ワクチン医療・製薬会社の腐敗

COVID-19 mRNAワクチンに関する誤情報のパンデミックを、真のエビデンスに基づく医療で治す – 第2部
Curing the pandemic of misinformation on COVID-19 mRNA vaccines through real evidence-based medicine - Part 2

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

レビュー記事

insulinresistance.org/index.php/jir/article/view/72/225

Aseem Malhotra

Received:2022年6月10日、受理。2022年9月5日、発行:2022年9月26日

著作権:© 2022.執筆者(s).ライセンシー:AOSIS.

hisは、Creative Commons Attribution Licenseの条件の下で配布されるオープンアクセス論文であり、原著を適切に引用することを条件に、いかなる媒体においても無制限の使用、配布、複製が許可されている。

要旨

背景 当局や医療専門家の一部は、ワクチン義務化やワクチンパスポートなどの非倫理的、強制的、かつ誤った情報提供の政策を支持し、倫理的根拠に基づく医療行為やインフォームドコンセントの原則を損なってきた。これらの遺憾な行為は、「医療情報の混乱」の一症状である。処方された薬が心臓病、がんに次いで世界的に3番目に多い死因であると推定される死亡率の氷山の一角である。

目的 これらの公衆衛生の失敗の主な根本原因を特定すること。

方法 医療誤情報の大流行を支えている現在および過去の原動力となる要因について、叙述的なレビューを行う。

結果 この失敗の根本的な原因には、規制の掌握がある。国民を守るはずの保護者が、実際には医薬品の販売で利益を得る立場にある企業から資金提供を受けている。また、公衆衛生メッセージの失敗により、資源が浪費され、個人が比較的簡単で低コストなライフスタイルの変さらにより健康的な生活を送ることができる機会が失われている。

結論 科学的、倫理的、道徳的にみて、コロナワクチンの投与は、すべての生データが独立した立場から十分に精査されるまで、中止されなければならないという強い主張がある。将来に向けて、医療と公衆衛生の専門家は、これらの失敗を認識し、医工複合体の汚染されたドルを避けなければならない。これらの機関に対する信頼を回復するには多くの時間と努力が必要であるが、人類と医療従事者双方の健康はそれに依存している。

寄稿 この論文は、慢性疾患を減らすために代謝の健康に取り組むことの重要性と、インスリン抵抗性がCOVID-19による予後不良の主要な危険因子であることを強調している。

キーワード COVID-19、mRNAワクチン、心停止、真のエビデンスに基づく医療、共有された意思決定。

誤情報のパンデミック

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)ワクチンに関して明らかになったことは、誤った情報を与えられた医師と、誤った情報を与えられ、知らず知らずのうちに傷つけられた一般の人々のパンデミックである。これらのCOVID-19ワクチン接種を強制的に義務付けること(最も確実にエビデンスに基づく政策ではない)は、特に、これらの薬物介入の使用-特に若い年齢層での-を中断すべきだったことを示唆する明確な指標に照らして、特にひどい誤った措置であった。このような政策は、倫理的なエビデンスに基づく医療行為とインフォームド・コンセントの原則を損ない、患者の転帰を最適化する上で不利益をもたらし続けている。

ジョン・イオアニディス教授らは、2017年の論文「医療誤情報の混乱をどう乗り切るか」の中で、次のように強調している。

「Most clinical trial results may be misleading or not useful for patients.」
(ほとんどの臨床試験結果は、患者にとって誤解を招くか、有用でない可能性がある)

ほとんどのガイドライン(多くの臨床医が治療の指針としている)は、その根拠となるデータの質の低さを十分に認識していない。マスメディアに掲載される医療記事のほとんどは、正確さの基準を満たしておらず、多くの記事が有益性を誇張し、有害性を最小限に抑えている。1(p. 1)

英国の最高医学責任者であるクリス・ウィッティ教授と定期的に連絡を取っているある上級医が最近、私に懸念を表明した。彼は、健康政策に影響を与える指導的立場にある同僚のほとんどがエビデンスを批判的に評価しておらず、代わりにCOVID-19とワクチンに関するメディアのストーリーに頼っているのではないかと感じているのだ。これは、疾病管理センター (CDC)の前議長であるロッシェル・ウォレンスキーが、ファイザーのCOVID-19ワクチンの有効性を楽観視していたのは、ファイザー自身のプレスリリースをほぼそのまま再現したCNNのニュース記事を読んでいたからだ、と認めたことと一致する。2

