COVID-19 パンデミック/感染拡大の危険因子

この記事は約8分で読めます。
Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

コロナウイルス 感染拡大の危険因子

サイトのご利用には利用規約と免責事項への同意が必要です。

感染の変動要因 総合

https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.05.08.20095083v1.full.pdf

COVID-19パンデミックの初期感染拡大率の速度と相関する危険因子の分析。カッコ内はp値
  • 気温が低い(4×10^-7)
  • 高齢者と現役世代の比率が高い(3×10^-6)
  • 平均寿命(8×10^-6)
  • 外国人観光客の数(1×10^-5)
  • 流行開始日が早い(2×10^-5)
  • 挨拶の習慣における身体的接触の高さ(6×10^-5)
  • 肺がん有病率(6×10^-5)
  • 男性の肥満(1×10^-4)
  • 都市部の人口割合(2×10^-4)
  • がん有病率(3×10^-4)
  • アルコール消費量(0.0019)
  • 毎日の喫煙率(0.0019)
  • 毎日の喫煙率(1×10^-4)
  • 都市部の人口割合(2×10^-4)
  • がん有病率(3×10^-4)
  • アルコール消費量(0.0019)
  • 毎日の喫煙有病率(0.0036)
  • 紫外線指数(0.004、小さいサンプル、73カ国)
  • 低ビタミンD血清レベル(0.002-0.006、小さいサンプル、約50カ国)

血液型との相関も高く、RH-型(2×10^-5 )とA+型(2×10^-3 )との正の相関、B+型(2×10^-4 )との負の相関が見られた。

中程度の信頼度の正の相関(p値0.02〜0.03)が見られたもの
  • CO2/SO排出量
  • 子供の1型糖尿病
  • 結核の予防接種率の低さ(BCG)
直感とは反する負の相関因子(感染拡大の遅い普及と相関)
  • 汚染による高い死亡率
  • 貧血とB型肝炎の有病率
  • 女性の高血圧
重要ではない変数
  • 住民の数
  • 喘息の有病率
  • 1日あたりの余暇生活、社会生活、共同生活への参加時間
  • 人口密度
  • 年間平均降水量
  • 予防接種(ポリオ、ジフテリア、破傷風、百日咳、B型肝炎)
  • 高血圧の男性の割合
  • 糖尿病の有病率(1型と2型を合わせて)
  • 大気汚染(浮遊粒子状物質(SPM)、mcg/1立方m)
大気汚染

ペンデント粒子状物質(SPM)の著作権者は、1立方メートルあたりのマイクログラム)高い伝染性は、CO2/SO排出量とのみ中程度の相関があることを発見した。

その代わりに、大気汚染による死亡率とPM2.5濃度との負の相関が見られる。[48]とは対照的)。しかし、PM2.5との相関は、一人当たりGDPと組み合わせると非有意になり、CO2/SOは観光客の到着数と組み合わせると非有意になることに注意する必要がある。最後に、大気汚染による死亡率もまた、平均寿命と相関する場合には冗長となる。

感染の変動要因 個別

野生の市場取引

中国の最高当局は、先週、自然で成長し繁殖する陸生の野生動物を狩ったり、取引、輸送することを禁止する法律を制定した。 しかし、2002年のSARSコロナウイルスにおいても、合法的な市場取引は停止したが、闇市場での取引が始まった事例があり、状況が悪化するリスクがある。

A long overdue ban
In an attempt to stem the spread of coronavirus, China has shut its wildlife markets for good. It is a welcome move, says Adam Vaughan
ペットの飼育放棄

猫が”仮に”中間宿主となった場合の感染シミュレーション。

2,000回のコンピューターシミュレーションによるデータの分析では、飼い猫を放棄する数が増えるほど、全体の感染者の数が増加した。

感染を防ぐためのより良い戦略は、ペットの放棄ではなく隔離。

The fate of house cats during the COVID-19 pandemic

季節性

一部の研究者は、新型コロナウイルスは暖かい条件下では長く存続しないと考えている。

ただ、夏にインフルエンザが広がりにくい理由の1つは、学校休暇など、人が狭い場所で一緒に過ごす時間が少ないこととも関連。

MERSウイルスは非常に暑い8月にサウジアラビアで広まった。

Will heat kill the coronavirus?
We don't know if changing seasons will help stem the outbreak, says Michael Le Page
気温・降水量
SARS-CoV-2による感染と死亡、平均気温、最低気温、最高気温、降水量などの気象変数との関連の分析。

毎日の平均気温が華氏1度上昇すると、症例数は約6.4例/日減少した。

降水量とSARS-CoV-2感染の間には正の相関があった。

降水量が多い国では、病気の伝染の増加が示された。

Association between climate variables and global transmission oF SARS-CoV-2
In this study, we aimed at analyzing the associations between transmission of and deaths caused by SARS-CoV-2 and meteorological variables, such as av…

イタリア

イタリアで多くの死者が生まれた理由の分析
・イタリア人の平均年齢が高い
・高齢者の併存症が多い
・無症候性の特定されていない感染者が多い
・出張者が多く、訪れた患者により病院が感染源となった。
・高齢者と子供はよく接触し、高齢者はしばしば孫の世話をする。

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fmed.2020.00140/full

ウイルスによるヒトの行動操作

ウイルスが潜伏期間中に宿主を操作して伝染を増加させるという仮説
Hypothesized behavioral host manipulation by SARS-CoV2/COVID-19 infection
Although not widely studied, behavioral host manipulation by various pathogens has been documented. Host manipulation is the process by which a pathog…

特にそれがより社会的になる場合感染率は高まる。

例えば社会性を担う前帯状皮質の応にウイルスが影響をおよぼすことによって、ルールを守らない人たちが接触を繰り返し、結果ウイルスの生き残りに有利となる。
仮説1

社会的苦痛/神経警報システムの神経基盤は、前帯状皮質(ACC)に位置しているようである。ウィルスが社会的排除(すなわち社会的遠ざかり)に対するACCの反応を操作できれば、人々は動揺を感じにくくなり、その結果、追加の社会的支援を求めたり、単に社会的に集まったりするかもしれない(例えば、パーティー)。言い換えれば、主要な友人グループから自分を排除された場合、単に自分の不満を抱え込むのではなく、新しい人たちと「付き合う」ことを求めるようになるかもしれない。

仮説2

P.A.N.D.A.S.(溶連菌感染に伴う小児自己免疫性神経精神障害)が、強迫的な強迫行動とともに幼児の分離不安の増加をもたらすことを示すいくつかの証拠がある [13]。

これらの分離不安は、高齢の宿主への感染を促進する可能性がある。子どもたちは、主な養育者から離れることを恐れることが報告されており、これは、長期にわたって養育者から隔離されることに対する分離不安として表現されている。もし子どもたちがこのウイルスの無症候性キャリアになれば、彼らは感染の強力なベクターとして機能する可能性がある。

Huらは最近、新型SARS-CoV2ウイルスから発症した肺炎の71例を調査した[14]。その結果、健常者80人の対照者と比較して、多くの患者で血清コレステロール値が低いことが判明した。

総コレステロール、LDL-コレステロール、HDL-コレステロールが有意に低いことがわかった。低コレステロール値についてさらに詳しく見ると、Huangらは、血清コレステロール値が低いことが、うつ病や不安症の患者と相関する可能性があることを発見した[15]。

仮説3

さまざまな病原体に感染した母親から生まれた子どもは、身体的および精神的な合併症のリスクが高いという考えを支持する証拠が増えている。特に注目すべきは、季節性インフルエンザウイルスに感染した母親から生まれた子供は、統合失調症と情動障害の発症率の増加を示していることである [16]、[17]、[18]。

最良の推定では、インフルエンザに感染した母親から生まれた子供は、統合失調症または情動障害のいずれかを発症するリスクが4倍高く、統合失調症の可能性が高いとされている。この研究はまだ予備的なものであり、議論の余地がある。

SARS-CoV2の胎児への影響を観察することはしばらくできないだろうが、SARS-CoV2ウイルスが自らの生殖の成功のために胎児を操作している可能性は疑問の余地がないわけではない。

例えば、胎児の曝露は、初期の免疫学的反応をもたらし、その結果、症状の抑制は得られるが、感染の排除や、後の再来を促進する行動変化は得られない可能性がある。このように、これらの個体は将来的には感染の強力なベクターになる可能性があります。もちろんこれは憶測であるが、可能性の範囲外ではない。

仮説4

おそらく、このウイルスに関連した最大の脅威は、1) 他のウイルスへの感染がさらに容易になり、2)潜伏期間後に急速に致死的になる突然変異である。新型ウイルスSARS-CoV-2の突然変異の兆候はすでに観察されている[19]。新型ウイルスSARS-CoV2と他の既知のコロナウイルスとの間には、より大きな乖離があるように見える。

研究者たちはまた、このウイルスが少なくとも2つのタイプ、L型とS型に分岐していることを発見したが、S型はSARS-CoV-2の祖先バージョンとして描かれている。L型の方が流行率が高く、攻撃性が高いことが知られており、これにより集団への拡散が早くなる可能性がある。

考察

隔離されている時間が長ければ長いほど、他の人と交流する必要性を感じるようになる。また、重度のうつ病や自殺傾向のある人は、自殺計画を実行するための手段として社会的交流を求めるリスクが高くなることも考慮しなければならない。

タイトルとURLをコピーしました