狂気に反対する:精神病質者の投影
Dissent Into Madness: Projections of the Psychopaths

SDGs 環境主義ジェームズ・コルベットポリティカル・ポネロロジー、サイコパス

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

corbettreport.substack.com/p/dissent-into-madness-projections

コルベット・レポート

Dissent Into Madness: Projections of the Psychopaths

by James Corbett
corbettreport.com
March 26, 2023

このシリーズ「ディセント・イントゥ・マンデス」の第1回では、「心理学の兵器化」について、精神医学の専門家がいかにして政治的な反対意見を抑圧し、疎外するための道具と化しているのか、その卑劣な実態を紹介した。

このシリーズの第2部「狂った陰謀論者たち」では、陰謀論が精神障害として病理化されていること、そしてこの誤った診断が、9/11真実論者やCOVID反対論者の精神科への強制収容や投薬の正当化に使われていることを詳述した。

今週は、私たちが置かれている状況の大きな皮肉について考察する。それは、異論を唱える人たちに対して心理的な武器を振り回している人たち自身が、精神病理学的な障害に追い込まれているということである。…

狂気の社会で正気を保つ

このコラムを読んでいる方は、この社会がいかに非常識なものだろうか、すでにご存じだと思う。

例えば、JFKは陰謀の結果として暗殺された、という多くの人が実際に信じていることと、ウォーレン委員会が真相を解明した、その結果に疑問を持つ人は狂った陰謀論者である、という「礼儀正しい」社会で求められることの間に矛盾があることに気づいたとき、この世界が何か深く間違っていると初めて気づいたのではないだろうか。

あるいは、元米国務長官マドレーン・オルブライトが、「」で60ミニッツ、国務省の対サダム・フセイン作戦で50万人のイラクの子どもたちが死んだことは「価値があった」と淡々と宣言したのを聞いて、ピンときた人もいるだろう。

あるいは、世界中の何百万人もの人々と同じように、政府が人々を家に閉じ込め、最も貧しい人々を飢餓に陥れ、「公衆衛生」の名の下に何十億人もの人々にこれまで使ったことのない医療介入を強要する、過去3年間の狂気を目の当たりにして、社会の正気を疑うようになったのかもしれない。

私にも、そのような気づきの瞬間があった。そして、世の中がいかに病んでいるか、いかに歪んでいるかを実感し、苛立ちを感じると、ジッダ・クリシュナムルティの有名な言葉を思い出すことがある:「深く病んだ社会にうまく適応していることは、健康の尺度にはならない」

しかし、しばらくすると、この病んだ社会の狂気に慣れるということもわかった。実際、それを期待するようになるのである。

もちろん、政治家は常に嘘をついている。

もちろん、権力者たちは、自分たちの目的を達成するために、何千人もの同胞、ましてや中東の何百万人もの人々を殺すことに何の躊躇も感じないだろう。

もちろん、彼らはバイオセキュリティ国家の到来を告げるために、インチキな詐欺事件をでっち上げるだろうし、もちろん、それは人々の健康維持とは何の関係もないことだ。

実際、嘘を見破り、私たちの社会がどれほど深刻な病気になっているかを理解したなら、もうショックを受けるのは大きなことではないことがわかる。それは小さなことなのだ。

ようなもの上の看板のである。これは、私の近所のカフェの洗面所の小便器の上に貼ってあるもので、日本の男性用トイレでは十分に一般的な表示だ。reputation for obsessive cleanliness 「一歩前に進もう」と呼びかけている。しかし、私が注目したのはそこではない。

いや、この看板で私が注目したのは、SDGsのGOAL.6という言葉だ。日本では、このような呼びかけに何の疑問も抱かない人がほとんどだろう。しかし、私にとっては、小さなことだが、この社会の病巣を鋭く指摘するものだった。

「SDGs」とは「Sustainable Development Goals」の略で、国連が2015年に持続可能な開発のための2030アジェンダ」の一部として世界に放った「変革的な目標とターゲット」であることを、家庭で把握していない人のために説明する。特にゴール6は、「すべての人が水と衛生を利用できるようにし、持続可能な管理を行う」 ことを約束している。これは、気難しく、無害に聞こえる声明の一つだが、資源の 独占と人口管理という、SDGsの多くに特徴的な、より悪質なアジェンダが隠されている。

一方、私は、SDGsが日本の日常生活にどんどん入り込んできていることに違和感を覚えている。商品広告に、どのSDGsを推進するのかを示す特徴的なカラーボックスが表示されていたり、輪がついたラペルピンが SDGsロゴの虹色の、日本のサラリーマンのスーツに付いていたりするのは、決して珍しいことではない。

しかし、ここで SDGsを見るとは ?小便器の上にある看板に?この 「持続可能な奴隷化のための2030アジェンダ」というプロパガンダと、それが呼び起こすグレートリセット/第4次産業革命/新封建/トランスヒューマンの悪夢にさらされない場所は、本当にどこにもないのだろうか?

最も奇妙なのは、私がこの狂気を一般人に指摘しても、まるで私が狂人であるかのような目で見られることだ。そして、もし私が、この国連が主導するグローバリストのアジェンダの倒錯した本質について、多くのドキュメンタリーポッドキャストインタビュー記事などに 含まれる文書化された情報によって自分の見解を裏付けようとしたら、間違いなくもっと頭がおかしいと思われるだろう。

「何を大げさに言っているんだ。ただの看板だろ」

結論から言うと、このサインは確かにサインなのだ。私たちの社会が実際に精神的な病気の影響に苦しんでいることを示すサインなのである。

私たちの(誤った)指導者はサイコパスである

彼らは 「目的を達成するために、魅力や脅迫、そして必要であれば衝動的で冷血な暴力を用いる、無慈悲な捕食者」である。

彼らは 「冷酷に人生を突っ走り、傷ついた心、打ち砕かれた期待、空っぽの財布の跡を広く残す」のである。

彼らは 「何をやっても罪悪感や後悔の念がなく、見知らぬ人や友人、あるいは家族の安否を気遣う気持ちをもつこともない」のである。

私は政治家の話をしているのだろうか?テクノクラートか?億万長者の「博愛主義者」?王族か?産業界のキャプテン?

もちろん、そうだ。しかし、私はサイコパスについても話している。

サイコパスとは何か、私たちは皆知っている、あるいは少なくとも知っていると思う。『テキサス・チェーンソー・マスカラ』のレザーフェイスのように、チェーンソーを振り回して狂気の連続殺人鬼。あるいは、『羊たちの沈黙』のバッファロー・ビルのように、ナイフを振り回す気違いじみた連続殺人鬼だ。あるいは、『バットマン』のジョーカーのように、酸を撒き散らし、ラペルの花を身につけた、気違いじみた連続殺人鬼である。

しかし、もし私たちがサイコパスを思い浮かべるとき、そのように考えるのだとしたら、私たちはまたしてもハリウッドの予測プログラマーの犠牲者であり、現実の理解を実際の生活体験からではなく、作家が夢想した架空の人物から構築し、スクリーンに映し出していることに気づく。

現実の世界では、サイコパスは良心の欠如した人口の一部である。この奇妙な精神状態が持つ完全な意味は、良心を持ち、多くの人の内面が自分自身とほぼ同じであると考える私たちの大多数には明らかではない。

『The Sociopath Next Door』では、このテーマに多くのキャリアを捧げてきた臨床心理学者のマーサ・スタウト博士が、読者にこのエクササイズに参加してもらうことで、良心の欠如が実際に何を意味するかを示している:

良心の呵責がない、まったくない、何をしても罪悪感や自責の念がない、他人や友人、あるいは家族の幸福を気遣う気持ちも限定的であることを想像してほしい。どんな利己的な、怠惰な、有害な、あるいは不道徳な行動をとったとしても、恥ずかしさに悩むことは、生涯一度もなかったと想像してほしい。

そして、責任という概念はあなたにとって未知のものであり、他人が騙されやすい愚か者のように何の疑問も持たずに受け入れているような重荷でしかないと思い込んでほしい。さらに、この奇妙なファンタジーに、自分の心理的構造が他人と根本的に異なっていることを他人に隠す能力も加えてほしい。良心は人間にとって普遍的なものだと誰もが思っているので、自分が良心を持たないという事実を隠すのは、ほとんど簡単なことだ。

罪悪感や羞恥心で欲望を抑え込むこともなく、冷血さを他人に指摘されることもない。あなたの血管の中にある氷水は、あまりにも奇妙で、彼らの個人的な経験からは完全に外れているので、彼らはあなたの状態を推測することさえめったにない。

この状態が示す操作、欺瞞、暴力、破壊の可能性は、この時点で明白であるはずだ。そして実際、サイコパスを研究する心理学者や研究者たちによる、1941年のハワード・クレックリーの代表作『正気の仮面』からロバート・ヘアの人気作までWithout Conscience、数多くの本が出版されている、多くを引き起こしているである。サイコパスは存在し、人口の4%を占め、私たちの社会の混乱の

では、誰がサイコパスだろうかは、どうすればわかるのだろうか。これは、想像の通り、非常に議論の多い問題である。サイコパスについては、扁桃体や内側前頭前野の機能障害など、さまざまな生物医学的説明がなされ、関係を明らかにする数多くの研究が 過去半世紀にわたって、脳生理学とサイコパスとの行われていたが、サイコパスは、PCL-Rと呼ばれる精神病質チェックリスト改訂版によって診断されるのが最も一般的である。

PCL-Rは、過去半世紀で最も影響力のあるサイコパス研究者ロバート・ヘアが考案したもので、半構造化面接により、20項目の性格 「自己中心的・大らかな自己価値観」から「病的な嘘とごまかし」、「反省や罪悪感の欠如」、「初期行動問題」まで特性と行動記録を検査されるものである。

これらの性格特性はいずれもそれ自体でサイコパスを示すものではないが、一定数(PCL-Rテストで30点以上に相当)存在することで診断に用いられている。

では、平均的な政治家はこのテストでどのような点数を取るのだろうか。見てみよう。

自己中心性/壮大な自己価値観?

チェックする。

病的な嘘とごまかし?

チェックする。

Conning / 誠意がない?

チェックする。

反省や罪悪感がない?

チェックする。

冷酷/共感性の欠如?

チェックする。

寄生虫のような生活?

それはキャリア政治家の定義ではないか?

初期の行動問題?

チェックする。(<実は、これはスタウトの本からそのまま引用したものだ… … しかし、「星条旗」の爆竹をドクロと十字架のついた箱に入れてカエルを爆破する少年の話は、もちろん、特定の誰かを表すことを意図しない「合成」ケースにすぎない).

まだまだ続くが、おわかりいただけただろうか?

公平を期すために、このような政治家の行動に関する孤立した例を厳選したリストは、誰かをサイコパスと診断するのに十分ではなく、それ自体では何も納得させることはできないだろう。また、神経心理学者のポール・ブロックスは 2003年にトニー・ブレアが、”A Plausible Psychopath?“だろうかどうかを推測しているし、心理学教授のデヴィッド・T・ライケンは、『サイコパスのハンドブック』で、スターリンとヒトラーが高機能サイコパスであるだけでなく、リンドン・B・ジョンソンが「この症候群を典型的に示す」と論じているように、自ら診察したわけでもないのに政治家に専門家の意見を述べた心理学者からも説得されるべきだろう。

では、サイコパスが政治家層に過剰に存在すると疑うのは妥当なのだろうか。マーサ・スタウトによれば、そうだ:

そう、政治家は一般人よりもソシオパスである可能性が高い。社会病質/精神病質/反社会性人格障害の分野の専門家で、これに異議を唱える人はいないだろうと思う。. . .ごく少数の人間が文字通り良心を持たないということは、私たちの社会にとって飲み込むべき苦い薬だったが、それは非常に多くのことを説明するものであり、恥知らずな欺瞞に満ちた政治行動もその一つである。

何はともあれ、英国政府のあるメンバーはこれに同意しているようだ。1982年、英国内務省のある役人は、ことを提案 「英国が壊滅的な核攻撃を受けた場合に、秩序を回復するためにサイコパスを採用する」した。この役人の驚くべき提案の背景には、どんな理由があったのだろうか?サイコパスは「他人に対する感情や道徳観を持たず、非常に知的で論理的な傾向がある」という事実が、彼らが「危機的状況に非常に適している」ことを意味しているのである。

確かに、政治家におけるサイコパス特性の有用性を示すアプリオリなケースはかなり明白であるが、この直感を裏付ける経験的データはなかなか得られない。結局のところ、政治家、企業の重役、王族、銀行家は、その役職に就く前にPCL-Rテストを実施することはないのである。

しかし、多くの研究者が、政治家や企業のサイコパスの論文を支持するいくつかのデータを提供している。その中には、以下のようなものがある:

  • アングリア・ラスキン大学のクライヴ・ボディ教授は、「ホワイトカラーのサイコパスの存在を示す証拠は、ホワイトカラーの集団にサイコパスを見出した複数の研究から得られる」主張している
  • オックスフォード大学の心理学者であるケビン・ダットン博士は、標準的な心理測定ツールである精神病質人格目録(改訂版)を用いて、現在および歴史上の多くの政治家を採点したところ、ドナルド・トランプ、ヒラリー・クリントン、テッド・クルーズが比較的高いスコアを示した(ウィンストン・チャーチル、アドルフ・ヒトラー、サダム・フセインと並んで)ことがわかった;
  • エメリー大学心理学教授のスコット・O・リリエンフェルドは、研究を ジョージ・W・ブッシュまでの43人のアメリカ大統領の主導し、特定のサイコパス的性格特性が政治的成功に直接相関することを証明した。
  • ライアン・マーフィー(サザンメソジスト大学研究准教授)の2018年の研究では、ワシントンD.C .がサイコパスに相当する性格特性の有病率が 米国本土で最も高いと結論付けている。(弁護士の集中度が地理的地域におけるサイコパスの有病率と相関することも判明している)。

ロバート・ヘアーは、経営者養成課程に所属する企業の専門家が一般集団よりもサイコパス的特徴を有していることを確認するいくつかの実証研究の1つを共著で発表しているが、彼は、自分のキャリアの大半を、政治や経済の権力者のサイコパスではなく、刑務所のサイコパスの研究に費やしたことを後悔していると述べている。この後悔について質問されたとき、彼は「連続殺人犯は家族を破滅させる」と述べ「企業や政治家、宗教家のサイコパスは経済を破滅させる」と指摘した。「彼らは社会を破滅させる」

私たちの社会における政治、金融、企業の主要な地位がサイコパスによって支配されているという事実は、サイコパスでない私たちが知っているように、なぜ私たちの社会が深く病んでいるのかを説明するのに役立つことは間違いない。この病んだ社会が、政治的なプロセスを利用することで治ると信じている人々にとって、これは想像を絶する最悪のニュースのように思える。

.. .しかし、それよりもさらに悪いことがある。このような政治的サイコパスは、破滅させる 社会をだけではない。自分たちのイメージで社会を作り変えてしまうのである。

サイコパスの投影

心理学では、「投影」とは、自分の感情を他人に転嫁する行為のことを指す。サイコロジー・トゥデイ説明によると

この言葉は、「防衛的投影」、つまり、自分の受け入れがたい衝動を他人に投影することを表すのに最もよく使われる。例えば、ある人が仲間の不安な気持ちをいじめ、嘲笑し続けた場合、いじめっ子は自分の自尊心との葛藤を相手に投影しているのかもしれない。

この投影の概念は、政治的サイコパスが陰謀論者や政治的反対者を病理化する理由をよりよく理解するのに役立つ。彼らは、自分自身の精神障害をイデオロギー的対立者に投影しているのだ。

しかし、サイコパスがその病理を世界の舞台で「投影」しているという別の意味もある。サイコパスは、単に良心の欠如を利用して政治的・経済的な権力を手に入れるだけではない。彼らはその力を使って、自分が率いる組織を自分自身のサイコパス的傾向の投影として形成するのである。

2003年のドキュメンタリー映画『ザ・コーポレーション』の印象的なシーンで、ロバート・ヘアは、サイコパスの管理下にある企業自体がサイコパスと診断される可能性があると指摘している。このように、サイコパスの上司の自己中心的でナルシストな傾向は、企業の広報活動の展開に反映される。サイコパスの罪悪感のない欺瞞と他者操作の能力は、企業の広告やマーケティング材料に反映される。サイコパスの、目的を追求するために恥じることなく犯罪を犯すという意志は、企業が法律を堂々と破るという意志に類似したものを見出す。そして、サイコパスが自分の犯罪を全く反省しないことは、違法行為に対する罰金や処罰を「ビジネスを行うためのコスト」に過ぎないとする企業の皮肉な計算によって映し出されるのである。

しかし、サイコパスは、組織を自分の倒錯した人格の投影に変えることにとどまらない。それが企業であれ、銀行であれ、あるいは政治的サイコパスの場合は国家全体であれ、彼の支配下にある組織は、やがてその支配下にある従業員や市民の性格や行動を変え始める。

サイコパスのシステムが非サイコパスをサイコパスのように行動させることができるという考えは、一見すると私たちの道徳的直感に反するかもしれない。確かに私たちは、人は「良い人」か「悪い人」かのどちらかであると考える。サイコパスか正気かのどちらかである。ひどい犯罪を犯すタイプの人間か、そうでないかのどちらかである。

しかし、「二次性サイコパス」に関する研究によって、私たちの推論が誤っていることが証明された。このサイコパスのカテゴリーは、ソシオパシーと呼ばれることもあるが、一次サイコパス(ヘアーやスタウトなどが論じた「良心の欠如」とそれに伴う神経認知の障害を生まれつき持っている人)と、機能している環境の結果としてサイコパス的特徴を身につける二次サイコパスを区別するためのものなのである。

何十年にもわたり、二次的精神病質の現象と、「良い人々」が「悪いこと」をする状況に置かれる方法についての研究が行われていた。これには、些細なように思えるアッシュの同調実験から始まり、これは人々が集団の意見に反することを避けるために、明らかな嘘を述べ、さらには信じることさえあることを示した。また、衝撃的なミルグラム実験では、一般の人々が権威者の言いなりになって、見知らぬ人に対して致命的なショックを与えると信じられる行為を行うことができることが有名になった。

しかし、二次性サイコパスを理解する目的で最も明らかになった実験は、スタンフォード監獄実験であろう。

スタンフォード大学の心理学教授フィリップ・ジンバルドーの主導で1971年に行われたこの実験では、「刑務所生活の心理学的研究」に参加するために、1日15ドルという条件で地域社会から参加者を募集した。その後、採用者は心理的な異常がある人を排除するためにスクリーニングされ、残った候補者はランダムに看守か囚人に振り分けられ、臨時の刑務所に改造されたスタンフォード大学の心理学棟の地下で2週間の生活の準備をするように言われた。

この実験の結果は、今となっては悪名高いものとなっている。パロアルトの警察官による囚人の「逮捕」をリアルに再現し、参加者をロールプレイに没頭させたこの実験は、瞬く間に残酷な研究へと変貌していった。刑務所の「看守」は、「囚人」に対する権威を主張するために、ますますサディスティックな方法を考案し、学生のうち2人は、この試練が精神的苦痛を与えたため、最初の数日間で刑務所から「解放」されなければならなかった。この実験はわずか6日後に中止され、研究者たちは、囚人と看守の両方が模擬刑務所の状況に対して「病的な反応」を示していることを突き止めた。

どうしてこんなことになったのか。平均的で健康な若者たちが、1週間も経たないうちに、このような野蛮な行為に及んでしまったのだろうか。『ルシファー効果-善人はいかにして悪に染まるか』ジンバルドは、この研究を記録した著書 と、その後数十年にわたる悪の心理学の研究の中で、システムがいかにしてそれを作った人々の病理を反映し、そのシステムがいかにして個人に悪事を働くよう影響を与えるかを考察している:「必ず秘密のベールに隠れているシステムの本当の力に敏感になり、そのルールや規制を完全に理解しない限り、行動の変化は一過性のもので、状況の変化は幻に終わるだろう」

この教訓の真意は、30年後、アメリカがイラクのアブグレイブ刑務所での囚人拘束を開始したときに感じられた。アブグレイブでの囚人に対する身体的、心理的、性的虐待は 2004年4月、アメリカのメディアで初めて虐待の生々しい画像が公開され、世界の注目を浴びることになった。

また、憲兵隊員として刑務所に配属された平凡なアメリカ人青年たちが、なぜこのようなサディスティックな行為をしたのかが、世間から疑問視されるようになった。

この疑問は、上院軍事委員会の報告 アブグレイブの虐待に関する非難して書によって部分的に答えられた。この報告書には、ドナルド・ラムズフェルド国防長官(当時)が、ストレスポジション、被収容者の恐怖心の利用(犬に対する恐怖心など)、水責めなどの「攻撃的尋問技術」を被収容者に使用する要請を承認したことが詳細に書かれている。ラムズフェルドが、囚人に対するストレス・ポジションの使用を制限するよう要請した際、手書きのメモを加えたことが書かれている:「私は1日に8〜10時間立っている。なぜ4時間に制限されるのか?」そして、ラムズフェルドの承認が、するための白紙委任 被拘禁者への拷問を開始状と解釈されるような状況を作り出したことをいる: 「ラムズフェルド長官は、拷問がどのように行われるべきかについての指針を文書で示すことなく、拷問を許可した。」

ドナルド・ラムズフェルドの経歴をざっと調べただけでも、PCL-Rのチェックリストにある性格特性のうち、病的な嘘とごまかし無慈悲な行動自分の行動に対する責任の不認識といったものをいくつか示していたことは、驚くにはあたらないだろう。

スタンフォード監獄実験とアブグレイブで起こったことの関連は、調査官の関心を逃すことはなかった。いわゆる「シュレジンジャー報告被収容者虐待に関する」には、スタンフォードの実験と、システムや施設で働く人々に二次的なサイコパスを誘発する方法について教えてくれたことを説明する付録全体が含まれていた。

スタンフォード大学とアブグレイブの関係は、世間の注目を浴びることもなかった。2004年のアブグレイブ事件発覚後、スタンフォード監獄実験サイトのアクセス数は1日25万ページビューと爆発的に増加した。

しかし、ほとんどの国民が知らないのは、スタンフォード監獄実験の資金は、ための助成金を 「反社会的行動を研究する」 提供した海軍研究局から提供されたということである。軍のサイコパスは確かにこの実験の教訓を学び、すぐに兵器化したようだ。

いずれにせよ、これらの実験や研究は、個人が犯した悪行を免罪するものではないが、これらの知見は、二次性サイコパスの問題に光を当てている。

この社会の狂気は、それを動かしているサイコパスの投影であることがどれだけあるのだろうか。

狂人に支配される

この研究において、私たちは驚くべき、そして否定できない結論に達した:私たちは狂人に支配されており、彼らの狂気の支配システムの下で生活し、働くことで、私たち自身も狂人になる危険性がある。

さらに悪いことに、ここ数年のCOVIDの狂気は、政治的サイコパスが心理的コントロールの武器を完成させ、国民の多くがバイオセキュリティの監獄国家の執行者になることを喜んでいることを教えてくれた。

このシリーズの完結編では、政治的サイコパスが構築したパスクラシーを検証し、彼らが作り出している狂気の世界から私たちがいかにして抜け出すことができるかを議論する。

乞うご期待… …

タイトルとURLをコピーしました