英国の最高医学責任者Chris Whitty教授は、エビデンスを批判的に評価したのだろうか?最近、彼は医療従事者がCOVID-19ワクチンを接種することの重要性を概説した書簡3を公開したが、それは包括的でもなければ、「COVID-19ワクチンは安全かつ有効である」というエビデンス全体とも一致しないものであった。『このワクチンは完全に安全というわけではなく、我々が期待していたほどには有効ではない』と述べた方がより正確だっただろう。従来のワクチンの有効性と安全性と比較した場合、同じボールパークにさえない。

Chirs Witty教授はこう述べている。

私たちの専門家としての責任は、患者を守るために推奨されるコビッドワクチンを接種することである。3

彼は、オミクロンに関する限り、『このワクチンは感染に対してほとんど予防効果がない』と言うべきであった。また、デルタ型に関するデータでは、一度感染するとワクチン接種者と非接種者の間で感染率に有意な差がないことが明らかになっている。

ファイザー社のCEOがオミクロンに関して、「2回のワクチン接種では、予防効果があったとしても非常に限られたものであることが分かっている」と述べていることを考えると、ウィッティ教授の発言は特に驚くべきものである。5

Whitty教授もまた、医学界の誤情報の犠牲者なのだろうか?

医療誤情報の混乱の根底には、4つの主要な推進力と7つの罪がある。

推進力

  1. 発表された医学研究の多くは、信頼できないか、信頼性が不確かで、患者に何の利益ももたらさないし、意思決定者にとっても有用ではない。
  2. ほとんどの医療従事者はこの問題に気づいていない。
  3. この問題に気づいていても、ほとんどの医療従事者は医学的エビデンスの信頼性と有用性を評価するのに必要なスキルに欠けている;そして
  4. 患者や家族が医療上の意思決定を行う際に、適切で正確な医学的根拠や熟練した指導を受けられないことが多い。1

  1. 偏った研究費(患者にとって有益ではなく、利益をもたらす可能性が高いという理由で資金が提供される研究のことだ)
  2. 医学雑誌の偏った報道
  3. マスコミの偏向報道
  4. 偏った患者向けパンフレット
  5. 商業的利益相反
  6. 防衛医療(医療過誤の賠償責任や刑事責任追及にさらされる危険を減ずるための、医師の対応として行う医療行為)
  7. 医師が健康統計を理解し、伝達する能力がないこと。6

イオアニディス教授と同僚は次のように強調している。

「この問題に対する無知は、学術界や臨床界の最高レベルの指導者でさえも深刻である」1

数十年にわたり、こうした誤った情報の上流と下流の危険因子が複合的に作用し、今日の医療環境に壊滅的な影響を与えている。薬の過剰処方は公衆衛生上の脅威とされ、過去10年間に2つの主要な医学雑誌(BMJとJAMA Internal Medicine)が、過剰な医療介入の害を減らすためのキャンペーンを開始したほどである。コクラン共同計画の共同創設者であるPeter Gøtzscheによると、処方された薬は心臓病、がんに次いで世界的に3番目に多い死因となっている7。7このことは、発表された研究のほとんどが誤解を招くものであり、特に薬物試験から得られる利益が誇張され、害が軽視されていることを理解すれば、驚くべきことではないだろう (Box18)。

BOX 1:製薬会社がスポンサーとなって行われた臨床試験の解釈、外的妥当性、有用性における主な限界

医師が偏った情報に基づいて臨床判断を下すと、(良くても)最適でない結果を招き、(より懸念すべきは)患者への害となる。

医療従事者の欠点

オックスフォード大学のCentre of Evidence-Based Medicineのディレクターであり、緊急医療のGeneral PractitionerであるCarl Heneghan教授は、「医師として行うすべての介入について、二つの質問を自分に投げかけなければならない。」

  1. それはどのくらいの違いをもたらすか? 
  2. どうすればこれを知ることができるか?9

王立医科大学アカデミーChoosing Wiselyキャンペーン10に基づき、2020年に一般医学会が、インフォームドコンセントに基づき、患者との共同意思決定に関与する医師の義務に関するガイダンスを発表したことは有益である。11

インフォームド・コンセントには、①意思決定の内容の説明、②代替案の検討、③リスクとベネフィット(絶対値)の検討、④関連する不確実性の検討、⑤患者の理解度評価、⑥患者の希望の引き出しという6つの要素が不可欠であるとされている。

もし、ワクチンの投与がこれらの原則を守っていなかったとすれば(過去の証拠と一致し、広く行われていると思われる12)、それは、「患者が望む、あるいは必要とする情報を、患者が理解できる方法で提供する」という医師の一般医学会義務にも大きく違反することになる。13

ある分野における金銭的利害が大きければ大きいほど、研究結果が真実である可能性が低くなることは、示唆に富むことである。14本記事の第115回ですでに示したように、新規の緊急時使用許可ワクチンを弱者でない人々に義務付けることは、感染や重症化を防ぐ効果がほとんどなく、したがって科学的妥当性もなく、インフォームドコンセントの原則に違反するものである。しかし、製造者の利益を劇的に向上させるものである。COVID-19による重篤な合併症のリスクは非常に低いが、心筋炎や心臓突然死のような重篤で生命を脅かす有害事象に苦しむ可能性が高い人口の大部分にmRNAワクチンの普及を拡大することによって、ファイザーは今日までに数百億ドルの収益を上げ、史上最も儲かる製品の一つになっている。もし、政策立案者が弱者保護にもっと力を注ぎ、医師がリスクとベネフィットの透明なコミュニケーションを通じて患者との共同意思決定を実践する機会を与えられていたら、患者の予後は大幅に改善されたであろうが16、製薬会社の利益は実際に生み出したもののごく一部であったろうと思われる。ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンの元編集者マーシャ・アンジェル博士が以前指摘したように、「医療における本当の戦いは、真実と金の戦いである」なのである。17

組織の腐敗と社会的信頼の低下

組織の腐敗とは、ある組織が誠実さの基準から逸脱していることと定義される18。18製薬会社が新薬に関する証拠を隠したり、無視したり、虚偽の説明をしたりする戦略については、(研究や訴訟を通じて)長い間文書化されてきた歴史がある。自社製品の市場を拡大しようとする企業による医学文献の歪曲やデータの虚偽表示は、過剰な処方を招き、回避可能な副作用に苦しむ何百万人もの患者という予測可能な結果をもたらすかもしれない。

2020年以前から、医療産業複合体には重大な欠陥が存在していた。臨床上の意思決定に対する製薬業界の影響力が強すぎたのだ。このことは見過ごされず、その結果、医学研究に対する信頼の危機が高まっている。2017年に医学アカデミーが発表したレポートによると、82%の開業医と63%の一般市民が、製薬業界がスポンサーとなっている研究結果が公平であるとは思っていないことが明らかになった19。19同様に、友人や家族の経験を信頼する人が65%であるのに対し、一般市民は医学研究を37%しか信頼していない。20

このような信頼の欠如は、最近では、強制的な接種、ワクチンパスポート、前例のない規模のワクチンの害が報告されても主要メディアがほとんど報道しないことによって悪化しており、最近では、英国で800万人がCOVID-19ブースター注射を拒否していることが例証されている。さらに、COVID-19(現在のオミクロン型では子どもへのリスクはほぼゼロ)に注目が集まることで、麻疹、おたふく、風疹 (MMR)ワクチンなど、より有効で安全な介入策から注意がそがれ、さらに悪いことには、その疑いが高まっている。実際、英国ではMMRワクチンの接種率がここ10年で最低になった。

規制の失敗と研究不正

当局は国民が「科学を信頼」することを望んでいるが、ワクチンメーカーは、ワクチン関連の被害が発生した場合の金銭的責任を免除する契約を、世界の主要政府数社と交渉することに成功している。興味深いことに、世界最大の民主主義国であるインドは、ファイザー社のワクチンに対する損害賠償を拒否している。インド政府筋はロイター通信に次のように語った。

[ファイザー社との問題は、この免責保証書にある。なぜ私たちがそれに署名しなければならないのか?もし何かあって患者が死んでも、私たちは彼ら(ファイザー社)を問いただすことができない。誰かが法廷で争えば、会社ではなく、中央政府がすべての責任を負うことになる。21(p. 1)」

ファイザーは、現地で安全性と免疫原性の研究を行うよりも、インド市場からの撤退を選択した。22

製薬会社には、株主に利益を届けるという受託者責任があり、あなたに最良の治療を提供するという法的責任はないことをまず理解することが重要である。2014年にオックスフォードのCentre of Evidence-Based Medicineで行われた講演で、Peter Wilmshurstは、真のスキャンダルは、患者や科学的整合性に責任を持つ者(医師、学術機関、医学雑誌)の多くが、金銭的利益のために業界と共謀することが多いことであると述べている。23最も悪質な企業犯罪で有罪となったのは、まさにこの業界である。2003年から2016年の間に、上位11社の製薬会社は米国 (US)内だけで288億ドルの罰金を支払い、24その多くは薬の違法販売、結果の操作、有害性に関するデータの隠蔽などの犯罪行為に対するものである。BMJ誌で指摘されているように、それ以降、これらの害を軽減するための制度的な変更は行われていない。9

高等教育機関の回答者を対象とした国際調査では、14%がデータの捏造、改ざん、修正を行った同僚を知っていると認め、34%の科学者が、発表された研究における臨床結果の選択的報告や利益相反の隠蔽などの疑わしい研究行為を報告している。25研究不正の深刻な事例として、オランダの著名な医師が、非心臓手術におけるβ遮断薬の使用に関する欧州心臓病学会のガイドラインに影響を与える研究を行ったことが記録されている。彼は、研究に「架空のデータ」を使用するなど、「学問的誠実さへの違反」を理由にエラスムス大学から解雇された。このガイドラインは患者の死亡率を27%増加させ、8年間でヨーロッパ全体で80万人の超過死亡をもたらしたと推定されている。26

2017年に英国議会の科学技術レビューのリサーチインテグリティ委員会(ノーマン・ラム卿が委員長)に提出された証拠で、ピーター・ウィルムハースト博士は、英国の研究機関で研究不正を推進するリスク要因をいくつか挙げている(Box227を参照)。彼の解決策は、私も同意するが、深刻な形態の研究不正を意味のある制裁を伴う刑事犯罪とし、そのような行為の疑いは法的権限を持つ独立機関が調査するようにすることだろう。27

BOX2:英国議会科学技術研究整合性委員会へのピーター・ウィルムハースト博士の書面による証拠(2018年6月)

英国の名門大学のある研究者から、彼の循環器科で、mRNAワクチンがワクチン未接種者と比較して心臓画像で判断した冠動脈リスクを著しく高めることが示された研究を、学者グループが意図的に抑制しているとの連絡があった。そのグループの会長は、データを公表すると製薬会社から資金援助を受けられなくなるかもしれない、という懸念を表明していた。28私がGB Newsでこの件について言及した後、内部告発者から、この特定分野の研究に携わるチームメンバー全員に秘密保持契約書が送付されたことを知らされた。

エビデンスに基づく医療とCOVID-19ワクチンのロールアウト

医薬品規制当局もワクチンメーカーも、COVID-19ワクチンの重要な臨床試験から得られたすべての生データをまだ共有していない。臨床試験の生データは数千ページに及ぶが、独立機関による精査のためにまだ公開されていない歴史的に独立した研究者がこのデータにアクセスした場合、発表された臨床試験の結論を完全に覆すことができるため、これは重要なことだ。タミフルがその例である。30タミフルの臨床例報告にアクセスしたところ、最終的に、この薬はインフルエンザに対してパラセタモール以上の効果はなく、わずかではあるが重大な害があることが明らかになった。英国政府は、製造元(スイスのロシュ社、バジル)が「罹患期間と重症度を短縮する」と主張していたにもかかわらず、実質的には役に立たないことが判明した薬を5億ドルもかけて備蓄していた。このデータを分析することができた独立研究者は、産業界がスポンサーとなった研究はすべて、そうでないことが証明されるまではマーケティングとみなされるべきであると結論づけた。

このような背景から、透明性擁護派は、ファイザー (BNT162b2)ワクチンが緊急使用許可を得た際のデータへのアクセスを得るために、食品医薬品局 (FDA)を訴えた。31FDAは、米国連邦裁判所の判事に対し、このデータの公開に55年の猶予を与えるよう求めた。32食品、医療品、タバコの消費量2兆7000億ドル以上を監督する責任を負う」33FDAが、なぜこのようなことをするのだろうか。公衆衛生への介入に秘密が付きまとうことは、決してあってはならないことである。原告のAaron Siriを代理する弁護士は、次のように報告している。

[政府はまた、この製品のライセンスを取得するために依拠したデータの完全な公開を、今生きているアメリカ人のほぼ全員が死ぬまで遅らせようとした。そのような統治形態は自由を破壊し、民主主義社会に求められる開放性と相反するものである。」31

その代わり、判事はFDAに対し、商業的な機密情報をすべて削除した上で、8カ月にわたってデータを公開するよう命じた。

このような被害から国民を守ることができない大きな危険因子は、規制当局の独立性の欠如である。FDAの医薬品評価研究センター (CDER)は、その資金の65%を製薬業界から得ている(主にユーザーフィーという形で)。34例えば、ファイザーはCOVID-19ワクチンの承認プロセスの一環として、1992年の処方薬ユーザーフィー法に基づき、202135年5月にFDAに28億7584万ドルを電信送金している36。当初のRCTデータが、COVID-19による入院よりもワクチンによる重篤な有害事象のリスクの高さを示唆していたという最近の証拠が出ているにもかかわらず、ファイザーのCOVID-19ワクチン薬の完全承認は2021年8月に正規に得られた。

別の分析によれば、過去数十年間にFDAから承認された新薬の圧倒的多数は、後に古い薬の単なるコピーであることが明らかになっている製薬会社が新しい分子体の研究よりもマーケティングに19倍もの費用をかけていることを理解すれば、これは驚くべきことではないし、すべてがかなりの無駄遣いにつながっている。2000年から2008年の間にFDAが承認した667の医薬品のうち、真に革新的であると認められたのはわずか11%であった。米国では、医療活動の30%~50%が患者に何の利益ももたらさないと推定されている。さらに、FDAの科学者を対象とした調査では、70%が「公衆衛生を保護し。..公衆が健康増進のために医薬品や食品を使用するために科学的根拠に基づく正確な情報を得るのを支援する」という使命を効果的に果たすためのリソースがFDAにあるとは感じていないことが明らかになっている。38

フランスで2002年から2011年にかけて承認されたすべての新薬の分析によると、何らかの利点をもたらすものはわずか8%で、その2倍の15.6%が有益というより有害であり、その他の新薬の大部分は本質的に従来の薬のコピーであり、公的資金の膨大な浪費に寄与していることが明らかになった。18カナダやオランダでも、同様の結論が出されている。私の考えでは、ここ数十年の製薬業界の社会と人々の健康に対する全体的な純影響は、非常に否定的なものであるという証拠が圧倒的である。

低リスク者におけるCOVID-19ワクチン接種

武漢のオリジナル株に対して、わずかではあるが有意な効果があると考えられる高リスク群に接種することのぜひはともかく、無症状感染の予防という名目で低リスクの子供に接種することには、強い科学的妥当性がなく、したがって彼らを害する可能性にさらすことになる。

英国では、国家統計局が、2021年5月以降、15歳から19歳の子どもたちの死亡数が5年平均よりも大幅に増加していることを明らかにしている。現在、特に心筋炎、心筋梗塞、心臓突然死(16~39歳でも)に関する潜在的な害がわかっていることを考えると、COVID-19ワクチンは原因の可能性として除外されているのだろうか?39

2021年9月、ワクチン接種と予防接種に関する合同委員会 (JCVI)は、ファイザー/バイオテックワクチンが12歳から15歳の子どもにとってわずかながら有益であるとの勧告を行い、物議を醸した。40医薬品・ヘルスケア製品規制庁 (MHRA、英国のFDAに相当)は、以前、次のように述べていた。

[12歳から15歳の小児2000人以上を対象としたファイザー/バイオテックワクチンの臨床試験データを慎重に検討し、このワクチンの有益性はあらゆるリスクを上回り、この年齢層では有効かつ許容できる安全性があると結論付けた。..新たな副作用は確認されず、小児の安全データは若年成人のものと同等であった」と述べている。若年成人群と同様に、有害事象の大部分は反応原性(腕の痛みや疲労感など)に関連した軽度から中等度のものであった。41(p. 1)

これは、エビデンスの全体像と一致しているのだろうか?

受賞歴のある科学ジャーナリスト、マリアンヌ・デマシーが、これらの試験参加者の一人、12歳のマディ・デ・ガレイの悲惨な物語を発表した。彼女は激しい腹痛と発作に見舞われ、入院し、現在では車椅子に縛られ、経鼻胃管で栄養を摂るという永久的な障害を負っている。ファイザーの試験では、彼女の副作用は胃の不調という軽いものであったと報告されている。42

12歳から15歳におけるCOVID-19の死亡リスクは76,000分の1とほぼゼロであることを強調することが重要である。意思決定の共有による倫理的根拠に基づく医療実践の原則に則り、リスクの透明な伝達とインフォームド・コンセントの一般原則として、ワクチンによって感染、伝播、重病、死亡を防ぐという小児の高品質データはないが、心筋炎-特に若い男性で最大2700人に1人が発症-と重篤な障害が生じる可能性があることを保護者に伝える必要がある。

金銭的な利害が勧告に影響を及ぼしているのだろうか?

MHRAのウェブサイトでは、その資金の大半が製薬業界から、そしてビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団 (BMGF)から300万ポンド(英国ポンド)提供されていることを明記している。政策立案者や一般市民は、同財団の企業株式基金が、直接的にも間接的にも食品(マクドナルドやコカ・コーラなど)や製薬会社に大きく投資されていることを認識しているのだろうか?2009年のランセット誌の論文で指摘されたように、資金提供者の優先順位は、被援助国の健康優先の利益ではなく、個人的な利益によって左右されることが多い。44「BMGFの製薬会社のポートフォリオは、医薬品と医療技術の革新の原動力としての特許の役割に対するゲイツ氏の個人的な信念を考えると、注意を要する」45

肥満研究者のゾーイ・ハーコム博士も、ワクチンと予防接種の合同委員会の見解に影響を与える可能性のある金銭的なつながりを調査し、小委員会のメンバーがBMGFから合計10億ドルを受け取る組織のために働いていることを発見している46また、JCVIワクチン小委員会の委員長であるWei Shen Lim教授が、自身の学部がファイザーから受け取る重要な資金レベルについて直接責任を負っていることは注目に値する。47これは、JCVIが不適切な行動をとったことを示唆するものではないが、JCVIのような組織への信頼が不可欠な場合、利害の対立が認識されないことが不可欠である。パネリストの選定、証拠の精査、勧告の方法論と公開性については、非の打ち所がないものでなければならない。

有害な健康被害の最も近い原因 企業権力と健康の商業的決定要因

健康の商業的決定要因とは、「健康に有害な製品や選択肢を促進するために民間部門が採用する戦略やアプローチ」と定義するのが最も適切である。48企業は、知的搾取を含む複合的な要因によって力を発揮する。これには、支配的な物語を定義する能力、社会が統治されるための規則と手続きを設定する能力、一般人の権利、生活、労働条件を決定する能力、知識とアイデアの所有権を獲得する能力が含まれる49 (145 参照)。mRNAワクチンの場合、ファイザーは知識環境を形成することで、少なくともある程度はこの企業の枠組み戦略を利用したようだ。

  • ファイザーは試験の設計と実施、データ収集、データ分析、データ解釈、原稿執筆を担当した。
  • 政治的環境(ロビー活動)
  • 嗜好形成(企業財団や慈善活動、スポークスパーソンや主要なオピニオンリーダー、メディアの取り込み)
  • 法的環境(責任の制限)
  • 法的外的環境(ワクチンは安全かつ有効であるという現在の支配的シナリオに対する批判者の権利を奪うことによる反対派の分断)

などを形成することによって、この企業の枠組み戦略を実現した。45その結果、時間をかけて検証された従来のワクチンや他のほとんどの医薬品と比較して、有効性が極めて低く、深刻な有害性が前例なく報告されている製品から、数百億ドルの収益を上げている。

図1:権力の次元、手段、慣行、結果の図

メディアにおける偏向報道と正当な科学的討論の検閲

企業は、抑制されない目に見えない力によって、嗜好を形成し、健康の決定要因に関する支配的な物語を形成することができる。その経路のひとつが、マスメディアの所有権である。世界のメディア市場は、米国の新聞の80%を所有する7つの企業やチェーン店によって支配されている50BMGFが世界のメディア企業に支払っている助成金は注目に値する。例えば、ガーディアン・メディア・グループは、過去12年間にBMGFから1200万ドルを超える助成金を受け取っている。印刷物や放送メディアにおける広告の管理は、編集の決定にも影響を与える。多くの健康ジャーナリストは(私が話をした人も含めて)、記事のために入手する情報が、メーカーや「研究」大学の私的利益によって意図的に形成されていることに、一般に気づいていない。

BBCは、一見業界の利害に直接影響されていないように見えるが、伝統的に英国で最も信頼されるメディアソースと見なされてきた。COVID-19をめぐる問題についてのBBCの報道は、(おそらく政府のさらなる圧力によって)きわめてお粗末で、特にワクチンをめぐる問題については重大な過失があったと私は見ている。最近、テニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチが、ワクチンの効用と害についてもっと情報が得られるまで摂取しないという決断を説明したことを報じた際、ある記者が「彼はあとどれくらい情報が必要なのか」と質問した。この記者は、ジョコビッチがCOVID-19に感染したことがあること、自然免疫は再感染や重症化に対して大きな予防効果を発揮すること、自然免疫を持つ人がその後ワクチンを接種すると全身性の副作用がほぼ3倍になることを示す証拠に言及しなかった。さらにBBCは、人気ポッドキャストホストJoe Roganのゲストであるロバート・マローン博士を「子供にワクチンを接種することに反対している有名な反ワクチン派」と偽って仕立て上げ、マローン博士がまさにワクチンにつながる技術の共同発明者であり、米国政府レベルで20年間ワクチン開発に携わり、実際にモデルナワクチンを2回注射した最初の一人であることに触れようとしなかった。BBCはまた、世界で最も尊敬され、影響力のある医学雑誌の一つで発表されたパンデミックの最も重要な記事の一つを奇妙なことに取り上げなかった。BMJ誌の調査によって、ファイザー社の重要なCOVID-19ワクチンの臨床試験に関与していた委託研究会社における不適切な慣行の証拠が明らかになった。米国テキサス州にある治験施設のひとつに勤務する地域ディレクターは、ファイザー社がデータを改ざんし、患者の盲検を解除し、十分に管理されていないワクチン接種者を雇用し、有害事象のフォローアップに時間がかかっているという証拠を文書化した。彼女は、FDAに苦情を電子メールで送ったその日に、職を解かれた。51その後、彼女は、アメリカ政府(およびアメリカ国民)を代表して、ファイザー社に対する詐欺行為について、内部告発法に基づく訴訟を開始した。ファイザーは、FDAが彼女(あるいは他の人々)の苦情に対処しておらず、したがって、その申し立ては政府にとって重要ではない、という事実に基づいて、この訴訟を却下する動議を出した(これは裁判官を動揺させなかったようである)。

米国では、Ron Johnson 上院議員が、医療専門家のヒアリングを行い、mRNAワクチンによる明確な、実質的な、非常に一般的な副作用に関するデータを提示し、広く一般に注目されるに値するとした。『汚い手口について彼らは、この欺瞞に果たした役割の責任を問われるのだろうか』。52

ソーシャルメディアのプラットフォームは、誤情報を広めることに罪を犯し続けている。何としてもエンゲージメントを高めることに重点を置いた彼らのビジネスモデルは、社会をますます真実へのアクセスを失わせ、個人としての共感能力を悪化させ、さらに大きな分裂と敵意をまき散らしている。いわゆる「ファクトチェッカー」は、一般的な主流の物語(権威は信頼でき、ワクチンは完全に安全である)に挑戦するものはすべて検閲してきた。BMJがファイザーの重要な試験で不正が行われた可能性を調査したことを誤情報と決めつけ、ユーザーがその記事をプラットフォームで共有するのを止めさせたほどである。同誌の現・元編集長がマーク・ザッカーバーグに宛てた手紙では、Facebookのファクトチェッカーの誠実さに疑問を投げかけている。

[ソーシャルメディアを通じて共有される医療情報の正確性を確保するために、メタの多額の利益の一部を投資するのではなく、あなたは明らかに、この重要な仕事を遂行する能力がない人々に責任を委ねました。53(p. 1)

また、フェイスブックが製薬会社メルクと提携し、COVID-19とワクチンに関連するプラットフォームで検閲されるべきコンテンツを決定していることが明るみに出た。54メルク社が、鎮痛剤バイオックスに関連する不正行為で有罪となり、米国史上最大級の罰金を支払ったことをフェイスブックは知っているだろうか。55調査の結果、この薬はイブプロフェンと比較して胃出血(本来のセールスポイント)を軽減しなかっただけでなく、心臓発作と脳卒中のリスクを著しく高め、5年間で4万から6万人のアメリカ人の過剰死亡を引き起こしたと推定される。56

メタボリックヘルスの改善

パンデミック時に個人のライフスタイルを改善するための公衆衛生メッセージや政策に失敗したことは、COVID-19などの呼吸器疾患による害を軽減する機会を逸したことを意味する。COVID-19の転帰を悪化させる最大の危険因子は、年齢に次いで、肥満と過剰な体脂肪に関連する疾患である。COVID-19による死亡の90%以上は、人口の50%以上が過体重または肥満である国々で発生している。英国の第1期バイオバンクのデータでは、ライフスタイルの要因によって、COVID-19による入院のリスクが4倍以上高くなることが明らかになった。例えば、50代半ばの非喫煙者でBMI(体格指数)が正常、かつ適切な身体活動レベルを得ている人がCOVID-19に感染して入院する確率は1521分の1であるのに対し、肥満、喫煙、座り仕事の人のリスクは327分の1だった57

感染症によるリスクと合併症の病態生理学的メカニズムとして、インスリン抵抗性と慢性炎症を根源とする一連のマーカーが想定されている。

入院した非糖尿病患者の血糖値が1度でも高くなると(インスリン抵抗性のマーカー)、転帰が悪くなることが示されている58。58また、最近英国で明らかになったことだが、COVID-19に関連する死亡者数175 256人(2020-2021年を含む)のうち、死亡診断書の唯一の原因がCOVID-19だったのは10%未満(17 371人)であり、前述の英国バイオバンク研究の結果と同様に、COVID-19(図259)による代謝的健康状態が最適な人たちのリスクが著しく小さいことが示唆されている。60

図2:メタボリックヘルスのマーカー

政府や医療機関は、リスクを減らすために、超加工食品や低品質の炭水化物を排除することの重要性を優先的に強調すべきだった。メタボリックシンドロームの逆転は、体重の減少とは無関係に、食事の変更だけで4週間以内に最大50%の患者に起こることが示されていることを一般に知らしめることもできたはずだ。61

コロナウイルス感染症2019は、メタボリックヘルスの悪化という緩慢なパンデミック(259参照)を利用した一瞬の危機であり、これは、数十年にわたって世界中の医療システムをますます緊張させる主要な慢性疾患の背後にある主な根本原因でもある。より健康的なライフスタイルは、がんの40%、心血管疾患と2型糖尿病の75%を排除する可能性があると推定されている。63

代謝を最適化することは、免疫力を高めるだけでなく、心臓病、2型糖尿病、がん、認知症などの負担を軽減することにもつながる。タバコ規制の教訓を生かし、超加工食品と低品質炭水化物の入手可能性、受容性、手頃な価格をターゲットにした政策変更を行えば、数年以内に肥満と関連代謝疾患の負担を大幅に軽減し、集団における免疫回復力を最適化できる可能性が高いBox362を参照)。

囲み記事3:肥満と生活習慣病を抑制する政策

解決策

COVID-19ワクチンの接種義務化、パスポート、その他世界中の様々な政府が採用している強制的な手段を正当化する証拠は何もなかった。COVID-19ワクチンの接種を勧められたすべての患者は、年齢と危険因子に応じてCOVID-19によるリスクがどの程度であるかを知らされるべきだった。倫理的な医療行為に則り、医師は、より致死的な以前の変異型からの感染に対する絶対的リスクの減少が約0.84%または119分の1であり(不透明なデータに基づく)、このレベルの防御は数ヶ月間しか持続しないことを患者に知らせるべきであった。また、ワクチンによるCOVID-19死亡の実際の絶対的な個人リスクの減少がどの程度か、重篤な有害事象(後遺障害、入院、死亡など)の真の発生率がどの程度か、より正確で堅牢なデータを提供すべきであった。医師と患者がこれらすべての情報を持って初めて、このワクチンを含むあらゆる治療が自分にとって正しいかどうか、率直に意思決定する会話ができるようになる。

専門家は、代謝の健康を最適化することが、患者に感染症に強いだけでなく、心臓病、癌、認知症などの慢性疾患のリスクを減らすための最良の機会を与えることを説明しなければならない。

今こそ、誤解を招くようなエビデンスがメディア報道や臨床の意思決定に流れ込み、非倫理的で非科学的な政策決定が行われるのを阻止する時である。今こそ、真のエビデンスに基づく医療を実現する時である (BOX464)。

BOX4:真のエビデンスに基づく医療の定義とそれを実現するための行動。

また、ファイザー社が独立機関による精査のためにすべての生データを公開するまで、現在のmRNAワクチン投与を停止しなければならないという、科学的、倫理的、道徳的な強い主張がある30。これにより、どのグループがこのワクチンの恩恵を受ける可能性が高いのか、それとも害を受ける可能性が高いのか、より正確に理解することができる

医学研究の完全性における、最近よく言及されるあらゆる欠点(発表された医学文献のおそらく半分が「単に真実ではない可能性がある」ことを含む)を考えると、ランセット誌の編集者リチャード・ホートンは2015年に、科学は暗闇に向かって転じたと書き、システムを浄化する最初のステップを踏むのは誰なのかと問いかけた。65生データにアクセスできないまま、重大な害の証拠が増えつつある緊急使用承認ワクチンの前例のない展開は、製薬業界の利益を強化する以外に目的がないと思われる義務化によって、現代医学の最悪の失敗を壮大な規模で浮き彫りにし、公衆衛生への信頼にさらなる壊滅的な害を与えている。

私たちはこれを機会に、より良い医師、より良い意思決定、より健康な患者を生み出し、医学と公衆衛生に対する信頼を回復するために、システムを変革しなければならない。mRNA COVID-19ワクチンに関するすべての生データが独立に分析されるまで、それらが人類に正味の利益をもたらすと主張するものは、証拠に基づくとは考えられない。

謝辞

Clare Craig博士の編集とデータ解析、Alex Starlingのコメントと提案に感謝する。また、出世のプレッシャーから匿名を希望する科学者の協力に感謝する。

利害関係

著者は、本論文の執筆に不適切な影響を及ぼす可能性のある金銭的、個人的な関係がないことを宣言する。

著者の貢献

本論文は、A.M.が単独で執筆した。

倫理的配慮

本論文は、ヒトや動物を直接対象としない研究に関するすべての倫理的基準に従った。

資金提供について

本研究は、公的、商業的、非営利的ないかなる資金援助機関からも、特定の助成金を受け取っていない。

データの利用可能性

本研究では新しいデータは作成されておらず、また分析もされていないため、データの共有はこの論文には適用されない。

免責事項

本論文で述べられた見解や意見は、著者のものであり、必ずしも著者の関連機関の公式な方針や立場を反映するものではない。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました