気候変動・エネルギー

地球温暖化気候変動に関する10の事実と10の神話
Global Warming: Ten Facts and Ten Myths on Climate Change

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.globalresearch.ca/copenhagen-and-global-warming-ten-facts-and-ten-myths-on-climate-change/16467

ロバート・M・カーター教授 ジェームズ・クック大学(オーストラリア、クイーンズランド州)およびグローバルリサーチ社

Climate Change

2009年にGRから発表さ れた、ジェームズ・クック大学(クイーンズランド州)とアデレード大学(南オーストラリア州)の研究教授、 故ロバート・M・ カーター 教授による鋭い論評です。注: 筆者が提示したデータは、2009年以前のもの

気候変動に関する10の事実

  1. 気候は常に変化してきたし、これからも変化し続ける。産業革命以前、地球は「安定した」気候であったという仮定は、単純に間違っている。気候変動に対して唯一賢明なことは、それに備えることである。
  2. 1950年代後半からの気象観測気球や人工衛星による正確な気温測定では、1958年以降、 大気の温暖化は見られない。 一方、地上の平均気温計では、同期間に約0.40℃の温暖化が記録されている。多くの科学者は、温度計の記録は都市のヒートアイランド効果やその他のアーティファクトによって偏っていると考えている。
  3. 1990年以来、500億ドル以上を費やして人為的な信号を探しているにもかかわらず、地球の温度パターンには明確な人為的な信号は確認されていない。
  4. 温室効果がなければ、地球の平均気温は、生命を育んできた150℃ではなく、-180℃になっていたでしょう。二酸化炭素は、温室効果全体(330℃)の26%(80℃)を占める 小さな温室効果ガスであり、そのうち人間活動による二酸化炭素の寄与は25%(20℃)に過ぎない。水蒸気は、温室効果の少なくとも70%を占めており、大気中の温室効果ガスの中で最も重要である。
  5. 年単位(1年)でも地質学的(10万年まで)な時間スケールでも、気温の変化は二酸化炭素の変化より優先される。したがって二酸化炭素は気温上昇の主要な強制要因とはなりえない(ただし、二酸化炭素の増加により、気温の正のフィードバックが小さくなることはある)。
  6. 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、京都議定書を導いた地球温暖化ロビーの主要な脅し文句として 機能してきた。致命的なのは、IPCCが科学的な機関ではなく、政治的な機関であることだ。
  7. オランダ王立気象研究所の元研究部長であるヘンドリック・テネケス氏は、「IPCCの審査プロセスには致命的な欠陥がある」、「IPCCは20世紀最大の気象学者であるエドワード・ローレンツが生み出したパラダイムシフトを故意に無視している」と述べている。
    京都議定書は何兆ドルもかかり、署名した国には大きな負担を強いるが、大幅な冷却はもたらさない(すべての約束が守られると仮定して、2050年までに0.020℃以下となる)。気候変動、パニックシナリオ、科学論争を殺す。”地球温暖化 ”に隠された闇の物語ロシア科学アカデミーは、京都には科学的根拠がないと言っている。ロシアのプーチン大統領の上級顧問であるアンドレ・イラリオフは、京都主義を「共産主義とファシズムの崩壊以来、最も攻撃的、侵入的、破壊的な思想の一つ」と呼んでいる。もし京都が「最初の一歩」であったなら、それは後の「バリ・ロードマップ」と同じ間違った方向であった。
  8. 気候変動は非線形(カオス)プロセスであり、その一部はおぼろげにしか理解されていないか、全く理解されていない。どんな決定論的なコンピューターモデルも、100年先の気候を正確に予測することはできない。
  9. したがって、現在の(あるいは近い将来の)気候モデルは、地域的な気候変動を正確に予測することはできないというのが、コンピューターモデリングの専門家の共通認識であることは言うまでもない。
  10. 人類の地球温暖化に関する最大の不真実は、ほぼすべての科学者が地球温暖化が危険な速度で発生していることに同意しているという主張である。

現実には、気候科学のほとんど すべての側面が 活発な議論の対象となっている。さらに、世界中の何千という有能な科学者が、(i)人間が引き起こした温暖化という仮説の証拠を疑問視し、(ii)既知の自然の気候変動の中で、その研究に対する合理的な科学的アプローチ(感情的ではない)を支持する宣言書に署名しているのである。

温暖化10神話

神話1 地球平均気温(AGT)はここ数年上昇している。[2009年以前]の話

事実1 1995年以降、大気中の二酸化炭素が8%増加したにもかかわらず、AGTは誤差の範囲内で、1995年以降増加しておらず、2002年以降減少している。

神話2 20世紀後半、AGTは危険なほど速いスピードで増加し、かつてない規模に達した。

事実2 20世紀後半のAGTの上昇率は1-20℃/世紀であり、過去1万年の自然な気候変動の範囲内であった。AGTは地質学的に過去に何度も現在より数度高くなったことがある。

神話3 AGTは産業革命以前は比較的変化しなかったが、1900年以降急上昇し、今後100年間でさらに数度上昇する(Mann、Bradley & Hughesの「ホッケースティック」曲線とそのコンピュータによる外挿)。

事実3 Mannらの曲線は、統計的な仕掛けであることが露呈した。過去の気候が不変であったという説得力のある証拠も、20世紀のAGTの変化が異常であったという証拠も、危険な人間による温暖化が進行中であるという証拠もない。

神話4 コンピューターモデルは、今後100年の間にAGTが最大60℃上昇すると予測している。

事実4 決定論的コンピューターモデルはそうである。他の同様に有効な(経験的)コンピューターモデルは、冷却を予測する。

神話5 20℃を超える温暖化は、生態系と人類に壊滅的な影響を与える。

事実5 20℃の変化は、 これまでの自然の範囲内である。 太古の昔から、生態系はこのような変化に適応してきました。その結果が、私たちが進化と呼ぶプロセスなのです。人類は、あらゆる極端な気候に適応することができ、実際に適応している。

神話6 人間がさらに大気中に二酸化炭素を追加することは、危険な温暖化を引き起こし、一般的に有害である。

事実6 自然界の変動やノイズと区別できるような人為的な温暖化はまだ検出されていない。人為的な温暖化がさらに進行しても、おそらく10℃未満にとどまるでしょう。大気中のCO2は、植物、特に穀物にとって有益な肥料であり、また、効率的な蒸発散を助ける。

神話7 太陽活動の変化では、最近のAGTの変化を説明できない。

事実7 太陽の出力は、11年、22年、80年の太陽周期を含むさまざまな時間スケールで変化し、それに伴って地球の気候にも影響を及ぼしている。可視光線の変化は小さいが、粒子束や磁場の変化は気候に強い影響を与えることが知られている。20世紀に観測されたAGTの0.80℃上昇のうち、50%以上が太陽変化に起因していると言われている。

神話8 北極と南極の両方で、かつてないほどの氷の融解が起こっている。

事実8 グリーンランドと南極の氷床は、ともに厚さが増し、頂上付近は冷却されています。南極周辺の海氷は2007年に記録的な面積を達成した。北極の気温は、1940年代前半に経験した自然な暖かさを取り戻しつつあり、それ以前はもっと暖かかった(海氷がなかった)。

神話9 人為的な温暖化により、地球規模で危険な海面上昇(SL)が起きている。

事実9 SLの変化は時間や場所によって異なり、例えば1955年から1996年の間にツバルでは105mm(2.5mm/yr)減少している。世界平均のSLは統計的な指標であり、環境計画の目的には何の価値もない。世界平均の標高は、過去150年間に1〜2mm/yrの増加が自然に起こっており、人為的な増加の兆候は見られない。

神話10 20世紀後半のAGTの増加は、激しい嵐(サイクロン)の数や嵐の強さを増加させた。

事実10 気象学の専門家は、気候系の自然変動に伴う以上の暴風雨の増加は起きていないとの見解で一致している。

***

故ロバート・M・ カーター氏は、ジェームズ・クック大学(クイーンズランド州)およびアデレード大学(南オーストラリア州)の研究教授であった。古生物学者、層序学者、海洋地質学者、環境科学者として、30年以上の専門的な経験を持つ。

この記事の原文は、James Cook University, Queensland, AustraliaとGlobal Researchによるものである。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました