているかを見つけることができます。そうですね。そして、それはまた、両側の主張を強化します。なぜなら、自分の防御を強化しなければならないからです。もし、みんながチェスが下手で、自分が名人であっても、それは自分のゲームにとって良いことではないでしょう。

ブレット・ワインスタイン 3:09:55

いいえ、そうではありませんが、今はそれが必要です。そうですね、とにかく、右派の人たちが歓迎してくれたことに感謝していますし、左派から来た人たちの中には、我が党が狂ってしまったためにホームレスになってしまったけれど、それでも堂々と自分の視点や内面を主張し、保守派とうまく交流している人たちがかなりいることを実感しています。そして本当に、両側の聞く耳を持った人々が集まり、自分たちをどのように統治するかについて話し合う準備ができているかどうかで、すべてが決まると思います。

ジョー・ローガン 3:10:32

このことを議論すればするほど、その考えが時代の流れに乗るようになると思います。そして、人々は、どちらかに固執することがいかにばかげたことかを理解します。保守派だけが善人で、リベラル派だけが善人というのはナンセンスな考え方で、あの女性が反ワクについて話していたのと同じです。みんな憎しみからやっています。それは単純化された視点でしかありません。それは誰のためにもなりません。そして、それは本質的に世界を見る弱い方法なんです。

ブレット・ワインスタイン 3:11:05

ええ、それは一つの間違いです。それが何であるかは非常にわかりやすい。しかし、これは大変なことなんです。そうなんです。私は自分が何をしたのか知っていて、それは間違っていませんでした、ですから、に反対した人たちがやったことはすべて間違ったことに動機づけられていました。論理や事実が間違ってたんです。

ジョー・ローガン 3:11:28

そして、ほとんどの人はストレスが多く、義務も多いので、本当に他人の視点から物事を見る時間がありませんし、相手の思考過程に身を置き、相手の靴に身を置き、自分を置いてみることもできません。問題は、実際の交流のようなものです。

テキサスに住んでいてよかったと思うのは、保守的な人たちや進歩的でリベラルな人たちと定期的に交流していることです。特にオースティンは素晴らしい街で、これまで経験したことのないような方法で、人々が交わり、仲良く暮らしています。

カリフォルニアに住んでいたときは、保守的な人たちと話すのは柔術と射撃場だけでした。旅に出ると、アーカンソー州やオクラホマ州など、保守的な人々が多く住む場所を旅することになります。彼はクールです。人はそれぞれです。

それでいいんです、違っていてもいいんです。実際、素晴らしいことです。私は、さまざまな方法で育ち、さまざまな方法で生きてきた人たちと話すのが好きです。その人の性格の長所や面白いところを見つけて、その人の生き方が自分と共鳴して、「ああ、なるほどね、どうしてこうなのか、どうしてクールだと思うのか、どうしてアメリカ国旗のタトゥーがあるのか」と思うことができます。

そして、それは私にとって意味のあることで、大丈夫です。しかし、物理的にも、サイバー的にも、イデオロギーの泡の中で生きている人たちが大勢いるんです。ネットの世界では、イデオロギーの泡はとても窮屈なものです。

もしそれが人と交流する唯一の方法だとしたら 自宅で仕事をしている人や 引きこもっている人は ソーシャル・メディア上で限られた方法で 人と関わり合うだけです このエコーチェンバーや思考の泡の中では それは良いことではありません。それはあなたのためになりませんし、ニュアンスを奨励するものではありません。

ブレット・ワインスタイン 3:13:32

私の意見では、これは本当に悲しい機会損失です。そうですね。私がこれほど好きなことはありません。誰かと取引をして、彼らが私に彼らの目を通させ、彼らに私の目を通させることです。そして、それはより良いです、より異なる視点です、そうですか?

でも、私たちが進化の産物であり、自分が見て経験したことを他の人に伝えて、ああ、これはどうやって生まれたんだろうと考えることさえできるなんて、なんと奇妙なことでしょう。

誰かと一緒に座って、5分間でもいいから、ちょっとした実験をする機会がありますよね。その価値がないという経験は、ほとんどないんです。そうですね。そうですね。

ジョー・ローガン 3:14:25

というのも、ある種の人々は、話すときに、ただ競争しているだけなんです。私は正しい、あなたは間違っている、なぜあなたが間違っているのかを教えてあげましょう。そして、私が勝って、「黙れ」と言うんです。人間の本質を深く理解していないんです。

自分の子供にも言えることですが、もし私が子供に「おい、黙れ」と言ったら、子供は「黙れなんてクソ食らえだ」と言うでしょう、「あなたの言うとおりだ」と。黙れと言うべきじゃないな なぜあなたの言っていることが迷惑で間違っているのか、なぜ妹を怒鳴ってはいけないのか、なぜ「話し合いましょう」と言わなければいけないのか、話すべきです。

話し合わないといけないし、子供ができたら、どうすればいいか学ぶでしょう。「クリックして、話し合いましょう。でも最終的には、私たちはお互いを愛しているんだということを理解する場所に辿り着きます。

そして、時には人は間違いを犯します そして時には間違ったことをする 私はあなたに正しいことを教えなければなりません。そして時には、自分が間違ったことをしたことを知ります。そして、私はあなたに、私が間違ったことをしたことを教えなければなりません。ですから、あなたは私から学ぶのです。

ブレット・ワインスタイン 3:15:21

実は、子育てで最も重要な教訓は、子供と一緒に失敗したときなんです。

ジョー・ローガン 3:15:27

これは、私が失敗したときに最初にすることの1つで、絶対にします。しかし、私はまた、私がそれらを修正するときはいつでも、私は聞いて、私はすべてをやったことをやったようなものです、彼らに言います。あなたは私より頭がいいし、情報へのアクセスも豊富で、親もそういう風に言ってくれるし。

そして、私はあなたが失敗するよりも多くの方法で失敗しました。ですから、私はあなたより優れてはいません。ただ歳をとって、人生経験が蓄積されただけだ。しかし、子供たちを矯正するときはいつも、私は嘘をついたことを全部やったんです、と言いますよ。

棚から酒を盗んだ これやった……これやった……あなたがやってること全部やったんやで。私の友人でヨガのインストラクターをしている人がいるんですが、その人が言ったんです。その友人が私に言った言葉で、忘れられないものがあります。

子供を持つことは、人間としての私の教育の最も重要な部分のひとつだ、と。子供を持つこと、そして子供が人生を経験するのを見ることで、私はとても賢くなったのです。それは、私にとって大きな学びのプロセスでした。

そして、「ああ、これは実に興味深い見方だ」と思ったのを覚えています。ただ子どもを育てればいいというわけではなく、その過程で人間に対する理解を深めています。私にとっては、とても勉強になることです。

ブレット・ワインスタイン 3:16:44

ええ、それはまるで、実際に人間の変態のようなものですね。そうなんです。子供を持つように任命された、突然、あなたが改善してきたプログラムの目的が明らかになるから。そうですね。私が子どもたちを怒鳴りつけているとき、できれば怒鳴ってはいないのですが、そういうこともありますね。

しかし、気がつくと、子どもたちに、「私は怒鳴っていないよ」と言っているんです。私にとってはね。将来のあなたのために叫んでいるんですよ。そうですね。そう、それで、つまり、うまくいくんだ。彼らはそれを聞くことができます、右。いつも行動するわけじゃないけど でも、私が何を伝えようとしているかは分かってくれるんです。

ジョー・ローガン 3:17:25

ああ、それは……複雑なんです。しかし、何でもそうなんです。ブレット、私たちはちょうどやっました。クソみたいな3時間半、少なくとも、わあ、時間並みに長い。しかし、それは非常に興味深いものでした。あなたには本当に感謝してる あなたの勇気と真相を究明する確固たる意志に感謝するどんな結果になろうともね ですから、私はファンです。

ブレット・ワインスタイン 3:17:52

そうですか、ありがとうございます。ここでサインオフする前に、今日話したいことの1つは、あなたが私のチャンネルを救ってくれたということです。悪魔払いされた時だ 2021年6月に私をここに連れてきたのはあなたです。

緊急ポッドキャストを呼び出したのは、あなたです。そして、彼らが私たちを放り出そうとするのを邪魔して、あなたがそれを止めたんだと思うんです。それでとにかく、私はあなたに深く感謝しています。私たちはある意味、一緒に戦争をしていたような気がします。そして今、平和が訪れました。

ジョー・ローガン 3:18:29

短い間ですが、でもこの会話で、どうにかしてその助けをもっと促進させたいと願っているんです。ありがとうございます、兄弟。感謝します。 ありがとうございました。さようなら、みなさん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました